KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国山西省
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 万年氷洞
  • 山西省寧武県
  • 氷河時代
  • 授業再開
  • 感染状況
  • プレゼント
  • 中庭建築

「山西省忻」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
77
( 1 77 件を表示)
  • 1
77
( 1 77 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年12月13日
    (14)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    山西省忻州(きんしゅう)市五台県にある五台山の塔院寺境内に立つ五台山大白塔。釈迦文仏真身舎利塔ともいう。元の大徳6(1302)年の創建。仏教の聖地、五台山の象徴であり、「清涼第一勝境(最も清涼な景勝地)」と呼ばれている。(2011年11月3日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    黄河河畔で4500年前の石造り村落跡を発見山西省忻州市

    天峰坪遺跡で見つかった住居跡の中で、最も保存状態の良い単室住居の遺構。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、同省忻州(きんしゅう)市偏関県にある天峰坪遺跡で、約4500年前の小規模な石造り村落の跡を発見したと発表した。黄河東岸における石積み建築技術の変遷を知る手掛かりになるという。遺跡は同県天峰坪鎮天峰坪村の東にあり、西を流れる黄河からは1キロ離れている。面積は約3万平方メートルで、三方を川に囲まれ、外部から隔絶された環境にある。地勢は険しく、防御的要素を色濃く備えている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    黄河河畔で4500年前の石造り村落跡を発見山西省忻州市

    天峰坪遺跡で見つかった住居跡の中で、最も保存状態の良い複室住居の遺構(F4)と単室住居の遺構(F1)。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、同省忻州(きんしゅう)市偏関県にある天峰坪遺跡で、約4500年前の小規模な石造り村落の跡を発見したと発表した。黄河東岸における石積み建築技術の変遷を知る手掛かりになるという。遺跡は同県天峰坪鎮天峰坪村の東にあり、西を流れる黄河からは1キロ離れている。面積は約3万平方メートルで、三方を川に囲まれ、外部から隔絶された環境にある。地勢は険しく、防御的要素を色濃く備えている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    黄河河畔で4500年前の石造り村落跡を発見山西省忻州市

    天峰坪遺跡の周辺地形。青い点線で囲まれているのが遺跡。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、同省忻州(きんしゅう)市偏関県にある天峰坪遺跡で、約4500年前の小規模な石造り村落の跡を発見したと発表した。黄河東岸における石積み建築技術の変遷を知る手掛かりになるという。遺跡は同県天峰坪鎮天峰坪村の東にあり、西を流れる黄河からは1キロ離れている。面積は約3万平方メートルで、三方を川に囲まれ、外部から隔絶された環境にある。地勢は険しく、防御的要素を色濃く備えている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    夏の観光シーズンを迎えた「万年氷洞」山西省忻州市

    13日、山西省寧武県にある「万年氷洞」の内部。中国山西省寧武県ではこのところ、夏を迎えて気温が上がり、芦芽山の山深くにある「万年氷洞」が観光シーズンを迎えている。同県観光局によると、同氷洞では観光客が増加し続けており、最も多い日には千人以上が訪れているという。同県市街地の西方に位置する同氷洞は貴重で神秘的な氷洞で、専門家によると、約300万年前の氷河時代に形成されたことから「万年氷洞」と呼ばれるという。(太原=新華社記者/馬暁媛)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    夏の観光シーズンを迎えた「万年氷洞」山西省忻州市

    13日、山西省寧武県にある「万年氷洞」の内部。中国山西省寧武県ではこのところ、夏を迎えて気温が上がり、芦芽山の山深くにある「万年氷洞」が観光シーズンを迎えている。同県観光局によると、同氷洞では観光客が増加し続けており、最も多い日には千人以上が訪れているという。同県市街地の西方に位置する同氷洞は貴重で神秘的な氷洞で、専門家によると、約300万年前の氷河時代に形成されたことから「万年氷洞」と呼ばれるという。(太原=新華社記者/馬暁媛)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    夏の観光シーズンを迎えた「万年氷洞」山西省忻州市

    13日、山西省寧武県にある「万年氷洞」の内部。中国山西省寧武県ではこのところ、夏を迎えて気温が上がり、芦芽山の山深くにある「万年氷洞」が観光シーズンを迎えている。同県観光局によると、同氷洞では観光客が増加し続けており、最も多い日には千人以上が訪れているという。同県市街地の西方に位置する同氷洞は貴重で神秘的な氷洞で、専門家によると、約300万年前の氷河時代に形成されたことから「万年氷洞」と呼ばれるという。(太原=新華社記者/馬暁媛)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    夏の観光シーズンを迎えた「万年氷洞」山西省忻州市

    13日、山西省寧武県にある「万年氷洞」の内部。中国山西省寧武県ではこのところ、夏を迎えて気温が上がり、芦芽山の山深くにある「万年氷洞」が観光シーズンを迎えている。同県観光局によると、同氷洞では観光客が増加し続けており、最も多い日には千人以上が訪れているという。同県市街地の西方に位置する同氷洞は貴重で神秘的な氷洞で、専門家によると、約300万年前の氷河時代に形成されたことから「万年氷洞」と呼ばれるという。(太原=新華社記者/馬暁媛)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    夏の観光シーズンを迎えた「万年氷洞」山西省忻州市

    13日、山西省寧武県にある「万年氷洞」の内部。中国山西省寧武県ではこのところ、夏を迎えて気温が上がり、芦芽山の山深くにある「万年氷洞」が観光シーズンを迎えている。同県観光局によると、同氷洞では観光客が増加し続けており、最も多い日には千人以上が訪れているという。同県市街地の西方に位置する同氷洞は貴重で神秘的な氷洞で、専門家によると、約300万年前の氷河時代に形成されたことから「万年氷洞」と呼ばれるという。(太原=新華社記者/馬暁媛)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    夏の観光シーズンを迎えた「万年氷洞」山西省忻州市

    13日、山西省寧武県にある「万年氷洞」の内部。中国山西省寧武県ではこのところ、夏を迎えて気温が上がり、芦芽山の山深くにある「万年氷洞」が観光シーズンを迎えている。同県観光局によると、同氷洞では観光客が増加し続けており、最も多い日には千人以上が訪れているという。同県市街地の西方に位置する同氷洞は貴重で神秘的な氷洞で、専門家によると、約300万年前の氷河時代に形成されたことから「万年氷洞」と呼ばれるという。(太原=新華社記者/馬暁媛)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    夏の観光シーズンを迎えた「万年氷洞」山西省忻州市

    13日、山西省寧武県にある「万年氷洞」の内部。中国山西省寧武県ではこのところ、夏を迎えて気温が上がり、芦芽山の山深くにある「万年氷洞」が観光シーズンを迎えている。同県観光局によると、同氷洞では観光客が増加し続けており、最も多い日には千人以上が訪れているという。同県市街地の西方に位置する同氷洞は貴重で神秘的な氷洞で、専門家によると、約300万年前の氷河時代に形成されたことから「万年氷洞」と呼ばれるという。(太原=新華社記者/馬暁媛)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    夏の観光シーズンを迎えた「万年氷洞」山西省忻州市

    13日、山西省寧武県にある「万年氷洞」の内部。中国山西省寧武県ではこのところ、夏を迎えて気温が上がり、芦芽山の山深くにある「万年氷洞」が観光シーズンを迎えている。同県観光局によると、同氷洞では観光客が増加し続けており、最も多い日には千人以上が訪れているという。同県市街地の西方に位置する同氷洞は貴重で神秘的な氷洞で、専門家によると、約300万年前の氷河時代に形成されたことから「万年氷洞」と呼ばれるという。(太原=新華社記者/馬暁媛)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、南禅寺を見学する観光客。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、南禅寺大殿内部の金剛像と脇侍菩薩(きょうじぼさつ)像。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、簡素で質朴な造りの南禅寺大殿。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、南禅寺大殿内部の彩色塑像の一部。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、南禅寺大殿の正面。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、南禅寺大殿の屋根を支える斗栱(ときょう)。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    移住・転居貧困救済事業と観光開発で生まれ変わった農村山西省

    家畜飼育合作社(協同組合)で羊にえさをやる山西省忻州市岢嵐県宋家溝村の賀毛小(が・もうしょう)さん。(5月19日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市岢嵐(からん)県宋家溝村は2017年、移住・転居による貧困救済事業により周辺の14村145世帯の貧困世帯を受け入れた。また、77日間で数万平方メートルの建築を撤去して整地、新築する村全体の改良プロジェクトを実施、受け入れた住民の居住環境を大きく改善した。同時に農村観光の発展に力を注ぎ、村民の貧困脱却と増収を促進している。(忻州=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月09日
    移住・転居貧困救済事業と観光開発で生まれ変わった農村山西省

    山西省忻州市岢嵐県宋家溝村。(小型無人機から、5月9日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市岢嵐(からん)県宋家溝村は2017年、移住・転居による貧困救済事業により周辺の14村145世帯の貧困世帯を受け入れた。また、77日間で数万平方メートルの建築を撤去して整地、新築する村全体の改良プロジェクトを実施、受け入れた住民の居住環境を大きく改善した。同時に農村観光の発展に力を注ぎ、村民の貧困脱却と増収を促進している。(忻州=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月09日
    移住・転居貧困救済事業と観光開発で生まれ変わった農村山西省

    上:山西省忻州市岢嵐県宋家溝村で、移住・転居が行われる前に村民が住んでいた家屋(資料写真)。下:山西省忻州市岢嵐県宋家溝村の家屋。(5月9日撮影)(組み合わせ写真)中国山西省忻州(きんしゅう)市岢嵐(からん)県宋家溝村は2017年、移住・転居による貧困救済事業により周辺の14村145世帯の貧困世帯を受け入れた。また、77日間で数万平方メートルの建築を撤去して整地、新築する村全体の改良プロジェクトを実施、受け入れた住民の居住環境を大きく改善した。同時に農村観光の発展に力を注ぎ、村民の貧困脱却と増収を促進している。(忻州=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月09日
    移住・転居貧困救済事業と観光開発で生まれ変わった農村山西省

    山西省忻州市岢嵐県宋家溝村を散策する観光客。(5月9日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市岢嵐(からん)県宋家溝村は2017年、移住・転居による貧困救済事業によりには周辺の14村145世帯の貧困世帯を受け入れた。また、77日間で数万平方メートルの建築を撤去して整地、新築する村全体の改良プロジェクトを実施、受け入れた住民の居住環境を大きく改善した。同時に農村観光の発展に力を注ぎ、村民の貧困脱却と増収を促進している。(忻州=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.74
    2020年04月26日
    「新華社」山西省、初めてオンライン形式による地方の両会を開催

    中国の各市・県の両会(人民代表大会と政治協商会議)は毎年1、2月に集中的に開かれるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年は多くの都市で延期された。中国の感染状況の好転により、複数の市では安全・秩序を確保した上で、メイン会場とサブ会場をつなぐオンライン形式で両会を開催している。山西省忻州(きんしゅう)市の政治協商会議と人民代表大会はそれぞれ21日と22日にオンライン方式で開幕した。(記者/原勲)<映像内容>オンライン形式で両会を開催、検温する様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    山西省、初めてオンライン形式による地方の両会を開催

    22日、山西省忻州(きんしゅう)市人民代表大会参加者の健康申告書。中国の各市・県の両会(人民代表大会と政治協商会議)は毎年1、2月に集中的に開かれるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年は多くの都市で延期された。中国の感染状況の好転により、複数の市では安全・秩序を確保した上で、メイン会場とサブ会場をつなぐオンライン形式で両会を開催している。(忻州=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    山西省、初めてオンライン形式による地方の両会を開催

    22日、山西省忻州(きんしゅう)市忻府区のサブ会場で、政府活動報告を聴取する人民代表大会代表。中国の各市・県の両会(人民代表大会と政治協商会議)は毎年1、2月に集中的に開かれるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年は多くの都市で延期された。中国の感染状況の好転により、複数の市では安全・秩序を確保した上で、メイン会場とサブ会場をつなぐオンライン形式で両会を開催している。(忻州=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    山西省、初めてオンライン形式による地方の両会を開催

    22日、山西省忻州(きんしゅう)市で開かれたオンライン形式による同市政治協商会議。中国の各市・県の両会(人民代表大会と政治協商会議)は毎年1、2月に集中的に開かれるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年は多くの都市で延期された。中国の感染状況の好転により、複数の市では安全・秩序を確保した上で、メイン会場とサブ会場をつなぐオンライン形式で両会を開催している。(忻州=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    山西省、初めてオンライン形式による地方の両会を開催

    22日、山西省忻州(きんしゅう)市忻府区のサブ会場で、オンライン形式による同市人民代表大会の様子を映し出すモニター。中国の各市・県の両会(人民代表大会と政治協商会議)は毎年1、2月に集中的に開かれるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年は多くの都市で延期された。中国の感染状況の好転により、複数の市では安全・秩序を確保した上で、メイン会場とサブ会場をつなぐオンライン形式で両会を開催している。(忻州=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    山西省、初めてオンライン形式による地方の両会を開催

    22日、山西省忻州(きんしゅう)市人民代表大会のメイン会場で、朱暁東(しゅ・ぎょうとう)市長代理による政府活動報告を聴取する参加者。ステージ両側のモニターが各県・区のサブ会場の様子を表示している。中国の各市・県の両会(人民代表大会と政治協商会議)は毎年1、2月に集中的に開かれるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年は多くの都市で延期された。中国の感染状況の好転により、複数の市では安全・秩序を確保した上で、メイン会場とサブ会場をつなぐオンライン形式で両会を開催している。(忻州=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    山西省、初めてオンライン形式による地方の両会を開催

    21日、山西省忻州(きんしゅう)市政治協商会議のメイン会場の入り口で、参加者の検温をするために待機する医療関係者。中国の各市・県の両会(人民代表大会と政治協商会議)は毎年1、2月に集中的に開かれるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年は多くの都市で延期された。中国の感染状況の好転により、複数の市では安全・秩序を確保した上で、メイン会場とサブ会場をつなぐオンライン形式で両会を開催している。(忻州=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、忻州古城の路地裏の夜景。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、泰山廟の裏手にある路地裏の夜景。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、忻州古城にある秀容書院の正門。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、忻州古城の秀容書院からの眺め。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    山西省、初めてオンライン形式による地方の両会を開催

    21日、山西省忻州(きんしゅう)市政治協商会議のメイン会場に置かれたティッシュ、消毒ハンドソープと注意書き。中国の各市・県の両会(人民代表大会と政治協商会議)は毎年1、2月に集中的に開かれるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年は多くの都市で延期された。中国の感染状況の好転により、複数の市では安全・秩序を確保した上で、メイン会場とサブ会場をつなぐオンライン形式で両会を開催している。(忻州=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、忻州古城の泰山廟。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、夜の忻州古城を散策する観光客。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、忻州古城にある南城門楼。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、古城内にある伝統演劇舞台、古戯台。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.99
    2020年04月11日
    「新華社」黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。教室を取り囲むように8枚の黒板を順番に並べると、絵がぴたりとつながる。山や川、橋、家、川面に浮かぶ帆船、川の両岸に生い茂る草木など、力強く美しい風景がチョークで描かれている。趙さんは「子どもたちは鮮やかな色の方が喜ぶと思い、色は4回調整した」と語った。今回この絵を描こうと思いついたのは、以前、児童から「清明上河図」について質問されたことがきっかけだという。趙さんは2019年の冬休みが始まると、インターネットで電子版の「清明上河図」を購入、紙に印刷して黒板の数に合わせて折り畳み、それを見ながら絵を描いた。3カ月の奮闘の末、2日、ついに作品が完成した。趙さんによると、残念ながらチョークでは細部まで表現できず、黒板に描いた「清明上河図」は風景のみで、人物は描かれていないという。趙さんの作品は地元の教育部門の支持を受け、黒板は同県教育局が購入し、創作スペースは学校が提供した。趙さんは「自分たちの学校にも『清明上河図』があることを知れば、子どもたちはきっと喜ぶだろう」と語った。授業再開の日は未定だが、趙さんはその日を心待ちにしている。(記者/徐偉、王学濤)<映像内容>「清明上河図」を黒板アートで再現、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、黒板アートを手直しする趙文瑞さん。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、趙文瑞さんが描いた作品「旭日東昇」。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、趙文瑞さんがチョークで描いた作品の一部。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、趙文瑞さんが学校の科学室の天井に描いた星空。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、趙文瑞さんが学校の科学室の天井に描いた星空。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、趙文瑞さんがチョークで描いた作品の一部。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、趙文瑞さんの黒板アートが保管された教室。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、趙文瑞さんが制作時に使用したチョークから出た粉。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、趙文瑞さんがチョークで描いた作品の一部。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    大学入試に向け全力25万人の高校3年、授業再開へ山西省

    25日、山西省忻州(きんしゅう)市静楽県第一中学校が遠方から通う生徒のために用意した送迎車。中国国内で新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せる中、山西省の472校の高校3年生25万人余りがこのほど、相次いで学校での授業を再開した。同省の教育部門と各学校は授業再開にあたり、送迎車の手配や校内の完全封鎖管理、定期的な殺菌・消毒、クラス別授業、時間差による食事、生徒と教員へのマスク配布など、入念に安全対策を進めることで、生徒が良い衛生意識を身に付け、全力で大学入学試験「高考」に備えられるよう指導している。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    大学入試に向け全力25万人の高校3年、授業再開へ山西省

    25日、山西省忻州(きんしゅう)市静楽県第一中学校で検温の列に並ぶ生徒。中国国内で新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せる中、山西省の472校の高校3年生25万人余りがこのほど、相次いで学校での授業を再開した。同省の教育部門と各学校は授業再開にあたり、送迎車の手配や校内の完全封鎖管理、定期的な殺菌・消毒、クラス別授業、時間差による食事、生徒と教員へのマスク配布など、入念に安全対策を進めることで、生徒が良い衛生意識を身に付け、全力で大学入学試験「高考」に備えられるよう指導している。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    大学入試に向け全力25万人の高校3年、授業再開へ山西省

    25日、山西省忻州(きんしゅう)市静楽県第一中学校の食堂で時間をずらして食事を取る生徒。中国国内で新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せる中、山西省の472校の高校3年生25万人余りがこのほど、相次いで学校での授業を再開した。同省の教育部門と各学校は授業再開にあたり、送迎車の手配や校内の完全封鎖管理、定期的な殺菌・消毒、クラス別授業、時間差による食事、生徒と教員へのマスク配布など、入念に安全対策を進めることで、生徒が良い衛生意識を身に付け、全力で大学入学試験「高考」に備えられるよう指導している。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月19日
    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市

    19日、忻州市の忻州古城。中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月19日
    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市

    19日、忻州古城の関帝廟禅堂に飾られている五台山修渊島壁画芸術館の王雲峰(おう・うんほう)館長の作品「釈迦牟尼説法図」。中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月19日
    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市

    19日、忻州古城の修渊島壁画館。中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月19日
    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市

    19日、自身の作品の前に立つ五台山修渊島壁画芸術館の王雲峰(おう・うんほう)館長。中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市

    忻州古城の修渊島壁画館に展示された作品。(3月10日撮影)中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社配信/王雲峰)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市

    忻州古城の修渊島壁画館の内部。(3月10日撮影)中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社配信/王雲峰)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市

    忻州古城の修渊島壁画館。(3月10日撮影)中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社配信/王雲峰)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月07日
    「文化財保護引き受け」でよみがえる中国の歴史的建築物

    7日、山西省忻州(きんしゅう)市河曲県にある弘仏寺側殿。保護を引き受けた人により、以前の姿を取り戻した。中国は現在、「文化財の保護引き受け」を推進しており、民間活力の文化財保護への参加を奨励することで、消失の危機に瀕していた多くの歴史的建築物を再生している。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の噴水池。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居に残る閻錫山自筆の家訓。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居内の都督府。ロマネスク様式の風格を持つ。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の給水塔。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の新南院。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の須弥壇(しゅみだん)の一部分。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の建具に施された木彫。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の東花園の中庭にある貴賓室。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居の正門。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居に残る孫文(そん・ぶん)が閻錫山に寄せた揮毫を彫った壁。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月01日
    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市

    五台山修渊島壁画芸術館の王雲峰(おう・うんほう)館長の作品「五方仏」シリーズの1点。(2019年11月1日撮影)中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社配信/王雲峰)=2019(令和元)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:30.42
    2019年06月28日
    「新華社」万里の長城の要害「雁門関」を訪ねて

    中国山西省忻州(きんしゅう)市代県の県城(県政府所在地)から北へ約20キロメートルの地点にある雁門関(がんもんかん)は、万里の長城の重要な関所であり、漠北草原から中原(黄河の中下流域の平原地帯)への敵の侵入を防ぐ要所とされてきた。秦の始皇帝は六国を統一した後、大将軍蒙恬(もう・てん)率いる30万の兵を雁門関から塞北(さいほく)へと派遣。河套(かとう)地域の失地を回復し万里の長城を建設した。雁門関を囲む城壁は周囲の山の地形に沿って築かれており、長さは5キロメートル以上に及ぶ。地元政府はここ数年、巨費を投じて大規模な修復を行っており、いにしえの古戦場は再び活気に満ち、さらなる威厳を放つようになった。雁門関は人々に古代のロマンを感じさせる一大観光地となっている。(記者/武敵、徐偉)<映像内容>万里の長城の雁門関の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月04日
    幻想的な「万年氷洞」の景観山西省寧武県

    4日、ライトアップされた万年氷洞。中国山西省忻州(きんしゅう)市寧武県の芦芽山風景区にある万年氷洞は、深さが100メートルほどあり、約300万年前の第四紀氷河時代に形成された。洞内の温度は常に摂氏0度以下で、氷は一年中解けることがない。(忻州=新華社配信/曹建国)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月04日
    幻想的な「万年氷洞」の景観山西省寧武県

    4日、万年氷洞を見学する観光客。中国山西省忻州(きんしゅう)市寧武県の芦芽山風景区にある万年氷洞は、深さが100メートルほどあり、約300万年前の第四紀氷河時代に形成された。洞内の温度は常に摂氏0度以下で、氷は一年中解けることがない。(忻州=新華社配信/曹建国)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月04日
    幻想的な「万年氷洞」の景観山西省寧武県

    4日、ライトアップされた万年氷洞。中国山西省忻州(きんしゅう)市寧武県の芦芽山風景区にある万年氷洞は、深さが100メートルほどあり、約300万年前の第四紀氷河時代に形成された。洞内の温度は常に摂氏0度以下で、氷は一年中解けることがない。(忻州=新華社配信/曹建国)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月04日
    幻想的な「万年氷洞」の景観山西省寧武県

    4日、ライトアップされた万年氷洞。中国山西省忻州(きんしゅう)市寧武県の芦芽山風景区にある万年氷洞は、深さが100メートルほどあり、約300万年前の第四紀氷河時代に形成された。洞内の温度は常に摂氏0度以下で、氷は一年中解けることがない。(忻州=新華社配信/曹建国)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月04日
    幻想的な「万年氷洞」の景観山西省寧武県

    4日、ライトアップされた万年氷洞。中国山西省忻州(きんしゅう)市寧武県の芦芽山風景区にある万年氷洞は、深さが100メートルほどあり、約300万年前の第四紀氷河時代に形成された。洞内の温度は常に摂氏0度以下で、氷は一年中解けることがない。(忻州=新華社配信/曹建国)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月04日
    幻想的な「万年氷洞」の景観山西省寧武県

    4日、ライトアップされた万年氷洞。中国山西省忻州(きんしゅう)市寧武県の芦芽山風景区にある万年氷洞は、深さが100メートルほどあり、約300万年前の第四紀氷河時代に形成された。洞内の温度は常に摂氏0度以下で、氷は一年中解けることがない。(忻州=新華社配信/曹建国)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1