KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 嵐山花灯路
  • 嵐山公園
  • 嵐山駅
  • 嵐山渓谷
  • 屋外
  • 平成
  • 名勝
  • 紅葉
  • 建物
  • 初夏

「嵐山」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
866
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
866
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    嵐山亀山公園展望台より紅葉眺望

    キーワード:黄葉、屋外、右京区、紅葉、山、秋、川、展望、日本、風景、無人、嵐山、風景メイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:FUMIAKI TAGUCHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030809440

  • -
    嵐山花灯路 竹林ライトアップ

    キーワード:ライトアップ、屋外、右京区、竹林、冬、道、日本、風景、無人、夜、夜景、嵐山花灯路、テーマメイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:FUMIAKI TAGUCHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030809454

  • -
    桜咲く嵐山

    キーワード:サクラ、屋外、家、建物、春、日本、風景、複数、無人、木立、嵐山、テーマメイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000639

  • -
    保津川・清滝川合流点

    保津川下りの船内から北に清滝川を望む。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号79‐15‐0]

    商品コード: 2017081401183

  • -
    保津峡で停泊する屋形船

    保津川渓谷の岩場に停泊する屋形船を撮影する。屋形船に乗った客は徳利と盃を手にして酒宴に興じている。船頭は船の舳先や岩の上に腰掛け、櫂を漕ぐのを止めて休憩している。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐9‐0]

    商品コード: 2017081401247

  • -
    嵐山の三軒茶屋

    嵐山渡月橋北岸西側の三軒茶屋「旗亭」を保津川南岸から北に望む。三軒茶屋は中央部が3層、東部と西部が2層となり、東部と中央部は棟続きとなっている。三軒茶屋の東西両側の保津川岸には、長い屋根付きの床が設けられ、嵐山を鑑賞する構造となっている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号88‐9‐0]

    商品コード: 2017081400722

  • -
    嵐山渡月橋

    嵐山渡月橋を桂川北岸東部から西に遠望する。北岸に植えられた松並木に沿い、遊歩道が設けられ、茶店と思われる小さな民家が姿を見せる。橋上には往来する人の姿が小さく見える。写真の渡月橋は明治25年(1892)の水害で流失した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐39‐0]

    商品コード: 2017081400739

  • -
    嵐山と渡月橋

    キーワード:ピンク、屋外、花、橋、建物、山、山並み、春、渡月橋、日本、風景、無人、嵐山、テーマメイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122901482

  • -
    保津峡

    保津川下りの船内から渓谷の奇岩を撮影する。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。彩色不良のため上部詳細不明。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐101‐0]

    商品コード: 2017080902949

  • -
    保津峡

    保津川下り上流部の船内から下流を向いて撮影する。川の流れが真っ直ぐに伸びているので、撮影場所は請田神社のやや下流附近と想像される。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐104‐0]

    商品コード: 2017080902961

  • -
    保津峡・朝日の瀬

    保津川下りの船内から下流を撮影する。川底には石を入れ沈められた木工沈床堰が流れを堰き止め、船の通路を確保している。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐100‐0]

    商品コード: 2017080902991

  • -
    保津峡を下る小舟

    保津川下りの小舟を上流の船内から撮影する。小舟には人力車が登載され、後継の舟を先導している。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐30‐0]

    商品コード: 2017081002385

  • -
    保津峡

    保津川下りの船内から護岸の奇岩群を望む。左端に岩の上で釣りをしている人の姿が見える。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐108‐0]

    商品コード: 2017080902963

  • -
    保津峡を下る屋形船

    保津川を航行する屋形船を上流南岸から撮影する。南岸の岩場ではシルクハットをかぶった紳士が椅子に向かい合って座り、行楽を楽しんでいる様子。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐29‐0]

    商品コード: 2017081002467

  • -
    保津峡を下る屋形船

    保津川の急流を下る屋形船を下流南岸の岩場の上から撮影する。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号59‐15‐0]

    商品コード: 2017081400601

  • -
    保津川・清滝川合流点

    保津川下りの船内から北に清滝川を望む。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐30‐2]

    商品コード: 2017081002382

  • -
    嵐山

    左手に嵐山を控え、右手の川岸には竹林が茂っている。その竹林が切れた所から向こうに家並みが続いている。岸近くに杭が何本もあり、船がもやってある。=撮影年月日不明、京都、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐48‐0]

    商品コード: 2017080201508

  • -
    嵐山渡月橋

    嵐山渡月橋を北詰から南に望む。背後の山腹には法輪寺が見える。橋の欄干横から着物姿の女性がカメラの方を見つめるなど、人々が往来している様子がうかがえる。北詰の桜の木の下では男性が釣りをしている。写真の渡月橋は明治25年(1892)に水害で流失した。右前に見える石橋は琴聞橋で、後に車折神社御旅所に移築されている。玉村康三郎撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐113‐0]

    商品コード: 2017080903264

  • -
    嵐山の紅葉

    キーワード:黄葉、屋外、右京区、紅葉、産業、自然、秋、森林、日本、無人、嵐山、風景メイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:FUMIAKI TAGUCHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030809439

  • -
    嵐山花灯路 渡月橋と嵐山ライトアップ

    キーワード:ライトアップ、屋外、右京区、橋、建物、渡月橋、冬、日本、風景、無人、嵐山、嵐山花灯路、テーマメイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:FUMIAKI TAGUCHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030809510

  • -
    嵐山の三軒茶屋

    嵐山の三軒茶屋=撮影年月日不明、京都、撮影者:鈴木真一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号41‐20‐0]

    商品コード: 2017080902563

  • -
    嵐山渡月橋

    嵐山渡月橋=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐8‐0]

    商品コード: 2017080400629

  • -
    嵐山の花景

    嵐山の花景=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号111‐85‐0]

    商品コード: 2017081502301

  • -
    保津峡

    保津川下りの船内から下流を撮影する。南岸には大きな岩がむき出しとなっている。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐98‐0]

    商品コード: 2017080902954

  • -
    保津峡で停泊する屋形船

    保津川渓谷の岩場に停泊する屋形船を撮影する。屋形船に乗った客は徳利と盃を手にして酒宴に興じている。船頭は船の舳先や岩の上に腰掛け、櫂を漕ぐのを止めて休憩している。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐3‐0]

    商品コード: 2017081002413

  • -
    嵐山

    キーワード:1隻、屋外、乗り物、人物、人間、川、船、船下り、日本、風景、複数、木立、嵐山、風景メイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122901439

  • -
    桜咲く嵐山

    キーワード:サクラ、ピンク、屋外、花、山、春、日本、風景、複数、無人、嵐山、風景メイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000832

  • -
    嵐山の大堰川紅葉

    キーワード:黄葉、屋外、右京区、紅葉、秋、植物、川、大堰川、日本、風景、無人、嵐山、風景メイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:FUMIAKI TAGUCHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030809480

  • -
    パイナップルの収穫 嵐山パイナップル園

    キーワード:パイナップル、パイナップル畑、横向き、屋外、産業、収穫、女性、上半身、人物、人間、青空、大人、男性、2人、日本、農民、農業、農婦、麦藁帽子、畑、農家、畑仕事、人物メイン写真=撮影日不明、沖縄県、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122901693

  • -
    保津峡に停泊する小舟

    岩場に乗り付けた保津川下りの小舟を上流南岸から撮影する。山腹の森林の多くが刈り取られ、地肌があらわになっている。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号81‐25‐0]

    商品コード: 2017081401386

  • -
    嵐山

    丹波高地の東端に位置し、北西に烏ヶ峰・山上ヶ峰、南東に松尾山がつづく標高380m前後の山。北麓を北から東に保津川が流れる。嵐山の山裾の保津川沿岸で、道に沿って手前に柴垣で囲われた竹林、その向こうに旅館らしき建物が並ぶ。道の端、竹林の前に女性客をのせた人力車があり、その近くに男性が立っている。道の左手は川の船着であろう。その近くに首に手ぬぐいをかけた人影が2人見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号19‐6‐0]

    商品コード: 2017080201672

  • -
    保津峡

    保津川下りの船内から保津川の上流を遠望する。眼下に広がる山並が低いので、亀岡盆地を望んだものか。保津川渓谷は保津峡・嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋付近から嵐山渡月橋附近までの長さ約13kmの峡谷である。愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷を形成して清滝川などの支流と合流し、急流奇岩が連続する景勝地である。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐110‐0]

    商品コード: 2017080902977

  • -
    保津峡を下る屋形船

    保津川を航行する屋形船を下流南岸から撮影する。手前の岩場には小舟が停泊している。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。玉村康三郎撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐5‐0]

    商品コード: 2017081002524

  • -
    Togetsu Bridge at Arashiyama in Yamashiro, from the series Remarkable Views of Bridges in Various Provinces

    Togetsu Bridge at Arashiyama in Yamashiro, from the series Remarkable Views of Bridges in Various Provinces (Shokoku meikyō kiran), 諸國名橋奇覧 山城あらし山吐月橋 , Edo period (1615–1868), ca. 1830, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, 10 3/8 x 15 1/4 in. (26.4 x 38.7 cm), Prints, Katsushika Hokusai (Japanese, Tokyo (Edo) 1760–1849 Tokyo (Edo.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091405672

  • -
    嵐山渡月橋

    嵐山渡月橋=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号111‐84‐0]

    商品コード: 2017081502298

  • -
    嵐山

    丹波高地の東端に位置し、北西に烏ヶ峰・山上ヶ峰、南東に松尾山がつづく標高380m前後の山。北麓を北から東に保津川が流れる。嵐山の山裾の保津川沿岸で、道に沿って手前に柴垣で囲われた竹林、その向こうに旅館らしき建物が並ぶ。道の端、竹林の前に女性客をのせた人力車があり、その近くに男性が立っている。道の左手は川の船着であろう。その近くに首に手ぬぐいをかけた人影が2人見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐3‐0]

    商品コード: 2017080200984

  • -
    嵐山渡月橋

    嵐山渡月橋=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号107‐40‐0]

    商品コード: 2017081501988

  • -
    保津峡

    保津川下り上流部の船内から下流を向いて撮影する。右側が広い川原となっているので、撮影場所は請田神社のやや上流附近と想像される。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐106‐0]

    商品コード: 2017080902968

  • -
    船内から見た保津峡

    保津川下りの船内から保津川渓谷を望む。川の流れは穏やかで、川幅も広いため、場所は亀岡盆地側の上流と想像される。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐97‐0]

    商品コード: 2017080902982

  • -
    嵐山渡月橋

    嵐山渡月橋を桂川北岸東部から西に遠望する。手前北岸には3艘の丸子船が横付けされて停泊し、松並木が姿を見せる。橋南詰には小規模な集落が点在している。写真の渡月橋は明治25年(1892)の水害で流失した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号82‐16‐0]

    商品コード: 2017081401344

  • -
    嵐山温泉地近くの茶店

    嵐山温泉北側の保津川北岸から上流を望む。萱葺の方形屋根の茶店には、壁がなく角材の柱がむき出しとなっている。中には長机と長椅子が置かれ、着物姿の女性が座り休憩している。辺りには植えられたばかりの立木が見える。対岸山腹に見える寺院は妙見堂か。=撮影年月日不明、京都、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号81‐28‐0]

    商品コード: 2017081401345

  • -
    嵐山での舟遊び

    嵐山での舟遊びに興じる人々を撮影する。女性4名が乗船した手前の屋形船では、船頭が櫂を使って船を下流に向かって漕ぎ出している。9名の男性が乗船している奥の屋形船は木陰で停船し、嵐山の景観を鑑賞している様子である。背後の景観は保津川上流部であると想像される。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号88‐46‐0]

    商品コード: 2017081400873

  • -
    桂川

    険しい岩床を露出させる急流を水面近くからとらえている。白い磧がところどころにできている。嵐山の山裾が背景になっている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐40‐0]

    商品コード: 2017080201253

  • -
    嵐山

    嵐山を背景に、広くゆったりとした桂川が流れている。川岸には、3階建てで広い縁をもつ、料理屋らしき建物がある。=撮影年月日不明、京都、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐31‐0]

    商品コード: 2017080201154

  • -
    保津川嵐山

    中ノ島から対岸に櫟谷宗像神社を望む。神社の破風がはっきりと見える。川の手前には、茅葺きの四阿屋が設けられ、台に和服の女性がこしかけている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐32‐0]

    商品コード: 2017080201176

  • -
    京都嵐山

    京都嵐山=明治初期、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号124‐243‐0]

    商品コード: 2017081601487

  • -
    嵐山の大堰川紅葉

    キーワード:1隻、レジャー、黄葉、屋外、右京区、乗り物、紅葉、秋、川、船、大堰川、日本、風景、無人、嵐山、風景メイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:FUMIAKI TAGUCHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030809550

  • -
    嵐山亀山公園展望台より紅葉眺望

    キーワード:黄葉、屋外、右京区、紅葉、山、秋、川、展望、日本、風景、無人、嵐山、風景メイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:FUMIAKI TAGUCHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030809553

  • -
    嵐山花灯路 渡月橋と嵐山ライトアップ

    キーワード:ライトアップ、屋外、右京区、橋、建物、渡月橋、冬、日本、風景、無人、嵐山、嵐山花灯路、テーマメイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:FUMIAKI TAGUCHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030809478

  • -
    嵐山の大堰川紅葉

    キーワード:黄葉、屋外、右京区、紅葉、秋、植物、川、大堰川、日本、風景、無人、嵐山、風景メイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:FUMIAKI TAGUCHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030809489

  • -
    桜咲く嵐山

    キーワード:サクラ、ピンク、屋外、花、橋、建物、春、日本、和風、風景、複数、無人、木立、嵐山、テーマメイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122302466

  • -
    嵐山

    キーワード:1隻、屋外、乗り物、人物、川、船、船下り、日本、嵐山、人物メイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122901434

  • -
    渡月橋上流の嵐山花灯路

    キーワード:屋外、街灯、右京区、橋、嵯峨野、上流、渡月橋、道、日本、風景、無人、夜、夜景、嵐山花灯路、テーマメイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:FUMIAKI TAGUCHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030809567

  • -
    嵐山渡月橋

    嵐山渡月橋を北詰から南に望む。背後の山腹には法輪寺が見える。渡月橋の北詰には牛馬の往来を禁止する標識が建ち、桜の木の下に設けられた茶店には提灯が吊るされている。川上は材木を浮かべた貯木場となり、丸子船が停泊している。写真の渡月橋は明治25年(1892)に水害で流失した。右前に見える石橋は琴聞橋で、後に車折神社御旅所に移築された。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号88‐6‐0]

    商品コード: 2017081400725

  • -
    保津峡を下る小舟

    保津川下りの小舟を上流北岸から撮影する。山腹の森林の多くが刈り取られ、地肌があらわになっている。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号42‐23‐0]

    商品コード: 2017080902675

  • -
    嵐山渡月橋

    嵐山渡月橋=撮影年月日不明、京都、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐2‐0]

    商品コード: 2017080400490

  • -
    嵐山

    キーワード:屋外、乗り物、山、川、船、停泊、日本、風景、複数、無人、嵐山、風景メイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122902234

  • -
    嵐山の三軒茶屋

    嵐山の三軒茶屋=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号24‐3‐0]

    商品コード: 2017080400522

  • -
    王子橋(京都嵐山渡月橋か?)

    「王子橋」という名称の橋は東京にはない。風景から見ても東京とは考えられない。「王子橋」のタイトルが正しければ、全国にいくつかある同名の橋の中では、周囲の地形からみて、兵庫県御津町を流れる揖斐川に架かる「王子橋」の可能性が高いと思われる。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号90‐33‐0]

    商品コード: 2017081400795

  • -
    嵐山

    嵐山を背景に、広い桂川の流れが見える。山をひかえた川岸に船が数艘つながれている。屋根のある船と無い船がある。川を横切るように網代が設けられている。杭を並べて、その透き間に簀を取り付け、鮎や氷魚を捕るしかけで川岸の店では、そうして捕った魚を料理して食べさせた。川面は、網代の透き間や、ところどころで白い瀬を作っている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐38‐0]

    商品コード: 2017080201309

  • -
    嵐山花灯路 渡月橋と嵐山ライトアップ

    キーワード:ライトアップ、屋外、右京区、橋、建物、渡月橋、冬、日本、風景、無人、嵐山、嵐山花灯路、テーマメイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:FUMIAKI TAGUCHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030809554

  • -
    嵐山花灯路 渡月橋と嵐山ライトアップ

    キーワード:ライトアップ、屋外、右京区、橋、建物、渡月橋、冬、日本、風景、無人、嵐山、嵐山花灯路、テーマメイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:FUMIAKI TAGUCHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030809469

  • -
    嵐山花灯路 竹林ライトアップ

    キーワード:ライトアップ、屋外、右京区、竹林、冬、道、日本、風景、無人、夜、夜景、嵐山花灯路、テーマメイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:FUMIAKI TAGUCHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030809474

  • -
    嵐山花灯路 渡月橋と嵐山ライトアップ

    キーワード:ライトアップ、屋外、右京区、橋、建物、渡月橋、冬、日本、風景、無人、嵐山、嵐山花灯路、テーマメイン写真=撮影日不明、京都府京都市、クレジット:FUMIAKI TAGUCHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030809493

  • -
    嵐山

    左手に嵐山を控え、右手の川岸には竹林が茂っている。その竹林が切れた所から向こうに家並みが続いている。岸近くに杭が何本もあり、船がもやってある。=撮影年月日不明、京都、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号15‐44‐0]

    商品コード: 2017080201574

  • -
    嵐山保津川を下る筏

    嵐山を保津川南岸より満開の桜の枝越しに東に遠望する。幾重にもつなげられ急流の保津川渓谷を下ってきた筏が、流れが穏やかとなる嵐山にて保津川南岸に集結し、貯木場となっている。左背後には小さく渡月橋が見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐119‐0]

    商品コード: 2017080903280

  • -
    保津峡を下る屋形船

    保津川を航行する屋形船を下流南岸から撮影する。手前の岩場には小舟が停泊している。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。玉村康三郎撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐120‐0]

    商品コード: 2017080903246

  • -
    保津峡

    保津川下り上流部の船内から下流を向いて撮影する。流れが急激に左に曲がっているので、撮影場所は請田神社附近と想像される。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐105‐0]

    商品コード: 2017080902965

  • -
    保津峡

    保津川下りの船内から渓谷の奇岩を撮影する。岩には緑が茂り小さな花が咲いている。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐103‐0]

    商品コード: 2017080902923

  • -
    保津峡

    保津川下りの船内から下流を撮影する。川の流れは急となり、両岸には大きな岩が目立つ。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐99‐0]

    商品コード: 2017080902956

  • -
    保津峡と京都鉄道保津川鉄橋

    保津川下りの船内から上流の京都鉄道保津川鉄橋を望む。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。写真は京都鉄道嵯峨・園部間が開通した1899年8月以後の撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐107‐0]

    商品コード: 2017080902921

  • -
    嵐山保津川水面に浮かぶ遊覧船

    嵐山を保津川北岸より南に望む。川面には遊覧舟の小舟や屋形船が数艘浮かんでいる。川の長れは穏やかで、水量は比較的少ない。対岸には遊歩道が設けられ、植生されてまもない小さな並木が見える。右端には鳥居が姿をのぞかせる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐4‐0]

    商品コード: 2017081002369

  • -
    保津峡

    保津川下りの船内から渓谷の奇岩を撮影する。岩には緑が茂り小さな花が咲いている。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐102‐0]

    商品コード: 2017080902966

  • 1904年12月31日
    保津峡で魚釣をする男性

    保津峡にて魚釣をする男性を撮影する。頭を手拭いでおおった釣り人は長い釣り竿を伸ばし、激しい急流に糸をたらして釣りに勤しんでいる。保津峡は嵐峡とも呼ばれ、亀岡保津橋附近から嵐山渡月橋附近までの保津川約13kmの峡谷である。急流奇岩が連続する景勝地で、愛宕山・老坂間の標高約400mの山地をV字形に刻んだ深い峡谷に、清滝川などの支流が合流している。=1904(明治37)年、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐10‐0]

    商品コード: 2017081501544

  • 1904年12月31日
    保津峡を下る筏

    保津川の急流を下る筏を下流北岸から撮影する。対岸では岩場に腰掛けて船頭達がその様子を見つめている。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。1904年イギリス人写真家H・G・ポンティングの撮影か。=1904(明治37)年、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐26‐0]

    商品コード: 2017081501769

  • 1904年12月31日
    保津峡を下る屋形船

    保津川を航行する屋形船を上流北岸から撮影する。右山腹に京都鉄道軌道とトンネル口が見える。保津川下りとは亀岡保津町から嵐山渡月橋上流までの行程約16kmの船による川下りである。近世には丹波亀岡から京都へ木材や物資を輸送した舟運が、明治後期に京都鉄道の開通により衰え、行楽化した。写真は京都鉄道嵯峨・園部間が開通した1899年8月以後の撮影。=1904(明治37)年、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐11‐0]

    商品コード: 2017081501485

  • 1930年08月01日
    日本電報通信社資料

    関西地方の暴風雨被害。冠水した京都・嵐山の渡月橋=1930(昭和5)年8月1日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930080100012

  • 1930年08月01日
    日本電報通信社資料

    関西地方の暴風雨被害。濁流に洗われる京都嵐山の渡月橋=1930(昭和5)年8月1日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930080200002

  • 1947年10月04日
    スケッチ239 嵐山

    多くの人が訪れる秋本番の嵐山=1947(昭和22)年10月4日、京都・嵐山

    商品コード: 2016081901050

  • 1947年10月04日
    スケッチ240 嵐山

    秋本番の嵐山を楽しむ家族連れ=1947(昭和22)年10月4日、京都・嵐山

    商品コード: 2016081901052

  • 1964年05月17日
    車折神社の三船祭り

    キーワード:車折神社の三船祭り、嵐山大堰川=1964(昭和39)年5月17日、京都府京都市、クレジット:京都新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020703319

  • 1975年08月30日
    “京の名勝”真っ二つに

    桂川にかかる渡月橋にも“分区反対”の立て看板。現在、嵐山と嵯峨野はともに右京区。同区の人口が10年で約2倍にふくれ上がったため、京都市は桂川を境に2区に分断することを決め、嵐山の一部は新しくできる西区に編入される。「嵯峨野と嵐山は一体。天下の名勝が台なし」-と地元側はカンカン。秋の観光シーズンを迎えて、分割論争はエスカレート気味=1975(昭和50)年8月30日、京都市嵐山

    商品コード: 2013030400460

  • 1976年06月30日
    嵯峨天竜寺の弁天堂を焼く

    全焼した京都・嵐山の天竜寺境内にある弁天堂。開山の夢想国師が彫ったとされる本尊の木彫り弁財天像や約600年前の仏像、大般若経の経本600巻などが焼失=1976(昭和51)年6月30日、京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町

    商品コード: 2013112100067

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1976年06月30日
    弁天堂の焼け跡 嵯峨天龍寺の弁天堂を焼く

    全焼した京都・嵐山の天龍寺境内にある弁天堂。開山の夢窓国師が彫ったとされる本尊の木彫り弁財天像や、約600年前の仏像、大般若経の経本600巻などが焼失=1976(昭和51)年6月30日、京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第7巻使用画像(P84)

    商品コード: 2015030300359

  • 1976年07月11日
    声援に応える尾崎 関東オープンゴルフ最終日

    通算6アンダーで1年ぶりに優勝を飾り、ファンの声援に応える尾崎将司=1976(昭和51)年7月11日、嵐山CC

    商品コード: 2015062900286

  • 1977年06月28日
    縫田曄子さん 国立婦人教育館長に縫田氏

    抱負を語る縫田曄子(ぬいた・ようこ)さん。埼玉県比企郡嵐山町に開館予定の文部省国立婦人教育会館の初代館長に決まった縫田さん。美濃部亮吉東京都知事の要請でNHK解説委員から都民生局長に就任、約4年間、都では初めての女性局長として福祉行政の推進役をつとめた=1977(昭和52)年5月28日、文部省(52年内地 4895)(*ネガケース表書きの撮影日は「5月28日」になっている)

    商品コード: 2014090900494

  • 1978年03月29日
    「疾風」京都の美術館へ

    京都嵐山美術館(京都市右京区)で4月中旬から一般公開される名戦闘機「疾風(はやて)」。太平洋戦争末期の名戦闘機といわれ、わが国にただ1機残っている「疾風」が同美術館に引き取られることが決まり、同機を生産した富士重工業(かつての中島飛行機会社)宇都宮製作所で解体作業が始まった

    商品コード: 2015060800195

  • 1978年05月27日
    艇体をみせた「海竜」 人間魚雷「海竜」が浮上

    艇体をみせた特殊潜航艇「海竜」 33年ぶりに24メートルの海底から浮上した“幻の人間魚雷”「海竜」。司令塔下に翼がある。歴史の貴重な“証人”として京都嵐山美術館に永久保存される=1978(昭和53)年5月27日、静岡県熱海市・網代湾(53年内地 4820)

    商品コード: 2015062900699

  • 1978年06月10日
    「零戦」と「疾風」 旧陸海軍の両雄そろい踏み

    翼を並べる旧海軍のエース「零戦」(手前)と旧陸軍のエース「疾風(はやて)」。33年ぶりの勇姿にオールドファンらの郷愁をかきたてている。疾風は旧陸軍の最新鋭機として製作、フィリピン、沖縄に出撃した。戦後米軍に接収され1機だけ残っていたが、元特攻隊員が買い戻し、同機を製作した富士重工業に保管されていたものを京都嵐山美術館が譲り受けた=1978(昭和53)年6月10日、京都市右京区の京都嵐山美術館

    商品コード: 2015062200388

  • 1979年05月13日
    廖承志氏、「雨中嵐山」と対面

    故周恩来首相の詩碑「雨中嵐山」と対面、碑文を見せる「中日友好の船」訪日団の廖承志団長(中央左)。碑文は廖承志氏が揮ごうしたもの=1979(昭和54)年5月13日、京都・嵐山の亀山公園

    商品コード: 2015051400449

  • 1979年05月20日
    嵐山の「三船祭」

    平安貴族の船遊びを再現する車折神社の神事「三船祭」=1979(昭和54)年5月20日、京都・嵐山

    商品コード: 2015061700175

  • 1980年05月31日
    華首相、初夏の京情緒を満喫

    晴れ着姿の娘さんから歓迎のコーラスを聞く右から華国鋒首相、谷牧副首相、黄華外相=京都・嵐山で(1980年5月27日~6月1日華国鋒首相来日)

    商品コード: 1980053100021

  • 1980年05月31日
    華首相、京都を満喫

    雨の中、感慨深げに故周恩来元首相の「雨中嵐山」の詩碑を見る中国の華国鋒首相(右端)=1980(昭和55)年5月31日、京都・嵐山の亀山公園(55年内地4952)

    商品コード: 2018041700341

  • 1982年11月05日
    (あらしやま・こうざぶろう) 嵐山光三郎

    インタビューに答える嵐山光三郎さん=1982(昭和57)年11月5日

    商品コード: 1982110500008

  • 1983年04月03日
    (ひぐち・ひさこ) 樋口久子

    女子プロゴルファー、紀文レディースで優勝、通算60勝を達成、1983(昭和58)年4月3日撮影、嵐山CCにて

    商品コード: 1983040300004

  • 1983年04月03日
    (ひぐち・ひさこ) 樋口久子

    女子プロゴルファー、紀文レディースで優勝、通算60勝を達成、1983(昭和58)年4月3日撮影、嵐山CCにて

    商品コード: 1983040300005

  • 1983年04月03日
    樋口が60勝達成 紀文レディース最終日

    最終ホールでバーディーをとり待望の60勝目を達成、うれしそうにギャラリーにボールを投げる樋口久子=1983(昭和58)年4月3日、埼玉県の嵐山CC

    商品コード: 2019092501542

  • 1983年04月03日
    カップにキスする樋口 紀文レディース最終日

    待望の60勝目を達成し、うれしそうに優勝カップにキスする樋口久子=1983(昭和58)年4月3日、埼玉県の嵐山CC

    商品コード: 2019092501586

  • 1983年04月12日
    (あらしやま・こうざぶろう) 嵐山光三郎

    シンポジウムで発言する嵐山光三郎さん=1983(昭和58)年4月12日

    商品コード: 1983041200008

  • 1983年07月13日
    (よこざわ・たけし) 横沢彪

    インタビューに答える横沢彪さん=1983(昭和58)年7月13日(嵐山光三郎同写あり)

    商品コード: 1983071300016

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...