KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 大元駅
  • 山陽新聞
  • 岡山港
  • 昭和
  • プラットホーム
  • ラッシュアワー
  • 主体
  • 市民
  • 廃止
  • 廃線

「岡山臨港鉄道」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1960年01月18日
    ラッシュアワー

    朝の通勤や通学の電車を待つ人たちでプラットホームは活気がみなぎっていた。岡山臨港鉄道福田駅の一コマ。現在のJR瀬戸大橋線・大元駅から岡山港までの8.1キロを結び、昭和59年12月29日に姿を消すまで多くの市民に親しまれていた。廃線後は、岡山市が「グリーンアベニュー」として、歩行者・自転車専用道路として整備、カラー舗装、3万本の樹木を植栽、都心の散歩道に生まれ変わった。=1960(昭和35)年1月18日、岡山市 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818178

  • 1984年12月29日
    さよなら臨港鉄道

    岡山市内の大元駅と岡山港を結ぶ岡山臨港鉄道の鉄道部門がこの日、廃止された。主体の貨物輸送が減少したため、33年余の歴史にピリオド。沿線住民や鉄道ファンが詰めかけ、大元駅発の最終便は超満員。ホームでも大勢が名残を惜しんだ。 =1984(昭和59)年12月29日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402067

  • 1