KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 村民
  • 設立
  • 世帯
  • 北京
  • 故郷
  • きっかけ
  • トレーニング
  • ムー

「巴村」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
63
( 1 63 件を表示)
  • 1
63
( 1 63 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月17日
    果樹栽培で農家の増収を後押しチベット自治区ニンティ市

    17日、林巴村の無公害グリーン生態果樹栽培基地で農作業に従事する人々。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市米林県羌納郷林巴村は2017年初め、約1千ムー(約66・7ヘクタール)の土地を林芝盛世農業科技有限公司に貸与し、無公害グリーン生態果樹栽培基地を建設した。同基地はリンゴ、桃、チェリー、スモモなどの良質な新品種を導入し、専門家を招いて「農家に教えて、手本を見せ、やる気を高める」方式で技術指導を行っている。「広幅まき、密植栽培、液体肥料シート、果樹園の機械化」の栽培モデルで耕地利用率を高め、農家や牧畜民の労働技能を向上し、増収を後押ししてきた。同村の全32世帯はこれまで、それぞれ2万元(1元=約17円)以上の増収となっている。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100702

  • 2018年05月17日
    果樹栽培で農家の増収を後押しチベット自治区ニンティ市

    17日、果樹栽培基地で桃畑を除草し、土を掘り起こす農家。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市米林県羌納郷林巴村は2017年初め、約1千ムー(約66・7ヘクタール)の土地を林芝盛世農業科技有限公司に貸与し、無公害グリーン生態果樹栽培基地を建設した。同基地はリンゴ、桃、チェリー、スモモなどの良質な新品種を導入し、専門家を招いて「農家に教えて、手本を見せ、やる気を高める」方式で技術指導を行っている。「広幅まき、密植栽培、液体肥料シート、果樹園の機械化」の栽培モデルで耕地利用率を高め、農家や牧畜民の労働技能を向上し、増収を後押ししてきた。同村の全32世帯はこれまで、それぞれ2万元(1元=約17円)以上の増収となっている。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100671

  • 2018年05月17日
    果樹栽培で農家の増収を後押しチベット自治区ニンティ市

    17日、チベット自治区林芝市林巴村の果樹栽培基地で、シートの敷き方を指導する四川省農業科学院の謝紅江教授(右)。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市米林県羌納郷林巴村は2017年初め、約1千ムー(約66・7ヘクタール)の土地を林芝盛世農業科技有限公司に貸与し、無公害グリーン生態果樹栽培基地を建設した。同基地はリンゴ、桃、チェリー、スモモなどの良質な新品種を導入し、専門家を招いて「農家に教えて、手本を見せ、やる気を高める」方式で技術指導を行っている。「広幅まき、密植栽培、液体肥料シート、果樹園の機械化」の栽培モデルで耕地利用率を高め、農家や牧畜民の労働技能を向上し、増収を後押ししてきた。同村の全32世帯はこれまで、それぞれ2万元(1元=約17円)以上の増収となっている。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100686

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地でガチョウに餌をやる従業員。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014640

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で飼育されているガチョウたち。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014772

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で、スーパーマーケットに出荷するガチョウの卵の包装やラベル貼りをする村民。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014692

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で、飼い始めたばかりのひなを世話する仁青拉姆(レンチンラム)さん。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014885

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地の温室で飼育されているガチョウのひなたち。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014685

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で飼育されているガチョウたち。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014807

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で村民とガチョウの卵の包装をする駐在作業チームのリーダー、朱海竜(しゅ・かいりゅう)さん(右)と村民。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014756

  • 2018年09月16日
    ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市

    16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で池を泳ぐガチョウたち。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014731

  • 01:04.02
    2019年08月20日
    「新華社」チベット園を訪ねて北京園芸博

    中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)のチベット園では、チベット族居住地域特有の5色のタルチョ(祈祷旗)や花の柱、コスモス畑、雪解け水の渓流などを観賞することができる。チベット自治区ラサ市ニェモ(尼木)県の吞巴村は千年の歴史を持つ村の一つで、チベット園は同村の建築スタイルの住居を中心に、タルチョ、コスモス、雪山などの要素を融合させ、村の風景や現地の幸せな暮らしを絵巻物のように描き出している。チベット園は前後二つの展示エリアに分けられ、手前は自治区の田園風景、奥は山林風景となっている。メイン建築の吞巴村の住居に焦点を当て、園全体でチベット族居住地域の人々の住まいや暮らしが余すところなく表現されている。(記者/馬暁冬)<映像内容>北京園芸博のチベット園の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001894

  • 2019年10月10日
    牧草の刈り取りに大忙しチベット自治区ラサ

    10日、刈り取りの合間に、お茶を飲んで休憩する南巴村の村民。中国チベット自治区ラサ市のトゥールン・デチェン区にある古栄郷南巴村は秋に入り、草原が一面黄金色に染まった。半農半牧の生活を営む同村の農牧民は、家畜に越冬用の餌を用意するため、牧草の刈り取りに追われている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604789

  • 2019年10月10日
    牧草の刈り取りに大忙しチベット自治区ラサ

    10日、牧草を刈り取る南巴村の村民。中国チベット自治区ラサ市のトゥールン・デチェン区にある古栄郷南巴村は秋に入り、草原が一面黄金色に染まった。半農半牧の生活を営む同村の農牧民は、家畜に越冬用の餌を用意するため、牧草の刈り取りに追われている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605073

  • 2019年10月10日
    牧草の刈り取りに大忙しチベット自治区ラサ

    10日、牧草を刈り取る南巴村の村民。中国チベット自治区ラサ市のトゥールン・デチェン区にある古栄郷南巴村は秋に入り、草原が一面黄金色に染まった。半農半牧の生活を営む同村の農牧民は、家畜に越冬用の餌を用意するため、牧草の刈り取りに追われている。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605099

  • 2019年10月10日
    牧草の刈り取りに大忙しチベット自治区ラサ

    10日、牧草を運ぶ南巴村の村民。中国チベット自治区ラサ市のトゥールン・デチェン区にある古栄郷南巴村は秋に入り、草原が一面黄金色に染まった。半農半牧の生活を営む同村の農牧民は、家畜に越冬用の餌を用意するため、牧草の刈り取りに追われている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605101

  • 2019年10月10日
    牧草の刈り取りに大忙しチベット自治区ラサ

    10日、牧草を運ぶ南巴村の村民。中国チベット自治区ラサ市のトゥールン・デチェン区にある古栄郷南巴村は秋に入り、草原が一面黄金色に染まった。半農半牧の生活を営む同村の農牧民は、家畜に越冬用の餌を用意するため、牧草の刈り取りに追われている。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605107

  • 2019年10月10日
    牧草の刈り取りに大忙しチベット自治区ラサ

    10日、刈り取った牧草を集める南巴村の村民。中国チベット自治区ラサ市のトゥールン・デチェン区にある古栄郷南巴村は秋に入り、草原が一面黄金色に染まった。半農半牧の生活を営む同村の農牧民は、家畜に越冬用の餌を用意するため、牧草の刈り取りに追われている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605080

  • 2019年10月10日
    牧草の刈り取りに大忙しチベット自治区ラサ

    10日、牧草を運びながら笑顔を見せる南巴村の村民。中国チベット自治区ラサ市のトゥールン・デチェン区にある古栄郷南巴村は秋に入り、草原が一面黄金色に染まった。半農半牧の生活を営む同村の農牧民は、家畜に越冬用の餌を用意するため、牧草の刈り取りに追われている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605068

  • 2019年10月10日
    牧草の刈り取りに大忙しチベット自治区ラサ

    10日、刈り取った牧草を袋詰めする南巴村の村民。中国チベット自治区ラサ市のトゥールン・デチェン区にある古栄郷南巴村は秋に入り、草原が一面黄金色に染まった。半農半牧の生活を営む同村の農牧民は、家畜に越冬用の餌を用意するため、牧草の刈り取りに追われている。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605037

  • 2019年10月10日
    牧草の刈り取りに大忙しチベット自治区ラサ

    10日、刈り取った牧草を集める南巴村の村民。中国チベット自治区ラサ市のトゥールン・デチェン区にある古栄郷南巴村は秋に入り、草原が一面黄金色に染まった。半農半牧の生活を営む同村の農牧民は、家畜に越冬用の餌を用意するため、牧草の刈り取りに追われている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604830

  • 2019年10月26日
    リンゴ栽培講習会を開催チベット自治区

    26日、講習会の様子。(小型無人機から)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市メンリン(米林)県羌納郷林巴村にあるリンゴ園の隣で26日、リンゴ栽培に関する講習会が開催された。同自治区のチャムド(昌都)市や山南市、ニンティ市などから20人余りのリンゴ産業管理技術者と地元の村民が集まり、四川省農業科学院とチベット自治区農牧科学院の専門家による講習を受けたほか、同自治区リンゴ産業の新しい品種や技術、モデルの普及と応用について討論した。ニンティ市には現在、8カ所のリンゴ特別栽培モデル基地があり、累計3万5千ムー(約2333ヘクタール)以上に広がっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501403

  • 2019年10月26日
    リンゴ栽培講習会を開催チベット自治区

    26日、試食用のリンゴを用意する村民。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市メンリン(米林)県羌納郷林巴村にあるリンゴ園の隣で26日、リンゴ栽培に関する講習会が開催された。同自治区のチャムド(昌都)市や山南市、ニンティ市などから20人余りのリンゴ産業管理技術者と地元の村民が集まり、四川省農業科学院とチベット自治区農牧科学院の専門家による講習を受けたほか、同自治区リンゴ産業の新しい品種や技術、モデルの普及と応用について討論した。ニンティ市には現在、8カ所のリンゴ特別栽培モデル基地があり、累計3万5千ムー(約2333ヘクタール)以上に広がっている。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501446

  • 2019年10月26日
    リンゴ栽培講習会を開催チベット自治区

    26日、講習会で発言する四川省農業科学院の牟錦毅(ぼう・きんき)院長(左から3人目)。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市メンリン(米林)県羌納郷林巴村にあるリンゴ園の隣で26日、リンゴ栽培に関する講習会が開催された。同自治区のチャムド(昌都)市や山南市、ニンティ市などから20人余りのリンゴ産業管理技術者と地元の村民が集まり、四川省農業科学院とチベット自治区農牧科学院の専門家による講習を受けたほか、同自治区リンゴ産業の新しい品種や技術、モデルの普及と応用について討論した。ニンティ市には現在、8カ所のリンゴ特別栽培モデル基地があり、累計3万5千ムー(約2333ヘクタール)以上に広がっている。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501357

  • 2019年10月26日
    リンゴ栽培講習会を開催チベット自治区

    26日、講習会で専門家からの話を聞く村民。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市メンリン(米林)県羌納郷林巴村にあるリンゴ園の隣で26日、リンゴ栽培に関する講習会が開催された。同自治区のチャムド(昌都)市や山南市、ニンティ市などから20人余りのリンゴ産業管理技術者と地元の村民が集まり、四川省農業科学院とチベット自治区農牧科学院の専門家による講習を受けたほか、同自治区リンゴ産業の新しい品種や技術、モデルの普及と応用について討論した。ニンティ市には現在、8カ所のリンゴ特別栽培モデル基地があり、累計3万5千ムー(約2333ヘクタール)以上に広がっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501310

  • 2019年10月26日
    リンゴ栽培講習会を開催チベット自治区

    26日、モデル果樹園で採れたリンゴを村民に試食してもらう四川省農業科学院園芸研究所の謝紅江(しゃ・こうこう)研究員(手前右)。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市メンリン(米林)県羌納郷林巴村にあるリンゴ園の隣で26日、リンゴ栽培に関する講習会が開催された。同自治区のチャムド(昌都)市や山南市、ニンティ市などから20人余りのリンゴ産業管理技術者と地元の村民が集まり、四川省農業科学院とチベット自治区農牧科学院の専門家による講習を受けたほか、同自治区リンゴ産業の新しい品種や技術、モデルの普及と応用について討論した。ニンティ市には現在、8カ所のリンゴ特別栽培モデル基地があり、累計3万5千ムー(約2333ヘクタール)以上に広がっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501379

  • 2019年10月26日
    リンゴ栽培講習会を開催チベット自治区

    26日、講習会の様子。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市メンリン(米林)県羌納郷林巴村にあるリンゴ園の隣で26日、リンゴ栽培に関する講習会が開催された。同自治区のチャムド(昌都)市や山南市、ニンティ市などから20人余りのリンゴ産業管理技術者と地元の村民が集まり、四川省農業科学院とチベット自治区農牧科学院の専門家による講習を受けたほか、同自治区リンゴ産業の新しい品種や技術、モデルの普及と応用について討論した。ニンティ市には現在、8カ所のリンゴ特別栽培モデル基地があり、累計3万5千ムー(約2333ヘクタール)以上に広がっている。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501409

  • 2019年10月26日
    リンゴ栽培講習会を開催チベット自治区

    26日、講習会で専門家の講義に拍手する村民。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市メンリン(米林)県羌納郷林巴村にあるリンゴ園の隣で26日、リンゴ栽培に関する講習会が開催された。同自治区のチャムド(昌都)市や山南市、ニンティ市などから20人余りのリンゴ産業管理技術者と地元の村民が集まり、四川省農業科学院とチベット自治区農牧科学院の専門家による講習を受けたほか、同自治区リンゴ産業の新しい品種や技術、モデルの普及と応用について討論した。ニンティ市には現在、8カ所のリンゴ特別栽培モデル基地があり、累計3万5千ムー(約2333ヘクタール)以上に広がっている。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501419

  • 2019年10月26日
    リンゴ栽培講習会を開催チベット自治区

    26日、試食用のリンゴを見せる村民。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市メンリン(米林)県羌納郷林巴村にあるリンゴ園の隣で26日、リンゴ栽培に関する講習会が開催された。同自治区のチャムド(昌都)市や山南市、ニンティ市などから20人余りのリンゴ産業管理技術者と地元の村民が集まり、四川省農業科学院とチベット自治区農牧科学院の専門家による講習を受けたほか、同自治区リンゴ産業の新しい品種や技術、モデルの普及と応用について討論した。ニンティ市には現在、8カ所のリンゴ特別栽培モデル基地があり、累計3万5千ムー(約2333ヘクタール)以上に広がっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501416

  • 2019年10月27日
    チベット自治区、貧困との闘いを振り返る

    チベット自治区ニンティ(林芝)市メンリン(米林)県羌納郷林巴村の村民にリンゴの栽培技術を教える四川省農業科学院園芸研究所の謝紅江(しゃ・こうこう)教授(左端)。(2019年10月27日撮影)中国チベット自治区貧困扶助弁公室のデータによると、同自治区は現在、累計で62万8千人の貧困人口が貧困から脱却し、74の貧困県(区)すべてが貧困県ではなくなり、貧困発生率がゼロとなった。中国唯一の省レベルの「集中連片特困地区」(複数の県などをまたぐ広域貧困地区)では、地域の全体的な貧困問題が解決された。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408745

  • 2020年09月11日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    11日、青海省化隆回族自治県金源チベット族郷科上村で合格通知書を手にする、宝鶏文理学院に合格したゾマドルマさん(左)と四川文化芸術学院に合格したゲルツォさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504473

  • 2020年09月11日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    11日、青海省化隆回族自治県金源チベット族郷科上村で西北民族大学の合格通知書を手にするソナムドルマさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504556

  • 2020年09月12日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    12日、青海省化隆回族自治県金源チベット族郷科上村で中南民族大学の合格通知書を手にするラモドンドリさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504453

  • 2020年09月12日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    12日、青海省化隆回族自治県金源チベット族郷科上村で四川文化芸術学院の合格通知書を手にするソナムシンモさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504528

  • 2020年09月12日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    12日、青海省化隆回族自治県金源チベット族郷科上村で山西伝媒学院の合格通知書を手にするサンモさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504559

  • 2020年09月12日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    12日、青海省化隆回族自治県金源チベット族郷科上村で山西伝媒学院の合格通知書を手にするタシツェリンさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504571

  • 2020年09月12日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    12日、青海省化隆回族自治県金源チベット族郷科上村で四川文化芸術学院の合格通知書を手にするラモツェリンさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504460

  • 2020年09月13日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    13日、青海省化隆回族自治県金源チベット族郷科上村で青海師範大学の合格通知書を手にするジャムヤムジェさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504441

  • 2020年09月14日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    14日、青海省化隆回族自治県金源チベット族郷科上村で四川文化芸術学院の合格通知書を手にするリモドルマさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504516

  • 2020年09月14日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    14日、青海省化隆回族自治県金源チベット族郷科上村で四川文化芸術学院の合格通知書を手にするラモツェリンさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504530

  • 2020年09月14日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    14日、青海省化隆回族自治県金源チベット族郷科上村で山西伝媒学院の合格通知書を手にするラモドルマさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504551

  • 2020年09月14日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    14日、青海省化隆回族自治県金源チベット族郷科上村で四川文化芸術学院の合格通知書を手にするソナムツォモさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504531

  • 2020年09月16日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    16日、青海省化隆回族自治県巴燕鎮で四川文化芸術学院の合格通知書を手にするニャンモジェさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504512

  • 2020年09月16日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    16日、青海省西寧市で山西伝媒学院の合格通知書を手にするドルジェリンチェンさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504541

  • 2020年09月16日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    16日、青海省西寧市で山西伝媒学院の合格通知書を手に手にするツェリンドンドリさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504537

  • 2020年09月17日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    17日、青海省化隆回族自治県金源チベット族郷科下村で広西演芸職業学院の合格通知書を見るラモツェリンさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504456

  • 2020年09月18日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    18日、青海省西寧市で中南民族大学の合格通知書を手にするチョラジェさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504569

  • 2020年09月19日
    セメントレンガの製造で貧困脱却を推進チベット自治区

    19日、チベット自治区チャムド市八宿県の移転者居住区にあるセメントレンガ工場で、セメントレンガの製造に励む貧困世帯の村民。中国チベット自治区チャムド(昌都)市八宿県白瑪鎮西巴村の移転者居住区にある県政府が設立したセメントレンガ工場は、同地に移転してきた11の郷鎮の貧困世帯657戸に学習と就業の場を提供している。同工場の1日当たりの生産量は6千個余りに達し、1日平均で20人以上の就業を実現することができるという。移転プロジェクトの高度化・改造によるセメントレンガのニーズを満たすとともに、製品の販売も行っている。今年4月の設立からこれまで、7回にわたって200人ほどの実習生を受け入れてきた。彼らはセメントレンガの製造技術を学びながら、1日150元(1元=約15円)の収入を得ることができる。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901055

  • 2020年09月19日
    セメントレンガの製造で貧困脱却を推進チベット自治区

    19日、チベット自治区チャムド市八宿県の移転者居住区にあるセメントレンガ工場で、セメントレンガの製造に励む貧困世帯の村民。中国チベット自治区チャムド(昌都)市八宿県白瑪鎮西巴村の移転者居住区にある県政府が設立したセメントレンガ工場は、同地に移転してきた11の郷鎮の貧困世帯657戸に学習と就業の場を提供している。同工場の1日当たりの生産量は6千個余りに達し、1日平均で20人以上の就業を実現することができるという。移転プロジェクトの高度化・改造によるセメントレンガのニーズを満たすとともに、製品の販売も行っている。今年4月の設立からこれまで、7回にわたって200人ほどの実習生を受け入れてきた。彼らはセメントレンガの製造技術を学びながら、1日150元(1元=約15円)の収入を得ることができる。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901173

  • 2020年09月19日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    19日、湖北省武漢市の中南民族大学の構内で合格通知書を手にするコンチョクツェリンさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/劉金海)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504542

  • 2020年09月19日
    セメントレンガの製造で貧困脱却を推進チベット自治区

    19日、チベット自治区チャムド市八宿県の移転者居住区にあるセメントレンガ工場で、セメントレンガに水をかける貧困世帯の村民。中国チベット自治区チャムド(昌都)市八宿県白瑪鎮西巴村の移転者居住区にある県政府が設立したセメントレンガ工場は、同地に移転してきた11の郷鎮の貧困世帯657戸に学習と就業の場を提供している。同工場の1日当たりの生産量は6千個余りに達し、1日平均で20人以上の就業を実現することができるという。移転プロジェクトの高度化・改造によるセメントレンガのニーズを満たすとともに、製品の販売も行っている。今年4月の設立からこれまで、7回にわたって200人ほどの実習生を受け入れてきた。彼らはセメントレンガの製造技術を学びながら、1日150元(1元=約15円)の収入を得ることができる。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901103

  • 2020年09月19日
    セメントレンガの製造で貧困脱却を推進チベット自治区

    19日、チベット自治区チャムド市八宿県の移転者居住区にあるセメントレンガ工場で、セメントレンガの製造に励む貧困世帯の村民。中国チベット自治区チャムド(昌都)市八宿県白瑪鎮西巴村の移転者居住区にある県政府が設立したセメントレンガ工場は、同地に移転してきた11の郷鎮の貧困世帯657戸に学習と就業の場を提供している。同工場の1日当たりの生産量は6千個余りに達し、1日平均で20人以上の就業を実現することができるという。移転プロジェクトの高度化・改造によるセメントレンガのニーズを満たすとともに、製品の販売も行っている。今年4月の設立からこれまで、7回にわたって200人ほどの実習生を受け入れてきた。彼らはセメントレンガの製造技術を学びながら、1日150元(1元=約15円)の収入を得ることができる。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901165

  • 2020年09月19日
    セメントレンガの製造で貧困脱却を推進チベット自治区

    19日、チベット自治区チャムド市八宿県の移転者居住区にあるセメントレンガ工場の前で、撮影に応じる貧困世帯の村民たち。中国チベット自治区チャムド(昌都)市八宿県白瑪鎮西巴村の移転者居住区にある県政府が設立したセメントレンガ工場は、同地に移転してきた11の郷鎮の貧困世帯657戸に学習と就業の場を提供している。同工場の1日当たりの生産量は6千個余りに達し、1日平均で20人以上の就業を実現することができるという。移転プロジェクトの高度化・改造によるセメントレンガのニーズを満たすとともに、製品の販売も行っている。今年4月の設立からこれまで、7回にわたって200人ほどの実習生を受け入れてきた。彼らはセメントレンガの製造技術を学びながら、1日150元(1元=約15円)の収入を得ることができる。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901185

  • 2020年09月19日
    セメントレンガの製造で貧困脱却を推進チベット自治区

    19日、チベット自治区チャムド市八宿県の移転者居住区にあるセメントレンガ工場で、セメントレンガに水をかける貧困世帯の村民。中国チベット自治区チャムド(昌都)市八宿県白瑪鎮西巴村の移転者居住区にある県政府が設立したセメントレンガ工場は、同地に移転してきた11の郷鎮の貧困世帯657戸に学習と就業の場を提供している。同工場の1日当たりの生産量は6千個余りに達し、1日平均で20人以上の就業を実現することができるという。移転プロジェクトの高度化・改造によるセメントレンガのニーズを満たすとともに、製品の販売も行っている。今年4月の設立からこれまで、7回にわたって200人ほどの実習生を受け入れてきた。彼らはセメントレンガの製造技術を学びながら、1日150元(1元=約15円)の収入を得ることができる。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901053

  • 2020年09月21日
    地元劇団出身の若者たちが大学進学青海省化隆回族自治県

    21日、青海省西寧市の青海師範大学の校門で合格通知書を手にするラモチェリンさん。中国青海省海東市に位置する化隆回族自治県金源チベット族郷ではこの秋、大学新1年生20人が進学のため次々と故郷を離れていった。全員が地元の劇団「熱夢科巴芸術団」の出身で、今年の全国統一大学入試「高考」を経て19人が4年制大学に、1人が大学専科(日本の短大に相当)に合格した。同芸術団は、2012年に科巴村でボランティアをしていた王洪波(おう・こうは)さんが、貧困地区の支援教育に携わった経験を生かし、地元の子どもたちをモデルに歌舞劇「熱夢科巴」を制作したのをきっかけに誕生。これまで50人近くが参加、2015年には省が正式に登録した。同村にも芸術センターが設立された。メンバー20人は2017年に青海省文化芸術職業学校に進学し、舞踏の勉強に打ち込んだ。そして、同校での3年間の基礎学習とトレーニングを積み、今年大学に進学することになった。(北京=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092504438

  • 2021年05月16日
    (2)民宿経済が農村の経済発展を後押しチベット自治区

    ルラン(魯朗)高山牧場風景区の景色。(2020年9月11日撮影)ここ数年、民宿経済はチベット自治区の農村発展の新たな原動力となり、家族経営の旅館の数は自治区全体で2377軒に達し、人々が豊かになるための新たな手段になっている。結巴村を例にとると、国家5A級観光地(最高ランク)のバソンツォにあるこの村は、伝統的なコンポ(工布)チベット族の昔ながらの面影を残しており、多くの観光客の人気を集めている。村の173世帯のうち40世帯以上が民宿を経営しており、現在1人当たりの年間純収入は2万元を超えている。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052210774

  • 2021年05月16日
    (3)民宿経済が農村の経済発展を後押しチベット自治区

    バソンツォ(巴松措)湖の風景。(2020年7月31日撮影、小型無人機から)ここ数年、民宿経済はチベット自治区の農村発展の新たな原動力となり、家族経営の旅館の数は自治区全体で2377軒に達し、人々が豊かになるための新たな手段になっている。結巴村を例にとると、国家5A級観光地(最高ランク)のバソンツォにあるこの村は、伝統的なコンポ(工布)チベット族の昔ながらの面影を残しており、多くの観光客の人気を集めている。村の173世帯のうち40世帯以上が民宿を経営しており、現在1人当たりの年間純収入は2万元を超えている。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052210770

  • 2021年05月16日
    (5)民宿経済が農村の経済発展を後押しチベット自治区

    四川省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵道路の近くにある「ルラン国際観光小鎮」の風景。(4月2日撮影、小型無人機から)ここ数年、民宿経済はチベット自治区の農村発展の新たな原動力となり、家族経営の旅館の数は自治区全体で2377軒に達し、人々が豊かになるための新たな手段になっている。結巴村を例にとると、国家5A級観光地(最高ランク)のバソンツォにあるこの村は、伝統的なコンポ(工布)チベット族の昔ながらの面影を残しており、多くの観光客の人気を集めている。村の173世帯のうち40世帯以上が民宿を経営しており、現在1人当たりの年間純収入は2万元を超えている。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052210775

  • 2021年05月16日
    (4)民宿経済が農村の経済発展を後押しチベット自治区

    自身が経営する民宿の2階から外を眺めるツェリン・ドルジさん。(2020年9月15日撮影)ここ数年、民宿経済はチベット自治区の農村発展の新たな原動力となり、家族経営の旅館の数は自治区全体で2377軒に達し、人々が豊かになるための新たな手段になっている。結巴村を例にとると、国家5A級観光地(最高ランク)のバソンツォにあるこの村は、伝統的なコンポ(工布)チベット族の昔ながらの面影を残しており、多くの観光客の人気を集めている。村の173世帯のうち40世帯以上が民宿を経営しており、現在1人当たりの年間純収入は2万元を超えている。(ラサ=新華社記者/王沁鷗)= 配信日: 2021(令和3)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052210776

  • 2021年05月16日
    (1)民宿経済が農村の経済発展を後押しチベット自治区

    ニンティ(林芝)市巴宜区ルラン(魯朗)鎮の民宿。(4月2日撮影)ここ数年、民宿経済はチベット自治区の農村発展の新たな原動力となり、家族経営の旅館の数は自治区全体で2377軒に達し、人々が豊かになるための新たな手段になっている。結巴村を例にとると、国家5A級観光地(最高ランク)のバソンツォにあるこの村は、伝統的なコンポ(工布)チベット族の昔ながらの面影を残しており、多くの観光客の人気を集めている。村の173世帯のうち40世帯以上が民宿を経営しており、現在1人当たりの年間純収入は2万元を超えている。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052210772

  • 2021年07月08日
    (3)香り豊かなウコンカンゾウが収穫期貴州省三穂県

    7日、貴州省三穂県長吉鎮焼巴村で、ウコンカンゾウを籠に入れる農業企業の従業員。二十四節気の「小暑」に当たる7日、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州三穂(さんすい)県では、ウコンカンゾウの生産農家が収穫や加工、出荷の作業に追われた。同県はここ数年、エコ農業産業と農村振興の一体的発展を積極的に推進。経済発展の進む東部沿海地域が貧困地区の多い西部内陸地域を支援する「東西部貧困支援」をよりどころにウコンカンゾウ栽培産業を発展させ、住民の収入増を後押ししている。(三穂=新華社配信/蔡興文)= 配信日: 2021(令和3)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070902335

  • 2021年07月08日
    (4)香り豊かなウコンカンゾウが収穫期貴州省三穂県

    7日、貴州省三穂県長吉鎮焼巴村で、ウコンカンゾウの摘み採りをする地元住民。二十四節気の「小暑」に当たる7日、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州三穂(さんすい)県では、ウコンカンゾウの生産農家が収穫や加工、出荷の作業に追われた。同県はここ数年、エコ農業産業と農村振興の一体的発展を積極的に推進。経済発展の進む東部沿海地域が貧困地区の多い西部内陸地域を支援する「東西部貧困支援」をよりどころにウコンカンゾウ栽培産業を発展させ、住民の収入増を後押ししている。(三穂=新華社配信/蔡興文)= 配信日: 2021(令和3)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070902336

  • 06:07.06
    2021年10月15日
    「新華社」生命の流れは続く

    自然には力がある。それは山や川、湖、海を作り出し、この上なく美しい生命の息吹を描く。生態環境特別招聘観察員葛玉修(かつ・ぎょくしゅう)さんここの環境は非常に脆弱です。石首麋鹿(びろく)国家級自然保護区所長蔡家奇(さい・かき)さん水なしでは生きられません。長江スナメリ保護協会会長張明浩(ちょう・めいこう)さん長江の生態系を守ることは、私たち人類が生きる環境を守ることです。タングラ(唐古拉)山鎮努日巴村の村民ニマさん良い水は良い草を、良い草は良い肉をもたらしてくれます。タングラ山鎮努日巴村の村民ニマさん私は長江の源流に住んでいます。長江源水生態環境保護ステーション職員張思瀛(ちょう・しえい)さん私は長江の下流に住んでいます。長江源水生態環境保護ステーション所長トゥダン・ダンバさん私たちはともに長江の水を飲んでいます。【解説】万物は水から生まれ、人々は水辺で暮らしてきた。大河は生命の源であり、その流れの中で輝かしい文明が現れた。青い空、澄んだ水、清らかな大地、緑の山。全ての生命は水に揺られて波打ち、全ての生命は水源から始まる。長江源水生態環境保護ステーション職員張思瀛さん子どもの頃、黄浦江のほとりで暮らしていた時のようです。ここの水を見ると故郷の水を見ている気がします。ナクチュ(那曲)暗夜星空保護区スタッフダワ・ツェリンさん私たちが長江の水源を保護するからこそ、長江は生命力と活力あふれる状態を保てるのです。長江源水生態環境保護ステーション所長トゥダン・ダンバさんですから、この水源は私にとって非常に重要です。【解説】川の水は両岸の生命を育み、養い、入り組んだ土地に豊かな土壌と無限の生命力をもたらす。動物はここで繁殖し、生態系の中で独自の役割を果たしている。生態環境特別招聘観察員葛玉修さん野生動物は環境の風向計です。生態環境が良くなれば野生動物も増えます。鄱陽湖(はようこ)保護ステーション所長舒国雷(じょ・こくらい)さん鄱陽湖はアジアで最も重要な渡り鳥の越冬地で、長江全体の生態保護にとって重要な場所でもあります。石首麋鹿国家級自然保護区所長蔡家奇さんシフゾウは水辺の生活を好み、水なしではほとんど生きられません。私たちがこの保護区を作ったのは、単に =配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101507674

  • 1