KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • ちょう
  • 中国武術
  • 努力
  • 宗家
  • 日本
  • 東京
  • 作業員
  • 主峰

「崆峒」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
58
( 1 58 件を表示)
  • 1
58
( 1 58 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:12.83
    2018年08月27日
    「新華社」【字幕あり】崆峒山麓の「高齢武侠夫婦」

    朝霧が立ち込める中、中国甘粛省平涼(へいりょう)市の崆峒(こうどう)山で二人の白髪の老人が剣舞を始めた。その機敏な動作は、二人が80歳だということを全く感じさせない。【解説】岳起中さんは甘粛省平涼市に住む、ごく普通の定年退職したサラリーマン。崆峒武術は22歳から続けている。すでに80歳を過ぎた高齢にもかかわらず、長年にわたり武術を学んできた彼は、手足の動作も機敏で、耳も目もはっきりしており、剣舞を舞う時に手に持った約1メートルの長さの銅製の煙草袋が非常に力強い。そして彼の連れ合いの張煒英さんも全く遜色なく、二人は時々腕比べをすることもある。崆峒山は甘粛省平涼市にあり、古代シルクロードの関中の西に位置する要塞だった。この地に生まれた崆峒武術の歴史は古く、「庄子」「爾雅」などの古書に「空同の人と武」の記載がある。今では武侠小説の中の武術の達人に出会うことは難しいが、崆峒武術は体を鍛え健康を維持する運動として、民間の生活に今も人気がある。(記者/多蕾)<映像内容>武術を披露する高齢夫婦のインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018082822912

  • 00:53.86
    2019年04月02日
    「新華社」春の気配にゆっくり染まる崆峒山甘粛省平涼市

    中国甘粛省平涼(へいりょう)市の崆峒(こうどう)山ではこのところ、ようやく春めいて暖かい風が吹き、木々は緑に染まり、桃の花が咲いて山は生気に満ちている。崆峒山は市の中心から11キロほど離れた場所にあり、国家5A級観光地(最高ランク)、国家重点景勝地区、国家地質公園、国家級自然保護区に指定されている。森林率は96%以上で1300種余りの動植物が生息し、観光地の海抜は2123メートル。2018年の観光客数は延べ233万7千人で、観光総収入は1億5400万元(1元=17円)に達した。(記者/李笑、成欣、劉能静)<映像内容>崆峒山の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040301738

  • 2020年10月09日
    農家の私設博物館によみがえる「農村の記憶」甘粛省平涼市

    9日、博物館が収蔵する昔の婚礼で使われた新婦が乗る籠。手彫りの花文様は生き生きとして味わいがある。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の農家、田軍(でん・ぐん)さんは熱心な収集家で、自宅の敷地内に「農村の記憶」博物館を建設した。館長であり解説員でもある田さんは、20年以上にわたって集めた古い品々を分類し「農耕文化」「民俗生活」「農村の記憶」「安口窯の磁器」「紅色(革命)の記憶」の五つの展示室に陳列している。同館は展示面積800平方メートル、展示品は5千点以上に及ぶ。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101705006

  • 2020年10月09日
    農家の私設博物館によみがえる「農村の記憶」甘粛省平涼市

    9日、館内に展示された安口窯の磁器。安口窯のある安口鎮はかつて甘粛省の四大古鎮の一つで、磁器の産出地として名を馳せた。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の農家、田軍(でん・ぐん)さんは熱心な収集家で、自宅の敷地内に「農村の記憶」博物館を建設した。館長であり解説員でもある田さんは、20年以上にわたって集めた古い品々を分類し「農耕文化」「民俗生活」「農村の記憶」「安口窯の磁器」「紅色(革命)の記憶」の五つの展示室に陳列している。同館は展示面積800平方メートル、展示品は5千点以上に及ぶ。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704965

  • 2020年10月09日
    農家の私設博物館によみがえる「農村の記憶」甘粛省平涼市

    9日、博物館が収蔵する1950年代の卒業証書。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の農家、田軍(でん・ぐん)さんは熱心な収集家で、自宅の敷地内に「農村の記憶」博物館を建設した。館長であり解説員でもある田さんは、20年以上にわたって集めた古い品々を分類し「農耕文化」「民俗生活」「農村の記憶」「安口窯の磁器」「紅色(革命)の記憶」の五つの展示室に陳列している。同館は展示面積800平方メートル、展示品は5千点以上に及ぶ。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704994

  • 2020年10月09日
    農家の私設博物館によみがえる「農村の記憶」甘粛省平涼市

    9日、博物館の収蔵品を紹介する田さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の農家、田軍(でん・ぐん)さんは熱心な収集家で、自宅の敷地内に「農村の記憶」博物館を建設した。館長であり解説員でもある田さんは、20年以上にわたって集めた古い品々を分類し「農耕文化」「民俗生活」「農村の記憶」「安口窯の磁器」「紅色(革命)の記憶」の五つの展示室に陳列している。同館は展示面積800平方メートル、展示品は5千点以上に及ぶ。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704878

  • 2020年10月09日
    農家の私設博物館によみがえる「農村の記憶」甘粛省平涼市

    9日、館内に展示した旧式の織り機を紹介する田さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の農家、田軍(でん・ぐん)さんは熱心な収集家で、自宅の敷地内に「農村の記憶」博物館を建設した。館長であり解説員でもある田さんは、20年以上にわたって集めた古い品々を分類し「農耕文化」「民俗生活」「農村の記憶」「安口窯の磁器」「紅色(革命)の記憶」の五つの展示室に陳列している。同館は展示面積800平方メートル、展示品は5千点以上に及ぶ。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704886

  • 2020年10月09日
    農家の私設博物館によみがえる「農村の記憶」甘粛省平涼市

    9日、地元で使われていた旧式の織り機。田さんによると今でも使用可能という。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の農家、田軍(でん・ぐん)さんは熱心な収集家で、自宅の敷地内に「農村の記憶」博物館を建設した。館長であり解説員でもある田さんは、20年以上にわたって集めた古い品々を分類し「農耕文化」「民俗生活」「農村の記憶」「安口窯の磁器」「紅色(革命)の記憶」の五つの展示室に陳列している。同館は展示面積800平方メートル、展示品は5千点以上に及ぶ。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101705027

  • 2020年10月09日
    農家の私設博物館によみがえる「農村の記憶」甘粛省平涼市

    9日、博物館の来訪者ノートに記されたメッセージ。田さんはこれらのメッセージが運営を続ける原動力になっていると語る。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の農家、田軍(でん・ぐん)さんは熱心な収集家で、自宅の敷地内に「農村の記憶」博物館を建設した。館長であり解説員でもある田さんは、20年以上にわたって集めた古い品々を分類し「農耕文化」「民俗生活」「農村の記憶」「安口窯の磁器」「紅色(革命)の記憶」の五つの展示室に陳列している。同館は展示面積800平方メートル、展示品は5千点以上に及ぶ。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704913

  • 2020年10月09日
    農家の私設博物館によみがえる「農村の記憶」甘粛省平涼市

    9日、「郷村の記憶」博物館に展示された昔の生産・生活用具。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の農家、田軍(でん・ぐん)さんは熱心な収集家で、自宅の敷地内に「農村の記憶」博物館を建設した。館長であり解説員でもある田さんは、20年以上にわたって集めた古い品々を分類し「農耕文化」「民俗生活」「農村の記憶」「安口窯の磁器」「紅色(革命)の記憶」の五つの展示室に陳列している。同館は展示面積800平方メートル、展示品は5千点以上に及ぶ。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704956

  • 2020年10月10日
    流派発祥の地で武術を学ぶ子供たち甘粛省平凉市

    10日、崆峒区柳湖鎮の趙堡小学校で児童を指導する体育教師の燕祥(えん・しょう)さん。中国甘粛省平凉市崆峒(こうどう)区は、中国武術の主要流派の一つの崆峒派武術を区内の一部の小中学校の体育授業に導入している。武術の練習を通じて子どもたち身体的素質を向上させ、毅然(きぜん)とした品格と元気で明るい性格を育むのが目的だという。崆峒派武術の発祥地は同区の崆峒山。ここ数年は武術家や国内外の愛好家の努力の下、海外進出も進んでいる。掌派人(宗家)の陳虎(ちん・こ)さんによると、日本やシンガポール、アルゼンチンにも同派の武術を学ぶ人がいる。日本では、第10代掌派人の燕飛霞(えん・ひか)さんが長年生活していた。1990年代初めに東京などで道場を開き、1万人近くの弟子を指導した。(平凉=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900997

  • 2020年10月10日
    流派発祥の地で武術を学ぶ子供たち甘粛省平凉市

    10日、崆峒文武学校で崆峒派武術の熊手術を練習する生徒。中国甘粛省平凉市崆峒(こうどう)区は、中国武術の主要流派の一つの崆峒派武術を区内の一部の小中学校の体育授業に導入している。武術の練習を通じて子どもたち身体的素質を向上させ、毅然(きぜん)とした品格と元気で明るい性格を育むのが目的だという。崆峒派武術の発祥地は同区の崆峒山。ここ数年は武術家や国内外の愛好家の努力の下、海外進出も進んでいる。掌派人(宗家)の陳虎(ちん・こ)さんによると、日本やシンガポール、アルゼンチンにも同派の武術を学ぶ人がいる。日本では、第10代掌派人の燕飛霞(えん・ひか)さんが長年生活していた。1990年代初めに東京などで道場を開き、1万人近くの弟子を指導した。(平凉=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900600

  • 2020年10月10日
    流派発祥の地で武術を学ぶ子供たち甘粛省平凉市

    10日、崆峒派武術の演武を披露する生徒。中国甘粛省平凉市崆峒(こうどう)区は、中国武術の主要流派の一つの崆峒派武術を区内の一部の小中学校の体育授業に導入している。武術の練習を通じて子どもたち身体的素質を向上させ、毅然(きぜん)とした品格と元気で明るい性格を育むのが目的だという。崆峒派武術の発祥地は同区の崆峒山。ここ数年は武術家や国内外の愛好家の努力の下、海外進出も進んでいる。掌派人(宗家)の陳虎(ちん・こ)さんによると、日本やシンガポール、アルゼンチンにも同派の武術を学ぶ人がいる。日本では、第10代掌派人の燕飛霞(えん・ひか)さんが長年生活していた。1990年代初めに東京などで道場を開き、1万人近くの弟子を指導した。(平凉=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900822

  • 2020年10月10日
    流派発祥の地で武術を学ぶ子供たち甘粛省平凉市

    10日、崆峒区柳湖鎮の趙堡小学校で崆峒派武術を学ぶ児童。中国甘粛省平凉市崆峒(こうどう)区は、中国武術の主要流派の一つの崆峒派武術を区内の一部の小中学校の体育授業に導入している。武術の練習を通じて子どもたち身体的素質を向上させ、毅然(きぜん)とした品格と元気で明るい性格を育むのが目的だという。崆峒派武術の発祥地は同区の崆峒山。ここ数年は武術家や国内外の愛好家の努力の下、海外進出も進んでいる。掌派人(宗家)の陳虎(ちん・こ)さんによると、日本やシンガポール、アルゼンチンにも同派の武術を学ぶ人がいる。日本では、第10代掌派人の燕飛霞(えん・ひか)さんが長年生活していた。1990年代初めに東京などで道場を開き、1万人近くの弟子を指導した。(平凉=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900806

  • 2020年10月10日
    流派発祥の地で武術を学ぶ子供たち甘粛省平凉市

    10日、崆峒区柳湖鎮の趙堡小学校で崆峒派武術を学ぶ児童。中国甘粛省平凉市崆峒(こうどう)区は、中国武術の主要流派の一つの崆峒派武術を区内の一部の小中学校の体育授業に導入している。武術の練習を通じて子どもたち身体的素質を向上させ、毅然(きぜん)とした品格と元気で明るい性格を育むのが目的だという。崆峒派武術の発祥地は同区の崆峒山。ここ数年は武術家や国内外の愛好家の努力の下、海外進出も進んでいる。掌派人(宗家)の陳虎(ちん・こ)さんによると、日本やシンガポール、アルゼンチンにも同派の武術を学ぶ人がいる。日本では、第10代掌派人の燕飛霞(えん・ひか)さんが長年生活していた。1990年代初めに東京などで道場を開き、1万人近くの弟子を指導した。(平凉=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101901007

  • 2020年10月10日
    流派発祥の地で武術を学ぶ子供たち甘粛省平凉市

    10日、校庭で練習をする崆峒文武学校の生徒児童。(小型無人機から)中国甘粛省平凉市崆峒(こうどう)区は、中国武術の主要流派の一つの崆峒派武術を区内の一部の小中学校の体育授業に導入している。武術の練習を通じて子どもたち身体的素質を向上させ、毅然(きぜん)とした品格と元気で明るい性格を育むのが目的だという。崆峒派武術の発祥地は同区の崆峒山。ここ数年は武術家や国内外の愛好家の努力の下、海外進出も進んでいる。掌派人(宗家)の陳虎(ちん・こ)さんによると、日本やシンガポール、アルゼンチンにも同派の武術を学ぶ人がいる。日本では、第10代掌派人の燕飛霞(えん・ひか)さんが長年生活していた。1990年代初めに東京などで道場を開き、1万人近くの弟子を指導した。(平凉=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900593

  • 2020年10月10日
    流派発祥の地で武術を学ぶ子供たち甘粛省平凉市

    10日、運動場で練習に励む崆峒文武学校の児童。中国甘粛省平凉市崆峒(こうどう)区は、中国武術の主要流派の一つの崆峒派武術を区内の一部の小中学校の体育授業に導入している。武術の練習を通じて子どもたち身体的素質を向上させ、毅然(きぜん)とした品格と元気で明るい性格を育むのが目的だという。崆峒派武術の発祥地は同区の崆峒山。ここ数年は武術家や国内外の愛好家の努力の下、海外進出も進んでいる。掌派人(宗家)の陳虎(ちん・こ)さんによると、日本やシンガポール、アルゼンチンにも同派の武術を学ぶ人がいる。日本では、第10代掌派人の燕飛霞(えん・ひか)さんが長年生活していた。1990年代初めに東京などで道場を開き、1万人近くの弟子を指導した。(平凉=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900790

  • 2020年10月10日
    流派発祥の地で武術を学ぶ子供たち甘粛省平凉市

    10日、打ち合い練習をする崆峒文武学校の生徒。中国甘粛省平凉市崆峒(こうどう)区は、中国武術の主要流派の一つの崆峒派武術を区内の一部の小中学校の体育授業に導入している。武術の練習を通じて子どもたち身体的素質を向上させ、毅然(きぜん)とした品格と元気で明るい性格を育むのが目的だという。崆峒派武術の発祥地は同区の崆峒山。ここ数年は武術家や国内外の愛好家の努力の下、海外進出も進んでいる。掌派人(宗家)の陳虎(ちん・こ)さんによると、日本やシンガポール、アルゼンチンにも同派の武術を学ぶ人がいる。日本では、第10代掌派人の燕飛霞(えん・ひか)さんが長年生活していた。1990年代初めに東京などで道場を開き、1万人近くの弟子を指導した。(平凉=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101901014

  • 2020年10月10日
    流派発祥の地で武術を学ぶ子供たち甘粛省平凉市

    10日、崆峒区柳湖鎮の趙堡小学校で棒術を練習する児童。中国甘粛省平凉市崆峒(こうどう)区は、中国武術の主要流派の一つの崆峒派武術を区内の一部の小中学校の体育授業に導入している。武術の練習を通じて子どもたち身体的素質を向上させ、毅然(きぜん)とした品格と元気で明るい性格を育むのが目的だという。崆峒派武術の発祥地は同区の崆峒山。ここ数年は武術家や国内外の愛好家の努力の下、海外進出も進んでいる。掌派人(宗家)の陳虎(ちん・こ)さんによると、日本やシンガポール、アルゼンチンにも同派の武術を学ぶ人がいる。日本では、第10代掌派人の燕飛霞(えん・ひか)さんが長年生活していた。1990年代初めに東京などで道場を開き、1万人近くの弟子を指導した。(平凉=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900908

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、自宅で武術の稽古時の注意点について説明する岳起中さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704853

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、平涼市文化館で、生徒と崆峒派武術の稽古に励む張煒英さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704849

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、平涼市崆峒区の柳湖公園で、崆峒派武術の棍(こん)術の稽古に励む岳起中さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704782

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、平涼市崆峒区の柳湖公園で、崆峒派武術の稽古に励む岳起中さんと張煒英さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704831

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、平涼市崆峒区の柳湖公園で、崆峒派武術の稽古に励む岳起中さんと張煒英さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704847

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、平涼市崆峒区の柳湖公園で、崆峒派武術の稽古に励む岳起中さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704856

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、夫妻が武術大会で獲得したメダル。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704739

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、平涼市崆峒区の柳湖公園で、崆峒派武術の稽古に励む張煒英さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704753

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、平涼市崆峒区の柳湖公園で、崆峒派武術の稽古に励む張煒英さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704838

  • 00:49.34
    2020年10月23日
    「新華社」崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(記者/多蕾)<映像内容>崆峒派武術の稽古の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102703370

  • 01:11.23
    2021年01月26日
    「新華社」甘粛省の地元グルメ、餄餎麺

    中国甘粛省東部の平涼(へいりょう)市には、小麦粉やトウモロコシ粉に雑穀を加えた麺にひき肉やトマト、卵などで作った具材とスープをかけて食べる「餄餎麺」という麺料理がある。その歴史は千年以上とも言われている。ご当地の「餄餎麺」は、道教の源流と伝えられる崆峒(こうどう)文化や餄餎麺の製法、美食などの多元的な要素と融合し、今ではこの中国西部の町を代表する名物になっている。(記者/多蕾)=配信日:2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012704412

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月14日
    (7)植樹や造林で荒れた山を緑化甘粛省平涼市

    11日、平涼市崆峒区焦荘村で、運ばれてきたアブラマツの苗を確認する張文玉さん(右)。3月に入り、中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の焦荘村北山では、植樹の時期を迎えた。同区林業技術作業ステーション長の張文玉(ちょう・ぶんぎょく)さんは、植樹や造林の現場を行き来しながら技術指導を行っている。1990年代に林業学校を卒業した張さんは、区内の末端の営林場に就職。その後、二十数年にわたり、林業に力を注ぎ、最前線の現場に立つ作業員から、段階を経て現在の立場となった。張さんや同僚の指導により、地元の幹部や住民が積極的に植樹や造林に取り組んでおり、崆峒区では第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、16万4100ムー(約1万940ヘクタール)の林業生態建設を完成させた。(平涼=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031503936

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:13.24
    2021年03月14日
    「新華社」植樹や造林で荒れた山を緑化甘粛省平涼市

    3月に入り、中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の焦荘村北山では、植樹の時期を迎えた。同区林業技術作業ステーション長の張文玉(ちょう・ぶんぎょく)さんは、植樹や造林の現場を行き来しながら技術指導を行っている。1990年代に林業学校を卒業した張さんは、区内の末端の営林場に就職。その後、二十数年にわたり、林業に力を注ぎ、最前線の現場に立つ作業員から、段階を経て現在の立場となった。張さんや同僚の指導により、地元の幹部や住民が積極的に植樹や造林に取り組んでおり、崆峒区では第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、16万4100ムー(約1万940ヘクタール)の林業生態建設を完成させた。(記者/范培珅、郎兵兵) =配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031503704

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月14日
    (10)植樹や造林で荒れた山を緑化甘粛省平涼市

    11日、平涼市崆峒区焦荘村北山で、アブラマツの植栽について作業員を指導する張文玉さん(右)。3月に入り、中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の焦荘村北山では、植樹の時期を迎えた。同区林業技術作業ステーション長の張文玉(ちょう・ぶんぎょく)さんは、植樹や造林の現場を行き来しながら技術指導を行っている。1990年代に林業学校を卒業した張さんは、区内の末端の営林場に就職。その後、二十数年にわたり、林業に力を注ぎ、最前線の現場に立つ作業員から、段階を経て現在の立場となった。張さんや同僚の指導により、地元の幹部や住民が積極的に植樹や造林に取り組んでおり、崆峒区では第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、16万4100ムー(約1万940ヘクタール)の林業生態建設を完成させた。(平涼=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031503603

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月14日
    (6)植樹や造林で荒れた山を緑化甘粛省平涼市

    11日、平涼市崆峒区焦荘村北山で、植林地に向う張文玉さん。(小型無人機から)3月に入り、中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の焦荘村北山では、植樹の時期を迎えた。同区林業技術作業ステーション長の張文玉(ちょう・ぶんぎょく)さんは、植樹や造林の現場を行き来しながら技術指導を行っている。1990年代に林業学校を卒業した張さんは、区内の末端の営林場に就職。その後、二十数年にわたり、林業に力を注ぎ、最前線の現場に立つ作業員から、段階を経て現在の立場となった。張さんや同僚の指導により、地元の幹部や住民が積極的に植樹や造林に取り組んでおり、崆峒区では第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、16万4100ムー(約1万940ヘクタール)の林業生態建設を完成させた。(平涼=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031503548

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月14日
    (9)植樹や造林で荒れた山を緑化甘粛省平涼市

    11日、平涼市崆峒区焦荘村北山で、アブラマツの高さを測定する張文玉さん。3月に入り、中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の焦荘村北山では、植樹の時期を迎えた。同区林業技術作業ステーション長の張文玉(ちょう・ぶんぎょく)さんは、植樹や造林の現場を行き来しながら技術指導を行っている。1990年代に林業学校を卒業した張さんは、区内の末端の営林場に就職。その後、二十数年にわたり、林業に力を注ぎ、最前線の現場に立つ作業員から、段階を経て現在の立場となった。張さんや同僚の指導により、地元の幹部や住民が積極的に植樹や造林に取り組んでおり、崆峒区では第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、16万4100ムー(約1万940ヘクタール)の林業生態建設を完成させた。(平涼=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031503723

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月14日
    (8)植樹や造林で荒れた山を緑化甘粛省平涼市

    11日、平涼市崆峒区焦荘村北山の斜面に座る張文玉さん。3月に入り、中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の焦荘村北山では、植樹の時期を迎えた。同区林業技術作業ステーション長の張文玉(ちょう・ぶんぎょく)さんは、植樹や造林の現場を行き来しながら技術指導を行っている。1990年代に林業学校を卒業した張さんは、区内の末端の営林場に就職。その後、二十数年にわたり、林業に力を注ぎ、最前線の現場に立つ作業員から、段階を経て現在の立場となった。張さんや同僚の指導により、地元の幹部や住民が積極的に植樹や造林に取り組んでおり、崆峒区では第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、16万4100ムー(約1万940ヘクタール)の林業生態建設を完成させた。(平涼=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031503825

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月14日
    (3)植樹や造林で荒れた山を緑化甘粛省平涼市

    11日、平涼市崆峒区焦荘村北山で、同僚と話し合う張文玉さん(左)。(小型無人機から)3月に入り、中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の焦荘村北山では、植樹の時期を迎えた。同区林業技術作業ステーション長の張文玉(ちょう・ぶんぎょく)さんは、植樹や造林の現場を行き来しながら技術指導を行っている。1990年代に林業学校を卒業した張さんは、区内の末端の営林場に就職。その後、二十数年にわたり、林業に力を注ぎ、最前線の現場に立つ作業員から、段階を経て現在の立場となった。張さんや同僚の指導により、地元の幹部や住民が積極的に植樹や造林に取り組んでおり、崆峒区では第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、16万4100ムー(約1万940ヘクタール)の林業生態建設を完成させた。(平涼=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031503537

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月14日
    (1)植樹や造林で荒れた山を緑化甘粛省平涼市

    11日、平涼市崆峒区焦荘村北山で植樹状況を確認する張文玉さん。(小型無人機から)3月に入り、中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の焦荘村北山では、植樹の時期を迎えた。同区林業技術作業ステーション長の張文玉(ちょう・ぶんぎょく)さんは、植樹や造林の現場を行き来しながら技術指導を行っている。1990年代に林業学校を卒業した張さんは、区内の末端の営林場に就職。その後、二十数年にわたり、林業に力を注ぎ、最前線の現場に立つ作業員から、段階を経て現在の立場となった。張さんや同僚の指導により、地元の幹部や住民が積極的に植樹や造林に取り組んでおり、崆峒区では第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、16万4100ムー(約1万940ヘクタール)の林業生態建設を完成させた。(平涼=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031503696

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月14日
    (4)植樹や造林で荒れた山を緑化甘粛省平涼市

    11日、平涼市崆峒区焦荘村北山で、今年の植樹造林計画を確認する張文玉さん。3月に入り、中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の焦荘村北山では、植樹の時期を迎えた。同区林業技術作業ステーション長の張文玉(ちょう・ぶんぎょく)さんは、植樹や造林の現場を行き来しながら技術指導を行っている。1990年代に林業学校を卒業した張さんは、区内の末端の営林場に就職。その後、二十数年にわたり、林業に力を注ぎ、最前線の現場に立つ作業員から、段階を経て現在の立場となった。張さんや同僚の指導により、地元の幹部や住民が積極的に植樹や造林に取り組んでおり、崆峒区では第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、16万4100ムー(約1万940ヘクタール)の林業生態建設を完成させた。(平涼=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031503935

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月14日
    (5)植樹や造林で荒れた山を緑化甘粛省平涼市

    11日、平涼市崆峒区焦荘村北山で、植樹作業をする張文玉さん。3月に入り、中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の焦荘村北山では、植樹の時期を迎えた。同区林業技術作業ステーション長の張文玉(ちょう・ぶんぎょく)さんは、植樹や造林の現場を行き来しながら技術指導を行っている。1990年代に林業学校を卒業した張さんは、区内の末端の営林場に就職。その後、二十数年にわたり、林業に力を注ぎ、最前線の現場に立つ作業員から、段階を経て現在の立場となった。張さんや同僚の指導により、地元の幹部や住民が積極的に植樹や造林に取り組んでおり、崆峒区では第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、16万4100ムー(約1万940ヘクタール)の林業生態建設を完成させた。(平涼=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031503658

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月14日
    (2)植樹や造林で荒れた山を緑化甘粛省平涼市

    11日、平涼市崆峒区焦荘村北山で、アブラマツの植栽について作業員を指導する張文玉さん(右)。(小型無人機から)3月に入り、中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の焦荘村北山では、植樹の時期を迎えた。同区林業技術作業ステーション長の張文玉(ちょう・ぶんぎょく)さんは、植樹や造林の現場を行き来しながら技術指導を行っている。1990年代に林業学校を卒業した張さんは、区内の末端の営林場に就職。その後、二十数年にわたり、林業に力を注ぎ、最前線の現場に立つ作業員から、段階を経て現在の立場となった。張さんや同僚の指導により、地元の幹部や住民が積極的に植樹や造林に取り組んでおり、崆峒区では第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、16万4100ムー(約1万940ヘクタール)の林業生態建設を完成させた。(平涼=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031503964

  • 2021年05月01日
    「中国道教随一の霊山」崆峒山を訪ねて甘粛省平凉市

    1日、崆峒山風景区の建築物。中国甘粛省平涼市の崆峒(こうどう)山は、主峰の標高が2123メートル。雄大な山並みと美しい景色が広がる。歴史的・文化的にも重要性が高く「中国道教随一の霊山」とされている。(平涼=新華社記者/馬希平)=2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212077

  • 2021年05月01日
    「中国道教随一の霊山」崆峒山を訪ねて甘粛省平凉市

    1日、崆峒山風景区の建物の屋根を飾る「屋脊獣」。中国甘粛省平涼市の崆峒(こうどう)山は、主峰の標高が2123メートル。雄大な山並みと美しい景色が広がる。歴史的・文化的にも重要性が高く「中国道教随一の霊山」とされている。(平涼=新華社記者/馬希平)=2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051211984

  • 2021年05月03日
    (1)「中国道教随一の霊山」崆峒山を訪ねて甘粛省平凉市

    1日、崆峒山風景区にある朝天門。中国甘粛省平涼市の崆峒(こうどう)山は、主峰の標高が2123メートル。雄大な山並みと美しい景色が広がる。歴史的・文化的にも重要性が高く「中国道教随一の霊山」とされている。(平涼=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705443

  • 2021年05月03日
    (3)「中国道教随一の霊山」崆峒山を訪ねて甘粛省平凉市

    1日、崆峒山風景区の建物の屋根を飾る「屋脊獣」。中国甘粛省平涼市の崆峒(こうどう)山は、主峰の標高が2123メートル。雄大な山並みと美しい景色が広がる。歴史的・文化的にも重要性が高く「中国道教随一の霊山」とされている。(平涼=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705460

  • 2021年05月03日
    (10)「中国道教随一の霊山」崆峒山を訪ねて甘粛省平涼市

    1日、崆峒山風景区にある石彫。中国甘粛省平涼市の崆峒(こうどう)山は、主峰の標高が2123メートル。雄大な山並みと美しい景色が広がる。歴史的・文化的にも重要性が高く「中国道教随一の霊山」とされている。(平涼=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705496

  • 2021年05月03日
    (4)「中国道教随一の霊山」崆峒山を訪ねて甘粛省平凉市

    1日、崆峒山風景区の一角。中国甘粛省平涼市の崆峒(こうどう)山は、主峰の標高が2123メートル。雄大な山並みと美しい景色が広がる。歴史的・文化的にも重要性が高く「中国道教随一の霊山」とされている。(平涼=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705461

  • 2021年05月03日
    (8)「中国道教随一の霊山」崆峒山を訪ねて甘粛省平凉市

    1日、崆峒山風景区の建物の屋根。中国甘粛省平涼市の崆峒(こうどう)山は、主峰の標高が2123メートル。雄大な山並みと美しい景色が広がる。歴史的・文化的にも重要性が高く「中国道教随一の霊山」とされている。(平涼=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705466

  • 2021年05月03日
    (11)「中国道教随一の霊山」崆峒山を訪ねて甘粛省平涼市

    1日、崆峒山風景区にある石碑。中国甘粛省平涼市の崆峒(こうどう)山は、主峰の標高が2123メートル。雄大な山並みと美しい景色が広がる。歴史的・文化的にも重要性が高く「中国道教随一の霊山」とされている。(平涼=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705498

  • 2021年05月03日
    (12)「中国道教随一の霊山」崆峒山を訪ねて甘粛省平涼市

    1日、崆峒山風景区の景色。中国甘粛省平涼市の崆峒(こうどう)山は、主峰の標高が2123メートル。雄大な山並みと美しい景色が広がる。歴史的・文化的にも重要性が高く「中国道教随一の霊山」とされている。(平涼=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705500

  • 2021年05月03日
    (7)「中国道教随一の霊山」崆峒山を訪ねて甘粛省平凉市

    1日、崆峒山風景区の建物の庇(ひさし)。中国甘粛省平涼市の崆峒(こうどう)山は、主峰の標高が2123メートル。雄大な山並みと美しい景色が広がる。歴史的・文化的にも重要性が高く「中国道教随一の霊山」とされている。(平涼=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705467

  • 2021年05月03日
    (13)「中国道教随一の霊山」崆峒山を訪ねて甘粛省平涼市

    1日、崆峒山風景区の景色。中国甘粛省平涼市の崆峒(こうどう)山は、主峰の標高が2123メートル。雄大な山並みと美しい景色が広がる。歴史的・文化的にも重要性が高く「中国道教随一の霊山」とされている。(平涼=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705499

  • 2021年05月03日
    (9)「中国道教随一の霊山」崆峒山を訪ねて甘粛省平涼市

    1日、崆峒山風景区にあるれんが彫刻。中国甘粛省平涼市の崆峒(こうどう)山は、主峰の標高が2123メートル。雄大な山並みと美しい景色が広がる。歴史的・文化的にも重要性が高く「中国道教随一の霊山」とされている。(平涼=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705497

  • 2021年05月03日
    (6)「中国道教随一の霊山」崆峒山を訪ねて甘粛省平凉市

    1日、崆峒山風景区の一角。中国甘粛省平涼市の崆峒(こうどう)山は、主峰の標高が2123メートル。雄大な山並みと美しい景色が広がる。歴史的・文化的にも重要性が高く「中国道教随一の霊山」とされている。(平涼=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705464

  • 2021年12月26日
    (5)黄土高原で風力発電機の建設が急ピッチ甘粛省

    24日、甘粛省平凉市崆峒(こうどう)区の125メガワット分散式風力発電プロジェクト。中国甘粛省中東部の黄土高原に位置する複数の風力発電プロジェクトの工事現場では、作業員たちが厳しい寒さの中、発電機の建設を急ピッチで進めている。(定西=新華社配信/呉希会)= 配信日: 2021(令和3)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122806812

  • 2021年12月26日
    (6)黄土高原で風力発電機の建設が急ピッチ甘粛省

    24日、甘粛省平凉市崆峒(こうどう)区の125メガワット分散式風力発電プロジェクトの建設現場で設備を取り付ける作業員。中国甘粛省中東部の黄土高原に位置する複数の風力発電プロジェクトの工事現場では、作業員たちが厳しい寒さの中、発電機の建設を急ピッチで進めている。(定西=新華社配信/呉希会)= 配信日: 2021(令和3)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122806825

  • 2021年12月26日
    (7)黄土高原で風力発電機の建設が急ピッチ甘粛省

    24日、甘粛省平凉市崆峒(こうどう)区の125メガワット分散式風力発電プロジェクトの建設現場で工事を進める作業員。中国甘粛省中東部の黄土高原に位置する複数の風力発電プロジェクトの工事現場では、作業員たちが厳しい寒さの中、発電機の建設を急ピッチで進めている。(定西=新華社配信/呉希会)= 配信日: 2021(令和3)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122806828

  • 2022年02月21日
    (3)中国各地に早春の雪景色

    19日、甘粛省平涼市の崆峒(こうどう)山風景区に広がる雪景色。(小型無人機から)中国の一部地域でこのほど、雪が降り、美しい白銀の世界が広がった。(平涼=新華社配信/呉希会)= 配信日: 2022(令和4)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022103018

  • 1