KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ブロンズトキ
  • 中国雲南省
  • 保護動物
  • 人工飼育
  • 湿地公園
  • 確認雲南省
  • 人工繁殖
  • 中国固有
  • 雲南省保山市
  • 黒竜江省

「希少鳥類」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
111
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
111
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:56.66
    2021年04月27日
    「新華社」鉄塔上のコウノトリの巣を「ライブ配信」で見守り江西省

    中国送電大手、国家電網傘下の江西省電力南昌供電はこのほど、鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区管理局と共同で、送電塔2基の上に作られたコウノトリの巣をモニタリングするカメラを設置した。24時間全天候型の「ライブ配信」を開始し、希少鳥類の個体群回復の研究に役立てる。2台の監視カメラからの映像によると、現在、二つの巣のひな6羽は順調に育っている。(記者/姚子雲) =配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (7)干潟に姿を現した希少鳥類ブロンズトキ福建省

    17日、福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟で餌を探すブロンズトキ。中国福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟にこのほど、希少鳥類のブロンズトキが姿を現した。その様子を捉えた映像が地元メディアによって報じられるとたちまち評判となり、各地のカメラマンや地元の生態保護ボランティアが、美しい姿を一目見ようと次々と干潟を訪れた。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (5)干潟に姿を現した希少鳥類ブロンズトキ福建省

    17日、福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟で餌を探すブロンズトキ。中国福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟にこのほど、希少鳥類のブロンズトキが姿を現した。その様子を捉えた映像が地元メディアによって報じられるとたちまち評判となり、各地のカメラマンや地元の生態保護ボランティアが、美しい姿を一目見ようと次々と干潟を訪れた。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (4)干潟に姿を現した希少鳥類ブロンズトキ福建省

    17日、福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟で餌を探すブロンズトキ。中国福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟にこのほど、希少鳥類のブロンズトキが姿を現した。その様子を捉えた映像が地元メディアによって報じられるとたちまち評判となり、各地のカメラマンや地元の生態保護ボランティアが、美しい姿を一目見ようと次々と干潟を訪れた。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (2)干潟に姿を現した希少鳥類ブロンズトキ福建省

    17日、福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟で餌を探すブロンズトキ。中国福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟にこのほど、希少鳥類のブロンズトキが姿を現した。その様子を捉えた映像が地元メディアによって報じられるとたちまち評判となり、各地のカメラマンや地元の生態保護ボランティアが、美しい姿を一目見ようと次々と干潟を訪れた。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (8)干潟に姿を現した希少鳥類ブロンズトキ福建省

    17日、福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟上空を飛ぶブロンズトキ。中国福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟にこのほど、希少鳥類のブロンズトキが姿を現した。その様子を捉えた映像が地元メディアによって報じられるとたちまち評判となり、各地のカメラマンや地元の生態保護ボランティアが、美しい姿を一目見ようと次々と干潟を訪れた。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (3)干潟に姿を現した希少鳥類ブロンズトキ福建省

    17日、福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟で戯れるブロンズトキ。中国福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟にこのほど、希少鳥類のブロンズトキが姿を現した。その様子を捉えた映像が地元メディアによって報じられるとたちまち評判となり、各地のカメラマンや地元の生態保護ボランティアが、美しい姿を一目見ようと次々と干潟を訪れた。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (1)干潟に姿を現した希少鳥類ブロンズトキ福建省

    17日、福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟で餌を探すブロンズトキ。中国福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟にこのほど、希少鳥類のブロンズトキが姿を現した。その様子を捉えた映像が地元メディアによって報じられるとたちまち評判となり、各地のカメラマンや地元の生態保護ボランティアが、美しい姿を一目見ようと次々と干潟を訪れた。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    干潟に姿を現した希少鳥類ブロンズトキ福建省

    17日、福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟上空を飛ぶブロンズトキ。中国福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟にこのほど、希少鳥類のブロンズトキが姿を現した。その様子を捉えた映像が地元メディアによって報じられるとたちまち評判となり、各地のカメラマンや地元の生態保護ボランティアが、美しい姿を一目見ようと次々と干潟を訪れた。(福州=新華社記者/梅永存)=配信日:2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.01
    2021年03月22日
    「新華社」希少鳥類コウライアイサ、長白山に飛来吉林省

    中国吉林省自然博物館の研究員がこのほど、越冬を終えて同省長白山地区に戻ってきたコウライアイサの撮影に成功した。林の中の渓流で泳ぎ回る活発な姿を捉えている。コウライアイサは毎年3月中旬から相次いで長白山地区に到着、パートナーを見つけて営巣・産卵し、ひなを育てる。11月には越冬のため一家で南方に渡る。第三紀氷河時代から存在する種で、希少種としてジャイアントパンダやアモイトラと同様に国家1級保護動物に指定されるとともに、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。また、生息環境に対する要求が極めて高く、水域環境の「生態試験紙」とも称される。(記者/張建) =配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (4)高黎貢山に希少鳥類シュイロマシコ雲南省

    21日、木の上で餌をついばむシュイロマシコ。中国雲南省保山市百花嶺村の村民がこのほど、木の枝で餌をついばむ希少鳥類シュイロマシコ30羽余りを目撃した。高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局が明らかにした。地元の野鳥ガイドによると、毎年1~3月はシュイロマシコが標高の高い地域から降りて食べ物を探すため、観察に適している。単独または数羽で行動することが多く、今回のように30羽単位で共に過ごすケースは珍しいという。個体数が少ないことから、国家林業局が2000年8月1日に発表した「国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物リスト」に掲載されている。(昆明=新華社配信/毛三)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (6)高黎貢山に希少鳥類シュイロマシコ雲南省

    21日、木の枝に止まったシュイロマシコ。中国雲南省保山市百花嶺村の村民がこのほど、木の枝で餌をついばむ希少鳥類シュイロマシコ30羽余りを目撃した。高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局が明らかにした。地元の野鳥ガイドによると、毎年1~3月はシュイロマシコが標高の高い地域から降りて食べ物を探すため、観察に適している。単独または数羽で行動することが多く、今回のように30羽単位で共に過ごすケースは珍しいという。個体数が少ないことから、国家林業局が2000年8月1日に発表した「国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物リスト」に掲載されている。(昆明=新華社配信/毛三)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (2)高黎貢山に希少鳥類シュイロマシコ雲南省

    21日、木の上で餌をついばむシュイロマシコ。中国雲南省保山市百花嶺村の村民がこのほど、木の枝で餌をついばむ希少鳥類シュイロマシコ30羽余りを目撃した。高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局が明らかにした。地元の野鳥ガイドによると、毎年1~3月はシュイロマシコが標高の高い地域から降りて食べ物を探すため、観察に適している。単独または数羽で行動することが多く、今回のように30羽単位で共に過ごすケースは珍しいという。個体数が少ないことから、国家林業局が2000年8月1日に発表した「国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物リスト」に掲載されている。(昆明=新華社配信/毛三)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (5)高黎貢山に希少鳥類シュイロマシコ雲南省

    21日、木の枝に止まったシュイロマシコ。中国雲南省保山市百花嶺村の村民がこのほど、木の枝で餌をついばむ希少鳥類シュイロマシコ30羽余りを目撃した。高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局が明らかにした。地元の野鳥ガイドによると、毎年1~3月はシュイロマシコが標高の高い地域から降りて食べ物を探すため、観察に適している。単独または数羽で行動することが多く、今回のように30羽単位で共に過ごすケースは珍しいという。個体数が少ないことから、国家林業局が2000年8月1日に発表した「国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物リスト」に掲載されている。(昆明=新華社配信/毛三)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (3)高黎貢山に希少鳥類シュイロマシコ雲南省

    21日、木の枝に止まったシュイロマシコ。中国雲南省保山市百花嶺村の村民がこのほど、木の枝で餌をついばむ希少鳥類シュイロマシコ30羽余りを目撃した。高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局が明らかにした。地元の野鳥ガイドによると、毎年1~3月はシュイロマシコが標高の高い地域から降りて食べ物を探すため、観察に適している。単独または数羽で行動することが多く、今回のように30羽単位で共に過ごすケースは珍しいという。個体数が少ないことから、国家林業局が2000年8月1日に発表した「国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物リスト」に掲載されている。(昆明=新華社配信/毛三)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (1)高黎貢山に希少鳥類シュイロマシコ雲南省

    21日、雲南省保山市に姿を現したシュイロマシコ。中国雲南省保山市百花嶺村の村民がこのほど、木の枝で餌をついばむ希少鳥類シュイロマシコ30羽余りを目撃した。高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局が明らかにした。地元の野鳥ガイドによると、毎年1~3月はシュイロマシコが標高の高い地域から降りて食べ物を探すため、観察に適している。単独または数羽で行動することが多く、今回のように30羽単位で共に過ごすケースは珍しいという。個体数が少ないことから、国家林業局が2000年8月1日に発表した「国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物リスト」に掲載されている。(昆明=新華社配信/毛三)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.64
    2021年02月08日
    「新華社」湖の渡り鳥を見守る管理保護員貴州省草海

    冬も終わりに近づき、春の兆しが見え始めた中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区は、渡り鳥の越冬がピークを迎えた。同地で冬を越すオグロヅルやクロヅル、インドガンなどの群れが、美しい高原湿地に活気を添えている。当初15人だった草海の鳥類管理保護員は、1992年に同地が国家級自然保護区に指定されて以降増え続け、今では60人を数える。彼らは管理保護業務に役立つ草海周辺の環境と鳥類の習性に精通している。雲貴高原に位置する草海は、世界の同緯度地域で数少ない高原の天然淡水湖。面積は120平方キロメートルで、オグロヅルなど希少鳥類の主要越冬地となっている。同省はここ数年、草海の総合整備と湿地修復を強力に進めており、毎年越冬に訪れる渡り鳥は10万羽を超える。(記者/楊文斌) =配信日: 2021(令和3)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.21
    2021年01月28日
    「新華社」絶滅危惧種の鳥類ミミジロゴイを確認浙江省衢州市

    中国浙江省衢州(くしゅう)市常山県の東案郷梅樹底村でこのほど、国家2級保護鳥類に指定されるミミジロゴイ(海南虎斑鳽)が確認された。同県で観測されるのは初めてだという。ミミジロゴイは中国固有のサギ科の希少鳥類で、生息地の環境要求が高く、世界で絶滅の危険性が最も高い鳥類30種の一つとされる。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (2)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (4)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.20
    2021年01月20日
    「新華社」湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(記者/姚兵) =配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (6)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.77
    2021年01月16日
    「新華社」冬空を舞うタンチョウ黒竜江省扎竜国家級自然保護区

    中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区では厳しい寒さの中、タンチョウの舞い飛ぶ姿が多くの観光客を楽しませている。同保護区は国際的な重要性が認められ、中国で初めてラムサール条約に登録された湿地の一つ。これまで、野生のタンチョウやソデグロヅル、ナベヅルなど希少鳥類の保護に積極的に取り組んできた。タンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点としては国内最大規模で、これまでに350羽が野生復帰したという。人工飼育と半自然状態のタンチョウは計500羽、うち半自然状態のつがいは15組に達している。(記者/唐鉄富) =配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)=配信日:2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区を舞うタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区を舞うタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区を舞うタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区内のタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区を舞うタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区内のタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区内のタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区を舞うタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区を舞うタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    タンチョウヅルが舞う真冬の扎竜国家級自然保護区黒竜江省

    8日、扎竜国家級自然保護区を舞うタンチョウヅル。真冬を迎えた中国黒竜江省チチハル市の扎竜(ジャロン)国家級自然保護区で、人工飼育のタンチョウヅル300羽余りが自由に戯れ、飛び回っている光景が見られた。同保護区では1979年に扎竜ツル科鳥類訓練・繁殖センターを設け、タンチョウヅルの飼育や繁殖、野生化訓練のほか、野生の希少鳥類の救護活動などに取り組んでいる。(チチハル=新華社配信/梁志強)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.67
    2020年11月23日
    「新華社」草海国家級自然保護区にオグロヅルが飛来貴州省

    中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にはこのところ、希少鳥類のオグロヅルが越冬のため相次いで飛来している。オグロヅルは毎年3月に北上し、四川省の若爾蓋大草原で繁殖した後、10月末~11月初めにかけて草海湖に飛来。湖の東岸や南岸、西南岸の浅瀬などで越冬する。19日までに同保護区に飛来した渡り鳥は計5万6千羽以上に上る。(記者/崔暁強)<映像内容>草海国家級自然保護区に飛来したオグロヅルの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市

    23日、天津市の大黄堡湿地自然保護区にたたずむコサギ。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市

    23日、天津市の大黄堡湿地自然保護区で戯れるセイタカシギ。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市

    23日、大黄堡湿地自然保護区の風景。かつて存在した別荘地は取り壊された。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市

    23日、天津市の大黄堡湿地自然保護区。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市

    23日、天津市の大黄堡湿地自然保護区の上空を飛ぶ3羽のゴイサギ。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市

    23日、天津市の大黄堡湿地自然保護区に生息するコサギ。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市

    23日、天津市の大黄堡湿地自然保護区。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市

    23日、大黄堡湿地自然保護区の上空を飛ぶセイタカシギ。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    大黄堡湿地の環境改善、水鳥の楽園に天津市

    23日、天津市の大黄堡湿地自然保護区にたたずむセイタカシギ。中国天津市武清区東部に位置する大黄堡湿地自然保護区は、総面積104・65平方キロ。華北地域で数少ない大型のヨシ沼沢地で、多くの希少鳥類の生息地になっており、市の湿地自然保護区に指定されている。同保護区では過去2年間にわたる湿地の保護・修復活動を経て、生物多様性の状況が顕著に改善した。生態環境部南京環境科学研究所に委託し2019年に実施した第2回科学調査によると、前回(05年)と比べ、鳥類15種を含む計214種の野生動植物が増加していた。魚類、爬虫類、浮遊生物、底生生物などの種はいずれも大幅な増加が見られた。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.11
    2020年07月11日
    「新華社」自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省

    中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。ブロンズトキは主に欧州南部、アフリカ、中米、アジアに分布している。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長期間確認されなかったため、国際自然保護連合(IUCN)の基準に照らし、多くの専門家が中国では絶滅していたと考えていた。剣湖湿地管護局の職員が6月初め、定期巡回中にブロンズトキ8羽の足跡を初めて発見した。研究スタッフの追跡調査と行動観察の結果、同湿地のサギ類繁殖区域でブロンズトキが繁殖していることが確認できた。また、巣の中で幼鳥3羽が見つかった。中国科学院昆明動物研究所鳥類グループの伍和啓(ご・わけい)博士は「雲南省で初めてブロンズトキの自然繁殖に関する情報を得られた。国内では非常に珍しい」とした上で、ブロンズトキの繁殖期は地域ごとに異なるが、一般的に春に集団で巣を作り、一つの巣に3~5個の卵を産むと説明。今回の情報は、ブロンズトキに関する研究・保護事業を展開する上で重要な意義を持つと述べた。(記者/趙珮然)<映像内容>ブロンズトキの自然繁殖、ひなに餌を与える様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省

    1日、雲南省の剣湖湿地省級自然保護区を飛ぶブロンズトキ。中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省

    1日、剣湖湿地で餌をついばむブロンズトキ。中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省

    1日、巣の中のブロンズトキの幼鳥。中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省

    1日、剣湖湿地のブロンズトキ。中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省

    1日、水面を飛び交うブロンズトキなどの鳥たち。中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省

    1日、巣の中のブロンズトキの幼鳥。中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省

    1日、雲南省の剣湖湿地省級自然保護区を飛ぶブロンズトキ。中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省

    1日、剣湖湿地で餌をついばむブロンズトキ。中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:36.18
    2020年06月29日
    「新華社」華北ヒョウ4頭を確認山西省沁源県

    中国山西省長治市沁源県でこのほど、赤外線カメラが国家1級保護動物の華北ヒョウ(学名Pantherapardusjaponensis)を捉えた。映像による確認は県内で初めて。同県林業・草原局の趙紅兵(ちょう・こうへい)主任によると、県は昨年、希少鳥類ミミキジの分布を調べる総合科学調査プロジェクトを開始。霊空山などの森林に赤外線カメラ200台以上を設置した。カメラの撮影データを回収した際に、華北ヒョウの行動を捉えていたことが分かったという。華北ヒョウは中国に唯一生息するヒョウ亜科の一種で、国家1級保護動物に指定されている。全長約1・7~2・1メートル、尾の長さが体長の半分以上を占めており、オスの体重は約60~75キロ。同省は中国北部で最も良好な森林環境を保っていることから、野生の華北ヒョウが最も多く生息している。(記者/解園)<映像内容>野生の華北ヒョウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影四川省成都市

    25日、写真愛好家が湔江河谷の太陽湾風景区で撮影した希少鳥類のベニジュケイ。中国四川省彭州市湔江河谷の太陽湾風景区で25日、写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影した。同鳥は中国の2級重点保護野生動物に指定されている。(成都=新華社配信/張義先)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影四川省成都市

    25日、写真愛好家が湔江河谷の太陽湾風景区で撮影した希少鳥類のベニジュケイ。中国四川省彭州市湔江河谷の太陽湾風景区で25日、写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影した。同鳥は中国の2級重点保護野生動物に指定されている。(成都=新華社配信/張義先)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影四川省成都市

    25日、写真愛好家が湔江河谷の太陽湾風景区で撮影した希少鳥類のベニジュケイ。中国四川省彭州市湔江河谷の太陽湾風景区で25日、写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影した。同鳥は中国の2級重点保護野生動物に指定されている。(成都=新華社配信/張義先)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影四川省成都市

    25日、写真愛好家が湔江河谷の太陽湾風景区で撮影した希少鳥類のベニジュケイ。中国四川省彭州市湔江河谷の太陽湾風景区で25日、写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影した。同鳥は中国の2級重点保護野生動物に指定されている。(成都=新華社配信/張義先)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影四川省成都市

    25日、写真愛好家が湔江河谷の太陽湾風景区で撮影した希少鳥類のベニジュケイ。中国四川省彭州市湔江河谷の太陽湾風景区で25日、写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影した。同鳥は中国の2級重点保護野生動物に指定されている。(成都=新華社配信/張義先)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影四川省成都市

    25日、写真愛好家が湔江河谷の太陽湾風景区で撮影した希少鳥類のベニジュケイ。中国四川省彭州市湔江河谷の太陽湾風景区で25日、写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影した。同鳥は中国の2級重点保護野生動物に指定されている。(成都=新華社配信/張義先)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月23日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/汪金芳)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.61
    2020年04月23日
    「新華社」希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(記者/林碧鋒)<映像内容>ハリオハチクイの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月23日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/汪金芳)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.42
    2020年03月23日
    「新華社」農家に迷い込んだミミキジ、野生に返る

    中国陝西省韓城市で22日、傷を負ったミミキジが農家に迷い込み、付近の住民が直ちに同市森林公安局に通報した。手当てを受けたミミキジは2日間で野生に返る条件を満たし、森林公安局によって23日に韓城市黄竜山ミミキジ国家級自然保護区の緩衝地域に放された。ミミキジは中国固有の希少鳥類で、絶滅危惧種に属し、中国国家1級保護動物に指定されている。(記者/孫正好)<映像内容>ミミキジの保護、野生に返す様子、撮影日:2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.25
    2019年12月18日
    「新華社」多数の渡り鳥が湿地に飛来湖北省黄石市

    中国湖北省黄石市陽新県の湖北網湖湿地自然保護区には今年9月から、数万羽の渡り鳥が飛来している。保護区内の湖沼や森林ではソデグロヅルやナベコウ、コハクチョウなど希少鳥類が戯れる姿が見られる。統計によると、これまでに保護区内に飛来したさまざまな鳥類は50種以上、6万羽余りに達している。(記者/王自宸)<映像内容>湿地に飛来した多数の渡り鳥の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.42
    2019年11月28日
    「新華社」福建君子峰国家級自然保護区で希少鳥類を観察福建省三明市

    中国福建省三明市明渓県に位置する福建君子峰国家級自然保護区は、環境の改善と保護に力強く取り組んでおり、同自然保護区を訪れる希少鳥類が増加している。記者は自然保護区内の夏陽郷にある山の斜面で、国家1級保護動物のジュケイとカラヤマドリ、国家2級保護動物のハッカンの姿を確認した。同自然保護区は総面積約1万8千ヘクタールで、2008年1月に国家級自然保護区に指定された。(記者/梅永存、郭圻)<映像内容>福建君子峰国家級自然保護区の鳥の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月29日
    ロシアの足環つけたコウノトリを保護黒竜江省

    29日、保護されたコウノトリ。中国黒竜江省伊春市の小興安嶺(しょうこうあんれい)野生動物救護繁殖研究センターは29日、ロシアの足環のついた希少鳥類・コウノトリを保護した。コウノトリは中国で国家1級保護動物、世界でも絶滅危惧種に指定されており「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。現在の野生個体群数は3千羽に満たない。(伊春=新華社配信)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年10月29日
    ロシアの足環つけたコウノトリを保護黒竜江省

    29日、保護されたコウノトリの足環。中国黒竜江省伊春市の小興安嶺(しょうこうあんれい)野生動物救護繁殖研究センターは29日、ロシアの足環のついた希少鳥類・コウノトリを保護した。コウノトリは中国で国家1級保護動物、世界でも絶滅危惧種に指定されており「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。現在の野生個体群数は3千羽に満たない。(伊春=新華社配信)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2019年06月12日
    希少鳥類のジュケイ、浙江省烏岩嶺保護区で自然繁殖に成功

    自然繁殖で育ったジュケイのひな。3羽とも順調に育っており、独り立ちして生存できる能力をほぼ備えた。(6月12日撮影)中国浙江省烏岩嶺国家級自然保護区のスタッフがこのほど、自然繁殖で育ったジュケイのひな3羽が、高さ4メートル余りの梁(はり)まで飛べるようになったことに気付いた。これは2011年以降、鳥岩嶺保護区がジュケイのひな60羽余りの人工繁殖に相次いで成功したのに続き、自然繁殖にも成功したことを意味する。(杭州=新華社配信/烏岩嶺国家級自然保護区提供)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:烏岩嶺国家級自然保護区/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/匡琳)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月10日
    Book museum in Dresden shows literary treasures

    10 May 2019, Saxony, Dresden: View of the book “Collection of various foreign and rare birds“ by George Edwards and Mark Catesby from 1770 in the exhibition “Grenzenlos sammeln. Rarities from distant countries“ in the book museum of the Saxon State Library (SLUB). The museum now displays travelogues, tableaux, treatises and other written documents from all over the world that are up to 4000 years old. Photo: Oliver Killig/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年05月04日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    漢江湿地公園を舞う3羽のブロンズトキ。(5月4日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月04日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    漢江湿地公園で水と戯れる2羽のブロンズトキ。(5月4日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月04日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    5月4日、漢江湿地公園の水辺で戯れるブロンズトキ。中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月30日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月30日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/鄭青)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月29日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    漢江湿地公園で水と戯れるブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月29日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月29日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/鄭青)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月29日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    漢江湿地公園を舞うブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月29日
    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市

    漢江湿地公園の水辺を飛ぶブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月26日
    希少鳥類のジュケイ、浙江省烏岩嶺保護区で自然繁殖に成功

    寄り添うジュケイの親子。(4月26日撮影)中国浙江省烏岩嶺国家級自然保護区のスタッフがこのほど、自然繁殖で育ったジュケイのひな3羽が、高さ4メートル余りの梁(はり)まで飛べるようになったことに気付いた。これは2011年以降、鳥岩嶺保護区がジュケイのひな60羽余りの人工繁殖に相次いで成功したのに続き、自然繁殖にも成功したことを意味する。(杭州=新華社配信/鄭方東)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月09日
    百万羽余りの渡り鳥が飛来希少鳥類も確認北京市

    北京市房山区の鳥類観測ステーションで、石の上に止まるカベバシリ。(2018年12月撮影)中国北京市園林緑化局によると、今年同市の鳥類観測ステーション88カ所で観測された希少なコウノトリやアカハジロなどを含む渡り鳥の数は、1日の時点で140万羽余りに達した。亜熱帯から亜寒帯への移行帯に位置する同市は、多くの渡り鳥が春と秋の渡りの時期に必ず通る飛翔ルートにあたり、世界における鳥類の渡りのルート上の重要な中継地となっている。毎年、同市を通過する渡り鳥や旅鳥は300種類以上に上る。(北京=新華社配信)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:53.44
    2018年10月02日
    「新華社」鳥と人の楽園がリニューアル遼寧省瀋陽市

    鳥類保護や科学普及教育、科学研究、観光レジャーを集約した中国遼寧省瀋陽市の希少鳥類テーマパーク「瀋陽鳥島」がこのほど、7カ月に及ぶリニューアル工事を終え、国慶節に合わせてオープンした。国家3A級観光地である鳥島は、瀋陽市中心部を流れる主要河川・渾河(こんが)に自然形成された中洲で、面積は49・26ヘクタール、自然資源が豊富で、鳥類の生息や繁殖に適している。ここ数年の渾河の水質と周辺環境の改善に伴い、毎年多くの鳥がこの島に集まるようになり、瀋陽市民のバードウオッチングの名所となった。リニューアルオープン後、鳥島では鳥の種類が増え、その数も千羽近くとなり、施設もさらに充実した。止まり木や水辺の観察テラスをさらに増やしたことで、来場者は近距離で鳥を観察でき、大自然の真の美しさを味わいながら、島全体で一つの世界が体験できるようになった。島では空を飛ぶ鳥とそれを眺める人とが、一幅の絵のように調和した姿を作り出している。(記者/趙泳)<映像内容>希少鳥類テーマパーク「瀋陽鳥島」リニューアルオープンの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月29日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターで今年ふ化に成功したカラニジキジのひな。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月29日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターでカラニジキジに餌を与える飼育員。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月29日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センター内の人工飼育舎で餌を食べる雄のカラニジキジ。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月29日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターで餌を食べる今年ふ化に成功したカラニジキジのひな。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月29日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターで今年ふ化に成功したカラニジキジのひな。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月29日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センター内の人工飼育舎で餌を食べる雄のカラニジキジ。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月29日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターの飼育舎で餌を食べるカラニジキジ。(6月29日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月28日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センター内の人工飼育舎で暮らす雄のカラニジキジ。(6月28日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月28日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川省宝興県の山中にある四川蜂桶寨国家級自然保護区。(6月28日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月28日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センター内の人工飼育舎で暮らす雄(右)と雌のカラニジキジ。(6月28日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月28日
    中国固有の希少鳥類カラニジキジの人工繁殖数が16羽に

    四川蜂桶寨国家級自然保護区のカラニジキジ保護研究センターで今年ふ化に成功したカラニジキジのひな。(6月28日撮影)中国四川省宝興県東北部に位置し、初めてジャイアントパンダが発見された場所に近い四川蜂桶寨国家級自然保護区で、中国の科学研究員が中国固有の大型希少鳥類カラニジキジの保護に尽力している。今年の繁殖期には、歴史的快挙となる5羽のひなのふ化に成功し、世界で唯一人工繁殖を行っている同保護区のカラニジキジの数が16羽に増加した。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月20日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月19日
    希少鳥類が頻繁に訪れる鄱陽湖

    鄱陽湖のほとりにある南昌市象山森林公園で、卵を見守るコサギ。(4月19日撮影)中国江西省にある鄱陽湖は中国最大の淡水湖として知られ、まるで長江に飾られたヒスイのようだ。この湖はさまざまな鳥がやって来る「鳥の楽園」であり、世界最大の鳥類保護区の一つでもある。(贛州=新華社記者/万象)=2018(平成30)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2