KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 一種
  • 令和
  • 発見
  • ファッションスナップ
  • 中心
  • 使い方
  • 僧侶
  • 内容
  • 南越国
  • 国王

「帯留」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
38
( 1 38 件を表示)
  • 1
38
( 1 38 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  三味線と女性
    -
    三味線と女性

    籐椅子に掛けて胡弓を弾く女性。衿には日本刺繍がなされており、帯留を付け、羽織を着ているのは略式であり街着。バックは日本式の床の間、床には絨緞が敷かれてあり、和洋中が見える部屋である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐101‐0]

    商品コード: 2017081002396

  •  帯留めになった勲章
    1947年02月20日
    帯留めになった勲章

    帯留めに転落した「勲三等瑞宝章」(京都)=1947(昭和22)年2月20日

    商品コード: 2014101700292

  • 展示されている「矢車」 真珠あしらった帯留め公開
    2008年06月26日
    展示されている「矢車」 真珠あしらった帯留め公開

    「永遠のThe Pearl King」展で展示されている、41個の真珠とダイヤモンドなどがちりばめられた帯留め「矢車」=26日午前、名古屋市中区のミキモト名古屋店

    商品コード: 2008062600084

  •  新しい浴衣スタイル
    2011年08月05日
    新しい浴衣スタイル

    新しい浴衣の着こなし うさ魔女さん。平安時代(794年〜1192年)に誕生した日本の伝統的衣裳で、着物の一種でもある浴衣。正装の着物とは違って割と自由に着崩せるのが魅力だ。着ていく場所も広がり、お祭りや花火会場をはじめ、最近ではV系バンドのライブ会場へ着ていく人が増えたことが、こういった特殊な浴衣の需要を増やしている=2011(平成23)年8月5日、東京、クレジット:style-arena.jp/共同通信イメージズ ※撮影意図を逸脱した使い方はできません。ネガティブな内容で使うことを禁止しています。

    商品コード: 2020122306073

  •  ゆかたのアレンジスタイル
    2015年08月07日
    ゆかたのアレンジスタイル

    日本の夏の風物詩ゆかたのアレンジスタイル NONOKOさん。日本の夏の風物詩ともいえるYukata(浴衣)姿。近年では、伝統的なものだけでなく、花魁風、ゴスロリ風、ギャル/ギャル男向けなど種類も多彩となっている。大胆な着こなしではなく、ヘアースタイルや小物でアレンジする人が多い=2015(平成27)年8月7日、東京・原宿、クレジット:style-arena.jp/共同通信イメージズ ※撮影意図を逸脱した使い方はできません。ネガティブな内容で使うことを禁止しています。

    商品コード: 2021031512635

  •  ゆかたのアレンジスタイル
    2015年08月07日
    ゆかたのアレンジスタイル

    日本の夏の風物詩ゆかたのアレンジスタイル NONOKOさん。日本の夏の風物詩ともいえるYukata(浴衣)姿。近年では、伝統的なものだけでなく、花魁風、ゴスロリ風、ギャル/ギャル男向けなど種類も多彩となっている。大胆な着こなしではなく、ヘアースタイルや小物でアレンジする人が多い=2015(平成27)年8月7日、東京・原宿、クレジット:style-arena.jp/共同通信イメージズ ※撮影意図を逸脱した使い方はできません。ネガティブな内容で使うことを禁止しています。

    商品コード: 2021031512614

  •  ゆかたのアレンジスタイル
    2015年08月07日
    ゆかたのアレンジスタイル

    日本の夏の風物詩ゆかたのアレンジスタイル NONOKOさん。日本の夏の風物詩ともいえるYukata(浴衣)姿。近年では、伝統的なものだけでなく、花魁風、ゴスロリ風、ギャル/ギャル男向けなど種類も多彩となっている。大胆な着こなしではなく、ヘアースタイルや小物でアレンジする人が多い=2015(平成27)年8月7日、東京・原宿、クレジット:style-arena.jp/共同通信イメージズ ※撮影意図を逸脱した使い方はできません。ネガティブな内容で使うことを禁止しています。

    商品コード: 2021031512650

  •  ゆかたのアレンジスタイル
    2015年08月07日
    ゆかたのアレンジスタイル

    日本の夏の風物詩ゆかたのアレンジスタイル NONOKOさん。日本の夏の風物詩ともいえるYukata(浴衣)姿。近年では、伝統的なものだけでなく、花魁風、ゴスロリ風、ギャル/ギャル男向けなど種類も多彩となっている。大胆な着こなしではなく、ヘアースタイルや小物でアレンジする人が多い=2015(平成27)年8月7日、東京・原宿、クレジット:style-arena.jp/共同通信イメージズ ※撮影意図を逸脱した使い方はできません。ネガティブな内容で使うことを禁止しています。

    商品コード: 2021031512624

  •  ゆかたのアレンジスタイル
    2015年08月07日
    ゆかたのアレンジスタイル

    日本の夏の風物詩ゆかたのアレンジスタイル NONOKOさん。日本の夏の風物詩ともいえるYukata(浴衣)姿。近年では、伝統的なものだけでなく、花魁風、ゴスロリ風、ギャル/ギャル男向けなど種類も多彩となっている。大胆な着こなしではなく、ヘアースタイルや小物でアレンジする人が多い=2015(平成27)年8月7日、東京・原宿、クレジット:style-arena.jp/共同通信イメージズ ※撮影意図を逸脱した使い方はできません。ネガティブな内容で使うことを禁止しています。

    商品コード: 2021031512632

  •  ゆかたのアレンジスタイル
    2015年08月07日
    ゆかたのアレンジスタイル

    日本の夏の風物詩ゆかたのアレンジスタイル NONOKOさん。日本の夏の風物詩ともいえるYukata(浴衣)姿。近年では、伝統的なものだけでなく、花魁風、ゴスロリ風、ギャル/ギャル男向けなど種類も多彩となっている。大胆な着こなしではなく、ヘアースタイルや小物でアレンジする人が多い=2015(平成27)年8月7日、東京・原宿、クレジット:style-arena.jp/共同通信イメージズ ※撮影意図を逸脱した使い方はできません。ネガティブな内容で使うことを禁止しています。

    商品コード: 2021031512630

  •  ゆかたのアレンジスタイル
    2015年08月07日
    ゆかたのアレンジスタイル

    日本の夏の風物詩ゆかたのアレンジスタイル NONOKOさん。日本の夏の風物詩ともいえるYukata(浴衣)姿。近年では、伝統的なものだけでなく、花魁風、ゴスロリ風、ギャル/ギャル男向けなど種類も多彩となっている。大胆な着こなしではなく、ヘアースタイルや小物でアレンジする人が多い=2015(平成27)年8月7日、東京・原宿、クレジット:style-arena.jp/共同通信イメージズ ※撮影意図を逸脱した使い方はできません。ネガティブな内容で使うことを禁止しています。

    商品コード: 2021031512651

  •  ゆかたのアレンジスタイル
    2015年08月07日
    ゆかたのアレンジスタイル

    日本の夏の風物詩ゆかたのアレンジスタイル NONOKOさん。日本の夏の風物詩ともいえるYukata(浴衣)姿。近年では、伝統的なものだけでなく、花魁風、ゴスロリ風、ギャル/ギャル男向けなど種類も多彩となっている。大胆な着こなしではなく、ヘアースタイルや小物でアレンジする人が多い=2015(平成27)年8月7日、東京・原宿、クレジット:style-arena.jp/共同通信イメージズ ※撮影意図を逸脱した使い方はできません。ネガティブな内容で使うことを禁止しています。

    商品コード: 2021031512615

  •  ゆかたのアレンジスタイル
    2015年08月07日
    ゆかたのアレンジスタイル

    日本の夏の風物詩ゆかたのアレンジスタイル NONOKOさん。日本の夏の風物詩ともいえるYukata(浴衣)姿。近年では、伝統的なものだけでなく、花魁風、ゴスロリ風、ギャル/ギャル男向けなど種類も多彩となっている。大胆な着こなしではなく、ヘアースタイルや小物でアレンジする人が多い=2015(平成27)年8月7日、東京・原宿、クレジット:style-arena.jp/共同通信イメージズ ※撮影意図を逸脱した使い方はできません。ネガティブな内容で使うことを禁止しています。

    商品コード: 2021031512622

  •  ゆかたのアレンジスタイル
    2015年08月29日
    ゆかたのアレンジスタイル

    日本の夏の風物詩ゆかたのアレンジスタイル PARANOIAさん。日本の夏の風物詩ともいえるYukata(浴衣)姿。近年では、伝統的なものだけでなく、花魁風、ゴスロリ風、ギャル/ギャル男向けなど種類も多彩となっている。大胆な着こなしではなく、ヘアースタイルや小物でアレンジする人が多い=2015(平成27)年8月29日、東京・新宿、クレジット:style-arena.jp/共同通信イメージズ ※撮影意図を逸脱した使い方はできません。ネガティブな内容で使うことを禁止しています。

    商品コード: 2021010503264

  •  ゆかたのアレンジスタイル
    2015年08月29日
    ゆかたのアレンジスタイル

    日本の夏の風物詩ゆかたのアレンジスタイル PARANOIAさん。日本の夏の風物詩ともいえるYukata(浴衣)姿。近年では、伝統的なものだけでなく、花魁風、ゴスロリ風、ギャル/ギャル男向けなど種類も多彩となっている。大胆な着こなしではなく、ヘアースタイルや小物でアレンジする人が多い=2015(平成27)年8月29日、東京・新宿、クレジット:style-arena.jp/共同通信イメージズ ※撮影意図を逸脱した使い方はできません。ネガティブな内容で使うことを禁止しています。

    商品コード: 2021010503271

  •  ゆかたのアレンジスタイル
    2015年08月29日
    ゆかたのアレンジスタイル

    日本の夏の風物詩ゆかたのアレンジスタイル PARANOIAさん。日本の夏の風物詩ともいえるYukata(浴衣)姿。近年では、伝統的なものだけでなく、花魁風、ゴスロリ風、ギャル/ギャル男向けなど種類も多彩となっている。大胆な着こなしではなく、ヘアースタイルや小物でアレンジする人が多い=2015(平成27)年8月29日、東京・新宿、クレジット:style-arena.jp/共同通信イメージズ ※撮影意図を逸脱した使い方はできません。ネガティブな内容で使うことを禁止しています。

    商品コード: 2021010503266

  •  ゆかたのアレンジスタイル
    2015年08月29日
    ゆかたのアレンジスタイル

    日本の夏の風物詩ゆかたのアレンジスタイル PARANOIAさん。日本の夏の風物詩ともいえるYukata(浴衣)姿。近年では、伝統的なものだけでなく、花魁風、ゴスロリ風、ギャル/ギャル男向けなど種類も多彩となっている。大胆な着こなしではなく、ヘアースタイルや小物でアレンジする人が多い=2015(平成27)年8月29日、東京・新宿、クレジット:style-arena.jp/共同通信イメージズ ※撮影意図を逸脱した使い方はできません。ネガティブな内容で使うことを禁止しています。

    商品コード: 2021010503258

  •  ゆかたのアレンジスタイル
    2015年08月29日
    ゆかたのアレンジスタイル

    日本の夏の風物詩ゆかたのアレンジスタイル PARANOIAさん。日本の夏の風物詩ともいえるYukata(浴衣)姿。近年では、伝統的なものだけでなく、花魁風、ゴスロリ風、ギャル/ギャル男向けなど種類も多彩となっている。大胆な着こなしではなく、ヘアースタイルや小物でアレンジする人が多い=2015(平成27)年8月29日、東京・新宿、クレジット:style-arena.jp/共同通信イメージズ ※撮影意図を逸脱した使い方はできません。ネガティブな内容で使うことを禁止しています。

    商品コード: 2021010503267

  •  ゆかたのアレンジスタイル
    2015年08月29日
    ゆかたのアレンジスタイル

    日本の夏の風物詩ゆかたのアレンジスタイル PARANOIAさん。日本の夏の風物詩ともいえるYukata(浴衣)姿。近年では、伝統的なものだけでなく、花魁風、ゴスロリ風、ギャル/ギャル男向けなど種類も多彩となっている。大胆な着こなしではなく、ヘアースタイルや小物でアレンジする人が多い=2015(平成27)年8月29日、東京・新宿、クレジット:style-arena.jp/共同通信イメージズ ※撮影意図を逸脱した使い方はできません。ネガティブな内容で使うことを禁止しています。

    商品コード: 2021010503269

  • 若尾さんお気に入りの帯 七宝花菱文様の袋帯
    2019年08月13日
    若尾さんお気に入りの帯 七宝花菱文様の袋帯

    若尾さんお気に入りの帯。帯留めはエメラルドをあしらっている

    商品コード: 2019081300765

  • 薩摩切子の帯留め 薩摩切子、廃材使い手頃に
    2020年02月22日
    薩摩切子の帯留め 薩摩切子、廃材使い手頃に

    ガラス廃材を再利用し制作された薩摩切子の帯留め=13日、鹿児島県霧島市のガラス工房弟子丸

    商品コード: 2020022200713

  •  (7)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (7)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の雁首金帯鉤(がんしゅきんたいこう、主被葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303134

  •  (9)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (9)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院の南越王墓跡。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303135

  •  (6)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (6)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の竜形玉帯鉤(りゅうがたぎょくたいこう、主被葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303137

  •  (15)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (15)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の雁首獣身鎏金銅帯鉤(がんしゅじゅうしんりゅうきんどうたいこう、殉葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303141

  •  (12)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (12)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の七星文竜形銀帯鉤(しちせんもんりゅうがたぎんたいこう、殉葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303142

  •  (3)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (3)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の錯金嵌緑松石竜形銅帯鉤(さくきんかんりょくしょうせきりゅうがたどうたいこう、主被葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303093

  •  (4)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (4)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の虎頭金鉤扣竜形玉佩(ことうきんこうこうりゅうがたぎょくはい、主被葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303095

  •  (10)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (10)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の亀首回字文鎏銀帯鉤(きしゅかいじもんりゅうぎんたいこう、殉葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303138

  •  (11)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (11)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の竜文銀帯鉤(りゅうもんぎんたいこう、殉葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303181

  •  (13)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (13)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の蛇首銅帯鉤(じゃしゅどうたいこう、殉葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303140

  •  (5)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (5)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の竜虎併体玉帯鉤(りゅうこへいたいぎょくたいこう、主被葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303106

  •  (2)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (2)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の八節鉄芯竜虎玉帯鉤(はっせつてつしんりゅうこぎょくたいこう、主被葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303092

  •  (1)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (1)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の八節鉄芯竜虎玉帯鉤(はっせつてつしんりゅうこぎょくたいこう、主被葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303094

  •  (8)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (8)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王墓博物院に展示されている帯鉤装着風景の図。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303136

  •  (16)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (16)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の雁首鴞形銀帯鉤(がんしゅきょうがたぎんたいこう、殉葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303143

  •  (14)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市
    2022年12月13日
    (14)南越王墓の出土文化財古代の帯留め具「帯鉤」広東省広州市

    西漢南越王博物院が所蔵する南越王墓出土の鴨首銅帯鉤(おうしゅどうたいこう、殉葬者用)。(10月22日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国(紀元前204~同111年)の遺跡の上にあり、うち王墓エリアは、1983年に発見された南越王墓(第2代国王・趙眜<ちょうばつ>の墓)が中心になる。同墓は嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)で発見された最大の古墓、唯一の漢代彩色石室墓で、出土品には帯鉤(たいこう)36点(主被葬者用12点、殉葬者用24点)が含まれる。帯鉤は、古くは犀比(さいひ)と呼ばれた服飾小物の一種で、帯留め具を指す。装飾具としても使われた。衣鉤(いこう)と呼ばれる衣服の肩や襟に付けるものもあり、現在でも僧侶の袈裟に使われている。起源は西周時代で、戦国時代から秦漢時代にかけて広く流行し、身分を表すものとなった。南越国は嶺南地区で成立した最初の王国で、漢族と各民族の融合を促進した。漢文化と漢字の同地区への普及も促し、嶺南文化の形成に大きな影響を与えた。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121303144

  •  (4)秦始皇帝陵の1号副葬墓で新たな発見
    2024年01月30日
    (4)秦始皇帝陵の1号副葬墓で新たな発見

    秦始皇帝陵1号副葬墓出土の金帯鉤(たいこう、帯留め具)。(資料写真)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は26日、秦始皇帝陵1号副葬墓の発掘調査で保存状態の良い木製馬車を発見したと発表した。1本の輈(ながえ)を持つ四輪車で、秦漢時代の葬儀用車両の制度を研究する上で新たな資料になる。同博物院は、始皇帝陵外城の西の外側で2011年に開始した詳細な確認調査で東西一列に並ぶ大・中型墓9基を発見。13年以降はうち1基の1号副葬墓の発掘を続けていた。現時点で墓道と墓室、車馬副葬坑の発掘をほぼ終えており、車両のほか土器・陶器や銅器、玉器、鉄器などが出土した。1号副葬墓は外城から西に約440メートルの地点にある。平面は「中」字形で、南北の墓道と墓室からなり、墓道の両側では3カ所の車馬副葬坑も見つかった。墓の全長は約100メートル、総面積約1900平方メートルで、壁面は3段の階段構造となっており、墓室は大量の木炭が敷き詰められていた。(西安=新華社配信)= 配信日: 2024(令和6)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024013009129

  • 1