KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 世界
  • 中国
  • 供給
  • 効率
  • 地区
  • 平成
  • 技術
  • 敷設
  • 最高
  • 標高

「巡回数」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年10月07日
    高原地帯の送電の安全を空から監視チベット自治区

    7日、飛行に先立ち確認と準備をする国網通航公司の乗組員。中国の電力配送企業、国家電網公司傘下の国網通航公司は7日、チベット自治区チュスム(曲松)県で蔵中聯網ヘリコプターテスト巡回を実施した。今回のテスト巡回ルートの設定距離は2038キロ、最高高度は4982メートルだった。蔵中聯網はチベットの3地区・市の10区・県にまたがっており、高原地帯のもう一つの「標高の高い電力道」であり、世界で最も複雑な自然環境下に敷設された送電線でもある。高所航空検査は難易度が高いため、今回のテスト巡回では可視光目視検査と赤外線ポッドスキャニングを、ルートの行き帰りで一つずつ実施し、給油量を少なく、巡回数を多くするなどの作業方法を採用した。同時に、安全で効率的な作業を確保するために、緊急通信や飛行ルート監視システムなどの高度な技術を使用した。航空巡回を行うことで、チベットの水、風、光から供給されるクリーンエネルギーを安全に輸送し、現地住民の電力利用を確保できる。(チュスム=新華社配信/魏司法)=2018(平成30)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111514

  • 2018年10月07日
    高原地帯の送電の安全を空から監視チベット自治区

    7日、飛行前の検査をする国網通航公司の乗組員。中国の電力配送企業、国家電網公司傘下の国網通航公司は7日、チベット自治区チュスム(曲松)県で蔵中聯網ヘリコプターテスト巡回を実施した。今回のテスト巡回ルートの設定距離は2038キロ、最高高度は4982メートルだった。蔵中聯網はチベットの3地区・市の10区・県にまたがっており、高原地帯のもう一つの「標高の高い電力道」であり、世界で最も複雑な自然環境下に敷設された送電線でもある。高所航空検査は難易度が高いため、今回のテスト巡回では可視光目視検査と赤外線ポッドスキャニングを、ルートの行き帰りで一つずつ実施し、給油量を少なく、巡回数を多くするなどの作業方法を採用した。同時に、安全で効率的な作業を確保するために、緊急通信や飛行ルート監視システムなどの高度な技術を使用した。航空巡回を行うことで、チベットの水、風、光から供給されるクリーンエネルギーを安全に輸送し、現地住民の電力利用を確保できる。(チュスム=新華社配信/魏司法)=2018(平成30)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111608

  • 2018年10月07日
    高原地帯の送電の安全を空から監視チベット自治区

    7日、巡視装置をテストする国網通航公司の乗組員。中国の電力配送企業、国家電網公司傘下の国網通航公司は7日、チベット自治区チュスム(曲松)県で蔵中聯網ヘリコプターテスト巡回を実施した。今回のテスト巡回ルートの設定距離は2038キロ、最高高度は4982メートルだった。蔵中聯網はチベットの3地区・市の10区・県にまたがっており、高原地帯のもう一つの「標高の高い電力道」であり、世界で最も複雑な自然環境下に敷設された送電線でもある。高所航空検査は難易度が高いため、今回のテスト巡回では可視光目視検査と赤外線ポッドスキャニングを、ルートの行き帰りで一つずつ実施し、給油量を少なく、巡回数を多くするなどの作業方法を採用した。同時に、安全で効率的な作業を確保するために、緊急通信や飛行ルート監視システムなどの高度な技術を使用した。航空巡回を行うことで、チベットの水、風、光から供給されるクリーンエネルギーを安全に輸送し、現地住民の電力利用を確保できる。(チュスム=新華社配信/魏司法)=2018(平成30)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111612

  • 2018年10月07日
    高原地帯の送電の安全を空から監視チベット自治区

    7日、チベット自治区チュスム県で500キロボルト送電線を巡回監視する国網通航公司の巡視ヘリコプター。中国の電力配送企業、国家電網公司傘下の国網通航公司は7日、チベット自治区チュスム(曲松)県で蔵中聯網ヘリコプターテスト巡回を実施した。今回のテスト巡回ルートの設定距離は2038キロ、最高高度は4982メートルだった。蔵中聯網はチベットの3地区・市の10区・県にまたがっており、高原地帯のもう一つの「標高の高い電力道」であり、世界で最も複雑な自然環境下に敷設された送電線でもある。高所航空検査は難易度が高いため、今回のテスト巡回では可視光目視検査と赤外線ポッドスキャニングを、ルートの行き帰りで一つずつ実施し、給油量を少なく、巡回数を多くするなどの作業方法を採用した。同時に、安全で効率的な作業を確保するために、緊急通信や飛行ルート監視システムなどの高度な技術を使用した。航空巡回を行うことで、チベットの水、風、光から供給されるクリーンエネルギーを安全に輸送し、現地住民の電力利用を確保できる。(チュスム=新華社配信/魏司法)=2018(平成30)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111470

  • 1