KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 景観
  • 位置
  • 平成
  • 世界
  • 動物
  • 観光客
  • 空撮
  • 生き物

「平方キロメートル」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2,132
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
2,132
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1966年01月01日
    万国博を目ざして

    茨木市の上空から万国博会場を望む、名神高速道と千里ニュータウンに挟まれた丘陵330万平方キロメートルの会場予定地、眼下に東海道本線、吹田市街地、遙か北摂、六甲の山々に箕面、池田、川西の各市が点在する=1966(昭和41)年1月1日掲載用 共同ヘリ (41年内地030) 大阪万博

    商品コード: 2011031600101

  • 2003年03月17日
    Brandenburg Lignite

    17 March 2003, Berlin, Meuro: Brandenburg / GDR / 6.12.1989 Opencast lignite mine Meuro near Senftenberg. The devastations in Lusatia are more than 50 square kilometres in size. The GDR did little to rehabilitate. The excavator clears away the earth to expose the deep coal. Best possible image quality, exact shooting date not known. Photo: Paul Glaser/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082205236

  • 2003年03月17日
    Brandenburg Lignite

    17 March 2003, Berlin, Meuro: Meuro open pit lignite mine near Senftenberg. The devastations in Lusatia are more than 50 square kilometres in size. The GDR did little to rehabilitate. The excavator clears away the earth to expose the deep coal. Best possible image quality, exact shooting date not known. Photo: Paul Glaser/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082205060

  • 2005年09月28日
    五輪の輪掲げる参加者 中国の世界遺産で交流祭

    28日、世界遺産の中国山西省晋中市の平遥古城の中で、「国際旅行文化交流祭」が開催された。地元中国の京劇や米国など4カ国の団体が歌や踊りを披露した。平遙古城は紀元前に建設され、現存しているのは14世紀、明時代のもの。四方を城壁で囲まれた2・25平方キロメートルの城内には約4万人が生活している。舞台では五輪を掲げるなど2008年の北京五輪をアピールしていた(共同)

    商品コード: 2005092800570

  • 2009年10月17日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁の下で体を鍛える市民。(2009年10月17日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2009(平成21)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401747

  • 2009年12月28日
    Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea in Thailand

    December 28, 2009, Phang Nga, Thailand: A jellyfish in Phang Nga Bay in Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea, comprising of 40 islands. .The Marine National Park that covers 400sq km, is approximately 780 kms from Bangkok. The bay and surrounding areas consist of sheer limestone karst landscapes that rise vertically out of the water, sea caves, lagoons and mangrove forests. (Credit Image: © Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070115620

  • 2009年12月28日
    Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea in Thailand

    December 28, 2009, Phang Nga, Thailand: A jellyfish in Phang Nga Bay in Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea, comprising of 40 islands. .The Marine National Park that covers 400sq km, is approximately 780 kms from Bangkok. The bay and surrounding areas consist of sheer limestone karst landscapes that rise vertically out of the water, sea caves, lagoons and mangrove forests. (Credit Image: © Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070115653

  • 2009年12月31日
    Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea in Thailand

    December 31, 2009, Phang Nga, Thailand: Long tail fishing boats in Phang Nga Bay in Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea, comprising of 40 islands. .The Marine National Park that covers 400sq km, is approximately 780 kms from Bangkok. The bay and surrounding areas consist of sheer limestone karst landscapes that rise vertically out of the water, sea caves, lagoons and mangrove forests. (Credit Image: © Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070115803

  • 2010年01月01日
    Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea in Thailand

    January 1, 2010, Phang Nga, Thailand: Phang Nga Bay in Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea, comprising of 40 islands..The Marine National Park that covers 400sq km, is approximately 780 kms from Bangkok. The bay and surrounding areas consist of sheer limestone karst landscapes that rise vertically out of the water, sea caves, lagoons and mangrove forests. (Credit Image: © Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070115767

  • 2010年08月01日
    Image of the wildfire near Palmdale

    Image of the wildfire near Palmdale, Calif. on August 1, 2010. Called the Crown fire, the blaze had charred nearly 57 square kilometers. Satellite image.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019072404387

  • 2010年09月12日
    Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea in Thailand

    September 12, 2010, Phang Nga, Thailand: Phang Nga Bay in Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea, comprising of 40 islands..The Marine National Park that covers 400sq km, is approximately 780 kms from Bangkok. The bay and surrounding areas consist of sheer limestone karst landscapes that rise vertically out of the water, sea caves, lagoons and mangrove forests. (Credit Image: © Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070115628

  • 2010年09月12日
    Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea in Thailand

    September 12, 2010, Phang Nga, Thailand: A view of mangroves at Phang Nga Bay in Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea, comprising of 40 islands. .The Marine National Park that covers 400sq km, is approximately 780 kms from Bangkok. The bay and surrounding areas consist of sheer limestone karst landscapes that rise vertically out of the water, sea caves, lagoons and mangrove forests. (Credit Image: © Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070115748

  • 2010年09月13日
    Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea in Thailand

    September 13, 2010, Phang Nga, Thailand: A long-tail fishing boat in Phang Nga Bay in Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea, comprising of 40 islands.. The Marine National Park that covers 400sq km, is approximately 780 kms from Bangkok. The bay and surrounding areas consist of sheer limestone karst landscapes that rise vertically out of the water, sea caves, lagoons and mangrove forests. (Credit Image: © Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070115791

  • 2010年09月13日
    Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea in Thailand

    September 13, 2010, Phang Nga, Thailand: A sailing boat in Phang Nga Bay in Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea, comprising of 40 islands. .The Marine National Park that covers 400sq km, is approximately 780 kms from Bangkok. The bay and surrounding areas consist of sheer limestone karst landscapes that rise vertically out of the water, sea caves, lagoons and mangrove forests. (Credit Image: © Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070115679

  • 2010年09月13日
    Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea in Thailand

    September 13, 2010, Phang Nga, Thailand: A sailing boat in Phang Nga Bay in Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea, comprising of 40 islands. .The Marine National Park that covers 400sq km, is approximately 780 kms from Bangkok. The bay and surrounding areas consist of sheer limestone karst landscapes that rise vertically out of the water, sea caves, lagoons and mangrove forests. (Credit Image: © Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070115622

  • 2010年09月13日
    Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea in Thailand

    September 13, 2010, Phang Nga, Thailand: A sailing boat in Phang Nga Bay in Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea, comprising of 40 islands. .The Marine National Park that covers 400sq km, is approximately 780 kms from Bangkok. The bay and surrounding areas consist of sheer limestone karst landscapes that rise vertically out of the water, sea caves, lagoons and mangrove forests. (Credit Image: © Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070115806

  • 2010年09月13日
    Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea in Thailand

    September 13, 2010, Phang Nga, Thailand: Tropical fish in the water of Phang Nga Bay in Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea, comprising of 40 islands..The Marine National Park that covers 400sq km, is approximately 780 kms from Bangkok. The bay and surrounding areas consist of sheer limestone karst landscapes that rise vertically out of the water, sea caves, lagoons and mangrove forests. (Credit Image: © Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070115654

  • 2010年09月13日
    Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea in Thailand

    September 13, 2010, Phang Nga, Thailand: Phang Nga Bay in Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea, comprising of 40 islands..The Marine National Park that covers 400sq km, is approximately 780 kms from Bangkok. The bay and surrounding areas consist of sheer limestone karst landscapes that rise vertically out of the water, sea caves, lagoons and mangrove forests. (Credit Image: © Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070115681

  • 2010年09月13日
    Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea in Thailand

    September 13, 2010, Phang Nga, Thailand: A sailing boat in Phang Nga Bay in Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea, comprising of 40 islands. .The Marine National Park that covers 400sq km, is approximately 780 kms from Bangkok. The bay and surrounding areas consist of sheer limestone karst landscapes that rise vertically out of the water, sea caves, lagoons and mangrove forests. (Credit Image: © Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070115809

  • 2010年09月18日
    Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea in Thailand

    September 18, 2010, Phang Nga, Thailand: A jellyfish in Phang Nga Bay in Ao Phang Nga National Park, on the coast of the Andaman Sea, comprising of 40 islands. .The Marine National Park that covers 400sq km, is approximately 780 kms from Bangkok. The bay and surrounding areas consist of sheer limestone karst landscapes that rise vertically out of the water, sea caves, lagoons and mangrove forests. (Credit Image: © Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Paul Lakatos/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070115755

  • 2011年03月26日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    濠に囲まれた荊州古城。(2011年3月26日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401857

  • 2011年03月26日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    濠に囲まれた荊州古城。(2011年3月26日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401760

  • 2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401820

  • 2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401826

  • 2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401859

  • 2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401753

  • 2012年05月10日
    ハンフォード核処理施設

    かつて米国の核兵器用のプルトニウム精製が行われた核処理施設があるハンフォード・サイト。公開された、1,500平方キロメートル以上に及ぶ広大な敷地の一部。現在も核廃棄物処理が継続中。(ワシントン州リッチランド、2012年4月24日撮影) 英文記事併用写真

    商品コード: 2012051000124

  • 2013年04月13日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(2013年4月13日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2013(平成25)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401809

  • 2013年05月19日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(資料写真)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信)=2013(平成25)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401817

  • 2014年12月28日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(資料写真)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信)=2014(平成26)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100778

  • 2015年08月05日
    問6の写真 日本の近代化を知る15問

    人口密度世界一とも言われた軍艦島。1960年ごろ1平方㌔㍍あたりにすると、何人が住んでいた計算に?

    商品コード: 2015080500528

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:49.39
    2015年10月09日
    空撮 関東・東北豪雨から一ヶ月

    大規模な水害をもたらした関東・東北豪雨から10日で1カ月となる。鬼怒川の堤防が決壊しおよそ40平方キロメートルにわたって浸水した茨城県常総市ではライフラインなどの復旧は進む一方、およそ440人の住民が避難所生活を続けていている。〈映像内容〉決壊現場周辺の空撮。

    商品コード: 2017090201203

  • 2016年01月31日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    雪化粧した荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(2016年1月31日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2016(平成28)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401842

  • 2016年03月13日
    「中国最南端の有機高山茶」収穫がまもなく終了海南省

    海南省五指山市水満郷の椰仙茶園。(資料写真、小型無人機から)中国海南省中部に位置する山間都市、五指山(ごしざん)市の森林面積は約1千平方キロメートル、森林率は86%を上回り、国内最大を誇る。独特な高山地区の冷涼な気候によって育まれた茶葉の品種、海南大葉種は、業界内で「中国最南端の有機高山茶」と称される。毎年元旦から春の新茶の収穫が始まり、墓参の習慣のある清明節(4月4日)頃には終わるため、「華夏第一早春茶」(中国で最も早い時期に収穫される春の新茶)と呼ばれている。(海口=新華社配信)=2016(平成28)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004398

  • 2016年03月13日
    「中国最南端の有機高山茶」収穫がまもなく終了海南省

    海南省五指山市水満郷の椰仙茶園。(資料写真、小型無人機から)中国海南省中部に位置する山間都市、五指山(ごしざん)市の森林面積は約1千平方キロメートル、森林率は86%を上回り、国内最大を誇る。独特な高山地区の冷涼な気候によって育まれた茶葉の品種、海南大葉種は、業界内で「中国最南端の有機高山茶」と称される。毎年元旦から春の新茶の収穫が始まり、墓参の習慣のある清明節(4月4日)頃には終わるため、「華夏第一早春茶」(中国で最も早い時期に収穫される春の新茶)と呼ばれている。(海口=新華社配信)=2016(平成28)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004485

  • 2017年07月07日
    世界ユキヒョウの日、四川省臥竜で野生個体の映像公開

    赤外線カメラが撮影したユキヒョウ「大竜」。中国の四川省臥竜自然保護区管理局は世界ユキヒョウの日の23日、1頭のユキヒョウが野外で縄張りを守る様子を撮影した赤外線カメラ映像を公開した。同管理局が2年にわたり、赤外線カメラを200平方キロメートルのユキヒョウ分布中心区域に網の目のように配して観測を行った第3期大規模ユキヒョウ調査によって、ユキヒョウの画像や映像計2739点が収集された。(成都=新華社配信/薛玉斌)=2017(平成29)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000126

  • 2017年07月13日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の北門の一つ、大北門(拱極門)の朝宗楼。(2017年7月13日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2017(平成29)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401793

  • 2017年07月25日
    世界ユキヒョウの日、四川省臥竜で野生個体の映像公開

    赤外線カメラが撮影したユキヒョウ「大竜」。中国の四川省臥竜自然保護区管理局は世界ユキヒョウの日の23日、1頭のユキヒョウが野外で縄張りを守る様子を撮影した赤外線カメラ映像を公開した。同管理局が2年にわたり、赤外線カメラを200平方キロメートルのユキヒョウ分布中心区域に網の目のように配して観測を行った第3期大規模ユキヒョウ調査によって、ユキヒョウの画像や映像計2739点が収集された。(成都=新華社配信/薛玉斌)=2017(平成29)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000135

  • 2017年08月08日
    内モンゴル自治区成立70周年

    キーワード:モンゴル、内モンゴル自治区成立70周年、式典、フフホト China marks 70th anniversary of earliest autonomous region Inner Mongolia, CHINA - AUGUST 08: (CHINA MAINLAND OUT)A ceremony is held to mark the 70th anniversary of the Inner Mongolia Autonomous Region in Hohhot, the regional capital, August 8, 2017. Around 20,000 people attended the ceremony, including China‘s top political advisor Yu Zhengsheng. Under the leadership of the CPC, Inner Mongolia Autonomous Region was established on May 1, 1947.Covering an area of 1.18 million square kilometers, Inner Mongolia accounts for about 12 percent of the country‘s land area. The Mongolian population is 4.6 million, nearly one-fifth of the region‘s total.(Photo by TPG/Getty Images)、クレジット:TPG/ゲッティ/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。中国での利用はできません。

    商品コード: 2017113000839

  • 2017年08月08日
    内モンゴル自治区成立70周年

    キーワード:モンゴル、内モンゴル自治区成立70周年、式典、フフホト China marks 70th anniversary of earliest autonomous region Inner Mongolia, CHINA - AUGUST 08: (CHINA MAINLAND OUT)A ceremony is held to mark the 70th anniversary of the Inner Mongolia Autonomous Region in Hohhot, the regional capital, August 8, 2017. Around 20,000 people attended the ceremony, including China‘s top political advisor Yu Zhengsheng. Under the leadership of the CPC, Inner Mongolia Autonomous Region was established on May 1, 1947.Covering an area of 1.18 million square kilometers, Inner Mongolia accounts for about 12 percent of the country‘s land area. The Mongolian population is 4.6 million, nearly one-fifth of the region‘s total.(Photo by TPG/Getty Images)、クレジット:TPG/ゲッティ/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。中国での利用はできません。

    商品コード: 2017113000848

  • 2017年08月16日
    NASA Perseverance Mars Rover to Acquire First Sample

    August 16, 2017: MORE WORDS AVAILABLE: INFO@COVERMG.COM..PICTURE SHOWS: Artist‘s impression of NASA Perseverance Mars Rover........STORY COPY:...NASA is making final preparations for its Perseverance Mars rover to collect its first-ever sample of Martian rock, which future planned missions will transport to Earth, the agency announced Wednesday (21 July). ..The six-wheeled geologist is searching for a scientifically interesting target in a part of Jezero Crater called the ââ¬ÅCratered Floor Fractured Rough.ââ¬Â ..This important mission milestone is expected to begin within the next two weeks. Perseverance landed in Jezero Crater Feb. 18, and NASA kicked off the rover missionââ¬â¢s science phase June 1, exploring a 1.5-square-mile (4-square-kilometre) patch of crater floor that may contain Jezeroââ¬â¢s deepest and most ancient layers of exposed bedrock. ..ââ¬ÅWhen Neil Armstrong took the first sample from the Sea of Tranquility 52 years ago, he began a process that would rewrite what humanity knew abou...

    商品コード: 2021072207070

  • 2017年08月28日
    Blossoming heather on former military training ground

    View of the blossoming heathers in the nature reserve 'Reicherskreuzer Heide' near Reicherskreuz, Germany, 28 august 2017. The long usage of the area as a military training ground created a far stretched heather landscape. The area was declared a nature reserve of 30 square kilometers in order to secure the creation of new ground water and an animal and plant variety. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017091206228

  • 2017年10月19日
    世界ユキヒョウの日、四川省臥竜で野生個体の映像公開

    赤外線カメラが撮影したユキヒョウ「大竜」。中国の四川省臥竜自然保護区管理局は世界ユキヒョウの日の23日、1頭のユキヒョウが野外で縄張りを守る様子を撮影した赤外線カメラ映像を公開した。同管理局が2年にわたり、赤外線カメラを200平方キロメートルのユキヒョウ分布中心区域に網の目のように配して観測を行った第3期大規模ユキヒョウ調査によって、ユキヒョウの画像や映像計2739点が収集された。(成都=新華社配信/薛玉斌)=2017(平成29)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000102

  • 2017年11月14日
    世界ユキヒョウの日、四川省臥竜で野生個体の映像公開

    赤外線カメラが撮影したユキヒョウ「大竜」。中国の四川省臥竜自然保護区管理局は世界ユキヒョウの日の23日、1頭のユキヒョウが野外で縄張りを守る様子を撮影した赤外線カメラ映像を公開した。同管理局が2年にわたり、赤外線カメラを200平方キロメートルのユキヒョウ分布中心区域に網の目のように配して観測を行った第3期大規模ユキヒョウ調査によって、ユキヒョウの画像や映像計2739点が収集された。(成都=新華社配信/薛玉斌)=2017(平成29)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000104

  • 2017年11月14日
    世界ユキヒョウの日、四川省臥竜で野生個体の映像公開

    赤外線カメラが撮影したユキヒョウ「大竜」。中国の四川省臥竜自然保護区管理局は世界ユキヒョウの日の23日、1頭のユキヒョウが野外で縄張りを守る様子を撮影した赤外線カメラ映像を公開した。同管理局が2年にわたり、赤外線カメラを200平方キロメートルのユキヒョウ分布中心区域に網の目のように配して観測を行った第3期大規模ユキヒョウ調査によって、ユキヒョウの画像や映像計2739点が収集された。(成都=新華社配信/薛玉斌)=2017(平成29)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000106

  • 2018年01月13日
    世界ユキヒョウの日、四川省臥竜で野生個体の映像公開

    赤外線カメラが撮影したユキヒョウ「大竜」。中国の四川省臥竜自然保護区管理局は世界ユキヒョウの日の23日、1頭のユキヒョウが野外で縄張りを守る様子を撮影した赤外線カメラ映像を公開した。同管理局が2年にわたり、赤外線カメラを200平方キロメートルのユキヒョウ分布中心区域に網の目のように配して観測を行った第3期大規模ユキヒョウ調査によって、ユキヒョウの画像や映像計2739点が収集された。(成都=新華社配信/薛玉斌)=2018(平成30)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000133

  • 2018年02月21日
    Neue Hauptstadt fuer Aegypten

    An already completed conference center in a hotel in the new administrative capital, pictured on 21 February 2018. The construction of a new capital of Egypt is a mega-project announced by President Abdel Fattah el-Sisi at an economic summit in 2015. It is to be built at a distance of about 60 km from the old capital Cairo in the direction of the Red Sea coast on an area of more than 700 square kilometers. The first agencies, ministries, banks and offices are to move as early as 2019 and start their work in the new administrative metropolis Capital Cairo. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102207877

  • 2018年02月21日
    Neue Hauptstadt fuer Aegypten

    An already completed concert hall center in a hotel complex in the new administrative capital, pictured on 21 February 2018. The construction of a new capital of Egypt is a mega-project announced by President Abdel Fattah el-Sisi at an economic summit in 2015. It is to be built at a distance of about 60 km from the old capital Cairo in the direction of the Red Sea coast on an area of more than 700 square kilometers. The first agencies, ministries, banks and offices are to move as early as 2019 and start their work in the new administrative metropolis Capital Cairo. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102208287

  • 2018年03月13日
    New capital for Egypt

    Workers on the way to their construction site in Capital Cairo, pictured on 13 March 2018. The construction of a new capital of Egypt is a mega-project announced by President Abdel Fattah el-Sisi at an economic summit in 2015. It is to be built at a distance of about 60 km from the old capital Cairo in the direction of the Red Sea coast on an area of more than 700 square kilometers. The first agencies, ministries, banks and offices are to move as early as 2019 and start their work in the new administrative metropolis Capital Cairo. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102209094

  • 2018年03月13日
    New capital for Egypt

    Ministries under construction in the future government quarter of the new administrative capital Capital Cairo, pictured on 13 March 2018. The construction of a new capital of Egypt is a mega-project announced by President Abdel Fattah el-Sisi at an economic summit in 2015. It is to be built at a distance of about 60 km from the old capital Cairo in the direction of the Red Sea coast on an area of more than 700 square kilometers. The first agencies, ministries, banks and offices are to move as early as 2019 and start their work in the new administrative metropolis Capital Cairo. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102208644

  • 2018年03月13日
    New capital for Egypt

    Also being built in the new administrative capital is the largest church in the Middle East, the Nativity of Christ Cathedral, which is to offer space for more than 8,000 worshipers, pictured on 13 March 2018. The construction of a new capital of Egypt is a mega-project announced by President Abdel Fattah el-Sisi at an economic summit in 2015. It is to be built at a distance of about 60 km from the old capital Cairo in the direction of the Red Sea coast on an area of more than 700 square kilometers. The first agencies, ministries, banks and offices are to move as early as 2019 and start their work in the new administrative metropolis Capital Cairo. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102209027

  • 2018年04月16日
    dpa-Story: Lake Urmia

    16 April 2018, Iran, Urmia: A young Iranian woman stands in front of the almost dried out Urmia Lake. Lake Urmia is Iran‘s largest lake with an area of 5,470 square kilometres. Once ten times larger than Lake Constance, however, the Urmia is losing more and more of its water surface. Photo: Farshid-Motahari Bina/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091421205

  • 2018年04月16日
    dpa-Story: Lake Urmia

    16 April 2018, Iran, Urmia: A young Iranian woman stands in front of the almost dried out Urmia Lake. Lake Urmia is Iran‘s largest lake with an area of 5,470 square kilometres. Once ten times larger than Lake Constance, however, the Urmia is losing more and more of its water surface. Photo: Farshid-Motahari Bina/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091421355

  • 2018年04月16日
    dpa-Story: Lake Urmia

    16 April 2018, Iran, Urmia: A young Iranian woman stands in front of the almost dried out Urmia Lake. Lake Urmia is Iran‘s largest lake with an area of 5,470 square kilometres. Once ten times larger than Lake Constance, however, the Urmia is losing more and more of its water surface. Photo: Farshid-Motahari Bina/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091421194

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月23日
    陜西省寧強県、震災後10年、進む復興

    23日、空中から見た寧強県城の様子。(ドローンで撮影)。寧強県城の市街地は2008年の5・2平方キロメートルから現在の8平方キロメートルまで拡大した。山や水、園林がある住みやすい県城が漢江の源にある。汶川大地震(四川大地震)から10年を迎えるにあたり、当時深刻な被害を受けた陜西省寧強県を訪れた。そこには現代的で住みやすい街が形成され始めていた。「最も美しいのは住宅、最も頑丈なのは学校、最も現代的なのは病院、最も満足しているのは人々」とは同県の復興に対する住民の共通評価だ。建設支援を進める天津市は近年、社会のあらゆる分野に働きかけ、さまざまな業界が全面的に支援し、寧強県天津医院や天津高級中学、県城中心敬老院、燕子砭鎮東麗村などが次々と完成した。寧強県全体では震災後10年間で113カ所に仮設住宅を新たに建設し、2万3千戸の住民が新しい住宅で暮らすようになった。同県は10年間で学校66カ所を再建。「13年間無料教育」を実施し、「全国義務教育発展基本均衡県」の称号を手にした。さらに県全域の医療機関の建築面積は2008年の4万2千平方メートルから10万5千平方メートルに増加し、新たに268の村衛生室を建設。都市部と農村部の医療救助体制は県全域をカバーするようになった。同県は現在、都市部と農村部の生産機能や生活機能、環境機能はいずれも揃っており、全く新しい姿へと変貌している。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042701077

  • 2018年05月24日
    「無人区」で自然の宝探し重慶市

    24日、重慶市の五里坡国家級自然保護区にある湿地。中国重慶市巫山県と湖北省の境にある巫山の北東部に位置する五里坡国家級自然保護区には、総面積352平方キロメートルの「無人区」がある。エメラルドグリーンの宝石がはめ込まれたように三峡ダム区域に位置する「無人区」は、生物の多様性を維持しながら土壌侵食を防止する重要な役割を果たしている。かつてこの地には国有林場と人口2000人余りの廟堂郷があったが、長江生態系保護意識の高まりとともに国有林場は閉鎖。従業員は伐採や耕作をやめて森林の管理・保護の仕事に就き、廟堂郷も生態系保護のために移転し、やがて無人の辺境地となった。(巫山=新華社記者/王全超)=2018(平成30)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101268

  • 2018年05月24日
    「無人区」で自然の宝探し重慶市

    24日、重慶市の五里坡国家級自然保護区にある湿地。中国重慶市巫山県と湖北省の境にある巫山の北東部に位置する五里坡国家級自然保護区には、総面積352平方キロメートルの「無人区」がある。エメラルドグリーンの宝石がはめ込まれたように三峡ダム区域に位置する「無人区」は、生物の多様性を維持しながら土壌侵食を防止する重要な役割を果たしている。かつてこの地には国有林場と人口2000人余りの廟堂郷があったが、長江生態系保護意識の高まりとともに国有林場は閉鎖。従業員は伐採や耕作をやめて森林の管理・保護の仕事に就き、廟堂郷も生態系保護のために移転し、やがて無人の辺境地となった。(巫山=新華社記者/王全超)=2018(平成30)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101258

  • 2018年05月24日
    「無人区」で自然の宝探し重慶市

    24日、雲がかかった重慶市の五里坡国家級自然保護区。中国重慶市巫山県と湖北省の境にある巫山の北東部に位置する五里坡国家級自然保護区には、総面積352平方キロメートルの「無人区」がある。エメラルドグリーンの宝石がはめ込まれたように三峡ダム区域に位置する「無人区」は、生物の多様性を維持しながら土壌侵食を防止する重要な役割を果たしている。かつてこの地には国有林場と人口2000人余りの廟堂郷があったが、長江生態系保護意識の高まりとともに国有林場は閉鎖。従業員は伐採や耕作をやめて森林の管理・保護の仕事に就き、廟堂郷も生態系保護のために移転し、やがて無人の辺境地となった。(巫山=新華社記者/王全超)=2018(平成30)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101265

  • 2018年05月24日
    「無人区」で自然の宝探し重慶市

    24日、重慶市の五里坡国家級自然保護区にある野生稲の水田。中国重慶市巫山県と湖北省の境にある巫山の北東部に位置する五里坡国家級自然保護区には、総面積352平方キロメートルの「無人区」がある。エメラルドグリーンの宝石がはめ込まれたように三峡ダム区域に位置する「無人区」は、生物の多様性を維持しながら土壌侵食を防止する重要な役割を果たしている。かつてこの地には国有林場と人口2000人余りの廟堂郷があったが、長江生態系保護意識の高まりとともに国有林場は閉鎖。従業員は伐採や耕作をやめて森林の管理・保護の仕事に就き、廟堂郷も生態系保護のために移転し、やがて無人の辺境地となった。(巫山=新華社記者/王全超)=2018(平成30)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101241

  • 2018年05月24日
    「無人区」で自然の宝探し重慶市

    24日、重慶市の五里坡国家級自然保護区にある湿地。中国重慶市巫山県と湖北省の境にある巫山の北東部に位置する五里坡国家級自然保護区には、総面積352平方キロメートルの「無人区」がある。エメラルドグリーンの宝石がはめ込まれたように三峡ダム区域に位置する「無人区」は、生物の多様性を維持しながら土壌侵食を防止する重要な役割を果たしている。かつてこの地には国有林場と人口2000人余りの廟堂郷があったが、長江生態系保護意識の高まりとともに国有林場は閉鎖。従業員は伐採や耕作をやめて森林の管理・保護の仕事に就き、廟堂郷も生態系保護のために移転し、やがて無人の辺境地となった。(巫山=新華社記者/王全超)=2018(平成30)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101288

  • 2018年06月21日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州市の関公義園。関羽像は高さ58メートル、総重量約1200トン。世界で最も大きい関羽像として知られる。(2018年6月21日撮影、小型無人機から)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2018(平成30)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401863

  • 2018年08月27日
    Heather bloom

    27 August 2018, Reicherskreuz, Germany: Heather is in full bloom in the nature reserve of the Reicherskreuz Heide near Reicherskreuz between Lieberose and Guben. Decades of use as a military training area have created extensive heathlands in the southern part of the Schlaubetal Nature Park. An extensive nature reserve of 30 square kilometres has been established to ensure the formation of new groundwater and to protect many animal and plant species. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082822569

  • 2018年08月27日
    The last of its kind: deforestation endangers lemurs

    27 August 2018, Madagascar, -: The rainforest of the Ranomafana National Park in southeast Madagascar is home to 13 species of lemurs. The forest covers a good 400 square kilometres - roughly equivalent to the area of the city of Cologne. (to dpa “The last of its kind: deforestation endangers lemurs“) Photo: Jürgen Bätz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122000596

  • 2018年08月27日
    Heather bloom

    27 August 2018, Reicherskreuz, Germany: Heather is in full bloom in the nature reserve of the Reicherskreuz Heide near Reicherskreuz between Lieberose and Guben. Decades of use as a military training area have created extensive heathlands in the southern part of the Schlaubetal Nature Park. An extensive nature reserve of 30 square kilometres has been established to ensure the formation of new groundwater and to protect many animal and plant species. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082822211

  • 2018年08月27日
    Heather bloom

    27 August 2018, Reicherskreuz, Germany: Only a few heather flowers in the nature reserve of the Reicherskreuzer Heide near Reicherskreuz between Lieberose and Guben. Decades of use as a military training area have created extensive heathlands in the southern part of the Schlaubetal Nature Park. An extensive nature reserve of 30 square kilometres has been established to ensure the formation of new groundwater and to protect many animal and plant species. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082822281

  • 2018年08月27日
    The last of its kind: deforestation endangers lemurs

    27 August 2018, Madagascar, -: The rainforest of the Ranomafana National Park in southeast Madagascar is home to 13 species of lemurs. The forest covers a good 400 square kilometres - roughly equivalent to the area of the city of Cologne. (to dpa “The last of its kind: deforestation endangers lemurs“) Photo: Jürgen Bätz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122000622

  • 2018年08月27日
    Heather bloom

    27 August 2018, Reicherskreuz, Germany: Only a few heather flowers in the nature reserve of the Reicherskreuzer Heide near Reicherskreuz between Lieberose and Guben. Decades of use as a military training area have created extensive heathlands in the southern part of the Schlaubetal Nature Park. An extensive nature reserve of 30 square kilometres has been established to ensure the formation of new groundwater and to protect many animal and plant species. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082822210

  • 2018年08月28日
    Cottbus Baltic Sea - Germany‘s Largest Artificial Lake

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View from an observation tower over the former lignite mine Cottbus-Nord. In the background, steam rises from the cooling towers of the J舅schwalde lignite-fired power plant. One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083023613

  • 2018年08月28日
    Cottbus Baltic Sea - Germany‘s Largest Artificial Lake

    28 August 2018, Germany, Cottbus: The new building for flooding the former lignite opencast mine Cottbus-Nord. One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083023651

  • 2018年08月28日
    Cottbus Baltic Sea - Germany‘s Largest Artificial Lake

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View over the former lignite mine Cottbus-Nord (aerial view with a drone). One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083023660

  • 2018年08月28日
    Cottbus Baltic Sea - Germany‘s Largest Artificial Lake

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View from an observation tower over the former lignite mine Cottbus-Nord. In the background, steam rises from the cooling towers of the J舅schwalde lignite-fired power plant. One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083023590

  • 2018年08月28日
    Cottbus Baltic Sea - Germany‘s Largest Artificial Lake

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View over the former lignite mine Cottbus-Nord (aerial view with a drone). One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083023574

  • 2018年08月28日
    Germany‘s largest artificial lake is created

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View over the former lignite mine Cottbus-Nord (aerial view with a drone). One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083024829

  • 2018年08月28日
    Germany‘s largest artificial lake is created

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View from an observation tower over the former lignite mine Cottbus-Nord. One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083025039

  • 2018年08月28日
    Cottbus Baltic Sea - Germany‘s Largest Artificial Lake

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View from an observation tower over the former lignite mine Cottbus-Nord. In the background, steam rises from the cooling towers of the J舅schwalde lignite-fired power plant. One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083023601

  • 2018年08月28日
    Cottbus Baltic Sea - Germany‘s Largest Artificial Lake

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View over the former lignite mine Cottbus-Nord (aerial view with a drone). One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083023851

  • 2018年08月28日
    Cottbus Baltic Sea - Germany‘s Largest Artificial Lake

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View over the former lignite mine Cottbus-Nord (aerial view with a drone). One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083023597

  • 2018年08月28日
    Germany‘s largest artificial lake is created

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View over the former lignite mine Cottbus-Nord (aerial view with a drone). In the foreground is the new building for the flooding of the former open-cast mine. One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083024830

  • 2018年08月28日
    Cottbus Baltic Sea - Germany‘s Largest Artificial Lake

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View from an observation tower over the former lignite mine Cottbus-Nord. One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083023599

  • 2018年08月28日
    Cottbus Baltic Sea - Germany‘s Largest Artificial Lake

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View over the former lignite mine Cottbus-Nord (aerial view with a drone). One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083023691

  • 2018年08月28日
    Germany‘s largest artificial lake is created

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View from an observation tower over the former lignite mine Cottbus-Nord. One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083025083

  • 2018年08月28日
    Germany‘s largest artificial lake is created

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View from an observation tower over the former lignite mine Cottbus-Nord. One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083025087

  • 2018年08月28日
    Cottbus Baltic Sea - Germany‘s Largest Artificial Lake

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View from an observation tower over the former lignite mine Cottbus-Nord. In the background, steam rises from the cooling towers of the J舅schwalde lignite-fired power plant. One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083023595

  • 2018年08月28日
    Germany‘s largest artificial lake is created

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View from an observation tower over the former lignite mine Cottbus-Nord. One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083024824

  • 2018年08月28日
    Germany‘s largest artificial lake is created

    28 August 2018, Germany, Cottbus: The new building for flooding the former lignite opencast mine Cottbus-Nord. One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083025061

  • 2018年08月28日
    Cottbus Baltic Sea - Germany‘s Largest Artificial Lake

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View over the former lignite mine Cottbus-Nord (aerial view with a drone). One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083023594

  • 2018年08月28日
    Germany‘s largest artificial lake is created

    28 August 2018, Germany, Cottbus: View over the former lignite mine Cottbus-Nord (aerial view with a drone). In the foreground is the new building for the flooding of the former open-cast mine. One day the largest artificial lake in Germany with a water surface of about 19 square kilometres is to emerge from the mine - the Cottbus Baltic Sea. In November 2018, the former lignite mine Cottbus-Nord should be ready for flooding. The flooding will take several years. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018083024934

  • 2018年08月29日
    Garden Kingdom suffers from drought

    29 August 2018, Germany, Woerlitz: Woerlitz Castle stands in the midst of dry meadows in the UNESCO World Cultural Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz, photographed with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091123450

  • 2018年08月29日
    Garden Kingdom suffers from drought

    29 August 2018, Germany, Woerlitz: A gondola travels on the lake in the UNESCO World Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz, recorded with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091123575

  • 2018年08月29日
    Garden Kingdom suffers from drought

    29 August 2018, Germany, Woerlitz: The Gothic House stands in the midst of dry meadows in the UNESCO World Cultural Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz, photographed with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091123445

  • 2018年08月29日
    Garden Kingdom suffers from drought

    29 August 2018, Germany, Woerlitz: Woerlitz Castle stands in the midst of dry meadows in the UNESCO World Cultural Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz, photographed with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091123677

  • 2018年08月29日
    Garden Kingdom suffers from drought

    29 August 2018, Germany, Woerlitz: Woerlitz Castle stands in the midst of dry meadows in the UNESCO World Cultural Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz, photographed with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091123673

  • 2018年08月29日
    Garden Kingdom suffers from drought

    29 August 2018, Germany, Woerlitz: The Villa Hamilton and the island Stein stand in the middle of a dry landscape in the UNESCO World Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz, taken with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091123410

  • 2018年08月29日
    Garden Kingdom suffers from drought

    29 August 2018, Germany, Woerlitz: The rose island in the UNESCO World Cultural Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz is almost within walking distance due to the low water level, recorded with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091123570

  • 2018年08月29日
    Garden Kingdom suffers from drought

    29 August 2018, Germany, Woerlitz: Woerlitz Castle stands in the midst of dry meadows in the UNESCO World Cultural Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz, photographed with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091123435

  • 2018年08月29日
    Garden Kingdom suffers from drought

    29 August 2018, Germany, Woerlitz: The rose island in the UNESCO World Cultural Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz is almost within walking distance due to the low water level, recorded with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091123487

  • 2018年08月29日
    Garden Kingdom suffers from drought

    29 August 2018, Germany, Woerlitz: The Villa Hamilton and the island Stein stand in the middle of a dry landscape in the UNESCO World Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz, taken with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091123436

  • 2018年09月05日
    古い歴史を持つ流坑村江西省楽安県

    5日、流坑村の路地で道端の石段に座り休憩する村民。江西省撫州市楽安県の南西部に位置する面積3・61平方キロメートルの流坑村には、約260の伝統的建築物が保存されている。建築物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。流坑村は2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(楽安=新華社記者/段卓力)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021149

  • 2018年09月05日
    古い歴史を持つ流坑村江西省楽安県

    5日、流坑村にある仰山廟の古い舞台で伝統演劇「儺戯」(なぎ)の所作を披露する俳優。江西省撫州市楽安県の南西部に位置する面積3・61平方キロメートルの流坑村には、約260の伝統的建築物が保存されている。建築物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。流坑村は2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(楽安=新華社記者/段卓力)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021224

  • 2018年09月05日
    古い歴史を持つ流坑村江西省楽安県

    5日、学校帰りに流坑村の瓶形門を通る小学生。江西省撫州市楽安県の南西部に位置する面積3・61平方キロメートルの流坑村には、約260の伝統的建築物が保存されている。建築物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。流坑村は2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(楽安=新華社記者/段卓力)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091021189

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...