KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 川崎市岡本太郎美術館
  • 昭和
  • 太陽の塔
  • 明日の神話
  • 壁画
  • 平成
  • 製作
  • 屋外
  • ホテル
  • 建物

「岡本太郎」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
200
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
200
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1959年08月28日
    アトリエの岡本太郎氏

    東京・青山のアトリエで動物作りをする岡本太郎氏=1959(昭和34)年8月28日(34年内地925)

    商品コード: 2011111400042

  • 1962年11月01日
    岡本かの子文学碑除幕式

    除幕式であいさつする岡本太郎氏=1962(昭和37)年11月1日、川崎市の神明神社境内

    商品コード: 2012012600054

  • 1964年05月28日
    (おかもと・たろう) 岡本太郎

    画家=1964(昭和39)年1月7日撮影

    商品コード: 2006111400015

  • 1965年11月15日
    座談会

    左から岡本太郎(画家)、小松左京(作家)、芦原義信(建築家)=1965(昭和40)年11月15日撮影、東京・丸の内の東京会館

    商品コード: 1965111500030

  • 1966年05月11日
    (おかもと・たろう) 岡本太郎

    洋画家=1966(昭和41)年5月11日、撮影場所不明

    商品コード: 2020112704550

  • 1966年06月24日
    太陽の鐘を制作

    「太陽の鐘」の鋳型を制作中の岡本太郎氏=1966(昭和41)年6月24日、名古屋市北区豆園町 (41年内地3467)

    商品コード: 2011051900362

  • 1967年07月07日
    万博プロデューサーに岡本氏

    日本万国博テーマ展示のプロデューサーに決まり、抱負を語る岡本太郎氏=1967(昭和42)年7月7日、万国博東京事務所(42年内地2916)

    商品コード: 2011042700379

  • 1967年12月16日
    万国博テーマ館のイメージ 岡本太郎(おかもと・たろう)

    テーマ館のスケッチとイメージを説明する岡本太郎氏=昭和42年12月16日、東京・銀座のマツダビル(大阪万博、太陽の塔)(42年内地5441)

    商品コード: 1967121600001

  • 1968年01月26日
    メキシコのホテルに大壁画

    「明日の神話」と題する大壁画下絵を製作中の岡本太郎画伯=1968(昭和43)年1月26日、東京・南青山のアトリエ

    商品コード: 1968012600001

  • 1968年01月26日
    メキシコのホテルに大壁画

    「明日の神話」と題する大壁画下絵を製作中の岡本太郎画伯=1968(昭和43)年1月26日、東京・南青山のアトリエ

    商品コード: 1968012600002

  • 1968年01月26日
    岡本太郎画伯 メキシコのホテルに大壁画

    メキシコシティに建築中のホテル向けに「明日の神話」と題した大壁画を制作中の岡本太郎画伯=1968(昭和43)年1月26日、東京・南青山のアトリエ(現岡本太郎記念館)

    商品コード: 1968012650001

  • 1968年02月26日
    (おかもと・たろう) 岡本太郎

    芸術家=1968(昭和43)年2月26日、撮影場所不明、クレジット:共同通信イメージズ

    商品コード: 2016032900291

  • 1968年03月27日
    万博テーマ館模型

    100分の1の大きさの万博テーマ館模型を前に説明する岡本太郎氏=1968(昭和43)年3月27日、科学技術館内現代芸術研究所

    商品コード: 1968032700002

  • 1968年07月19日
    万国博テーマ展示の中間報告

    模型を前に中間報告する(右から)川添登、岡本太郎、小松左京の各氏=1968(昭和43)年7月19日、東京・銀座の阪急ビル内万国博事務所

    商品コード: 1968071900001

  • 1969年08月29日
    万国博、太陽の顔を公開

    組み立てられた万国博「太陽の顔」。その上で点検する岡本太郎氏(中央右)=1969(昭和44)年8月29日

    商品コード: 2011040700189

  • 1969年08月29日
    太陽の塔の顔を公開

    「太陽の顔」の製作を指示する岡本太郎氏=1969(昭和44)年8月29日、場所不明

    商品コード: 2021012906847

  • 1969年08月29日
    太陽の塔の「顔」を公開

    製作が進む「太陽の顔」。手前は「太陽の顔」の縮小版を手にする岡本太郎氏=1969(昭和44)年8月29日、場所不明

    商品コード: 2021012906858

  • 1969年08月29日
    太陽の塔の「顔」を公開

    製作が進む「太陽の顔」。中央は製作者の岡本太郎氏=1969(昭和44)年8月29日、場所不明

    商品コード: 2021012906871

  • 1969年08月29日
    太陽の塔の「顔」を公開

    「太陽の顔」の上で製作の進捗状況を確認する製作者の岡本太郎氏=1969(昭和44)年8月29日、場所不明

    商品コード: 2021012906880

  • 1969年08月29日
    太陽の塔の「顔」を公開

    製作が進む「太陽の顔」と製作者の岡本太郎氏=1969(昭和44)年8月29日、場所不明

    商品コード: 2021012906886

  • 1969年08月29日
    太陽の塔の「顔」を公開

    製作が進む「太陽の顔」の前で、作業状況を説明する製作者の岡本太郎氏(左)=1969(昭和44)年8月29日、場所不明

    商品コード: 2021012906895

  • 1969年08月29日
    太陽の塔の「顔」を公開

    製作が進む「太陽の顔」の前で、作業を指示する製作者の岡本太郎氏=1969(昭和44)年8月29日、場所不明

    商品コード: 2021012907280

  • 1969年08月29日
    太陽の塔の「顔」を公開

    「太陽の顔」の製作で、自ら作業する製作者の岡本太郎氏=1969(昭和44)年8月29日、場所不明

    商品コード: 2021012907285

  • 1969年08月29日
    太陽の塔の「顔」を公開

    「太陽の顔」の製作で、自ら作業する製作者の岡本太郎氏=1969(昭和44)年8月29日、場所不明

    商品コード: 2021012907291

  • 1969年08月29日
    太陽の塔の「顔」を公開

    「太陽の顔」の製作で、指示を出す製作者の岡本太郎氏(右)=1969(昭和44)年8月29日、場所不明

    商品コード: 2021012907297

  • 1969年08月29日
    太陽の塔の「顔」を公開

    「太陽の顔」の製作状況を報道陣に説明する製作者の岡本太郎氏(中央)=1969(昭和44)年8月29日、場所不明

    商品コード: 2021012907304

  • 1969年09月04日
    世界の民具類集まる

    世界の珍しい仮面や民具を下見する芸術家の岡本太郎氏。仮面や民具は大阪万国博で展示される=1969(昭和44)年9月4日、大阪市大淀区の日通大阪倉庫

    商品コード: 2021012907343

  • 1969年09月04日
    世界の民具類集まる

    世界の珍しい仮面を下見する芸術家の岡本太郎氏。仮面は大阪万国博で展示される=1969(昭和44)年9月4日、大阪市大淀区の日通大阪倉庫

    商品コード: 2021012907349

  • 1969年09月21日
    (つつい・やすたか) 筒井康隆

    作家、アポロ11号座談会、岡本太郎、津田京子らと=1969(昭和44)年7月21日、東京都港区

    商品コード: 1969092100001

  • 1969年11月13日
    太陽の塔に黄金の顔

    「黄金の顔」の取り付け作業が行われた太陽の塔の前で、乾杯する製作者の岡本太郎氏(中央)=1969(昭和44)年11月13日、大阪府吹田市

    商品コード: 2021012907377

  • 1969年11月13日
    太陽の塔に黄金の顔

    「黄金の顔」の取り付け作業が行われた太陽の塔の前で、乾杯する製作者の岡本太郎氏=1969(昭和44)年11月13日、大阪府吹田市

    商品コード: 2021012907382

  • 1969年11月13日
    太陽の塔に黄金の顔

    「黄金の顔」の取り付け作業が行われた太陽の塔の前で、乾杯する製作者の岡本太郎氏=1969(昭和44)年11月13日、大阪府吹田市

    商品コード: 2021012907434

  • 1969年12月01日
    万国博、開幕まであと百日

    お祭り広場の大屋根を突き抜けてそびえる「太陽の塔」は、万国博のシンボルでもある。頂部に取り付けられた「金色の顔」は、岡本太郎プロデューサーの自慢の顔で、直径10・6メートルのアルマイト製=1969(昭和44)年12月1日、大阪府吹田市

    商品コード: 2011053000166

  • 10:17.41
    1970年01月31日
    万博特集(日本企業館)

    キーワード:会場、エントランス、国旗、演説風景、太陽の塔、会場全景、モノレール、住友童話館、パビリオン=製作年:1970(昭和45)年1月、大阪、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082502573

  • 1970年02月05日
    岡本太郎による太陽の塔

    岡本太郎による太陽の塔。下界を見下ろす万国博のシンボル「タロー君」の金色の顔が目を開け、夜空に2つの光線が輝いた=1970(昭和45)年2月5日、大阪万博会場、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070102610

  • 10:28.76
    1970年02月28日
    万博特集(外国政府館)

    キーワード:大阪万博会場全景、外国政府館、旗、各国パビリオン=製作年:1970(昭和45)年2月、大阪、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082502572

  • 1970年03月01日
    太陽の塔 大阪万博

    岡本太郎がデザインした「太陽の塔」=1970(昭和45)年3月、大阪府吹田市

    商品コード: 2013051700078

  • 1970年03月01日
    太陽の塔 大阪万博

    岡本太郎氏がデザインした「太陽の塔」=1970(昭和45)年3月、大阪府吹田市

    商品コード: 2014110600149

  • 1970年03月01日
    太陽の塔 大阪万博

    岡本太郎氏がデザインした「太陽の塔」=1970(昭和45)年3月、大阪府吹田市

    商品コード: 2014110600162

  • 1970年03月01日
    太陽の塔 大阪万博

    岡本太郎氏がデザインした「太陽の塔」=1970(昭和45)年3月、大阪府吹田市

    商品コード: 2014110600191

  • 1970年03月13日
    万国博覧会(大阪万博)太陽の塔

    万国博覧会(大阪万博)会場のシンボル・太陽の塔=1970(昭和45)年3月13日、大阪・千里丘陵、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070102692

  • 1970年03月15日
    大阪万国博覧会

    大勢の人でにぎわう大阪万国博覧会。正面は岡本太郎氏が制作した太陽の塔=1970(昭和45)年3月、大阪府吹田市

    商品コード: 2009031900091

  • 1970年03月16日
    万国博覧会(大阪万博)見物する人たち

    万国博覧会(大阪万博)会場で、岡本太郎作の「太陽の塔」が見守る中、会場内を見物する人たち=1970(昭和45)年3月16日、大阪、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070102589

  • 1970年03月17日
    万国博覧会(大阪万博)国旗を揚げた行進

    万国博覧会(大阪万博)で、民族衣装も美しく、国旗を揚げた行進を「輝く太陽」も祝福=1970(昭和45)年3月17日、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070102575

  • 1970年03月25日
    万国博覧会(大阪万博)太陽の塔

    万国博覧会(大阪万博)会場のシンボル・太陽の塔=1970(45年)年3月25日、大阪・千里丘陵、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070102634

  • 1970年03月25日
    万国博覧会(大阪万博)太陽の塔

    万国博覧会(大阪万博)会場のシンボル・太陽の塔=1970(45年)年3月25日、大阪・千里丘陵、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070102689

  • 1970年03月25日
    万国博覧会(大阪万博)太陽の塔

    万国博覧会(大阪万博)会場のシンボル・太陽の塔=1970(45年)年3月25日、大阪・千里丘陵、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070102637

  • 1970年03月25日
    万国博覧会(大阪万博)太陽の塔

    万国博覧会(大阪万博)会場のシンボル・太陽の塔=1970(45年)年3月25日、大阪・千里丘陵、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070102681

  • 1970年03月31日
    大阪万国博

    3月14日「人類の進歩と調和」をテーマに日本万国博覧会が開幕した。会場の大阪・千里丘陵には117のパビリオンが並び、9月13日までの183日間の総入場者は6421万人に達した。岡本太郎氏が制作した「太陽の塔」は万博のシンボルとなった=1970(昭和45)年3月

    商品コード: 2003042100193

  • 07:57.17
    1970年03月31日
    万博開会式

    キーワード:入場パレード、皇族、民族衣装、佐藤栄作、天皇・皇太子スピーチ、くす玉、子ども=製作年:1970(昭和45)年3月、大阪、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082502566

  • 1970年04月27日
    太陽の塔に男が籠城

    太陽の塔の「黄金の顔」の目に男が籠城、記者に感想を話す岡本太郎氏=1970(昭和45)年4月27日、大阪府吹田市

    商品コード: 2020121708032

  • 1970年04月28日
    万国博覧会(大阪万博)・赤軍ヘルメットの学生

    万国博覧会(大阪万博)で太陽の塔の黄金の顔の目玉の中で一夜を明かし、悠然と本を読む赤軍ヘルメットの学生=1970(昭和45)年4月28日、大阪・千里丘陵、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070102582

  • 1970年04月28日
    万国博覧会(大阪万博)外国人客

    万国博覧会(大阪万博)・太陽の塔の黄金の顔の目玉の中に座る込む「目玉男」に『カムダウン、カムダウン』とスカーフを振りながら乗っ取り男に声をかける外人客=1970(昭和45)年4月28日、大阪・千里丘陵 クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070102574

  • 1970年04月29日
    万国博覧会(大阪万博)・赤軍ヘルメットの学生

    万国博覧会(大阪万博)・太陽の塔の黄金の顔の目玉の中に座る込み、目玉の中で一夜を明かし、悠然と本を読む赤軍ヘルメットの学生=1970(昭和45)年4月29日、大阪・千里丘陵、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070102588

  • 1970年05月23日
    万国博覧会(大阪万博)「目玉男」

    万国博覧会(大阪万博)で太陽の塔の黄金の顔の目玉の中に座る込んでいた「目玉男」、フラッシュを避けて顔をかくす=1970(昭和45)年5月23午前9時25分、大阪・千里丘陵、太陽の塔の下 クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070102580

  • 04:08.18
    1970年06月30日
    万博の機能

    キーワード:バス停、入場口、来場者、警備員、管理室、電光掲示板、自動カウンター、迷子センター、迷子ワッペン=製作年:1970(昭和45)年6月、大阪、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082502571

  • 05:43.81
    1970年07月31日
    万博・日本の日

    キーワード:太陽の塔、皇太子ご夫婦、佐藤栄作、パレード、子ども、茶道、ダンス=製作年:1970(昭和45)年7月、大阪、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082502565

  • 1970年08月23日
    万国博覧会(大阪万博)光の照射

    万国博覧会(大阪万博)の閉幕後も、夜になると、太陽の塔の黄金の顔の両眼から、光が照射される=1971(昭和46)年8月23日、大阪・千里丘陵、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070102685

  • 1970年09月14日
    万国博覧会(大阪万博)閉幕

    万国博覧会(大阪万博)いよいよ閉幕。太陽の塔の黄金の顔の両眼から、開催期間中に照射されていた照明が人々を照らす=1970(昭和45)年9月14日、大阪・千里丘陵、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070102646

  • 1970年09月14日
    万国博覧会(大阪万博)閉会式

    万国博覧会(大阪万博)の閉会式で、太陽の塔からも「サヨナラ」の垂れ幕が降ろされ、観客に別れを告げる=1970(昭和45)年9月14日、大阪・千里丘陵、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070102679

  • 05:31.36
    1970年09月30日
    万博ダイジェスト

    キーワード:万博ダイジェスト=製作年:1970(昭和45)年9月、大阪、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082502567

  • 1971年06月05日
    岡本太郎氏の出品作公開

    パリの高級商店街が毎年6月に行っている「街頭の美術展」に、日本人で初めて“芸術の王様”として招待されている岡本太郎氏の出品作がこのほどほぼ完成、公開された。同展は、世界の一流画家や彫刻家の作品約60点をパリの目抜き通りやショーウインドーに展示する一大イベント。岡本氏の作品は題して“植物人間”。2メートルの台座を付けると高さは約6メートルの大作で、展示後はパリの日本大使公邸の中庭に飾られることになっている。=1971(昭和46)年6月

    商品コード: 2010112200075

  • 05:32.83
    1972年08月31日
    岡本太郎

    キーワード:岡本太郎、アトリエ、作品、制作風景=製作年:1972(昭和47)年8月、東京、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082504913

  • 1980年11月22日
    名画多数破損される

    東京国立近代美術館で、自称画家の男が突然鉄パイプを振るい名画を破損。無残に破られた岡本太郎氏の「コントルポアン」など、被害に遭った作品を調べる係官=1980(昭和55)年11月22日、東京・北の丸公園(55年内地10557)

    商品コード: 2019100700772

  • 1981年02月06日
    (おかもと・たろう) 岡本太郎

    現代美術家、画家、彫刻家=1981(昭和56)年1月12日撮影

    商品コード: 2004070100038

  • 1983年04月22日
    (おかもと・たろう) 岡本太郎

    画家、彫刻家、現代美術家=1982(昭和57)年12月8日撮影

    商品コード: 2004041300097

  • 1987年03月24日
    世界最大の純金メダル

    岡本太郎氏が国鉄の民営化をモチーフにデザインした重さ50キロ、直径30センチの世界最大の純金メダル=1987(昭和62)年3月、東京・南青山の岡本太郎氏のアトリエ

    商品コード: 2021100805043

  • 1987年03月24日
    世界最大の純金メダル

    岡本太郎氏(中央)が国鉄の民営化をモチーフにデザインした重さ50キロ、直径30センチの世界最大の純金メダル=1987(昭和62)年3月、東京・南青山の岡本太郎氏のアトリエ

    商品コード: 2021100805048

  • 1987年03月24日
    世界最大の純金メダル

    岡本太郎氏が国鉄の民営化をモチーフにデザインした重さ50キロ、直径30センチの世界最大の純金メダル=1987(昭和62)年3月、東京・南青山の岡本太郎氏のアトリエ

    商品コード: 2021100805056

  • 1992年03月05日
    (おかもと・たろう) 岡本太郎

    現代美術家、彫刻家、画家、撮影1992(平成4)年1月23日

    商品コード: 1999030800094

  • 1993年04月22日
    (おかもと・たろう) 岡本太郎

    彫刻家、現代美術家=1993(平成5)年3月11日撮影

    商品コード: 1998080300071

  • 1993年09月27日
    「関東甲信越」 岡本太郎さんの壁画完成

    汚泥処理施設内に完成した陶板壁画と制作者の岡本太郎さん=川崎市川崎区

    商品コード: 1993092700041

  • 1996年01月07日
    洋画家の岡本太郎氏が死去

    死去した洋画家の岡本太郎氏(人物通信28827)

    商品コード: 1996010700070

  • 1996年01月07日
    彫刻をする岡本太郎氏 洋画家岡本太郎氏が死去

    動物の彫刻をする岡本太郎画伯=昭和34年8月、東京・青山のアトリエ

    商品コード: 1996010700072

  • 1996年01月07日
    万博「太陽の塔」 洋画家岡本太郎氏が死去

    岡本太郎氏が制作した大阪万国博の「太陽の塔」=昭和45年8月

    商品コード: 1996010700073

  • 1996年01月12日
    モニュメントの完成予想図 岡本太郎氏の最後の作品に

    岡本太郎氏の最後の作品となるシンボルモニュメントの完成予想図(7月から佐賀県で開催される「世界・〓(ほのお)の博覧会」の実行委員会は12日、前衛芸術家として知られ、7日死去した岡本太郎氏の最後の作品となるシンボルモニュメントの完成予想図を公表した。炎をイメージした高さ7メートルのブロンズ製で、メーン会場の広場に設置される、☆品の口が火)

    商品コード: 1996011200085

  • 1996年02月26日
    岡本太郎と語る広場 故岡本太郎さんしのぶ催し

    「岡本太郎と語る広場」に集まったファンや美術関係者=26日午後、東京・青山の草月会館

    商品コード: 1996022600074

  • 1996年07月13日
    岡本太郎の遺作「花炎」 佐賀で「世界・〓博覧会」

    岡本太郎画伯の遺作となった世界・〓の博覧会のシンボルモニュメント「花炎(かえん)」=佐賀県有田町の世界・〓の博覧会会場☆品の口がそれぞれ火☆品の口がそれぞれ火☆品の口がそれぞれ火

    商品コード: 1996071300058

  • 1996年12月20日
    国内顔写真 政治学の丸山、文学の司馬

    )、25日付朝刊以降使用  丸山真男、沢村貞子、岡本太郎、宇野千代、三橋美智也、北島忠治、金丸信、武満徹(丸山=人物通信13855)(岡本=人物通信27713・カラーネガ)

    商品コード: 1996122000079

  • 1999年01月20日
    ジャッキアップされる塔 岡本美術館に「母の塔」

    岡本太郎美術館建設現場で、ジャッキアップされる30メートルのモニュメント「母の塔」=20日午前10時35分、川崎市多摩区枡形の生田緑地

    商品コード: 1999012000023

  • 1999年10月29日
    完成した美術館 岡本太郎美術館が開館へ

    完成した「川崎市岡本太郎美術館」=川崎市多摩区の生田緑地

    商品コード: 1999102900003

  • 1999年10月29日
    美術館の前でテープカット 岡本太郎美術館が開館へ

    完成した「川崎市岡本太郎美術館」の前でテープカットに臨む岡本敏子さん(右から2人目)ら=29日午前10時30分、川崎市多摩区の生田緑地

    商品コード: 1999102900040

  • 2000年02月19日
    自分を貫いて生きる

    「やっと時代が岡本太郎を追っ掛けてきた、とこの間、石原慎太郎さんが言っていました」と語る岡本敏子さん=東京・南青山の岡本太郎記念館

    商品コード: 2000053000091

  • 2000年03月07日

    「カラー」「人物通信」 ◎岡本敏子(おかもと・としこ)、岡本太郎記念館館長、撮影日 2000.02.09、出稿日 2000.03.16

    商品コード: 2000030700021

  • 2001年04月12日
    休息する兵士 岡本さんの未発表作を発見

    故岡本太郎さんが従軍中に描いた、休息する兵士のデッサン

    商品コード: 2001041200128

  • 2002年04月28日
    「ゴジラの時代」展 ゴジラは日本の文化だ

    「ゴジラの時代」展会場で、ずらり並んだ迫力あるゴジラのポスター原画=川崎市多摩区の川崎市岡本太郎美術館

    商品コード: 2002042800046

  • 2003年05月28日
    岡本太郎記念館5周年

    あいさつする館長の岡本敏子さん=東京・南青山の岡本太郎記念館

    商品コード: 2003052800146

  • 2003年08月05日
    岡本太郎が爆発的ブーム

    1970年の大阪万博のシンボル、岡本太郎「太陽の塔」=大阪府吹田市

    商品コード: 2003080500023

  • 2003年10月31日
    岡本太郎記念館 「美」を探訪する

    東京・南青山の岡本太郎記念館。作品とともに等身大のろう人形が展示され見学者を出迎える

    商品コード: 2003103100096

  • 2003年12月16日
    世界の舞踏を未来に送る

    「天地☆光と闇」=川崎市岡本太郎美術館

    商品コード: 2003121600146

  • 2005年04月20日
    岡本敏子さん 岡本敏子さんが自宅で急死

    死去した岡本敏子さん(岡本太郎記念館館長)

    商品コード: 2005042000066

  • 2005年06月06日
    会見する関係者ら 再生プロジェクトが始動

    岡本太郎さんの「明日の神話」修復、展示実現に向けた「再生プロジェクト」の記者会見に臨む関係者=6日午後、東京都港区

    商品コード: 2005060600150

  • 2005年07月01日
    持ってこなきゃだめだ

    「明日の神話」の下絵の前で「修復のミスは素人にも分かる。怖いですよ」と話す吉村絵美留さん=東京・南青山の岡本太郎記念館

    商品コード: 2005070100102

  • 2005年07月16日
    岡本太郎作の壁画の一部 巨大壁画、修復作業始まる

    故岡本太郎さんの巨大壁画「明日の神話」の一部。ガラス盤上で壁画片を接合し、修復を進める=16日午後、愛媛県東温市

    商品コード: 2005071600104

  • 2005年07月16日
    岡本太郎の「明日の神話」 巨大壁画、修復作業始まる

    故岡本太郎さんが原爆のさく裂する瞬間を描いた巨大壁画「明日の神話」

    商品コード: 2005071600105

  • 2005年09月27日
    吉村絵美留さん

    メキシコで見つかった故岡本太郎氏の壁画を修復する吉村絵美留(よしむら・えみいる)さん

    商品コード: 2005092700149

  • 2005年12月05日
    復元された巨大壁画 岡本太郎の壁画復元

    解体された状態でメキシコで見つかり、復元された故岡本太郎さんの巨大壁画「明日の神話」=5日午後、愛媛県東温市

    商品コード: 2005120500470

  • 2005年12月05日
    故岡本太郎さんの壁画 岡本太郎さんの壁画復元

    解体された状態でメキシコで見つかり、元の形につなぎ合わされた故岡本太郎さんの巨大壁画「明日の神話」=5日午後、愛媛県東温市(魚眼レンズ使用)

    商品コード: 2005120500471

  • 2006年04月15日
    広島市現代美術館で 「明日の神話」パネル公開

    広島市現代美術館で公開された故岡本太郎さんの壁画「明日の神話」の原寸大写真パネル=15日午前、広島市南区

    商品コード: 2006041500030

  • 2006年05月13日
    巨大壁画「明日の神話」 「明日の神話」どこへ?

    岡本太郎さんの巨大壁画「明日の神話」=05年12月、愛媛県東温市

    商品コード: 2006051300006

  • 1
  • 2