KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 御嶽山山頂
  • 御嶽山噴火
  • 捜索活動
  • 自衛隊員
  • 行方不明者
  • 救助活動
  • 消防隊員
  • 長野県王滝村
  • ヘリコプター
  • 富士山頂

「山頂付近」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
467
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
467
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年12月15日
    金剛山の空撮 金剛山で初冠雪、山頂1㌢

    初冠雪した金剛山の山頂付近=15日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 15日午前

  • 00:51.71
    2020年12月15日
    空撮 金剛山で初冠雪、山頂1センチ 昨年より8日早く

    大阪府と奈良県にまたがる金剛山(こんごうさん)(1125メートル)で15日、初冠雪が観測された。昨年より8日早い。麓の大阪府千早赤阪村によると、山頂付近では午前8時時点で気温が氷点下4度、約1センチの積雪が観測されたという。金剛山はこれから来年2月ごろまで霧氷のシーズンを迎える。<映像内容>金剛山の山頂付近がうっすらと雪化粧している様子、撮影日:2020(令和2)年12月15日、撮影場所:大阪府千早赤阪村

    撮影: 2020(令和2)年12月15日

  • 2020年11月20日
    Snowfall in the Upper Black Forest

    20 November 2020, Baden-Wuerttemberg, Oberried: Two mountain bikers ride past a lightly snowed-in meadow through the fog near the summit of the Schauinsland. A thin layer of snow has fallen overnight in some places at an altitude of over 900 metres. Photo: Philipp von Ditfurth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年09月30日
    黒岳山頂付近の紅葉 大雪山系で紅葉が見頃

    紅葉が見頃を迎えた北海道・大雪山系の黒岳山頂付近=30日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 30日

  • 2020年09月28日
    御嶽山の避難用シェルター・資料

    御嶽山の山頂付近に設置されている避難用のシェルターで休憩する登山客=2020年9月26日撮影

    撮影: 2020年9月26日撮影

  • 2020年09月28日
    初冠雪した富士山 富士山が初冠雪

    初冠雪した富士山の山頂付近=28日午前10時44分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 28日午前10時44分

  • 00:45.31
    2020年09月28日
    空撮 富士山が初冠雪 昨年より24日早く

    甲府地方気象台は28日、富士山が初冠雪したと発表した。平年より2日早く、昨年より24日早い。21日には麓の山梨県富士吉田市が、山頂付近の冠雪を確認し「初雪化粧」を宣言。麓から約40キロ離れた気象台からは観測できず、同日は初冠雪の発表がなかった。  <映像内容>初冠雪が発表された富士山の空撮、撮影日:2020(令和2)年9月28日、撮影場所:富士山頂付近

    撮影: 2020(令和2)年9月28日

  • 2020年09月21日
    山頂付近の雪化粧 富士山に「初雪化粧」

    今シーズン初めて雪化粧した富士山の山頂付近。左手前は旧富士山測候所の建物=21日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 21日午前

  • 2020年09月21日
    山頂が雪化粧した富士山 富士山に「初雪化粧」

    今シーズン初めて山頂付近が雪化粧した富士山。山梨県富士吉田市が「初雪化粧」を宣言した=21日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 21日午前

  • 2020年09月21日
    雪化粧の富士山 富士山に「初雪化粧」

    今シーズン初めて山頂付近が雪化粧した富士山。山梨県富士吉田市が「初雪化粧」を宣言した=21日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 21日午前

  • 2020年09月21日
    雪化粧した富士山 富士山に「初雪化粧」

    今シーズン初めて山頂付近が雪化粧した富士山。山梨県富士吉田市が「初雪化粧」を宣言した=21日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 21日午前

  • 2020年07月31日
    World News - July 31, 2020

    July 31, 2020, seoul, south korea: Hikers are taking photos at a photospot near the summit of Inwangsan Mountain in Jongno-gu Seoul, which is famous for nighttime hiking. (Credit Image: © Won-Ki Min/ZUMA Wire)、クレジット:©Won-Ki Min/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 00:47.16
    2020年05月08日
    「新華社」梵浄山の新金頂で「無限の風光険峰に在り」の境地に触れる

    中国貴州省北東部の銅仁市に位置する武陵山脈の主峰、梵浄山は中国の国家級自然保護区に属し、世界自然遺産にも登録されている。同山は山頂付近に高さ100メートルの巨大な岩、新金頂がある。標高2336メートルの新金頂の頂上までは、狭く急な石段を鎖の助けを借りながら手足を使ってよじ登る。新金頂の上から四方の断崖絶壁や幾重にも連なる緑の山々を望むと、「無限の風光険峰に在り」という境地に触れられる。(記者/劉勤兵、楊焱彬、汪軍、呉思)<映像内容>梵浄山の新金頂の風景、頂上を目指す観光客の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:14.92
    2020年04月24日
    「新華社」青島市の山火事、再び勢い増す住民は避難済み

    中国山東省青島市黄島区の小珠山で23日午後に起きた山火事は、火の勢いがいったん収まったものの、24日に再び勢いを増し、現在も延焼が続いている。黄島区の発表によると、23日午後2時半(日本時間同3時半)ごろ、同区霊山衛街道崮上村の東側、小珠山の西麓で山火事が発生。消防隊員千人以上と消防用ヘリコプター2機、消防車70台以上が出動して消火にあたった結果、24日早朝には火の勢いが収まった。ところが、同日正午に山頂付近で再び炎が上がり始めた。消防隊員が山頂付近まで登ることは難しく、ヘリコプターを利用した上空からの消火に頼るしかない状況となっている。現地では今もなお全力で消火活動にあたっており、救助隊も追加で派遣された。焼失面積は調査中。付近の住民は既に避難を終えており、現時点で死傷者は出ていない。(記者/李小波、張旭東)<映像内容>青島市の山火事の様子、撮影日:2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月05日
    Sun in the mountains

    05 April 2020, Bavaria, Griesen: A hiker walks over last snow fields near the summit of Friederspitze in the Ammergau Alps, in the background you can see the Zugspitze on the left. Photo: Angelika Warmuth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年04月05日
    Sun in the mountains

    05 April 2020, Bavaria, Griesen: A hiker walks over last snow fields near the summit of Friederspitze in the Ammergau Alps, in the background you can see the Zugspitze on the left. Photo: Angelika Warmuth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月05日
    黄土高原の寒村、「千年の貧困」から脱却活気みなぎる

    5日、窓越しに、向かいの山頂付近にあるかつて住んでいた洞穴式の住居を指差す山西省中陽県万年飽村の住民、仁愛先さん。あと2カ月ほどで今年の出稼ぎの時期を迎える中国山西省中陽県万年飽村の住民、仁愛先(じん・あいせん)さんは、同村の合作社(協同組合)でシイタケ栽培の手伝いをしている。昨年妻と共に3万元(1元=約15円)余りの収入を手にしており、すでに貧困から脱却した仁さんの暮らしは、徐々に安定しつつある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月26日
    初春の黄山を彩る梅の花安徽省

    26日、黄山の山頂付近に咲くマンサク。中国安徽省の黄山風景区南大門の黄山花谷では気温の上昇に伴い、百本余りの梅の花が咲き誇り、水墨画のような風景が広がっている。山頂付近では黄金色のマンサク(金縷梅)が花開き、独特な形の松や岩と共に美しい風景を作り出している。黄山の標高600~1750メートルの地帯に生育し、毎年2月から4月にかけて満開を迎えるマンサクは、黄山で最も早く満開を迎える花で、その開花時期は比較的長い。(黄山=新華社配信)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月26日
    初春の黄山を彩る梅の花安徽省

    26日、黄山の山頂付近に咲くマンサク。中国安徽省の黄山風景区南大門の黄山花谷では気温の上昇に伴い、百本余りの梅の花が咲き誇り、水墨画のような風景が広がっている。山頂付近では黄金色のマンサク(金縷梅)が花開き、独特な形の松や岩と共に美しい風景を作り出している。黄山の標高600~1750メートルの地帯に生育し、毎年2月から4月にかけて満開を迎えるマンサクは、黄山で最も早く満開を迎える花で、その開花時期は比較的長い。(黄山=新華社配信)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月24日
    初春の黄山を彩る梅の花安徽省

    24日、黄山風景区南大門の黄山花谷に咲く梅の花。中国安徽省の黄山風景区南大門の黄山花谷では気温の上昇に伴い、百本余りの梅の花が咲き誇り、水墨画のような風景が広がっている。山頂付近では黄金色のマンサク(金縷梅)が花開き、独特な形の松や岩と共に美しい風景を作り出している。黄山の標高600~1750メートルの地帯に生育し、毎年2月から4月にかけて満開を迎えるマンサクは、黄山で最も早く満開を迎える花で、その開花時期は比較的長い。(黄山=新華社配信)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月24日
    初春の黄山を彩る梅の花安徽省

    24日、黄山風景区南大門の黄山花谷に咲く梅の花。中国安徽省の黄山風景区南大門の黄山花谷では気温の上昇に伴い、百本余りの梅の花が咲き誇り、水墨画のような風景が広がっている。山頂付近では黄金色のマンサク(金縷梅)が花開き、独特な形の松や岩と共に美しい風景を作り出している。黄山の標高600~1750メートルの地帯に生育し、毎年2月から4月にかけて満開を迎えるマンサクは、黄山で最も早く満開を迎える花で、その開花時期は比較的長い。(黄山=新華社配信)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月24日
    初春の黄山を彩る梅の花安徽省

    24日、黄山風景区南大門の黄山花谷に咲く梅の花。中国安徽省の黄山風景区南大門の黄山花谷では気温の上昇に伴い、百本余りの梅の花が咲き誇り、水墨画のような風景が広がっている。山頂付近では黄金色のマンサク(金縷梅)が花開き、独特な形の松や岩と共に美しい風景を作り出している。黄山の標高600~1750メートルの地帯に生育し、毎年2月から4月にかけて満開を迎えるマンサクは、黄山で最も早く満開を迎える花で、その開花時期は比較的長い。(黄山=新華社配信)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    Measuring stations on the Schauinsland

    17 January 2020, Baden-Wuerttemberg, Oberried: The French Fessenheim nuclear power plant is located directly on the German-French border in the Rhine plain, photographed from the Schauinsland near Freiburg. The Federal Environment Agency and the Federal Office for Radiation Protection each maintain a measuring station for measuring biogenic and anthropogenic environmental influences near the summit of the Schauinsland in the immediate vicinity of each other. (to dpa: “Federal Environment Agency builds new air monitoring station in the Black Forest“) Photo: Philipp von Ditfurth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    Measuring stations on the Schauinsland

    17 January 2020, Baden-Wuerttemberg, Oberried: A pinboard with notes and measured values hangs in the Federal Environment Agency‘s measuring station on the Schauinsland. The Federal Environment Agency and the Federal Office for Radiation Protection each maintain a measuring station for measuring biogenic and anthropogenic environmental influences near the summit of the Schauinsland in the direct vicinity of each other. Photo: Philipp von Ditfurth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    Measuring stations on the Schauinsland

    17 January 2020, Baden-Wuerttemberg, Oberried: A device for measuring fine dust is located in a measuring field of the Federal Environment Agency‘s measuring station on the Schauinsland. The Federal Environment Agency and the Federal Office for Radiation Protection each maintain a measuring station for measuring biogenic and anthropogenic environmental influences near the summit of the Schauinsland in the direct vicinity of each other. Photo: Philipp von Ditfurth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    Measuring stations on the Schauinsland

    17 January 2020, Baden-Wuerttemberg, Oberried: A 12-metre high intake pipe is installed on the roof of the Federal Environment Agency‘s measuring station on the Schauinsland. The Federal Environment Agency and the Federal Office for Radiation Protection each maintain a measuring station for measuring biogenic and anthropogenic environmental influences near the summit of the Schauinsland in the direct vicinity of each other. Photo: Philipp von Ditfurth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年01月17日
    Measuring stations on the Schauinsland

    17 January 2020, Baden-Wuerttemberg, Oberried: Measuring instruments are installed on the roof of the Federal Environment Agency‘s measuring station on the Schauinsland. The Federal Environment Agency and the Federal Office for Radiation Protection each maintain a measuring station for measuring biogenic and anthropogenic environmental influences near the summit of the Schauinsland in the direct vicinity of each other. Photo: Philipp von Ditfurth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 00:46.81
    2019年11月15日
    空撮 大山で初冠雪、2週間遅く 朝日に輝く雪化粧

    中国地方の最高峰、鳥取県の国立公園・大山(1729メートル)で15日、平年より2週間、遅い初冠雪が確認された。雪化粧した山頂は朝日を浴びて輝いていた。山にはブナやナラの紅葉が残り、美しい秋色の景色が広がった。 大山町役場によると、冷え込みが強まった14日、中腹の観光施設などから初雪の情報が寄せられたが、山頂付近は雲に覆われていた。15日朝は快晴で6合目あたりまで雪が確認できた。<映像内容>ほんのり雪化粧した大山の山頂付近の映像、撮影日:2019(令和元)年11月15日、撮影場所:鳥取県

    撮影: 2019(令和元)年11月15日

  • 2019年10月23日
    富士山 富士山が「初雪化粧」

    山梨県富士吉田市が「初雪化粧」を宣言した富士山の山頂付近=23日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 23日午後

  • 01:12.00
    2019年10月01日
    空撮 大雪山系、紅葉シーズンに 青空の下、鮮やか秋色

    北海道・大雪山系に秋の紅葉シーズンが到来し、山肌が色とりどりの表情を見せている。北海道各地がぽかぽか陽気の青空に覆われた1日、ヘリコプターで山々の上空を飛ぶと、眼下には鮮やかな秋色に染まった木々が広がっていた。<映像内容>紅葉が見頃を迎えた北海道・大雪山系、旭岳やロープウェイなどを共同通信ヘリから撮影した映像、撮影日:2019(令和元)年10月1日、撮影場所:北海道 大雪山系

    撮影: 2019(令和元)年10月1日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    御嶽山の山頂付近 御嶽山噴火から5年

    噴火から5年となった御嶽山の山頂付近=27日午前9時55分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 27日午前9時55分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    御嶽山の山頂付近 御嶽山噴火から5年

    噴火から5年となった御嶽山の山頂付近=27日午前9時55分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 27日午前9時55分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月27日
    御嶽山の山頂付近 御嶽山噴火から5年

    噴火から5年となった御嶽山の山頂付近=27日午前9時54分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 27日午前9時54分

  • 2019年08月13日
    Weather on the Zugspitze

    13 August 2019, Bavaria, Zugspitze: A board on a railing near the Zugspitz summit is covered with snow. At temperatures around the freezing point there is hardly any view from the summit into the valley. Photo: Felix Hörhager/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月28日
    追悼する遺族ら 御嶽山噴火遺族ら慰霊登山

    御嶽山の山頂付近で噴火犠牲者を追悼する遺族ら=28日

    撮影: 28日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月28日
    手を合わせる堀口さんら 御嶽山噴火遺族ら慰霊登山

    御嶽山の山頂付近で噴火犠牲者を追悼する、長男の英樹さんを亡くした堀口純一さん(左)=28日

  • 2019年07月17日
    Lowest and highest point in Rhineland-Palatinate

    17 July 2019, Rhineland-Palatinate, Deuselbach: The photo shows the landscape near the summit of Erbeskopf in Hunsrück. The mountain peak is considered the highest point in Rhineland-Palatinate. (Zu dpa: dpa summer series “Rhineland-Palatinate extreme“ A mountain and a quarry - highest and lowest point of the country). Photo: Thomas Frey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年07月17日
    Lowest and highest point in Rhineland-Palatinate

    17 July 2019, Rhineland-Palatinate, Deuselbach: The photo shows the landscape near the summit of Erbeskopf in Hunsrück. The mountain peak is considered the highest point in Rhineland-Palatinate. (Zu dpa: dpa summer series “Rhineland-Palatinate extreme“ A mountain and a quarry - highest and lowest point of the country). Photo: Thomas Frey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年07月17日
    Lowest and highest point in Rhineland-Palatinate

    17 July 2019, Rhineland-Palatinate, Deuselbach: The photo shows the landscape near the summit of Erbeskopf in Hunsrück. The mountain peak is considered the highest point in Rhineland-Palatinate. (Zu dpa: dpa summer series “Rhineland-Palatinate extreme“ A mountain and a quarry - highest and lowest point of the country). Photo: Thomas Frey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年07月17日
    Lowest and highest point in Rhineland-Palatinate

    17 July 2019, Rhineland-Palatinate, Deuselbach: The photo shows the landscape near the summit of Erbeskopf in Hunsrück. The mountain peak is considered the highest point in Rhineland-Palatinate. (Zu dpa: dpa summer series “Rhineland-Palatinate extreme“ A mountain and a quarry - highest and lowest point of the country). Photo: Thomas Frey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年07月17日
    Lowest and highest point in Rhineland-Palatinate

    17 July 2019, Rhineland-Palatinate, Deuselbach: The photo shows the landscape near the summit of Erbeskopf in Hunsrück. The mountain peak is considered the highest point in Rhineland-Palatinate. (Zu dpa: dpa summer series “Rhineland-Palatinate extreme“ A mountain and a quarry - highest and lowest point of the country). Photo: Thomas Frey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年07月17日
    Lowest and highest point in Rhineland-Palatinate

    17 July 2019, Rhineland-Palatinate, Deuselbach: The photo shows the landscape near the summit of Erbeskopf in Hunsrück. The mountain peak is considered the highest point in Rhineland-Palatinate. (Zu dpa: dpa summer series “Rhineland-Palatinate extreme“ A mountain and a quarry - highest and lowest point of the country). Photo: Thomas Frey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年06月02日
    にぎわう山頂付近 鳥取・大山で夏山開き

    大山の夏山開きが行われ、登山客でにぎわう山頂付近=2日、鳥取県大山町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2日、鳥取県大山町

  • 2019年06月02日
    山頂付近の登山者 鳥取・大山で夏山開き

    大山の夏山開きが行われ、登山客でにぎわう山頂付近=2日、鳥取県大山町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2日、鳥取県大山町

  • 2019年05月13日
    見頃迎えたヤマツツジ 緋色のじゅうたん一面に

    大阪府と奈良県にまたがる葛城山の山頂付近で見頃を迎え、山肌を緋色に染めるヤマツツジ=13日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 13日午後

  • 2019年05月13日
    葛城山のヤマツツジ 緋色のじゅうたん一面に

    大阪府と奈良県にまたがる葛城山の山頂付近で見頃を迎え、山肌を緋色に染めるヤマツツジ=13日午後(共同通信社ヘリから)

    撮影: 13日午後

  • 00:40.80
    2019年05月13日
    空撮 葛城山でヤマツツジが見ごろ

    大阪府と奈良県にまたがる葛城山(かつらぎさん)(959メートル)の山頂付近でヤマツツジが見ごろを迎え、緋色(ひいろ)のじゅうたんのように染まった山肌がハイカーたちの目を楽しませている。 葛城山のヤマツツジは「一目(ひとめ)百万本」と呼ばれ、約15ヘクタールにわたって群生地が広がっていることで知られる。〈映像内容〉山頂付近で鮮やかに咲き誇るヤマツツジやハイカーなど、撮影日:2019(令和元)年5月13日、撮影場所:大阪府 奈良県 葛城山

    撮影: 2019(令和元)年5月13日

  • 2019年04月24日
    ハイキングされる両陛下 登山の魅力を伝える

    長野県の車山山頂付近をハイキングされる天皇、皇后両陛下=1998年10月

    撮影: 1998年10月

  • 2019年04月12日
    山頂付近に並ぶ観測施設 目を凝らし新惑星探索

    米ハワイ島のマウナケア山頂付近に並ぶ各国の観測施設。左端がすばる望遠鏡=2月(共同)

    撮影: 2月

  • 2019年04月05日
    ハイキングする両陛下 重なり合った道歩む

    長野県の車山山頂付近をハイキングされる天皇、皇后両陛下=1998年10月13日

    撮影: 1998年10月13日

  • 2019年03月28日
    ハイキングする両陛下 公務の合間に輝く笑顔

    長野県の車山山頂付近をハイキングされる天皇、皇后両陛下=1998年10月13日

    撮影: 1998年10月13日

  • 2019年03月14日
    すばる望遠鏡 すばる、国際共同運用へ

    米ハワイ島のマウナケア山頂付近にある「すばる望遠鏡」=2月(共同)

    撮影: 2月

  • 2018年11月26日
    ⑩皇太子ご夫妻 どう示す新たな天皇像

    1998年10月、長野県の車山山頂付近をハイキングされる皇太子ご夫妻

  • 2018年11月23日
    竹田市久住町久住 くじゅう連山の山頂に雪

    山頂付近が白く染まったくじゅう連山=2018(平成30)年11月23日、竹田市久住町久住、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月27日
    慰霊碑で手を合わせる人 御嶽噴火4年、麓で追悼式

    御嶽山の山頂付近の慰霊碑で手を合わせる人たち=27日午前

    撮影: 27日午前

  • 2018年09月26日
    野村亮太さんの母親 「亮太、早く出ておいで」

    山頂付近で行方不明の野村亮太さんが残されているとみられる地点を指さす母なつ子さん=26日午後

    撮影: 26日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月26日
    御嶽山の山頂付近 「想定外」に残る懸念

    御嶽山の山頂付近。麓の長野県木曽町から山頂に至る登山道の規制が解除された=26日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 26日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月26日
    山頂のシェルター 「想定外」に残る懸念

    御嶽山の山頂付近に設置された避難用のシェルター=26日午後、長野県木曽町

    撮影: 26日午後、長野県木曽町

  • 2018年09月26日
    設置されたシェルター 負のイメージ、払拭に期待

    御嶽山の山頂付近に設置された避難用のシェルター=26日午後

    撮影: 26日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月26日
    山頂付近のシェルター 負のイメージ、払拭に期待

    御嶽山の山頂付近に設置された避難用のシェルター。奥には山頂につながる階段が見える=26日午後

    撮影: 26日午後

  • 2018年09月26日
    御嶽山の山頂付近 負のイメージ、払拭に期待

    登山道の規制が解除され、遺族らが訪れた御嶽山の山頂付近。避難用のシェルター(右下)が設置された=26日午前(共同通信社ヘリから)

  • 2018年09月26日
    規制が解除された御嶽山 負のイメージ、払拭に期待

    登山規制が解除された御嶽山の山頂付近。慰霊登山の遺族らが登頂した=26日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 26日午前

  • 2018年09月26日
    献花する遺族ら 遺族初めて御嶽山頂に

    御嶽山の山頂付近に設置された慰霊碑に献花する遺族ら=26日午前

    撮影: 26日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月26日
    山頂に設置された慰霊碑 御嶽山噴火から4年

    御嶽山の山頂付近に設置された慰霊碑=26日午前

    撮影: 26日午前

  • 2018年09月26日
    手を合わせる男性 遺族初めて御嶽山頂に

    登山道の規制が解除され、御嶽山頂付近に設置された献花台で手を合わせる遺族の男性=26日午前

    撮影: 26日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月26日
    規制を解除する職員ら 遺族初めて御嶽山頂に

    御嶽山山頂付近で、登山道の規制を解除する長野県木曽町の職員。左は山頂へ向かう遺族ら=26日午前

    撮影: 26日午前

  • 2018年09月26日
    山小屋とシェルター 遺族初めて御嶽山頂に

    噴石による被害の爪痕が残る御嶽山の山頂付近の山小屋。左上は避難用に設置されたシェルター=23日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 23日

  • 2018年09月26日
    避難用のシェルター 遺族初めて御嶽山頂に

    御嶽山の山頂付近に設置された避難用のシェルター=23日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 23日

  • 2018年09月26日
    工事が続く山小屋 遺族初めて御嶽山頂に

    噴石による被害の爪痕が残る御嶽山の山頂付近の山小屋。工事が行われていた=23日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 23日

  • 2018年09月26日
    山小屋の工事 遺族初めて御嶽山頂に

    噴石による被害の爪痕が残る御嶽山山頂付近の山小屋。屋根の上で工事が行われていた=23日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 23日

  • 2018年09月26日
    山小屋と作業 遺族初めて御嶽山頂に

    噴石による被害の爪痕が残る御嶽山の山頂付近の山小屋。作業が行われていた=23日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 23日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:50.17
    2018年09月26日
    空撮 遺族初めて御嶽山頂に 噴火4年、犠牲者に黙とう 26日撮影

    2014年9月27日の噴火で58人が死亡、5人が行方不明となった長野、岐阜両県の御嶽山(3067メートル)で、噴火から4年を前に犠牲者の遺族ら約30人が26日、慰霊登山をした。麓の長野県木曽町が午前10時半に山頂付近の登山道の規制を解除し、噴火災害後初めて山頂に立った。遺族らは山頂で慰霊式を行い犠牲者に黙とうをささげた。「この悲劇を風化させることは許されません」と記された慰霊碑も新たに設置された。この日は好天に恵まれ、遺族らは花などを持って山道を進んだ。御嶽山では犠牲者の多くが山頂周辺で見つかったが、噴火後は立ち入りが規制されていた。木曽町は約90人が避難できるシェルターや登山者に情報を伝える屋外スピーカーを設置するなど安全策を強化し、規制解除が可能と判断した。対象は9合目付近から山頂までの約600メートル。今季、山頂に登れるのは10月8日正午まで。〈映像内容〉御嶽山の山頂付近での慰霊登山の様子など、撮影日:2018(平成30)年9月26日、撮影場所:御嶽山

    撮影: 2018(平成30)年9月26日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    08:23.00
    2018年09月23日
    撮 遺族初めて山頂に 御嶽山の噴火から27日で4年 23日撮影

    58人が死亡、5人が行方不明となった御嶽山噴火災害は27日で発生から4年。麓の長野県木曽町から山頂に至る登山ルートの規制が解除され、噴火後初めて遺族が26日に慰霊登山を行った。〈映像内容〉長野と岐阜県境の御嶽山山頂付近の空撮(山頂付近、噴火対策で設置されたシェルター、二ノ池・二ノ池小屋、中腹の紅葉、八合目の女人堂など)、撮影日:2018(平成30)年9月23日、撮影場所:御嶽山

    撮影: 2018(平成30)年9月23日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月21日
    規制解除を発表する町長 御嶽山頂、26日に規制解除

    御嶽山山頂付近への立ち入り規制を解除すると発表する木曽町の原久仁男町長=21日午前、長野県木曽町

    撮影: 21日午前、長野県木曽町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月16日
    雲に覆われた新岳山頂付近 口永良部島の監視強化

    口永良部島の新岳山頂付近。厚い雲に覆われて火口は見えない=16日午後3時48分、鹿児島県屋久島町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 16日午後3時48分、鹿児島県屋久島町

  • 2018年06月14日
    雪が残る富士山 北斎浮世絵、登録の鍵

    山頂付近に雪が残る富士山=8日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 8日

  • 2018年06月05日
    見学する観光客 雪解け水に巨大な〝目玉〟

    観光客でにぎわう「八幡平ドラゴンアイ」が出現した八幡平山頂付近=5日、秋田県仙北市

    撮影: 5日、秋田県仙北市

  • 2018年06月05日
    鏡沼 雪解け水に巨大な〝目玉〟

    「八幡平ドラゴンアイ」が出現した八幡平山頂付近の「鏡沼」=5日午前、秋田県仙北市(小型無人機から)

    撮影: 5日午前、秋田県仙北市

  • 2018年06月05日
    八幡平ドラゴンアイ 雪解け水に巨大な〝目玉〟

    八幡平山頂付近の「鏡沼」に現れた「八幡平ドラゴンアイ」=5日午前、秋田県仙北市(小型無人機から)

    撮影: 5日午前、秋田県仙北市

  • 2018年06月05日
    鏡沼のドラゴンアイ 雪解け水に巨大な〝目玉〟

    八幡平山頂付近の「鏡沼」に現れた「八幡平ドラゴンアイ」=5日午前、秋田県仙北市(小型無人機から)

    撮影: 5日午前、秋田県仙北市

  • 02:59.68
    2018年06月05日
    空撮と地上撮 雪解け水に巨大な 「目玉」 八幡平のドラゴンアイ

    岩手、秋田両県にまたがる八幡平(1613メートル)山頂付近の「鏡沼(かがみぬま)」に「八幡平ドラゴンアイ(竜の目)」が出現した。沼中心部に雪が残ったまま、周囲に雪解け水がドーナツ状にたまることで巨大な生き物の目玉のように見える。地元の観光協会は「観光の目玉に」とアピールする。例年5月下旬から6月初旬の雪解けの短い時期にしか見られない現象。5日、小型無人機「ドローン」で上空から撮影した。今後、中心部の雪にくぼみが生じさらに目玉らしくなるとみられる。〈映像内容〉ドラゴンアイを撮影した地上映像、小型無人機「ドローン」で撮影した映像、撮影日:2018(平成30)年6月5日、撮影場所:八幡平

    撮影: 2018(平成30)年6月5日

  • 2018年06月03日
    山頂付近の登山者 鳥取・大山で夏山開き

    大山の夏山開きが行われ、登山者でにぎわう山頂付近=3日、鳥取県大山町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 3日、鳥取県大山町

  • 2018年06月03日
    にぎわう山頂付近 鳥取・大山で夏山開き

    大山の夏山開きが行われ、登山者でにぎわう山頂付近=3日、鳥取県大山町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 3日、鳥取県大山町

  • 03:13.56
    2018年06月03日
    空撮 鳥取・大山で夏山開き 開山1300年目

    開山1300年目を迎えた中国地方最高峰の鳥取県の大山で3日、夏山開きがあった。<映像内容>登山者で賑わう山頂付近、撮影日:2018(平成30)年6月3日、撮影場所:鳥取県大山町

    撮影: 2018(平成30)年6月3日

  • 2018年06月01日
    ハイキングの皇太子ご夫妻 25年の夫婦の歩み

    長野県の車山山頂付近をハイキングされる皇太子ご夫妻=1998年10月13日

    撮影: 1998年10月13日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月26日
    電球がともされた高松山 土砂災害被災地の祭り復活

    山頂付近に「大」の形に並んだ電球がともされた高松山=26日午後、広島市安佐北区

    撮影: 26日午後、広島市安佐北区

  • 2018年04月13日
    最上稲荷のラジオ塔

    最上稲荷のラジオ塔。山の中という立地環境が特徴的だ。最上稲荷(岡山市北区高松稲荷)の本殿から、龍王山(287メートル)の山頂付近にある奥の院を目指して山道を登る。20分ほど歩くと行き当たる途中の広場に、くすんだ色合いの石塔がたたずむ。戦前、ラジオが普及していない家庭に放送を流すため、NHKや自治体などによって全国各地に設置された「ラジオ塔」の一つ。土地の所有者に基づいて「最上稲荷のラジオ塔」と呼ばれる。=2018(平成30)年4月13日、岡山市北区高松稲荷、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年03月09日
    赤く光る新燃岳の溶岩 2日ぶりに爆発的噴火

    火口からの溶岩流が赤く光る宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳の山頂付近=9日午後7時58分、鹿児島県霧島市から(15秒露光)

    撮影: 9日午後7時58分、鹿児島県霧島市から

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年03月09日
    新燃岳の山頂付近 新燃岳の連続噴火停止

    気象庁が連続的噴火が停止したと発表した霧島連山・新燃岳=9日午前10時21分、鹿児島県霧島市から(無人リモートカメラで撮影)

    撮影: 9日午前10時21分、鹿児島県霧島市から

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年02月23日
    火山灰をかぶった山 噴火1カ月で態勢縮小

    草津白根山の本白根山が噴火し、火山灰で覆われた山頂付近。中腹はスキー場=1月23日、群馬県草津町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1月23日、群馬県草津町

  • 2018年01月30日
    蔵王山頂付近 蔵王の警戒レベル引き上げ

    蔵王山の山頂付近=30日午後、宮城県蔵王町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 30日午後、宮城県蔵王町

  • 2018年01月30日
    蔵王山の山頂付近 蔵王の警戒レベル引き上げ

    蔵王山の山頂付近=30日午後、宮城県蔵王町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 30日午後、宮城県蔵王町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年01月23日
    火山灰をかぶった山 草津白根山が噴火

    草津白根山の本白根山が噴火し、火山灰で覆われた山頂付近。中腹はスキー場=23日午後0時10分、群馬県草津町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 23日午後0時10分、群馬県草津町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年01月23日
    火山灰をかぶった山 草津白根山が噴火

    草津白根山の本白根山が噴火し、火山灰で覆われた山頂付近。中腹はスキー場=23日午後0時10分、群馬県草津町(共同通信社ヘリから)

    撮影: 23日午後0時10分、群馬県草津町

  • 2018年01月10日
    冠雪した桜島 鹿児島・桜島で初冠雪

    山頂付近がうっすらと冠雪した桜島=10日午前、鹿児島市

    撮影: 10日午前、鹿児島市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年12月27日
    トムラウシ山の山頂付近 8人死亡遭難、書類送検へ

    遭難事故のあった北海道・大雪山系のトムラウシ山の山頂付近=2009年7月

    撮影: 2009年7月

  • 2017年12月25日
    巻き上がる雪煙 富士山頂で「雪煙」鮮やか

    富士山頂付近で強風にあおられて巻き上がる雪煙=25日午後、山梨県富士吉田市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 25日午後、山梨県富士吉田市

  • 2017年12月25日
    富士山頂付近の雪煙 富士山頂で「雪煙」鮮やか

    富士山頂付近で強風にあおられて巻き上がる雪煙=25日、山梨県富士吉田市

    撮影: 25日、山梨県富士吉田市

  • 2017年11月20日
    雪化粧した山頂付近 金剛山うっすら雪化粧

    うっすらと雪化粧した金剛山の山頂付近=20日午後、奈良県御所市

    撮影: 20日午後、奈良県御所市

  • 02:26.21
    2017年11月20日
    空撮 金剛山系で初冠雪 大阪・奈良府県境

    全国的な冬型の気圧配置の影響で、大阪・奈良府県境の金剛山系で初冠雪が観測され、山並みの一部がうっすらと雪化粧された。<映像内容>金剛山系の木立がうっすらと雪化粧された様子など。20日午後2時半から午後3時ごろにかけて奈良県御所市側から撮影。※山頂付近は映っていません。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5