KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 完成予定
  • 東京五輪
  • 建屋カバー
  • 小型無人機
  • ドローン
  • ハルビン
  • 建築工事
  • 極地公園
  • 黒竜江省
  • 建設工事

「屋根部分」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
98
( 1 98 件を表示)
  • 1
98
( 1 98 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年08月30日
    ハルビン極地公園の主要建築物「大白鯨」、屋根が完成

    8月30日、ハルビン極地公園で、主要建築物「大白鯨」の屋根の工事をする作業員。中国黒竜江省でこのほど、ハルビン極地館の第2期プロジェクト、ハルビン極地公園の主要建築物「大白鯨」の屋根部分が完成した。同公園の土木・建築工事はほぼ完了しており、現在は内装や外部の景観づくりの段階に入っている。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月30日
    ハルビン極地公園の主要建築物「大白鯨」、屋根が完成

    8月30日、空から見たハルビン極地公園。(小型無人機から)中国黒竜江省でこのほど、ハルビン極地館の第2期プロジェクト、ハルビン極地公園の主要建築物「大白鯨」の屋根部分が完成した。同公園の土木・建築工事はほぼ完了しており、現在は内装や外部の景観づくりの段階に入っている。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月30日
    ハルビン極地公園の主要建築物「大白鯨」、屋根が完成

    8月30日、ハルビン極地公園の施工現場。(小型無人機から)中国黒竜江省でこのほど、ハルビン極地館の第2期プロジェクト、ハルビン極地公園の主要建築物「大白鯨」の屋根部分が完成した。同公園の土木・建築工事はほぼ完了しており、現在は内装や外部の景観づくりの段階に入っている。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月30日
    ハルビン極地公園の主要建築物「大白鯨」、屋根が完成

    8月30日、ハルビン極地公園の施工現場。中国黒竜江省でこのほど、ハルビン極地館の第2期プロジェクト、ハルビン極地公園の主要建築物「大白鯨」の屋根部分が完成した。同公園の土木・建築工事はほぼ完了しており、現在は内装や外部の景観づくりの段階に入っている。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月30日
    ハルビン極地公園の主要建築物「大白鯨」、屋根が完成

    30日、ハルビン極地公園の施工現場。(小型無人機から)中国黒竜江省でこのほど、ハルビン極地館の第2期プロジェクト、ハルビン極地公園の主要建築物「大白鯨」の屋根部分が完成した。同公園の土木・建築工事はほぼ完了しており、現在は内装や外部の景観づくりの段階に入っている。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月30日
    ハルビン極地公園の主要建築物「大白鯨」、屋根が完成

    8月30日、ハルビン極地公園で、主要建築物「大白鯨」の屋根の工事をする作業員。中国黒竜江省でこのほど、ハルビン極地館の第2期プロジェクト、ハルビン極地公園の主要建築物「大白鯨」の屋根部分が完成した。同公園の土木・建築工事はほぼ完了しており、現在は内装や外部の景観づくりの段階に入っている。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月30日
    ハルビン極地公園の主要建築物「大白鯨」、屋根が完成

    8月30日、ハルビン極地公園で、主要建築物「大白鯨」の屋根の工事をする作業員。中国黒竜江省でこのほど、ハルビン極地館の第2期プロジェクト、ハルビン極地公園の主要建築物「大白鯨」の屋根部分が完成した。同公園の土木・建築工事はほぼ完了しており、現在は内装や外部の景観づくりの段階に入っている。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.02
    2020年06月26日
    「新華社」北京冬季五輪のレセプションセンター、工事進む

    中国河北省張家口市では、2022年北京冬季五輪のメディア関係者や選手団スタッフなど非VIP登録者にサービスを提供するレセプションセンターの建設が急ピッチで進んでいる。同センターでは現在、フィットネスセンターが2階屋根部分の打設を終え、会議センターは3階屋根部分の鉄筋結束作業が行っている。ホテル本館は9階の施工作業が進んでおり、本体構造は間もなく最上部の工事を終える。北京冬季五輪の付帯施設である非VIP登録者用レセプションセンターは、競技期間中、張家口会場のベンチマークとなる。(記者/秦婧)<映像内容>北京冬季五輪のレセプションセンター建設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月03日
    発掘史上最も精巧な金代の銅坐竜見つかる河北省張家口市

    横から見た金代の銅坐竜。(資料写真)中国河北省文物考古研究院は20日、同院の考古研究者が同省張家口市崇礼区の太子城遺跡で銅坐竜と呼ばれる竜をモチーフにした銅製の金具を発見したと明らかにした。専門家によると、器物は金代(12~13世紀)のもので、これまで出土した同時代の銅坐竜の中で最も精巧な作りだという。今回出土した銅坐竜の高さは18・5センチ、重さは1・96キロ。史料によると、金代皇帝の御料車の手すりの装飾、または大型輦車(れんしゃ、皇帝や皇后が乗る手引き車)の屋根部分の装飾で、皇室の威儀を表すものだという。同遺跡は、2022年北京冬季五輪・パラリンピック張家口競技エリアの選手村インフラ建設の際に発見された。国内で初めて見つかった金代の行宮(あんぐう)遺跡であり、銅坐竜の発見は高い学術的価値と社会的影響を持つ。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月03日
    発掘史上最も精巧な金代の銅坐竜見つかる河北省張家口市

    横から見た金代の銅坐竜。(資料写真)中国河北省文物考古研究院は20日、同院の考古研究者が同省張家口市崇礼区の太子城遺跡で銅坐竜と呼ばれる竜をモチーフにした銅製の金具を発見したと明らかにした。専門家によると、器物は金代(12~13世紀)のもので、これまで出土した同時代の銅坐竜の中で最も精巧な作りだという。今回出土した銅坐竜の高さは18・5センチで重さ1・96キロ。史料によると、金代皇帝の御料車の手すりの装飾、または大型輦車(れんしゃ、皇帝や皇后が乗る手引き車)の屋根部分の装飾で、皇室の威儀を表すものだという。同遺跡は、2022年北京冬季五輪・パラリンピック張家口競技エリアの選手村インフラ建設の際に発見された。国内で初めて見つかった金代の行宮(あんぐう)遺跡であり、銅坐竜の発見は高い学術的価値と社会的影響を持つ。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月20日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    20日、寺院建築が取り入れられた大召寺の屋根部分。中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月16日
    「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて

    16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」の屋根部分。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月26日
    航路を照らす「百年の灯台」遼寧省大連市

    26日、オレンジ色の夕日に照らされる灯台の屋根部分。中国遼寧省大連市旅順口(りょじゅんこう)区の南端にある老鉄山の斜面に立つ老鉄山灯台(高さ約14メートル)は、清朝の税関が1892年にフランスへ設計と部品製造を依頼し、1893年に英国人技師が建設したもので、今では「全国重点文物(文化遺産)保護単位」に指定されている。灯台には大型光学レンズが装備され、光達距離は48キロに及ぶ。夜のとばりが降りると力強く光を放ち、大海原を行き交う船の道しるべとなっている。(大連=新華社配信/張偉)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月18日
    屋根骨組み工事進む 完成まで半年 栃木県の新スタジアム

    屋根部分などの工事が進む新スタジアム建設現場、小型無人機から[下野新聞掲載日:2019(平成31)年4月19日]=2019(平成31)年4月18日午前8時40分、栃木県宇都宮市西川田2丁目、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2019(平成31)年4月18日午前8時40分、栃木県宇都宮市西川田2丁目

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:35.10
    2019年04月16日
    「新華社」防爆設計のテルアビブLRT用車両、長春でラインオフ

    中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)レッドライン路線のために開発した列車が16日、長春市でラインオフした。中国の100%低床車両が先進国に輸出されるのは初めて。これは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車で、プラットホームでの乗降が必要ないため、高齢者や子ども、障害者もスムーズに利用できる。同社は2015年、イスラエル・テルアビブの公共輸送会社NTAとテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトの車両納入契約を締結し、列車の開発を担当することで合意。レッドラインはイスラエル初のライトレール路線で、全長23キロ。列車の安全性に対するイスラエル公安庁の要求は高く、同社は多くの研究開発を行った。列車全体は防爆設計を採用し、屋根部分には閉鎖式ドーム型カバーを使用して、爆発物が屋根に落下してもドームに沿って下に落ちるようにした。シャーシの鋼構造には非強磁性材料を採用し、爆発物の車両底部吸着を防ぐことができる。窓にも防爆ガラスを使用しており、石や火炎瓶の爆発による衝撃に耐えられるようになっている。同社はこのプロジェクトのために列車を開発したほか、ライトレール全車両の16年間の点検・メンテナンス業務を請け負っている。同社のライトレール列車製品は現在、オーストラリア、米国、シンガポールなどの20以上の国・地域に輸出されている。(記者/段続、張博宇)<映像内容>中車長春軌道客車が開発したテルアビブLRT用車両ラインオフの様子、撮影日:2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月03日
    上海のテスラ·ギガファクトリーを訪ねて

    3日、上海で建設中のテスラ・ギガファクトリー。(小型無人機から)中国上海市臨港産業区にあるテスラのギガファクトリーは現在、工場第1期プロジェクトの屋根部分の一部建設工事が完了した。第1期プロジェクトの年間生産規模は電気自動車(EV)25万台で、この中には「モデル3」などのシリーズが含まれる。テスラ・ギガファクトリーは研究開発や製造、販売などの機能を一体化したもので、全体が完成すると、年間生産能力はEV50万台に達する。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月03日
    上海のテスラ·ギガファクトリーを訪ねて

    3日、上海で建設中のテスラ・ギガファクトリー。(小型無人機から)中国上海市臨港産業区にあるテスラのギガファクトリーは現在、工場第1期プロジェクトの屋根部分の一部建設工事が完了した。第1期プロジェクトの年間生産規模は電気自動車(EV)25万台で、この中には「モデル3」などのシリーズが含まれる。テスラ・ギガファクトリーは研究開発や製造、販売などの機能を一体化したもので、全体が完成すると、年間生産能力はEV50万台に達する。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月03日
    上海のテスラ·ギガファクトリーを訪ねて

    3日、上海で建設中のテスラ・ギガファクトリー。(小型無人機から)中国上海市臨港産業区にあるテスラのギガファクトリーは現在、工場第1期プロジェクトの屋根部分の一部建設工事が完了した。第1期プロジェクトの年間生産規模は電気自動車(EV)25万台で、この中には「モデル3」などのシリーズが含まれる。テスラ・ギガファクトリーは研究開発や製造、販売などの機能を一体化したもので、全体が完成すると、年間生産能力はEV50万台に達する。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月03日
    上海のテスラ·ギガファクトリーを訪ねて

    3日、上海で建設中のテスラ・ギガファクトリー。(小型無人機から)中国上海市臨港産業区にあるテスラのギガファクトリーは現在、工場第1期プロジェクトの屋根部分の一部建設工事が完了した。第1期プロジェクトの年間生産規模は電気自動車(EV)25万台で、この中には「モデル3」などのシリーズが含まれる。テスラ・ギガファクトリーは研究開発や製造、販売などの機能を一体化したもので、全体が完成すると、年間生産能力はEV50万台に達する。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月11日
    きょう開幕まで500日
  • 2019年03月11日
    きょう開幕まで500日
  • 2019年03月11日
    きょう開幕まで500日
  • 2019年03月11日
    きょう開幕まで500日
  • 2019年03月11日
    きょう開幕まで500日
  • 2019年03月11日
    きょう開幕まで500日
  • 2019年03月11日
    きょう開幕まで500日
  • 2019年03月11日
    きょう開幕まで500日
  • 2019年03月11日
    新国立競技場 きょう開幕まで500日

    2020年東京五輪の開幕まで12日で500日。11月末に完成予定の新国立競技場は、難関とされた屋根部分の工事がほぼ終了していた。今後はトラックやフィールド、観客席など内外装の仕上げが行われる=9日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 9日

  • 2019年03月11日
    新国立競技場 きょう開幕まで500日

    2020年東京五輪の開幕まで12日で500日。11月末に完成予定の新国立競技場は、難関とされた屋根部分の工事がほぼ終了していた。今後はトラックやフィールド、観客席など内外装の仕上げが行われる=9日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 9日

  • 2019年03月11日
    新国立競技場 きょう開幕まで500日

    2020年東京五輪の開幕まで12日で500日。11月末に完成予定の新国立競技場は、難関とされた屋根部分の工事がほぼ終了していた。今後はトラックやフィールド、観客席など内外装の仕上げが行われる=9日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 9日

  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    新国立競技場の内部 12日で東京五輪500日前

    2020年東京五輪の開幕まで12日で500日。11月末に完成予定の新国立競技場は、難関とされた屋根部分の工事がほぼ終了し、今後はトラックやフィールド、観客席など内外装の仕上げが行われる=9日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 9日

  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    12日で東京五輪500日前
  • 2019年03月10日
    屋根工事進む新国立競技場 12日で東京五輪500日前

    2020年東京五輪の開幕まで12日で500日。11月末に完成予定の新国立競技場は、難関とされた屋根部分の工事がほぼ終了していた=9日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 9日

  • 2019年03月10日
    建設中の新国立競技場内部 12日で東京五輪500日前

    2020年東京五輪の開幕まで12日で500日。11月末に完成予定の新国立競技場は、難関とされた屋根部分の工事がほぼ終了していた。今後はトラックやフィールド、観客席など内外装の仕上げが行われる=9日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 9日

  • 2019年03月10日
    新国立競技場と新宿ビル群 12日で東京五輪500日前

    2020年東京五輪の開幕まで12日で500日。11月末に完成予定の新国立競技場は、難関とされた屋根部分の工事がほぼ終了していた。奥は新宿の高層ビル群=9日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 9日

  • 2019年03月10日
    新国立競技場と臨海部 12日で東京五輪500日前

    2020年東京五輪の開幕まで12日で500日。11月末に完成予定の新国立競技場は、難関とされた屋根部分の工事がほぼ終了していた。奥は選手村や競技施設が建設される臨海部=9日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 9日

  • 2019年02月14日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    うっすらと雪化粧した大召寺の屋根部分。(2月14日撮影)中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社配信/魏月飛)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月14日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    うっすらと雪化粧した大召寺の屋根部分。(2月14日撮影)中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社配信/魏月飛)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月05日
    横転した重機 トレーラー荷台の重機横転

    大型トレーラーの荷台に載っていた重機が横転し、歩道のアーケードの屋根部分を損壊した事故現場=5日午後0時45分ごろ、名古屋市昭和区

    撮影: 5日午後0時45分ごろ、名古屋市昭和区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月05日
    事故現場 トレーラー荷台の重機横転

    大型トレーラーの荷台に載っていた重機が横転し、歩道のアーケードの屋根部分を損壊した事故現場=5日午後0時20分ごろ、名古屋市昭和区

    撮影: 5日午後0時20分ごろ、名古屋市昭和区

  • 2018年12月28日
    厳冬の年末家づくりに励む大工たち湖北省宣恩県

    28日、「衝天楼」の屋根部分を組み立てる大工たち。数十人の大工が中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州の宣恩県貢水のほとりで、数カ月をかけて伝統的なやり方で作り上げたトゥチャ族の代表的な民家、「衝天楼」の原型をほぼ完成させた。この「衝天楼」は高さ38・5メートル、5層にわかれた高床建築で、トゥチャ族の農耕、風俗習慣、飲食、建築といった文化を紹介する窓口的な役割を果たす。(恩施=新華社配信/宋文)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月28日
    橋が一部倒壊、死者8人に浙江省桐廬県

    28日未明、橋の倒壊現場を捜索する救急隊員。中国浙江省杭州市桐廬県(とうろけん)政府が提供した最新情報によると、同県で起きた屋根付きの橋の屋根部分が突然崩れる事故による死者はすでに8人に上った。27日午後7時40分ごろ、雷を伴う強い雨風の影響で、桐廬県合村郷琅玕自然村で屋根付きの橋の屋根部分が突然崩れ、雨宿りしていた人が下敷きになった。11人が同県第二人民病院に運ばれたが、そのうち8人が死亡し、3人が負傷した。これまでの捜索で、崩れた橋の下敷きになった人は見つかっていないという。(桐廬=新華社記者/黃宗治)=2018(平成30)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月28日
    橋が一部倒壊、死者8人に浙江省桐廬県

    28日未明、橋の倒壊現場付近の川を徹底的に捜索する救急隊員。中国浙江省杭州市桐廬県(とうろけん)政府が提供した最新情報によると、同県で起きた屋根付きの橋の屋根部分が突然崩れる事故による死者はすでに8人に上った。27日午後7時40分ごろ、雷を伴う強い雨風の影響で、桐廬県合村郷琅玕自然村で屋根付きの橋の屋根部分が突然崩れ、雨宿りしていた人が下敷きになった。11人が同県第二人民病院に運ばれたが、そのうち8人が死亡し、3人が負傷した。これまでの捜索で、崩れた橋の下敷きになった人は見つかっていないという。(桐廬=新華社記者/黃宗治)=2018(平成30)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月28日
    橋が一部倒壊、死者8人に浙江省桐廬県

    28日未明、橋の倒壊現場を捜索する救急隊員。中国浙江省杭州市桐廬県(とうろけん)政府が提供した最新情報によると、同県で起きた屋根付きの橋の屋根部分が突然崩れる事故による死者はすでに8人に上った。27日午後7時40分ごろ、雷を伴う強い雨風の影響で、桐廬県合村郷琅玕自然村で屋根付きの橋の屋根部分が突然崩れ、雨宿りしていた人が下敷きになった。11人が同県第二人民病院に運ばれたが、そのうち8人が死亡し、3人が負傷した。これまでの捜索で、崩れた橋の下敷きになった人は見つかっていないという。(桐廬=新華社記者/黃宗治)=2018(平成30)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月09日
    道路をふさぐ屋根 西日本豪雨被害

    道路をふさぐ住宅の屋根部分=9日午後5時31分、岡山県倉敷市真備町地区

    撮影: 9日午後5時31分、岡山県倉敷市真備町地区

  • 2018年05月11日
    工事が進む新国立競技場 新国立、木と鉄の屋根公開

    建設工事が進む新国立競技場の屋根部分=11日午後、東京都新宿区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 11日午後、東京都新宿区

  • 2018年01月26日
    撤去された櫓の屋根部分 「奇跡の櫓」解体作業公開

    クレーンで撤去された飯田丸五階櫓の屋根部分の骨組み=26日午前、熊本市

    撮影: 26日午前、熊本市

  • 2016年09月28日
    タイヤが脱落したトラック トラック屋根部分を直撃か

    左側の後輪2本が脱落した大型トラック=28日午後、岐阜県多治見市

    撮影: 28日午後、岐阜県多治見市

  • 2016年09月28日
    運転席がへこんだ後続車 トラック屋根部分を直撃か

    脱落した大型トラックのタイヤが直撃し、運転席付近がへこんだ後続の大型トラック=28日午後、岐阜県多治見市

    撮影: 28日午後、岐阜県多治見市

  • 2015年08月27日
    五輪スタジアムの屋根部分 リオ五輪資料

    改修工事が進められている五輪スタジアムの屋根部分=2015年7月12日、リオデジャネイロ(チャーターヘリから・共同)●旧称ジョアン・アベランジェ・スタジアム●

    撮影: 2015年7月12日、リオデジャネイロ

  • 11:11.83
    2015年07月28日
    空撮 福島第1原発1号機 建屋カバーの本格解体開始

    東京電力は福島第1原発1号機の原子炉建屋カバーの本格的な解体作業を始めた。屋根部分の6枚あるパネルのうち1枚を撤去。2016年度中にカバーの解体を終えた上で、がれき撤去や機材の設置を進め、2020年度中に使用済み核燃料プールに残る燃料392体の取り出し開始を目指す。屋根は幅約7メートル、長さ約42メートルのパネルを6枚並べた構造。8月上旬以降に2枚目のパネルを取り外し、年内にも6枚全ての撤去を終える。〈映像内容〉屋根部分の6枚あるパネルのうち1枚を撤去する作業など、撮影日:2015(平成27)年7月28日、撮影場所:福島第一原発

    撮影: 2015(平成27)年7月28日

  • 2014年11月15日
    屋根部分のパネル クレーン故障で調査中断

    建屋カバー屋根部分からパネルが取り外される福島第1原発1号機=10日

    撮影: 10日

  • 2014年11月10日
    屋根部分のパネル 2枚目のパネル取り外し

    建屋カバー屋根部分からパネルが取り外される福島第1原発1号機=10日午前7時28分、共同通信社ヘリから

    撮影: 10日午前7時28分、共同通信社ヘリから

  • 2014年11月10日
    パネルの取り外し 2枚目のパネル取り外し

    建屋カバー屋根部分からパネルが取り外される福島第1原発1号機=10日午前7時30分、共同通信社ヘリから

    撮影: 10日午前7時30分、共同通信社ヘリから

  • 2014年11月10日
    取り外されるパネル 2枚目のパネル取り外し

    建屋カバー屋根部分からパネルが取り外される福島第1原発1号機=10日午前7時25分、共同通信社ヘリから

    撮影: 10日午前7時25分、共同通信社ヘリから

  • 2014年10月31日
    パネルを外した1号機 建屋カバーを取り外し

    建屋カバー屋根部分のパネル1枚を試験的に取り外した福島第1原発1号機=31日午前7時30分、共同通信社ヘリから

    撮影: 31日午前7時30分、共同通信社ヘリから

  • 2014年10月31日
    パネル1枚を外した1号機 建屋カバーを取り外し

    建屋カバー屋根部分のパネル1枚を試験的に取り外した福島第1原発1号機=31日午前7時34分、共同通信社ヘリから

    撮影: 31日午前7時34分、共同通信社ヘリから

  • 2014年10月31日
    パネル外された建屋の屋根 建屋カバーを取り外し

    建屋カバー屋根部分のパネル1枚を試験的に取り外した福島第1原発1号機=31日午前7時39分、共同通信社ヘリから

    撮影: 31日午前7時39分、共同通信社ヘリから

  • 2014年10月31日
    パネル外された建屋屋根 建屋カバーを取り外し

    建屋カバー屋根部分のパネル1枚を試験的に取り外した福島第1原発1号機=31日午前7時39分、共同通信社ヘリから

    撮影: 31日午前7時39分、共同通信社ヘリから

  • 2014年10月31日
    パネル外した建屋の屋根 建屋カバーを取り外し

    建屋カバー屋根部分のパネル1枚が試験的に取り外された福島第1原発1号機=31日午前7時50分、共同通信社ヘリから

    撮影: 31日午前7時50分、共同通信社ヘリから

  • 2014年10月31日
    パネル外した建屋屋根 建屋カバーを取り外し

    建屋カバー屋根部分のパネル1枚を試験的に取り外した福島第1原発1号機=31日午前7時50分、共同通信社ヘリから

    撮影: 31日午前7時50分、共同通信社ヘリから

  • 2014年10月31日
    パネル取り外した建屋屋根 建屋カバーを取り外し

    原子炉建屋カバーの屋根部分のパネル1枚を試験的に取り外した福島第1原発1号機=31日午前7時27分、共同通信社ヘリから

    撮影: 31日午前7時27分、共同通信社ヘリから

  • 2014年10月22日
    屋根に穴を開ける作業 建屋カバー解体作業に着手

    クレーンでつり下ろした機器で、原子炉建屋カバーの屋根部分に穴を開ける作業。上部のタンクに飛散防止剤が入っている=22日午前11時18分、福島第1原発1号機で共同通信社ヘリから

    撮影: 22日午前11時18分、福島第1原発1号機で共同通信社ヘリから

  • 2014年09月08日
    平等院鳳凰堂

    裏手から見た平等院鳳凰堂。本尊の安置される中堂から下に延びる瓦屋根部分が尾廊=2014年9月8日、京都府宇治市、共同通信社ヘリから

    撮影: 2014年9月8日、京都府宇治市、共同通信社ヘリから

  • 2014年09月08日
    覆いが外された尾廊 平等院鳳凰堂、完全な姿に

    修理中の屋根の覆いが取り外された平等院鳳凰堂の尾廊(右下に延びる瓦屋根部分)。上は本尊を安置する中堂=8日午前10時33分、京都府宇治市で共同通信社ヘリから

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年02月19日
    転落したマンション現場 広島で12階から男児転落

    男児がマンション12階から下の屋根部分に転落した現場=19日午後、広島市中区

    撮影: 19日午後、広島市中区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年02月01日
    修復された新橋駅 関東大震災と東京の復興

    1930年代の昭和初期の新橋駅。修復されたが、崩落した屋根部分は塔も復元されず、元の形から変わっている

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年08月13日
    設置された“金色堂” 金色堂のレプリカ登場

    世界遺産に登録された中尊寺金色堂のレプリカが、岩手県大船渡市の国道沿いにお目見えした。地元建設会社が大震災前に作ったものを、お盆の時期に合わせて公開。壁は建築廃材、屋根部分には空き缶などが使われている。関係者は「復興し、栄えた平泉のようになれば」と話した。設置は今月末までの予定=13日夜

    撮影: 13日夜

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月20日
    善水寺の本堂の屋根部分 善水寺の国宝本堂が破損

    台風6号の影響で破損した善水寺本堂の屋根(矢印)=20日午後8時すぎ、滋賀県湖南市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年04月24日
    沈んだままの住宅 被災地の表情

    津波で流され、屋根部分を残して海に沈んだ状態になっている住宅=24日、岩手県大船渡市

    撮影: 24日、岩手県大船渡市

  • 2009年12月17日
    太陽光発電のイメージ図 エムウエーブに太陽光発電

    長野市の「エムウエーブ」の広場に太陽電池パネルを設置する場合(上)と、歩道の屋根部分に設置する場合(下)のイメージ図

  • 2008年09月20日
    公開された大極殿 復元中の大極殿を公開

    周辺住民らに公開された、復元が進む「第一次大極殿正殿」の屋根部分=20日午後、奈良市の平城宮跡

    撮影: 20日午後、奈良市の平城宮跡

  • 2004年05月31日
    一戸建ての屋根に芝や野菜

    屋根がすべて芝で覆われた二木さん宅。ベランダのはしごで2階の屋根部分にも上がれる=神戸市

    撮影: 神戸市

  • 2003年04月12日
    爆撃後も無傷な大統領銅像 おれたちの血でできた宮殿

    米軍の爆撃で破壊されたサラーム宮殿の屋根部分と無傷のフセイン大統領の銅像=12日、バグダッド市内(共同)

    撮影: 12日、バグダッド市内

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年09月01日
    台風ではがれた屋根 台風被害の競技場が復旧へ

    台風15号の強風ではがれた江西ホッケー競技場の屋根部分=1日、釜山市内(共同)

    撮影: 1日、釜山市内

  • 2002年02月27日
    埴輪の屋根部分と破片 26年前の破片とピタリ

    家形埴輪の屋根部分とつながることが分かった屋根飾りの破片(手で支えている部分)

  • 2000年03月10日
    室生寺・五重塔の屋根 五重塔の相輪取り付け

    相輪(そうりん)の取り付け作業が始まった室生寺・五重塔の屋根部分=10日午後、奈良県室生村

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年09月24日
    屋根壊れた車 台風18号が熊本県に上陸

    台風18号による強風で飛ばされたトタン板で屋根部分が壊れた車=24日午前9時、大分県庁

    撮影: 24日午前9時、大分県庁

  • 1996年08月03日
    「パークドーム熊本」 ドーム来年2月完成へ

    )、企画26S、5日付朝刊以降使用  来年2月の完成を目指し屋根部分の持ち上げ作業が始まった「パークドーム熊本」=熊本市平山町

    撮影: 熊本市平山町

  • 1995年10月19日
    はめ込まれる最後のパネル ナゴヤドームの屋根完成

    十九日名古屋市東区に建設中のナゴヤドーム屋根部分に、最後のパネルがはめ込まれた。約三万平方メートル(直径約百八十七メートル)ある屋根はステンレス製とガラス製のパネル計七百九十二枚で覆われ、鉄骨パイプの骨組みを含めて総重量は一万三百トン。今年中に七十二台のジャッキでリフトアップし、ドームの完成は平成九年春になる予定。 屋根は固定式で中央部分の約五千平方メートル(直径約八十メートル)には、国内のドームで初めて、自然光を採り入れるためのガラス製天窓を採用。ロール式遮光装置とパネル表面の吸音材の効果でコンサートにも対応できるという。 日中、天窓から入る光は草野球程度なら十分プレー可能。ただしプロ野球公式戦では天窓を閉じ人工照明を使用する見込み。 完成後は中日ドラゴンズのホームグラウンドとして使用されるほか、サッカー、アメフット、見本市など各種イベントも行える。【写真説明】 大型クレーンを使い、大屋根に最後のパネルが取り付けられるナゴヤドーム=19日午前、名古屋市東区大幸南(代表撮影)

  • 1976年01月20日
    太陽熱利用住宅を実用化へ

    東芝が開発した太陽熱利用の自動暖冷房実験住宅。このソーラーハウス(太陽熱利用住宅)は、太陽熱を利用して自動的に暖房、給湯ができるシステム。従来の「東芝メイゾン」の屋根部分を、太陽エネルギーを吸収する空気集熱器と水集熱器に置き換えたもの

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1975年08月10日
    横浜大空襲被災駅が現存

    戦災の傷跡を残したままの平沼駅構内。1945(昭和20)年5月29日の米軍機による横浜大空襲で、壊滅的被害を受けた京浜電気鉄道横浜~戸部駅間に位置する平沼駅。線路上をまたぐ形で、架線柱の代用として鉄骨の屋根跡がそのまま残されている=1975(昭和50)年8月10日、横浜市西区(注:平沼駅の屋根部分は、1999(平成11)年老朽化による危険防止のため撤去された。プラットホームは腐食・崩壊を防ぐためプラスチックコーティングを施し、戦禍を後世に伝えるため残されている)

  • 1