KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 記者
  • 内部
  • 太陽の塔
  • 貝殻
  • 一種
  • イボニシ
  • 魚介類
  • あま
  • アワビ

「巻貝」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
68
( 1 68 件を表示)
  • 1
68
( 1 68 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Terracotta kylix (drinking cup) with whorl shells, Late Helladic IIIB, ca.

    Terracotta kylix (drinking cup) with whorl shells, Late Helladic IIIB, ca. 13001190 B.C., Mycenaean, Terracotta; Fine painted ware, H. 7 5/16 in. (18.5 cm.), Vases, The use of vertical whorl-shells is characteristic of decoration of the Late Helladic IIIB period.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022042309893

  • -
    Vishnu, Thakuri period, 10th11th century, Nepal (Kathmandu Valley), Gilt-copper alloy,

    Vishnu, Thakuri period, 10th11th century, Nepal (Kathmandu Valley), Gilt-copper alloy, H. 8 1/2 in. (21.6 cm); W. 5 in. (12.7 cm); D. 1 3/8 in. (3.5 cm); Wt. 2 lbs (.9 kg), Sculpture, Vishnu as the divine protector and preserver of order assumes a symmetrical posture, his four arms counter-balancing one another as he displays his martial kingly attributes: war discus, battle club, and conch-shell trumpet.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022042106069

  • -
    Cameo, ca. 1835, Made in New York,

    Cameo, ca. 1835, Made in New York, New York, United States, American, Helmet-conch shell, gold, and enamel, 2 1/2 x 2 1/4 in. (6.4 x 5.7 cm), Jewelry, Cameo by George W. Jamison (American, New York 18101868 Yonkers, New York), Metalwork by William Rose (active 183950), The helmet-conch-shell cameo with a bust of Andrew Jackson, cut in about 1835 by George W. Jamison, is an elegant tribute to the seventh president. Reflecting the ‘cameo fever‘ that first swept Europe in the late eighteenth century, it is inscribed with Jackson‘s oft-quoted slogan, THE UNION / IT MUST AND / SHALL BE / PRESERVED.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022042902901

  • 1973年08月28日
    スケッチ企画6397−37 カタツムリ

    陸にすむ巻貝のカタツムリ=1973(昭和48)年8月28日、撮影場所不明

    商品コード: 2018051200215

  • 1973年08月31日
    スケッチ企画6400B−14 ヤドカリ

    巻貝の貝殻に体を収め、貝殻を背負って生活するヤドカリ=1973(昭和48)年8月31日、撮影場所不明

    商品コード: 2018051200218

  • 1989年01月26日
    透明な熱水の噴出口 透明熱水噴出口見つかる

    南西太平洋北フィジー海盆で見つかった透明な熱水の噴出口(中央下部の白い部分、周辺に巻き貝が黒い粒のようにみえる)

    商品コード: 2019082600917

  • 1989年09月08日
    巨大チムニー群を発見

    熱水鉱床の周辺で観察された生物群集。中央上部に見える黒っぽい巻き貝はニシキウズガイの新種。白っぽいのはアルビニコンカという巻き貝

    商品コード: 2009012900297

  • 1993年11月13日
    アンモナイト形の自然館

    巻き貝・アンモナイトをかたどった博物館「市立自然遊学館」=大阪府貝塚市「列島・北から南から」(関西)

    商品コード: 1993111300038

  • 1994年06月12日
    出土した巻き貝 古墳時代後期の人骨出土

    南ノ前古墳群から出土したギンタカハマ=12日午後、福岡県・岡垣町糠塚(考古学)

    商品コード: 1994061200021

  • 1995年06月14日
    自宅裏でカワニナ飼育 河川敷利用し蛍飼育

    自宅裏の池で蛍の幼虫のえさになるカワニナ(淡水性の巻き貝)を飼育する成重欽也さん=大分県真玉町(なりしげ・きんや、大分県の元中学校教諭)

    商品コード: 1995061400003

  • 1995年09月22日
    近内中村遺跡から 巻き貝の装飾土器が出土

    近内中村遺跡から出土した巻き貝を模した装飾土器=22日午後、岩手県宮古市近内

    商品コード: 1995092200055

  • 1995年12月23日
    出土した巻き貝 縄文の貝笛、澄んだ音色で

    愛媛県御荘町の平城貝塚から出土した貝笛とみられる巻き貝

    商品コード: 1995122300019

  • 1996年12月06日
    磯場で巻き貝を採集 小さな生命侵す有機スズ

    港に近い磯場で巻き貝の「イボニシ」を採集する国立環境研究所の堀口敏宏さん。船底塗料に含まれる有機スズの影響を調査するため平成2年以来全国調査を続けている=神奈川県三浦市三崎町城ケ島

    商品コード: 1996120600036

  • 1996年12月06日
    生殖異常起こした巻き貝 小さな生命侵す有機スズ

    )、企画91、14日付朝刊以降使用  殻をはがしたイボニシ。この後、生殖器を調べて異常を見つける。正常なものを発見できるのはまれだ=茨城県つくば市の国立環境研究所

    商品コード: 1996120600038

  • 1997年05月10日
    ゴトウオキナエビスガイ 珍種の巻き貝を奄美で発見

    鹿児島県・奄美大島沖で国内では初めて見つかった珍種の巻き貝「ゴトウオキナエビスガイ」

    商品コード: 1997051000001

  • 1999年08月24日
    発見された新種の貝 原発予定地に新種の巻き貝

    山口県上関町八島で97(平成9)年6月に発見された新種の貝「ヤシマイシン」

    商品コード: 1999082400119

  • 2002年02月26日
    コナガニシの稚貝 激減のコナガニシを救え

    広島県水産試験場で繁殖が進められている巻き貝コナガニシの稚貝

    商品コード: 2002022600006

  • 2004年02月04日
    巻き貝形の蛍光灯 商品ニュース

    松下電器産業の電球タイプの蛍光灯「パルックボール スパイラル」

    商品コード: 2004020400095

  • 2007年03月02日
    巻き貝を補食するクリオネ クリオネが餌をパクリ

    ミジンウキマイマイ(下)を捕食するクリオネ=1日、福島県いわき市の「アクアマリンふくしま」

    商品コード: 2007030200161

  • 2007年10月03日
    海と陸を結ぶ独特の生態系

    ヒルギの落ち葉を食べる巨大巻き貝のキバウミニナ

    商品コード: 2007100300062

  • 2010年02月05日
    巻き貝の化石 1600万年前の貝の化石

    和歌山県白浜町の約1600万年前の地層から見つかった巻き貝の化石

    商品コード: 2010020500192

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月26日
    巻き貝の一種、確認できず

    イボニシが見つからなかった範囲

    商品コード: 2013032600600

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月26日
    巻き貝の一種、確認できず

    イボニシが見つからなかった範囲

    商品コード: 2013032600601

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月26日
    巻き貝の一種、確認できず

    イボニシが見つからなかった範囲

    商品コード: 2013032600602

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月26日
    巻き貝の一種、確認できず

    イボニシが見つからなかった範囲

    商品コード: 2013032600603

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月26日
    イボニシ 巻き貝の一種、確認できず

    日本各地の沿岸に生息するイボニシ

    商品コード: 2013032600625

  • 2013年08月05日
    天野和孝副学長 巻き貝の珍種化石発見

    発見された化石について説明する上越教育大の天野和孝副学長=5日午後、新潟県上越市

    商品コード: 2013080500758

  • 2013年08月05日
    ジェンキンズ助教 巻き貝の珍種化石発見

    発見された化石について説明する金沢大のロバート・ジェンキンズ助教=5日午後、新潟県上越市

    商品コード: 2013080500830

  • 2015年03月20日
    海中漂うクリオネ 春目前、名残の流氷

    〝流氷の天使〟と呼ばれるクリオネ。貝殻を持たない巻き貝の一種で、羽ばたくように水中を漂う=1日、北海道斜里町ウトロ

    商品コード: 2015032000529

  • 2016年02月19日
    流氷の天使と呼ばれるクリオネ

    キーワード:天使、オホーツク流氷館、クリオネリマキナ、アップ、巻貝、泳ぐ、屋内、かわいい、貝、群れ、呼ぶ、午前中、生き物、冬、日本、半透明、美しい、不思議、無人、流氷、透明、ハダカカメガイ属、動植物メイン写真=2016(平成28)年2月19日、北海道網走市、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090706853

  • 2016年02月19日
    流氷の天使と呼ばれるクリオネ

    キーワード:天使、オホーツク流氷館、クリオネリマキナ、アップ、巻貝、泳ぐ、屋内、かわいい、貝、群れ、呼ぶ、午前中、生き物、冬、日本、半透明、美しい、不思議、無人、流氷、透明、ハダカカメガイ属、動植物メイン写真=2016(平成28)年2月19日、北海道網走市、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090706868

  • 05:28.02
    2016年09月19日
    世界最古の釣り針出土 沖縄・サキタリ洞遺跡

    沖縄県立博物館・美術館(那覇市)は19日、同県南城市のサキタリ洞遺跡から、世界最古となる約2万3千年前(後期旧石器時代)の釣り針が出土したと発表した。巻き貝製で、旧石器時代の漁労具は国内でも初の発見。同館は「陸上での狩猟が中心と考えられていた旧石器時代の新たな一面がうかがえる貴重な資料だ」としている。 <映像内容>記者会見のもよう(右から1人目は沖縄県立博物館・美術館の山崎真治主任、2人目が藤田祐樹主任)と、釣り針などの出土物の物撮り、発掘現場とその場での説明、沖縄県立博物館・美術館の藤田祐樹主任のインタビュー、撮影日:2016(平成28)年9月19日、撮影場所:沖縄県那覇市

    商品コード: 2020062408582

  • 2016年09月19日
    最古の釣り針と未完成品 世界最古の釣り針出土

    沖縄県南城市のサキタリ洞遺跡で出土した世界最古(左)と未完成の釣り針(中央)。右は素材となる巻き貝の破片=那覇市の沖縄県立博物館・美術館

    商品コード: 2016091900562

  • 2016年09月19日
    世界最古の釣り針 世界最古の釣り針出土

    沖縄県南城市のサキタリ洞遺跡で出土した世界最古となる約2万3千年前の釣り針。巻き貝製で大きさは1・4㌢=那覇市の沖縄県立博物館・美術館

    商品コード: 2016091900558

  • 2017年01月01日
    サザエ

    キーワード:サザエ、ハイアングル、巻貝、飲食、貝、殻、魚介類、市場、市場、食材、食用、新春、生き物、朝、日本、日本産、無人、モノメイン写真=2017(平成29)年1月1日、撮影場所不明、クレジット:dkey/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041311416

  • 04:47.62
    2017年02月15日
    太陽の塔“輝き”磨く 耐震補強工事を公開

    1970年に大阪で開催された国際博覧会(万博)のシンボルで、大阪府吹田市の万博記念公園にある「太陽の塔」の耐震補強工事の様子が15日、報道陣に公開された。塔内全体に鉄骨の足場が組まれ、隙間から展示品の巻き貝や恐竜が窮屈そうに工事を見守っていた。“輝き”に磨きをかけた姿は来年3月末から正式にお披露目される。 〈映像内容〉太陽の塔内部の耐震補強工事の様子。

    商品コード: 2017090201682

  • 2017年02月15日
    太陽の塔〝輝き〟磨く

    商品コード: 2017021500649-3

  • 2017年02月15日
    太陽の塔〝輝き〟磨く

    商品コード: 2017021500649-5

  • 2017年02月15日
    内部の巻き貝 太陽の塔〝輝き〟磨く

    耐震補強工事が進む「太陽の塔」の内部。左は展示品の巻き貝=15日午後、大阪府吹田市

    商品コード: 2017021500649

  • 2017年02月15日
    太陽の塔〝輝き〟磨く

    商品コード: 2017021500649-6

  • 2017年02月15日
    太陽の塔〝輝き〟磨く

    商品コード: 2017021500649-4

  • 2017年02月15日
    太陽の塔〝輝き〟磨く

    商品コード: 2017021500649-7

  • 2017年02月15日
    太陽の塔〝輝き〟磨く

    商品コード: 2017021500649-1

  • 2017年02月15日
    太陽の塔〝輝き〟磨く

    商品コード: 2017021500649-8

  • 2017年02月15日
    太陽の塔〝輝き〟磨く

    商品コード: 2017021500649-2

  • 2018年08月11日
    海南省瓊海市で漁民向けの運動会

    11日、綱引き競技に出場した選手。中国海南省瓊海市潭門鎮で11日、漁民向けの変わった運動会が行われた。200人余りの選手が、投網や巻き貝のつかみ取り、貝殻の数珠つなぎといった漁民ならではの趣向を凝らした種目で競い合った。(瓊海=新華社記者/郭程)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301744

  • 2018年08月11日
    海南省瓊海市で漁民向けの運動会

    11日、投網競技で網を投げる選手。中国海南省瓊海市潭門鎮で11日、漁民向けの変わった運動会が行われた。200人余りの選手が、投網や巻き貝のつかみ取り、貝殻の数珠つなぎといった漁民ならではの趣向を凝らした種目で競い合った。(瓊海=新華社記者/郭程)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301655

  • 2018年08月11日
    海南省瓊海市で漁民向けの運動会

    11日、箸で巻き貝をつかみ取る速さを競い合う選手。中国海南省瓊海市潭門鎮で11日、漁民向けの変わった運動会が行われた。200人余りの選手が、投網や巻き貝のつかみ取り、貝殻の数珠つなぎといった漁民ならではの趣向を凝らした種目で競い合った。(瓊海=新華社記者/郭程)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301803

  • 2018年08月11日
    海南省瓊海市で漁民向けの運動会

    11日、投網競技で網を投げる選手。中国海南省瓊海市潭門鎮で11日、漁民向けの変わった運動会が行われた。200人余りの選手が、投網や巻き貝のつかみ取り、貝殻の数珠つなぎといった漁民ならではの趣向を凝らした種目で競い合った。(瓊海=新華社記者/郭程)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301797

  • 2018年08月11日
    海南省瓊海市で漁民向けの運動会

    11日、貝殻の数珠つなぎの速さを競い合う選手。中国海南省瓊海市潭門鎮で11日、漁民向けの変わった運動会が行われた。200人余りの選手が、投網や巻き貝のつかみ取り、貝殻の数珠つなぎといった漁民ならではの趣向を凝らした種目で競い合った。(瓊海=新華社記者/郭程)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301768

  • 2018年11月23日
    素潜り漁をする海女韓国済州島

    23日、韓国済州島で漁を終え帰宅する海女。韓国・済州(チェジュ)島では長年にわたり、潜水器具を使わずに素潜りで魚介類を取る海女(あま)文化が根付いており、海女たちは一年中、アワビや巻き貝、ナマコなどの水産資源を取って生計を立てている。現在、済州島の海女は5千人を下回っており、その大半は50歳以上だ。済州島の海女文化は2016年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている。(済州=新華社記者/王婧嫱)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615515

  • 2018年11月23日
    素潜り漁をする海女韓国済州島

    23日、韓国済州島の海岸で取った魚介類を分ける海女。韓国・済州(チェジュ)島では長年にわたり、潜水器具を使わずに素潜りで魚介類を取る海女(あま)文化が根付いており、海女たちは一年中、アワビや巻き貝、ナマコなどの水産資源を取って生計を立てている。現在、済州島の海女は5千人を下回っており、その大半は50歳以上だ。済州島の海女文化は2016年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている。(済州=新華社記者/王婧嫱)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615636

  • 2018年11月23日
    素潜り漁をする海女韓国済州島

    23日、韓国済州島沿岸で漁をする海女。韓国・済州(チェジュ)島では長年にわたり、潜水器具を使わずに素潜りで魚介類を取る海女(あま)文化が根付いており、海女たちは一年中、アワビや巻き貝、ナマコなどの水産資源を取って生計を立てている。現在、済州島の海女は5千人を下回っており、その大半は50歳以上だ。済州島の海女文化は2016年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている。(済州=新華社記者/王婧嫱)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615729

  • 2018年11月23日
    素潜り漁をする海女韓国済州島

    23日、韓国済州島の海岸で漁を終えて陸に上がる海女。韓国・済州(チェジュ)島では長年にわたり、潜水器具を使わずに素潜りで魚介類を取る海女(あま)文化が根付いており、海女たちは一年中、アワビや巻き貝、ナマコなどの水産資源を取って生計を立てている。現在、済州島の海女は5千人を下回っており、その大半は50歳以上だ。済州島の海女文化は2016年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている。(済州=新華社記者/王婧嫱)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615287

  • 2018年11月23日
    素潜り漁をする海女韓国済州島

    23日、韓国済州島の海岸で取ったタコを見せる海女。韓国・済州(チェジュ)島では長年にわたり、潜水器具を使わずに素潜りで魚介類を取る海女(あま)文化が根付いており、海女たちは一年中、アワビや巻き貝、ナマコなどの水産資源を取って生計を立てている。現在、済州島の海女は5千人を下回っており、その大半は50歳以上だ。済州島の海女文化は2016年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている。(済州=新華社記者/王婧嫱)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615738

  • 2018年11月23日
    素潜り漁をする海女韓国済州島

    23日、韓国済州島沿岸で漁をする海女。韓国・済州(チェジュ)島では長年にわたり、潜水器具を使わずに素潜りで魚介類を取る海女(あま)文化が根付いており、海女たちは一年中、アワビや巻き貝、ナマコなどの水産資源を取って生計を立てている。現在、済州島の海女は5千人を下回っており、その大半は50歳以上だ。済州島の海女文化は2016年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている。(済州=新華社記者/王婧嫱)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615506

  • 2019年03月23日
    巻き貝料理に舌鼓江蘇省淮安市

    23日、出来上がった巻き貝料理を盛り付けるスタッフ。中国江蘇省淮安(わいあん)市洪沢(こうたく)区の蒋壩(しょうは)鎮で23日、「2019洪沢巻き貝フェスティバル」が開催された。多くの観光客が集まり、巻き貝を使ったさまざまな料理を味わった。(淮安=新華社配信/陳亮)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800881

  • 2019年03月23日
    巻き貝料理に舌鼓江蘇省淮安市

    23日、フェスティバル会場で巻き貝料理を味わう観光客。中国江蘇省淮安(わいあん)市洪沢(こうたく)区の蒋壩(しょうは)鎮で23日、「2019洪沢巻き貝フェスティバル」が開催された。多くの観光客が集まり、巻き貝を使ったさまざまな料理を味わった。(淮安=新華社配信/陳亮)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800789

  • 2019年03月23日
    巻き貝料理に舌鼓江蘇省淮安市

    23日、江蘇省淮安市洪沢区の蒋壩鎮で巻き貝料理を味わう観光客ら。中国江蘇省淮安(わいあん)市洪沢(こうたく)区の蒋壩(しょうは)鎮で23日、「2019洪沢巻き貝フェスティバル」が開催された。多くの観光客が集まり、巻き貝を使ったさまざまな料理を味わった。(淮安=新華社配信/陳亮)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800794

  • 2019年03月23日
    巻き貝料理に舌鼓江蘇省淮安市

    23日、フェスティバル会場で巻き貝料理を味わう子ども。中国江蘇省淮安(わいあん)市洪沢(こうたく)区の蒋壩(しょうは)鎮で23日、「2019洪沢巻き貝フェスティバル」が開催された。多くの観光客が集まり、巻き貝を使ったさまざまな料理を味わった。(淮安=新華社配信/陳亮)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800796

  • 2019年03月23日
    巻き貝料理に舌鼓江蘇省淮安市

    23日、江蘇省淮安市洪沢区の蒋壩鎮で行われた巻き貝フェスティバルの会場。(小型無人機から)中国江蘇省淮安(わいあん)市洪沢(こうたく)区の蒋壩(しょうは)鎮で23日、「2019洪沢巻き貝フェスティバル」が開催された。多くの観光客が集まり、巻き貝を使ったさまざまな料理を味わった。(淮安=新華社配信/万震)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800801

  • 2019年04月10日
    最新発掘調査でよみがえる先史時代の華南地域の暮らし広東省

    巻貝の殻が何層にも堆積して形成された青塘遺跡にある岩。できてから1万年余り経っている。考古学専門家は、この場所は嶺南地方の祖先たちが食べ終えた貝殻を捨てた「ゴミ捨て場」ではないかと推測している。(4月10日撮影)中国広東省英徳市青塘(せいとう)鎮にある青塘遺跡は、旧石器時代から新石器時代への過渡期にあたる嶺南地方(南嶺山脈以南の地域)の洞穴(どうけつ)遺跡で、今年3月に「2018年全国十大考古学発見」の1つに選ばれている。この遺跡の発掘調査がこのほど終了した。考古学者らが2016年から2019年初頭にかけて、同遺跡の黄門岩1~4号洞穴で発掘調査を行った結果、古代人類の化石や石器、土器、貝器および骨角器や動物の骨格化石といったさまざまな文物の標本1万点余りが出土した。彼らは、約2万5千年から1万年前の間にこの地で暮らしていた人類が残した活動の痕跡だとみている。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042401121

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月09日
    渇水期を迎えた鄱陽湖江西省

    9日、干上がった江西省廬山市の鄱陽湖の底で見られた多くの巻き貝の死骸。中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖が渇水期を迎えた。水位の低下に伴い、湖の一部ではこのところ、縦横に溝が走る湖底の地形が徐々に姿を現しており、多くの観光客が見学に訪れている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101746

  • 2020年04月15日
    巻き貝手にする研究者 海の未来、温暖化と酸性化

    「CO2シープ」で拾った巻き貝を手にする研究者。先端が白く、表面はつるつるしている=3月24日、伊豆諸島式根島、水深5㍍

    商品コード: 2020041501635

  • 2020年04月15日
    酸性化の影響見せる巻き貝 海の未来、温暖化と酸性化

    2017年3月、式根島の調査で採取されたホラガイの一種「ボウシュウボラ」。左は、高濃度の二酸化炭素を含む「CO2シープ」にいた。貝殻は渦を巻き成長していく。酸性化が進んだ海水に、稚貝からさらされたため、時が経過している先端ほど白く厚みが薄い。表面は石灰藻が付着せず、つるつるしている。右は近くのCO2濃度の低い「温暖化」の海域にいた。石灰藻が付いている=3月23日、静岡県下田市

    商品コード: 2020041501640

  • 2020年12月17日
    新種の巻き貝「テグラ・クサイロ」(右)

    新種と分かり「テグラ・クサイロ」の学名が付けられた巻き貝(右)。左は殻が漆黒のクマノコガイ。「シッタカ」と呼ばれる巻き貝の一種「クマノコガイ」のうち、殻が漆黒色の貝と、緑褐色の貝は別の種だったことが、岡山大や東北大などでつくるグループの調査で分かった。緑褐色が学名がない新種で、グループは「テグラ・クサイロ」という学名を付けた。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010807329

  • 2022年05月15日
    News - May 15, 2022

    May 15, 2022, Albuquerque, New Mexico, USA: 051522 .Incense, a drum, flowers and conch shell are on display during the San Ysidro and y Santa Maria de la Cabeza South Valley Celebration held at Sanchez Farm Open Space . San Ysidro is the Patron Saint of Farmers . Photographed on Sunday May 15 , 2022.Adolphe Pierre-Louis/JOURNAL. (Credit Image: © Adolphe Pierre-Louis/Albuquerque Journal via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Adolphe Pierre-Louis/Albuquerque Journal via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052110535

  • 2022年06月02日
    (4)西蔵自治区の小児患者、病院で「国際子どもの日」祝う江蘇省南京市

    1日、水族館「南京海底世界」が提供した巻き貝の標本を見学する子どもと保護者。中国江蘇省南京市の南京医科大学第二付属医院など各機関は1日、同医院で治療を受けている西蔵(シーザン)自治区の小児患者数十人のために催しを行い、「国際子どもの日」を祝った。子どもたちは、困窮家庭の先天性心疾患児を専門的に救う慈善活動「心佑プロジェクト‐西蔵」の対象者である。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2022(令和4)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060207511

  • 1