KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 運用開始
  • ロボット
  • 無人巡回
  • インテリジェント
  • カーシェアリング
  • コネクテッド
  • ビークル
  • モデル走行
  • 中国北京市
  • 無人宅配

「巡回検査」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
138
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
138
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.55
    2021年05月06日
    「新華社」天山山脈の奥地に雪、送電線の巡回検査を実施新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州和静県バルグンタイ(巴倫台)鎮の天山山脈奥地にある220キロボルトの帆湖送電線がこのほど、激しい吹雪に見舞われた。中国の送電大手、国家電網傘下の巴州(バインゴリン・モンゴル自治州)供電の巡回検査員は、2・5キロにわたる送電線と沿線の鉄塔を空と地上の両方から点検した。この送電線は稼働以来、天山山脈奥地の林業、牧畜業、観光業の発展や各民族の生活のために電力を提供している。(記者/阿曼) =配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月29日
    (4)中国海洋石油のガス田「楽東15-1」を探訪

    25日、ガス田「楽東15-1」内を巡回検査するロボット。中国石油大手の中国海洋石油集団のガス田「楽東15-1」は、海南省楽東リー族自治県鴬歌海鎮沖103キロの南中国海北部に位置する。2010年9月に生産を開始し、主にメタンと二酸化炭素を主成分とする天然ガス資源を産出している。これまでに生産したガスは累計69億3千万立方メートルを超える。ここ数年はスマート化改良を続け、少人数オペレーション段階に進みつつある。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.55
    2021年03月04日
    「新華社」文化財を守るスマート消防パトロールロボットが登場河北省唐山市

    中国重機大手の中信重工機械傘下で特殊産業用ロボットを手掛ける中信重工開誠智能装備の、河北省唐山市にある産業基地ショールームでは、技術スタッフがたばこに火を付けて見せると、巡回検査ロボットがすぐに発見し警報を発した。この「消防パトロール消火ロボット」は主に文化財指定の歴史的建造物などの消防巡回検査と消火作業に用いられるという。(記者/王昆) =配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (5)福建省閩江流域、4カ月の禁漁期入り

    1日、巡回検査用の小型無人機を操縦する福建省漁業・漁政部門の担当職員。中国福建省の閩江(びんこう)流域は1日午前0時、6月30日まで4カ月間の禁漁期に入った。同省南平市延平区から福州市長楽区金剛腿の閩江主流域までの禁漁区域では、観光客向けの漁業体験やレジャーとしての釣りを除き、全ての漁獲活動が禁止される。今年、閩江流域での禁漁制度は施行5年目を迎えた。この制度によって漁獲活動が禁止される漁船は1366隻に上る。(南平=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月06日
    (3)新疆コルガス市の液化天然ガス受入基地を訪ねて

    4日、「西気東輸」第2パイプラインの果子溝区間で、巡回検査をするメンテナンス作業員。中国国家石油天然気管網集団(国家管網集団)傘下の西部管道が運営する、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州コルガス市のLNG(液化天然ガス)受け入れ基地は、中央アジアの天然ガスを中国に輸送するプロジェクト「西気東輸(せいきとうゆ)」の起点に当たることから、「中国エネルギールートの第1ステーション」と呼ばれている。中央アジアで産出した天然ガスは同市から東へ送られ、湖南、湖北などの省を経て上海市に届けられる。冬のガス使用量ピーク時の送出量は1日当たり1億4千万立方メートル以上に上り、パイプライン沿線の27の省・自治区・直轄市および香港特別行政区に住む5億人以上の人々にクリーンエネルギーを供給している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月06日
    (1)新疆コルガス市の液化天然ガス受入基地を訪ねて

    4日、「西気東輸」第2パイプラインの果子溝区間で、巡回検査をするメンテナンス作業員。中国国家石油天然気管網集団(国家管網集団)傘下の西部管道が運営する、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州コルガス市のLNG(液化天然ガス)受け入れ基地は、中央アジアの天然ガスを中国に輸送するプロジェクト「西気東輸(せいきとうゆ)」の起点に当たることから、「中国エネルギールートの第1ステーション」と呼ばれている。中央アジアで産出した天然ガスは同市から東へ送られ、湖南、湖北などの省を経て上海市に届けられる。冬のガス使用量ピーク時の送出量は1日当たり1億4千万立方メートル以上に上り、パイプライン沿線の27の省・自治区・直轄市および香港特別行政区に住む5億人以上の人々にクリーンエネルギーを供給している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月06日
    (2)新疆コルガス市の液化天然ガス受入基地を訪ねて

    4日、「西気東輸」第2パイプラインの果子溝区間で、巡回検査をするメンテナンス作業員。中国国家石油天然気管網集団(国家管網集団)傘下の西部管道が運営する、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州コルガス市のLNG(液化天然ガス)受け入れ基地は、中央アジアの天然ガスを中国に輸送するプロジェクト「西気東輸(せいきとうゆ)」の起点に当たることから、「中国エネルギールートの第1ステーション」と呼ばれている。中央アジアで産出した天然ガスは同市から東へ送られ、湖南、湖北などの省を経て上海市に届けられる。冬のガス使用量ピーク時の送出量は1日当たり1億4千万立方メートル以上に上り、パイプライン沿線の27の省・自治区・直轄市および香港特別行政区に住む5億人以上の人々にクリーンエネルギーを供給している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:53.42
    2021年01月12日
    「新華社」送電線の除氷作業を強化貴州省

    中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州ではこのところ、低温、降雨、降雪による悪天候が続き、一部の送電線で着氷が発生した。地元の電力部門は作業員を動員し、標高が高く凍結しやすい地区で送電線の巡回検査と除氷作業を強化している。電力部門の作業員は8日、同自治州台江県の標高1700メートル余りの山間部で振動除氷装置を使い、76号鉄塔と77号鉄塔の間の110キロボルトの送電線を覆った着氷を除去、地元住民の電力使用時の安全を確保した。9日午前11時の時点で、省内76県では依然として最低気温が0度を下回っており、54県で道路が凍結、貴州電網が管轄する10キロボルト以上の送電線800本余りに着氷が確認された。電力部門は急増する冬の電力需要に対応するため、着氷した送電線の巡回検査と除氷作業を続けている。(記者/劉続、楊炎彬) =配信日: 2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    (3)装備製造業の発展で経済を後押し河北省唐山市

    17日、河北省唐山市豊潤区にある河北興隆起重設備の作業場を巡回検査する従業員。中国河北省唐山市豊潤区はここ数年、装備製造業(注)の発展を同区の工業における構造転換と高度化を促進する戦略的措置と位置付け、冶金・鉱山機械や専門鋳造・鍛造品、自動車部品などを中心とする特色ある装備製造産業基地を建設し、経済の質の高い発展を後押ししている。同区には現在、一定規模(年商2千万元、1元=約16円)以上の装備製造業関連企業が140社あり、今年1~10月の総生産額は300億元を上回っている。(唐山=新華社記者/牟宇)注:装備製造業は、産業のために生産設備や機械、技術を提供する工業の総称で、中国独特の概念。= 配信日: 2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    EV充電ネットワーク建設で低炭素交通を促進江蘇省蘇州市

    7日、蘇州総合保税区東充電スタンドで、巡回検査をする国家電網傘下の国網蘇州供電の従業員。中国江蘇省蘇州市はここ数年、環境配慮型発展と低炭素・省エネ社会の理念を積極的に提唱し、電気自動車(EV)充電施設の建設に注力してきた。11月末時点で、同市の新エネルギー車(NEV)および充電施設のモニタリング・プラットフォームと結ばれている充電設備業者は23社を数える。充電スタンド(スポット)は964基、交流・直流充電ポールは7675台に上り、居住区やショッピングセンター、高速道路のサービスエリアなどを全面的にカバーする公共充電ネットワークを形成している。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月03日
    中国、「北斗」システムを送電網の着氷監視サービスに応用

    3日、小型無人機と連携して着氷区間の監視・巡回検査を行う電気工事士。中国送配電大手の南方電網は今年の冬から来年春にかけて、みぞれが降るなどして凍結が多発する寒冷地で、着氷監視端末の通信と測位に初めて中国の衛星測位システム「北斗」を利用することにした。山奥での監視端末の断線や信号伝送の遮断など、これまであった問題を効果的に回避し、より科学的で秩序ある着氷防止措置を講じ、氷点下における送電網運用の安全性と安定性を確保していく。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    山西省、石炭採掘の危険な作業をロボットに産学連携を加速

    山西省の企業が研究開発した鉱山用の巡回検査ロボット。(資料写真)中国有数の石炭産地、山西省の工業・情報化庁は24日、人手に頼っていた炭鉱での危険な作業をロボットに代替させる取り組みを促進する方針を示した。炭鉱ロボットの新たな装備の研究を巡る産学研用(企業・大学・研究機関・実用化)の連携レベルを全面的に引き上げる。(太原=新華社記者/許雄)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    山西省、石炭採掘の危険な作業をロボットに産学連携を加速

    山西省の石炭企業、晋能控股煤業集団が開発する鉱山のポンプ室を巡回検査するロボット。(資料写真)中国有数の石炭産地、山西省の工業・情報化庁は24日、人手に頼っていた炭鉱での危険な作業をロボットに代替させる取り組みを促進する方針を示した。炭鉱ロボットの新たな装備の研究を巡る産学研用(企業・大学・研究機関・実用化)の連携レベルを全面的に引き上げる。(太原=新華社記者/許雄)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    山西省、石炭採掘の危険な作業をロボットに産学連携を加速

    山西省の石炭企業、晋能控股煤業集団が開発する鉱山の洗炭場を巡回検査するロボット。(資料写真)中国有数の石炭産地、山西省の工業・情報化庁は24日、人手に頼っていた炭鉱での危険な作業をロボットに代替させる取り組みを促進する方針を示した。炭鉱ロボットの新たな装備の研究を巡る産学研用(企業・大学・研究機関・実用化)の連携レベルを全面的に引き上げる。(太原=新華社記者/許雄)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    山西省、石炭採掘の危険な作業をロボットに産学連携を加速

    山西省の石炭企業、晋能控股煤業集団が保有する炭鉱の巡回検査ロボット。(資料写真)中国有数の石炭産地、山西省の工業・情報化庁は24日、人手に頼っていた炭鉱での危険な作業をロボットに代替させる取り組みを促進する方針を示した。炭鉱ロボットの新たな装備の研究を巡る産学研用(企業・大学・研究機関・実用化)の連携レベルを全面的に引き上げる。(太原=新華社記者/許雄)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.36
    2020年08月30日
    「新華社」鉄道の水害を防ぐため、巡回検査に忙しい保線作業員山西省

    中国山西省では8月以降、何日も連続で広い範囲に雨が降り、土砂崩れや線路が水につかるなどの潜在的な危険が増し、列車の安全な運行を脅かしている。このため、中国鉄路太原局集団の太原南工務段(保線区)は24時間体制で巡回検査を行っている。通常の巡回検査のほか、さらに24人が6カ所の「常駐監視」地点で降雨時や降雨後に交代で監視を行っている。長さ100メートルの重点水防地点で1人1日9時間の見回り点検を行うことで、降雨時における貨物輸送の安全を確保している。(記者/宋育沢)<映像内容>降雨による鉄道の水害を防ぐため巡回検査をする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.02
    2020年07月22日
    「新華社」測位システム「北斗」搭載の設標船、南中国海航海保障センターに配備

    中国の設標船「海巡173」号が22日、交通運輸部南中国海航海保障センター広州航標処に正式配備された。同船は排水量2228トンと大型で、中国の交通運輸システムのうち南中国海海区で最も先進的な装備を備えた船となっており、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)および南中国海海区におけるブイの設置と保守・整備に充てられる。全長73・3メートル、幅14メートル、設計速度15ノット、航続距離5千カイリで、自動船位保持機能「DP-1」を備えている。衛星測位システム「北斗」を搭載し、北斗地上強化システムから送信される差動補正信号を受信することで、測位精度を1メートル以内に抑えることが可能。「北斗」ショートメッセージ通信機能もサポートしており、船舶の静的・動的データを船舶管理プラットフォームに伝送することもできる。同船はまた、中国の西沙・南沙群島水域の灯台や灯浮標(照明機能を備えたブイ)、ブイなどの航路標識を重点的に巡回検査・整備することで、南中国海における航行への保障能力を向上させる。(記者/田建川)<映像内容>中国の設標船が南中国海航海保障センターに配備、撮影日:2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:20.32
    2020年06月04日
    「新華社」中国初、炭鉱の地下に5Gネットワーク構築山西省

    中国石炭大手、山西陽煤集団の新元炭鉱は、このほど中国移動(チャイナモバイル)と華為技術(ファーウェイ)の協力を受け、中国で初めて坑内の地下に第5世代移動通信システム(5G)ネットワークを構築した。坑内の地下と地上間の高解像度テレビ通話や各種データの高速伝送、設備の遠隔スマート制御など、多岐にわたる活用が実現する。5月27日に開かれた山西工業企業5G応用推進会で明らかになった。新元炭鉱は昨年11月18日、中国で初めて坑内の地下に5G試験基地局を開通させ、今年4月29日には中国で初めて無線伝送設備の防爆認証を取得した。5G基地局の建設は新型インフラ建設の重要な要素の一つであり、坑内地下に基地局を建設するために、技術スタッフは多くの難題を克服した。新元炭鉱の坑内に設けられた中央配電室では、自動巡回検査ロボットがデータを収集し、坑道内の5G基地局を通じて地上の総合制御室に送られる。坑内モニタリングデータのアップロード量が大きく、指令のダウンロード量が小さいという特徴を踏まえ、炭鉱内の5Gネットワークでは、基地局1台の上り通信速度の最大値を毎秒1100メガビット(Mbps)以上とし、炭鉱生産におけるデータ伝送の特殊な要求を満たしている。業界関係者は、5Gの特徴である多数接続・広帯域幅・低遅延性を生かすことで、さらに5Gの応用シーンが増え、坑内の人員や設備、環境の自動検出が実現すると指摘。今後、無線センサーが改良されると、5Gの多数接続という特性を生かし、坑内に設置された無線センサーの大量接続が可能になり、坑道内の人やモノの全てを接続した「スマート鉱山」が構築されると述べた。<映像内容>炭鉱の地下に5Gネットワークを構築、炭鉱の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月02日
    ロボットによる斜坑原炭輸送ベルトの巡回検査を実現貴州省

    2日、巡回検査ロボットを遠隔操作し、原炭輸送ベルトの巡視作業を行う地上作業員。中国貴州省安順市の貴州豫能安順炭鉱ではこのところ、主斜坑の巡回検査が従来とすっかり形を変えており、長さ40センチ、幅25センチの青いロボットが走行と停止を繰り返しながら大きな目をまばたかせ、坑道内の原炭輸送ベルトを巡視するだけとなっている。巡回検査ロボット導入により作業効率が向上しただけでなく、作業員の安全が保証されたという。(安順=新華社配信)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月02日
    ロボットによる斜坑原炭輸送ベルトの巡回検査を実現貴州省

    2日、坑道で原炭輸送ベルトを巡回検査するロボット。中国貴州省安順市の貴州豫能安順炭鉱ではこのところ、主斜坑の巡回検査が従来とすっかり形を変えており、長さ40センチ、幅25センチの青いロボットが走行と停止を繰り返しながら大きな目をまばたかせ、坑道内の原炭輸送ベルトを巡視するだけとなっている。巡回検査ロボット導入により作業効率が向上しただけでなく、作業員の安全が保証されたという。(安順=新華社配信)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月02日
    ロボットによる斜坑原炭輸送ベルトの巡回検査を実現貴州省

    2日、巡回検査ロボットが坑道から送信したデータ。中国貴州省安順市の貴州豫能安順炭鉱ではこのところ、主斜坑の巡回検査が従来とすっかり形を変えており、長さ40センチ、幅25センチの青いロボットが走行と停止を繰り返しながら大きな目をまばたかせ、坑道内の原炭輸送ベルトを巡視するだけとなっている。巡回検査ロボット導入により作業効率が向上しただけでなく、作業員の安全が保証されたという。(安順=新華社配信)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1カ月で484トン、海南島で養殖用稚魚の日本向け輸出が最盛期

    21日午前、日本漁船「第38住宝丸」への臨船検疫で乗組員の体温検査や疫学調査、医学巡回検査を実施する文昌税関の職員。中国海南省の海口税関の統計によると、同省万寧市大洲島沖で3月27日に最初の日本漁船へ養殖用ブリの稚魚を輸出して以降、同税関は延べ22隻、乗員133人に検疫を実施し、全て異常は見られなかった。日本向けの稚魚は今月21日までに13回輸出され、数量は483・6トン、輸出額は6033万4千元(1元=約15円)に上った。(海口=新華社配信)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1カ月で484トン、海南島で養殖用稚魚の日本向け輸出が最盛期

    21日午前、日本漁船「第38住宝丸」への臨船検疫で乗組員の体温検査や疫学調査、医学巡回検査を実施する文昌税関の職員。中国海南省の海口税関の統計によると、同省万寧市大洲島沖で3月27日に最初の日本漁船へ養殖用ブリの稚魚を輸出して以降、同税関は延べ22隻、乗員133人に検疫を実施し、全て異常は見られなかった。日本向けの稚魚は今月21日までに13回輸出され、数量は483・6トン、輸出額は6033万4千元(1元=約15円)に上った。(海口=新華社配信)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    エレンホト口岸の中欧班列貨物輸送量、第1四半期は8割増内モンゴル自治区

    7日、中欧班列の通関手続きを行うエレンホト税関の職員。中国内モンゴル自治区のエレンホト(二連浩特)税関は7日、中国とモンゴルを結ぶ中国側最大の陸路口岸(通関地)であるエレンホト口岸の今年第1四半期の「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の運行数が396便に達したことを明らかにした。輸送したコンテナは3万8809TEU(20フィートコンテナ換算)、総貨物量は38万5800トンとなり、前年同期比でそれぞれ32%、51・7%、81・8%増加、貨物総額は38億8900万元(1元=約15円)に上った。同税関は列車の運行を保障するため、出入国する列車の運転士の体温検査と健康申告のチェック、医学的巡回検査を厳格に実施、全面的な感染予防・抑制措置を行っている。(エレンホト=新華社配信)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    エレンホト口岸の中欧班列貨物輸送量、第1四半期は8割増内モンゴル自治区

    7日、中欧班列の車両で検査を行うエレンホト税関の職員。中国内モンゴル自治区のエレンホト(二連浩特)税関は7日、中国とモンゴルを結ぶ中国側最大の陸路口岸(通関地)であるエレンホト口岸の今年第1四半期の「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の運行数が396便に達したことを明らかにした。輸送したコンテナは3万8809TEU(20フィートコンテナ換算)、総貨物量は38万5800トンとなり、前年同期比でそれぞれ32%、51・7%、81・8%増加、貨物総額は38億8900万元(1元=約15円)に上った。同税関は列車の運行を保障するため、出入国する列車の運転士の体温検査と健康申告のチェック、医学的巡回検査を厳格に実施、全面的な感染予防・抑制措置を行っている。(エレンホト=新華社配信)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    エレンホト口岸の中欧班列貨物輸送量、第1四半期は8割増内モンゴル自治区

    7日、出入国列車の運転士の体温チェックをするエレンホト税関の職員。中国内モンゴル自治区のエレンホト(二連浩特)税関は7日、中国とモンゴルを結ぶ中国側最大の陸路口岸(通関地)であるエレンホト口岸の今年第1四半期の「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の運行数が396便に達したことを明らかにした。輸送したコンテナは3万8809TEU(20フィートコンテナ換算)、総貨物量は38万5800トンとなり、前年同期比でそれぞれ32%、51・7%、81・8%増加、貨物総額は38億8900万元(1元=約15円)に上った。同税関は列車の運行を保障するため、出入国する列車の運転士の体温検査と健康申告のチェック、医学的巡回検査を厳格に実施、全面的な感染予防・抑制措置を行っている。(エレンホト=新華社配信)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    エレンホト口岸の中欧班列貨物輸送量、第1四半期は8割増内モンゴル自治区

    7日、中欧班列が輸送する板材を検査するエレンホト税関の職員。中国内モンゴル自治区のエレンホト(二連浩特)税関は7日、中国とモンゴルを結ぶ中国側最大の陸路口岸(通関地)であるエレンホト口岸の今年第1四半期の「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の運行数が396便に達したことを明らかにした。輸送したコンテナは3万8809TEU(20フィートコンテナ換算)、総貨物量は38万5800トンとなり、前年同期比でそれぞれ32%、51・7%、81・8%増加、貨物総額は38億8900万元(1元=約15円)に上った。同税関は列車の運行を保障するため、出入国する列車の運転士の体温検査と健康申告のチェック、医学的巡回検査を厳格に実施、全面的な感染予防・抑制措置を行っている。(エレンホト=新華社配信)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月06日
    エレンホト口岸の中欧班列貨物輸送量、第1四半期は8割増内モンゴル自治区

    6日、24時間体制で定期貨物列車のスピード通関を保障するエレンホト税関の職員。中国内モンゴル自治区のエレンホト(二連浩特)税関は7日、中国とモンゴルを結ぶ中国側最大の陸路口岸(通関地)であるエレンホト口岸の今年第1四半期の「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の運行数が396便に達したことを明らかにした。輸送したコンテナは3万8809TEU(20フィートコンテナ換算)、総貨物量は38万5800トンとなり、前年同期比でそれぞれ32%、51・7%、81・8%増加、貨物総額は38億8900万元(1元=約15円)に上った。同税関は列車の運行を保障するため、出入国する列車の運転士の体温検査と健康申告のチェック、医学的巡回検査を厳格に実施、全面的な感染予防・抑制措置を行っている。(エレンホト=新華社配信)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.16
    2020年04月05日
    「新華社」内モンゴルの湿地、渡り鳥の楽園に

    中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼中旗の湿地では、湖の雪解けにより新たな景観が加わった。渡り鳥が群れを成し、例年通りにホルチン国家級自然保護区に飛来し羽を休め、静かな草原地帯に賑わいを添えている。同自然保護区は、総面積12万ヘクタール以上で、森林・草原・湿地・湖沼などの多様な生態系があり、渡り鳥の重要ルートなっている。ここ数年、観測・巡回・検査の強化とともに乱獲などの違法行為を厳格に取り締まり、渡り鳥の生息に良好な環境を守っている。観測によると、同自然保護区に飛来した渡り鳥の第1陣は数千羽に達したという。(記者/劉懿徳)<映像内容>湿地の渡り鳥の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月03日
    江蘇省、第1四半期の対日貿易額は11・8%減全体的には回復の兆し

    3日、物流倉庫を巡回検査する職員。中国江蘇省の南京税関は21日、同省の今年第1四半期(1~3月)の貿易額が前年同期比9・5%減の9008億4千万元(1元=約15円)となり、1~2月から減少幅が縮小したことを明らかにした。輸出は14・9%減の5259億6千万元、輸入は0・5%減の3748億8千万元で、対日貿易額は11・8%減少した。江蘇省の3月の貿易額は、前月比67・1%増、前年同期比3・5%減の3402億7千万元で、第1四半期の3カ月では減少幅が最も小さかった。輸出は前年同期比8・7%減の2054億1千万元で、前月の2・4倍となった。輸入は前年同期比5・6%増、前月比15・4%増の1348億6千万元で、対外貿易が回復の兆しを見せている。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月24日
    生産再開支える、鉄道の貨物輸送山東省

    24日、貨物輸送用コンテナの巡回検査を行う中国鉄路済南局済南車務段濼口貨物ターミナル駅の作業員。中国山東省の中国鉄路済南局済南車務段濼口(らくこう)貨物ターミナル駅は連日、企業の生産再開と湖北地域への物資輸送を全力で保障している。ここ3カ月で合計1万4409トンの貨物が発送されており、そのうち、湖北地域に発送された牛乳、小麦粉、西洋医薬などの生活・医療用品は計378トンに達している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月24日
    生産再開支える、鉄道の貨物輸送山東省

    24日、貨物輸送用コンテナの巡回検査を行う中国鉄路済南局済南車務段濼口貨物ターミナル駅の作業員。中国山東省の中国鉄路済南局済南車務段濼口(らくこう)貨物ターミナル駅は連日、企業の生産再開と湖北地域への物資輸送を全力で保障している。ここ3カ月で合計1万4409トンの貨物が発送されており、そのうち、湖北地域に発送された牛乳、小麦粉、西洋医薬などの生活・医療用品は計378トンに達している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月18日
    電力会社、鉄塔の上に営巣したコウノトリのふ化を助ける江西省南昌市

    国家電網南昌供電公司の職員が撮影した、コウノトリのつがいと幼鳥。(小型無人機から、3月18日撮影)中国江西省の国家電網南昌供電公司の職員がこのほど、国家1級保護動物のコウノトリのつがいが営巣しているのを発見した。ズームレンズ付き小型無人機で送電線の巡回検査を行っていた際、鄱陽(はよう)湖畔に立つ送電用鉄塔の上で確認した。コウノトリを保護するため、職員は鉄塔の地上60メートル余りの高さに設置された懸垂碍子(がいし)に絶縁スリーブを装着した。心を込めて世話をしたところ、幼鳥5羽が無事巣の内でふ化した。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月18日
    電力会社、鉄塔の上に営巣したコウノトリのふ化を助ける江西省南昌市

    ボートに乗って鄱陽湖畔に立つ送電鉄塔と送電回路の巡回検査を行う国家電網南昌供電公司の職員。(小型無人機から、3月18日撮影)中国江西省の国家電網南昌供電公司の職員がこのほど、国家1級保護動物のコウノトリのつがいが営巣しているのを発見した。ズームレンズ付き小型無人機で送電線の巡回検査を行っていた際、鄱陽(はよう)湖畔に立つ送電用鉄塔の上で確認した。コウノトリを保護するため、職員は鉄塔の地上60メートル余りの高さに設置された懸垂碍子(がいし)に絶縁スリーブを装着した。心を込めて世話をしたところ、幼鳥5羽が無事巣の内でふ化した。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月18日
    電力会社、鉄塔の上に営巣したコウノトリのふ化を助ける江西省南昌市

    国家電網南昌供電公司の職員が撮影したコウノトリと送電鉄塔に作った巣。(小型無人機から、3月18日撮影)中国江西省の国家電網南昌供電公司の職員がこのほど、国家1級保護動物のコウノトリのつがいが営巣しているのを発見した。ズームレンズ付き小型無人機で送電線の巡回検査を行っていた際、鄱陽(はよう)湖畔に立つ送電用鉄塔の上で確認した。コウノトリを保護するため、職員は鉄塔の地上60メートル余りの高さに設置された懸垂碍子(がいし)に絶縁スリーブを装着した。心を込めて世話をしたところ、幼鳥5羽が無事巣の内でふ化した。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月18日
    電力会社、鉄塔の上に営巣したコウノトリのふ化を助ける江西省南昌市

    コウノトリを保護するため、懸垂碍子に絶縁スリーブを装着する国家電網南昌供電公司の職員。(小型無人機から、3月18日撮影)中国江西省の国家電網南昌供電公司の職員がこのほど、国家1級保護動物のコウノトリのつがいが営巣しているのを発見した。ズームレンズ付き小型無人機で送電線の巡回検査を行っていた際、鄱陽(はよう)湖畔に立つ送電用鉄塔の上で確認した。コウノトリを保護するため、職員は鉄塔の地上60メートル余りの高さに設置された懸垂碍子(がいし)に絶縁スリーブを装着した。心を込めて世話をしたところ、幼鳥5羽が無事巣の内でふ化した。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月17日
    新疆ウイグル自治区の「無人」紡織工場を訪ねて

    17日、昌吉市の昌吉溢達紡織で、工場を巡回検査する従業員。中国での新型コロナウイルスの感染状況が好転するに伴い、新疆ウイグル自治区の生産活動や人々の日常生活が正常な状態に戻りつつある。同自治区昌吉回族自治州昌吉市にある紡績・繊維企業の昌吉溢達紡織では、紡織の「無人」工場が稼働している。同社は2016年に生産ラインの作業を自動化した。生産ライン全体は遠隔で中央制御できるほか、スマホアプリでの管理も可能。旧式の生産ラインでは紡錘糸1万軸を生産するのに60人の従業員を必要としていたが、紡績機をスマート化したことで15人にまで縮小できた。同社では2月10日の操業再開以来、92%以上の従業員が職場に復帰し、生産能力は100%に近づいている。(昌吉=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月17日
    新疆ウイグル自治区の「無人」紡織工場を訪ねて

    17日、昌吉市の昌吉溢達紡織で、工場を巡回検査する従業員。中国での新型コロナウイルスの感染状況が好転するに伴い、新疆ウイグル自治区の生産活動や人々の日常生活が正常な状態に戻りつつある。同自治区昌吉回族自治州昌吉市にある紡績・繊維企業の昌吉溢達紡織では、紡織の「無人」工場が稼働している。同社は2016年に生産ラインの作業を自動化した。生産ライン全体は遠隔で中央制御できるほか、スマホアプリでの管理も可能。旧式の生産ラインでは紡錘糸1万軸を生産するのに60人の従業員を必要としていたが、紡績機をスマート化したことで15人にまで縮小できた。同社では2月10日の操業再開以来、92%以上の従業員が職場に復帰し、生産能力は100%に近づいている。(昌吉=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月17日
    新疆ウイグル自治区の「無人」紡織工場を訪ねて

    17日、昌吉市の昌吉溢達紡織で、工場を巡回検査する従業員。中国での新型コロナウイルスの感染状況が好転するに伴い、新疆ウイグル自治区の生産活動や人々の日常生活が正常な状態に戻りつつある。同自治区昌吉回族自治州昌吉市にある紡績・繊維企業の昌吉溢達紡織では、紡織の「無人」工場が稼働している。同社は2016年に生産ラインの作業を自動化した。生産ライン全体は遠隔で中央制御できるほか、スマホアプリでの管理も可能。旧式の生産ラインでは紡錘糸1万軸を生産するのに60人の従業員を必要としていたが、紡績機をスマート化したことで15人にまで縮小できた。同社では2月10日の操業再開以来、92%以上の従業員が職場に復帰し、生産能力は100%に近づいている。(昌吉=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月17日
    新疆ウイグル自治区の「無人」紡織工場を訪ねて

    17日、昌吉市の昌吉溢達紡織で、工場を巡回検査する従業員。中国での新型コロナウイルスの感染状況が好転するに伴い、新疆ウイグル自治区の生産活動や人々の日常生活が正常な状態に戻りつつある。同自治区昌吉回族自治州昌吉市にある紡績・繊維企業の昌吉溢達紡織では、紡織の「無人」工場が稼働している。同社は2016年に生産ラインの作業を自動化した。生産ライン全体は遠隔で中央制御できるほか、スマホアプリでの管理も可能。旧式の生産ラインでは紡錘糸1万軸を生産するのに60人の従業員を必要としていたが、紡績機をスマート化したことで15人にまで縮小できた。同社では2月10日の操業再開以来、92%以上の従業員が職場に復帰し、生産能力は100%に近づいている。(昌吉=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月17日
    新疆ウイグル自治区の「無人」紡織工場を訪ねて

    17日、昌吉市の昌吉溢達紡織で、工場を巡回検査する従業員。中国での新型コロナウイルスの感染状況が好転するに伴い、新疆ウイグル自治区の生産活動や人々の日常生活が正常な状態に戻りつつある。同自治区昌吉回族自治州昌吉市にある紡績・繊維企業の昌吉溢達紡織では、紡織の「無人」工場が稼働している。同社は2016年に生産ラインの作業を自動化した。生産ライン全体は遠隔で中央制御できるほか、スマホアプリでの管理も可能。旧式の生産ラインでは紡錘糸1万軸を生産するのに60人の従業員を必要としていたが、紡績機をスマート化したことで15人にまで縮小できた。同社では2月10日の操業再開以来、92%以上の従業員が職場に復帰し、生産能力は100%に近づいている。(昌吉=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月17日
    新疆ウイグル自治区の「無人」紡織工場を訪ねて

    17日、昌吉市の昌吉溢達紡織で、工場を巡回検査する従業員。中国での新型コロナウイルスの感染状況が好転するに伴い、新疆ウイグル自治区の生産活動や人々の日常生活が正常な状態に戻りつつある。同自治区昌吉回族自治州昌吉市にある紡績・繊維企業の昌吉溢達紡織では、紡織の「無人」工場が稼働している。同社は2016年に生産ラインの作業を自動化した。生産ライン全体は遠隔で中央制御できるほか、スマホアプリでの管理も可能。旧式の生産ラインでは紡錘糸1万軸を生産するのに60人の従業員を必要としていたが、紡績機をスマート化したことで15人にまで縮小できた。同社では2月10日の操業再開以来、92%以上の従業員が職場に復帰し、生産能力は100%に近づいている。(昌吉=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月17日
    新疆ウイグル自治区の「無人」紡織工場を訪ねて

    17日、昌吉市の昌吉溢達紡織で、工場を巡回検査する従業員。中国での新型コロナウイルスの感染状況が好転するに伴い、新疆ウイグル自治区の生産活動や人々の日常生活が正常な状態に戻りつつある。同自治区昌吉回族自治州昌吉市にある紡績・繊維企業の昌吉溢達紡織では、紡織の「無人」工場が稼働している。同社は2016年に生産ラインの作業を自動化した。生産ライン全体は遠隔で中央制御できるほか、スマホアプリでの管理も可能。旧式の生産ラインでは紡錘糸1万軸を生産するのに60人の従業員を必要としていたが、紡績機をスマート化したことで15人にまで縮小できた。同社では2月10日の操業再開以来、92%以上の従業員が職場に復帰し、生産能力は100%に近づいている。(昌吉=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月17日
    新疆ウイグル自治区の「無人」紡織工場を訪ねて

    17日、昌吉市の昌吉溢達紡織で、工場を巡回検査する従業員。中国での新型コロナウイルスの感染状況が好転するに伴い、新疆ウイグル自治区の生産活動や人々の日常生活が正常な状態に戻りつつある。同自治区昌吉回族自治州昌吉市にある紡績・繊維企業の昌吉溢達紡織では、紡織の「無人」工場が稼働している。同社は2016年に生産ラインの作業を自動化した。生産ライン全体は遠隔で中央制御できるほか、スマホアプリでの管理も可能。旧式の生産ラインでは紡錘糸1万軸を生産するのに60人の従業員を必要としていたが、紡績機をスマート化したことで15人にまで縮小できた。同社では2月10日の操業再開以来、92%以上の従業員が職場に復帰し、生産能力は100%に近づいている。(昌吉=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月17日
    新疆ウイグル自治区の「無人」紡織工場を訪ねて

    17日、昌吉市の昌吉溢達紡織で、工場を巡回検査する従業員。中国での新型コロナウイルスの感染状況が好転するに伴い、新疆ウイグル自治区の生産活動や人々の日常生活が正常な状態に戻りつつある。同自治区昌吉回族自治州昌吉市にある紡績・繊維企業の昌吉溢達紡織では、紡織の「無人」工場が稼働している。同社は2016年に生産ラインの作業を自動化した。生産ライン全体は遠隔で中央制御できるほか、スマホアプリでの管理も可能。旧式の生産ラインでは紡錘糸1万軸を生産するのに60人の従業員を必要としていたが、紡績機をスマート化したことで15人にまで縮小できた。同社では2月10日の操業再開以来、92%以上の従業員が職場に復帰し、生産能力は100%に近づいている。(昌吉=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月17日
    新疆ウイグル自治区の「無人」紡織工場を訪ねて

    17日、昌吉市の昌吉溢達紡織で、工場を巡回検査する従業員。中国での新型コロナウイルスの感染状況が好転するに伴い、新疆ウイグル自治区の生産活動や人々の日常生活が正常な状態に戻りつつある。同自治区昌吉回族自治州昌吉市にある紡績・繊維企業の昌吉溢達紡織では、紡織の「無人」工場が稼働している。同社は2016年に生産ラインの作業を自動化した。生産ライン全体は遠隔で中央制御できるほか、スマホアプリでの管理も可能。旧式の生産ラインでは紡錘糸1万軸を生産するのに60人の従業員を必要としていたが、紡績機をスマート化したことで15人にまで縮小できた。同社では2月10日の操業再開以来、92%以上の従業員が職場に復帰し、生産能力は100%に近づいている。(昌吉=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:48.70
    2020年02月20日
    「新華社」5Gパトロールロボット、新型肺炎感染予防を呼び掛け上海市

    中国上海市の外灘(バンド)と南京路歩行者天国では、警察のパトロールロボットが、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防を絶えず呼び掛けながら、派出所の警察と協力して既定のルートをパトロールしている。同ロボット「瓦力(ウォーリー)」は、同市公安局黄浦分局のネットで人気の「インフルエンサー」で、第5世代移動通信システム(5G)を搭載し、機械音声放送機能によって、常に自身の安全と予防に気を配るよう観光客に呼び掛けている。同ロボットは、5Gモバイルネットワークを利用し、二つの「大きな目」は高精細ズームカメラと赤外線サーモグラフィーカメラになっており、「首」には高精細広角カメラ4台を搭載している。昇降式巡回検査テーブルは最大1・8メートルまで伸長可能で、主な機能は全面的カメラパトロールとなっている。(記者/呉霞)<映像内容>新型肺炎感染予防を呼び掛けるパトロールロボットの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:05.19
    2020年02月13日
    「新華社」防疫最前線を守る異色の「白衣の戦士」

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市の医療廃棄物処理センターに巡回検査員として勤める馮濤(ひょう・とう)さん(36)はこのほど、白い防護服を身に着け、顔もゴーグルとマスクで完全防備していた。馮さんのすぐ横には高さ10メートルを超える熱分解用焼却炉2基がそびえ立ち、最高温度1千度を超える炉内では、新型コロナウイルスによる肺炎に関連する廃棄物を含む複数種類の医療廃棄物を焼却していた。7段階の処理工程を経て、医療廃棄物はほぼ全て排出基準を満たす気体となり、わずか0・07%の残留物も毒性浸出検査への合格後、埋め立てる。ウルムチ市の西郊外にある同処理センターは2014年の稼働以来、新疆匯和瀚洋環境工程技術が特別許可の下で操業してきた。年間最大9千トンの医療廃棄物の処理を可能とし、同自治区で最大規模となっている。感染との闘いが始まってから、同自治区各地の医療廃棄物処理業界のスタッフは第一線を堅守し、廃棄物の迅速で効果的な処理を確保することで、感染予防・抑制工作の需要に応えている。(記者/阿曼、張暁竜)<映像内容>医療廃棄物の処理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    南昌駅を巡回検査する同駅の車琦(しゃ・き)旅客輸送当直駅長。(2月7日撮影)中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月04日
    新型肺炎に立ち向かう温州市住民の日常浙江省

    4日、温州医科大学付属第二医院、育英小児医院甌海江口院区の病室に直接供電している低圧配電ユニットの巡回検査を行う国家電網温州供電公司の作業員。中国浙江省温州市では12日午前0時までに、481人の新型コロナウイルスによる肺炎感染が確認され、107人が退院している。同市には現在、11の新型肺炎患者受け入れ指定病院があり、市政府は厳格な予防・抑制措置を打ち出し、社会の各界がいずれも感染拡大阻止に力を入れている。市の中心部での取材を通じて、人々の生活が基本的に安定と秩序を保っていることが分かった。(温州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月20日
    スマート変電所が正式稼働湖南省衡陽市

    20日、変電所の設備の状態を遠隔でモニタリングする職員。中国湖南省衡陽(こうよう)市でこのほど、衡陽110キロボルト獅子山スマート変電所が正式に稼働した。同変電所は各種のカメラやセンサーを設置し、設備の状態を総合的に収集してモニタリングシステムへリアルタイム伝送することが可能。また、変電所の設備のホログラフィー感知や、従来人が行っていた巡回検査の機械化、設備に不備が生じた際に自動で警報を発するなどの機能を搭載し、電力供給の信頼性を高めている。(衡陽=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月20日
    スマート変電所が正式稼働湖南省衡陽市

    20日、変電所内で、六フッ化硫黄ガス漏出の有無を監視するホストコンピューターを点検する職員。中国湖南省衡陽(こうよう)市でこのほど、衡陽110キロボルト獅子山スマート変電所が正式に稼働した。同変電所は各種のカメラやセンサーを設置し、設備の状態を総合的に収集してモニタリングシステムへリアルタイム伝送することが可能。また、変電所の設備のホログラフィー感知や、従来人が行っていた巡回検査の機械化、設備に不備が生じた際に自動で警報を発するなどの機能を搭載し、電力供給の信頼性を高めている。(衡陽=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月20日
    スマート変電所が正式稼働湖南省衡陽市

    20日、空から見た衡陽110キロボルト獅子山スマート変電所。中国湖南省衡陽(こうよう)市でこのほど、衡陽110キロボルト獅子山スマート変電所が正式に稼働した。同変電所は各種のカメラやセンサーを設置し、設備の状態を総合的に収集してモニタリングシステムへリアルタイム伝送することが可能。また、変電所の設備のホログラフィー感知や、従来人が行っていた巡回検査の機械化、設備に不備が生じた際に自動で警報を発するなどの機能を搭載し、電力供給の信頼性を高めている。(衡陽=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月20日
    スマート変電所が正式稼働湖南省衡陽市

    20日、変電所の天井からつり下げられたレールを移動し、巡回検査をするロボット。10キロボルトの高圧配電盤のコントロールパネルの警告や異常をリアルタイムにモニタリングできる。中国湖南省衡陽(こうよう)市でこのほど、衡陽110キロボルト獅子山スマート変電所が正式に稼働した。同変電所は各種のカメラやセンサーを設置し、設備の状態を総合的に収集してモニタリングシステムへリアルタイム伝送することが可能。また、変電所の設備のホログラフィー感知や、従来人が行っていた巡回検査の機械化、設備に不備が生じた際に自動で警報を発するなどの機能を搭載し、電力供給の信頼性を高めている。(衡陽=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月20日
    スマート変電所が正式稼働湖南省衡陽市

    20日、変電所の10キロボルトの高圧配電盤に貼られた2次元バーコードを読み込む職員。これによりモバイル端末で設備の基本情報や試験調整リポート、点検修理リポートなどが調査・収集できる。中国湖南省衡陽(こうよう)市でこのほど、衡陽110キロボルト獅子山スマート変電所が正式に稼働した。同変電所は各種のカメラやセンサーを設置し、設備の状態を総合的に収集してモニタリングシステムへリアルタイム伝送することが可能。また、変電所の設備のホログラフィー感知や、従来人が行っていた巡回検査の機械化、設備に不備が生じた際に自動で警報を発するなどの機能を搭載し、電力供給の信頼性を高めている。(衡陽=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月20日
    スマート変電所が正式稼働湖南省衡陽市

    20日、変電所の天井からつり下げられたレールを移動し巡回検査をするロボット。10キロボルトの高圧配電盤のコントロールパネルの警告や異常をリアルタイムにモニタリングできる。中国湖南省衡陽(こうよう)市でこのほど、衡陽110キロボルト獅子山スマート変電所が正式に稼働した。同変電所は各種のカメラやセンサーを設置し、設備の状態を総合的に収集してモニタリングシステムへリアルタイム伝送することが可能。また、変電所の設備のホログラフィー感知や、従来人が行っていた巡回検査の機械化、設備に不備が生じた際に自動で警報を発するなどの機能を搭載し、電力供給の信頼性を高めている。(衡陽=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月20日
    スマート変電所が正式稼働湖南省衡陽市

    20日、変電所内で設備の状態をモニタリングする職員。中国湖南省衡陽(こうよう)市でこのほど、衡陽110キロボルト獅子山スマート変電所が正式に稼働した。同変電所は各種のカメラやセンサーを設置し、設備の状態を総合的に収集してモニタリングシステムへリアルタイム伝送することが可能。また、変電所の設備のホログラフィー感知や、従来人が行っていた巡回検査の機械化、設備に不備が生じた際に自動で警報を発するなどの機能を搭載し、電力供給の信頼性を高めている。(衡陽=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月12日
    広東省珠海市にマカオ向け水耕野菜栽培基地日本の技術導入

    12日、水耕野菜栽培基地内を巡回検査する拱北税関の職員。中国広東省珠海市の拱北(こうほく)口岸から約10キロの位置にあるマカオ向け水耕野菜栽培基地は、最もマカオに近い中国内地(本土)の「野菜畑」だ。敷地面積は約4ムー(約0・3ヘクタール)、ビニールハウス内の白いプレートで10種類以上の野菜を栽培している。基地では日本の水耕栽培技術を導入し、環境と安全性に配慮しながら年間100トン近い野菜を生産。主にマカオや珠江デルタ地域などへ供給している。増え続ける需要に応えるため、今後さらなる規模拡大を予定している。広東省内には今年10月時点でマカオ向け野菜栽培場が計79カ所あり、全国の約30%を占める。質の高い栽培場は、年間を通じてさまざまな種類の野菜を滞りなく供給し、マカオの人々の食生活を豊かにしている。(珠海=新華社記者/丁楽)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月28日
    スマートセキュリティー関連のハイテク製品を一堂に公開

    10月28日、第5世代移動通信システム(5G)スマート巡回検査ロボット。中国広東省深圳市で10月28日、2019年中国国際公共安全博覧会が4日間の日程で開幕し、100余りの国・地域から1500社以上のメーカーが先進的なセキュリティー製品やソリューションを展示した。ビッグデータ、クラウドコンピューティング、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)などの技術を取り入れた、各種のスマートセキュリティーに関するハイテク製品が注目を集めた。(深圳=新華社記者/王豊)=2019(令和元)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月20日
    新技術が大集合サービスロボット展示会開催山東省済南市

    20日、会場で展示された巡回検査ロボット。中国山東省済南市で20日、2019全国サービスロボット展示会が開催された。中国国内、日本、イタリアから業界をリードする企業約60社がさまざまなサービスロボットを出展し、来場者の知見を広げた。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月30日
    巨大電波望遠鏡「天眼」にパネル点検作業員登場風船使い重量軽減

    8月30日、初の巡回検査テストの準備をする作業員。中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST)、通称「天眼」の調整を手掛けるチームは、2017年末から反射パネル4450枚を点検するための方法を研究開発してきた。直径7・6メートルのヘリウム風船を使って作業員の体重を反射パネルが耐えられる重量にまで減らし、作業員が反射面のあらゆる箇所を巡回し、検査やメンテナンスを実施できるようにする点検方法で、このほどテスト段階に入り、担当作業員は8月30日、初めてテスト作業を行った。(平塘=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月30日
    巨大電波望遠鏡「天眼」にパネル点検作業員登場風船使い重量軽減

    8月30日、反射パネルの上で初の巡回検査テストを実施する作業員。中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST)、通称「天眼」の調整を手掛けるチームは、2017年末から反射パネル4450枚を点検するための方法を研究開発してきた。直径7・6メートルのヘリウム風船を使って作業員の体重を反射パネルが耐えられる重量にまで減らし、作業員が反射面のあらゆる箇所を巡回し、検査やメンテナンスを実施できるようにする点検方法で、このほどテスト段階に入り、担当作業員は8月30日、初めてテスト作業を行った。(平塘=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月30日
    巨大電波望遠鏡「天眼」にパネル点検作業員登場風船使い重量軽減

    8月30日、作業員が指定の場所に到着し、初の巡回検査テストの成功を拍手で祝うスタッフ。中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST)、通称「天眼」の調整を手掛けるチームは、2017年末から反射パネル4450枚を点検するための方法を研究開発してきた。直径7・6メートルのヘリウム風船を使って作業員の体重を反射パネルが耐えられる重量にまで減らし、作業員が反射面のあらゆる箇所を巡回し、検査やメンテナンスを実施できるようにする点検方法で、このほどテスト段階に入り、担当作業員は8月30日、初めてテスト作業を行った。(平塘=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月30日
    巨大電波望遠鏡「天眼」にパネル点検作業員登場風船使い重量軽減

    8月30日、反射パネルの上で初の巡回検査テストを実施する作業員。中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST)、通称「天眼」の調整を手掛けるチームは、2017年末から反射パネル4450枚を点検するための方法を研究開発してきた。直径7・6メートルのヘリウム風船を使って作業員の体重を反射パネルが耐えられる重量にまで減らし、作業員が反射面のあらゆる箇所を巡回し、検査やメンテナンスを実施できるようにする点検方法で、このほどテスト段階に入り、担当作業員は8月30日、初めてテスト作業を行った。(平塘=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月25日
    食糧備蓄の管理中国儲備糧集団襄陽直属庫を訪ねて

    25日、油脂製品貯蔵区を巡回検査する中国儲備糧集団襄陽直属庫の職員。中国儲備糧(中儲糧、ちょびりょう)集団襄陽(じょうよう)直属庫有限公司は、中儲糧集団(シノグレイン)湖北分公司が湖北省北西部に設置したセンター倉庫で、中央備蓄食糧と政策性食糧備蓄量は、湖北分公司が管理する倉庫の中でも上位にある。襄陽直属庫は近年、電子測温、循環薫蒸、機械的換気、穀物冷却を主とする「四位一体」の科学的食糧備蓄技術を応用し、備蓄食糧の虫害や腐敗の問題を効果的に解決し、品質と安全を確保している。(襄陽=新華社記者/杜華挙)=2019(令和元)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:45.08
    2019年08月25日
    「新華社」台風11号の被害受けた電力網、復旧急ピッチ福建省泉州市

    台風11号(バイルー)の影響で、中国福建省泉州市の電力網では配電用変圧器1786台と顧客9万9852戸が被害を受けた。25日午後4時までに、95%以上が応急修理を受け、電力供給を再開している。送電を担当する国家電網泉州供電公司は週末に休日返上で応急スタッフ1120人を派遣。81の重要顧客と32の重点保障顧客に加え、高層住宅地区90カ所、大・中型商業施設33カ所などに対する特別巡回活動を強化し、応急処置の準備を完了した。同社の25日午後4時時点の統計によると、故障巡回検査スタッフ延べ3360人、応急修理スタッフ延べ3959人、応急修理車両延べ1045台が出動した。すでに9万4860戸で電力供給を再開しており、再開率は95%を超えた。(記者/陳旺)<映像内容>台風11号の被害を受けた電力供給の復旧作業、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月25日
    食糧備蓄の管理中国儲備糧集団襄陽直属庫を訪ねて

    25日、穀物倉庫の中を巡回検査する中国儲備糧集団襄陽直属庫の職員。中国儲備糧(中儲糧、ちょびりょう)集団襄陽(じょうよう)直属庫有限公司は、中儲糧集団(シノグレイン)湖北分公司が湖北省北西部に設置したセンター倉庫で、中央備蓄食糧と政策性食糧備蓄量は、湖北分公司が管理する倉庫の中でも上位にある。襄陽直属庫は近年、電子測温、循環薫蒸、機械的換気、穀物冷却を主とする「四位一体」の科学的食糧備蓄技術を応用し、備蓄食糧の虫害や腐敗の問題を効果的に解決し、品質と安全を確保している。(襄陽=新華社記者/杜華挙)=2019(令和元)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月22日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月21日
    太陽光発電所建設に荒れ地を活用河北省内丘県

    21日、河北省内丘県柳林鎮の虎頭山太陽光発電所で巡回検査を行う国家電網内丘県供電公司の技術者。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県はここ数年、荒れた傾斜地を利用した太陽光発電に力を入れている。同県は南賽郷集上賽と柳林鎮虎頭山に総発電容量50メガワットの太陽光発電所を建設し、2400ムー(160ヘクタール)余りの荒れ地の活用を実現した。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月21日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    21日、ブラゴベシチェンスク-黒河110キロボルト送電線の巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月21日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    21日、ブラゴベシチェンスク-黒河110キロボルト送電線の巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETTIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月21日
    中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破

    21日、ブラゴベシチェンスク-愛輝220キロボルト送電線A・B線の巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月21日
    太陽光発電所建設に荒れ地を活用河北省内丘県

    21日、河北省内丘県柳林鎮の虎頭山太陽光発電所で巡回検査を行う国家電網内丘県供電公司の技術者。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県はここ数年、荒れた傾斜地を利用した太陽光発電に力を入れている。同県は南賽郷集上賽と柳林鎮虎頭山に総発電容量50メガワットの太陽光発電所を建設し、2400ムー(160ヘクタール)余りの荒れ地の活用を実現した。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月04日
    カンボジアからの入国者にデング熱感染者貴陽税関

    4日、感染の疑いのある旅客からサンプルを採取する貴陽税関実験室の職員。中国貴州省の貴陽税関は、4日にカンボジアから入国した旅客からデング熱患者が見つかっていたことを公表した。空港税関職員は同日午後9時43分、入国者対する医学巡回検査で、顔色が悪く頭痛があり、顔面や結膜が充血し体に麻疹様発疹が見られる2人の旅客を発見。デング熱の感染を確認するターニケットテストを実施したところ陽性反応がでた。疫学調査の結果、2人はカンボジアでの就労期間中に蚊に刺されていたことがわかり、現場職員は蚊媒介感染症の疑いがあると判断した。(貴陽=新華社配信/貴陽税関提供)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:貴陽税関/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月04日
    カンボジアからの入国者にデング熱感染者貴陽税関

    4日、ウイルス検査を実施する貴陽税関実験室の職員。中国貴州省の貴陽税関は、4日にカンボジアから入国した旅客からデング熱患者が見つかっていたことを公表した。空港税関職員は同日午後9時43分、入国者対する医学巡回検査で、顔色が悪く頭痛があり、顔面や結膜が充血し体に麻疹様発疹が見られる2人の旅客を発見。デング熱の感染を確認するターニケットテストを実施したところ陽性反応がでた。疫学調査の結果、2人はカンボジアでの就労期間中に蚊に刺されていたことがわかり、現場職員は蚊媒介感染症の疑いがあると判断した。(貴陽=新華社配信/貴陽税関提供)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:貴陽税関/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月30日
    第13回夏季ダボス会議、準備整ういよいよ明日開幕

    30日、メイン会場の大連国際会議センターを巡回検査する消防スタッフ。世界経済フォーラム(WEF)が主催する第13回夏季ダボス会議が7月1日から3日間、中国遼寧省大連市で開催される。会場は現在、会議の準備が整い、開幕を待つだけとなっている。(大連=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月24日
    【新中国成立70周年】さまざまな職業から70年の発展を振り返る

    左:1969年、貴州省貴陽市烏当区で電線の点検修理をする技術者。(資料写真)右:6月24日、天津市武清区王慶坨鎮で「夏の電力消費ピークに備えた特別巡回」要請に基づき、魯固、錫泰、廊河の3本の特別高圧送電線が並列した場所で小型無人機(ドローン)による巡回検査を行い、送電の安全を確保する国家電網天津検修公司特別高圧送電検査室ドローン巡回検査班の作業員、司浩宇(し・こうう)さん。(天津=新華社記者/李然)中国国家統計局のデータによると、1952年の中国の国内総生産(GDP)はわずか679億元だったが、2018年には90兆元(1元=約15円)の大台を突破した。(組み合わせ写真、北京=新華社配信)=2019(令和元)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月21日
    ドローン大手の一飛智控、新製品発表空の産業革命を推進

    6月21日、展示会で展示された巡回検査・測量製図用ドローンプラットフォーム「覧雀Unilark」。中国産業用小型無人機(ドローン)業界のリーディングカンパニー、一飛智控(天津)科技(efyテクノロジー)はこのほど、2種類の空中作業ソリューションを発表した。高所作業と高頻度・大重量の分野で業界が抱える難題の解決に力を入れ、空中作業の無人化という「空の産業革命」を推進する。(天津=新華社配信/一飛智控提供)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:一飛智控/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年06月06日
    四川省のチベット族居住地域、送電線検査にドローン活用

    祝日の電力需要に対応するために送電鉄塔の保守点検を行う巡回チーム。(2019年6月6日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州康定市ではこのところ、複数の小型無人機(ドローン)が頻繁に昇降し、高原に建つ送電鉄塔の周囲を旋回しながら飛び回る姿をよく見かける。中国国有送電大手、国家電網傘下の四川電力送変電建設・瀘定(ろてい)支部で送電線の保守と点検を行う巡回検査班の江宗武(こう・そうぶ)班長は「高所用のドローンを使い始めてから、巡回検査の作業効率が大幅に向上した」と語った。チベット族が多く居住する高原地域は自然環境が厳しく、山や川を越えての過酷な巡回検査で巡回員が高山病にかかることも頻繁だった。同社ではこうした難題に対応するため、2015年から専門メーカーと提携し、巡回検査専用の高性能ドローンを開発した。高容量電池を内蔵することで4キロ離れた距離からでも検査が可能で、通電部分の超微細画像を30メートル先からでも撮影できる30倍光学ズームカメラも搭載している。(カンゼ=新華社配信/国家電網四川省電力送変電建設有限公司提供)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:国家電網四川省電力送変電建設有限公司/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月06日
    四川省のチベット族居住地域、送電線検査にドローン活用

    海抜4千メートル地区で雷放電地点を調べるドローン。(2019年6月6日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州康定市ではこのところ、複数の小型無人機(ドローン)が頻繁に昇降し、高原に建つ送電鉄塔の周囲を旋回しながら飛び回る姿をよく見かける。中国国有送電大手、国家電網傘下の四川電力送変電建設・瀘定(ろてい)支部で送電線の保守と点検を行う巡回検査班の江宗武(こう・そうぶ)班長は「高所用のドローンを使い始めてから、巡回検査の作業効率が大幅に向上した」と語った。チベット族が多く居住する高原地域は自然環境が厳しく、山や川を越えての過酷な巡回検査で巡回員が高山病にかかることも頻繁だった。同社ではこうした難題に対応するため、2015年から専門メーカーと提携し、巡回検査専用の高性能ドローンを開発した。高容量電池を内蔵することで4キロ離れた距離からでも検査が可能で、通電部分の超微細画像を30メートル先からでも撮影できる30倍光学ズームカメラも搭載している。(カンゼ=新華社配信/国家電網四川省電力送変電建設有限公司提供)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:国家電網四川省電力送変電建設有限公司/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月01日
    四川省のチベット族居住地域、送電線検査にドローン活用

    海抜3300メートルに建つ送電鉄塔を丁寧に巡回点検するドローン。(2019年6月1日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州康定市ではこのところ、複数の小型無人機(ドローン)が頻繁に昇降し、高原に建つ送電鉄塔の周囲を旋回しながら飛び回る姿をよく見かける。中国国有送電大手、国家電網傘下の四川電力送変電建設・瀘定(ろてい)支部で送電線の保守と点検を行う巡回検査班の江宗武(こう・そうぶ)班長は「高所用のドローンを使い始めてから、巡回検査の作業効率が大幅に向上した」と語った。チベット族が多く居住する高原地域は自然環境が厳しく、山や川を越えての過酷な巡回検査で巡回員が高山病にかかることも頻繁だった。同社ではこうした難題に対応するため、2015年から専門メーカーと提携し、巡回検査専用の高性能ドローンを開発した。高容量電池を内蔵することで4キロ離れた距離からでも検査が可能で、通電部分の超微細画像を30メートル先からでも撮影できる30倍光学ズームカメラも搭載している。(カンゼ=新華社配信/国家電網四川省電力送変電建設有限公司提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:国家電網四川省電力送変電建設有限公司/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月10日
    新型電力スマート巡回検査ロボット使用開始河北省石家荘市

    10日、石家荘市の配電センター内で作業をする新型電力スマート巡回検査ロボット。中国河北省石家荘市の配電センターでこのほど、新型電力スマート巡回検査ロボットが正式に使用開始された。これは新型の室内軌道スマート巡回検査ロボットで、高解像度の可視光カメラ、赤外線サーモグラフィー、部分放電センサーなどの設備を搭載し、配電センター内設備の状況をリアルタイムで取得し、コントロールセンターとの間でリアルタイムデータの相互通信を行うことができ、赤外線温度モニタリング、電圧データ収集、リモートオンライン監視・測定などの機能を持っている。=2019(平成31)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年03月10日
    新型電力スマート巡回検査ロボット使用開始河北省石家荘市

    10日、石家荘市の配電センター内で作業をする新型電力スマート巡回検査ロボット。中国河北省石家荘市の配電センターでこのほど、新型電力スマート巡回検査ロボットが正式に使用開始された。これは新型の室内軌道スマート巡回検査ロボットで、高解像度の可視光カメラ、赤外線サーモグラフィー、部分放電センサーなどの設備を搭載し、配電センター内設備の状況をリアルタイムで取得し、コントロールセンターとの間でリアルタイムデータの相互通信を行うことができ、赤外線温度モニタリング、電圧データ収集、リモートオンライン監視・測定などの機能を持っている。=2019(平成31)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年03月10日
    新型電力スマート巡回検査ロボット使用開始河北省石家荘市

    10日、データを記録する中国国家電網公司の作業スタッフ。中国河北省石家荘市の配電センターでこのほど、新型電力スマート巡回検査ロボットが正式に使用開始された。これは新型の室内軌道スマート巡回検査ロボットで、高解像度の可視光カメラ、赤外線サーモグラフィー、部分放電センサーなどの設備を搭載し、配電センター内設備の状況をリアルタイムで取得し、コントロールセンターとの間でリアルタイムデータの相互通信を行うことができ、赤外線温度モニタリング、電圧データ収集、リモートオンライン監視・測定などの機能を持っている。=2019(平成31)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年03月10日
    新型電力スマート巡回検査ロボット使用開始河北省石家荘市

    10日、石家荘市の配電センター内で作業をする新型電力スマート巡回検査ロボット。中国河北省石家荘市の配電センターでこのほど、新型電力スマート巡回検査ロボットが正式に使用開始された。これは新型の室内軌道スマート巡回検査ロボットで、高解像度の可視光カメラ、赤外線サーモグラフィー、部分放電センサーなどの設備を搭載し、配電センター内設備の状況をリアルタイムで取得し、コントロールセンターとの間でリアルタイムデータの相互通信を行うことができ、赤外線温度モニタリング、電圧データ収集、リモートオンライン監視・測定などの機能を持っている。=2019(平成31)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 01:29.43
    2019年03月04日
    「新華社」北京市ICVモデル走行区、運用開始

    中国北京市インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区(首鋼パーク)がこのほど、正式に運用を開始した。同市が自動運転車のテストを集中的に行う試行地区となる。面積は8・63平方キロで、自動乗り換え、隊列走行、時間計算のカーシェアリング、無人宅配、無人清掃、無人配送、無人販売、無人巡回検査の8分野に関わる自動運転テストを行っていく。(記者/孫蕾)<映像内容>自動運転車の走行テストの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月28日
    北京市ICVモデル走行区、運用開始

    自動運転テストを行う百度(バイドゥ)と新石器慧通科技(Neolix)が開発した無人販売車。(2月28日撮影)中国北京市インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区(首鋼パーク)がこのほど、正式に運用を開始した。同市が自動運転車のテストを集中的に行う試行地区となる。面積は8・63平方キロで、自動乗り換え、隊列走行、時間計算のカーシェアリング、無人宅配、無人清掃、無人配送、無人販売、無人巡回検査の8分野に関わる自動運転テストを行っていく。(北京=新華社配信/董一鳴)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月28日
    北京市ICVモデル走行区、運用開始

    首鋼パークを隊列をなして走行する自動運転車。(2月28日撮影)中国北京市インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区(首鋼パーク)がこのほど、正式に運用を開始した。同市が自動運転車のテストを集中的に行う試行地区となる。面積は8・63平方キロで、自動乗り換え、隊列走行、時間計算のカーシェアリング、無人宅配、無人清掃、無人配送、無人販売、無人巡回検査の8分野に関わる自動運転テストを行っていく。(北京=新華社配信/董一鳴)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月28日
    北京市ICVモデル走行区、運用開始

    首鋼パークを走行する北京智行者科技有限公司の自動運転清掃車(手前)と百度(バイドゥ)と新石器慧通科技(Neolix)が開発した無人販売車。(2月28日撮影)中国北京市インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区(首鋼パーク)がこのほど、正式に運用を開始した。同市が自動運転車のテストを集中的に行う試行地区となる。面積は8・63平方キロで、自動乗り換え、隊列走行、時間計算のカーシェアリング、無人宅配、無人清掃、無人配送、無人販売、無人巡回検査の8分野に関わる自動運転テストを行っていく。(北京=新華社配信/董一鳴)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月28日
    北京市ICVモデル走行区、運用開始

    首鋼パークを走行するフードデリバリー大手「美団」の無人宅配車と京東集団(JDドットコム)の無人物流車。(2月28日撮影)中国北京市インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区(首鋼パーク)がこのほど、正式に運用を開始した。同市が自動運転車のテストを集中的に行う試行地区となる。面積は8・63平方キロで、自動乗り換え、隊列走行、時間計算のカーシェアリング、無人宅配、無人清掃、無人配送、無人販売、無人巡回検査の8分野に関わる自動運転テストを行っていく。(北京=新華社配信/董一鳴)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月28日
    北京市ICVモデル走行区、運用開始

    首鋼パークを走行する自動運転車。(2月28日撮影)中国北京市インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区(首鋼パーク)がこのほど、正式に運用を開始した。同市が自動運転車のテストを集中的に行う試行地区となる。面積は8・63平方キロで、自動乗り換え、隊列走行、時間計算のカーシェアリング、無人宅配、無人清掃、無人配送、無人販売、無人巡回検査の8分野に関わる自動運転テストを行っていく。(北京=新華社配信/鄧偉)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月16日
    鍾乳石の清掃·保護作業員湖南省張家界

    16日、鍾乳石の清掃をする張家界市黄竜洞の作業員、毛国平さん。中国湖南省張家界市にある黄竜洞は巨大鍾乳洞で、洞内におびただしい数の鍾乳石を有する観光名所。今年54歳の毛国平(もう・こくへい)さんは鍾乳石の清掃·保護を担当する作業員。当番の時間になると、同僚と一緒に洞内を歩き、各遊覧区の鐘乳石を巡回、検査し、訪れる観光客に良好な状態で見てもらうため、鍾乳石の表面にあるコケや酸化物、ほこりなどを取り除くのが仕事だ。(張家界=新華社配信/呉勇兵)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月16日
    鍾乳石の清掃·保護作業員湖南省張家界

    16日、同僚と鍾乳石の清掃をする張家界市黄竜洞の作業員、毛国平さん(左)。中国湖南省張家界市にある黄竜洞は巨大鍾乳洞で、洞内におびただしい数の鍾乳石を有する観光名所。今年54歳の毛国平(もう・こくへい)さんは鍾乳石の清掃·保護を担当する作業員。当番の時間になると、同僚と一緒に洞内を歩き、各遊覧区の鐘乳石を巡回、検査し、訪れる観光客に良好な状態で見てもらうため、鍾乳石の表面にあるコケや酸化物、ほこりなどを取り除くのが仕事だ。(張家界=新華社配信/呉勇兵)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月16日
    鍾乳石の清掃·保護作業員湖南省張家界

    16日、鍾乳石の清掃をする張家界市黄竜洞の作業員、毛国平さん。中国湖南省張家界市にある黄竜洞は巨大鍾乳洞で、洞内におびただしい数の鍾乳石を有する観光名所。今年54歳の毛国平(もう・こくへい)さんは鍾乳石の清掃·保護を担当する作業員。当番の時間になると、同僚と一緒に洞内を歩き、各遊覧区の鐘乳石を巡回、検査し、訪れる観光客に良好な状態で見てもらうため、鍾乳石の表面にあるコケや酸化物、ほこりなどを取り除くのが仕事だ。(張家界=新華社配信/呉勇兵)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2