KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 岡山県内
  • 岡山県倉敷市
  • 西日本豪雨
  • 岡山市内
  • 感染拡大
  • 高校野球
  • 倉敷市真備町
  • 新型コロナ
  • 真備町地区
  • スタート

「山陽新聞」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
2,941
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
2,941
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年05月07日
    BMX専用トレーラー 岡山で公開

    BMX専用トレーラー=岡山市北区幸町の下石井公園。高く跳び上がり、両手を翼のように広げたり車体を横に回転させたり。自転車BMXの選手が演技する舞台は、なんとトレーラーの上だ。東京五輪で正式種目となるBMXフリースタイル・パークのジャンプ台などを搭載した初の専用車両が完成し、7日に岡山市内で公開された=2021(令和3)年5月7日、岡山市北区幸町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月03日
    明かりが消えて閑散とした岡山市の繁華街

    店の明かりが次々と消え始めて閑散とする繁華街=5月3日午後8時5分、岡山市北区本町。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、岡山市中心部の飲食店の営業時間を午後8時までとする短縮要請が3日、始まった。期間は16日までの14日間。繁華街では営業終了に合わせて慌ただしく店じまいする動きが目立ち、大型連休のにぎわいが消えた。=2021(令和3)年5月3日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月02日
    創志学園のエース川端師童

    2失点完投した創志学園のエース川端師童=倉敷マスカット。春の岡山県高校野球大会(山陽新聞社後援)最終日は2日、倉敷市のマスカットスタジアムで決勝があり、創志学園が14―2で倉敷商を下し、4年ぶり2度目の優勝を飾った。創志学園はエースの右腕川端が7安打2失点と粘り強く投げ、4併殺のバックがもり立てた。=2021(令和3)年5月2日、マスカットスタジアム=岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 倉敷マスカット。春の岡山県高校野球大会

  • 2021年04月30日
    岡山市立市民病院

    医療提供体制が逼迫する岡山市立市民病院。新型コロナウイルスの感染拡大で、コロナ患者を受け入れている岡山県内の病院が危機感を強めている。感染力が強いとされる変異株が広がり、岡山県が確保するコロナ病床(412床)の使用率は53.6%(22~28日、数値は集計最終日の前日時点)と、医療提供体制はこれまでで最も逼迫。医療関係者からは「このまま事態が収束しなければ、救える命も救えなくなってしまう」との声も上がっている=2021(令和3)年4月30日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    宿泊療養施設 東横イン岡山駅西口右

    新型コロナウイルス感染者の宿泊療養施設として岡山県が確保した東横イン岡山駅西口右。岡山県は28日、新型コロナウイルスに感染した軽症・無症状者を受け入れる県内2カ所目の宿泊療養施設として、岡山市北区奉還町の「東横イン岡山駅西口右」を確保し、5月7日から運用を始めると発表した。変異株の広がりやクラスター(感染者集団)の続発を踏まえた対応。岡山県は現在、宿泊療養施設として「アパホテル岡山駅前」(同下石井)の256室を療養用としているが、3月上旬時点で1人だった利用者が今月25日現在154人、利用率は60・1%に達している=2021(令和3)年4月28日、岡山市北区奉還町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    岡山県備前市の吉村武司市長

    岡山県備前市の吉村武司市長=2021(令和3)年4月26日、岡山県備前市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月25日
    特急やくもとして走る「381系」

    特急やくもとして走る「381系」。岡山県内を走る二つの鉄道車両に愛好家の注目が集まっている。JR西日本の特急やくもとして旧国鉄時代から走り続ける「381系」と、倉敷市中心部と水島地区を結ぶ水島臨海鉄道の貨物輸送を50年支える「DE70形ディーゼル機関車」。どちらも新型車両の導入予定があり、沿線には現役の勇姿を記録しようとカメラを構えるファンの姿が見られる。=2021(令和3)年4月25日、岡山県内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月25日
    水島臨鉄「DE70形ディーゼル機関車」

    水島臨海鉄道の「DE70形ディーゼル機関車」。岡山県内を走る二つの鉄道車両に愛好家の注目が集まっている。JR西日本の特急やくもとして旧国鉄時代から走り続ける「381系」と、倉敷市中心部と水島地区を結ぶ水島臨海鉄道の貨物輸送を50年支える「DE70形ディーゼル機関車」。どちらも新型車両の導入予定があり、沿線には現役の勇姿を記録しようとカメラを構えるファンの姿が見られる=2021(令和3)年4月25日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月24日
    回収された大量のプラスチックなど海ごみ

    回収された大量のプラスチックなどの海ごみ=香川県坂出市・与島。プラスチックなどの海ごみが漂着している与島(香川県坂出市)の海岸で24日、岡山県のボランティアら約150人がごみの回収を行った。参加者からは、ごみの量の多さに驚く声が相次いだ。瀬戸大橋の真ん中付近にある与島には、岡山県側から出たごみが多く漂着しているとみられる。プラスチックによる海洋汚染が懸念されることから、NPO法人「グリーンパートナーおかやま」(岡山市南区)が呼び掛け、ボランティアがバスなどで訪れた=2021(令和3)年4月24日、与島=香川県坂出市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 香川県坂出市・与島。プラスチックなどの海ごみが漂着している与島

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月23日
    3回目緊急宣言 菅首相会見を映すテレビ

    4都府県への緊急事態宣言発令決定を発表する菅首相の記者会見を映すテレビ=岡山市北区下中野、ベスト電器岡山本店。新型コロナウイルス感染拡大に伴い東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に緊急事態宣言の発令が決まった23日、岡山県内の観光業者や飲食業者の間には「ゴールデンウイークの帰省客や観光客が減るが、仕方ない」「売り上げへのダメージは避けられそうにない」と諦めと不安が入り交じった。県民からは3回目となる宣言への慣れから効果を疑問視する声も上がった。=2021(令和3)年4月23日、岡山市北区下中野、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月23日
    保存工事が完了した永瀬さん生家の離れ

    保存工事が完了した永瀬さん生家の離れ。岡山県赤磐市出身の詩人・永瀬清子さん(1906~95年)の生家(同市松木)で、老朽化が激しい離れと台所が入る別棟の保存工事が完了した。詩に登場する離れは当時のたたずまいを再現し、倉庫は談話室に改装。所有する地元NPO法人は、詩人やファンらが集う交流拠点としての活用を目指す。=2021(令和3)年4月23日、岡山県赤磐市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月23日
    郵便局に運ばれる接種券入りの段ボール箱

    岡山中央郵便局に運び込まれた接種券の入った段ボール箱。岡山県の岡山市、倉敷市、津山市、総社市などは23日、一般高齢者の新型コロナウイルスワクチン接種に向け、対象者に接種券を発送した。岡山市は約19万5千人分の接種券を市内8郵便局から送った。岡山中央郵便局(同市北区中山下)では、市の委託業者が約7万1千人分を搬入。郵便局社員らがトラックから段ボール箱を降ろし、局内に運び入れた=2021(令和3)年4月23日、岡山中央郵便局=岡山市北区中山下、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月23日
    お遍路の休憩所となった「20形23号」

    お遍路の休憩所として活用されている「20形23号」。日本最古の現役電車として親しまれた後、昨年9月に引退した高松琴平電気鉄道(ことでん)の車両「20形23号」が、香川県高松市内のNPO法人の手で四国遍路の休憩所として活用されている。同法人は製造から100年近くを経た車体を保護するため、雨よけの屋根の建設を計画しており、資金をクラウドファンディング(CF)で募っている=2021(令和3)年4月23日、香川県高松市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月23日
    収穫された温室桃「はなよめ」

    収穫した「はなよめ」をケースに並べる石川さん。岡山県内で唯一、温室桃の栽培を手掛ける勝央町石生の農業石川裕之さん(44)方で23日、極わせ品種「はなよめ」の出荷が始まった。淡いピンクに色づいた初夏の味覚は24日から県内の百貨店に並ぶ予定。=2021(令和3)年4月23日、岡山県勝央町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    空手女子形ジュニア日本代表 杉本一花

    女子個人形でジュニア日本代表入りした杉本一花=おかやま山陽高校。空手女子個人形の本年度ジュニア日本代表に、おかやま山陽高校1年の杉本一花が選ばれた。身長153センチと小柄ながら、技の力強さや鋭い切れ味を武器とする有望株。競技歴10年で初の代表入りを果たした15歳は「レベルの高い選手たちとの練習でどんどん成長していきたい」と気合十分に話す。=2021(令和3)年4月20日、岡山県浅口市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月20日
    学生の姿が消えた岡山大学のグラウンド

    対面による部活動が禁止され、学生の姿が消えた岡山大学のグラウンド。新型コロナウイルスの流行「第4波」の様相が強まる中、岡山県内の大学では、対面での部活動やサークル活動を禁止する動きが広がっている。20日時点で、部活動がない岡山医療専門職大(岡山市)を除く17大学のうち4大学が禁止。13大学は制限付きで許可するが、今後の感染状況によっては禁止に踏み切る大学が増えそうだ。岡山県内では3月中旬以降、1日当たりの新たな感染者の確認はおおむね1桁台だったが、4月に入って急増。4月中旬以降は30人を超える感染確認が相次いでいる。岡山大学(同市)では4月1~20日、19人の学生の感染が判明。17日に178ある部とサークルに対面活動の禁止をメールで通知した。=2021(令和3)年4月20日、岡山県岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    梶谷翼(岡山県総社市出身) 女子ゴルフ

    「将来は世界で活躍し、ランキング1位を取りたい」と抱負を語る梶谷翼=山陽新聞社。ゴルフのオーガスタ・ナショナル女子アマチュア選手権(3日最終日・米ジョージア州)で、岡山県総社市出身の梶谷翼(17)=兵庫・滝川二高3年=が日本勢として初優勝を飾った。決勝ラウンドの会場は男子メジャー大会、マスターズ・トーナメントの舞台として知られるオーガスタ・ナショナルGC。帰国後の自主隔離期間を終え、取材に応じた梶谷は、世界屈指の難コースを攻略してのアマ女王の座に「海外に行きたい志向がより強まった。世界で活躍するプロになりたい」と将来を見据えた。=2021(令和3)年4月20日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 山陽新聞社。ゴルフのオーガスタ・ナショナル女子アマチュア選手権

  • 2021年04月19日
    力を合わせてカッターをこぐ小学生

    力を合わせてカッターをこぐ小学生。岡山県渋川青年の家(玉野市渋川)で19日、2021年度の海事研修がスタートした。例年宿泊で行っているが、新型コロナウイルス対策のため日帰りで実施。初日は岡山県内2小学校の5、6年生計約180人がカッターこぎに挑戦し、仲間と力を合わせることの大切さを学んだ。=2021(令和3)年4月19日、岡山県玉野市渋川、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    見頃を迎えたシバザクラ 岡山県西粟倉村

    見頃を迎えたシバザクラ。岡山県西粟倉村北部の大茅地区で赤や白、薄紫などのシバザクラが見頃を迎えた。澄んだ青空の下、無数の小さな花が色鮮やかに広がり、癒やしを届けている。住民グループが2015年から、岡山市の一宮高生や岡山大生らと一緒に棚田のあぜ、のり面に植えて「おおがや芝桜公園」として整備し、約1万6000株にまで増やした。一部はシカの食害に遭ったが、今年は4月上旬から咲き始め、展望デッキも新設した。=2021(令和3)年4月19日、岡山県西粟倉村、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月18日
    牧場で生まれた牛柄模様の子ヤギたち

    ベビーラッシュの牧場で生まれた牛柄模様の子ヤギたち。岡山県新見市西方のヤギ牧場「さーちゃんミニヤギ牧場」に、白黒ぶちで牛柄模様のヤギが初めて生まれた。今年は丑年だけに、まるで子牛のような愛らしい姿が訪れた人たちの人気を集めている=2021(令和3)年4月18日、岡山県新見市西方、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月17日
    多くのマイクロプラスチック

    手のひらいっぱいほどの堆積物から木くずなどを取り除くと、多くのマイクロプラスチックがあることが分かる。岡山県南部の河口域に、プラスチックごみが大量に蓄積していることが、民間ボランティアらの調べで明らかになってきた。放置されたごみは劣化して崩壊し、直径5ミリ以下のマイクロプラスチックにもなっており、環境への悪影響が懸念される。実態を行政が把握できておらず、ほとんど有効な対策もとられていないのが実情だ=2021(令和3)年4月17日、岡山市中区沖元、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月16日
    鮮やかな黄色の花を付けるリュウキンカ

    鮮やかな黄色の花を付けるリュウキンカ。岡山県自然保護センター(岡山県和気町田賀)で希少種のリュウキンカなどが見頃となった。春の行楽シーズンを迎えて色とりどりのかれんな花が咲きそろい、来園者の心を潤している。=2021(令和3)年4月16日、岡山県和気町田賀、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    赤紫色の花を咲かせるサクラソウ

    赤紫色の花を咲かせるサクラソウ。岡山県自然保護センター(和気町田賀)で希少種のサクラソウなどが見頃となった。春の行楽シーズンを迎えて色とりどりのかれんな花が咲きそろい、来園者の心を潤している=2021(令和3)年4月16日、岡山県和気町田賀、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月16日
    ひび割れた泥土が残る高架下 西日本豪雨

    ひび割れた泥土が残る高架下。西日本豪雨の被害を今に伝える=岡山県倉敷市真備町箭田。西日本豪雨で甚大な被害を受けた倉敷市真備町地区で、3年近くを経た今でも水害で流入した泥土が残っている場所がある。住民からは「臭いで当時を思い出してつらい」といった声が寄せられ、被災地支援団体が5月1日、泥土を除去するクリーン作戦を行う。堆積した泥土が干からび、ひび割れている。足で踏むと硬く、土とかびのような臭いが鼻につく―。同町箭田、井原線・吉備真備駅近くの高架下で、高馬川までの200メートルほどの区間だ。小田川の決壊地点に程近く、流れ込んできた大量の泥土が、そのまま残る=2021(令和3)年4月16日、岡山県倉敷市真備町箭田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月16日
    キリン「サンタロウ」 池田動物園の顔に

    4月17日からの一般公開を前に、のんびりと過ごすサンタロウ。池田動物園(岡山市北区京山)で17日から雄のアミメキリン「サンタロウ」(1歳)が一般公開されるのを前に、サンタロウの仲間入りを祝うセレモニーが16日、同園で開かれ、関係者約100人が新たな人気者への成長を願った=2021(令和3)年4月16日、池田動物園=岡山市北区京山、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    店頭に立つサルの覆面をかぶせたマネキン

    店頭に立つサルの覆面をかぶせたマネキンと平尾さん。サルの覆面を着けたマネキンの店として、長年親しまれてきた岡山市北区奉還町の学生服販売店「学生専科ヒラオ」が7月末で閉店する。インパクトある鉢巻きに制服姿の“看板”は写真を撮る人がいるほどの地域の名物だが、店主の高齢化などで決断。2体あるマネキンの譲渡先を探している。JR岡山駅に近い大通り沿いの店に、サルのマネキンが登場したのは約35年前。店主の平尾洋輔さん(80)の長男が近所の玩具店でもらった映画「猿の惑星」に登場するサルを再現した覆面を、たまたまマネキン(高さ1・75メートル)にかぶせたのが始まりという。「予想外に『ゴリラの人形』と買い物客の間で評判になった」と平尾さん。数年後にはパーティーグッズの覆面を購入し、子どものマネキン(同1・3メートル)にかぶせ、2体を高校生と小学生の兄弟の設定で店頭に並べるようにした。=2021(令和3)年4月14日、岡山市北区奉還町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    三井ブランド最後の商船 玉野で進水

    玉野艦船工場で社員の拍手を受けながら進水するばら積み船。三井ブランドでは最後の商船となる=4月14日午前11時37分。三井E&S造船玉野艦船工場(岡山県玉野市玉)で14日、三井ブランドの商船としては玉野で最後となる命名・進水式が行われた。1917年に創業して以来、地元での建造は888隻目。10月以降は三菱重工業(東京)が造船設備を活用し、自衛艦や巡視船などを建造する=2021(令和3)年4月14日、三井E&S造船玉野艦船工場=岡山県玉野市玉市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 4月14日午前11時37分。三井E&S造船玉野艦船工場

  • 2021年04月13日
    岡山県赤磐市の友実武則市長

    岡山県赤磐市の友実武則市長=2021(令和3)年4月13日、岡山県赤磐市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月13日
    生産が大詰めを迎えた「張り子の虎」

    生産が大詰めを迎えた「張り子の虎」。5月5日の端午の節句を前に、武久守商店(岡山県瀬戸内市邑久町本庄)で民芸品「張り子の虎」作りが大詰めを迎えている。左右に首を振るりりしい表情の虎が次々と完成し、岡山県内をはじめ、西日本各地に出荷されている。=2021(令和3)年4月13日、岡山県瀬戸内市邑久町本庄、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    粒状のプラスチック製の肥料殻など

    四番川河口の護岸の堆積物にはプラスチック片や粒状のプラスチック製の肥料殻が目立つ。岡山県南部の河口域に、プラスチックごみが大量に蓄積していることが、民間ボランティアらの調べで明らかになってきた。放置されたごみは劣化して崩壊し、直径5ミリ以下のマイクロプラスチックにもなっており、環境への悪影響が懸念される。実態を行政が把握できておらず、ほとんど有効な対策もとられていないのが実情だ=2021(令和3)年4月13日、岡山市中区沖元、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月13日
    川底までプラスチックごみがたまっている

    岸辺から水面下の川底までプラスチックごみがたまっている四番川の河口。岡山県南部の河口域に、プラスチックごみが大量に蓄積していることが、民間ボランティアらの調べで明らかになってきた。放置されたごみは劣化して崩壊し、直径5ミリ以下のマイクロプラスチックにもなっており、環境への悪影響が懸念される。実態を行政が把握できておらず、ほとんど有効な対策もとられていないのが実情だ=2021(令和3)年4月13日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月13日
    百間川の中州のプラスチックなどのごみ

    百間川の中州に漂着したプラスチックなどのごみ=岡山市中区沖元。岡山県南部の河口域に、プラスチックごみが大量に蓄積していることが、民間ボランティアらの調べで明らかになってきた。放置されたごみは劣化して崩壊し、直径5ミリ以下のマイクロプラスチックにもなっており、環境への悪影響が懸念される。実態を行政が把握できておらず、ほとんど有効な対策もとられていないのが実情だ。漂着したペットボトルや食品容器などのプラスチックごみが一面に広がる。少し奥の草むらにも、透明感がなくなった濁った色の古いペットボトルなども散乱し、無残な姿をさらす―。岡山市南部、国道2号の少し南にある百間川の中州だ=2021(令和3)年4月13日、岡山市中区沖元、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月10日
    岡山県高校新記録の奥山琴未 女子砲丸

    女子砲丸投げで14メートル04の岡山県高校新記録をマークした奥山琴未=シティライトスタジアム。陸上の国体岡山県代表選考会を兼ねた第1回岡山県記録会第1日は10日、岡山市のシティライトスタジアムであり、女子砲丸投げ(一般・高校)は奥山琴未(岡山商科大学付属高校)が従来の岡山県高校記録を52センチ更新する14メートル04で1位になった。=2021(令和3)年4月10日、シティライトスタジアム=岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: シティライトスタジアム。陸上の国体岡山県代表選考会を兼ねた第1回岡山県記録会第1日は10日、岡山市のシティライトスタジアムであり、女子砲丸投げ

  • 2021年04月09日
    初代桃太郎像を清掃する岡山JCメンバー

    初代桃太郎像を清掃する岡山JCのメンバー。JR岡山駅にかつて設置されていた初代桃太郎像(高さ約1.7メートル)が、岡山桃太郎空港(岡山市北区日応寺)に移設され、5月25日にお披露目されることが決まった。岡山の空の玄関口での“再デビュー”に向け、移設を計画する岡山青年会議所(岡山JC、同市)が準備を進めている=2021(令和3)年4月9日、岡山県岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月09日
    千両ナス

    岡山市南区、玉野市にまたがる七区地区で栽培が盛んな千両ナス。千両ナスの栽培は1969年、コメの転作として現在の岡山市南区と玉野市にまたがる七区地区の農家10戸ほどが手掛けたのが始まり。それから半世紀、漬物専門店や料亭でも使われる最高級品として評価を高め、現在は77人が9月から翌年6月までのシーズンに1800トンを主に関東、関西へ出荷している。約8億円の販売額は岡山県の野菜の中ではトップを誇っている=2021(令和3)年4月9日、岡山県南部、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月08日
    新型コロナウイルスワクチン入りの容器

    岡山県の倉敷市保健所に届いた新型コロナウイルスワクチン入りの容器。高齢者施設の入所者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの先行接種が12日から岡山県内で始まるのを前に、倉敷市保健所(同市笹沖)に8日、ワクチン1箱(487人分)が届いた。宅配業者が専用の保冷容器に入った米ファイザー製ワクチンを台車に載せ、保管室まで運び込んだ。市職員らが容器を開け、ワクチンの温度が規定のマイナス75度に保たれていることを確認し、超低温冷凍庫に移し替えた。=2021(令和3)年4月8日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月06日
    名札を着けてもらうさんじゅーろー

    名札を着けてもらうさんじゅーろー。備中松山城(岡山県高梁市内山下)の猫城主として活躍するさんじゅーろーに小判を模した新しい名札が贈られた。情報誌発行などのビザビ(岡山市北区内山下)が、倉敷市の織物メーカーと協力して製作。「猫に小判」は無駄なことを表すことわざだが、さんじゅーろーの力で新型コロナウイルス禍に負けず城下にお金が集まるよう願いを込めた。=2021(令和3)年4月6日、岡山県高梁市内山下、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月06日
    完成した災害公営住宅の箭田南団地

    完成した災害公営住宅の箭田南団地。西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市真備町地区に同市が建設していた災害公営住宅のうち、箭田南(同町箭田)、有井(同町有井)の2団地が完成し8日、入居する住民に鍵が渡された。先行して入居が進んでいる川辺団地(同町川辺)と合わせ、全3団地の整備が完了した。=2021(令和3)年4月6日、岡山県倉敷市真備町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    多量のプラごみが漂着している与島の海岸

    プラスチックなどの海ごみが漂着している与島の海岸。瀬戸大橋の真ん中付近にある与島(香川県坂出市)の海岸に、プラスチックなどの海ごみが多く漂着している。岡山県側から排出されたごみも多いとみられ、岡山市の環境団体が24日にごみの回収を行う。一般参加者を募集している。ごみがたまっているのは、与島の北西部の岩場や砂浜の海岸。ペットボトルや食品容器などのプラスチック類が多い=2021(令和3)年4月5日、与島=香川県坂出市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    パラリンピック出場を目指す豊田響心さん

    3年後のパラリンピック出場を目指して練習に励む豊田響心さん。2024年のパリ・パラリンピック出場を夢見る若きアスリートがいる。中学時代にパラ選手と出会って障害者スポーツの世界に飛び込み、車いす陸上に打ち込む岡山後楽館高(岡山市北区南方)1年の豊田響心さん(15)。本年度、日本パラ陸上競技連盟の強化育成指定を受け、大舞台に向けて練習に力を入れている。=2021(令和3)年4月5日、撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月05日
    吉川天乃(倉敷中央高)バドミントン女子

    U―19日本代表のメンバーに入った吉川天乃=岡山県の倉敷中央高校。バドミントン女子のU―19(19歳以下)日本代表に倉敷中央高2年の吉川天乃(そらの)が選ばれ、9日から長崎県で強化合宿に臨む。年代別代表入りはU―13(13歳以下)時代から7年連続。3月下旬の全国高校選抜大会では個人ダブルスで準優勝したばかりで、さらに全国の精鋭たちと鍛錬を積み、今秋の世界ジュニア選手権のメンバー入りを目指すという。=2021(令和3)年4月5日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 岡山県の倉敷中央高校。バドミントン女子のU―19

  • 2021年04月03日
    岡山県新庄村中心部の「がいせん桜」

    ピンクのトンネルをつくるように咲いた「がいせん桜」。岡山県新庄村中心部の「がいせん桜」が見頃を迎えた。宿場町の面影が残る旧出雲街道沿いの両脇約400メートル区間にソメイヨシノ132本が咲き誇り、観光客らが通り抜けている。=2021(令和3)年4月3日、岡山県新庄村、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月02日
    青くライトアップされた岡山城

    桜咲く春の夜に青くライトアップされた岡山城。NPO法人岡山県自閉症協会(岡山市北区南方)は世界自閉症啓発デーの2日、自閉スペクトラム症(ASD)のシンボルカラーとなっている青の光で岡山城天守閣(同丸の内)をライトアップした。青色は「希望」や「癒やし」を表すとして、世界中でASDの啓発に使われている。日没後、青いフィルムで覆った投光器6基で照らすと、薄いブルーに染まった天守閣が春の夜に幻想的に浮かび上がった。=2021(令和3)年4月2日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月01日
    「新入ロボット」に辞令を交付

    「新入ロボット」に辞令を交付する秋山健司社長(右端)。総合人材サービス業のキャリアプランニング(岡山市北区本町)が1日に開いた入社式で、RPA(ロボットによる業務自動化)を担うソフトウエアロボットが、新入社員8人とともに辞令を交付された。同社は、派遣スタッフの契約管理といった業務の一部を効率化するため、RPAを本格導入。新入社員に共に働く仲間と捉え、デジタル化推進への意識を高めてもらおうと企画した。式では、同社のRPAをイメージしたキャラクター「キャプラ ロボスケ」のイラストを付けたパソコンが、新入社員と並んで〝着席〞。秋山健司社長が辞令を読み上げた。=2021(令和3)年4月1日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    倉敷科学センターで開花した宇宙桜

    倉敷科学センターで開花した宇宙桜=4月1日。スペースシャトルで宇宙飛行した種子から育ったエゾヤマザクラ(通称・宇宙桜)が、倉敷科学センター(岡山県倉敷市福田町古新田)で今年も花を咲かせた。2005年秋の植樹以来最も早い開花で、鮮やかなピンクの花が宇宙のロマンを伝えている。宇宙桜(高さ約5メートル)は、同センターの玄関近くの花壇に植えられており、平年より10日早い3月30日に職員が開花を確認した。これまでの最速の開花記録は4月2日(18年)で、3月中に花を付けたのは初めてという。=2021(令和3)年4月1日、岡山県倉敷市福田町古新田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 4月1日。スペースシャトルで宇宙飛行した種子から育ったエゾヤマザクラ

  • 2021年04月01日
    樹下を鮮やかに染める圀勝寺のツバキ

    樹下を鮮やかに染める圀勝寺のツバキ。岡山県矢掛町東三成の圀勝寺で、推定樹齢350年のツバキが見頃を迎えている。大きく広がった枝に咲き誇る深紅の花は、落ちた後も境内に彩りを添えている。矢掛町の天然記念物に指定されており、高さ約6メートル、枝張りは四方約9メートル。3月下旬に開花し、現在は八分咲き。風に揺れ、八重の花が落ちるたび、樹下は鮮やかさを増している。=2021(令和3)年4月1日、岡山県矢掛町東三成、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月31日
    「避難機能付き共同住宅」

    被災したアパートを活用しスロープを取り付けた「避難機能付き共同住宅」。西日本豪雨で浸水被害を受けた岡山県倉敷市真備町箭田地区に、災害弱者が逃げ込める「避難機能付き共同住宅」を整備した市民グループ・チームサツキが、総務省消防庁主催の「第25回防災まちづくり大賞」で消防庁長官賞に輝いた。被災したアパートを活用し緊急避難場所を設けるなど、住宅再建の新たな手法として評価された。=2021(令和3)年3月31日、岡山県倉敷市真備町箭田地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月31日
    タケノコの収穫作業

    タケノコを収穫する倉敷市シルバー人材センター真備支所の会員=岡山県倉敷市真備町箭田。春を代表する味覚・タケノコの収穫シーズンが到来した。岡山県内最大産地の倉敷市真備町箭田地区では、採れたての即売会や観光農園での収穫体験が相次いで開かれる。=2021(令和3)年3月31日、岡山県倉敷市真備町箭田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月30日
    国史跡・万富東大寺瓦窯跡

    万富東大寺瓦窯跡。岡山市は国史跡整備など観光活用の強化を進める。赤磐市境にほど近い岡山市東区瀬戸町万富の国史跡・万富東大寺瓦窯跡。瓦窯跡は、鎌倉時代初期の国家プロジェクトだった東大寺再建で30万~40万枚もの瓦を供給したとされる重要史跡。ただ、往時を伝える展示物は案内看板などに限られることから岡山市は3月、大規模な史跡整備を行う方針を発表した。数年がかりの発掘調査で全容を把握し、来訪者に史跡概要や歴史的背景を分かりやすく紹介する展示とする計画だ=2021(令和3)年3月30日、岡山市東区瀬戸町万富、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月30日
    タケノコ

    タケノコ。竹の地下茎から伸びた若芽で、春の訪れとともに旬を迎える食材。一般的なモウソウチクのほか、ハチク、マダケなどさまざまな種類がある。岡山県内では倉敷市真備町地区が主な産地、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月29日
    岡山市で今年初めて黄砂を観測

    岡山市の半田山植物園から撮影した市街地。咲きそろった園内の桜の向こうに黄砂でかすんだビル群が見える=29日午後2時10分。岡山市で29日、今年初めて黄砂が観測された。岡山地方気象台の職員が午前11時ごろ、目視で確認した。岡山市への黄砂の飛来は2019年10月30日以来、1年5カ月ぶり。=2021(令和3)年3月29日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月27日
    闇夜に浮かぶ満開の醍醐桜

    闇夜に浮かぶ満開の醍醐桜=27日午後6時59分。樹齢1000年といわれる岡山県天然記念物「醍醐桜」(真庭市別所)が満開となった。標高約500メートルの高台にそびえる巨木が日中は華やかに、夜間はライトアップで荘厳な美しさを醸し、人々を魅了している。=2021(令和3)年3月27日、岡山県真庭市別所、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 27日午後6時59分。樹齢1000年といわれる岡山県天然記念物「醍醐桜」

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月27日
    低木が取り除かれ、姿を現したトーチカ

    低木が取り除かれ、姿を現したトーチカ=岡山県真庭市蒜山富山根。真庭市蒜山富山根に残る戦争遺跡・トーチカが、高さ約3メートル、周囲約16メートルの変形六角形(コンクリート製)であることが27日、確認された。保存に向けた清掃作業で判明し、射撃用の細長い穴も見つかった。トーチカは、敵を迎え撃つための小型の防衛陣地。蒜山地域には1945年の終戦まで陸軍演習場があり、跡地には訓練用とみられる二つのトーチカが現存するが、詳しい構造は分かっていなかった。判明したのは一つで、もう一つは変形八角形のような形だという。=2021(令和3)年3月27日、岡山県真庭市蒜山富山根、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 岡山県真庭市蒜山富山根。真庭市蒜山富山根に残る戦争遺跡・トーチカが、高さ約3メートル、周囲約16メートルの変形六角形

  • 2021年03月26日
    岡山城本丸に復元された「供腰掛」

    岡山城本丸に復元された「供腰掛」。岡山市教委が岡山城本丸の入り口付近で復元整備していた藩士の付き人の待機所「供腰掛」が完成した。絵図や発掘調査の成果を基に当時の姿を再現した。中には腰掛けられる縁台を設け、観光客の休憩所を兼ねている。来年11月の天守閣のリニューアルオープンに向けた魅力アップの一環で整備した。30日から利用を開始する。=2021(令和3)年3月26日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月26日
    長島愛生園で見つかった「解剖録」の一部

    長島愛生園で見つかった「解剖録」の一部。岡山県瀬戸内市の国立ハンセン病療養所・長島愛生園で、開園翌年の1931年から56年の間に死亡した入所者のうち、少なくとも1834人の「解剖録」があることが分かった。年代によっては当時亡くなった入所者の9割を超えている。療養所で解剖が常態化していたことを裏付ける資料で、同意に関しても疑問が残るケースがあるという。=2021(令和3)年3月26日、撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月25日
    岡山城天守閣前をゆったり進む観光遊覧船

    岡山城天守閣前をゆったりと進む観光遊覧船。31日から岡山市中心部の旭川で始まる観光遊覧クルーズ。25日に試乗会があり、一足早く岡山城や後楽園といった歴史遺産を眺めながらゆったりと川を往来した。クルーズの模様を写真で紹介する。=2021(令和3)年3月25日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月24日
    岡山城眺め遊覧クルーズ 社会実験へ

    旭川での社会実験に使う観光遊覧クルーズ船。岡山市中心部で旭川の水辺空間を活用したまちづくりを進める市、国、岡山商工会議所などでつくる官民組織は24日、観光遊覧クルーズの社会実験を31日から始めると発表した。岡山城や後楽園を眺めながら旭川を巡る船を毎日8便運航する。=2021(令和3)年3月24日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月24日
    完成した道の駅「山陽道やかげ宿」

    岡山県矢掛町中心部に完成した道の駅「山陽道やかげ宿」。岡山県と矢掛町が町中心部の国道486号沿いに整備していた道の駅「山陽道やかげ宿」が完成し25日、報道関係者に公開された。駅舎のデザインは岡山市出身の工業デザイナー水戸岡鋭治さんが監修。飲食、物産コーナーを設けず、近くの矢掛商店街を利用してもらう全国的にも珍しいスタイルを採用している。観光客を呼び込む〝町の玄関〞として28日に開業する。=2021(令和3)年3月24日、岡山県矢掛町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月24日
    徳永こいのぼりの本社工場

    生産が最盛期を迎えた徳永こいのぼりの本社工場。端午の節句(5月5日)に向け、こいのぼりのトップメーカー・徳永こいのぼり(岡山県和気町藤野)で生産が最盛期を迎えている。子どもの健やかな成長を願う色とりどりのコイたちが、初夏の空を泳ぐ日を心待ちにしている。=2021(令和3)年3月24日、岡山県和気町藤野、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    レタス

    レタス。1年を通じて店頭に並んでいる。3月から5月ごろまでに収穫された「春レタス」は、実が締まった冬物に比べて肉厚で柔らかく、甘味も強い。岡山県内では岡山市南区藤田地区、同市東区西大寺地区で栽培が盛ん、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ=、、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 、、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    撮影場所不明 マダイ

    マダイ。古くから日本で親しまれている魚で、「めでたい」という語呂合わせから祝いの席にも用いられる。特に産卵を控えた春先は脂が乗って体色が鮮やかなピンクになり、「桜ダイ」と呼ばれて珍重される。日本各地に生息し、瀬戸内海では産卵のため外海から入り込んでくる3~6月が水揚げの最盛期=撮影日撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 撮影日撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月22日
    復旧工事が進むマービーふれあいセンター

    6月24日の再開に向け、復旧工事が進むマービーふれあいセンター。岡山県倉敷市は23日、2018年7月の西日本豪雨で被災し復旧工事を進めている文化施設・マービーふれあいセンター(倉敷市真備町箭田)の利用を6月24日に再開すると発表した。=2021(令和3)年3月22日、岡山県倉敷市真備町箭田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月22日
    見頃を迎えたカタクリの花

    見頃を迎えたカタクリの花=岡山市北区御津紙工。早春の里山を彩るカタクリの花が、岡山市北区御津紙工地区の群生地で見頃を迎えている。山肌を彩る淡い紫のかれんな花々が、新型コロナウイルス禍に疲れたアマチュアカメラマンや山野草愛好者の心を癒やしている。=2021(令和3)年3月22日、岡山市北区御津紙工、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月16日
    「矢掛ビジターセンター問屋」

    古民家を改修した「矢掛ビジターセンター問屋」。岡山県矢掛町中心部に古民家を活用した観光施設「矢掛ビジターセンター問屋といや」(同町矢掛)が完成した。観光客への案内機能を備えた“おもてなし”の拠点として町が整備を進めていた。近くにできる道の駅「山陽道やかげ宿」の開業に合わせ、28日にオープンする=2021(令和3)年3月16日、岡山県矢掛町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    井原鉄道の「アート列車」

    ゴーギャンの「かぐわしき大地」(左端)など大原美術館の名画をラッピングした井原鉄道の「アート列車」。大原美術館(岡山県倉敷市)の名画を車両にラッピングした井原鉄道(井原市東江原町)の「アート列車」が完成し16日、報道関係者らに公開された。新型コロナウイルス禍で落ち込む乗客数の回復と観光振興を狙いに、21日から井原線(総社市―福山市神辺町、41・7キロ)を走る=2021(令和3)年3月16日、撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月16日
    香川県坂出市の岩黒中学校で休校式

    岩黒中の休校式で校舎を背に記念撮影する卒業生や住民ら。香川県坂出市・岩黒島の岩黒中で16日、ただ1人の生徒の卒業式があった。同島を含め瀬戸大橋が架かる有人3島のうち与島、櫃石島(いずれも同市)は既に小中学校が閉校しており、岩黒島でも小学校に続いて唯一の中学校が休校となる=2021(令和3)年3月16日、香川県坂出市・岩黒島、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月15日
    「災害公営住宅」1棟完成 倉敷市真備町

    岡山県倉敷市が新たに整備した災害公営住宅の1棟目となる川辺団地。4月に入居が始まる。倉敷市が2018年7月の西日本豪雨で被災した真備町地区に新設していた「災害公営住宅」の1棟目となる川辺団地(同町川辺)が完成し、15日に報道陣に公開された。今月中に地区内へ計3棟91戸を整備し、住まいの自力再建が難しい被災世帯に賃貸する。入居は4月に始まる=2021(令和3)年3月15日、岡山県倉敷市真備町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月15日
    岡山県の新見市内を走る芸備線の列車

    岡山県の新見市内を走る芸備線の列車。利用者は減り続けている。低収益のローカル線を巡るJR西日本関係者の発言が波紋を広げている。長谷川一明社長が2月、廃止を含めて在り方を見直し、地元と議論を進める考えを表明。平島道孝岡山支社長も3月、管轄の路線が例外ではないとの認識を示した。ともに具体的な路線名は挙げていないが、岡山県北西部と広島市を結ぶ芸備線は、指標となる乗客数が同社管内で最少の区間を含むなど利用低迷が顕著なだけに、沿線自治体は今後の行方を注視している。=2021(令和3)年3月15日、岡山県新見市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月12日
    犬連れの利用者専用のキャンプ場

    岡山市東区吉井にオープンする犬連れの利用者専用のキャンプ場。必ず犬同伴でお願いします―。犬連れの利用者専用のキャンプ場が4月2日、岡山市東区吉井にオープンする。ほえるなどしても〝お互いさま〞で、愛犬家たちが気兼ねなくアウトドアを満喫できる空間を提供する。運営事業者は「この種のキャンプ場は、全国的にも珍しいはず」という。=2021(令和3)年3月12日、岡山市東区吉井、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月12日
    「まびシェア」閉所 ボランティア拠点

    25日に閉所される「まびシェア」。2018年7月の西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市真備町地区の災害支援に向け、ボランティア団体などが情報共有や活動の拠点にしてきた「まび復興ボランティア団体・NPOシェアオフィス」(まびシェア、同市真備町有井)が25日、閉所される。復興に一定の役割を果たし、開設期間のめどとしていた2年を迎えるため。相談などの機能は地元の組織に引き継ぐ。=2021(令和3)年3月12日、岡山県倉敷市真備町有井、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月12日
    マツダの人見光夫氏

    マツダのエンジン開発などについて話した人見光夫氏。岡山経済同友会(岡山市北区厚生町)のICT・ものづくり委員会特別講演会が12日、同市内で開かれ、自動車メーカー・マツダ(広島県府中町)の人見光夫シニアイノベーションフェローが「選択と集中による開発革新」と題して話した。人見氏は2011年に投入した低燃費エンジン「スカイアクティブ」を担当。=2021(令和3)年3月12日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ=2021(令和3)年3月12日、、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月10日
    コレラ大流行で避病院が置かれた丸山

    1879年のコレラ大流行で避病院が置かれた丸山。島の全周は100メートルもあるだろうか。岡山県倉敷市玉島柏島の沖合に浮かぶ、通称「丸山」。ゴツゴツと岩が露出した姿は、とても人が住める環境とは思えない。明治期の1879年にコレラが大流行した際、この島に患者の収容施設が建てられたという。倉敷市歴史資料整備室が保管する行政史料に、その存在を示す地図が残っていた=2021(令和3)年3月10日、通称「丸山」=岡山県倉敷市玉島柏島の沖合、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月10日
    岡山出身の棋士として活動する三島響さん

    4月から岡山県出身の棋士として活動する三島響さん。囲碁の関西棋院(大阪市)に岡山ゆかりの棋士が新たに誕生する。倉敷市が本籍地の三島響さん(18)。1、2月に行われた同棋院の入段試験リーグを勝ち抜き、4月1日付でプロになることが決まった。「自分のルーツを大切にしたい」という思いから、棋院のホームページなどで公表するプロフィルでは出身地を「岡山県」としている。=2021(令和3)年3月10日、撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月10日
    廃止されるポケット時刻表など JR

    廃止されるポケット時刻表など。JR西日本岡山支社は10日、同支社が作成し、管内(岡山県内と広島県東部)の駅で無料配布している「ポケット時刻表」「蛇腹式時刻表」「名刺型時刻表」を13日のダイヤ改正に合わせて廃止すると発表した。同様の時刻表配布は1987年のJR西発足当初から続けてきたというが、今後は紙での発行は行わず、サイト「JRおでかけネット」やスマートフォン用アプリ「WESTER(ウェスター)」を活用してもらう。=2021(令和3)年3月10日、撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ=2021(令和3)年3月10日、、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    JR中国勝山駅の「まにわガチャ」

    JR中国勝山駅に設置された「まにわガチャ」。岡山県真庭市内のわら細工作家が手掛けたミニチュアの手芸品が入ったカプセル販売機が真庭市勝山のJR中国勝山駅に登場した。名付けて「まにわガチャ」。今後、市内の障害者施設の利用者が作った商品などを取り入れる。=2021(令和3)年3月9日、JR中国勝山駅=岡山県真庭市勝山、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ=2021(令和3)年3月9日、、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月09日
    イカナゴ

    イカナゴ。銀色の細長い小魚で、水温の高い初夏から晩秋までは砂底で夏眠し、秋以降に活動を開始する。漁が本格化する2月から4月にかけて出回り、瀬戸内海では早春を告げる魚の一つとされている、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    天文宇宙検定2級に合格した沖本正太郎君

    天文宇宙検定2級に合格した沖本正太郎君。「もっと詳しくなりたい」とさらなる知識習得に意欲を燃やす。岡山市立芳田小学校(同市南区泉田)の4年沖本正太郎君(9)が、高校レベルの天文学知識を問う天文宇宙検定2級に初挑戦で合格した。昨年11月に8歳で受験しており、主催団体によると、受験時に8歳の2級合格は、最年少記録の7歳に次ぐ快挙。沖本君は「難しかったのでうれしい。宇宙について、もっと詳しくなりたい」と喜んでいる。=2021(令和3)年3月9日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月08日
    関西将棋会館移転へ 築40年で老朽化

    大阪府高槻市に移転する見通しとなった関西将棋会館=大阪市福島区。日本将棋連盟の西の拠点・関西将棋会館(大阪市福島区)が大阪府高槻市に移転する見通しとなった。現会館は岡山県倉敷市出身の故大山康晴15世名人が建設に尽力し、菅井竜也八段(28)=岡山市、里見香奈倉敷藤花(29)ら連盟関西本部の所属棋士が熱戦を繰り広げてきたが、築40年で老朽化したためだ。新会館は2023年中の開館を目指す。=2021(令和3)年3月8日、関西将棋会館=大阪市福島区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 大阪市福島区。日本将棋連盟の西の拠点・関西将棋会館

  • 2021年03月07日
    軽快に足踏み洗濯を披露する女性たち

    軽快に足踏み洗濯を披露する女性たち。岡山県鏡野町の奥津温泉街で7日、冬季に中断していた「足踏み洗濯」の実演が2カ月半ぶりに再開した。うららかな陽気の中、姉さんかぶりにかすりの着物をまとった女性たちが軽やかにステップを刻み、温泉街に春の到来を告げた。=2021(令和3)年3月7日、岡山県鏡野町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月05日
    全長25メートルのダブル連結トラック

    福山通運が福山―福岡間に導入した全長25メートルのダブル連結トラック。福山通運(広島県福山市東深津町)は5日、大型トラックに荷台をつないだ国内最長25メートルの「ダブル連結トラック」の運行を福山―福岡間で始めた。同社では3路線目の導入。ドライバー1人で大型トラック2台分の荷物を運ぶことができ、輸送の効率化や温室効果ガスの排出削減を図る。=2021(令和3)年3月5日、広島県福山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    岡山で優先接種開始 コロナワクチン

    新型コロナワクチンの接種を受ける医療従事者=3月5日。新型コロナウイルス感染症の診療に当たる医療従事者らへの米製薬大手ファイザー製ワクチンの優先接種が5日、岡山県内で始まった。岡山県内の対象者約8万人に対し、国から第1便として供給されるワクチンは1万7550回分の見込み。県はコロナ患者を受け入れている医療機関にワクチンを優先配分する方針で、今回は45施設で順次接種が行われる。=2021(令和3)年3月5日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年03月04日
    カサゴ

    カサゴ。大きな頭部がかさをかぶっているように見えることから、漢字で「笠子」と書く。関西地方でガシラ、九州でアラカブ、岡山県内では姿がよく似ているためアカメバルやメバルとも呼ばれる。体色は深場に生息する個体ほど赤みが強く、浅瀬では黒くなるという。岡山では倉敷市下津井地区などで水揚げが盛ん。市場には広島、徳島県など瀬戸内海沿岸で取れたものも出回っている、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    海上自衛隊音響測定艦「あき」

    三井E&S造船玉野艦船工場で建造された音響測定艦「あき」。三井E&S造船(東京)が防衛省から受注し、玉野艦船工場(岡山県玉野市玉)で建造した海上自衛隊音響測定艦「あき」の引き渡し式が4日、同工場で開かれた。あきは全長67メートル、幅29・9メートル、基準排水量約2900トン。ディーゼル発電機4基を搭載し、モーターでプロペラ2基を回す。最大速力11ノット。乗員約40人。日本周辺海域で任務に当たり、最新のソナー(音波探知機)で潜水艦などを探知する。=2021(令和3)年3月4日、岡山県玉野市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    移動葬儀車を導入 家族葬ニーズに対応

    吉相グループの絆が導入した移動葬儀車。墓石販売業・吉相(岡山県笠岡市甲弩)のグループ会社・絆(同市美の浜)は、通夜や告別式を営むスペースを備えた「移動葬儀車」での葬祭事業を4月4日から始める。近くに葬儀場がない山間地や島しょ部などに出向くほか、新型コロナウイルスの影響で増えている家族葬のニーズにも応える。同社によると、同様の事業は全国でも珍しいという=2021(令和3)年3月3日、撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    全国の強豪に挑む水川晴奈 剣道

    全国の強豪に挑む水川晴奈=岡山市の西大寺高校。剣道の個人日本一を決める第59回全日本女子選手権は14日、長野市ホワイトリングで開かれ、岡山から西大寺高校3年の水川晴奈(18)が初出場する。高校生の岡山代表は25大会ぶり。最高峰の舞台に「挑戦者として思い切りの良さを出し、一つでも上位へ」と闘志を燃やしている。=2021(令和3)年3月2日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ=2021(令和3)年3月2日、、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 岡山市の西大寺高校。剣道の個人日本一を決める第59回全日本女子選手権は14日、長野市ホワイトリングで開かれ、岡山から西大寺高校3年の水川晴奈

  • 2021年03月01日
    球場で晴れ姿 倉敷高校卒業式

    新型コロナウイルス対策のため倉敷マスカットスタジアムで行われた岡山県の倉敷高校の卒業式。岡山県内の高校で卒業式のピークとなった1日、新型コロナウイルスの感染対策として密を避けようと、倉敷高校(倉敷市鳥羽)は近くの倉敷マスカットスタジアム(同市中庄)で式を開いた。同スタジアムを学校の卒業式で使うのは初めてで、青空の下、普通科と商業科の3年生326人が巣立った。例年は学校の体育館で行っていたが、保護者も参加でき、生徒の思い出づくりにもなればと会場を変更。出席者は内野席に間隔を空けて座り、グラウンドに設けた舞台を見守った。=2021(令和3)年3月1日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    岡山ドームで開かれた合同会社説明会

    会社説明会の解禁を受け、岡山ドームで開かれた合同説明会。2022年春卒業予定の学生を対象にした会社説明会が解禁された1日、岡山ドーム(岡山市北区北長瀬表町)で複数の企業による説明会(山陽新聞社主催)が開かれた。新型コロナウイルス禍でも企業の採用意欲は高く、各社は働きがいや福利厚生の充実ぶりをアピール。若手社員が会場を巡って学生を呼び込む光景も見られた。=2021(令和3)年3月1日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    ハウス内で栽培されているエンダイブ

    ハウス内で栽培されているエンダイブ。日光を当てずに育てた内側は黄色っぽくなり苦みが和らぐ。岡山県赤磐市山陽地区のハウスに植えられている細く縮れたようなギザギザの葉を広げた野菜。「とてもデリケートで、管理に気を使う〝くせもの〞」。20年近く栽培を続ける農家の男性(80)はこう説明する。岡山県赤磐市山陽地区が全国有数の生産量を誇るエンダイブは、独特のほろ苦さが持ち味の高級食材だ。サラダに入れると味のアクセントになり、9割以上を首都圏のレストランやホテル向けに出荷している。=2021(令和3)年2月25日、岡山県赤磐市山陽地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    関西高校のエース高悠亜 テニス男子

    ジュニア四大大会出場を目指し、練習に力を入れる高悠亜=関西高校テニスコート。テニス男子で岡山県高校トップの実力を持つ関西高校(岡山市)のエース高悠亜(たか・ゆうあ)がジュニアの四大大会出場を目指し、ランキングアップに挑んでいる。1月にはケニアの大会で準優勝するなど好成績を収め、ジュニア世界ランキングは413位から日本人10番目となる248位に浮上。今年がジュニアで戦える最後の一年で「将来のプロ転向に向けてステップとなる年にする」と2桁順位入りに狙いを定める。=2021(令和3)年2月25日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 関西高校テニスコート。テニス男子で岡山県高校トップの実力を持つ関西高校

  • 2021年02月24日
    京セラ(京都市)の伊藤謙介元会長

    「企業の成長は地域や社会の支援があればこそ。少しでも恩返しができれば」と話すのは、京セラ(京都市)の伊藤謙介元会長(83)=岡山県高梁市出身。19日、保有する同社株式10万株(約7億円相当)を京都市に寄付した。京都市立芸術大(西京区)が2023年に予定するJR京都駅(下京区)近くへの移転で、図書館整備に役立ててもらう。10万株のうち8万株は売却して建設費に、2万株は配当金で図書購入に活用される。「図書館は市民にも開放されると聞く。まちの文化力向上につながるはず」。高梁市にも昨年夏、子どもたちの読書環境の充実を目的に3万株を寄付しており「若い頃に読んだ本は人生の肥やしになる。しっかりと本に親しんでほしい」と願う=2021(令和3)年2月24日、撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    食品廃棄物を原料 バイオマス発電所

    食品廃棄物を原料に利用して4月から稼働を始めるバイオマス発電所。DOWAホールディングス(東京)が岡山市内に整備していた食品廃棄物のバイオマス発電所が完成し、4月から稼働を始める。廃棄された食品を発酵させ、生成したメタンガスで発電する。同社によると、食品廃棄物を原料にするバイオマス発電所としては中国地方で最大規模。約1600世帯分の年間使用量を賄え、二酸化炭素(CO2)の排出削減につながるという。=2021(令和3)年2月24日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ=2021(令和3)年2月24日、、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    ファジアーノ岡山の北川真也社長

    「安心、安全なスタジアムづくりを意識する」と語るファジアーノ岡山の北川真也社長=岡山市の政田サッカー場。J2ファジアーノ岡山は7日、岡山市のシティライトスタジアムで金沢とのホーム開幕戦を迎える。昨季、クラブの経営に打撃を与えた新型コロナウイルスはいまだ収束が見通せず、観客の入場制限といった影響が続く。北川真也社長(42)に今季の試合運営やJ1昇格へ向けた意気込みなどを聞いた。=2021(令和3)年2月22日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 岡山市の政田サッカー場。J2ファジアーノ岡山は7日、岡山市のシティライトスタジアムで金沢とのホーム開幕戦を迎える。昨季、クラブの経営に打撃を与えた新型コロナウイルスはいまだ収束が見通せず、観客の入場制限といった影響が続く。北川真也社長

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月18日
    岡山で医療従事者らワクチン接種開始

    新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける岡山労災病院の医療従事者=2月18日午後2時37分。新型コロナウイルス感染症ワクチンの医療従事者への先行接種が18日、岡山県内でも始まった。実施施設の一つ、岡山労災病院(岡山市南区築港緑町)ではこの日、医師や看護師ら職員42人が接種を受けた。同病院によると、職員約600人のうち約200人が接種を希望しており、3月中に2回目を終える予定。=2021(令和3)年2月18日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2月18日午後2時37分。新型コロナウイルス感染症ワクチンの医療従事者への先行接種が18日、岡山県内でも始まった。実施施設の一つ、岡山労災病院

  • 2021年02月18日
    タケノコ出荷始まる 倉敷市真備町

    初出荷される岡山県倉敷市真備町地区産のタケノコ。岡山県内最大のタケノコの産地・倉敷市真備町地区で18日、今シーズンの出荷が始まった。5月初めまで、岡山や東京の市場などに春の味覚を届ける。=2021(令和3)年2月18日、岡山県倉敷市真備町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月18日
    ナバナ

    ナバナ。「菜の花」の呼び名で知られるアブラナ科の野菜。花が咲く前の穂先を摘み、つぼみや茎、葉を食べる。花を咲かせるための養分を蓄えており、ビタミンCやカリウムなどを豊富に含んでいる。岡山県内は矢掛町で露地栽培され、市場には香川、高知県産と合わせて11月ごろから翌年3月末まで出回る、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    医療従事者らを対象 ワクチンの先行接種

    国が医療従事者らを対象に実施しているワクチンの先行接種。市町村は4月以降に始まる住民接種を担う。4月以降に市町村が実施する新型コロナウイルスワクチンの住民接種を巡り、岡山県内の27市町村中、25市町村が公共施設などで行う「集団接種」を予定し、このうち12市町は会場で予診や接種を担う医師や看護師の確保のめどが立っていないことが、山陽新聞社の調査で分かった。=2021(令和3)年2月18日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月15日
    ワクチン接種流れ確認 広島・神石高原町

    被接種者役の住民に注射の動作を行う医師。4月からの実施が見込まれる新型コロナウイルスのワクチン接種に向け、広島県の神石高原町は15日、接種会場の一つとなる町立神石へき地診療所(福永)で医療関係者らを交えたシミュレーションを行い、作業の流れを確認した。=2021(令和3)年2月15日、広島県神石高原町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年02月10日
    バス「瀬戸大橋線」維持 琴参バス運行

    4月から岡山県倉敷市児島地区まで運行区間を延伸し、同地区と瀬戸内海の有人3島を結ぶ琴参バス=香川県坂出市・与島。琴参バス(香川県丸亀市)は10日、倉敷市児島地区と坂出市中心部を結ぶ路線バス「瀬戸大橋線」のうち、児島地区と瀬戸内海の有人3島(坂出市)を結ぶ区間について、4月から新たに1日5往復運行する計画を明らかにした。同区間は、現在運行する下津井電鉄(岡山市)が3月末での廃止を表明しており、島民の足確保が課題となっていた。=2021(令和3)年2月10日、香川県坂出市・与島、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 香川県坂出市・与島。琴参バス

  • 2021年02月09日
    シタビラメ

    シタビラメ。平たい見た目から、「クツゾコ」「ソール」など履物にちなんださまざまな呼び名を持ち、岡山県内では「ゲタ」の名前で親しまれる。骨ごと細かく刻み、野菜と一緒に煮てご飯にのせた「ゲタ飯」は郷土料理の一つだ。=撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月08日
    超低温冷凍庫「ディープフリーザー」

    岡山医療センターに設置されたディープフリーザー。新型コロナウイルス感染症のワクチンを巡り、岡山県内で医療従事者への先行接種を実施する国立病院機構岡山医療センター(岡山市北区田益)と岡山労災病院(同市南区築港緑町)に8日までに、ワクチンを保管する超低温冷凍庫「ディープフリーザー」各1台が設置された。=2021(令和3)年2月8日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...