KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ねずみ算
  • アラーム
  • ピーク
  • 医療崩壊
  • 川崎市多摩区
  • 患者
  • 新型コロナウイルス
  • 治療
  • 状況
  • 現状

「川崎市立多摩病院」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年08月11日
    川崎のコロナ病棟 病床逼迫、ピーク見えない

    新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、中等症や重い症状の患者を受け入れる病院では病床の逼迫(ひっぱく)が続いている。川崎市多摩区の川崎市立多摩病院では、今月上旬に30床に増床したが常に満床に近い状況で、ワクチン接種が進んでいない30代から50代の患者が目立つ。院内では患者の血中酸素飽和度の低下を示すアラームが絶え間なく鳴り響き、防護服を着用した看護師らが休む間もなく病棟内を動いていた。治療に当たる本橋伊織医師(36)は「先週末くらいからまさしく『医療崩壊』の状況、患者がねずみ算式に増えピークが見えない」と厳しい現状を嘆いた=11日午後

    商品コード: 2021081107878

  • 2021年08月11日
    川崎のコロナ病棟 病床逼迫、ピーク見えない

    新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、中等症や重い症状の患者を受け入れる病院では病床の逼迫(ひっぱく)が続いている。川崎市多摩区の川崎市立多摩病院では、今月上旬に30床に増床したが常に満床に近い状況で、ワクチン接種が進んでいない30代から50代の患者が目立つ。院内では患者の血中酸素飽和度の低下を示すアラームが絶え間なく鳴り響き、防護服を着用した看護師らが休む間もなく病棟内を動いていた。治療に当たる本橋伊織医師(36)は「先週末くらいからまさしく『医療崩壊』の状況、患者がねずみ算式に増えピークが見えない」と厳しい現状を嘆いた=11日午後

    商品コード: 2021081107883

  • 2021年08月11日
    川崎のコロナ病棟 病床逼迫、ピーク見えない

    新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、中等症や重い症状の患者を受け入れる病院では病床の逼迫(ひっぱく)が続いている。川崎市多摩区の川崎市立多摩病院では、今月上旬に30床に増床したが常に満床に近い状況で、ワクチン接種が進んでいない30代から50代の患者が目立つ。院内では患者の血中酸素飽和度の低下を示すアラームが絶え間なく鳴り響き、防護服を着用した看護師らが休む間もなく病棟内を動いていた。治療に当たる本橋伊織医師(36)は「先週末くらいからまさしく『医療崩壊』の状況、患者がねずみ算式に増えピークが見えない」と厳しい現状を嘆いた=11日午後

    商品コード: 2021081107885

  • 2021年08月11日
    川崎のコロナ病棟 病床逼迫、ピーク見えない

    新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、中等症や重い症状の患者を受け入れる病院では病床の逼迫(ひっぱく)が続いている。川崎市多摩区の川崎市立多摩病院では、今月上旬に30床に増床したが常に満床に近い状況で、ワクチン接種が進んでいない30代から50代の患者が目立つ。院内では患者の血中酸素飽和度の低下を示すアラームが絶え間なく鳴り響き、防護服を着用した看護師らが休む間もなく病棟内を動いていた。治療に当たる本橋伊織医師(36)は「先週末くらいからまさしく『医療崩壊』の状況、患者がねずみ算式に増えピークが見えない」と厳しい現状を嘆いた=11日午後

    商品コード: 2021081107881

  • 1