KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 川端康成文学館
  • 昭和
  • 作家
  • 自宅
  • 内地
  • 古井由吉
  • 本名
  • ホテル
  • 中央
  • 原点

「川端康成」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
228
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
228
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 1968年10月24日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞=1968(昭和43)年10月18日撮影

    商品コード: 2006021500086

  • 1968年11月28日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞=1968(昭和43)年11月28日撮影、スウェーデン大使館レセプション、高松宮夫妻同写

    商品コード: 2003050700081

  • 1966年06月11日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、鎌倉の自宅=1966(昭和41)年6月11日撮影

    商品コード: 2003051000095

  • 1954年05月08日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞、斜、1954(昭和29)年5月8日撮影、6*6

    商品コード: 1954050800004

  • 1968年12月03日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞=1968(昭和43)年12月3日撮影、ノーベル賞受賞のため夫妻で羽田出発(43年内地5668)

    商品コード: 2003050700077

  • 1971年04月02日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、ノーベル文学賞受賞=1971(昭和46)年4月2日撮影

    商品コード: 2005082900079

  • 1971年04月16日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞=1972(昭和47)年4月16日・逗子マリーナマンションの浴室でガス自殺=1971(昭和46)年4月16日撮影

    商品コード: 2002101100192

  • 1968年11月29日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞=1968(昭和43)年11月29日撮影、夫人、佐藤首相夫妻、サイデンステッカーと

    商品コード: 2007051600217

  • 1964年04月09日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞=1964(昭和39)年3月6日撮影

    商品コード: 2006110100026

  • 1968年10月18日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞、1968(昭和43)年10月18日撮影、自宅にて、和服各種あり

    商品コード: 1968101800002

  • 1961年11月04日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞、1961(昭和36)年11月4日撮影、6*9、時の人、昭和37年10月30日

    商品コード: 1961110400004

  • 1968年10月18日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞、1968(昭和43)年10月18日撮影、自宅にて、和服各種あり

    商品コード: 1968101800001

  • 1952年06月25日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞、1950(昭和27)年6月25日撮影、恩賜芸術院賞受賞、左は中山魏、右は加藤顕清、内5761

    商品コード: 1952062500014

  • 1959年05月29日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞、1959(昭和34)年5月29日撮影、自宅で

    商品コード: 1959052900001

  • 1950年08月05日
    川端康成

    作家の川端康成=1950(昭和25)年8月5日(25年内地番号なし)

    商品コード: 2013121900351

  • 1968年10月18日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞=1968(昭和43)年10月18日撮影

    商品コード: 2006021500084

  • 1969年01月06日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    1969(昭和44)年1月6日、スウェーデンより羽田に帰国し会見する川端康成氏(作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞)

    商品コード: 2003050700079

  • 1959年05月29日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、1959(昭和34)年5月29日撮影、鎌倉の自宅で

    商品コード: 1959052900002

  • 1959年12月07日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、1959(昭和34)年12月7日撮影

    商品コード: 1959111400003

  • 1971年10月26日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、志賀直哉葬儀にて、1971(昭和46)年10月26日撮影

    商品コード: 1971102600003

  • 1997年08月15日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞、斜、左

    商品コード: 1997081500131

  • 1964年03月06日
    (かわばた・やすなり 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞、1964(昭和39)年3月6日撮影、口を開ける、川口松太郎同写

    商品コード: 1964030600003

  • 1966年06月14日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞、1966(昭和41)年6月14日撮影、和服、フォト

    商品コード: 1966061400001

  • 1969年06月24日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞、全、1969(昭和44)年6月24日撮影、ハワイより帰る

    商品コード: 1969062400003

  • 2009年03月02日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、1968年ノーベル文学賞受賞、1971・昭和46年3月24日撮影

    商品コード: 2009030200091

  • 1970年03月25日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞=1970(昭和45)年3月25日撮影

    商品コード: 2007080200021

  • 1966年05月25日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、1966(昭和41)年5月25日撮影

    商品コード: 1966052500004

  • 1965年02月09日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、1965(昭和40)年2月9日撮影、6*6

    商品コード: 1965020900004

  • 1971年04月08日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞=1971(昭和46)年4月2日撮影

    商品コード: 2003050700063

  • 1968年12月10日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    ノーベル賞授賞式での記念撮影=1968(昭和43)年12月、スウェーデンのストックホルム(作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞)

    商品コード: 2003051000101

  • 1948年10月27日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞、1948(昭和23)年10月27日撮影

    商品コード: 1948102700004

  • 1957年08月15日
    (かわばた・やすなり) 川端康成

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞、1957(昭和32)年8月15日撮影

    商品コード: 1957081500002

  • 2014年04月10日
    ノーベル賞作家の死に衝撃 川端康成氏が自殺

    1972(昭和47)年4月16日、ノーベル賞作家の川端康成氏が神奈川県逗子市の仕事場マンションでガス自殺した。遺書は発見されず動機は不明、72歳だった。「伊豆の踊子」「雪国」などで幅広い読者を持つ日本の代表的作家の自殺は内外に衝撃を与えた。翌日、佐藤栄作首相(右)が弔問に訪れた。

    商品コード: 2014041000407

  • 1972年04月17日
    自宅へ向かう遺体 川端康成氏が自殺

    逗子マリーナマンションから自宅へ運ばれる川端康成氏の遺体=1972(昭和47)年4月17日、逗子市小坪

    商品コード: 2008121000382

  • 1972年04月17日
    駆けつけた立原正秋氏 川端康成氏が自殺

    テレビで悲報を知り逗子マリーナマンションに駆けつけた立原正秋氏(中央和服)=1972(昭和47)年4月17日、逗子市小坪

    商品コード: 2008121000355

  • 1972年04月17日
    自宅とマリーナマンション 川端康成氏が自殺

    川端康成さんが自殺した逗子マリーナマンション(上方1)と川端康成邸(手前中央2)=1972(昭和47)年4月17日、鎌倉市上空(マンションと河端邸の位置を明示した写真説明)

    商品コード: 2009020900123

  • 1972年05月27日
    川端康成氏の葬儀

    遺影を前に弔辞を述べる佐藤首相、1972(昭和47)年5月27日、葬儀、内3495・6(昭和47年ニュース、川端康成氏、自殺、逗子マリーナマンションの浴室で)

    商品コード: 1972052700002

  • 1972年04月16日
    川端康成氏が自殺

    逗子マリーナマンションから自宅へ運び出される川端康成氏の遺体、1972(昭和47)年4月17日、昭和47年内地2522・2523・2549・2550・2551・2556・2558・2561(昭和47年ニュース、川端康成氏、自殺、逗子マリーナマンションの浴室で)

    商品コード: 1972041600002

  • 1969年01月06日
    川端康成氏帰国

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞、1969(昭和44)年1月6日撮影、羽田で帰国の記者会見、内134

    商品コード: 1969010600001

  • 1972年05月27日
    故川端康成氏葬儀

    告別式であいさつする左から芹沢光治良氏、秀子未亡人、娘婿の香男里氏=1972(昭和47)年5月27日、青山葬儀所

    商品コード: 2003122000788

  • 1972年05月27日
    故川端康成氏葬儀

    告別式で献花する一般参列者=1972(昭和47)年5月27日、青山葬儀所

    商品コード: 2003122000787

  • 1972年04月17日
    自宅とマリーナマンション 川端康成氏が自殺

    川端康成さんが自殺した逗子マリーナマンション(上方)と川端康成邸(手前中央)=1972(昭和47)年4月17日、鎌倉市上空

    商品コード: 2008121000370

  • 1972年04月17日
    玄関の報道陣 川端康成氏が自殺

    駆けつけた報道陣で慌ただしい川端邸の門前=1972(昭和47)年4月17日、鎌倉市長谷

    商品コード: 2008121000371

  • 1972年04月17日
    絶筆 川端康成氏が自殺

    絶筆となった「岡本かの子全集」の推薦文1、2枚目=1972(昭和47)年4月17日

    商品コード: 2008121000372

  • 1972年04月17日
    文部大臣あての手紙 川端康成氏が自殺

    1972(昭和47)年3月24日、日本ペンクラブ専務理事の阿川弘之氏から高見三郎文相に手渡された川端康成氏の陳情の手紙。日本ペンクラブ主催で開催する日本文化研究国際会議に、財界から集める寄付金を免税にしてほしいという陳情文=1972(昭和47)年4月17日

    商品コード: 2008121000375

  • 1972年04月17日
    しめやかにお通夜 川端康成氏が自殺

    文豪川端康成氏をしのび焼香する人々の列が絶えない川端邸=1972(昭和47)年4月17日、鎌倉市長谷

    商品コード: 2008121000378

  • 1972年04月17日
    川端邸全景 川端康成氏が自殺

    川端邸全景=1972(昭和47)年4月17日、鎌倉市長谷

    商品コード: 2008121000381

  • 1972年04月17日
    川端康成氏が自殺

    弔問に駆けつけた今東光氏=1972(昭和47)年4月17日午前1時10分、鎌倉市長谷の自宅

    商品コード: 2008121000353

  • 1972年04月17日
    佐藤首相が弔問 川端康成氏が自殺

    通夜の行われている川端康成邸を弔問した佐藤栄作首相=1972(昭和47)年4月17日、鎌倉市長谷(47年内地2557)

    商品コード: 2009020500048

  • 2015年02月09日
    文部大臣あての陳情書 川端康成氏が自殺

    前月24日、日本ペンクラブ専務理事の阿川弘之氏から高見三郎文相に手渡された川端康成氏の陳情書。日本ペンクラブ主催で開催する日本文化研究国際会議に、財界から集める寄付金を免税にしてほしいという内容だった=1972(昭和47)年4月17日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第6巻使用画像(P121)

    商品コード: 2015020900369

  • 1972年04月17日
    慌ただしい自宅前 川端康成氏が自殺

    関係者の出入りや報道陣で慌ただしい鎌倉市の自宅前=1972(昭和47)年4月17日午前1時10分

    商品コード: 2008121000354

  • 1972年04月17日
    417号室入り口 川端康成氏が自殺

    川端康成氏が自殺した逗子マリーナマンションの417号室入り口=1972(昭和47)年4月17日、逗子市小坪

    商品コード: 2008121000357

  • 1972年04月18日
    自宅出るひつぎ 川端康成氏が自殺

    文壇の人たちに運ばれ自宅を出る川端康成氏のひつぎ=1972(昭和47)年4月18日、鎌倉市長谷の自宅前

    商品コード: 2008121000383

  • 1972年04月17日
    川端康成氏が自殺

    川端康成氏が倒れていた逗子マリーナマンション417号室の洗面所=1972(昭和47)年4月17日、逗子市小坪

    商品コード: 2008121000351

  • 1972年04月17日
    手紙読む文部大臣 川端康成氏が自殺

    1972(昭和47)3月24日に届けられた川端康成氏の陳情の手紙を読む高見三郎文相=1972(昭和47)年4月17日、文部省大臣室

    商品コード: 2008121000376

  • 1972年04月16日
    川端康成の手紙

    手紙、自死直前の3月24日、阿川弘之氏から高見文相に手渡されたもの、1972(昭和47)年4月17日撮影、(内2552)(昭和47年ニュース、川端康成氏、自殺、逗子マリーナマンションの浴室で)

    商品コード: 1972041600003

  • 2011年04月07日
    ノーベル賞作家の死に衝撃 川端康成氏が自殺

    1972(昭和47)年4月16日、ノーベル賞作家の川端康成氏が、神奈川県逗子市の仕事場マンションでガス自殺した。遺書は発見されず動機は不明、72歳だった。「伊豆の踊子」「雪国」などで幅広い読者を持つ日本の代表的作家の自殺は内外に衝撃を与えた。翌日、佐藤栄作首相(右)が弔問に訪れた。

    商品コード: 2011040700240

  • 1972年05月27日
    故川端康成氏葬儀

    弔辞を読む佐藤首相=1972(昭和47)年5月27日、青山葬儀所

    商品コード: 2003122000786

  • 1972年04月16日
    自宅に向かう遺体 川端康成氏が自殺

    逗子マリーナマンションから自宅に運ばれる川端康成氏の遺体=1972(昭和47)年4月16日、逗子市小坪

    商品コード: 2008121000350

  • 1972年04月17日
    悲しみの家族 川端康成氏が自殺

    通夜の席、突然の死で深い悲しみにつつまれた秀子夫人(左)と養女の麻紗子さん=1972(昭和47)年4月17日、鎌倉市長谷の川端邸

    商品コード: 2008121000379

  • 1972年04月17日
    逗子マリーナマンション 川端康成氏が自殺

    川端康成氏がガス自殺した逗子マリーナマンションの417号室(矢印)=1972(昭和47)年4月17日、逗子市小坪

    商品コード: 2008121000356

  • 1972年04月17日
    岡本かの子の2枚目 川端康成氏が自殺

    絶筆となった「岡本かの子全集」の推薦文2枚目全文=1972(昭和47)年4月17日

    商品コード: 2008121000377

  • 1972年04月18日
    見送る市民 川端康成氏が自殺

    鎌倉市民に見守られ、住み慣れた自宅を離れる川端康成さんを乗せた霊きゅう車=1972(昭和47)年4月18日、鎌倉市長谷

    商品コード: 2008121000384

  • 1972年04月17日
    近況語る林房雄氏 川端康成氏が自殺

    川端氏の近況を語る林房雄氏=1972(昭和47)年4月17日午前零時、鎌倉市長谷公会堂

    商品コード: 2008121000352

  • 2018年06月09日
    川端康成生誕記念展

    「川端康成文学館」が開催している生誕月記念企画展=大阪府茨木市

    商品コード: 2018060900317

  • 2019年07月10日
    サイデンステッカー 紫式部に近い川端康成

    川端康成(右から2人目、その隣は夫人)のノーベル文学賞受賞祝賀パーティーであいさつするE・G・サイデンステッカーさん(右端)。同賞授賞式にもスピーチの通訳として川端に同行した。左端の2人は佐藤栄作首相夫妻=1968年11月29日、東京都内のホテル

    商品コード: 2019071001334

  • 1972年11月11日
    川端康成記念宅開設

    作家、未亡人、1972(昭和47)年11月11日

    商品コード: 1972111100011

  • 1969年10月26日
    (かわばた・やすなり) 川端康成文学碑できる

    作家、日本ペンクラブ会長、ノーベル文学賞受賞、1969(昭和44)年10月26日撮影、川端文学碑前で、内5463

    商品コード: 1969102600001

  • 2012年02月19日
    家庭雑誌「団欒」 川端康成「初掲載」の文章

    家庭雑誌「団欒」の大正6年3月号。川端康成が旧制中学時代に執筆した文章が掲載されている

    商品コード: 2012021900290

  • 2012年02月19日
    掲載された川端康成の文章 川端康成「初掲載」の文章

    家庭雑誌「団欒」の大正6年3月号に掲載された、川端康成が旧制中学時代に執筆した文章

    商品コード: 2012021900292

  • 1968年10月18日
    川端康成氏にノーベル文学賞

    書店に設けられたノーベル文学賞に決まった川端康成氏の著作コーナー=1968(昭和43)年10月18日、東京・新宿

    商品コード: 2011061700152

  • 1968年10月17日
    川端康成氏にノーベル賞

    受賞を聞いて駆けつけた来客の応対をする川端康成氏と秀夫人(左)=1968(昭和43)年10月17日、神奈川県・鎌倉長谷の自宅(1968年国内十大ニュース4)

    商品コード: 2003071600227

  • 2002年12月11日
    見つかった直筆書 川端康成の直筆書を寄贈

    見つかった作家川端康成が墨で書いた文章の原本=11日午後、徳島市の県立文学書道館

    商品コード: 2002121100157

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年04月09日
    岡本かの子の未公開書簡 川端康成との交流つづる

    岡本かの子が川端康成にあてたはがき=9日午後、茨城県近代美術館

    商品コード: 2010040900390

  • 1968年10月18日
    駐日スウェーデン大使が伝達 川端康成氏ノーベル賞受賞

    ノーベル賞授賞の伝達に訪れたアルムクビストン駐日スウェーデン大使(右手前)をにこやかに迎え、自著に署名する川端康成氏。正面は秀子夫人。左端は画家の有島生馬氏=1968(昭和43)年10月18日、神奈川県鎌倉市長谷の川端邸(43年内地 4903)

    商品コード: 1968101850001

  • 1968年10月18日
    川端康成氏にノーベル文学賞

    ノーベル文学賞に決まった川端康成氏(左)を祝福する三島由紀夫氏=1968(昭和43)年10月18日、神奈川県鎌倉市の川端邸

    商品コード: 2011061700150

  • 1968年12月03日
    川端康成氏にノーベル文学賞

    授賞式出席のため出発する川端康成夫妻=1968(昭和43)年12月3日、羽田空港

    商品コード: 2011062800285

  • 1968年10月17日
    駐日スウェーデン大使が伝達 川端康成氏ノーベル賞受賞

    ノーベル賞授賞の伝達に訪れたアルムクビストン駐日スウェーデン大使(右手前)をにこやかに迎え、自著に署名する川端康成氏。正面は秀子夫人。左端は画家の有島生馬氏=1968(昭和43)年10月18日、神奈川県鎌倉市長谷の川端邸(43年内地 4903)

    商品コード: 1968101700002

  • 2019年05月03日
    宮崎観光ホテル 川端康成愛した客室保存へ

    川端康成がNHK連続テレビ小説「たまゆら」の取材で滞在した宮崎観光ホテル(右)=4月22日、宮崎市

    商品コード: 2019050300353

  • 2012年02月19日
    川端康成 川端康成「初掲載」の文章

    川端康成

    商品コード: 2012021900277

  • 2012年02月19日
    宮崎尚子・尚絅大助教 川端康成「初掲載」の文章

    宮崎尚子・尚絅大助教

    商品コード: 2012021900291

  • 02:18.73
    1968年12月31日
    川端康成ノーベル賞授賞

    キーワード:川端康成、ノーベル文学賞、ノーベル賞、授賞式、晩餐会、文化、文学賞=製作年:1968(昭和43)年12月、スウェーデン・ストックホルム、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900218

  • 2003年11月13日
    川端康成撮影の写真初公開

    川端康成

    商品コード: 2003111300100

  • 2010年09月02日
    日本ペンの歴史を紹介 川端康成の直筆稿など展示

    「日本ペンクラブ75年のあゆみ」で展示される川端康成の直筆原稿=2日、東京都新宿区の早稲田大

    商品コード: 2010090200399

  • 1968年10月18日
    川端康成氏にノーベル文学賞

    庭を歩くノーベル文学賞に決まった川端康成氏=1968(昭和43)年10月18日、神奈川県鎌倉市の川端邸

    商品コード: 2011061700151

  • 1968年12月05日
    川端康成氏にノーベル文学賞

    発表された川端康成氏のノーベル文学賞受賞記念メダル。左が表、右が裏

    商品コード: 2011062800288

  • 2006年09月25日
    解体が始まった月の家 川端康成の執筆部屋を解体

    移築のため解体作業が始まった、川端康成が執筆活動に使った旅館「三田浜楽園」の「月の家」=25日午後、千葉県船橋市湊町

    商品コード: 2006092500181

  • 2017年02月10日
    川端康成 川端康成の自筆原稿を発見

    川端康成

    商品コード: 2017021000197

  • 2015年11月12日
    晩さん会料理と松木さん 川端康成の気分で味わって

    松木正久さんと日南鶏の骨付き肉でアレンジしたノーベル賞晩さん会料理=5日、宮崎市

    商品コード: 2015111200008

  • 1968年12月15日
    記念講演の原稿 川端康成ノーベル賞受賞

    ノーベル文学賞受賞、昭和43年12月15日、ノーベル賞受賞記念講演の原稿「美しい日本の私―その序説」=1968(昭和43)年(内5859)(1968年国内十大ニュース4)

    商品コード: 1968121500001

  • 1999年04月30日
    小説断片の原稿 川端康成の小説断片発見

    雑誌「新潮」に発表される川端康成の未完小説の原稿の一部

    商品コード: 1999043000177

  • 1999年06月13日
    記念碑に見入る参加者 川端康成しのび文学散歩

    川端康成の生家跡に建てられた記念碑に見入る参加者=13日午前、大阪市北区天神橋

    商品コード: 1999061300026

  • 1968年10月17日
    川端康成氏にノーベル賞

    鎌倉の自宅で、ノーベル賞受賞の喜びを語る川端康成氏=1968(昭和43)年10月17日、神奈川県・鎌倉長谷の自宅

    商品コード: 2003071600228

  • 1968年10月18日
    大使が受賞を伝達 川端康成氏にノーベル賞

    アルムビクスト・スウェーデン大使(右)からメッセージを受け取る川端康成夫妻=1968(昭和43)年10月18日、神奈川県・鎌倉長谷の自宅(1968年国内十大ニュース4)

    商品コード: 2003071600229

  • 1968年10月18日
    川端康成氏にノーベル賞

    10月17日作家の川端康成氏のノーベル文学賞受賞が決定。ノーベル文学賞は日本人初、写真は川端宅を訪れた三島由紀夫氏(右)から祝福の握手を受ける川端康成氏=1968(昭和43)年10月18日(1968年国内十大ニュース4)

    商品コード: 2003041000087

  • 2019年05月03日
    文学碑と宮崎観光ホテル 川端康成愛した客室保存へ

    川端康成がNHK連続テレビ小説「たまゆら」の取材で滞在した宮崎観光ホテルの前に置かれた文学碑=4月22日、宮崎市

    商品コード: 2019050300354

  • 1971年04月03日
    川端康成氏、はたの氏の応援

    都知事選立候補のはたの氏(右)の応援のため、都民に呼びかける川端康成氏、1971(昭和46)年4月3日撮影、内1801

    商品コード: 1971040300002

  • 1996年06月21日
    新潮四賞・川端康成文学賞贈呈式

    新潮四賞・川端康成文学賞の贈呈式。(左から)荒川修作、橋本治、杉山隆男、大庭みな子、天童荒太、松浦寿輝の各氏=1996(平成8)年6月21日、東京都内

    商品コード: 2010080500385

  • 1980年06月19日
    三大新潮賞、川端康成文学賞贈呈式

    前列左から、野口冨士男(川端康成文学賞)、槙文彦(日本芸術大賞)、結城信一、古井由吉(ともに日本文学大賞)、後列左から、運上旦子、木田拓雄(ともに新潮新人賞)=1980(昭和55)年6月19日、ホテルオークラ

    商品コード: 1980061900005

  • 1968年12月15日
    川端康成氏のノーベル賞授賞記念講演原稿

    ノーベル文学賞を受賞した川端康成氏の授賞記念講演の原稿

    商品コード: 2011062800317

  • 1
  • 2
  • 3