KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 太陽の塔
  • 大阪万博
  • 明日の神話
  • 大阪府吹田市
  • 万国博覧会
  • シンボル
  • 千里丘陵
  • デザイン
  • 生命の樹
  • アトリエ

「岡本太郎」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
218
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
218
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年10月05日
    若い時計台 名建築とアートが調和

    岡本太郎さんの「若い時計台」=東京都中央区

    撮影: 東京都中央区

  • 2020年08月15日
    空から迫る岡加曲巴氷河の絶景青海省

    15日、岡加曲巴氷河の融水によって形成された川、尕爾曲(ガルチュ)。(小型無人機から)中国青海省玉樹チベット族自治州にある岡加曲巴氷河は、長江源流地区のゴラタントン(各拉丹冬)雪山の東側斜面にあり、長江の源流域で最も雄大な氷河とされる。岡加曲巴はチベット語で「高い丘から流れてきた雪解け水が集まる地」を意味する。空から見ると、幾重にも連なる氷塔の壮大さをより実感できる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    空から迫る岡加曲巴氷河の絶景青海省

    15日、岡加曲巴氷河の融水によって形成された川、尕爾曲(ガルチュ)。(小型無人機から)中国青海省玉樹チベット族自治州にある岡加曲巴氷河は、長江源流地区のゴラタントン(各拉丹冬)雪山の東側斜面にあり、長江の源流域で最も雄大な氷河とされる。岡加曲巴はチベット語で「高い丘から流れてきた雪解け水が集まる地」を意味する。空から見ると、幾重にも連なる氷塔の壮大さをより実感できる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    空から迫る岡加曲巴氷河の絶景青海省

    15日、雪山のふもとから岡加曲巴氷河を眺める牧畜民。中国青海省玉樹チベット族自治州にある岡加曲巴氷河は、長江源流地区のゴラタントン(各拉丹冬)雪山の東側斜面にあり、長江の源流域で最も雄大な氷河とされる。岡加曲巴はチベット語で「高い丘から流れてきた雪解け水が集まる地」を意味する。空から見ると、幾重にも連なる氷塔の壮大さをより実感できる。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    岡本忠さん どうつなぐ、核廃絶の思い

    被爆体験の証言に精力的に取り組んできた岡本忠さん=広島市の平和記念公園

    撮影: 広島市の平和記念公園

  • 01:13.56
    2020年07月14日
    「新華社」「田んぼアート」で描く山西省の文化

    中国山西省太原市晋源区花塔村でこのほど、約10ムー(約0・67ヘクタール)の「田んぼアート」が現れた。地元に伝わる昔話を描き、晋水の源とされる同区の悠久の「晋(山西省)文化」を表現している。田んぼアートは、田んぼを「キャンバス」に、専門家が栽培した色付きの苗を「顔料」として制作する。晋源区政府の関係者は、同区では古くから稲作が行われていたが、水資源が枯渇し一時的に途絶えていたと説明。ここ数年、稲作を徐々に復活させると同時に、水稲栽培地区を観光農業として育て、地元農家の増収につなげたいと述べた。(記者/馬志異)<映像内容>晋(山西省)文化を表現した田んぼアート、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月14日
    アレキの復元された原始温室

    1958年に復元された原始温室。現在も地元の農家がアレキを育てている。岡山県を代表する果物のマスカット・オブ・アレキサンドリア(アレキ)。栽培は134年も前、岡山市北区の栢谷地区で始まった。旧国道53号沿いに立つガラス張りの「原始温室」が、その歴史を物語る。国営播州葡萄園(兵庫県)でブドウの栽培技術を学んだ栢谷出身の士族山内善男と大森熊太郎が1886(明治19)年、アレキの本格栽培に向けて県内初のガラス温室を建設。1958(昭和33)年、現在地に復元され、原始温室として現代に受け継がれている。昭和天皇、香淳皇后が県内の栽培の様子を視察されたことを記念するとともに、先人の偉業を伝える狙いがあったという。=2020(令和2)年7月14日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 01:07.44
    2020年07月03日
    「新華社」唐代の狄仁傑が北朝壁画を案内文化のタイムスリップを体験

    中国山西省太原市の山西博物院は1日から10月11日まで、文化財デジタル展「壁画のパラレルワールド-狄仁傑(てき・じんけつ)が北朝を案内」を初開催している。来場者はインタラクティブ体験により北朝壁画を理解することができる。同展に実物はなく、デジタル映像などを通じたインタラクティブ体験によって知識を伝える。同省出身の歴史上の有名人、狄仁傑がガイドに変身し、彼が生きた唐代(618~907年)から北朝時代(386~581年)にタイムスリップし、北朝壁画の中の社会のさまざまな様子を来場者と共に探索する。会場では壁画を手でこすって画面を明るくしたり、北朝時代の武士や楽師、騎士などの服装を変えてその写真を持ち帰ったりすることもでき、文化的意味が含まれているだけでなく、面白さがある。(記者/馬志異、王学濤)<映像内容>文化財デジタル展「壁画のパラレルワールド-狄仁傑が北朝を案内」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:24.95
    2020年06月22日
    「新華社」中国の民族と文化の始祖祭る、伏羲大典開催甘粛省天水市

    中国甘粛省天水市で22日、中国の民族と文化の始祖とされる伏羲(ふくぎ)を祭る「2020(庚子)年公祭中華人文始祖伏羲大典」が開催された。同市は「羲皇(伏羲の別称)のふるさと」と呼ばれている。今年のイベントは参加者数を例年よりも大幅に減らし、現場で祭事に参加する来賓を300人以内とした。主催者はネット上に祭事プラットフォームを設け、国内外の同胞がオンラインプラットフォームを通じて「クラウド祭事」に参加できるようにした。伏羲は中国の伝説に登場する3人の帝王「三皇」の最上位に位置付けられる。伝説によると、伏羲は文明を創造したとされている。同省を流れる黄河の支流、渭水(いすい)流域では、春秋時代から伏羲を祭る伝統があった。同市は伏羲の生誕地で、伏羲文化の発祥地だと伝えられている。伏羲を祭る行事「太昊伏羲祭典」は2006年、国務院により第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。(記者/文静、多蕾、任延昕)<映像内容>「2020(庚子)年公祭中華人文始祖伏羲大典」が開催、撮影日:2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月01日
    岡本さんの作品 木くず粘土で表す喜怒哀楽

    アトリエ兼ギャラリー「森のねんど研究所」に展示している岡本道康さんの作品=3月、奈良県大和郡山市

    撮影: 3月、奈良県大和郡山市

  • 2020年05月01日
    岡本さんの作品 木くず粘土で表す喜怒哀楽

    アトリエ兼ギャラリー「森のねんど研究所」に展示している岡本道康さんの作品=3月、奈良県大和郡山市

    撮影: 3月、奈良県大和郡山市

  • 2020年03月13日
    岡本太郎さん 関西万博「顔」選定進む

    岡本太郎さん

  • 2020年03月09日
    鉱員の日常に思い巡らす

    あしおトロッコ館のガソリンカー。「わたらせ渓谷鉄道、足尾銅山観光、そしてガソリンカーの3トロッコに乗れる足尾はトロッコの聖地」とスタッフの岡本憲之さん(左)=栃木県日光市足尾町・古河足尾歴史館

  • 2020年03月05日
    五輪マークとマスク姿の人 「開催」宣言も懸念消えず

    東京・お台場にある五輪マークのモニュメントの前で記念撮影するマスク姿の人ら=5日午後

    撮影: 5日午後

  • 2020年02月14日
    説明聞く岡本と吉川尚 巨人那覇キャンプ

    平和祈念公園を訪れ、説明を聞く巨人の岡本(中央)と吉川尚(左)=14日、沖縄県糸満市

  • 2020年02月14日
    献花する岡本ら 巨人那覇キャンプ

    平和祈念公園を訪れ献花する巨人の(左から)吉川尚、今村球団社長、岡本=14日、沖縄県糸満市

  • 2019年12月18日
    一目で非日常を示した巨像

    岡本太郎さんの作品とともに人形が入場客を迎えてくれる岡本太郎記念館=東京都港区

    撮影: 東京都港区

  • 2019年12月18日
    一目で非日常を示した巨像

    岡本太郎記念館館長で空間メディアプロデューサーの平野暁臣さん

  • 2019年11月27日
    平野暁臣館長2 「進歩」から「いのち」へ

    岡本太郎記念館の平野暁臣館長

  • 2019年11月27日
    平野暁臣館長1 「進歩」から「いのち」へ

    岡本太郎記念館の平野暁臣館長

  • 2019年11月03日
    新デザインの下町ボブスレー

    桜舞うデザインでスピード感表現―。東京都大田区の町工場を中心にボブスレーのソリを製作する下町ボブスレーネットワークプロジェクト(PJ)は、区内の日本工学院専門学校の学生と組み、ソリの新デザインを発表した。同校の「第54回かまた祭」で新デザインを施した同PJの10号機となるソリ(写真)が披露された。色はワインレッドからピンク、紫へのグラデーション。デザインを考案したデザインカレッジグラフィックデザイン科2年生の奥村紘平さんは「桜が舞っている様子で速さを表現したかった」と説明した。同PJ推進委員会の黒坂浩太郎委員長は「日本らしさが出ていることや氷上を走るときの見栄えに着目した」とデザインの採用理由を語った。今後は新型の11号機をはじめ、順次残りのソリも新デザインとする予定。同PJは2022年に開く北京五輪での採用を目指し、ソリの改良に取り組んでいる。=2019(令和元)年11月3日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 01:48.30
    2019年10月03日
    名人芸を3D映像に 人間国宝野村万作さんの狂言伝承

    人間国宝の狂言師野村万作さん(88)の芸を360度から撮影して最新技術の3D映像でアーカイブ化する取り組みが進み、NTTコミュニケーションズが3日、完成した映像を東京都内で公開した。映像は約15分間で、演目は「栗焼」。万作さん演じる太郎冠者が、主人に言われ客に出す栗を焼くうち、誘惑に負けて食べてしまう話。焼けた栗を取り、息を吹き掛けるなど手の動き、顔の表情が鮮明に間近に迫るような映像が浮かんだ。同日、万作さんはディスプレーを装着してしゃがんだり上から見下ろしたりして映像を見て「初めて自分と会いましたね」と話していた。<映像内容>野村万作さんと野村萬斎さんの会場入り、VR装着・体験、感想、公開された映像、VR本体の物撮りなど、撮影日:2019(令和元)年10月3日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2019(令和元)年10月3日

  • 2019年10月02日
    東京で梅蘭芳訪日100周年記念シンポジウム開催

    2日、梅蘭芳訪日100周年記念シンポジウムに出席した(左から)上海戯曲芸術センター総裁で上海崑劇団団長の谷好好さん、京劇俳優の尚長栄さん、崑劇俳優の張洵澎さん。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念したシンポジウムが2日午後、東京国立劇場で開かれた。上海戯曲芸術センターと早稲田大学演劇博物館が共催したシンポジウムには、著名な京劇俳優の尚長栄(しょう・ちょうえい)さんや崑劇俳優の張洵澎(ちょう・しゅんほう)さん、同センター総裁で上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんら中国演劇界の代表者と、同博物館館長の岡室美奈子さん、副館長の児玉竜一さん、梅蘭芳と交流のあった日本の有名な舞踊家で中国戯曲研究の専門家の花柳寿美さんが登壇した。登壇者は梅蘭芳との絆や中国戯曲の研究成果などを述べ、梅蘭芳の芸術と中国戯曲の伝承や発展について話し合った。(東京=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月02日
    東京で梅蘭芳訪日100周年記念シンポジウム開催

    2日、梅蘭芳訪日100周年記念シンポジウムであいさつする上海戯曲芸術センター総裁で上海崑劇団団長の谷好好さん。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念したシンポジウムが2日午後、東京国立劇場で開かれた。上海戯曲芸術センターと早稲田大学演劇博物館が共催したシンポジウムには、著名な京劇俳優の尚長栄(しょう・ちょうえい)さんや崑劇俳優の張洵澎(ちょう・しゅんほう)さん、同センター総裁で上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんら中国演劇界の代表者と、同博物館館長の岡室美奈子さん、副館長の児玉竜一さん、梅蘭芳と交流のあった日本の有名な舞踊家で中国戯曲研究の専門家の花柳寿美さんが登壇した。登壇者は梅蘭芳との絆や中国戯曲の研究成果などを述べ、梅蘭芳の芸術と中国戯曲の伝承や発展について話し合った。(東京=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月02日
    東京で梅蘭芳訪日100周年記念シンポジウム開催

    2日、梅蘭芳訪日100周年記念シンポジウムであいさつする早稲田大学演劇博物館館長の岡室美奈子さん。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念したシンポジウムが2日午後、東京国立劇場で開かれた。上海戯曲芸術センターと早稲田大学演劇博物館が共催したシンポジウムには、著名な京劇俳優の尚長栄(しょう・ちょうえい)さんや崑劇俳優の張洵澎(ちょう・しゅんほう)さん、同センター総裁で上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんら中国演劇界の代表者と、同博物館館長の岡室美奈子さん、副館長の児玉竜一さん、梅蘭芳と交流のあった日本の有名な舞踊家で中国戯曲研究の専門家の花柳寿美さんが登壇した。登壇者は梅蘭芳との絆や中国戯曲の研究成果などを述べ、梅蘭芳の芸術と中国戯曲の伝承や発展について話し合った。(東京=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月02日
    東京で梅蘭芳訪日100周年記念シンポジウム開催

    2日、梅蘭芳訪日100周年記念シンポジウムで、早稲田大学演劇博物館館長の岡室美奈子さん(左)に中国戯曲に関する書籍などの記念品を贈呈する上海戯曲芸術センター総裁で上海崑劇団団長の谷好好さん。中国の有名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)が初めて訪日してから100年を迎えたことを記念したシンポジウムが2日午後、東京国立劇場で開かれた。上海戯曲芸術センターと早稲田大学演劇博物館が共催したシンポジウムには、著名な京劇俳優の尚長栄(しょう・ちょうえい)さんや崑劇俳優の張洵澎(ちょう・しゅんほう)さん、同センター総裁で上海崑劇団団長の谷好好(こく・こうこう)さんら中国演劇界の代表者と、同博物館館長の岡室美奈子さん、副館長の児玉竜一さん、梅蘭芳と交流のあった日本の有名な舞踊家で中国戯曲研究の専門家の花柳寿美さんが登壇した。登壇者は梅蘭芳との絆や中国戯曲の研究成果などを述べ、梅蘭芳の芸術と中国戯曲の伝承や発展について話し合った。(東京=新華社記者/彭純)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:23.01
    2019年09月24日
    東京五輪パラ、寝具を披露 選手村ベッドは硬さ調整可

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と寝具メーカー「エアウィーヴ」は24日、選手村で使う寝具一式を東京都内で披露した。ベッドフレームや掛け布団、枕などで、マットレスは肩、腰、脚の部分ごとに3分割し、選手が体形に合わせて3段階で硬さを変えられるのが特長。資源の持続可能性に配慮してベッドフレームは段ボールで作り、マットレスもポリエチレン製で大会終了後にプラスチック製品などに再利用可能。掛け布団は発汗量の多いアスリートに配慮して吸湿性を高めた。エアウィーヴは組織委の「オフィシャルパートナー」。記者会見した同社の高岡本州(たかおか・もとくに)会長兼社長は「眠りは翌日のパフォーマンスを決める。選手村の寝具を作らせていただき光栄だ」と述べた。<映像内容>高岡本州会長兼社長の説明、寝具の物撮りなど、撮影日:2019(令和元)年9月24日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2019(令和元)年9月24日

  • 00:50.88
    2019年09月18日
    「新華社」山西省では何にでもお酢!?こんな月餅を発見

    中国の伝統的な祝日「中秋節」(旧暦8月15日、今年は9月13日)を迎え、山西省太原市にある食品工場が同省の特産である黒酢を使った「老陳酢月餅」を発売した。「老陳酢月餅」の皮は黄金色で、小麦粉を用いて手作業でこねて作られる。きめ細かくサクサクしているのが伝統的な山西省で作られる「晋(しん)式月餅」の皮の特長。焼いた後の月餅は黄金色に輝き、とても香りが良い。中の具には10種類以上の材料が使われ、8年熟成させたアルコール度数8度の酢も加えられる。スタッフによると、山西老陳酢を加えた月餅は酸っぱくなく、さっぱりした味だという。(記者/魏飈、許雄)<映像内容>黒酢を使った「老陳酢月餅」調理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.25
    2019年09月10日
    「新華社」太行山麓に広がる色とりどりの花畑河北省武安市

    中国河北省武安市西部の太行山(たいこうさん)区では、1千ムー(約67ヘクタール)を超える畑の花々が秋を迎え満開となっている。同区はここ数年、太行山の風光明媚な景色と農村の美しい風情を活用することで、数々の美しい景勝地を生み出し、観光産業の発展をけん引している。(記者/岳文婷)<映像内容>太行山麓の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月23日
    1970年当時の万博会場 25年万博開催国決定へ

    大勢の人でにぎわう1970年当時の大阪万博会場。正面は岡本太郎氏が制作した太陽の塔=大阪府吹田市

    撮影: 大阪府吹田市

  • 2018年08月26日
    逗子海水浴場 太陽の季節の石碑

    キーワード:岡本太郎、屋外、夏、海、海岸、海水浴客、海水浴場、季節、建物、午前中、砂浜、自然、湘南、人物、逗子海岸、青空、石原慎太郎、石碑、相模湾、太陽、日本、複数、逗子海水浴場、モノメイン写真、逗子湾、太陽の季節=2018(平成30)年8月26日、神奈川県逗子市、クレジット:Keiji Kaneda/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 2018年08月26日
    逗子海水浴場 太陽の季節の石碑

    キーワード:岡本太郎、屋外、夏、海、海岸、海水浴客、海水浴場、季節、建物、午前中、砂浜、自然、湘南、人物、逗子海岸、青空、石原慎太郎、石碑、相模湾、太陽、日本、複数、逗子海水浴場、モノメイン写真、逗子湾、太陽の季節=2018(平成30)年8月26日、神奈川県逗子市、クレジット:Keiji Kaneda/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 2018年08月26日
    逗子海水浴場 太陽の季節の石碑

    キーワード:岡本太郎、屋外、夏、海、海岸、海水浴客、海水浴場、季節、建物、午前中、砂浜、自然、湘南、人物、逗子海岸、青空、石原慎太郎、石碑、相模湾、太陽、日本、複数、逗子海水浴場、モノメイン写真、逗子湾、太陽の季節=2018(平成30)年8月26日、神奈川県逗子市、クレジット:Keiji Kaneda/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 2018年08月26日
    逗子海水浴場 太陽の季節の石碑

    キーワード:ウインドサーフィン、ウォータースポーツ、ウォーターパーク、マリンスポーツ、岡本太郎、屋外、夏、夏休み、海、海岸、海水浴客、海水浴場、季節、休日、健康的な、建物、午前中、江の島、砂浜、自然、湘南、人物、逗子海岸、青空、石原慎太郎、石碑、相模湾、太陽、日本、風景、複数、逗子海水浴場、風景メイン写真、逗子湾、海上遊具=2018(平成30)年8月26日、神奈川県逗子市、クレジット:Keiji Kaneda/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 2018年07月24日
    アートから広がる波紋

    「岡本太郎とは何者だったのか。この映画が、見た人の思考を導くようなものになればうれしい」と語る関根光才監督

  • 2018年06月13日
    進歩を破る異形の存在

    岡本太郎さん

  • 04:32.20
    2018年03月19日
    空撮と地上撮 太陽の塔、内部公開始まる 1970年大阪万博のシンボル

    1970年に開催された日本万国博覧会(大阪万博)のシンボルで、芸術家の故岡本太郎氏がデザインした「太陽の塔」の内部公開が19日、大阪府吹田市の万博記念公園で始まった。万博閉幕後は原則非公開だったが、耐震工事や展示品の修復を経てリニューアルした。入場口には、開館時間前から待ちきれぬ人たちで長蛇の列ができ、急きょ予定時刻を10分前倒しして入館させた。入場は予約制で、30分ごとに80人ずつ。1日最大1120人。4カ月先まで予約枠は全て埋まっているという。<映像内容>万博記念公園周辺の空撮、太陽の塔の外観、開館前に並んだ入場者の様子、撮影日:2018(平成30)年3月19日、撮影場所:大阪府吹田市

    撮影: 2018(平成30)年3月19日

  • 06:45.83
    2018年03月18日
    内部生命展示が復活 太陽の塔、19日から一般公開

    1970年に開催された日本万国博覧会(大阪万博)のシンボルで、芸術家の故岡本太郎氏が制作した「太陽の塔」(大阪府吹田市)の耐震工事と、高さ約41メートルの「生命の樹」に連なる183体の生き物の模型など展示物の修復作業が終了し、内部の有料一般公開が19日から始まる。18日に開かれた記念式典では、記念イベントでライブを披露する人気グループ「DREAMS COME TRUE」の2人、テーマ館の案内役を務めた人たちも出席し、テープカットなどが行われた。〈映像内容〉太陽の塔の前で開かれた「太陽の塔 内部公開記念イベント」の様子。大阪府の松井一郎知事のあいさつ、ドリカムの中村正人さん、吉田美和さんのあいさつ。ドリカムの2人も参加したテープカット。報道陣に公開された太陽の塔の内部の様子(17日午前撮影)、撮影日:2018(平成30)年3月18日、撮影場所:大阪府吹田市

    撮影: 2018(平成30)年3月18日

  • 2017年11月30日
    映像が投影された太陽の塔 岡本太郎さんの夢を投影

    3Dプロジェクションマッピングで映像が試験投影された「太陽の塔」=30日夜、大阪府吹田市

    撮影: 30日夜、大阪府吹田市

  • 2017年11月30日
    「夢」投影された太陽の塔 岡本太郎さんの夢を投影

    3Dプロジェクションマッピングで色鮮やかに浮かび上がった「太陽の塔」。制作者である故岡本太郎氏の「夢」をテーマにした映像が試験投影された=30日夜、大阪府吹田市

    撮影: 30日夜、大阪府吹田市

  • 2017年11月30日
    映像投影された太陽の塔 岡本太郎さんの夢を投影

    3Dプロジェクションマッピングで映像が試験投影された「太陽の塔」=30日夜、大阪府吹田市

    撮影: 30日夜、大阪府吹田市

  • 2017年09月18日
    逗子海岸 太陽の季節の碑

    キーワード:オブジェ、岡本太郎、屋外、海、海水浴場、観光客、季節、芸術家、江の島、散歩、秋、小説家、湘南、象徴、人物、逗子海岸、政治家、石原慎太郎、石碑、太陽、昼、通行人、日本、富士山、風景、複数、芥川賞、逗子海水浴場、文学記念碑、テーマメイン写真、若い太陽、太陽の季節=2017(平成29)年9月18日、神奈川県逗子市、クレジット:Keiji Kaneda/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2017

  • 2017年09月18日
    逗子海岸 太陽の季節の碑

    キーワード:オブジェ、岡本太郎、屋外、海、海水浴場、観光客、季節、芸術家、江の島、散歩、秋、小説家、湘南、象徴、人物、逗子海岸、政治家、石原慎太郎、石碑、太陽、昼、通行人、日本、富士山、風景、複数、芥川賞、逗子海水浴場、文学記念碑、テーマメイン写真、若い太陽、太陽の季節=2017(平成29)年9月18日、神奈川県逗子市、クレジット:Keiji Kaneda/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2017

  • 2017年06月26日
    岡本太郎さんの作品を巡る

    渋谷駅周辺で見ることができる岡本太郎作品

  • 2017年06月26日
    岡本太郎さんの作品を巡る

    渋谷駅周辺で見ることができる岡本太郎作品

  • 2017年05月09日
    プロジェクトの関係者 「太陽の鐘」が前橋へ

    「太陽の鐘」プロジェクトの概要を発表した(左から)岡本太郎記念館館長の平野暁臣さん、前橋市長の山本龍さん、ジンズ社長の田中仁さん、糸井重里さん、建築家の藤本壮介さん=9日、東京都千代田区

  • 2017年02月23日
    「呼ぶ 赤い手・青い手」 岡本太郎のオブジェ修復へ

    故岡本太郎氏制作のオブジェ「呼ぶ 赤い手・青い手」=相模原市中央区の西門商店街

    撮影: 相模原市中央区の西門商店街

  • 2017年01月27日
    岡本太郎さん 「みんなの太陽の塔に」

    岡本太郎さん

  • 2017年01月27日
    岡本さんの発言記録 「みんなの太陽の塔に」

    大阪府が保管していた「太陽の塔」保存に関する岡本太郎さんの発言記録の一部

  • 2016年12月22日
    「EXPO’70パビリオン」 半世紀前に途絶えた未来

    「EXPO’70パビリオン」に展示されている大阪万博会場の模型と岡本太郎の作品=大阪府吹田市の万博記念公園

    撮影: 大阪府吹田市の万博記念公園

  • 2016年10月12日
    太陽の塔 生命の樹のふしぎな風景

    岡本太郎さんがデザインした「太陽の塔」=6日、大阪府吹田市の万博記念公園

    撮影: 6日、大阪府吹田市の万博記念公園

  • 2016年10月06日
    太陽の塔

    岡本太郎作のモニュメント「太陽の塔」=2016年10月6日、大阪府吹田市の万博記念公園

    撮影: 2016年10月6日、大阪府吹田市の万博記念公園

  • 2016年10月06日
    背面の「黒い太陽」 太陽の塔

    岡本太郎作のモニュメント「太陽の塔」の背面に描かれた「黒い太陽」=2016年10月6日、大阪府吹田市の万博記念公園

    撮影: 2016年10月6日、大阪府吹田市の万博記念公園

  • 06:00.99
    2016年10月06日
    大阪万博・太陽の塔に〝往年の輝き〟内部ライトアップ

    1970年に大阪で開かれた万博=国際博覧会のシンボル「太陽の塔」の耐震補強工事が今月下旬から始まるのを前に塔の内部が6日、報道陣に公開された。故・岡本太郎氏がデザインした太陽の塔の内部には、原生生物が人類へと進化する過程を表した「生命の樹」と呼ばれるオブジェなどがあり、照明が当てられると、当時の輝きを思い起こさせる幻想的な風景が浮かび上がった。高さは70メートルほどあり、その内部は特別なイベントがある時以外、原則として非公開だった。<映像内容>太陽の塔内部、太陽の塔外観、万博公園事務所広報チームの塩野剛史さんの話など。

    撮影: 国際博覧会のシンボル「太陽の塔」の耐震補強工事が今月下旬から始まるのを前に塔の内部が6日、報道陣に公開された。故・岡本太郎氏がデザインした太陽の塔の内部には、原生生物が人類へと進化する過程を表した「生命の樹」と呼ばれるオブジェなどがあり、照明が当てられると、当時の輝きを思い起こさせる幻想的な風景が浮かび上がった。高さは70メートルほどあり、その内部は特別なイベントがある時以外、原則として非公開だった。<映像内容>太陽の塔内部、太陽の塔外観、万博公園事務所広報チームの塩野剛史さんの話など。

  • 2015年10月28日
    (さわらぎ・のい) 椹木野衣

    美術評論家、2015年4月11日、東京・南青山の岡本太郎記念館

  • 2015年09月18日
    陶製の作品「顔」 岡本太郎氏の作品か

    岡本太郎氏のものとみられる陶製の作品「顔」=18日午後、滋賀県甲賀市

    撮影: 18日午後、滋賀県甲賀市

  • 2015年07月24日
    大阪万博「太陽の塔」 べらぼうな存在感

    大勢の人たちでにぎわう大阪万国博覧会。正面は岡本太郎氏が制作した太陽の塔=1970年3月(共同通信社画像アーカイブより)

    撮影: 1970年3月

  • 2014年12月19日
    制作中の岡本太郎 巨大壁画「明日の神話」

    メキシコシティーに建築中のホテル向けに「明日の神話」と題した壁画を制作中の岡本太郎。縦5.5メートル、横30メートルの巨大壁画=1968(昭和43)年1月、東京・南青山のアトリエ 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第5巻使用画像(P181)

    撮影: 1968

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年12月25日
    音楽祭 現代芸術でまちづくり

    岡本太郎の遺作「河神」(右奥)の前で行われた音楽祭=青森県十和田市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年04月30日
    太陽の塔 太陽の塔「内部」公開へ

    岡本太郎作のモニュメント「太陽の塔」=大阪府吹田市の万博記念公園

    撮影: 大阪府吹田市の万博記念公園

  • 2013年04月11日
    若い太陽の塔 日本モンキーパーク・資料

    日本モンキーパーク内の「若い太陽の塔」岡本太郎作=2013年4月11日、愛知県犬山市(犬山モンキーパーク)

    撮影: 2013年4月11日、愛知県犬山市

  • 2012年10月27日
    ほこり落とすボランティア 「明日の神話」すす払い

    岡本太郎さんの巨大壁画「明日の神話」に付着したほこりを落とすボランティア=27日未明、東京・渋谷駅

    撮影: 27日未明、東京・渋谷駅

  • 2012年10月27日
    すすを払われる壁画 「明日の神話」すす払い

    岡本太郎さんの巨大壁画「明日の神話」に付着したほこりを落とすボランティア=27日未明、東京・渋谷駅

    撮影: 27日未明、東京・渋谷駅

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年12月07日
    愛すスケートリンク ヤノベケンジと岡本太郎

    ライトアップされた東京タワー(左上)も望める「愛すスケートリンク」=東京都港区の六本木ヒルズ

  • 2011年10月01日
    常時公開の若い太陽の塔 「若い太陽の塔」常時公開

    修復作業を終え、常時公開される故岡本太郎さん作「若い太陽の塔」=1日午前、愛知県犬山市の日本モンキーパーク

    撮影: 1日午前、愛知県犬山市の日本モンキーパーク

  • 2011年10月01日
    常時公開の若い太陽の塔 「若い太陽の塔」常時公開

    修復作業を終え、常時公開される故岡本太郎さん作「若い太陽の塔」=1日午前、愛知県犬山市の日本モンキーパーク

    撮影: 1日午前、愛知県犬山市の日本モンキーパーク

  • 2011年08月26日
    岡本太郎作「地底の太陽」 大阪万博の“幻の顔”展示

    「岡本太郎 地底の太陽展」に向け再現された作品=26日午前、大阪府吹田市の万博記念公園

    撮影: 26日午前、大阪府吹田市の万博記念公園

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月28日
    笑顔の小松さん 小松左京さんが死去

    1965年11月、座談会で笑顔の小松左京さん(中央)。左は岡本太郎さん、右は芦原義信さん=東京・丸の内の東京会館

  • 2011年03月01日
    岡本太郎さんのタイル画 岡本太郎の「ダンス」公開

    公開された岡本太郎さんのタイル画「ダンス」=1日午前、大阪市中央区の高島屋大阪店

    撮影: 1日午前、大阪市中央区の高島屋大阪店

  • 2011年03月01日
    岡本太郎さんの「ダンス」 「ダンス」を42年ぶり公開

    公開された岡本太郎さんのタイル画「ダンス」=1日午前、大阪市中央区の高島屋大阪店

    撮影: 1日午前、大阪市中央区の高島屋大阪店

  • 2011年03月01日
    岡本太郎さんのタイル画 「ダンス」を42年ぶり公開

    公開された岡本太郎さんのタイル画「ダンス」=1日午前、大阪市中央区の高島屋大阪店

    撮影: 1日午前、大阪市中央区の高島屋大阪店

  • 2011年03月01日
    公開されたタイル画 「ダンス」を42年ぶり公開

    公開された岡本太郎さんのタイル画「ダンス」=1日午前、大阪市中央区の高島屋大阪店

    撮影: 1日午前、大阪市中央区の高島屋大阪店

  • 2011年02月26日
    生誕100年で音楽祭 世代を超え“百歳”祝う

    芸術家の故岡本太郎さんの生誕100年を祝い、開かれた音楽イベント「TARO100祭」=26日午後、東京都港区の六本木ヒルズアリーナ

    撮影: 26日午後、東京都港区の六本木ヒルズアリーナ

  • 2011年02月26日
    岡本太郎の誕生日に音楽祭 世代を超え“百歳”祝う

    芸術家の故岡本太郎さんの生誕100年を祝い、開かれた音楽イベント「TARO100祭」=26日午後、東京都港区の六本木ヒルズアリーナ

    撮影: 26日午後、東京都港区の六本木ヒルズアリーナ

  • 2011年02月24日
    復元された「生命の樹」 多面体の魅力が「爆発!」

    縮小復元された「生命の樹」と、岡本太郎記念館の平野暁臣館長=東京都港区

    撮影: 東京都港区

  • 2011年02月22日
    復元された「生命の樹」 「生命の樹」を縮小再現

    芸術家、岡本太郎さんの生誕100年を記念して、縮小復元された「生命の樹」=22日午後、東京都港区の岡本太郎記念館

    撮影: 22日午後、東京都港区の岡本太郎記念館

  • 2011年02月22日
    「生命の樹」を公開 「生命の樹」を縮小再現

    芸術家、岡本太郎さんの生誕100年を記念して、縮小復元された「生命の樹」=22日午後、東京都港区の岡本太郎記念館

    撮影: 22日午後、東京都港区の岡本太郎記念館

  • 2011年02月22日
    公開された「生命の樹」 「生命の樹」を縮小再現

    芸術家、岡本太郎さんの生誕100年を記念して縮小復元され、公開された「生命の樹」=22日午後、東京都港区の岡本太郎記念館

    撮影: 22日午後、東京都港区の岡本太郎記念館

  • 2011年01月23日
    新ユニホーム着る山瀬 J1川崎も爆発できるか

    故岡本太郎さんデザインの「挑」の文字がプリントされた、J1川崎の新ユニホームを着る山瀬功治=23日午後、川崎市

    撮影: 23日午後、川崎市

  • 2010年03月15日
    若い太陽の塔 「若い太陽の塔」公開

    期間限定で公開される、故岡本太郎さん制作の「若い太陽の塔」=14日、愛知県犬山市の日本モンキーパーク

    撮影: 14日、愛知県犬山市の日本モンキーパーク

  • 2010年02月05日
    岡本太郎さん制作の時計台 銀座に元祖「太陽の塔」?

    東京・銀座の公園にある岡本太郎さん制作の「若い時計台」

  • 2009年08月25日
    壁画「明日の神話」 元気ギャル、若者の最先端

    岡本太郎の壁画「明日の神話」。京王井の頭線とJRの連絡通路に展示され、圧倒的な存在感がある=東京・渋谷

    撮影: 東京・渋谷

  • 2009年07月24日
    (ひらの・あきおみ) 平野暁臣

    空間プロデューサー、岡本太郎記念館長、撮影日 2008.11.26、出稿日 2009.08.14(カラー通信28633)

  • 2009年02月19日
    (ひらの・あきおみ) 平野暁臣

    岡本太郎記念館長、2008年11月26日撮影、東京都港区

  • 2008年11月28日
    岡本太郎さんの巨大壁画 岡本さんのデッサンを発見

    17日、東京・渋谷駅通路に設置され、一般公開された岡本太郎さんの巨大壁画「明日の神話」

  • 2008年11月28日
    「明日の神話」デッサン 岡本さんのデッサン発見

    発見された、岡本太郎さんの「明日の神話」のデッサン=28日、東京都港区の岡本太郎記念館

    撮影: 28日、東京都港区の岡本太郎記念館

  • 2008年11月17日
    岡本太郎さんの巨大壁画 「明日の神話」を一般公開

    東京・渋谷駅通路に設置され、一般公開された岡本太郎さんの巨大壁画「明日の神話」=17日午後

    撮影: 17日午後

  • 2008年11月17日
    公開された巨大壁画 「明日の神話」を一般公開

    京王井の頭線渋谷駅連絡通路に設置され、一般公開された岡本太郎さんの巨大壁画「明日の神話」=17日午後

    撮影: 17日午後

  • 2008年10月17日
    公開された設置作業 「明日の神話」を設置

    報道陣に公開された、故岡本太郎さん制作の巨大壁画「明日の神話」の設置作業=17日未明、東京都渋谷区の京王井の頭線渋谷駅連絡通路

    撮影: 17日未明、東京都渋谷区の京王井の頭線渋谷駅連絡通路

  • 2008年10月17日
    設置された「明日の神話」 「明日の神話」を設置

    京王井の頭線渋谷駅の連絡通路壁面に設置された故岡本太郎さん制作の巨大壁画「明日の神話」=17日未明、東京都渋谷区

    撮影: 17日未明、東京都渋谷区

  • 2008年05月09日
    イメージスケッチ 太陽の塔のスケッチ初公開

    初公開された、岡本太郎さんが描いた「太陽の塔」のイメージスケッチ=東京都港区

    撮影: 東京都港区

  • 2008年03月18日
    壁画を説明する平野氏 「明日の神話」を渋谷に

    巨大壁画「明日の神話」について説明する、岡本太郎記念現代芸術振興財団の平野暁臣常務理事=18日午後、東京都現代美術館

    撮影: 18日午後、東京都現代美術館

  • 2008年03月18日
    壁画見入る来館者 「明日の神話」は渋谷へ

    東京都渋谷区に設置されることが決まった、岡本太郎さん制作の巨大壁画「明日の神話」=18日、東京都現代美術館

    撮影: 18日、東京都現代美術館

  • 2008年03月17日
    岡本太郎記念館 流行と芸術の発信地

    マネキンの「太郎人形」が迎えてくれる、岡本太郎記念館のサロン=東京都港区

    撮影: 東京都港区

  • 2008年01月09日
    視察終えた財団理事 明日の神話誘致で広島視察

    巨大壁画「明日の神話」設置場所を視察した岡本太郎記念現代芸術振興財団の平野暁臣理事=9日午後、広島市中区

    撮影: 9日午後、広島市中区

  • 2007年08月05日
    川面に浮かぶ原爆壁画 広島きょう原爆の日

    原爆ドーム前の元安川の川面に、大型プロジェクターを使って映し出された故・岡本太郎氏の原爆壁画「明日の神話」=5日夜、広島・平和記念公園

    撮影: 5日夜、広島・平和記念公園

  • 2006年10月27日
    組み立て中の原寸大パズル 明日の神話、パズルで再現

    故岡本太郎さんの「明日の神話」の誘致イベントで、参加者に組み立てられる壁画の原寸大パズル=27日夜、広島市中区の広島市民球場

  • 2006年09月15日
    反権威の「ネオ日本画」師

    「岡本太郎やピカソは時代にたまたま持ち上げられただけ。共感しませんね」と天明屋尚さん=東京・中目黒のギャラリー

    撮影: 東京・中目黒のギャラリー

  • 2006年08月31日
    修復が完了した壁画 「明日の神話」誘致合戦

    修復が完了し公開された、故岡本太郎さん制作の巨大壁画「明日の神話」=6月、愛媛県東温市

    撮影: 6月、愛媛県東温市

  • 2006年08月05日
    川面に浮かんだ原爆ドーム 広島きょう原爆の日

    5日夜、原爆ドーム前の元安川で大型プロジェクターによる映像アートが繰り広げられた。川面に浮かべられた横20メートル縦15メートルのスクリーンに被爆前のドームが投影され、護岸部分には故・岡本太郎氏の原爆壁画「明日の神話」が映し出された。「あの日に何があったか思いをはせてほしい」と主催者。広島は被爆61年を迎える=広島・平和記念公園

    撮影: 広島・平和記念公園

  • 1
  • 2
  • 3