KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 仏像
  • 彫刻
  • 彫像
  • 風景
  • ゲル
  • 仏教芸術
  • 狩猟
  • 葬儀

「崖造」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
70
( 1 70 件を表示)
  • 1
70
( 1 70 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    京都清水寺の舞台

    京都市東山区清水寺。北法相宗総本山。西国三十三ヶ所観音霊場の札所。音羽山山腹の本堂は懸崖造り、桁行9間・梁間7間で、主要部が内陣と外陣に分かれ、外陣前面は2間の礼堂と1間の庇があり、前面左右に翼廊が突き出している。庇の前面が「清水の舞台」として有名である。舞台の上に何人かの人影が見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号5‐43‐0]

    商品コード: 2017080200942

  • 00:44.80
    1958年12月31日
    「福島民報」「民報ニュース」柳津虚空蔵尊

    只見川のほとり、福満虚空蔵尊円蔵寺(柳津虚空蔵)の開創1150年祭。50年に1度のご開帳。町内対抗仮装行列。撮影日:1958(昭和33)年撮影月日不明、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021900883

  • 2020年04月20日
    仏慧山に春の訪れ山東省済南市

    20日、一面に緑が広がる仏慧山の春景色。(小型無人機から)中国山東省済南市にある仏慧山は歴史的にも文化的にも名高く、高くて険しい地形は市の高台となっている。山には黄石崖造像遺跡があり、岩肌に刻まれた唐代の仏像が数多く残されている。春の仏慧山には草木が青々と茂り、自然の生気にあふれた魅力的な風景が広がっている。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301744

  • 2020年04月20日
    仏慧山に春の訪れ山東省済南市

    20日、一面に緑が広がる仏慧山の春景色。(小型無人機から)中国山東省済南市にある仏慧山は歴史的にも文化的にも名高く、高くて険しい地形は市の高台となっている。山には黄石崖造像遺跡があり、岩肌に刻まれた唐代の仏像が数多く残されている。春の仏慧山には草木が青々と茂り、自然の生気にあふれた魅力的な風景が広がっている。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301745

  • 2020年04月20日
    仏慧山に春の訪れ山東省済南市

    20日、一面に緑が広がる仏慧山の春景色。中国山東省済南市にある仏慧山は歴史的にも文化的にも名高く、高くて険しい地形は市の高台となっている。山には黄石崖造像遺跡があり、岩肌に刻まれた唐代の仏像が数多く残されている。春の仏慧山には草木が青々と茂り、自然の生気にあふれた魅力的な風景が広がっている。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301768

  • 2020年04月20日
    仏慧山に春の訪れ山東省済南市

    20日、一面に緑が広がる仏慧山の春景色。中国山東省済南市にある仏慧山は歴史的にも文化的にも名高く、高くて険しい地形は市の高台となっている。山には黄石崖造像遺跡があり、岩肌に刻まれた唐代の仏像が数多く残されている。春の仏慧山には草木が青々と茂り、自然の生気にあふれた魅力的な風景が広がっている。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301807

  • 2020年04月20日
    仏慧山に春の訪れ山東省済南市

    20日、仏慧山の登山道を歩く市民。中国山東省済南市にある仏慧山は歴史的にも文化的にも名高く、高くて険しい地形は市の高台となっている。山には黄石崖造像遺跡があり、岩肌に刻まれた唐代の仏像が数多く残されている。春の仏慧山には草木が青々と茂り、自然の生気にあふれた魅力的な風景が広がっている。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301850

  • 2020年04月20日
    仏慧山に春の訪れ山東省済南市

    20日、一面に緑が広がる仏慧山の春景色。(小型無人機から)中国山東省済南市にある仏慧山は歴史的にも文化的にも名高く、高くて険しい地形は市の高台となっている。山には黄石崖造像遺跡があり、岩肌に刻まれた唐代の仏像が数多く残されている。春の仏慧山には草木が青々と茂り、自然の生気にあふれた魅力的な風景が広がっている。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301742

  • 2020年04月20日
    仏慧山に春の訪れ山東省済南市

    20日、一面に緑が広がる仏慧山の春景色。(小型無人機から)中国山東省済南市にある仏慧山は歴史的にも文化的にも名高く、高くて険しい地形は市の高台となっている。山には黄石崖造像遺跡があり、岩肌に刻まれた唐代の仏像が数多く残されている。春の仏慧山には草木が青々と茂り、自然の生気にあふれた魅力的な風景が広がっている。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301789

  • 2020年04月20日
    仏慧山に春の訪れ山東省済南市

    20日、一面に緑が広がる仏慧山の春景色。中国山東省済南市にある仏慧山は歴史的にも文化的にも名高く、高くて険しい地形は市の高台となっている。山には黄石崖造像遺跡があり、岩肌に刻まれた唐代の仏像が数多く残されている。春の仏慧山には草木が青々と茂り、自然の生気にあふれた魅力的な風景が広がっている。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301749

  • 2020年04月20日
    仏慧山に春の訪れ山東省済南市

    20日、仏慧山にある黄石崖造像遺跡。中国山東省済南市にある仏慧山は歴史的にも文化的にも名高く、高くて険しい地形は市の高台となっている。山には黄石崖造像遺跡があり、岩肌に刻まれた唐代の仏像が数多く残されている。春の仏慧山には草木が青々と茂り、自然の生気にあふれた魅力的な風景が広がっている。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301851

  • 2020年04月20日
    仏慧山に春の訪れ山東省済南市

    20日、一面に緑が広がる仏慧山の春景色。(小型無人機から)中国山東省済南市にある仏慧山は歴史的にも文化的にも名高く、高くて険しい地形は市の高台となっている。山には黄石崖造像遺跡があり、岩肌に刻まれた唐代の仏像が数多く残されている。春の仏慧山には草木が青々と茂り、自然の生気にあふれた魅力的な風景が広がっている。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301803

  • 2020年05月23日
    楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省

    四川省広元市皇沢寺の「西方三聖(阿弥陀三尊)」。(資料写真)中国の四川省文物局と重慶市文物局、四川省楽山市人民政府が共催する「雕飾山河‐巴蜀地区の石窟・摩崖(まがい)造像芸術展」が13日、楽山市で開幕した。石窟と摩崖造像(岩壁に掘られた仏像などの彫刻)は中国の重要な文化遺産の一つとされる。中でもかつて「巴蜀」と呼ばれた四川省と重慶市の石窟と摩崖造像を代表とする中国南方地域の石窟と造像は、中国の芸術史で非常に重要な地位を占める。(広元=新華社配信)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706183

  • 00:51.88
    2020年06月05日
    「新華社」唐代の摩崖造像、水面に現る四川省仁寿県

    中国四川省仁寿県四新村で黒竜灘ダムを水源とする灌漑農業が行われ、ダムの水位が低下したことから、同村にある唐代の大座仏とその周辺に安置された千仏造像が、水面に姿を現した。唐代に建立された大座仏は座高16メートルで、眉山市の市級文物保護単位に指定されている。ダムの建設に伴い、周辺の石窟とともに水没した。大仏と周辺の摩崖造像(まがいぞうぞう)はともに「四新村千仏岩摩崖造像」と呼ばれ、移動できない文物(不可移動文物)に属する。人物をかたどった像が多く、その姿や形は様々で、計16の仏龕(ぶつがん、仏像や経文を安置するために壁面や塔内に設けられた小室)、195体の仏像が1万平方メートル余りにわたって分布している。(記者/楊華、劉海)<映像内容>黒竜灘ダムの水位が低下し現れた摩崖造像、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102847

  • 2020年06月16日
    楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省

    四川省広元市の「千仏崖造像」。(資料写真)中国の四川省文物局と重慶市文物局、四川省楽山市人民政府が共催する「雕飾山河‐巴蜀地区の石窟・摩崖(まがい)造像芸術展」が13日、楽山市で開幕した。石窟と摩崖造像(岩壁に掘られた仏像などの彫刻)は中国の重要な文化遺産の一つとされる。中でもかつて「巴蜀」と呼ばれた四川省と重慶市の石窟と摩崖造像を代表とする中国南方地域の石窟と造像は、中国の芸術史で非常に重要な地位を占める。(広元=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706159

  • 2020年06月16日
    楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省

    四川省成都市蒲江県の「飛仙閣造像」。(資料写真)中国の四川省文物局と重慶市文物局、四川省楽山市人民政府が共催する「雕飾山河‐巴蜀地区の石窟・摩崖(まがい)造像芸術展」が13日、楽山市で開幕した。石窟と摩崖造像(岩壁に掘られた仏像などの彫刻)は中国の重要な文化遺産の一つとされる。中でもかつて「巴蜀」と呼ばれた四川省と重慶市の石窟と摩崖造像を代表とする中国南方地域の石窟と造像は、中国の芸術史で非常に重要な地位を占める。(蒲江=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706184

  • 2020年06月16日
    楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省

    重慶市大足北山の「数珠手観音」。(資料写真)中国の四川省文物局と重慶市文物局、四川省楽山市人民政府が共催する「雕飾山河‐巴蜀地区の石窟・摩崖(まがい)造像芸術展」が13日、楽山市で開幕した。石窟と摩崖造像(岩壁に掘られた仏像などの彫刻)は中国の重要な文化遺産の一つとされる。中でもかつて「巴蜀」と呼ばれた四川省と重慶市の石窟と摩崖造像を代表とする中国南方地域の石窟と造像は、中国の芸術史で非常に重要な地位を占める。(重慶=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706189

  • 2020年06月16日
    楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省

    四川省巴中市水寧寺の「天王」と「力士」。(資料写真)中国の四川省文物局と重慶市文物局、四川省楽山市人民政府が共催する「雕飾山河‐巴蜀地区の石窟・摩崖(まがい)造像芸術展」が13日、楽山市で開幕した。石窟と摩崖造像(岩壁に掘られた仏像などの彫刻)は中国の重要な文化遺産の一つとされる。中でもかつて「巴蜀」と呼ばれた四川省と重慶市の石窟と摩崖造像を代表とする中国南方地域の石窟と造像は、中国の芸術史で非常に重要な地位を占める。(巴中=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706193

  • 2020年06月16日
    楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省

    四川省安岳県臥仏院の「釈迦牟尼涅槃像」。(資料写真)中国の四川省文物局と重慶市文物局、四川省楽山市人民政府が共催する「雕飾山河‐巴蜀地区の石窟・摩崖(まがい)造像芸術展」が13日、楽山市で開幕した。石窟と摩崖造像(岩壁に掘られた仏像などの彫刻)は中国の重要な文化遺産の一つとされる。中でもかつて「巴蜀」と呼ばれた四川省と重慶市の石窟と摩崖造像を代表とする中国南方地域の石窟と造像は、中国の芸術史で非常に重要な地位を占める。(安岳=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706207

  • 2020年06月16日
    楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省

    四川省安岳県円覚洞の「飛天」。(資料写真)中国の四川省文物局と重慶市文物局、四川省楽山市人民政府が共催する「雕飾山河‐巴蜀地区の石窟・摩崖(まがい)造像芸術展」が13日、楽山市で開幕した。石窟と摩崖造像(岩壁に掘られた仏像などの彫刻)は中国の重要な文化遺産の一つとされる。中でもかつて「巴蜀」と呼ばれた四川省と重慶市の石窟と摩崖造像を代表とする中国南方地域の石窟と造像は、中国の芸術史で非常に重要な地位を占める。(安岳=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706220

  • 2020年06月16日
    楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省

    四川省夾江県の「千仏岩造像」。(資料写真)中国の四川省文物局と重慶市文物局、四川省楽山市人民政府が共催する「雕飾山河‐巴蜀地区の石窟・摩崖(まがい)造像芸術展」が13日、楽山市で開幕した。石窟と摩崖造像(岩壁に掘られた仏像などの彫刻)は中国の重要な文化遺産の一つとされる。中でもかつて「巴蜀」と呼ばれた四川省と重慶市の石窟と摩崖造像を代表とする中国南方地域の石窟と造像は、中国の芸術史で非常に重要な地位を占める。(夾江=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706232

  • 2020年06月16日
    楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省

    四川省安岳県毘盧(びろ)洞の「紫竹観音」。(資料写真)中国の四川省文物局と重慶市文物局、四川省楽山市人民政府が共催する「雕飾山河‐巴蜀地区の石窟・摩崖(まがい)造像芸術展」が13日、楽山市で開幕した。石窟と摩崖造像(岩壁に掘られた仏像などの彫刻)は中国の重要な文化遺産の一つとされる。中でもかつて「巴蜀」と呼ばれた四川省と重慶市の石窟と摩崖造像を代表とする中国南方地域の石窟と造像は、中国の芸術史で非常に重要な地位を占める。(安岳=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706233

  • 2020年06月16日
    楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省

    四川省仁寿県大仏溝の「世尊説法図」。(資料写真)中国の四川省文物局と重慶市文物局、四川省楽山市人民政府が共催する「雕飾山河‐巴蜀地区の石窟・摩崖(まがい)造像芸術展」が13日、楽山市で開幕した。石窟と摩崖造像(岩壁に掘られた仏像などの彫刻)は中国の重要な文化遺産の一つとされる。中でもかつて「巴蜀」と呼ばれた四川省と重慶市の石窟と摩崖造像を代表とする中国南方地域の石窟と造像は、中国の芸術史で非常に重要な地位を占める。(仁寿=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706228

  • 2020年06月16日
    楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省

    重慶市大足宝頂山の「千手千眼観音」。(資料写真)中国の四川省文物局と重慶市文物局、四川省楽山市人民政府が共催する「雕飾山河‐巴蜀地区の石窟・摩崖(まがい)造像芸術展」が13日、楽山市で開幕した。石窟と摩崖造像(岩壁に掘られた仏像などの彫刻)は中国の重要な文化遺産の一つとされる。中でもかつて「巴蜀」と呼ばれた四川省と重慶市の石窟と摩崖造像を代表とする中国南方地域の石窟と造像は、中国の芸術史で非常に重要な地位を占める。(重慶=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706205

  • 2020年06月16日
    楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省

    四川省巴中市南龕(なんがん)石窟の「毘盧遮那(びるしゃな)仏」。(資料写真)中国の四川省文物局と重慶市文物局、四川省楽山市人民政府が共催する「雕飾山河‐巴蜀地区の石窟・摩崖(まがい)造像芸術展」が13日、楽山市で開幕した。石窟と摩崖造像(岩壁に掘られた仏像などの彫刻)は中国の重要な文化遺産の一つとされる。中でもかつて「巴蜀」と呼ばれた四川省と重慶市の石窟と摩崖造像を代表とする中国南方地域の石窟と造像は、中国の芸術史で非常に重要な地位を占める。(巴中=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706224

  • 2020年10月08日
    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了

    8日、内モンゴル自治区オルドス市のアルジャイ石窟に残る浮彫石塔。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200528

  • 2020年10月08日
    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了

    8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟の壁画。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200668

  • 2020年10月08日
    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了

    8日、アルジャイ石窟の壁画の修復作業に当たる専門家。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200759

  • 2020年10月08日
    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了

    8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟の一角。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200533

  • 2020年10月08日
    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了

    8日、アルジャイ石窟の壁画の修復作業に当たる専門家。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200556

  • 2020年10月08日
    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了

    8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟の壁画。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200526

  • 2020年10月08日
    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了

    8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟の一角。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200409

  • 2020年10月08日
    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了

    8日、アルジャイ石窟の壁画の修復作業に当たる専門家。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200488

  • 2020年10月08日
    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了

    8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟の一角。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200517

  • 2020年10月08日
    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了

    8日、アルジャイ石窟の壁画の修復作業に当たる専門家。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200765

  • 2020年10月08日
    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了

    8日、アルジャイ石窟の壁画の修復作業に当たる専門家。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200824

  • 2020年10月08日
    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了

    8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟寺院遺跡の一角。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200922

  • 2020年10月08日
    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了

    8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟の壁画。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200468

  • 2020年10月08日
    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了

    8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟の風景。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200851

  • 2020年10月08日
    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了

    8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟の壁画。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200758

  • 2020年12月01日
    天津市、摩崖造像約600体を調査新発見も

    現地調査を行う調査隊。(2020年12月1日撮影)中国の天津市文化遺産保護センターと同市薊州(けいしゅう)区文化遺産保護センターを中心とする調査隊はこのほど、市内にある石窟寺院(石刻)に対する野外調査を実施し、摩崖(まがい)造像約600体を再調査または新たに発見した。多くが10~12世紀の遼代に作られたものだという。(天津=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040611624

  • 2020年12月08日
    内モンゴル自治区のアルジャイ石窟を訪ねて

    8日、内モンゴル自治区オルドス市オトク旗内にあるアルジャイ石窟。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟には、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されており、うち石窟41カ所が良好な状態で保たれている。石窟内に描かれた壁画は主に西夏王朝と元王朝時代のものとされており、遊牧民族の移動式住居「ゲル」や騎射、狩猟、葬儀の風習などの様子が描かれている。中国北方の草原地域で唯一の寺院や石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫として知られ、「草原の敦煌」とも呼ばれている。(オルドス=新華社記者/朱文哲)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121501402

  • 2020年12月08日
    内モンゴル自治区のアルジャイ石窟を訪ねて

    8日、内モンゴル自治区オルドス市オトク旗内にあるアルジャイ石窟の外観。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟には、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されており、うち石窟41カ所が良好な状態で保たれている。石窟内に描かれた壁画は主に西夏王朝と元王朝時代のものとされており、遊牧民族の移動式住居「ゲル」や騎射、狩猟、葬儀の風習などの様子が描かれている。中国北方の草原地域で唯一の寺院や石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫として知られ、「草原の敦煌」とも呼ばれている。(オルドス=新華社記者/朱文哲)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121501404

  • 2020年12月08日
    内モンゴル自治区のアルジャイ石窟を訪ねて

    8日、内モンゴル自治区オルドス市オトク旗内にあるアルジャイ石窟の外観。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟には、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されており、うち石窟41カ所が良好な状態で保たれている。石窟内に描かれた壁画は主に西夏王朝と元王朝時代のものとされており、遊牧民族の移動式住居「ゲル」や騎射、狩猟、葬儀の風習などの様子が描かれている。中国北方の草原地域で唯一の寺院や石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫として知られ、「草原の敦煌」とも呼ばれている。(オルドス=新華社記者/朱文哲)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121501408

  • 2020年12月08日
    内モンゴル自治区のアルジャイ石窟を訪ねて

    8日、内モンゴル自治区オルドス市オトク旗内にあるアルジャイ石窟の外観。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟には、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されており、うち石窟41カ所が良好な状態で保たれている。石窟内に描かれた壁画は主に西夏王朝と元王朝時代のものとされており、遊牧民族の移動式住居「ゲル」や騎射、狩猟、葬儀の風習などの様子が描かれている。中国北方の草原地域で唯一の寺院や石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫として知られ、「草原の敦煌」とも呼ばれている。(オルドス=新華社記者/朱文哲)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121501372

  • 2020年12月08日
    内モンゴル自治区のアルジャイ石窟を訪ねて

    8日、夕暮れのアルジャイ石窟。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟には、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されており、うち石窟41カ所が良好な状態で保たれている。石窟内に描かれた壁画は主に西夏王朝と元王朝時代のものとされており、遊牧民族の移動式住居「ゲル」や騎射、狩猟、葬儀の風習などの様子が描かれている。中国北方の草原地域で唯一の寺院や石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫として知られ、「草原の敦煌」とも呼ばれている。(オルドス=新華社記者/朱文哲)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121501492

  • 2020年12月08日
    内モンゴル自治区のアルジャイ石窟を訪ねて

    8日、内モンゴル自治区オルドス市オトク旗内にあるアルジャイ石窟の外観。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟には、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されており、うち石窟41カ所が良好な状態で保たれている。石窟内に描かれた壁画は主に西夏王朝と元王朝時代のものとされており、遊牧民族の移動式住居「ゲル」や騎射、狩猟、葬儀の風習などの様子が描かれている。中国北方の草原地域で唯一の寺院や石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫として知られ、「草原の敦煌」とも呼ばれている。(オルドス=新華社記者/朱文哲)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121501490

  • 2021年02月23日
    世界遺産「大足石刻」を訪ねて重慶市

    重慶市にある大足石刻風景区で、宝頂山摩崖造像の「臥仏(がぶつ)」を撮影する観光客。(2月23日撮影)大足石刻は重慶市大足区にある摩崖(まがい)石刻像の総称。広大な規模を持ち、彫刻は精巧で美しく、保存状態も良い。9世紀から13世紀の中国石窟芸術における最も壮麗な代表作で、中国後期石窟芸術の世俗化、生活化の模範となった。1999年に世界文化遺産に登録されている。唐宋時代に中国の政治・経済の中心が徐々に北から南に移ると、北方の石窟寺院の彫像は衰退し、現在の四川省と重慶市で石窟寺院の造営が盛んになった。大足石刻を開削したのは南宋の昌州(州治は現在の大足区)米糧里の僧・趙智鳳(ちょう・ちほう)で、1174年頃に宝頂山を訪れ、岩壁に沿って仏教道場を開くことを着想。その後数十年間かけて数千体の仏像を作った。(重慶=新華社記者/黄偉)=2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809273

  • 2021年02月23日
    世界遺産「大足石刻」を訪ねて重慶市

    大足石刻風景区の宝頂山摩崖造像エリアにある千手観音。(2月23日撮影)大足石刻は重慶市大足区にある摩崖(まがい)石刻像の総称。広大な規模を持ち、彫刻は精巧で美しく、保存状態も良い。9世紀から13世紀の中国石窟芸術における最も壮麗な代表作で、中国後期石窟芸術の世俗化、生活化の模範となった。1999年に世界文化遺産に登録されている。唐宋時代に中国の政治・経済の中心が徐々に北から南に移ると、北方の石窟寺院の彫像は衰退し、現在の四川省と重慶市で石窟寺院の造営が盛んになった。大足石刻を開削したのは南宋の昌州(州治は現在の大足区)米糧里の僧・趙智鳳(ちょう・ちほう)で、1174年頃に宝頂山を訪れ、岩壁に沿って仏教道場を開くことを着想。その後数十年間かけて数千体の仏像を作った。(重慶=新華社記者/黄偉)=2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051809271

  • 2021年04月05日
    (5)天津市、摩崖造像約600体を調査新発見も

    千像寺遺跡付近の摩崖造像。(2004年5月13日撮影)中国の天津市文化遺産保護センターと同市薊州(けいしゅう)区文化遺産保護センターを中心とする調査隊はこのほど、市内にある石窟寺院(石刻)に対する野外調査を実施し、摩崖(まがい)造像約600体を再調査または新たに発見した。多くが10~12世紀の遼代に作られたものだという。(天津=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040600417

  • 2021年04月05日
    (2)天津市、摩崖造像約600体を調査新発見も

    正法禅院遺跡付近の摩崖造像。(3月22日撮影)中国の天津市文化遺産保護センターと同市薊州(けいしゅう)区文化遺産保護センターを中心とする調査隊はこのほど、市内にある石窟寺院(石刻)に対する野外調査を実施し、摩崖(まがい)造像約600体を再調査または新たに発見した。多くが10~12世紀の遼代に作られたものだという。(天津=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040600405

  • 2021年04月05日
    (3)天津市、摩崖造像約600体を調査新発見も

    正法禅院遺跡付近の摩崖造像。(3月22日撮影)中国の天津市文化遺産保護センターと同市薊州(けいしゅう)区文化遺産保護センターを中心とする調査隊はこのほど、市内にある石窟寺院(石刻)に対する野外調査を実施し、摩崖(まがい)造像約600体を再調査または新たに発見した。多くが10~12世紀の遼代に作られたものだという。(天津=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040600406

  • 2021年04月05日
    (4)天津市、摩崖造像約600体を調査新発見も

    千像寺遺跡付近の摩崖造像。(2004年5月4日撮影)中国の天津市文化遺産保護センターと同市薊州(けいしゅう)区文化遺産保護センターを中心とする調査隊はこのほど、市内にある石窟寺院(石刻)に対する野外調査を実施し、摩崖(まがい)造像約600体を再調査または新たに発見した。多くが10~12世紀の遼代に作られたものだという。(天津=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040600416

  • 2021年05月17日
    (1)世界遺産「大足石刻」を訪ねて重慶市

    重慶市にある大足石刻風景区で、宝頂山摩崖造像を見学する観光客。(2月23日撮影)大足石刻は重慶市大足区にある摩崖(まがい)石刻像の総称。広大な規模を持ち、彫刻は精巧で美しく、保存状態も良い。9世紀から13世紀の中国石窟芸術における最も壮麗な代表作で、中国後期石窟芸術の世俗化、生活化の模範となった。1999年に世界文化遺産に登録されている。唐宋時代に中国の政治・経済の中心が徐々に北から南に移ると、北方の石窟寺院の彫像は衰退し、現在の四川省と重慶市で石窟寺院の造営が盛んになった。大足石刻を開削したのは南宋の昌州(州治は現在の大足区)米糧里の僧・趙智鳳(ちょう・ちほう)で、1174年頃に宝頂山を訪れ、岩壁に沿って仏教道場を開くことを着想。その後数十年間かけて数千体の仏像を作った。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051706804

  • 2021年05月17日
    (4)世界遺産「大足石刻」を訪ねて重慶市

    重慶市にある大足石刻風景区の宝頂山摩崖造像。(小型無人機から、2月23日撮影)大足石刻は重慶市大足区にある摩崖(まがい)石刻像の総称。広大な規模を持ち、彫刻は精巧で美しく、保存状態も良い。9世紀から13世紀の中国石窟芸術における最も壮麗な代表作で、中国後期石窟芸術の世俗化、生活化の模範となった。1999年に世界文化遺産に登録されている。唐宋時代に中国の政治・経済の中心が徐々に北から南に移ると、北方の石窟寺院の彫像は衰退し、現在の四川省と重慶市で石窟寺院の造営が盛んになった。大足石刻を開削したのは南宋の昌州(州治は現在の大足区)米糧里の僧・趙智鳳(ちょう・ちほう)で、1174年頃に宝頂山を訪れ、岩壁に沿って仏教道場を開くことを着想。その後数十年間かけて数千体の仏像を作った。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051706815

  • 2021年05月17日
    (2)世界遺産「大足石刻」を訪ねて重慶市

    重慶市にある大足石刻風景区の宝頂山摩崖造像エリアを散策する観光客。(2月23日撮影)大足石刻は重慶市大足区にある摩崖(まがい)石刻像の総称。広大な規模を持ち、彫刻は精巧で美しく、保存状態も良い。9世紀から13世紀の中国石窟芸術における最も壮麗な代表作で、中国後期石窟芸術の世俗化、生活化の模範となった。1999年に世界文化遺産に登録されている。唐宋時代に中国の政治・経済の中心が徐々に北から南に移ると、北方の石窟寺院の彫像は衰退し、現在の四川省と重慶市で石窟寺院の造営が盛んになった。大足石刻を開削したのは南宋の昌州(州治は現在の大足区)米糧里の僧・趙智鳳(ちょう・ちほう)で、1174年頃に宝頂山を訪れ、岩壁に沿って仏教道場を開くことを着想。その後数十年間かけて数千体の仏像を作った。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051706808

  • 2021年05月17日
    (3)世界遺産「大足石刻」を訪ねて重慶市

    重慶市にある大足石刻風景区の宝頂山摩崖造像。(2月23日撮影)大足石刻は重慶市大足区にある摩崖(まがい)石刻像の総称。広大な規模を持ち、彫刻は精巧で美しく、保存状態も良い。9世紀から13世紀の中国石窟芸術における最も壮麗な代表作で、中国後期石窟芸術の世俗化、生活化の模範となった。1999年に世界文化遺産に登録されている。唐宋時代に中国の政治・経済の中心が徐々に北から南に移ると、北方の石窟寺院の彫像は衰退し、現在の四川省と重慶市で石窟寺院の造営が盛んになった。大足石刻を開削したのは南宋の昌州(州治は現在の大足区)米糧里の僧・趙智鳳(ちょう・ちほう)で、1174年頃に宝頂山を訪れ、岩壁に沿って仏教道場を開くことを着想。その後数十年間かけて数千体の仏像を作った。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051706812

  • 2021年12月30日
    (7)土砂に埋もれた摩崖造像、再び姿を現す山西省霍州市

    28日、千仏崖摩崖造像の一仏二菩薩二弟子龕。中国山西省考古研究院はこのほど、最新の考古学成果として、一部が土砂に埋没していた霍州(かくしゅう)市の千仏崖摩崖(まがい)造像の発掘結果を公表した。同造像は霍州市の南西7キロにある汾河(ふんが)東岸の切り立った崖に彫られている。長さは約30メートルで、最高部は地上約11メートル。崖壁の中央部から北側に層をなして分布しており、密集部分は8層にもなる。山西省考古研究院が今年、北京大学と霍州市文化・観光局と合同で発掘した。同研究院文博館の研究員、白曙璋(はく・しょしょう)氏によると、千仏崖には龕(がん、仏像を納めるための壁面のくぼみ)70カ所余り、造像約300体が暫定的に確認されており、今回の発掘で約3分の1が再び姿を現したという。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004739

  • 2021年12月30日
    (6)土砂に埋もれた摩崖造像、再び姿を現す山西省霍州市

    28日、千仏崖摩崖造像の十一面観音像。中国山西省考古研究院はこのほど、最新の考古学成果として、一部が土砂に埋没していた霍州(かくしゅう)市の千仏崖摩崖(まがい)造像の発掘結果を公表した。同造像は霍州市の南西7キロにある汾河(ふんが)東岸の切り立った崖に彫られている。長さは約30メートルで、最高部は地上約11メートル。崖壁の中央部から北側に層をなして分布しており、密集部分は8層にもなる。山西省考古研究院が今年、北京大学と霍州市文化・観光局と合同で発掘した。同研究院文博館の研究員、白曙璋(はく・しょしょう)氏によると、千仏崖には龕(がん、仏像を納めるための壁面のくぼみ)70カ所余り、造像約300体が暫定的に確認されており、今回の発掘で約3分の1が再び姿を現したという。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004740

  • 2021年12月30日
    (1)土砂に埋もれた摩崖造像、再び姿を現す山西省霍州市

    28日、千仏崖の本尊大仏像。中国山西省考古研究院はこのほど、最新の考古学成果として、一部が土砂に埋没していた霍州(かくしゅう)市の千仏崖摩崖(まがい)造像の発掘結果を公表した。同造像は霍州市の南西7キロにある汾河(ふんが)東岸の切り立った崖に彫られている。長さは約30メートルで、最高部は地上約11メートル。崖壁の中央部から北側に層をなして分布しており、密集部分は8層にもなる。山西省考古研究院が今年、北京大学と霍州市文化・観光局と合同で発掘した。同研究院文博館の研究員、白曙璋(はく・しょしょう)氏によると、千仏崖には龕(がん、仏像を納めるための壁面のくぼみ)70カ所余り、造像約300体が暫定的に確認されており、今回の発掘で約3分の1が再び姿を現したという。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004708

  • 2021年12月30日
    (2)土砂に埋もれた摩崖造像、再び姿を現す山西省霍州市

    28日、千仏崖摩崖造像群の龕(部分)。中国山西省考古研究院はこのほど、最新の考古学成果として、一部が土砂に埋没していた霍州(かくしゅう)市の千仏崖摩崖(まがい)造像の発掘結果を公表した。同造像は霍州市の南西7キロにある汾河(ふんが)東岸の切り立った崖に彫られている。長さは約30メートルで、最高部は地上約11メートル。崖壁の中央部から北側に層をなして分布しており、密集部分は8層にもなる。山西省考古研究院が今年、北京大学と霍州市文化・観光局と合同で発掘した。同研究院文博館の研究員、白曙璋(はく・しょしょう)氏によると、千仏崖には龕(がん、仏像を納めるための壁面のくぼみ)70カ所余り、造像約300体が暫定的に確認されており、今回の発掘で約3分の1が再び姿を現したという。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004729

  • 2021年12月30日
    (3)土砂に埋もれた摩崖造像、再び姿を現す山西省霍州市

    28日、千仏崖摩崖造像の一仏二菩薩龕。中国山西省考古研究院はこのほど、最新の考古学成果として、一部が土砂に埋没していた霍州(かくしゅう)市の千仏崖摩崖(まがい)造像の発掘結果を公表した。同造像は霍州市の南西7キロにある汾河(ふんが)東岸の切り立った崖に彫られている。長さは約30メートルで、最高部は地上約11メートル。崖壁の中央部から北側に層をなして分布しており、密集部分は8層にもなる。山西省考古研究院が今年、北京大学と霍州市文化・観光局と合同で発掘した。同研究院文博館の研究員、白曙璋(はく・しょしょう)氏によると、千仏崖には龕(がん、仏像を納めるための壁面のくぼみ)70カ所余り、造像約300体が暫定的に確認されており、今回の発掘で約3分の1が再び姿を現したという。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004730

  • 2021年12月30日
    (5)土砂に埋もれた摩崖造像、再び姿を現す山西省霍州市

    28日、千仏崖摩崖造像の十一面観音像。中国山西省考古研究院はこのほど、最新の考古学成果として、一部が土砂に埋没していた霍州(かくしゅう)市の千仏崖摩崖(まがい)造像の発掘結果を公表した。同造像は霍州市の南西7キロにある汾河(ふんが)東岸の切り立った崖に彫られている。長さは約30メートルで、最高部は地上約11メートル。崖壁の中央部から北側に層をなして分布しており、密集部分は8層にもなる。山西省考古研究院が今年、北京大学と霍州市文化・観光局と合同で発掘した。同研究院文博館の研究員、白曙璋(はく・しょしょう)氏によると、千仏崖には龕(がん、仏像を納めるための壁面のくぼみ)70カ所余り、造像約300体が暫定的に確認されており、今回の発掘で約3分の1が再び姿を現したという。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004734

  • 2022年07月25日
    (3)創建300年以上、普安寺の摩崖造像を訪ねて遼寧省阜新市

    遼寧省阜新市の海棠山にある摩崖仏。(資料写真)中国遼寧省阜新市の海棠山には1683年創建の普安寺があり、切り立った岩肌に摩崖造像260体余りが刻まれている。完全な状態で残されている仏像は最大で高さ5メートル、小さなものはわずか15センチの大きさで、一部の仏龕(ぶつがん)にはモンゴル文字やチベット文字、サンスクリット文字、漢字などが彫られ、中には彩色画が施されているものもある。300年以上にわたり風雨の浸食を受けてきたが、状態は良く、色彩もはっきりしている。(阜新=新華社記者/劉斌)= 配信日: 2022(令和4)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072510686

  • 2022年07月25日
    (7)創建300年以上、普安寺の摩崖造像を訪ねて遼寧省阜新市

    遼寧省阜新市にある海棠山の谷間に立つ普安寺。(資料写真)中国遼寧省阜新市の海棠山には1683年創建の普安寺があり、切り立った岩肌に摩崖造像260体余りが刻まれている。完全な状態で残されている仏像は最大で高さ5メートル、小さなものはわずか15センチの大きさで、一部の仏龕(ぶつがん)にはモンゴル文字やチベット文字、サンスクリット文字、漢字などが彫られ、中には彩色画が施されているものもある。300年以上にわたり風雨の浸食を受けてきたが、状態は良く、色彩もはっきりしている。(阜新=新華社記者/崔師豪)= 配信日: 2022(令和4)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072510710

  • 2022年07月25日
    (6)創建300年以上、普安寺の摩崖造像を訪ねて遼寧省阜新市

    遼寧省阜新市にある海棠山の崖に刻まれた釈迦牟尼仏像。(資料写真)中国遼寧省阜新市の海棠山には1683年創建の普安寺があり、切り立った岩肌に摩崖造像260体余りが刻まれている。完全な状態で残されている仏像は最大で高さ5メートル、小さなものはわずか15センチの大きさで、一部の仏龕(ぶつがん)にはモンゴル文字やチベット文字、サンスクリット文字、漢字などが彫られ、中には彩色画が施されているものもある。300年以上にわたり風雨の浸食を受けてきたが、状態は良く、色彩もはっきりしている。(阜新=新華社記者/劉斌)= 配信日: 2022(令和4)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072510687

  • 2022年07月25日
    (4)創建300年以上、普安寺の摩崖造像を訪ねて遼寧省阜新市

    遼寧省阜新市にある海棠山の崖に刻まれた観音菩薩像。(資料写真)中国遼寧省阜新市の海棠山には1683年創建の普安寺があり、切り立った岩肌に摩崖造像260体余りが刻まれている。完全な状態で残されている仏像は最大で高さ5メートル、小さなものはわずか15センチの大きさで、一部の仏龕(ぶつがん)にはモンゴル文字やチベット文字、サンスクリット文字、漢字などが彫られ、中には彩色画が施されているものもある。300年以上にわたり風雨の浸食を受けてきたが、状態は良く、色彩もはっきりしている。(阜新=新華社記者/崔師豪)= 配信日: 2022(令和4)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072510683

  • 2022年07月25日
    (1)創建300年以上、普安寺の摩崖造像を訪ねて遼寧省阜新市

    遼寧省阜新市の海棠山にある摩崖仏。(資料写真)中国遼寧省阜新市の海棠山には1683年創建の普安寺があり、切り立った岩肌に摩崖造像260体余りが刻まれている。完全な状態で残されている仏像は最大で高さ5メートル、小さなものはわずか15センチの大きさで、一部の仏龕(ぶつがん)にはモンゴル文字やチベット文字、サンスクリット文字、漢字などが彫られ、中には彩色画が施されているものもある。300年以上にわたり風雨の浸食を受けてきたが、状態は良く、色彩もはっきりしている。(阜新=新華社記者/劉斌)= 配信日: 2022(令和4)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072510731

  • 2022年07月25日
    (2)創建300年以上、普安寺の摩崖造像を訪ねて遼寧省阜新市

    遼寧省阜新市の海棠山にある摩崖仏。(資料写真)中国遼寧省阜新市の海棠山には1683年創建の普安寺があり、切り立った岩肌に摩崖造像260体余りが刻まれている。完全な状態で残されている仏像は最大で高さ5メートル、小さなものはわずか15センチの大きさで、一部の仏龕(ぶつがん)にはモンゴル文字やチベット文字、サンスクリット文字、漢字などが彫られ、中には彩色画が施されているものもある。300年以上にわたり風雨の浸食を受けてきたが、状態は良く、色彩もはっきりしている。(阜新=新華社記者/崔師豪)= 配信日: 2022(令和4)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072510685

  • 2022年07月25日
    (5)創建300年以上、普安寺の摩崖造像を訪ねて遼寧省阜新市

    遼寧省阜新市の海棠山にある摩崖仏。(資料写真)中国遼寧省阜新市の海棠山には1683年創建の普安寺があり、切り立った岩肌に摩崖造像260体余りが刻まれている。完全な状態で残されている仏像は最大で高さ5メートル、小さなものはわずか15センチの大きさで、一部の仏龕(ぶつがん)にはモンゴル文字やチベット文字、サンスクリット文字、漢字などが彫られ、中には彩色画が施されているものもある。300年以上にわたり風雨の浸食を受けてきたが、状態は良く、色彩もはっきりしている。(阜新=新華社記者/劉斌)= 配信日: 2022(令和4)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072510688

  • 1