KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 山西省臨
  • 中国山西省
  • 小型無人機
  • 市洪洞県
  • ドローン
  • 黄土高原
  • 瀑布風景
  • 中華民国
  • 九天聖母
  • 創建年代

「山西省臨汾」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
164
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
164
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年06月04日
    (3)陶寺遺跡で床装飾のある建物跡を発見山西省臨汾市

    2日、宮殿跡の大型版築基礎で見つかった単体宮殿建築遺構。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県の陶寺遺跡を調査する合同考古調査隊はこのほど、最新の調査結果を発表し、宮殿跡にある8千平方メートル近くの大型版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)で、540平方メートル余りの単体宮殿建築遺構を発見したと明らかにした。同遺構の南東では三つの小さな建物跡も見つかり、うち一つの床には精巧な装飾が施されていた。(臨汾=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060413401

  • 2021年06月04日
    (2)陶寺遺跡で床装飾のある建物跡を発見山西省臨汾市

    2日、床の一部に装飾が施された建物跡。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県の陶寺遺跡を調査する合同考古調査隊はこのほど、最新の調査結果を発表し、宮殿跡にある8千平方メートル近くの大型版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)で、540平方メートル余りの単体宮殿建築遺構を発見したと明らかにした。同遺構の南東では三つの小さな建物跡も見つかり、うち一つの床には精巧な装飾が施されていた。(臨汾=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060413400

  • 2021年06月04日
    (5)陶寺遺跡で床装飾のある建物跡を発見山西省臨汾市

    2日、建物跡の床に施された装飾(部分)。中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県の陶寺遺跡を調査する合同考古調査隊はこのほど、最新の調査結果を発表し、宮殿跡にある8千平方メートル近くの大型版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)で、540平方メートル余りの単体宮殿建築遺構を発見したと明らかにした。同遺構の南東では三つの小さな建物跡も見つかり、うち一つの床には精巧な装飾が施されていた。(臨汾=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060413402

  • 00:59.20
    2021年06月04日
    「新華社」陶寺遺跡で床装飾のある建物跡を発見山西省臨汾市

    中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県の陶寺遺跡を調査する合同考古調査隊はこのほど、最新の調査結果を発表し、宮殿跡にある8千平方メートル近くの大型版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)で、540平方メートル余りの単体宮殿建築遺構を発見したと明らかにした。同遺構の南東では三つの小さな建物跡も見つかり、うち一つの床には精巧な装飾が施されていた。床装飾の見つかった建物跡の面積は40平方メートル余りで、北側半分の石灰塗りの床に約4千年余り前の人々が施した興味深い装飾があった。東西方向に約40センチ間隔で引かれた横線の上に、南北方向に約8センチ間隔で縦枠が引かれており、縦枠の中には3列に規則的に並んだ三角錐が型押しされていた。中国社会科学院考古研究所の研究員で合同考古調査隊の高江濤(こう・こうとう)隊長は、石灰塗りの床が2層になっていることから、室内は少なくとも2回修繕されていると指摘。2回目は意図的に装飾が施されており、建築専門家によると、こうした装飾には滑り止めの効果があることから、入浴に関係する場所ではないかとの見方を示した。高氏は「これらの発見は、中国古代の宮殿制度の発展を探る上で重要な意義がある」と述べた。(記者/王学濤、馬志異) =配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060413359

  • 2021年06月04日
    (4)陶寺遺跡で床装飾のある建物跡を発見山西省臨汾市

    2日、建物跡の床に施された装飾(部分)。中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県の陶寺遺跡を調査する合同考古調査隊はこのほど、最新の調査結果を発表し、宮殿跡にある8千平方メートル近くの大型版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)で、540平方メートル余りの単体宮殿建築遺構を発見したと明らかにした。同遺構の南東では三つの小さな建物跡も見つかり、うち一つの床には精巧な装飾が施されていた。(臨汾=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060413391

  • 2021年06月04日
    (1)陶寺遺跡で床装飾のある建物跡を発見山西省臨汾市

    2日、陶寺遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県の陶寺遺跡を調査する合同考古調査隊はこのほど、最新の調査結果を発表し、宮殿跡にある8千平方メートル近くの大型版築(はんちく)基礎(土を突き固めて作った基礎)で、540平方メートル余りの単体宮殿建築遺構を発見したと明らかにした。同遺構の南東では三つの小さな建物跡も見つかり、うち一つの床には精巧な装飾が施されていた。(臨汾=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060413405

  • 01:30.04
    2021年05月20日
    「新華社」2500年以上前の楽器の音色が話題

    中国春秋時代の打楽器、編鐘(へんしょう)、甬鐘(ようしょう)、編鎛(へんはく)で演奏した民謡「茉莉花」が注目を集めている。2500年以上前の楽器とは思えないほど、澄んだ音色と美しい旋律が響き渡る。考古学スタッフによると、楽器は中国山西省臨汾市襄汾県(じょうふんけん)にある陶寺北両周墓地の出土品のうち保存状態の良好な編鐘・甬鐘3点、編鎛3点。同墓地では編鐘・甬鐘13点、編鎛13点、石磬(せっけい)10点、銅鼓座(銅鼓の台座)1点が出土し、中国芸術研究院音楽研究所の王清雷(おう・せいらい)副研究員らが古代楽器の性能を調べるため、音響測定を実施した。研究員らは、文化財の安全を前提としながら、試験的に演奏を行うとともに、鐘を打つ撞木(しゅもく)も特別に製作した。(記者/徐偉、王学濤) =配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052013757

  • 2021年05月01日
    (6)黄河壺口瀑布風景区、観光客の受け入れ再開山西省吉県

    4月28日、黄河壺口瀑布風景区。(小型無人機から)中国山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区はこのほど、約3カ月ぶりに観光客の受け入れを再開した。解氷期に上流の水が下流の氷塊にせき止められて起こる増水被害を避けるため、一時的に閉鎖していた。(臨汾=新華社配信/呂桂明)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050103824

  • 2021年05月01日
    (2)黄河壺口瀑布風景区、観光客の受け入れ再開山西省吉県

    4月28日、黄河壺口瀑布風景区で、壮大な景色を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区はこのほど、約3カ月ぶりに観光客の受け入れを再開した。解氷期に上流の水が下流の氷塊にせき止められて起こる増水被害を避けるため、一時的に閉鎖していた。(臨汾=新華社配信/呂桂明)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050103815

  • 2021年05月01日
    (4)黄河壺口瀑布風景区、観光客の受け入れ再開山西省吉県

    4月28日、黄河壺口瀑布風景区。(小型無人機から)中国山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区はこのほど、約3カ月ぶりに観光客の受け入れを再開した。解氷期に上流の水が下流の氷塊にせき止められて起こる増水被害を避けるため、一時的に閉鎖していた。(臨汾=新華社配信/呂桂明)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050103814

  • 2021年05月01日
    (5)黄河壺口瀑布風景区、観光客の受け入れ再開山西省吉県

    4月28日、黄河壺口瀑布風景区。(小型無人機から)中国山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区はこのほど、約3カ月ぶりに観光客の受け入れを再開した。解氷期に上流の水が下流の氷塊にせき止められて起こる増水被害を避けるため、一時的に閉鎖していた。(臨汾=新華社配信/呂桂明)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050103816

  • 00:33.21
    2021年05月01日
    「新華社」黄河壺口瀑布風景区、観光客の受け入れ再開山西省吉県

    中国山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区はこのほど、約3カ月ぶりに観光客の受け入れを再開した。解氷期に上流の水が下流の氷塊にせき止められて起こる増水被害を避けるため、一時的に閉鎖していた。(記者/趙陽)=配信日:2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011831

  • 2021年05月01日
    (3)黄河壺口瀑布風景区、観光客の受け入れ再開山西省吉県

    4月28日、黄河壺口瀑布風景区で、壮大な景色を写真に収める観光客。中国山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区はこのほど、約3カ月ぶりに観光客の受け入れを再開した。解氷期に上流の水が下流の氷塊にせき止められて起こる増水被害を避けるため、一時的に閉鎖していた。(臨汾=新華社配信/呂桂明)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050103821

  • 2021年04月28日
    黄河壺口瀑布風景区、観光客の受け入れ再開山西省吉県

    4月28日、黄河壺口瀑布風景区。(小型無人機から)中国山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区はこのほど、約3カ月ぶりに観光客の受け入れを再開した。解氷期に上流の水が下流の氷塊にせき止められて起こる増水被害を避けるため、一時的に閉鎖していた。(臨汾=新華社配信/呂桂明)=2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011750

  • 2020年12月14日
    (5)幻想的な氷の世界、黄河壺口瀑布の冬景色

    9日、山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区に広がる冬景色。中国の山西省と陝西省の境にある黄河壺口瀑布では、気温の低下に伴い、氷とつららで覆われた幻想的な景色が広がっている。冬の風物詩を一目見ようと、大勢の観光客が訪れている。(吉県=新華社配信/呂桂明)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506876

  • 2020年12月14日
    (3)幻想的な氷の世界、黄河壺口瀑布の冬景色

    9日、山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区に広がる冬景色。中国の山西省と陝西省の境にある黄河壺口瀑布では、気温の低下に伴い、氷とつららで覆われた幻想的な景色が広がっている。冬の風物詩を一目見ようと、大勢の観光客が訪れている。(吉県=新華社配信/呂桂明)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506841

  • 2020年12月14日
    (1)幻想的な氷の世界、黄河壺口瀑布の冬景色

    9日、山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区で、氷やつららで覆われた景色を楽しむ観光客。中国の山西省と陝西省の境にある黄河壺口瀑布では、気温の低下に伴い、氷とつららで覆われた幻想的な景色が広がっている。冬の風物詩を一目見ようと、大勢の観光客が訪れている。(吉県=新華社配信/呂桂明)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506791

  • 00:53.84
    2020年12月14日
    「新華社」冬の奇観「氷のチョウ」が人々を魅了山西省臨汾市

    中国山西省臨汾市が管轄する侯馬市の上馬街道闘竜溝村南部の池では冬の間、気温や湿度、風速などの条件がそろうと、枯れ草にさまざまな形の透き通った氷片が付着し、まるで「氷のチョウ」が飛んでいるように見える。毎年多くの観光客や写真愛好家が珍しい光景を目当てに池を訪れ、一帯は「チョウの谷」という美しい名前で呼ばれるようになった。(記者/趙陽)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506657

  • 2020年12月14日
    (4)幻想的な氷の世界、黄河壺口瀑布の冬景色

    9日、山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区に広がる冬景色。中国の山西省と陝西省の境にある黄河壺口瀑布では、気温の低下に伴い、氷とつららで覆われた幻想的な景色が広がっている。冬の風物詩を一目見ようと、大勢の観光客が訪れている。(吉県=新華社配信/呂桂明)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506789

  • 2020年12月14日
    (2)幻想的な氷の世界、黄河壺口瀑布の冬景色

    9日、山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区に広がる冬景色。中国の山西省と陝西省の境にある黄河壺口瀑布では、気温の低下に伴い、氷とつららで覆われた幻想的な景色が広がっている。冬の風物詩を一目見ようと、大勢の観光客が訪れている。(吉県=新華社配信/呂桂明)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506856

  • 2020年12月13日
    (7)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    山西省臨汾(りんふん)市洪洞県の広勝寺境内に立つ飛虹塔(ひこうとう)。創建は漢代だが、現在の塔は明の正德11(1516)年に再建された。塔身が雨上がりの虹のように色鮮やかなことからその名が付いた。13層の楼閣式仏塔で、高さは47・6メートル。中国に現存する瑠璃塔の中でも規模が大きく、保存状態が良い。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(2015年9月6日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506572

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月12日
    黄土高原の小さな山村が農村観光で華麗に転身山西省

    12日、山西省臨汾市安沢県の飛嶺村にあるペンション「蒹葭郷居」の客室。中国山西省臨汾市安沢県にある飛嶺村は、かつて典型的な農業村で、村民の多くが出稼ぎ労働に従事していた。貧しく立ち遅れた様相を変えるため、同村は豊かな自然に目を向け、自然景観や郷土文化を取り入れた農村観光の発展を推進。農村インフラの高度化・改造に取り組み、ペンション「蒹葭(けんか)郷居」の建設など特色ある観光プロジェクトを打ち出した。農村観光の発展で、村民が地元で就職できるようになり、多くの村民が農家楽(アグリツーリズム)施設を開設した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111704977

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月12日
    黄土高原の小さな山村が農村観光で華麗に転身山西省

    12日、山西省臨汾市安沢県にある飛嶺村の一角。中国山西省臨汾市安沢県にある飛嶺村は、かつて典型的な農業村で、村民の多くが出稼ぎ労働に従事していた。貧しく立ち遅れた様相を変えるため、同村は豊かな自然に目を向け、自然景観や郷土文化を取り入れた農村観光の発展を推進。農村インフラの高度化・改造に取り組み、ペンション「蒹葭(けんか)郷居」の建設など特色ある観光プロジェクトを打ち出した。農村観光の発展で、村民が地元で就職できるようになり、多くの村民が農家楽(アグリツーリズム)施設を開設した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111704920

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月12日
    黄土高原の小さな山村が農村観光で華麗に転身山西省

    12日、山西省臨汾市安沢県の飛嶺村にあるカフェ。中国山西省臨汾市安沢県にある飛嶺村は、かつて典型的な農業村で、村民の多くが出稼ぎ労働に従事していた。貧しく立ち遅れた様相を変えるため、同村は豊かな自然に目を向け、自然景観や郷土文化を取り入れた農村観光の発展を推進。農村インフラの高度化・改造に取り組み、ペンション「蒹葭(けんか)郷居」の建設など特色ある観光プロジェクトを打ち出した。農村観光の発展で、村民が地元で就職できるようになり、多くの村民が農家楽(アグリツーリズム)施設を開設した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111704970

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月12日
    黄土高原の小さな山村が農村観光で華麗に転身山西省

    12日、山西省臨汾市安沢県の飛嶺村にあるペンション「蒹葭郷居」。中国山西省臨汾市安沢県にある飛嶺村は、かつて典型的な農業村で、村民の多くが出稼ぎ労働に従事していた。貧しく立ち遅れた様相を変えるため、同村は豊かな自然に目を向け、自然景観や郷土文化を取り入れた農村観光の発展を推進。農村インフラの高度化・改造に取り組み、ペンション「蒹葭(けんか)郷居」の建設など特色ある観光プロジェクトを打ち出した。農村観光の発展で、村民が地元で就職できるようになり、多くの村民が農家楽(アグリツーリズム)施設を開設した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111704971

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704713

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の外観。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704725

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704735

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の西側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704701

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の西側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704705

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の西側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704709

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704768

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の全体図。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704778

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の西側の壁に描かれた壁画の全体図。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704781

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704707

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704721

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の西側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704747

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704797

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の西側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704793

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704808

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704711

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704731

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の西側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704729

  • 2020年09月29日
    九天聖母廟に描かれた珍しい壁画山西省臨汾市

    9月29日、九天聖母廟の東側の壁に描かれた壁画の一部。九天聖母廟は、中国山西省臨汾市吉県の県城(県政府所在地)から東へ20キロの車城郷朱家堡村にある。創建年代は分かっていない。現存する建物は清代のもので、東西2面の壁にそれぞれ壁画が描かれている。両側の壁画はどちらも長さ3メートル、高さ3メートルで、中華民国期に許進徳(きょ・しんとく)、陳登峰(ちん・とうほう)という2人の絵師によって作成された。壁画に描かれているのは「群仙賀寿図」と「百官上朝図」で、同省の寺院や道観の壁画には極めて珍しい。群仙賀寿図には俗世を離れた仙境や豪奢な宮殿のほか、儒教、仏教、道教それぞれにまつわる人物が描かれている。各人の表情やしぐさが描き分けられ、一つとして同じものはない。百官上朝図は、文武百官それぞれが職務に励んだり、心配事を抱えたりする官界の百人百様のありさまを描いている。(臨汾=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704783

  • 2020年09月01日
    明代の塑像に新たな輝き山西省洪洞県

    1日、碧霞聖母宮・聖母殿内の東側に立つ書生像。中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県の坊堆村にある碧霞聖母宮(へきかせいぼきゅう)は、明の嘉靖2(1523)年の創建で、現存する本体建築も明代のものとされる。碧霞聖母は中国道教の女神で碧霞元君とも呼ばれる。寺院は二進院と呼ばれる「日の字」型をしており、南向きに建てられている。中軸線上には木牌坊と聖母殿があり、両側は西側の廂房3間のみが残る。聖母殿の見どころは、人物や中国北方の日常生活を表した塑像で、研究目的で訪れる美術家や美術愛好家も多い。同省文物局はここ数年、聖母殿の修復を進めており、500年近い歴史を持つ塑像に新たな輝きをもたらしている。(太原=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701299

  • 2020年09月01日
    明代の塑像に新たな輝き山西省洪洞県

    1日、碧霞聖母宮・聖母殿内北側上部の懸塑。中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県の坊堆村にある碧霞聖母宮(へきかせいぼきゅう)は、明の嘉靖2(1523)年の創建で、現存する本体建築も明代のものとされる。碧霞聖母は中国道教の女神で碧霞元君とも呼ばれる。寺院は二進院と呼ばれる「日の字」型をしており、南向きに建てられている。中軸線上には木牌坊と聖母殿があり、両側は西側の廂房3間のみが残る。聖母殿の見どころは、人物や中国北方の日常生活を表した塑像で、研究目的で訪れる美術家や美術愛好家も多い。同省文物局はここ数年、聖母殿の修復を進めており、500年近い歴史を持つ塑像に新たな輝きをもたらしている。(太原=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701304

  • 2020年09月01日
    明代の塑像に新たな輝き山西省洪洞県

    1日、碧霞聖母宮・聖母殿内の西側に立つ侍者像。中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県の坊堆村にある碧霞聖母宮(へきかせいぼきゅう)は、明の嘉靖2(1523)年の創建で、現存する本体建築も明代のものとされる。碧霞聖母は中国道教の女神で碧霞元君とも呼ばれる。寺院は二進院と呼ばれる「日の字」型をしており、南向きに建てられている。中軸線上には木牌坊と聖母殿があり、両側は西側の廂房3間のみが残る。聖母殿の見どころは、人物や中国北方の日常生活を表した塑像で、研究目的で訪れる美術家や美術愛好家も多い。同省文物局はここ数年、聖母殿の修復を進めており、500年近い歴史を持つ塑像に新たな輝きをもたらしている。(太原=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701412

  • 2020年09月01日
    明代の塑像に新たな輝き山西省洪洞県

    1日、碧霞聖母宮・聖母殿の頂部に残る明の嘉靖年間の題詞。中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県の坊堆村にある碧霞聖母宮(へきかせいぼきゅう)は、明の嘉靖2(1523)年の創建で、現存する本体建築も明代のものとされる。碧霞聖母は中国道教の女神で碧霞元君とも呼ばれる。寺院は二進院と呼ばれる「日の字」型をしており、南向きに建てられている。中軸線上には木牌坊と聖母殿があり、両側は西側の廂房3間のみが残る。聖母殿の見どころは、人物や中国北方の日常生活を表した塑像で、研究目的で訪れる美術家や美術愛好家も多い。同省文物局はここ数年、聖母殿の修復を進めており、500年近い歴史を持つ塑像に新たな輝きをもたらしている。(太原=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701478

  • 2020年09月01日
    明代の塑像に新たな輝き山西省洪洞県

    1日、碧霞聖母宮・聖母殿内の西側に立つ侍者像(部分)。中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県の坊堆村にある碧霞聖母宮(へきかせいぼきゅう)は、明の嘉靖2(1523)年の創建で、現存する本体建築も明代のものとされる。碧霞聖母は中国道教の女神で碧霞元君とも呼ばれる。寺院は二進院と呼ばれる「日の字」型をしており、南向きに建てられている。中軸線上には木牌坊と聖母殿があり、両側は西側の廂房3間のみが残る。聖母殿の見どころは、人物や中国北方の日常生活を表した塑像で、研究目的で訪れる美術家や美術愛好家も多い。同省文物局はここ数年、聖母殿の修復を進めており、500年近い歴史を持つ塑像に新たな輝きをもたらしている。(太原=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701283

  • 2020年09月01日
    明代の塑像に新たな輝き山西省洪洞県

    1日、碧霞聖母宮・聖母殿内西側の間仕切り板に施された花の図案。中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県の坊堆村にある碧霞聖母宮(へきかせいぼきゅう)は、明の嘉靖2(1523)年の創建で、現存する本体建築も明代のものとされる。碧霞聖母は中国道教の女神で碧霞元君とも呼ばれる。寺院は二進院と呼ばれる「日の字」型をしており、南向きに建てられている。中軸線上には木牌坊と聖母殿があり、両側は西側の廂房3間のみが残る。聖母殿の見どころは、人物や中国北方の日常生活を表した塑像で、研究目的で訪れる美術家や美術愛好家も多い。同省文物局はここ数年、聖母殿の修復を進めており、500年近い歴史を持つ塑像に新たな輝きをもたらしている。(太原=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701351

  • 2020年09月01日
    明代の塑像に新たな輝き山西省洪洞県

    1日、碧霞聖母宮・聖母殿内の東側に立つ侍者像。中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県の坊堆村にある碧霞聖母宮(へきかせいぼきゅう)は、明の嘉靖2(1523)年の創建で、現存する本体建築も明代のものとされる。碧霞聖母は中国道教の女神で碧霞元君とも呼ばれる。寺院は二進院と呼ばれる「日の字」型をしており、南向きに建てられている。中軸線上には木牌坊と聖母殿があり、両側は西側の廂房3間のみが残る。聖母殿の見どころは、人物や中国北方の日常生活を表した塑像で、研究目的で訪れる美術家や美術愛好家も多い。同省文物局はここ数年、聖母殿の修復を進めており、500年近い歴史を持つ塑像に新たな輝きをもたらしている。(太原=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701355

  • 2020年09月01日
    明代の塑像に新たな輝き山西省洪洞県

    1日、碧霞聖母宮・聖母殿内の東側に立つ侍者像(部分)。中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県の坊堆村にある碧霞聖母宮(へきかせいぼきゅう)は、明の嘉靖2(1523)年の創建で、現存する本体建築も明代のものとされる。碧霞聖母は中国道教の女神で碧霞元君とも呼ばれる。寺院は二進院と呼ばれる「日の字」型をしており、南向きに建てられている。中軸線上には木牌坊と聖母殿があり、両側は西側の廂房3間のみが残る。聖母殿の見どころは、人物や中国北方の日常生活を表した塑像で、研究目的で訪れる美術家や美術愛好家も多い。同省文物局はここ数年、聖母殿の修復を進めており、500年近い歴史を持つ塑像に新たな輝きをもたらしている。(太原=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701366

  • 2020年09月01日
    明代の塑像に新たな輝き山西省洪洞県

    1日、碧霞聖母宮・聖母殿内の東側に立つ侍者像(部分)。中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県の坊堆村にある碧霞聖母宮(へきかせいぼきゅう)は、明の嘉靖2(1523)年の創建で、現存する本体建築も明代のものとされる。碧霞聖母は中国道教の女神で碧霞元君とも呼ばれる。寺院は二進院と呼ばれる「日の字」型をしており、南向きに建てられている。中軸線上には木牌坊と聖母殿があり、両側は西側の廂房3間のみが残る。聖母殿の見どころは、人物や中国北方の日常生活を表した塑像で、研究目的で訪れる美術家や美術愛好家も多い。同省文物局はここ数年、聖母殿の修復を進めており、500年近い歴史を持つ塑像に新たな輝きをもたらしている。(太原=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701401

  • 2020年09月01日
    明代の塑像に新たな輝き山西省洪洞県

    1日、碧霞聖母宮・聖母殿内の西側に立つ書生像(部分)。中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県の坊堆村にある碧霞聖母宮(へきかせいぼきゅう)は、明の嘉靖2(1523)年の創建で、現存する本体建築も明代のものとされる。碧霞聖母は中国道教の女神で碧霞元君とも呼ばれる。寺院は二進院と呼ばれる「日の字」型をしており、南向きに建てられている。中軸線上には木牌坊と聖母殿があり、両側は西側の廂房3間のみが残る。聖母殿の見どころは、人物や中国北方の日常生活を表した塑像で、研究目的で訪れる美術家や美術愛好家も多い。同省文物局はここ数年、聖母殿の修復を進めており、500年近い歴史を持つ塑像に新たな輝きをもたらしている。(太原=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701328

  • 2020年09月01日
    明代の塑像に新たな輝き山西省洪洞県

    1日、碧霞聖母宮・聖母殿北側の間仕切り板と侍女像。中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県の坊堆村にある碧霞聖母宮(へきかせいぼきゅう)は、明の嘉靖2(1523)年の創建で、現存する本体建築も明代のものとされる。碧霞聖母は中国道教の女神で碧霞元君とも呼ばれる。寺院は二進院と呼ばれる「日の字」型をしており、南向きに建てられている。中軸線上には木牌坊と聖母殿があり、両側は西側の廂房3間のみが残る。聖母殿の見どころは、人物や中国北方の日常生活を表した塑像で、研究目的で訪れる美術家や美術愛好家も多い。同省文物局はここ数年、聖母殿の修復を進めており、500年近い歴史を持つ塑像に新たな輝きをもたらしている。(太原=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701342

  • 2020年09月01日
    明代の塑像に新たな輝き山西省洪洞県

    1日、碧霞聖母宮・聖母殿内の東側に立つ侍者像。中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県の坊堆村にある碧霞聖母宮(へきかせいぼきゅう)は、明の嘉靖2(1523)年の創建で、現存する本体建築も明代のものとされる。碧霞聖母は中国道教の女神で碧霞元君とも呼ばれる。寺院は二進院と呼ばれる「日の字」型をしており、南向きに建てられている。中軸線上には木牌坊と聖母殿があり、両側は西側の廂房3間のみが残る。聖母殿の見どころは、人物や中国北方の日常生活を表した塑像で、研究目的で訪れる美術家や美術愛好家も多い。同省文物局はここ数年、聖母殿の修復を進めており、500年近い歴史を持つ塑像に新たな輝きをもたらしている。(太原=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701365

  • 2020年09月01日
    明代の塑像に新たな輝き山西省洪洞県

    1日、碧霞聖母宮・聖母殿の主神、碧霞聖母と両脇に仕える宮女と侍者。中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県の坊堆村にある碧霞聖母宮(へきかせいぼきゅう)は、明の嘉靖2(1523)年の創建で、現存する本体建築も明代のものとされる。碧霞聖母は中国道教の女神で碧霞元君とも呼ばれる。寺院は二進院と呼ばれる「日の字」型をしており、南向きに建てられている。中軸線上には木牌坊と聖母殿があり、両側は西側の廂房3間のみが残る。聖母殿の見どころは、人物や中国北方の日常生活を表した塑像で、研究目的で訪れる美術家や美術愛好家も多い。同省文物局はここ数年、聖母殿の修復を進めており、500年近い歴史を持つ塑像に新たな輝きをもたらしている。(太原=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701383

  • 2020年09月01日
    明代の塑像に新たな輝き山西省洪洞県

    1日、碧霞聖母宮・聖母殿内の東側に立つ書生像(部分)。中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県の坊堆村にある碧霞聖母宮(へきかせいぼきゅう)は、明の嘉靖2(1523)年の創建で、現存する本体建築も明代のものとされる。碧霞聖母は中国道教の女神で碧霞元君とも呼ばれる。寺院は二進院と呼ばれる「日の字」型をしており、南向きに建てられている。中軸線上には木牌坊と聖母殿があり、両側は西側の廂房3間のみが残る。聖母殿の見どころは、人物や中国北方の日常生活を表した塑像で、研究目的で訪れる美術家や美術愛好家も多い。同省文物局はここ数年、聖母殿の修復を進めており、500年近い歴史を持つ塑像に新たな輝きをもたらしている。(太原=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701426

  • 2020年09月01日
    明代の塑像に新たな輝き山西省洪洞県

    1日、碧霞聖母宮・聖母殿内西側の間仕切り板。中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県の坊堆村にある碧霞聖母宮(へきかせいぼきゅう)は、明の嘉靖2(1523)年の創建で、現存する本体建築も明代のものとされる。碧霞聖母は中国道教の女神で碧霞元君とも呼ばれる。寺院は二進院と呼ばれる「日の字」型をしており、南向きに建てられている。中軸線上には木牌坊と聖母殿があり、両側は西側の廂房3間のみが残る。聖母殿の見どころは、人物や中国北方の日常生活を表した塑像で、研究目的で訪れる美術家や美術愛好家も多い。同省文物局はここ数年、聖母殿の修復を進めており、500年近い歴史を持つ塑像に新たな輝きをもたらしている。(太原=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090701433

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:36.82
    2020年08月31日
    「新華社」山西省襄汾県のレストラン倒壊事故、犠牲者29人を公表

    中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県で29日に起きたレストラン倒壊事故の救急救援指揮部(対策本部)は30日、犠牲者29人の名前を公表した。レストランでは事故当時、長寿を祝う宴会が開かれていた。救助活動は30日午前4時ごろに終了し、57人が救助されたが、29人が死亡し、7人が重傷、21人が軽傷を負った。現場では事故原因の調査が現在も続いている。(記者/趙陽、宋育沢)<映像内容>山西省襄汾県でレストラン倒壊、救助の様子、撮影日:2020(令和2)年8月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100263

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.21
    2020年08月30日
    「新華社」山西省襄汾県のレストラン倒壊事故死者29人

    中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県で29日午前9時40分(日本時間同10時40分)ごろ発生した2階建てレストラン倒壊事故の救援活動が終了した。30日午前3時30分時点で救助された57人のうち29人が死亡、21人が軽傷、7人が重傷だった。重傷者は効果的な治療を受けており、命に別状はないという。(記者/趙陽、宋育沢)<映像内容>山西省襄汾県のレストラン倒壊現場、撮影日:2020(令和2)年8月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100265

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:39.31
    2020年08月29日
    「新華社」山西省襄汾県でレストラン倒壊17人死亡

    中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県で29日午前9時40分(日本時間同10時40分)ごろ、2階建てレストランが倒壊し、複数の人が閉じ込められた。同省の関係部門が明らかにした。事故発生後、地元の救助隊が直ちに現場に駆け付け、救助作業を行った。同日午後6時52分までに45人が救出されたが、うち17人が死亡した。現場では懸命な救助活動が行われている。(記者/梁暁飛、王菲菲)<映像内容>山西省襄汾県でレストラン倒壊、救助の様子、撮影日:2020(令和2)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100258

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月29日
    山西省襄汾県でレストラン倒壊17人死亡

    29日、事故現場で行われている救助活動。中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県で29日午前9時40分(日本時間同10時40分)ごろ、2階建てレストランが倒壊し、複数の人が閉じ込められた。事故発生後、地元の救助隊が直ちに現場に駆け付け、救助作業を行った。同日午後8時までに45人が救出されたが、うち17人が死亡した。現場では引き続き懸命な救助活動が行われている。(襄汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100612

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月29日
    山西省襄汾県でレストラン倒壊17人死亡

    29日、事故現場で行われている救助活動。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県で29日午前9時40分(日本時間同10時40分)ごろ、2階建てレストランが倒壊し、複数の人が閉じ込められた。事故発生後、地元の救助隊が直ちに現場に駆け付け、救助作業を行った。同日午後8時までに45人が救出されたが、うち17人が死亡した。現場では引き続き懸命な救助活動が行われている。(襄汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100618

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月29日
    山西省襄汾県でレストラン倒壊17人死亡

    29日、事故現場で行われている救助活動。中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県で29日午前9時40分(日本時間同10時40分)ごろ、2階建てレストランが倒壊し、複数の人が閉じ込められた。事故発生後、地元の救助隊が直ちに現場に駆け付け、救助作業を行った。同日午後8時までに45人が救出されたが、うち17人が死亡した。現場では引き続き懸命な救助活動が行われている。(襄汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100642

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月29日
    山西省襄汾県でレストラン倒壊17人死亡

    29日、事故現場で行われている救助活動。中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県で29日午前9時40分(日本時間同10時40分)ごろ、2階建てレストランが倒壊し、複数の人が閉じ込められた。事故発生後、地元の救助隊が直ちに現場に駆け付け、救助作業を行った。同日午後8時までに45人が救出されたが、うち17人が死亡した。現場では引き続き懸命な救助活動が行われている。(襄汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100724

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月29日
    山西省襄汾県でレストラン倒壊17人死亡

    29日、事故現場で行われている救助活動。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県で29日午前9時40分(日本時間同10時40分)ごろ、2階建てレストランが倒壊し、複数の人が閉じ込められた。事故発生後、地元の救助隊が直ちに現場に駆け付け、救助作業を行った。同日午後8時までに45人が救出されたが、うち17人が死亡した。現場では引き続き懸命な救助活動が行われている。(襄汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100635

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月29日
    山西省襄汾県のレストラン倒壊事故死者29人

    29日、救助活動中の事故現場。中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県で29日午前9時40分ごろ発生したレストラン倒壊事故の救援活動が終了した。救助された57人のうち29人が死亡、21人が軽傷、7人が重傷だった。(襄汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100689

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月29日
    山西省襄汾県のレストラン倒壊事故死者29人

    29日、救助活動中の事故現場。中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県で29日午前9時40分ごろ発生したレストラン倒壊事故の救援活動が終了した。救助された57人のうち29人が死亡、21人が軽傷、7人が重傷だった。(襄汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100545

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月29日
    山西省襄汾県でレストラン倒壊17人死亡

    29日、事故現場で行われている救助活動。中国山西省臨汾(りんふん)市襄汾(じょうふん)県で29日午前9時40分(日本時間同10時40分)ごろ、2階建てレストランが倒壊し、複数の人が閉じ込められた。事故発生後、地元の救助隊が直ちに現場に駆け付け、救助作業を行った。同日午後8時までに45人が救出されたが、うち17人が死亡した。現場では引き続き懸命な救助活動が行われている。(襄汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100654

  • 2020年08月10日
    黄河壺口瀑布風景区が再開山西省臨汾市

    10日、山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区で、壮大な瀑布群を観賞する観光客。中国山西省と陝西省の省境に位置する黄河壺口瀑布風景区が10日、観光客の受け入れを再開し、壮大な瀑布群が人々を魅了した。同風景区は降雨による増水がピークに達したことから、一時的に閉鎖されていた。同風景区は見回りを強化するとともに、増水で壊れた防護柵の改修や警告サインを増やすなどして、観光客の安全確保に努めている。(臨汾=新華社配信/呂桂明)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205485

  • 2020年08月10日
    黄河壺口瀑布風景区が再開山西省臨汾市

    10日、山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区で、壮大な瀑布群を観賞する観光客。中国山西省と陝西省の省境に位置する黄河壺口瀑布風景区が10日、観光客の受け入れを再開し、壮大な瀑布群が人々を魅了した。同風景区は降雨による増水がピークに達したことから、一時的に閉鎖されていた。同風景区は見回りを強化するとともに、増水で壊れた防護柵の改修や警告サインを増やすなどして、観光客の安全確保に努めている。(臨汾=新華社配信/呂桂明)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205420

  • 2020年08月10日
    黄河壺口瀑布風景区が再開山西省臨汾市

    10日、山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区で、壮大な瀑布群を観賞する観光客。中国山西省と陝西省の省境に位置する黄河壺口瀑布風景区が10日、観光客の受け入れを再開し、壮大な瀑布群が人々を魅了した。同風景区は降雨による増水がピークに達したことから、一時的に閉鎖されていた。同風景区は見回りを強化するとともに、増水で壊れた防護柵の改修や警告サインを増やすなどして、観光客の安全確保に努めている。(臨汾=新華社配信/呂桂明)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205490

  • 02:01.11
    2020年08月10日
    「新華社」黄河壺口瀑布風景区が再開山西省臨汾市

    中国山西省と陝西省の省境に位置する黄河壺口瀑布風景区が10日、観光客の受け入れを再開し、壮大な瀑布群が人々を魅了した。同風景区は降雨による増水がピークに達したことから、一時的に閉鎖されていた。同風景区は見回りを強化するとともに、増水で壊れた防護柵の改修や警告サインを増やすなどして、観光客の安全確保に努めている。(記者/馬志異、馬毅敏)<映像内容>黄河壺口瀑布の風景、撮影日:2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205266

  • 2020年07月30日
    イチジク栽培で咲いた「富の花」山西省臨汾市

    山西省臨汾市堯都区にある碧豊霖農業科技開発が栽培したイチジク。(7月30日撮影)中国山西省臨汾(りんふん)市堯都(ぎょうと)区にある碧豊霖農業科技開発が、テクノロジーを駆使したイチジクのハウス栽培で、地元農家に富をもたらす道を切り開いた。(太原=新華社配信/王菲菲)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204537

  • 2020年07月30日
    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔

    山西省臨汾市洪洞県の広勝寺にそびえる美しい瑠璃塔「飛虹塔」。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100468

  • 2020年07月30日
    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔

    そよ風に涼やかな音を奏でる軒隅の風鐸(ふうたく)。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100515

  • 2020年07月30日
    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔

    飛虹塔は八角十三層で、高さ47・31メートル。塔身は青れんが造りで、各層に軒がある。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100556

  • 2020年07月30日
    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔

    塔身に施された瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100575

  • 2020年07月30日
    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔

    美しい花の瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100602

  • 2020年07月30日
    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔

    精緻で美しい塔身の装飾。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100586

  • 2020年07月30日
    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔

    塔の最上部を飾る鉄製の相輪(そうりん)。風磨銅と呼ばれる銅の装飾をはめ込んでいる。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100617

  • 2020年07月30日
    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔

    精緻を極める塔身の瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100688

  • 2020年07月30日
    イチジク栽培で咲いた「富の花」山西省臨汾市

    山西省臨汾市堯都区にある碧豊霖農業科技開発のイチジク栽培用のビニールハウス。(7月30日撮影)中国山西省臨汾(りんふん)市堯都(ぎょうと)区にある碧豊霖農業科技開発が、テクノロジーを駆使したイチジクのハウス栽培で、地元農家に富をもたらす道を切り開いた。(太原=新華社配信/王菲菲)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204634

  • 2020年07月30日
    イチジク栽培で咲いた「富の花」山西省臨汾市

    山西省臨汾市堯都区にある碧豊霖農業科技開発のイチジク栽培ハウス内で稼働中の農作物自動管理システム。(7月30日撮影)中国山西省臨汾(りんふん)市堯都(ぎょうと)区にある碧豊霖農業科技開発が、テクノロジーを駆使したイチジクのハウス栽培で、地元農家に富をもたらす道を切り開いた。(太原=新華社配信/王菲菲)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204567

  • 2020年07月30日
    イチジク栽培で咲いた「富の花」山西省臨汾市

    山西省臨汾市堯都区にある碧豊霖農業科技開発が栽培したイチジク。(7月30日撮影)中国山西省臨汾(りんふん)市堯都(ぎょうと)区にある碧豊霖農業科技開発が、テクノロジーを駆使したイチジクのハウス栽培で、地元農家に富をもたらす道を切り開いた。(太原=新華社配信/王菲菲)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204513

  • 2020年07月30日
    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔

    精緻を極める塔身の瑠璃装飾。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100548

  • 2020年07月30日
    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔

    隅棟に施された仙人の瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100651

  • 2020年07月30日
    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔

    塔身が黄、緑、青色の瑠璃瓦で装飾された飛虹塔。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100655

  • 2020年07月30日
    イチジク栽培で咲いた「富の花」山西省臨汾市

    山西省臨汾市堯都区にある碧豊霖農業科技開発のイチジク栽培ハウス内で作業する農家。(7月30日撮影)中国山西省臨汾(りんふん)市堯都(ぎょうと)区にある碧豊霖農業科技開発が、テクノロジーを駆使したイチジクのハウス栽培で、地元農家に富をもたらす道を切り開いた。(太原=新華社配信/王菲菲)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204530

  • 2020年07月30日
    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔

    長い年月を経てもなお、往時の彩りを残す瑠璃装飾。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080100506

  • 2020年07月23日
    移民の故郷「洪洞大槐樹」、祖先祭祀体験で伝統文化に触れる

    山西省臨汾市の洪洞大槐樹景勝区。(資料写真)中国山西省臨汾市洪洞(こうどう)県にはエンジュの古木があり、移民の歴史を伝える史跡として知られている。明王朝時代に百万人近い移民が同地から隊列を組んで出発し、中原(黄河中下流の平原地帯)各地域に移り住んだという。夏休みシーズンには祖先を祭る儀式の体験イベントが開かれ、多くの観光客が伝統文化の魅力に触れることができる。(洪洞=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700450

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月23日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    23日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村にある民宿の敷地内を散策する観光客。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006134

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月23日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    23日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の一角。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006259

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月22日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    22日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の森の中に立ち並ぶコテージ。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006163

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月21日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村での撮影スポット。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006124

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月21日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の一角。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006131

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月21日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の薬茶文化体験館で、茶葉を炒る村の人。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006271

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月21日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村にある薬茶文化体験館の前で、写真を撮る観光客。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006279

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月21日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の電子商取引(EC)サービスステーションで、商品を並べる従業員。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006255

  • 1
  • 2