KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 完了
  • 破片
  • 考古学
  • 装飾
  • 車輪
  • 長さ
  • 青銅
  • 馬車
  • 高さ

「岐山県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2016年09月24日
    諸葛孔明が眠る「武侯墓」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県の武侯墓に立つ墓碑。(資料写真)中国の歴史上で傑出した政治家、軍事戦略家として知られる三国時代の蜀漢(しょくかん)の宰相、諸葛亮(孔明)の墓「武侯(ぶこう)墓」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から南へ4キロの地点にある定軍山の麓に位置する。全国重点文物保護単位と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されており、面積は360ムー(24ヘクタール)余り。山林部分と墓地部分からなる。墓園内には明・清時代の古建築が墓塚を中心軸として多数配置されている。石碑や壁画、塑像、扁額(へんがく)や対聯(ついれん)など貴重な文化財も多く保存されており、特に漢代の柏22本は大変珍しく、墓地に素朴で気品ある静けさを添えている。諸葛亮は生前、劉備を補佐して蜀漢政権を樹立。官職は最高位の丞相(じょうしょう)に至り、武郷侯に封じられた。死後に忠武侯の称号が贈られたため、その墓は長きにわたり人々から「武侯墓」と呼ばれてきた。諸葛亮は234年、曹魏に対する5回目の北伐の最中に病に倒れ、五丈原(陝西省宝鶏市岐山県)で陣没した。臨終の際に「漢中の定軍山に葬るように」と遺言したことからこの地に埋葬された。(漢中=新華社配信/宋楽)=2016(平成28)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005793

  • 2019年07月10日
    諸葛孔明が眠る「武侯墓」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県にある武侯墓の入口。(資料写真)中国の歴史上で傑出した政治家、軍事戦略家として知られる三国時代の蜀漢(しょくかん)の宰相、諸葛亮(孔明)の墓「武侯(ぶこう)墓」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から南へ4キロの地点にある定軍山の麓に位置する。全国重点文物保護単位と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されており、面積は360ムー(24ヘクタール)余り。山林部分と墓地部分からなる。墓園内には明・清時代の古建築が墓塚を中心軸として多数配置されている。石碑や壁画、塑像、扁額(へんがく)や対聯(ついれん)など貴重な文化財も多く保存されており、特に漢代の柏22本は大変珍しく、墓地に素朴で気品ある静けさを添えている。諸葛亮は生前、劉備を補佐して蜀漢政権を樹立。官職は最高位の丞相(じょうしょう)に至り、武郷侯に封じられた。死後に忠武侯の称号が贈られたため、その墓は長きにわたり人々から「武侯墓」と呼ばれてきた。諸葛亮は234年、曹魏に対する5回目の北伐の最中に病に倒れ、五丈原(陝西省宝鶏市岐山県)で陣没した。臨終の際に「漢中の定軍山に葬るように」と遺言したことからこの地に埋葬された。(漢中=新華社配信/宋楽)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005815

  • 2020年07月30日
    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院

    7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車と一緒の出土した馬の骨。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405520

  • 2020年07月30日
    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院

    7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車(一部)。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405559

  • 2020年07月30日
    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院

    7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車と一緒に出土した馬の骨。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405577

  • 2020年07月30日
    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院

    7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405607

  • 2020年07月30日
    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院

    7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405564

  • 2020年07月30日
    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院

    7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405541

  • 2020年07月30日
    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院

    7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車(一部)。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405492

  • 2020年07月30日
    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院

    7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405530

  • 2020年07月30日
    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院

    7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車(一部)。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405545

  • 2020年07月30日
    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院

    7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405565

  • 2020年07月30日
    2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院

    7月30日、陝西省考古研究院で撮影した西周末期の青銅製車輪を持つ馬車の復元状況について説明する陝西省考古研究院の黃暁娟(おう・ぎょうけん)副研究員。中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートルで、豪華に装飾されていた。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405524

  • 01:34.80
    2020年08月03日
    「新華社」2800年前の青銅製車輪の馬車を復元陝西省考古研究院

    中国の陝西省考古研究院はこのほど、3年余りにわたる保護・修復作業を経て、2800年前の西周時代末期の馬車の保護・復元が完了したと明らかにした。車輪は青銅製で、車体の長さは3メートルを超えるという。復元された馬車は、2014年に同省宝鶏市岐山県の周原遺跡で、黄土の中から数千の破片に砕かれた状態で見つかった。馬車の先頭部分には馬4頭の骨もあった。車体は長さ3・13メートル、幅2・7メートル、高さ1・5メートル。同研究院の王占奎(おう・せんけい)研究員によると、文化財保護職員が17年に破片の整理や保護、復元作業を開始。作業を進めるうちに、馬車は車体と4頭の馬から成ることが分かった。車体の装飾は豪華で、トルコ石を大量にはめ込んだ青銅製部品や薄肉の青銅製獣面装飾、玉細工、彩色上絵を施した部品が使われていた。車輪の外縁部は全て青銅で鋳造しており、現時点でこれほど保存状態が完全な青銅製車輪の馬車は見つかっていないという。DNAを解析した結果、4頭の馬はいずれも雄の黒馬だったことが判明した。王氏は、馬車があまり使われておらず装飾性も高いことから、戦闘用ではなく当時の上流貴族の儀仗用だったと考えられると語った。この馬車の保護・復元は、西周末期の儀礼や車制を理解する上で重要な意味を持つとしている。(記者/李一博)<映像内容>復元された西周時代末期の馬車、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080405489

  • 00:54.26
    2020年11月06日
    「新華社」千年の古酢、今に伝わる豊かな香り陝西省岐山県

    酢醸造で千年の歴史を持つ中国陝西省宝鶏市岐山県では現在、先祖伝来の醸造技術を継承した上で、海外の先進設備を導入し、昔ながらの食酢の味わいに深みとまろやかさを持たせている。同県ではここ数年、郷土食を中心とした飲食業が急速に発展し、食酢製造企業15社の年間生産量が1万2千トン、年間生産額が1億2千万元(1元=約16円)に達した。製品は中国各地に出荷されるほか、日本や米国、イタリアなど海外にも輸出されている。(記者/都紅剛)<映像内容>食酢の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111002620

  • 1