KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新屋島水族館
  • アクリル
  • ボート
  • アメリカマナティー
  • 令和
  • 様子
  • 母親
  • 赤ちゃん誕生
  • しょう
  • はま

「屋島水族館」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2006年08月24日
    屋島山上水族館 屋島水族館の営業譲り受け

    日プラの関連会社が営業権を取得する屋島山上水族館=24日午後、高松市

    商品コード: 2006082400112

  • 2006年12月23日
    導入されたクラゲ水槽 新屋島水族館が再オープン

    再オープンした新屋島水族館に設置されたクラゲの水槽=高松市

    商品コード: 2006122300031

  • 2009年07月30日
    透明ボートとイルカ 水の上からイルカ見て

    イルカの水槽に浮かぶ無色透明のアクリル製ボート=30日午前、高松市の新屋島水族館

    商品コード: 2009073000095

  • 2009年07月30日
    イルカと透明ボート 水の上からイルカ見て

    無色透明のアクリル製ボートの下を泳ぐイルカ=30日午後、高松市の新屋島水族館

    商品コード: 2009073000109

  • 2009年07月30日
    イルカ水槽の透明ボート 水の上からイルカ見て

    ジャンプするイルカと無色透明のアクリル製ボート=30日午後、高松市の新屋島水族館

    商品コード: 2009073000110

  • 2009年07月30日
    透明ボートとイルカ 水の上からイルカ見て

    無色透明のアクリル製ボートとイルカ=30日午前、高松市の新屋島水族館

    商品コード: 2009073000154

  • 2009年11月22日
    マナティーの赤ちゃん マナティーの赤ちゃん誕生

    母親に寄り添って泳ぐアメリカマナティーの赤ちゃん=20日、高松市の新屋島水族館

    商品コード: 2009112200048

  • 2009年11月22日
    マナティーの赤ちゃん マナティーの赤ちゃん誕生

    父親に近づこうと懸命に泳ぐアメリカマナティーの赤ちゃん(左上)=20日、高松市の新屋島水族館

    商品コード: 2009112200082

  • 2009年11月25日
    赤ちゃんと母親 マナティーの赤ちゃん死ぬ

    母親と泳ぐアメリカマナティーの赤ちゃん=20日、高松市の新屋島水族館

    商品コード: 2009112500297

  • 2011年02月12日
    舌を出すアシカのナック 餌をねだってペロリ

    舌を出して餌をねだるアシカのナック=高松市の新屋島水族館

    商品コード: 2011021200053

  • 2020年02月18日
    傘を差す姿が人気のゼニガタアザラシ

    傘を差す姿が人気のゼニガタアザラシ「水雨」。新屋島水族館(香川県高松市屋島東町)で傘を差すゼニガタアザラシがSNS(会員制交流サイト)で「写真映えする」と話題だ。1日3、4回行われるショーには来館者が詰め掛け、前脚で器用に傘を握る姿に「かわいい」と歓声が上がっている。=2020(令和2)年2月18日、新屋島水族館=香川県高松市屋島東町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033105120

  • 01:08.80
    2020年08月08日
    長崎原爆資料館を遠隔見学 コロナ禍でアバター活用

    新型コロナウイルスの影響で移動が難しくなる中、長崎原爆の日を前にした8日、長崎市の原爆資料館でアバター(分身)ロボットの実証実験があった。親子が長崎県の離島・五島列島の自宅からパソコンでロボットを操作し、館内を遠隔見学した。 ロボットは、全日空グループのアバターイン(東京)が開発した「ニューミー」。人の目の高さにモニターが付いていて車輪があり、パソコン操作で自由に移動させることができる。コロナ禍の中、沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館(沖縄県本部町)や新屋島水族館(高松市)の遠隔見学も実施してきた。 この日は開館前の午前8時ごろから、長崎県五島市職員の浜本翔(はまもと・しょう)さん(38)と小学3年の長男湊(みなと)君(8)が、ロボットで展示室内を移動。スタッフの案内を受けながら、長崎に投下された原爆「ファットマン」の模型や、熱線や放射線の広がりを示した街のジオラマなどを、内蔵カメラを通じて約30分間見学した。<映像内容> アバター(分身)ロボットの実証実験の様子、、撮影日:2020(令和2)年8月8日、撮影場所:長崎市の原爆資料館

    商品コード: 2020081201855

  • 2021年10月12日
    分身ロボット 分身ロボットで瞬間移動

    水槽の中で泳ぐマナティーの様子を中継する自分の分身ロボット。中央はガイド役の飼育員=8月、高松市の新屋島水族館

    商品コード: 2021101207070

  • 1