KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 北朝鮮平壌
  • 首都平壌
  • 朝鮮労働党
  • ピョンヤン
  • 市内雑観
  • スローガン
  • マスク姿
  • 労働新聞
  • 平壌市民
  • 金日成広場

「平壌市内」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
106
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
106
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:41.47
    2021年01月17日
    北朝鮮で最高人民会議か 平壌市内雑観

    北朝鮮は17日、国会に当たる最高人民会議の招集日を迎えた。首都平壌(ピョンヤン)で5~12日に開かれた朝鮮労働党大会の決定を踏まえ、国家機関の組織改編や人事、予算を決める。5年ぶりの党大会で総書記に就任した金正恩(キムジョンウン)氏が「国家の代表」である国務委員長職に代わる新たなポストに就く可能性もある。  <映像内容>北朝鮮・平壌の市内雑観、5~12日に第8回朝鮮労働党大会が開催された「4・25文化会館」など、撮影日:2021(令和3)年1月17日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2021(令和3)年1月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.64
    2020年12月24日
    北朝鮮 コロナ封鎖続く 中朝貿易、最低を更新

    北朝鮮は新型コロナウイルス流入阻止のため1月末から国境を封鎖。来年1月の朝鮮労働党大会を前に防疫措置を一層強化しており、公式統計上の国外との物流は2カ月連続でほぼ途絶えた状態だ。中国税関総署は23日、北朝鮮との11月の貿易総額が前月比23%減の127万3千ドル(約1億3200万円)だったと発表した。前年同月比では99・5%減。中朝貿易総額が公表され始めた1998年以来、最低に落ち込んだ前月をさらに下回った。<映像内容>平壌市内の雑観(凱旋門周辺、マスク姿の市民ら、スローガン「人民のために働こう」看板)、撮影日:2020(令和2)年12月24日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年12月24日

  • 00:51.65
    2020年12月05日
    北朝鮮1月に最高人民会議 平壌市内の様子

    北朝鮮の最高人民会議(国会)常任委員会は4日、平壌(ピョンヤン)で総会を開き、来年1月下旬に最高人民会議を招集することを決めた。朝鮮中央通信が5日伝えた。北朝鮮は1月初めに5年ぶりとなる朝鮮労働党大会を開催、新たな経済5カ年計画を示す予定で、これを受けて国家予算などを決めるとみられる。最高人民会議は年1~2回開かれ、国家機関のメンバーを選出するほか、法律や対内外政策を制定する。前回は今年4月に開かれた。<映像内容>平壌市内の様子、マスク姿で通勤する市民ら、撮影日:2020(令和2)年12月5日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年12月5日

  • 00:39.33
    2020年11月24日
    北朝鮮・平壌、冬の感染警戒 市民らみなマスク

    北朝鮮メディアは24日、冬に感染リスクが高まるとされる新型コロナウイルスへの防疫対策を一層強化するよう呼び掛けている。平壌市内を行き交う市民らはみなマスクを着用。建物に入る際は手の消毒や検温を徹底している。コロナ流入阻止を掲げて国境封鎖も強化。<映像内容>北朝鮮・平壌で市民らがマスクを着けて感染防止している様子、撮影日:2020(令和2)年11月24日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年11月24日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.97
    2020年10月23日
    北朝鮮 国境封鎖、年末まで徹底か 北朝鮮内閣が拡大総会

    北朝鮮は10月10日の朝鮮労働党創建記念日を終え、来年1月の党大会に向けた増産運動「80日戦闘」に入った。 20日付の内閣などの機関紙「民主朝鮮」によると、最近開かれた内閣拡大総会で80日戦闘の優先課題を討議。新型コロナウイルス対策の徹底が何よりも重要だと強調した上で、夏以降、地方で相次いだ豪雨や台風被害からの復旧に優先して取り組む方針が示された。中国やロシアとの国境封鎖を年末まで緩めず、徹底する構えとみられる。20日付の党機関紙、労働新聞も「防疫障壁ですき間なくふさがれている今日の条件は原料や資材の国産化を実現する絶好の機会だ」と強調、自力更生を訴えた。平壌市内でも市民らはみなマスク着用を続けている。<映像内容>平壌市内雑観。 党大会に向けて新たに設置されたスローガン「80日戦闘の炎、高々と 党第8回大会に向けて力強く進もう」 平壌第一百貨店新型コロナ対策で義務化されたマスク着用は続いている、撮影日:2020(令和2)年10月23日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年10月23日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:24.55
    2020年09月25日
    朝鮮紙、コロナ阻止訴え 警戒続く平壌市内

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は25日、新型コロナウイルスの流入阻止に向けた「防疫障壁」の一層の強化を訴えた。韓国人男性が北朝鮮兵士により射殺されたと韓国政府が発表したことについては触れていない。 北朝鮮メディアは、陸上だけでなく、海や河川からもコロナウイルスが流入しうると強調、監視所が増設されたと伝えている。 現地からの情報では、首都平壌では市民は外出時や公共の場所で引き続きマスクを着用。公共交通機関や商店での消毒なども徹底されている。 <映像内容>平壌市内の様子、大型テレビで世界各地の新型コロナウイルス感染拡大に関するニュースを放映する様子、市民らはみなマスク姿、10月10日の朝鮮労働党創建75年を祝う看板など。平壌市内のレストランでのコロナ対策の様子、手すりからテーブルまで徹底消毒、従業員の話、ガラスの張り紙「新型コロナウイルス感染症を徹底して阻止しよう」、入店する前に手を消毒、体温を測る客など。レストラン従業員の金光玉さん(40)の話 訳「非常防疫活動が長期化しているのに対応し、ウイルスが流入しうる場所を徹底して探し出して対策を取っている。客のマスク着用や体温計測、手の消毒などを一層強化している。一瞬の気の緩みがもたらしうる深刻な結果を認識し、防疫活動をいっそう強化したい」、撮影日:2020(令和2)年9月25日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年9月25日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:50.11
    2020年09月11日
    軍事、経済より「団結」 北朝鮮党機関紙 平壌市内雑観

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は11日の論説で、来月10日の党創建75年と来年1月の党大会に向けて台風被害などの克服を訴え、軍事力や経済力よりも、まず党と人民が「一心団結」することが重要だと強調した。 国連制裁に新型コロナウイルスや自然災害が重なり経済が悪化、対米外交も停滞する中、当面は内政を優先し、結束を図る構えとみられる。<映像内容>平壌市内の様子、撮影日:2020(令和2)年9月11日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年9月11日

  • 01:02.02
    2020年08月25日
    北朝鮮 「先軍節」の平壌市内、万寿台の丘で献花

    北朝鮮は25日、故金正日総書記が軍優先の政治指導を開始したとされる日から60年の記念日を迎えた。故金日成主席と金正日氏の銅像が立つ平壌中心部の万寿台の丘には市民や軍人が訪れ、献花した。<映像内容>万寿台の丘や「決死擁護」のスローガン、平壌体育館など、撮影日:2020(令和2)年8月25日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年8月25日

  • 00:59.52
    2020年08月19日
    北朝鮮で党中央委総会開催か 平壌市内雑観

    北朝鮮の首都・平壌では19日、朝鮮労働党の重要政策を決める中央委員会総会が開かれたとみられる。金正恩党委員長が出席し、党の組織改編などについて決める見通し。 北朝鮮は国内に新型コロナウイルス感染者はいないと主張する一方、国境封鎖を継続し、防疫活動を強化。国民には外出時のマスク着用を義務づけ、平壌への出入りも厳しく統制しているもようだ。 <映像内容>平壌市内雑観、平壌第1百貨店周辺、千里馬銅像、経済建設の目標達成を呼び掛けるスローガン、凱旋門周辺など、撮影日:2020(令和2)年8月19日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年8月19日

  • 00:53.32
    2020年08月13日
    北朝鮮、コロナ対策強化 長期化へ引き締め

    北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、全土で新型コロナウイルスに対する防疫作業が一層強化されていると伝えた。北朝鮮メディアは事態長期化を見越し、緊張が緩まないよう連日の関連報道で引き締めを図っている。 <映像内容>平壌市内雑観、マスクをして行き来する市民らの様子、暑さ雑観など、撮影日:2020(令和2)年8月13日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年8月13日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:47.94
    2020年08月05日
    北朝鮮、首都など洪水警報 大雨で「最大の緊張状態」

    北朝鮮各地で梅雨前線の影響により連日、大雨が続いている。朝鮮労働党機関紙、労働新聞は5日、首都平壌を流れる大同江流域と南西部開城市近くを流れる礼成江流域に洪水注意警報が発令され、平壌市などが「最大の緊張状態」で被害防止の対策を立てていると伝えた。 平壌市内は5日、土砂降りが続き、大同江は水かさが増していた。大同江近くの「未来科学者通り」に位置する気象水文局では、マスク姿の職員らが気象データの分析など対応に追われた。 <映像内容>気象水文局の様子、気象水文局中央気象予報台の李成民(リ・ソンミン)副台長インタビュー、平壌市内を流れる大同江、平壌第1百貨店周辺の様子など。李成民副台長インタビュー訳「今日から明日にかけて、梅雨前線と低気圧に変わった台風4号の通過に伴い、わが国の大部分の地域で暴雨、大雨が予想されます。その後も梅雨前線がわが国周辺に停滞し、何日間も大雨が降ると予想されます。このため谷あいや低地の住民は警戒するとともに、人的、物的被害を防ぐための対策が必要です」、撮影日:2020(令和2)年8月5日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年8月5日

  • 01:00.66
    2020年08月04日
    北朝鮮、コロナ警戒訴え 平壌市民もマスク着用徹底

    北朝鮮メディアが新型コロナウイルスに対する警戒を緩めず、予防措置を徹底するよう連日、国民に呼び掛けている。4日付の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は北朝鮮が「非常事態」に直面していると強調。平壌市民らは同日、例外なくマスクを付けて出歩いていた。北朝鮮は7月26日、韓国から南西部開城に密かに戻った元脱北者が新型コロナに感染している疑いがあり、開城を完全封鎖したと発表。平壌への出入りも統制している。  <映像内容>平壌市内をマスク姿で出歩く市民、撮影日:2020(令和2)年8月4日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年8月4日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:53.35
    2020年07月27日
    北朝鮮、コロナ警戒を強化 平壌市民も全員マスク着用

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は27日、南西部開城市で新型コロナウイルス感染が疑われる事例が発生したと党が発表したのを受け、「防疫危機」打開へ、警戒を強化するよう国民に訴えた。 27日は朝鮮戦争(1950~53年)の休戦協定締結67周年の記念日で、北朝鮮は休日。平壌市内では「戦勝」を祝うスローガンや国旗が掲げられたが、市民らは例外なくマスク姿だった。  <映像内容>北朝鮮の平壌市内の雑観、撮影日:2020(令和2)年7月27日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年7月27日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:50.28
    2020年07月27日
    朝鮮戦争休戦67年 北朝鮮が花火打ち上げ

    朝鮮戦争(1950~53年)の休戦協定締結から27日で67周年を迎えた。北朝鮮の27日は記念日で、休日。平壌(ピョンヤン)市内では夜、大同江のほとりで花火が打ち上げられた。<映像内容>北朝鮮の平壌市内を流れる大同江沿いでの花火の雑観、撮影日:2020(令和2)年7月27日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年7月27日

  • 00:49.41
    2020年07月08日
    市民らマスク姿で献花 故金日成主席死去26年

    北朝鮮は8日、金日成主席の死去から26年を迎えた。 金日成氏と金正日氏の銅像が立つ平壌中心部の万寿台の丘には8日朝から、マスクを着けた市民や軍人らが訪れ、献花した。 <映像内容>故金日成主席と故金正日総書記の銅像が立つ万寿台の丘を訪れて献花するマスク姿の市民や軍人ら、平壌市内雑観、「総突撃戦 総決死戦」のスローガンなど、撮影日:2020(令和2)年7月8日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年7月8日

  • 00:50.91
    2020年06月02日
    北朝鮮も小中学校再開へ 国境封鎖は5カ月目に

    北朝鮮の内閣などの機関紙「民主朝鮮」は2日、新型コロナウイルス感染予防のため休校になっていた全国の小中学校や高校で6月初めから新学期が始まり、託児所や幼稚園、老人ホームも業務を再開すると伝えた。コロナの爆発的感染の危険性は低くなったと判断、徐々に市民生活の正常化を目指しているもようだ。ただ、海外との往来遮断措置は継続。貿易の9割以上を占める中国との国境封鎖は5カ月目に入り、経済活動への打撃は長期化しそうだ。北朝鮮は国内に感染者は一人もいないとしているが、首都平壌の市民らは公共の場ではマスク着用を続けている。<映像内容>平壌市内雑観。週末の夕方、万寿台芸術劇場周辺で家路に就くマスク姿の市民ら。音楽や照明とともに「踊る噴水」が演出され、市民らの憩いの場となっている金日成広場前の大同江の川辺。高層マンションが立つ再開発地区の様子、撮影日:2020(令和2)年6月2日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年6月2日

  • 01:04.79
    2020年05月27日
    「自力更生は永遠の進路」 北朝鮮党紙

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は27日、外部に頼らない「自力更生」は難局打開のためのその場しのぎの対応策ではなく同国の「永遠の進路だ」と強調した。米朝交渉が膠着(こうちゃく)、制裁解除の見通しがない中、「前途には過酷な試練が横たわっている」と指摘。一方で、徹底した新型コロナウイルス予防策や平壌(ピョンヤン)総合病院建設事業を挙げ、党は国民を最優先にしていると強調した。平壌駅前では27日朝もマスク姿の市民らが出勤する姿が見られた。<映像内容>平壌市内雑観など、撮影日:2020(令和2)年5月27日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年5月27日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.49
    2020年05月15日
    ロシアが北朝鮮に小麦支援 コロナ禍で食料不足懸念

    ロシアの在北朝鮮大使館は15日までに、ロシアが人道支援として提供した小麦2万5千トンを積んだ貨物船が北朝鮮西部・南浦港に着いたと明らかにした。北朝鮮は慢性的な食料不足に悩むが、新型コロナウイルス対策の国境封鎖により事態の深刻化が懸念されている。ロシア大使館はフェイスブックで、世界食糧計画(WFP)の調査を引用し、昨年、北朝鮮の穀倉地帯を襲った干ばつなどのせいで、少なくとも人口の4割に当たる1千万人が食料不足に直面していると指摘した。北朝鮮は今年1月末から中国やロシアとの国境を封鎖し、経済的な後ろ盾である中国との貿易も激減。肥料や燃料の不足で農業が打撃を受ける可能性が指摘されている。3月以降、海外からの支援物資は厳しい検疫措置の下、受け入れる一方、国内の非常防疫体制は維持。首都平壌では15日、雨天の中、市民らがマスク姿で出勤していた。<映像内容>平壌市内雑観。自立経済で制裁に対抗する「正面突破戦」を訴えるスローガン、平壌駅、柳京ホテル前の様子、撮影日:2020(令和2)年5月15日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年5月15日

  • 00:53.28
    2020年05月08日
    平壌市内雑観 8日の街の表情、通勤風景など

    北朝鮮メディアは同国が新型コロナ防疫作業に必要な医療物資の備蓄を進める一方、田植えが始まるのに備えて対策を立てていると報じた。<映像内容>平壌の街の表情。平壌駅前、地下鉄勝利駅周辺、撮影日:2020(令和2)年5月8日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年5月8日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:34.73
    2020年04月27日
    平壌、市民生活は「平穏」 南北首脳会談から2年

    2018年に軍事境界線のある板門店で開かれた南北首脳会談から27日で2年となった。金正恩朝鮮労働党委員長の健康不安説が浮上しているが、消息筋によると、北朝鮮の首都平壌では市民生活に特段変わった様子は見られない。<映像内容>マスク姿の市民らが行き交う平壌市内の様子、撮影日:2020(令和2)年4月27日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年4月27日

  • 00:58.92
    2020年04月13日
    マスク姿で報道見入る 北朝鮮で最高人民会議開催

    北朝鮮メディアは13日、国会に当たる12日の最高人民会議の結果を大きく報じた。平壌(ピョンヤン)市内では新型コロナウイルス対策のマスクを着けた市民らが、街頭の大型テレビのニュースや朝鮮労働党機関紙、労働新聞の張り出しに見入っていた。<映像内容>街頭の大型テレビや張り出された労働新聞を見入る市民らなど。場所は平壌市内。13日午後撮影、撮影日:2020(令和2)年4月13日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年4月13日

  • 00:52.35
    2020年04月10日
    北朝鮮で最高人民会議招集 体制安定を誇示

    北朝鮮の首都平壌は10日、今年最初の最高人民会議の招集日を迎えた。世界が新型コロナ対応に追われる中、金正恩氏は軍事訓練視察も継続して体制安定を誇示。周辺国は対米方針や国務委員会人事に注目している。平壌市内では10日朝、新型コロナ感染予防のためマスクを着用した市民らが職場に向かった。<映像内容>新型コロナ予防のためマスクを着けて歩く市民ら。地下鉄勝利駅周辺や平壌駅周辺の様子。「民族の栄光 慶祝」の看板。「百戦百勝の旗印」と書かれた看板。海外での新型コロナウイルス感染状況を伝えるニュースが映し出された大型画面など。4月10日に平壌市内で撮影、撮影日:2020(令和2)年4月10日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年4月10日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.79
    2020年04月09日
    北朝鮮、10日に最高人民会議 ミサイル継続、人事焦点

    北朝鮮は10日、国会に当たる最高人民会議を首都平壌で開く。開催は昨年8月以来。非核化を巡る米朝交渉再開のめどが立たない中、金正恩朝鮮労働党委員長は核・ミサイル戦力の増強を続ける構え。会議では対米方針のほか、経済政策や人事が焦点だ。<映像内容>最高人民会議が開かれる万寿台議事堂や、金日成広場、街中の表情、第1百貨店近くの歩道にある「人民経済の自立性」を訴える看板、新型コロナ予防のためマスクを着けて通行する市民ら。9日に平壌市内で撮影、撮影日:2020(令和2)年4月9日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年4月9日

  • 01:13.04
    2020年04月08日
    総書記の国防委員長就任から9日で27年 平壌市内の様子

    北朝鮮は9日、故金正日総書記の国防委員長就任から27年の記念日を迎える。首都平壌市内では祝賀のための花が植えられるなどした。<映像内容> 故金正日総書記の国防委員長就任記念日を控えた平壌市内の様子。撮影日は4月8日。撮影場所は平壌市内、撮影日:2020(令和2)年4月8日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年4月8日

  • 00:23.55
    2020年03月28日
    平壌市民もマスク姿 街に春の訪れ

    北朝鮮の平壌市内では昼の気温が上がり初め、春の訪れが日増しに感じられる。中心部の黎明通り付近の高層住宅を見上げる公園ではマスク姿で春の気配を楽しむ市民らの姿もみられた。<映像内容>黎明通り付近。撮影日:2020(令和2)年3月28日、撮影場所:平壌市内

    撮影: 2020(令和2)年3月28日

  • 01:01.49
    2020年03月28日
    北朝鮮 IT人材育成へ190校 全国に専門校開設

    北朝鮮が情報技術(IT)分野の人材を若いうちから育成するため、全国のすべての道、市、郡で「情報技術高級中学校(高校)」を開設、現在の11校から今年190校に増やす計画を進めている。10月10日に朝鮮労働党創建75年の節目を迎えるのに合わせた事業の一環で、首都平壌では19校を設立。教育委員会普通教育局の金昌秀局長(57)は「国家の科学技術発展を担っていく人材を養成したい」と語った。北朝鮮では2017年から主要工業地区や農村地域、水産拠点などに地域の特性に合わせた技術高級中学校を開校。?年からは各道に情報技術高等中学校を設置し、先行運用している。<映像内容>平壌第1百貨店近くに設置された看板「科学で飛躍し、教育で未来を担保しよう」とのスローガン。教育委員会普通教育局の金昌秀局長(57)インタビュー「中等教育段階から情報技術人材を養成する目的でしばらく前から教育力量が十分な学校を選んでやってきた経験を使って、今回が全国全ての道、市、郡にひとつずつ、約190の情報技術高級中学校を設立します。これにより党の要求に応え、中等教育から国の科学技術発展を担っていく人材を育てます。平壌市だけでも19校が新設される。情報技術人材育成に力を入れ国に必要な技術人材を育成することに積極的に寄与したい」。平壌市大城区域に設立された「6月9日竜北技術高級中学校」、撮影日:2020(令和2)年3月28日、撮影場所:平壌市内

    撮影: 2020(令和2)年3月28日

  • 00:59.15
    2020年03月13日
    北朝鮮 マスク着用で工場稼働継続

    北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、新型コロナウイルス対策に伴う隔離対象者のうち新たに計1710人の隔離が解除されたと伝えた。北朝鮮メディアがこれまで断片的に報じた隔離対象者は計約1万人で、今回で半数に当たる計約5千人が解除された計算となる。北朝鮮は国内で感染者はいないとする一方、「超特級防疫措置」を継続。国境や港での検疫を強化しているほか、学校の冬休みを延長。子どもや学生らが不必要に出歩かないよう指示している。 一方、平壌市内の工場は消毒作業などを徹底した上で操業を続けている。平壌日用品工場では平壌第1百貨店などに納品する髪飾りをマスク姿の従業員らが製造。被服工場では小学1年生の入学に備えて制服を急ピッチで縫製していた。<映像内容>小学校の制服工場。工場の外観、型紙を作る男性作業員、ミシンなどを使って制服を縫製する女性作業員ら、女性作業員のインタビュー。髪飾り工場。工場の外観、機械を操作する男性作業員、手作業で髪飾りを仕上げる女性作業員ら、撮影日:2020(令和2)年3月13日、撮影場所:平壌市内

    撮影: 2020(令和2)年3月13日

  • 01:15.77
    2020年03月08日
    北朝鮮「女性の地位最高」 男性らプレゼント買い求め

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は8日、「国際女性デー」に際した社説で「わが国は女性の尊厳と地位が最高の境地に達した国だ」と主張した。首都平壌では、化粧品や花束など妻や母親へのプレゼントを買い求める男性の姿が多く見られた。北朝鮮は新型コロナウイルス感染予防のため外出時は必ずマスクを着用するよう指示。平壌市内のフラワーショップや化粧品展示場では店員も客らもマスク姿だった。〈映像内容〉マスク姿が目立つ平壌市内の花屋や市民に人気の化粧品「銀河水(ウナス)」を製造している平壌化粧品工場の化粧品展示場の様子、展示場従業員の李玉金(リ・オククム)さん(33)のインタビュー、撮影日:2020(令和2)年3月8日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年3月8日

  • 01:19.01
    2020年02月28日
    百貨店などウイルス対策強化 北朝鮮・平壌

    北朝鮮は新型コロナウイルス予防のため公共施設での消毒作業を強化。市内の平壌第1百貨店やスーパー「光復地区商業中心」でも開店前の消毒や客の体温測定を徹底している。平壌在住の外交官らは居住区域外への外出を禁じられ、市中心部のスーパーなども利用できずにいる。一方、託児所や幼稚園、小中学校、大学も含め保育・教育機関は感染予防のため冬休みを延長している。<映像内容>平壌第1百貨店での消毒作業、同店従業員の李成淑さんインタビュー、光復地区商業中心での消毒作業、撮影日:2020(令和2)年2月28日、撮影場所:平壌市内

    撮影: 2020(令和2)年2月28日

  • 01:32.79
    2020年02月26日
    北朝鮮 平壌市内、路面電車も消毒 感染者なしと当局者

    北朝鮮の首都平壌(ピョンヤン)で26日、新型コロナウイルス予防対策の一環として実施している路面電車の消毒作業が一部報道機関に公開された。当局者は、同国では感染者は発生していないとしている。電車の消毒作業に当たっていた万景台(マンギョンデ)区域衛生防疫所の医師、崔上烈(チェ・サンリョル)氏(46)は「わが国にこれまでウイルスが入ってきていないからと言って、決して油断してはならない」と強調。公共交通機関や公共の場所での消毒作業に力を入れていると語った。<映像内容>路面電車の車両を消毒する様子や、マスク姿で路面電車に乗り降りする客の姿、撮影日:2020(令和2)年2月26日、撮影場所:北朝鮮平壌市

    撮影: 2020(令和2)年2月26日

  • 01:29.75
    2020年02月19日
    北朝鮮 新型肺炎阻止で集会を極力制限 非常態勢

    北朝鮮の朴名帥・国家衛生検閲院院長(61)は19日までに、国を挙げた非常態勢で新型コロナウイルス感染阻止に取り組んでいると強調、大きな集会を極力制限するなどの対策を取っていることを明らかにした。共同通信のインタビューに応じた。北朝鮮は今月8日に軍創建記念日、16日に故金正日総書記の生誕記念日を迎えたが、いずれも大規模な行事はなかった。1995年から例年2月15日に開いてきた中央報告大会も行わなかった。<映像内容>新型肺炎対策についての北朝鮮当局者インタビューのほか、平壌市内雑観は、マスク着用者が目立つ平壌駅前の市民、市内の「未来科学者通り」の大型スクリーンで海外での感染状況を伝えるニュース、大型スクリーンで流される字幕付きの加藤厚労相の会見映像や中国のほかロシアやオーストラリアの対応、未来科学者通りにある食堂やマッサージ室などを備えたスーパー銭湯「柳京(リュギョン)バラ院」で客の手の消毒や体温測定、撮影日:2020(令和2)年2月19日、撮影場所:北朝鮮

    撮影: 2020(令和2)年2月19日

  • 00:58.05
    2020年02月16日
    北朝鮮 万寿台の丘で献花 総書記誕生日・生誕78年

    北朝鮮は16日、故金正日総書記の生誕78年を迎え、首都平壌では朝から市民らが「万寿台の丘」に立つ故金日成主席と故金正日総書記の銅像に献花する姿がみられた。<映像内容>市民らが万寿台の丘で献花する様子、撮影日:2020(令和2)年2月16日、撮影場所:平壌市内の万寿台の丘

    撮影: 2020(令和2)年2月16日

  • 00:31.59
    2020年02月06日
    新型肺炎対策でマスク緊急生産 北朝鮮・平壌

    北朝鮮・平壌では新型コロナウイルス対策として工場でマスクを緊急生産している。6日の平壌市内は、マスクを着けた市民らが目についた。<映像内容>平壌市内の工場とマスクを着けた市民らの様子、撮影日:2020(令和2)年2月6日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年2月6日

  • 01:30.29
    2020年01月31日
    北朝鮮、冬休みの宿題廃止 代わりにクラブ活動奨励

    北朝鮮の小中学校などで今回の冬休みから一律の宿題を廃止、子どもらに好きなクラブ活動に参加するよう奨励する取り組みが始まった。金正恩朝鮮労働党委員長が掲げる「教育革命」の一環で、次の夏休みは従来の倍に当たる約2カ月に延長される。一人一人の適性に合った課外活動で才能を伸ばすのが目的。学校は休み期間中、教室をクラブ活動に開放するほか、学校外の教育施設もさまざまな課外活動を企画し、子どもらは希望するものに参加する。<映像内容>冬休みの子どもたちで賑わう平壌市内の「科学技術殿堂」、小学生が自動車運転のシミュレーションをしたり、発電の原理を学んだり、地理の勉強をする小学生、最後に弟と一緒に訪れた小学校4年生のキム・ジョンウォン君(11)の話など、撮影日:2020(令和2)年1月31日、撮影場所:平壌市内

    撮影: 2020(令和2)年1月31日

  • 00:45.17
    2020年01月31日
    北朝鮮 新型肺炎対策でマスク姿 平壌市内の様子

    北朝鮮当局は31日までに、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスへの対策として、中国と北朝鮮を結ぶ全ての航空便と列車を停止する措置を決めた。平壌市内ではマスク姿で行き交う市民の姿がみられた。<映像内容>平壌市内でマスクを着用して歩く市民の姿など。撮影日:2020(令和2)年1月31日、撮影場所:平壌市内

    撮影: 2020(令和2)年1月31日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:21.44
    2019年10月06日
    中朝が国交樹立70年 北朝鮮の首都・平壌の表情

    中国と北朝鮮は6日、国交樹立から70年を迎えた。朝鮮戦争での中国義勇軍参戦を記念する平壌市内の「友誼塔」には、中国人観光客らが訪れ献花した。塔を案内した鄭現美さん(39)は「朝中は伝統的に深い関係があり、今後も親善を続けていかなければならない」と話した。<映像内容>「友誼塔」外観、塔の内部にある中朝の国旗をあしらったレリーフ、内部に展示された朝鮮戦争時の絵、朝中関係について話す鄭現美さん、塔外壁のレリーフ、塔を訪れた中国人観光客、献花する中国人観光客、手向けた花、塔に礼をする中国人観光客ら、内部の展示物を見る中国人観光客、万寿台の丘、金日成広場、平壌駅など、撮影日:2019(令和元)年10月6日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年10月6日

  • 01:06.66
    2019年10月05日
    北朝鮮 6日で中朝国交樹立70年 平壌では記念切手販売

    中国と北朝鮮は6日、国交樹立から70年を迎える。節目の年だが、5日の段階で要人の往来などは両国から発表されておらず、どのような記念行事が開かれるかは不明だ。北朝鮮の首都、平壌市内の切手販売店では70年の記念切手の販売が最近始まったほか、中国大使館前にもこれまでの首脳会談の写真などが掲示されていた。撮影日:2019(令和元)年10月5日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年10月5日

  • 00:53.45
    2019年10月02日
    日本医師会幹部ら障害者施設視察 北朝鮮・平壌で

    北朝鮮に対する将来的な医療支援を検討するため、同国を訪問している日本医師会(日医)の柵木充明代議員会議長や元自民党参院議員の宮崎秀樹氏らは2日、平壌市内にある障害者の治療を専門に行う施設や産院を視察した。<映像内容>障害者治療施設の担当者から説明を受ける訪朝団の一行、掲げられた「身体運動治療室」の看板、治療の様子を視察する一行や施設内を見学する一行、平壌産院の外観、撮影日:2019(令和元)年10月2日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年10月2日

  • 00:56.39
    2019年09月11日
    平壌市民ら発射報道に関心 地下鉄駅の新聞に人だかり

    北朝鮮の首都平壌市内では11日、金正恩朝鮮労働党委員長が10日に「超大型多連装ロケット砲」の試射を視察したと1面で報じた党機関紙、労働新聞の紙面を市民が食い入るように読む姿が見られた。地下鉄の復興駅と栄光駅のホームでは、数カ所に設置された労働新聞の掲示板前で乗客らが立ち止まり、視察場面の写真が付いた記事を読んでいた。高齢者や学生などで一時、人だかりができる場面もあった。<映像内容>地下鉄「復興駅」ホームに設置された労働新聞を読む市民ら、撮影日:2019(令和元)年9月11日、撮影場所:北朝鮮 平壌 復興駅

    撮影: 2019(令和元)年9月11日

  • 01:22.01
    2019年09月10日
    南北関係改善の期待しぼむ 平壌、記念切手に文氏なし

    昨年9月18~20日に北朝鮮・平壌で南北首脳会談が開かれて来週で1年となる。当時は平壌市民の間でも高まった南北関係改善への期待はしぼみ、北朝鮮は韓国の文在寅大統領を米朝の仲介者とは認めない姿勢も鮮明にしている。平壌市内の切手販売店では10日、最近発売された6月30日の板門店での米朝首脳会談を記念する切手が売られていた。だが切手に文氏は不在だ。<映像内容>米朝板門店会談を記念する切手、封筒、封筒に押された「板門店朝米首脳会談」などと書かれたスタンプ、撮影日:2019(令和元)年9月10日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年9月10日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.96
    2019年09月10日
    北朝鮮、飛翔体2回発射 今日の平壌市内雑観

    韓国軍は10日、北朝鮮が同日朝、中部、平安南道の内陸部から日本海側に向けて飛翔体を2回発射したと明らかにした。弾道ミサイルかどうか分析を進める。北朝鮮の崔善姫第1外務次官は9日夜、米朝実務協議に9月下旬にも応じる用意があると表明。非核化交渉の主導権を握るため硬軟両様で仕掛けた形だ。<映像内容>金日成広場や平壌駅頭など平壌市内の様子を車中から撮影した映像、撮影日:2019(令和元)年9月10日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年9月10日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:10.57
    2019年07月27日
    朝鮮戦争休戦66年で舞踏会開催 北朝鮮・平壌

    朝鮮戦争(1950~53年)の休戦協定締結から66年となる27日、北朝鮮の首都平壌市内で数百人の学生らによる祝いの舞踏会が開かれた。〈映像内容〉車内から撮影した平壌駅や付近の道路の上に掲げられた国旗のほか「戦勝 7・27」や「勝利の7・27は永遠に 慶祝」などとと書かれた看板などの市内雑観、舞踏会と「慶祝 7・27」の看板など、撮影日:2019(令和元)年7月27日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2019(令和元)年7月27日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.75
    2019年07月25日
    発射報道ない平壌 市民生活に変化なし

    北朝鮮が25日に東部から短距離弾道ミサイルを発射したことを北朝鮮メディアは同日報じておらず、首都平壌では発射の事実を知る一般市民はいない。〈映像内容〉平壌市内の平壌駅前や金日成広場、金日成主席の生家を訪れる観光客などの雑観、撮影日:2019(令和元)年7月25日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(令和元)年7月25日

  • 01:34.66
    2019年06月20日
    習氏訪朝で平壌は歓迎ムード 「血で結ばれた団結万歳」

    中国の習近平国家主席が20日、北朝鮮を公式訪問し平壌市内は中国国旗が掲揚されるなど歓迎ムードに包まれた。〈映像内容〉歓迎ムードの平壌の街の様子。中国国旗や風船の飾り、歓迎のスローガンの看板、インタビュー映像など、撮影日:2019(令和元)年6月20日、撮影場所:北朝鮮 平壌市内 ※冒頭から36秒後スローガン看板の文字は「血で結ばれた朝中両国人民の不敗の友好団結万歳!」、41秒後の看板は「不敗の友好」▼1人目の女性インタビュー全賢さん(27)日本語訳「新聞やテレビを通じて習近平主席がわが国を訪問するという報道に接した。朝中の友好関係は70年の長い歴史を持っている。70年にわたる友好関係がさらに発展すると思う」▼2人目の男性インタビュー事務員金明哲さん(40)日本語訳「伝統的な朝中の友好関係は非常に根強い歴史を持っている。わが人民は根強い朝中の友好関係を大事にしている。中国の習近平国家主席の今回の平壌訪問を喜ばしい気持ちで歓迎する」。

    撮影: 2019(令和元)年6月20日

  • 00:59.56
    2019年05月08日
    平壌で建築設計の展示会 省エネ技術に関心

    北朝鮮・平壌の大型学習施設、科学技術殿堂で8日までに、「建築祝典」が開幕した。太陽光発電など環境に優しい技術を使った公共の建物や集合住宅など約400点の設計案が出品された。建築家や施工関係者ら約600人が参加。朝鮮建築科学技術交流社、劉才雄社長は「省エネ型の建物に関するものが多く、観覧者らの関心も高い」と語った。国連安全保障理事会の制裁決議の影響もあり、燃料や電力供給が不安定なことも背景にありそうだ。〈映像内容〉展示会の様子、撮影日:2019(令和元)年5月8日、撮影場所:北朝鮮 平壌市内

    撮影: 2019(令和元)年5月8日

  • 01:13.47
    2019年04月15日
    北朝鮮「太陽節」の舞踊会

    北朝鮮の平壌市内では15日、建国の父、金日成氏の記念日を祝う人々でにぎわった。街頭では、党の方針を訴える国内向けのスローガンが掲げられていたが、米国などへの対決姿勢を示すような標語は確認できなかった。市中心部の凱旋門近くの広場では、恒例行事の大学生らによる舞踊会が開かれ、手を取り合い輪を描いてダンスする若者の中に、海外から訪れた観光客も加わった。〈映像内容〉北朝鮮の平壌市内で行われた舞踊会の様子、撮影日:2019(平成31)年4月15日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2019(平成31)年4月15日

  • 03:49.86
    2019年04月15日
    「新華社」平壌大聖百貨店が新装開店金正恩氏も視察

    朝鮮(北朝鮮)の首都平壌(ピョンヤン)にある大聖百貨店が15日、1年余りにわたるリニューアル工事を終え、新装開店した。当日はオープンを聞いてやって来た多くの来店客で大いににぎわった。同百貨店は、平壌市内の綾羅大街と産院街の交差点に位置する大型総合商業施設で、現代的大型ショッピングの内装スタイルを取り入れ、外観はシンプルで洗練されている。入口の上方のディスプレー画面には各階の商品情報が流れている。同店のフロアガイドには地上5階、地下1階の6階建てと説明されている。1階はスーパーと日用雑貨品フロア。2階は総合販売フロアになっていて、正面から入るとまず大人向けの服飾売場があり、華麗な民族衣装が最も目につく場所に飾られている。その右側には寝具・カーテン売場、左側には家電売場があり、4Kの液晶テレビ、ドラム式洗濯機など各種家電製品を取りそろえている。子ども用品売場には、玩具、衣類などがきれいに並べられていて、多くの子連れ客が品物を選んでいた。3階は靴や高級用品フロアで、外国製品も多い。4階はレストランやカフェのあるフードコートになっていて、朝鮮料理が中心。ドリンクバーや鉄板焼、韓国式焼肉のカウンター前には人だかりができていた。この施設は、現代的な改装のうえに国際レベルのマルチ機能陳列棚、最新式の照明設備も取り入れ、豊富な品ぞろえをしている。さらに、パラマエスカレーターからは、施設の外に植えられたアンズの花が満開になっている美しい景色が見られ、来客は買い物だけでなく、美しい景色も楽しんでいた。朝鮮中央通信は8日、同国の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)氏が同百貨店を視察した際、サービス環境や規模、商品の質や品ぞろえを高く評価したと伝えた。(記者/劉艶霞)<映像内容>北朝鮮平壌の大聖百貨店、新装開店の様子、撮影日:2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.09
    2019年04月12日
    「自力更生」平壌各所で 金日成時代の標語広く定着

    北朝鮮の国会に当たる最高人民会議の開催が伝えられた12日、首都平壌では、同会議で強調された「自力更生」のスローガンが至る所に掲げられていた。故金日成主席の時代から唱えられた「体に染みついた標語」(平壌市民)だといい、制裁が続く中でも他国に頼らず経済発展を目指そうという姿勢は、市民に広く定着しているようだ。「自力更生」「朝鮮労働党の思想貫徹を」。平壌市の中心部では、赤地に白抜きの字で書かれた真新しい横断幕が各所に設置されていた。市内にある金元均名称音楽総合大の林海栄教授は取材に「誰が制裁をしても、何が不足したとしても、われわれの力だけで生きるというのは子どもや孫にまで受け継がれ、人民の体質となっている」と話した。〈映像内容〉平壌駅前、「自力更生」のスローガン看板、金正日広場、平壌市内の様子、林海栄教授インタビューなど、撮影日:2019(平成31)年4月12日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年4月12日

  • 00:58.59
    2019年04月02日
    ロ内相、北序列2位とも会談 高官の往来活発化

    北朝鮮を訪問しているロシアのコロコリツェフ内相は2日、平壌市内で、朝鮮労働党序列2位の金永南最高人民会議常任委員長と会談した。崔富一人民保安相との会談に続き、相次いで北朝鮮高官との会談をこなした。両国は今年、経済・文化分野での協力協定締結から70年を迎え、高官の往来が活発化。金正恩党委員長のロシア訪問も調整しているとみられる。〈映像内容〉コロコリツェフ氏と金永南氏の会談の様子、撮影日:2019(平成31)年4月2日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年4月2日

  • 01:53.74
    2019年03月10日
    北朝鮮で最高人民会議選 投票所の様子など

    北朝鮮で10日、5年に1度の最高人民会議(国会)の代議員選挙が行われた。選挙は信任投票で、4月に新たな代議員による会議を招集。金正恩朝鮮労働党委員長は経済建設に総力を挙げるとする戦略路線を推進すると同時に、国際社会による経済制裁が続く中、人事刷新などで体制引き締めを図る可能性がある。選挙は信任投票で、金正恩体制下では2度目。朝鮮中央通信は正午現在の投票率は56・76%と伝えた。最終的には100%近い数字になるとみられる。市内はお祭りのような雰囲気で、あちこちで市民が舞踏などを楽しんだ。<映像内容>平壌市内の投票所に並ぶ市民など投票所雑観、「選挙票」を手渡す様子、投票所に入る市民、候補者へのインタビュー、賛成票を投じた人へのインタビューなど、撮影日:2019(平成31)年3月10日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年3月10日

  • 00:44.94
    2019年03月08日
    北朝鮮、男性ら花買い求め 「世界で無二の女性天国」

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は8日、国際女性デーに際し社説や関連記事を掲載した。資本主義国では女性差別や性暴力が深刻な社会問題となっているのに対し、北朝鮮は女性を尊重する「世界に二つとない女性の天国」だと強調、「社会主義強国」の建設に尽くすよう訴えた。首都平壌では同日、あちこちで男性市民らが母親や妻に贈る花を買い求める姿がみられた。国家切手発行局で働く金ハクミョンさんは「子どものために苦労している母が喜んでくれれば」と語り、花束を買っていた。〈映像内容〉平壌市内の花屋での販売の様子や購入客の様子、花の雑観、購入客インタビュー、撮影日:2019(平成31)年3月8日、撮影場所:北朝鮮 平壌市内

    撮影: 2019(平成31)年3月8日

  • 00:57.75
    2019年02月25日
    北朝鮮、選挙投票呼び掛け 米朝会談後に人事刷新か

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は25日、来月10日の最高人民会議(国会)第14期代議員選挙に向けた社説を掲載し「選挙を高い政治的熱意で迎えよう」と投票を呼び掛けた。金正恩党委員長は今月27~28日にベトナムの首都ハノイで米朝首脳再会談に臨む。選挙を通じて世代交代や人事刷新を進め、会談結果を踏まえた政策推進のための体制強化を図る可能性がある。平壌市内ではあちこちに選挙日を記したポスターや投票を訴える横断幕が掲げられた。<映像内容>平壌市内の選挙日告知ポスターが掲示されている様子、平壌市内の雑観、撮影日:2019(平成31)年2月25日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年2月25日

  • 00:48.34
    2019年02月16日
    北朝鮮で金総書記誕生日 平壌で舞踏会

    北朝鮮は16日、最大の祝日とされる故金正日総書記の生誕記念日「光明星節」を迎え、各地で記念行事が開かれるなど祝賀ムードに包まれた。平壌市内では若者らによる舞踏会が各所で開かれた。前日に降った雪で地面が凍った平壌中心部の「万寿台の丘」。早朝から市民らが次々訪れ、金総書記と故金日成主席の銅像に献花した。朝鮮中央通信によると、金正恩党委員長は光明星節に際し、金総書記と金主席の遺体が安置されている錦〓(糸ヘンに肅)山(クムスサン)太陽宮殿を訪問した。〈映像内容〉北朝鮮の平壌で行われた舞踏会の様子と市内雑観、撮影日:2019(平成31)年2月16日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年2月16日

  • 01:52.47
    2019年02月15日
    金総書記誕生日前に記念行事 平壌市内雑観

    北朝鮮で故金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日「光明星節」を16日に迎えるのを前に、首都平壌(ピョンヤン)市内では15日、雪が舞う中、「2・16慶祝」などと書かれた祝いの看板や国旗が飾られた。〈映像内容〉北朝鮮で故金正日総書記の誕生日「光明星節」前日の平壌市内雑観、撮影日:2019(平成31)年2月15日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年2月15日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:08.03
    2019年02月08日
    北朝鮮の軍創建記念日 祝賀舞踏会

    北朝鮮は8日、朝鮮人民軍創建71年の記念日を迎えた。米朝首脳再会談を今月末に控える中、昨年実施した軍事パレードは行われず、国営メディアも核・ミサイルへの言及を控え、抑制的な対応を見せた。首都平壌は同日、氷点下10度を下回る厳しい寒さ。中心部の「万寿台の丘」に立つ故金日成主席と故金正日総書記の銅像の前には、朝から軍人や市民らが献花に訪れた。市内の広場では若者らによる祝賀舞踏会も開かれ、祝日ムードが漂った。〈映像内容〉北朝鮮の平壌市内の祝賀舞踏会の様子と市内雑観、撮影日:2019(平成31)年2月8日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年2月8日

  • 00:43.57
    2019年01月24日
    北朝鮮の体育相と会談 国際体操連盟の渡辺会長

    朝鮮を訪問している国際体操連盟(FIG)の渡辺守成会長は24日、平壌で北朝鮮オリンピック委員会委員長を務める金日国体育相と会談した。〈映像内容〉平壌市内で行われた、北朝鮮の金日国体育相と、国際体操連盟の渡辺会長ら委員との会談の様子、撮影日:2019(平成31)年1月24日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2019(平成31)年1月24日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:51.41
    2018年12月24日
    故金正日氏称賛で舞踏会 朝鮮人民軍最高司令官就任から27年

    北朝鮮は24日、故金正日総書記が朝鮮人民軍最高司令官に就任した日から27年を迎えた。同日は金正恩氏の祖母、故金正淑氏の生誕記念日でもあり、平壌市内では学生らによる祝賀舞踏会が行われた。〈映像内容〉平壌市内で行われた舞踏会に市民らが参加している様子、撮影日:2018(平成30)年12月24日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2018(平成30)年12月24日

  • 04:55.22
    2018年10月24日
    平壌でサッカー交流試合 松浪氏、体育相と会談

    スポーツ交流のために北朝鮮を訪問している日本体育大代表団の男子、女子サッカーチームは24日、平壌の金日成競技場で朝鮮体育大とそれぞれ親善試合を行った。試合に先立ち、代表団を率いる松浪健四郎理事長は北朝鮮の金日国体育相と会談した。〈映像内容〉平壌の金日成競技場で行われた日体大と朝鮮体育大の合同練習、代表団の松浪健四郎理事長と北朝鮮の金日国体育相との会談、親善試合の様子と観客席雑観など、撮影日:2018(平成30)年10月24日、撮影場所:北朝鮮 平壌市内

    撮影: 2018(平成30)年10月24日

  • 03:19.33
    2018年10月12日
    朝鮮労働党創建73年の平壌 韓国への視線、まだ慎重

    今月10日の朝鮮労働党創建73周年記念日に合わせ13日まで北朝鮮を訪問した。首都平壌では、今年3回の首脳会談を行った韓国との関係改善を公然化する動きが出始めた。ただ過去には南北融和ムードが一転して対決姿勢に変わった時期もあり、市民の間では慎重な見方がまだ根強いようだ。地下鉄の復興駅の前に米朝首脳会談後の9月上旬まで残っていた「米帝が襲いかかるなら地球上から完全に葬り去ろう」との横断幕は姿を消していた。<映像内容>平壌市内の地下鉄の駅、平壌地下鉄の案内人孫哲虎さん(53)が説明する様子、ホームの新聞を見る様子、車内の様子、発車の様子など、撮影日:2018(平成30)年10月12日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2018(平成30)年10月12日

  • 01:09.83
    2018年09月21日
    北朝鮮「歴史的な出来事」 首脳会談など報道

    北朝鮮メディアは21日、金正恩朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領の会談や朝鮮半島最高峰、白頭山訪問など3日間にわたった日程について大々的に伝え「歴史的な出来事」などと評した。朝鮮中央テレビは21日午後のニュースで、両首脳が19日に共同宣言に署名した際の映像などを放映。市民らが集まってニュースを見る姿があった。<映像内容>テレビのニュース映像を見る平壌市民ら、撮影日:2018(平成30)年9月21日、撮影場所:平壌市内 科学技術殿堂

    撮影: 2018(平成30)年9月21日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:59.82
    2018年09月09日
    建国70年で軍事パレードへ 北朝鮮、ICBMに注目

    北朝鮮は9日、建国70年の記念日を迎えた。主要祝賀行事として首都平壌の金日成広場で軍事パレードが行われるとみられる。米朝の非核化交渉が停滞する中、米国を射程に収める大陸間弾道ミサイル(ICBM)を登場させるかどうかや、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が演説した場合に、非核化や米朝関係を巡り、どのような発言をするのかが注目される。〈映像内容〉平壌市内の朝の表情。パレードに参加するとみられる車列や、待機する人々、撮影日:2018(平成30)年9月9日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2018(平成30)年9月9日

  • 04:29.30
    2018年09月09日
    北朝鮮9日建国70年 祝賀行事の練習

    北朝鮮は9日、建国70年の記念日を迎える。金日成広場では指導部や来賓が並ぶひな壇に装飾が施され、祝賀行事の練習に参加した市民らが花飾りなどを手に市内を行き交うなど、準備は大詰め。未完成の超高層ホテル「柳京ホテル」はライトアップされ、祝賀ムードを演出している。〈映像内容〉北朝鮮の平壌の金日成広場や平壌市内の看板などの雑観、超高層ホテル「柳京ホテル」のライトアップ、撮影日:2018(平成30)年9月9日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2018(平成30)年9月9日

  • 02:33.98
    2018年09月07日
    平壌の大学、北朝鮮が公開 仮想現実技術など活用

    北朝鮮は7日、海外メディアに教員養成校の平壌教員大学を公開した。この日は、バーチャルリアリティー(仮想現実)の技術などを使う授業を公開。「観察指導」の教室では池に泳ぐ魚を立体的に映し出し、学生らが学校の授業でどう活用できるか意見を出し合った。スクリーンに映された児童のアニメーションを相手に模擬授業をする学生もいた。金正恩朝鮮労働党委員長も現地指導で大学を訪れたことがあり、当時の写真などが展示されている。教壇に立つ鄭太実さんは、教育に全力を傾注すれば国の未来は明るいと、金氏が語ったと振り返った。<映像内容>平壌市内に掲げられた建国70周年を祝う看板、バーチャルリアリティー技術などを使った授業の様子、アニメを使った模擬授業の様子、金委員長の現地指導の写真、鄭太実さんインタビュー、撮影日:2018(平成30)年9月7日、撮影場所:北朝鮮平壌 平壌教育大学

    撮影: 2018(平成30)年9月7日

  • 01:34.02
    2018年09月06日
    建国70年取材に140人 外国メディア北朝鮮に集結

    北朝鮮が9日に迎える建国70年の祝賀行事を取材するため、訪朝する外国メディアの記者らが約140人に上ることが6日分かった。北朝鮮関係者が明らかにした。外国メディアが宿泊する平壌市内の羊角島(ヤンガクト)ホテルにはインターネットが利用できるプレスセンターがオープン。平壌中心部の金日成広場では祝賀行事のための飾り付けなどが行われ、小道具を手にした若者らが行事の練習をしていた。〈映像内容〉平壌市内全景、マスゲームが行われるとされるメーデースタジアム、平壌駅前、9・9の祝賀行事のプレスセンターが設置される羊角島ホテルの外観、オープンしてメディアが入り始めたプレセン内部など、撮影日:2018(平成30)年9月6日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2018(平成30)年9月6日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:37.57
    2018年09月04日
    建国70年の祝賀準備着々 平壌、看板設置や行事練習

    北朝鮮が建国70年の記念日を迎えるのを前に、首都平壌では祝賀行事の準備が着々と進められている。中心部の金日成広場では飾り付けが行われ、市内のあちこちで市民らが行事の練習をする姿も見られる。9日に軍事パレードが行われるとみられる金日成広場には建国の年に当たる「1948」と書かれた赤い看板が設置され、街頭には「共和国創建70周年慶祝」などと書かれた看板が掲げられた。平壌の羊角島(ヤンガクト)ホテルには外国メディア向けのプレスセンターが開設される予定で、関係者によれば総勢100人以上が利用するという。建国70年を記念し、国旗や国章をあしらった切手シートも発売された。〈映像内容〉4日撮影の平壌市内の雑観、祝賀行事の準備が進む金日成広場などの様子、5日撮影の平壌市内の雑観、祝賀行事の準備が進む金日成広場などの様子、プレスセンターが設置されるホテル、切手の物撮りなど、撮影日:2018(平成30)年9月4日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2018(平成30)年9月4日

  • 04:43.43
    2018年08月23日
    「新華社」【字幕あり】朝鮮の女性、独特の体操で出勤する市民を応援

    朝鮮の首都平壌(ピョンヤン)の平日の朝、主要幹線道路の交差点ではこうした女性たちの集団がいつも見られる。統一されたユニフォームを着用した女性たちが、腰鼓を叩いたり、赤旗を振ったり、音楽に合わせて隊形を変えたりしている。夏の暑い日も冬の寒い日も、1年を通して、女性たちは定刻に各交差点に姿を見せる。これは、平壌の各区・郡の女性同盟委員会が自発的に始めた特別な活動であり、毎朝足早に出勤する人たちにエールを送るものだ。平壌普通江区女性同盟委員会の宋楊蘭(ソン・ヤンナン)会長によると、家で過ごしている女性たちが、国と社会に貢献するために、この活動を自発的に企画したという。年齢は30~40歳くらいで、自由な時間を使って自発的に稽古をしている。女性同盟委員会は女性たちのために統一されたユニフォームを仕立てて、各人にそれぞれ赤旗2本と腰鼓を配布すると同時に、プロの振付師を定期的に招いて振り付けや動きを整えた。平壌市内の19の地区と郡ごとに衣服の色は異なり、夏はミニスカートスーツ、冬は明るい色の綿入りコートとズボンを着用する。慌ただしい通勤時間、職場に急ぐ労働者を応援する女性たちの姿は、風物詩となっている。交通渋滞を緩和するために、平壌は時差出勤制度を実施している。特殊な業種以外は、出勤時間が通常7時から9時までの間で異なっているため、女性たちは人通りが最も多い時間帯を選んで、主要な幹線道路の交差点で1~2時間活動する。長時間の旗振りに加え、正確な動きも要求されるので、体力的にもきつい。この点について、女性たちはこの活動を通じて国に貢献できることをとても誇りに感じている、と宋氏は明かした。平壌普通江区女性同盟委員会会長宋楊蘭氏この朝の活動は、彼女たちが自発的に始めたことなので、きついとは思っていません。朝の活動が終わって帰宅すると、夫や子ども、家族の世話をします。疲れますが、党と国を愛する彼女たちは、党と国に貢献できることに誇りを感じています。(記者/劉艶霞)<映像内容>集団でダンスをする北朝鮮の女性、平壌普通江区女性同盟委員会会長のコメント、撮影日:2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:29.24
    2018年08月03日
    北朝鮮で猛暑続く 40度超、農業被害も

    北朝鮮で観測史上、例のない猛暑が続いている。5日付の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は高温や干ばつによる農作物などへの被害防止を国民に呼び掛け、各地の取り組みを紹介した。7月中旬に気温が上がり始め、北部では40度超を記録した。首都平壌では市民が小さな携帯用扇風機で暑さをしのぐ姿も。〈映像内容〉猛暑が続く平壌市内の様子、気象水門局短期予報室の康哲準(カン・チョルジュン)室長のインタビューなど、撮影日:2018(平成30)年8月3日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2018(平成30)年8月3日

  • 04:03.84
    2018年07月28日
    中国観光客、北朝鮮へ 大同江の遊覧船人気

    中朝関係の改善を背景に、北朝鮮を訪れる中国の観光客が増えている。北朝鮮は8月上旬、外国からの観光客受け入れを一時中断する方針を決めたもようだが、観光インフラの強化を図っており、建国70年を迎える9月から一層のインバウンド増を期待する気配だ。7月下旬、平壌を流れる大同江の遊覧船に乗った中国山西省の喬勇さん(25)は、旅を楽しんでいると話した。2013年開業の遊覧船は、7月から1日の航行を2回から4回に増やしコースも延長。名物の大同江ビールを飲みながら近年完成した高層マンション群で明るくなった平壌の夜景を楽しんでもらおうとの趣向だ。7月末の夜のクルーズでは連日300人以上の団体客の歓声が飛び交い、女性バンドの公演が雰囲気を盛り上げた。〈映像内容〉船の外観、観光客やショーの様子、船のサービス担当の車水正さん(29)インタビュー、客の喬勇さん(25)インタビューなど。7月28日29日に平壌市内で撮影、撮影日:2018(平成30)年7月28日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2018(平成30)年7月28日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:16.70
    2018年07月25日
    ナマズ工場公開 北朝鮮・平壌

    朝鮮戦争(19650~53年)の休戦協定締結から65年となる27日を前に、北朝鮮の首都平壌では経済の自立を呼びかけるスローガンが掲げられ、米国への敵がい心をあおる文言は見当たらない。24日、平壌南部にある「平壌ナマズ工場(養殖場)」。共同通信の取材に応じた技術課長は、「最高指導者同士(金正恩朝鮮労働党委員長)の歩みに従い、一日も早く人民生活を一層向上させ、経済発展を成し遂げる」と話した。朱氏の説明では、ナマズは故金正日総書記が養殖の研究を指示。同工場は2000年から稼働を始め、年間生産量は約2500トンと国内最大規模だ。〈映像内容〉北朝鮮の平壌で公開された「平壌ナマズ工場(養殖場)」の様子と技術課長のインタビューと市内雑観。平壌市内の経済の自立を呼びかけるスローガンなどの雑観、撮影日:2018(平成30)年7月25日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2018(平成30)年7月25日

  • 04:44.85
    2018年06月14日
    米朝会談映像に涙 北朝鮮、涙浮かべる市民も

    史上初の会談の映像を流すテレビを見入る北朝鮮住民の目には、涙が浮かんでいた。朝鮮中央テレビは14日、シンガポールで12日に行われた米朝首脳会談の映像を初めて公開した。首都平壌の中心部にある喫茶店。放送が始まると、客や従業員が緊張した表情で画面を見つめた。金正恩朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領が一対一で向き合う場面が流れると、客の女性は目のふちを何度も指で拭った。別の女性は涙をこらえるように、しきりにまばたきをしていた。記録映像の体裁で、金氏が空港で幹部らに見送られ、航空機に乗り込みシンガポールに向けて出発する場面から始まった。〈映像内容〉平壌市内のホテル喫茶店内で朝鮮中央テレビが放映した米朝首脳会談の映像を見る人たち、平壌の高麗ホテルの喫茶店で撮影(14日午後3時すぎ)、北朝鮮の幹部養成校「万景台革命学院」で学生が学んだり行進していたりする様子、教務部副部長の金英虎さん(49)インタビューなど、(11日午後)平壌市内で撮影、撮影日:2018(平成30)年6月14日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2018(平成30)年6月14日

  • 05:13.88
    2018年06月13日
    平壌、スマホでニュースも 会談翌朝、街は平穏

    シンガポールで開かれた米朝首脳会談の結果が北朝鮮の公式メディアで初めて報道された13日朝、北朝鮮の首都平壌では、テレビでニュースがまだ放送されていないためか、街の様子に大きな変化はなかった。一方、スマートフォンで会談結果についてのニュースを見る市民もいた。平壌中心部の地下鉄駅周辺。学生たちや出勤する市民が、慌ただしく行き交っていた。普段と変わらない日常の風景だ。足を止めながら、スマホをいじる人の姿も。平壌では、通勤途中に朝鮮労働党機関紙、労働新聞の記事をスマホで読む人も多く、会談の記事をチェックしていた人もいるとみられる。トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長が一緒に写った12日の写真を初めてスマホで見たという女性は、感慨深げに画面を見つめていた。〈映像内容〉平壌市内の通勤風景、雑観、スマートフォンで会談のニュースを見る市民など、撮影日:2018(平成30)年6月13日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2018(平成30)年6月13日

  • 04:56.96
    2018年06月12日
    平壌、普段と変わらぬ朝 『一心団結』鼓舞の主婦ら

    米朝首脳会談開催日の12日、北朝鮮の首都平壌では、通勤客らが忙しそうに行き交い、普段と変わらない朝の風景が見られた。平壌駅前の広場では、緑色のおそろいの服を着た主婦らが、両手に持った赤い旗を音楽に合わせて振り、出勤する人々を鼓舞。近くには「決死擁護」「一心団結」などのスローガンも見えた。〈映像内容〉朝の出勤風景など、平壌市内の12日朝の様子。撮影日:2018(平成30)年6月12日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2018(平成30)年6月12日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:58.59
    2018年06月10日
    米朝記事にくぎ付け 平壌市民、高い関心

    米朝首脳会談に臨む金正恩朝鮮労働党委員長のシンガポール訪問が報道された11日、北朝鮮の首都平壌の地下鉄駅構内に設置された新聞閲覧コーナーでは、会談に関する記事の前に人だかりができ、関心の高さを示した。 市内では9月9日に70周年を迎える建国記念日に向け、軍事パレードやマスゲームの練習も行われている。10日には市内を流れる大同江沿いで、軍服姿の女学生たちが音楽に合わせて行進の練習をしていた。<映像内容>北朝鮮・平壌の地下鉄駅雑観、駅構内に掲示された金正恩朝鮮労働党委員長のシンガポール訪問を報じる新聞を熱心に読む人たちなど(11日撮影)、チュチェ思想塔から撮影した平壌市内雑観、北朝鮮の建国記念日に向けマスゲームの練習をする人たち、軍事パレードの練習をする女性たち(10日撮影)。撮影日:2018(平成30)年6月10日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2018(平成30)年6月10日

  • 00:56.15
    2018年04月21日
    経済建設の新路線を支持 北朝鮮・平壌市民ら

    北朝鮮が核開発路線の転換や核実験場閉鎖などを発表した21日、平壌市民らからは金正恩朝鮮労働党委員長が提示した経済建設に総力を集中する新たな路線を支持する声が聞かれた。平壌市内の科学者向け高層住宅団地「未来科学者通り」に設置された大型スクリーン前では、発表を伝える朝鮮中央テレビのニュースを市民らが見守っていた。<映像内容>北朝鮮の首都・平壌の市内(未来科学者通り周辺)街頭雑観、スマートフォンなどでニュースを見る市民らの様子、大型スクリーン前でニュースを見守る市民らなど、撮影日:2018(平成30)年4月21日、撮影場所:北朝鮮・平壌

    撮影: 2018(平成30)年4月21日

  • 01:02.93
    2018年02月16日
    北朝鮮 金総書記誕生日で銅像に献花 平壌市民

    北朝鮮が故金正日総書記の生誕記念日「光明星節」を迎えた16日、平壌中心部の「万寿台の丘」に立つ金総書記と故金日成主席の銅像の前には、朝から献花する軍人や市民らが次々訪れた。<映像内容>故金正日総書記の誕生日を迎えた万寿台の丘、「金正恩」と書かれた花、献花する市民ら、撮影日:2018(平成30)年2月16日、撮影場所:北朝鮮・平壌市内

    撮影: 2018(平成30)年2月16日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:28.99
    2017年12月20日
    平壌市内ルポ リニューアル工事を終えた靴工場

    米全土を攻撃できるとする大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行い「核戦力完成」を宣言した北朝鮮の首都平壌に入った。運動靴を専門につくる平壌の「柳原靴工場」は4月にリニューアル工事を終えた。屋上に太陽光パネルを敷き詰め電力需要をほぼ自前でまかなっている。<映像内容>リニューアルし柳原靴工場の様子、撮影は12月20日。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:42.71
    2017年12月16日
    平壌市内ルポ 雪かきに追われる市民

    米全土を攻撃できるとする大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行い「核戦力完成」を宣言した北朝鮮の首都平壌に入った。例年以上の厳しい寒さが続く。20日は足首が埋もれるほど雪が降り積もり、朝から雪かきに追われる人々の姿が目立った。制裁による原油供給制限の影響か慢性的な電力不足のためか、暖房使用を控える施設などもある。<映像内容>雪が積もる平壌市内の様子。撮影は12月16日から20日にかけて平壌市内。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:52.41
    2017年11月29日
    「発射成功」に「万歳」 報道に喜ぶ北朝鮮・平壌市民ら

    北朝鮮が新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射実験に成功したと発表した29日、平壌市民らは「マンセー(万歳)」と喜び、米国の制裁は通じないとの声が聞かれた。平壌駅前の大型スクリーン前では、発射「成功」を伝える朝鮮中央テレビのニュースを多くの市民らが見守り、拍手や歓声が上がった。 <映像内容>平壌駅頭雑観、ニュースを聞く市民ら雑観、市民(男女)のインタビューなど。撮影は平壌市内で29日正午(日本時間午後0時半)ごろ。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:17.33
    2017年11月17日
    中国特使、金氏側近と会談 習主席特使が訪朝

    中国共産党の宋濤中央対外連絡部長が17日、習近平総書記(国家主席)の特使として平壌に到着した。宋部長は金正恩朝鮮労働党委員長の最側近の崔竜海党副委員長と会談した。核・ミサイル開発問題などについて話し合ったとみられる。中国高官の訪朝は昨年10月の劉振民外務次官(当時)以来で、2期目の習指導部発足後は初めて。宋氏の訪朝は20日までとみられる。平壌国際空港では17日、朝鮮労働党の李昌根副部長が宋氏を出迎えた。<映像内容>宋濤氏の乗った到着便、出迎えの関係者ら、現れた宋濤氏が李昌根副部長と握手する様子、記念撮影、建物を出て車に乗り込むところなど。(撮影は17日、北朝鮮・平壌の平壌国際空港で)、会談の会場で崔竜海氏の出迎えを受ける宋氏、写真撮影、会談の様子など。(撮影は17日、北朝鮮の平壌市内で)

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:17.86
    2017年10月10日
    北朝鮮の党創建記念日 挑発も日米韓は警戒

    北朝鮮は10日、朝鮮労働党創建72年の記念日を迎えた。日米韓の防衛当局は、北朝鮮が重要な政治的節目と位置付けるこの日に合わせ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験などの挑発行動に踏み切る恐れもあるとみて警戒している。首都平壌(ピョンヤン)市内では10日、記念日を祝う看板が飾られ、祝賀ムードが演出された。今年は5年ごとの節目には当たらず、大規模な記念行事は予定されていない。 <映像内容>北朝鮮の首都平壌市内の雑観。現地時間10日午前撮影。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:12.58
    2017年10月10日
    北朝鮮、記念日に対決強調 10日午後の平壌市内雑観

    北朝鮮は朝鮮労働党創建記念日を迎えた10日、国営メディアを通じ金正恩(キム・ジョンウン)党委員長への忠誠を国民に呼び掛け、米国との対決姿勢を強調した。大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験などの具体的な兆候はないようだが、日米韓の防衛当局は不測の事態に備え、警戒を続けた。 <映像内容>北朝鮮の平壌の党創建記念塔前での祝賀の公演や舞踏会、市内雑観、市民のインタビューなど。現地時間10日午後撮影。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:12.63
    2017年10月09日
    北朝鮮、10日に党創建記念日 看板や旗で飾られた平壌

    北朝鮮は10日、朝鮮労働党創建記念日を迎える。今年は72周年で5年ごとの節目には当たらず、大規模な祝賀行事などは予告されていない。日米韓の防衛当局は、北朝鮮がこの日に合わせ大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験などの挑発行為に踏み切る可能性もあるとみて、警戒を強めている。9日の首都平壌市内は「10・10慶祝」などと書かれた党創建記念日を祝う看板が飾られ、8日の故金正日総書記就任20年に続き祝賀ムードが漂う。国際社会の制裁が強まる中「厳しい難局」(金正恩党委員長)にあることを市民は感じているようだが、中心部ではタクシーや乗用車が行き交い、為替レートに変動はない。<映像内容>平壌市内に飾られた朝鮮労働党創建記念日の看板や旗、市内を行き交う車、朝鮮労働党創建記念日の看板、平壌駅前を行き交う人らと記念日の看板、平壌駅前の様子、平壌駅前に掲示されたミサイル発射実験の写真を見る人たち、平壌駅前で取材に応じた金日成総合大の教員の金英鉄さん(45)、主婦金正玉さん(44)へのインタビューなど。平壌市内で9日撮影。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:16.06
    2017年09月22日
    平壌市民インタビュー 正恩氏がトランプ演説非難

    北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は21日、声明を発表し、北朝鮮に対し「完全に破壊する」と警告したトランプ米大統領の国連演説について「歴代最も暴悪な宣戦布告だ」と非難し「史上最高の超強硬対応措置の断行を慎重に考慮する」と表明した。 <映像内容>平壌市の平壌駅前の大型スクリーンで委員長声明のニュースを見守る市民の様子など、平壌市内での市民のインタビュー。(22日午後撮影)。

  • 06:50.31
    2017年09月19日
    「自力更生」精神論強調も 市民生活に混乱見えず

    石油の輸入制限など国連に新たな制裁を科せられた北朝鮮を19日から23日まで取材。首都平壌や日本海側の拠点都市、元山では車が普段通り行き交い、一見して大きな混乱は生じていないが、公式メディアでは制裁の影響に備え、他国に頼らない「自力更生」の重要性を際立たせた精神論が強調され始めた。平壌の人気スーパー「光復地区商業中心」は家族連れでにぎわっていた。食品価格や為替レートに変動はない。トランプ米大統領は北朝鮮で「ガソリンを求めて長い列ができている」と主張したが、そうした光景は確認できなかった。新聞やテレビは「今こそ100%自給自足すべき時だ」と連日呼び掛ける。「自強力第一主義がある。どんな打撃があってもわが国は前進する」。平壌の大学生金忠日(キム・チュンイル)さん(22)は、外部に頼らず自らを強くする力を意味する標語を口にし、制裁克服に自信を見せた。<映像内容>平壌国際空港から平壌市内のホテルまでの道中(19日午後撮影)。平壌市内を走る車、10・8に向けて金日成広場で練習風景(撮影場所は平壌市内、金日成広場で20日午後撮影)。平壌の人気スーパー「光復地区商業中心」の映像(撮影場所は平壌で23日午前撮影)。元山の万景峰号(撮影場所は北朝鮮・元山で21日午後撮影)。元山の製靴工場、インタビュー(撮影場所は北朝鮮・元山で21日午後撮影)。平壌市の平壌駅前の大型スクリーンで委員長声明のニュースを見守る市民の様子、平壌駅前でのインタビュー映像・平壌の大学生の金忠日(キム・チュンイル)さんなど(22日午後撮影)。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.32
    2017年09月16日
    「制裁には屈さない」 火星12発射で平壌市民

    北朝鮮メディアが北海道上空を通過する中距離弾道ミサイル「火星12」の発射訓練に成功したと報じた16日、平壌市民からは、国際社会の制裁に屈さず核戦力の完成を目指すべきだとの声が聞かれた。平壌駅前の大型スクリーンで同日午後、女性アナウンサーが火星12の発射を伝えるニュースが放送された。〈映像内容〉平壌駅や駅前の大型スクリーンに映し出された火星12の発射のニュースに見入る市民。平壌市内で16日撮影。

  • 02:37.45
    2017年09月11日
    猪木議員が帰国の途 平壌を出発

    北朝鮮を訪問していたアントニオ猪木参院議員は11日、空路で平壌を出発し帰国の途に就いた。北朝鮮と長年にわたりスポーツ交流を続けてきた猪木氏は、9日の北朝鮮の建国記念日に合わせて7日から訪朝。8日に朝鮮労働党で国際部門を統括する李洙墉副委員長と会談した。日本政府は対北朝鮮制裁の一環として、全ての国民に渡航自粛を要請している。 〈映像内容〉雑観や猪木議員のインタビュー、空港内を歩く様子など。平壌市内の平壌国際空港で11日撮影。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:15.97
    2017年09月08日
    北朝鮮外交トップと会談 猪木氏、日朝関係議論か

    北朝鮮を訪問しているアントニオ猪木参院議員は8日、朝鮮労働党で国際部門を統括する李洙墉副委員長と平壌で会談した。スポーツ交流を中心に日朝関係を話し合ったほか、北朝鮮が実施した核実験や弾道ミサイル発射についても意見交換した可能性がある。李氏は朝日友好親善協会の顧問を務めている。金正恩党委員長のスイス留学を世話し、金氏の信頼が厚いとされる。会談には同協会会長の劉明善党副部長も同席した。  〈映像内容〉猪木参院議員の入り、出迎えられ、会談する様子。平壌市内で8日撮影。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:22.34
    2017年08月24日
    北朝鮮の挑発行動警戒 25日先軍節、対話模索も

    北朝鮮は24日、故金正日総書記が軍重視の政治指導を開始したとされる記念日「先軍節」を迎える。米朝間の威嚇の応酬は小康状態で、緊張緩和と対話再開を模索する動きも出つつある。しかし日米韓の防衛当局は北朝鮮が弾道ミサイル発射などの挑発行動に出る可能性は排除できないとみて、警戒を続けている。平壌市内では24日、先軍節を祝う看板や国旗が街頭に飾られ始め、祝日ムードが出てきた。〈映像内容〉車内から撮影した平壌市内の映像。(平壌駅前を行き交う市民、平壌駅前の発射実験の写真、平壌駅前の先軍節を祝う飾り付け、先軍節を前に新しく設置された「不敗の核強国」と書かれた看板など。)

  • 02:38.65
    2017年08月13日
    指導者称賛行事が開幕 北朝鮮、対立激化の中

    北朝鮮の歴代最高指導者の業績を称賛する国際行事「白頭山偉人称賛国際祝典」が13日、首都平壌などで始まった。17日までの日程。組織委員会によると、外国から北朝鮮の友好団体の関係者など約200人が参加した。初日は参加者らが、故金日成主席と故金正日総書記の遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿などを訪問した。一方、平壌市内では国連安全保障理事会の制裁決議を非難した北朝鮮政府声明への支持を訴えながら高校生が行進するなど、制裁に反発する動きも続いている。〈映像内容〉「白頭山偉人称賛国際祝典」が始まった平壌市内、祝典の旗やポ スター、高校生の行進など。

  • 03:00.91
    2017年08月12日
    米国と威嚇の応酬続ける北朝鮮・平壌 制裁に怒り、緊張感は薄く

    トランプ米大統領と威嚇の応酬を続ける北朝鮮の首都平壌に12日までに入った。国連安全保障理事会の新たな制裁決議に対する「怒り」が渦巻く一方、市民生活は普段通りで“開戦前夜”のような緊張感は薄い。故金日成主席らをたたえる国際行事の準備が進み、祝賀ムードも漂い始めた。米朝の対立は先鋭化しているが、先月オープンした「子ども交通公園」は夏休みの親子連れでにぎわい、13日から始まる「白頭山偉人称賛国際祝典」の準備も進む。<映像内容>平壌市内雑観、市内に設置された「白頭山偉人称賛国際祝典」の旗、宣伝車、書かれたスローガン、平壌市内に建設中の柳京ホテル、平壌駅前に掲示された「火星14」の写真、平壌市内の「子ども交通公園」雑観など。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    07:45.06
    2017年07月08日
    「一大慶事」と高揚感 ICBM発射後の北朝鮮・平壌

    初の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験に踏み切った北朝鮮の首都平壌に8日までに入った。国際包囲網は一段と狭まるが、市内には「一大慶事」として高揚感が漂う。故金日成主席の命日を迎えた8日、金主席らの銅像が立つ市中心部の「万寿台の丘」は、献花する人々でごった返していた。 <映像内容>「万寿台の丘」を訪れ献花する市民や軍人ら、平壌駅前に飾られたミサイル発射や軍事パレードを伝える写真、平壌市内雑観、平壌市内の車やタクシー、平壌市内の地下鉄駅前の米国に対するスローガン、地下鉄駅や駅でICBM発射に携わった技術者らが市民の歓迎を受けた事を伝える新聞を見る人たち、4月に完成した高層住宅団地「黎明通り」。

  • 01:17.97
    2017年05月10日
    朴前大統領と同じ轍踏むな 平壌市民、韓国の文氏に

    韓国大統領選で革新系政党「共に民主党」の文在寅氏が当選し大統領に就任したことについて、平壌市民は、朴槿恵前政権を批判し、文氏に同じ轍を踏まないよう求めた。〈映像内容〉平壌市内の雑観、男性市民の徐衛星(ソ・ウィソン)さん、女性市民の朱元姫(チュ・ウォンヒ)さんのインタビューなど。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:16.96
    2017年04月24日
    軍創建記念日へ祝賀ムード  北朝鮮、大型行事予告なし

    北朝鮮の朝鮮人民軍創建85年を翌日に控えた24日、首都平壌では通り沿いに「4・25」「慶祝」などと書かれた看板や国旗が掲げられ、祝賀ムードが漂い始めた。北朝鮮では5年ごとの節目が重視されるため、今年の軍創建記念日は盛大に祝うとの観測もあるが、これまで大型行事の予告はない。〈映像内容〉平壌市内の様子。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:26.84
    2017年04月23日
    北朝鮮 平壌 朝鮮人民軍 国防体育競技大会 平壌で「国防体育」大会 軍創建記念、平穏な市内

    北朝鮮の首都平壌で23日、朝鮮人民軍創建85年(25日)を記念する「国防体育競技大会」が開かれ、数百人の高校生らが参加した。日米韓は北朝鮮が軍創建85年に合わせて核実験や弾道ミサイル発射に踏み切る恐れもあるとみて警戒を強めているが、平壌市内は休日で外出する家族連れが行き交い、公園で若者らがバレーボールに興じるなど、緊張感は薄かった。〈映像内容〉金日成広場で開かれた国防体育競技大会の様子。行進のほか、綱引きをする学生たち、インタビューに答える高校生など。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:40.79
    2017年02月16日
    故金正日総書記誕生日で祝賀一色 正男氏殺害には沈黙

    北朝鮮は16日、故金正日総書記の生誕記念日「光明星節」を迎えた。国営メディアは金総書記の生前の業績を称賛、平壌市内では青年らの舞踏会が催されるなど祝賀ムード一色となった。一方、金総書記の長男、金正男氏の殺害については一切報じられていない。光明星節は故金日成主席の生誕記念日「太陽節」と並び、北朝鮮最大の祝日と位置づけられている。特に今年は生誕75周年で北朝鮮が重視する5年ごとの節目に当たる。〈映像内容〉平壌市内で16日に行われた青年らによる舞踏会の模様、フィギュアスケート大会、シンクロナイズドスイミング公演の様子。

  • 02:37.82
    2016年11月29日
    平壌市内で掲げられる 平壌でも追悼ムード 弔問所設置、各所に弔旗

    キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長の死去を受け、同国と友好関係にある北朝鮮の平壌にあるキューバ大使館には29日までに弔問所が設けられ、国家機関の幹部らが次々弔問に訪れている。市内各所に半旗が掲げられ、追悼ムードが漂っている。キューバ大使館の弔問所には、28日に金正恩朝鮮労働党委員長が訪れたのに続き、29日も幹部らが次々足を運び、大使館員らに弔意を伝えた。 〈映像内容〉キューバ大使館や平壌市内に掲げられた半旗や弔問所の様子など。

  • 02:54.64
    2016年10月25日
    優勝の北朝鮮選手ら帰国 市民歓迎、U17女子W杯

    サッカーのU―17(17歳以下)女子ワールドカップ(W杯)で優勝した北朝鮮選手らが25日、空路で帰国した。優勝は国営メディアで大きく報じられており、平壌市内では市民らが花飾りなどを手に沿道に出て選手らを歓迎した。選手らは北朝鮮国旗が描かれた車両に乗り市内をパレードし、集まった市民らの歓声に手を振って応えた。北朝鮮は21日、ヨルダンのアンマンで行われた決勝で日本と対戦し、PK戦で競り勝った。〈映像内容〉歓迎されながらの選手らの平壌国際空港の到着シーン、市内パレード、万寿台の丘での献花など。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:26.54
    2016年05月08日
    ホテルで新聞読む男性 朝鮮労働党大会3日目

    北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、金正恩第1書記が平壌で開催中の朝鮮労働党大会で行った活動総括報告の内容を発表した。北朝鮮は「責任ある核保有国だ」と宣言。核開発と経済建設の「並進路線」を恒久的に堅持し「自衛的な核武力を質量ともに一層強化していく」と述べ、核・ミサイル開発を継続する方針を表明した。36年ぶりとなる今回の党大会は6日に開会した。3日目の議事に8日、入ったとみられる。<映像内容>8日に予定されていた取材がキャンセルとなり引きあげる外国メディア、8日の平壌市内雑観、平壌市のホテル内で朝鮮労働党大会を伝える新聞を読む男性、平壌市のホテル内のプレスセンターで金正恩第1書記の報告を放映するテレビを見る関係者、撮影日:2016(平成28)年5月8日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2016(平成28)年5月8日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:16.58
    2016年05月07日
    党大会2日目の北朝鮮 報道陣の大会取材は許可されず

    北朝鮮の朝鮮労働党大会は7日、2日目の日程に入ったもようだ。金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が初日に続いて報告に立ち、核・ミサイル開発を党の路線として改めて強調した可能性がある。公式発表はなく、平壌(ピョンヤン)入りしている外国報道陣の取材は6日に続き許可されなかった。朝鮮中央通信によると、2日目の日程では、金第1書記が党中央委員会の活動について報告。会期の日数は明らかになっていない。報道陣は7日、北朝鮮随一の産婦人科病院である「平壌産院」や、朝鮮労働党創建50年に合わせ1995年に建てられた記念塔に案内された。<映像内容>平壌市内に掲げられた大会の看板、飾られた党の旗、平壌産院外観、説明を受ける外国報道陣、産院の保育器など、テレビをみる人たち、撮影日:2016(平成28)年5月7日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2016(平成28)年5月7日

  • 02:02.65
    2016年05月05日
    北朝鮮、36年ぶり党大会 随所に看板、行進練習も

    北朝鮮は6日、第7回朝鮮労働党大会を首都平壌(ピョンヤン)で開会する。党大会は党の最高指導機関に当たり、開催は故金日成(キムイルソン)主席時代の1980年以来、36年ぶり。権力継承を名実ともに終えて4年がたった金正恩(キムジョンウン)第1書記の権力基盤の確立を内外に宣言する狙いがあるとみられる。 首都平壌(ピョンヤン)は「党大会を輝かしい労働の成果で迎えよう」「慶祝」などと書かれた看板が街中の至る所に飾られ、「革命的大慶事」(労働新聞)とされる一大イベントを迎え、祝賀ムードが漂っている。 大会会場とされる市中心部の「4・25文化会館」には、鎌とペン、ハンマーをかたどった朝鮮労働党のマークが描かれた赤い垂れ幕や金色のモニュメントが飾られた。かつて「2・8文化会館」との名称だったこの建物は、1980年の前回大会が開かれた場所でもある。<映像内容>大会会場とされる「4・25文化会館」の外観、党大会をたたえる看板や党の旗が飾られた平壌市内の様子など、撮影日:2016(平成28)年5月5日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2016(平成28)年5月5日

  • 1
  • 2