KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平潭島
  • 記者
  • 令和
  • 交通
  • 建設
  • 福平鉄道
  • 全長
  • 福州駅
  • 風景
  • 平成

「平潭」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
274
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
274
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2009年11月21日
    島に建設中の海峡大橋 中台の自由貿易区を創設へ

    中国福建省の平潭島(手前)と中国大陸を結ぶため建設中の海峡大橋=10月18日(共同)

    商品コード: 2009112100095

  • 2009年11月21日
    中台の自由貿易区を創設へ

    中国・福建省平潭島

    商品コード: 2009112100217

  • 2009年11月21日
    中台の自由貿易区を創設へ

    中国・福建省平潭島

    商品コード: 2009112100218

  • 2009年11月21日
    中台の自由貿易区を創設へ

    中国・福建省平潭島

    商品コード: 2009112100219

  • 2009年11月21日
    中台の自由貿易区を創設へ

    中国・福建省平潭島

    商品コード: 2009112100220

  • 2015年12月14日
    「ともに中国の夢を」

    中国・福建省、平潭島

    商品コード: 2015121400626

  • 2015年12月14日
    「ともに中国の夢を」

    中国・福建省、平潭島

    商品コード: 2015121400628

  • 2015年12月14日
    「ともに中国の夢を」

    中国・福建省、平潭島

    商品コード: 2015121400629

  • 2015年12月14日
    「ともに中国の夢を」

    中国・福建省、平潭島

    商品コード: 2015121400630

  • 2015年12月15日
    台湾製品の免税市場 「ともに中国の夢を」

    平潭の台湾製品の免税市場=8日、中国福建省福州市(共同)

    商品コード: 2015121400634

  • 2015年12月15日
    建築途中のマンション 「ともに中国の夢を」

    平潭の建設途中のマンション(中央)と商業施設=8日、中国福建省福州市(共同)

    商品コード: 2015121400632

  • 2015年12月15日
    習近平国家主席の看板 「ともに中国の夢を」

    平潭のフェリーターミナル近くに設置された笑顔の習近平国家主席と「中台は一つの家族のように親密だ。ともに中国の夢をかなえよう」の看板=8日、中国福建省福州市(共同)

    商品コード: 2015121400636

  • 2015年12月15日
    建設途中の商業施設 「ともに中国の夢を」

    平潭の建設途中の商業施設。倒れた街灯も放置されていた=8日、中国福建省福州市(共同)

    商品コード: 2015121400638

  • 2016年04月19日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    平潭県沿岸で撮影した「ブルーの涙」。(2016年4月19日撮影)中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2016(平成28)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701291

  • 2016年04月19日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    平潭県沿岸で撮影した「ブルーの涙」。(2016年4月19日撮影)中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2016(平成28)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701259

  • 2016年04月19日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    平潭県沿岸で撮影した「ブルーの涙」。(2016年4月19日撮影)中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2016(平成28)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701180

  • 2016年04月19日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    平潭県沿岸で撮影した「ブルーの涙」。(2016年4月19日撮影)中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2016(平成28)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701292

  • 2016年04月19日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    平潭県沿岸で撮影した「ブルーの涙」。(2016年4月19日撮影)中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2016(平成28)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701260

  • 2017年04月20日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    平潭県沿岸で撮影した「ブルーの涙」。(2017年4月20日撮影)中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2017(平成29)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701290

  • 2017年04月20日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    平潭県の海辺で「ブルーの涙」を見る男性。(2017年4月20日撮影)中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2017(平成29)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701145

  • 2018年09月06日
    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者

    「石は歌う」芸術村で、観光客の子供に、ハンマーで「歌える」石を叩くやり方を紹介する林宜臻さん(右から2番目)。(9月6日撮影)中国福建省平潭総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924958

  • 2018年09月07日
    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者

    北港村の民宿「石頭厝」(せきとうさく)で客室を整える林宜臻さんとパートナ。(9月7日撮影)中国福建平潭総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924944

  • 2018年09月07日
    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者

    「石は歌う」芸術村カフェの入り口を開け、開店準備をする林宜臻さん。(9月7日撮影)中国福建省平潭総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924942

  • 2018年09月07日
    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者

    福建省福州市平潭県流水鎮北港村中国福建省福州市平潭県総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924842

  • 2018年09月07日
    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者

    北港村の民宿「石頭厝」(せきとうさく)で話をする林宜臻さんと、彼氏の廖哲緯さん。(9月7日撮影)中国福建省平潭総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924954

  • 2018年09月07日
    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者

    「石は歌う」芸術村カフェーでマレーシアから来た客を接待する林宜臻さん。(9月7日撮影)。中国福建省平潭総合実験区総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924923

  • 2018年09月07日
    「石は歌う」——福建省の漁村で起業の夢を追う台湾の若者

    平潭県北港村「石は歌う」芸術村で見物する観光客。(9月7日撮影)中国福建省平潭総合実験区北港村で、台湾の若者が立ち上げた「石は歌う」芸術村という名の起業基地がある。台湾の若い女性、林宜臻(りん・ぎしん)さんは起業チームの一員だ。林さんは大学を卒業して間もない2015年6月、兄夫婦について同県を訪れ、起業した。ある偶然のきっかけから、同県の東北端にある北港村に引き寄せられ、文化クリエーション、民宿、創作料理などの要素を集約した芸術村「石は歌う」を創立した。林さんは「石は歌う」と名付けた理由を、北港村のそばにある君山の石にインスピレーションを得たと紹介した。風と日差しに長年さらされた石は、叩くたびに異なる音を発し、叩いて楽曲を奏でることもできるという。林さんの彼氏の廖哲緯(りょう・てつい)さんも2018年の初め、台湾から北港村へやって来た。「石は歌う」起業チームには現在、林さんを含め両岸(中国大陸と台湾)の10人の若者が参加している。北港村は現在、両岸文化創意村として位置づけられ、平潭台湾起業パークの起業支援施設兼実践基地となっている。時が経ち、評判が広がり、ますます多くの旅行者が観光やレジャーでこの地を訪れ、台湾の文化クリエーションの細やかさと活力を体験し、海と石の物語に耳を傾けている。「石は歌う」芸術村は目下、両岸の文化クリエーションの交流の場にとどまらず、平潭観光の新名所にもなっている。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924905

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、平潭海峡道路・鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」の上で作業する2台のクレーン。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道併用大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400532

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、平潭海峡道路・鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」の連結式が開催された。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道併用大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400424

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、「大小練島航道橋」で鋼トラス桁の架設状況をチェックする作業員。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道併用大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400398

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、連結に成功した平潭海峡道路・鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400533

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、「大小練島航道橋」の連結の際、橋面舗装をする作業員。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道併用大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400327

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、連結に成功した平潭海峡道路・鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400525

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、連結に成功した平潭海峡道路・鉄道両用大橋の「大小練島航道橋」。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道併用大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400531

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、平潭海峡道路・鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」の上で作業する2台のクレーン。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道併用大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400534

  • 2018年12月28日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」が連結

    28日、平潭海峡道路・鉄道併用大橋の「大小練島航道橋」の連結式の様子。中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の「大小練島航道橋」の連結式が28日に開催された。同橋の連結には中国で初めて鋼トラス橋に用いられる技術が全面的に採用され、中国の海上橋、鋼トラス橋の連結技術においても画期的なものとなった。中鉄大橋局集団が建設工事を受注した平潭海峡道路・鉄道大橋は、全長16・34キロ。元洪航路、鼓嶼門航道および大小練島航道を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は2層式の道路・鉄道併用橋で、新たに建設された福建省福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路をつなぐ要となる制御性プロジェクトだ。(平潭=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400421

  • 2019年01月19日
    高雄·平潭間で海上貨物輸送の直航航路が開通台湾製品が9時間で大陸市場に

    19日、高雄港で貨物の積み込み作業を行う高雄-平潭海上貨物輸送直航航路の第1便。中国台湾の高雄市で19日午後、同市と福建省平潭(へいたん)総合実験区を結ぶ海上貨物輸送の直行航路の就航式が行われた。直航航路が開通したことで、両都市間の海上貨物輸送はこれまでの2~3日から9時間に短縮される。高雄市は今後、平潭経由で大陸各地と高速鉄道網で接続することになり、今回の航路開設は海上・鉄道複合輸送の物流ルートを構築する上で重要な意味を持つ。(台北=新華社記者/李響)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200198

  • 2019年01月19日
    高雄·平潭間で海上貨物輸送の直航航路が開通台湾製品が9時間で大陸市場に

    19日、高雄港で出港を待つ高雄-平潭海上貨物輸送直航航路の第1便。中国台湾の高雄市で19日午後、同市と福建省平潭(へいたん)総合実験区を結ぶ海上貨物輸送の直行航路の就航式が行われた。直航航路が開通したことで、両都市間の海上貨物輸送はこれまでの2~3日から9時間に短縮される。高雄市は今後、平潭経由で大陸各地と高速鉄道網で接続することになり、今回の航路開設は海上・鉄道複合輸送の物流ルートを構築する上で重要な意味を持つ。(台北=新華社記者/李響)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200340

  • 2019年01月19日
    高雄·平潭間で海上貨物輸送の直航航路が開通台湾製品が9時間で大陸市場に

    19日、高雄港で出港を待つ高雄-平潭海上貨物輸送直航航路の第1便。中国台湾の高雄市で19日午後、同市と福建省平潭(へいたん)総合実験区を結ぶ海上貨物輸送の直行航路の就航式が行われた。直航航路が開通したことで、両都市間の海上貨物輸送はこれまでの2~3日から9時間に短縮される。高雄市は今後、平潭経由で大陸各地と高速鉄道網で接続することになり、今回の航路開設は海上・鉄道複合輸送の物流ルートを構築する上で重要な意味を持つ。(台北=新華社記者/李響)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200312

  • 2019年01月19日
    高雄·平潭間で海上貨物輸送の直航航路が開通台湾製品が9時間で大陸市場に

    19日、高雄港で貨物の積み込み作業を行う高雄-平潭海上貨物輸送直航航路の第1便。中国台湾の高雄市で19日午後、同市と福建省平潭(へいたん)総合実験区を結ぶ海上貨物輸送の直行航路の就航式が行われた。直航航路が開通したことで、両都市間の海上貨物輸送はこれまでの2~3日から9時間に短縮される。高雄市は今後、平潭経由で大陸各地と高速鉄道網で接続することになり、今回の航路開設は海上・鉄道複合輸送の物流ルートを構築する上で重要な意味を持つ。(台北=新華社記者/李響)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200193

  • 2019年01月19日
    高雄·平潭間で海上貨物輸送の直航航路が開通台湾製品が9時間で大陸市場に

    19日、高雄港を出港する高雄-平潭海上貨物輸送直航航路の第1便。中国台湾の高雄市で19日午後、同市と福建省平潭(へいたん)総合実験区を結ぶ海上貨物輸送の直行航路の就航式が行われた。直航航路が開通したことで、両都市間の海上貨物輸送はこれまでの2~3日から9時間に短縮される。高雄市は今後、平潭経由で大陸各地と高速鉄道網で接続することになり、今回の航路開設は海上・鉄道複合輸送の物流ルートを構築する上で重要な意味を持つ。(台北=新華社記者/李響)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200339

  • 2019年01月20日
    高雄発の海上貨物輸送直行航路の第1便、平潭に到着

    20日、到着したばかりの台湾産フルーツの箱を運ぶ平潭港の作業スタッフ。中国福建省福州市の平潭(へいたん)港に20日、700トン余りの貨物を載せた貨物船「台北エクスプレス」が入港、高雄市と平潭総合実験区を結ぶ海上貨物輸送の直行航路の第1便は順調に航海を終えた。同船は19日午後に高雄港を出港し、178カイリを約9時間で航行し平潭港に着いた。高雄市は今後、平潭経由で大陸各地と高速鉄道網で接続することになり、今回の航路開設は海上・鉄道複合輸送の物流ルートを構築する上で重要な意味を持つ。(平潭=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202906

  • 2019年01月20日
    高雄発の海上貨物輸送直行航路の第1便、平潭に到着

    20日、平潭港に到着、停泊する台湾高雄~福建平潭の海上貨物輸送の直行航路の第1便「台北エクスプレス」。中国福建省福州市の平潭(へいたん)港に20日、700トン余りの貨物を載せた貨物船「台北エクスプレス」が入港、高雄市と平潭総合実験区を結ぶ海上貨物輸送の直行航路の第1便は順調に航海を終えた。同船は19日午後に高雄港を出港し、178カイリを約9時間で航行し平潭港に着いた。高雄市は今後、平潭経由で大陸各地と高速鉄道網で接続することになり、今回の航路開設は海上・鉄道複合輸送の物流ルートを構築する上で重要な意味を持つ。(平潭=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202983

  • 2019年01月20日
    高雄発の海上貨物輸送直行航路の第1便、平潭に到着

    20日、到着したばかりの台湾製品のコンテナを運ぶ平潭港の車両。中国福建省福州市の平潭(へいたん)港に20日、700トン余りの貨物を載せた貨物船「台北エクスプレス」が入港、高雄市と平潭総合実験区を結ぶ海上貨物輸送の直行航路の第1便は順調に航海を終えた。同船は19日午後に高雄港を出港し、178カイリを約9時間で航行し平潭港に着いた。高雄市は今後、平潭経由で大陸各地と高速鉄道網で接続することになり、今回の航路開設は海上・鉄道複合輸送の物流ルートを構築する上で重要な意味を持つ。(平潭=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202914

  • 2019年01月20日
    高雄発の海上貨物輸送直行航路の第1便、平潭に到着

    20日、到着したばかりの台湾産フルーツを検査する平潭港のスタッフ。中国福建省福州市の平潭(へいたん)港に20日、700トン余りの貨物を載せた貨物船「台北エクスプレス」が入港、高雄市と平潭総合実験区を結ぶ海上貨物輸送の直行航路の第1便は順調に航海を終えた。同船は19日午後に高雄港を出港し、178カイリを約9時間で航行し平潭港に着いた。高雄市は今後、平潭経由で大陸各地と高速鉄道網で接続することになり、今回の航路開設は海上・鉄道複合輸送の物流ルートを構築する上で重要な意味を持つ。(平潭=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202927

  • 2019年01月20日
    高雄発の海上貨物輸送直行航路の第1便、平潭に到着

    20日、到着したばかりの台湾製品のコンテナを運ぶ平潭港の車両。中国福建省福州市の平潭(へいたん)港に20日、700トン余りの貨物を載せた貨物船「台北エクスプレス」が入港、高雄市と平潭総合実験区を結ぶ海上貨物輸送の直行航路の第1便は順調に航海を終えた。同船は19日午後に高雄港を出港し、178カイリを約9時間で航行し平潭港に着いた。高雄市は今後、平潭経由で大陸各地と高速鉄道網で接続することになり、今回の航路開設は海上・鉄道複合輸送の物流ルートを構築する上で重要な意味を持つ。(平潭=新華社記者/姜克紅)=2019(平成31)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202949

  • 2019年04月07日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    7日、平潭県沿岸で撮影した「ブルーの涙」。中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701190

  • 2019年04月07日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    7日、平潭県沿岸で撮影した「ブルーの涙」。中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701195

  • 2019年04月07日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    7日、平潭県沿岸で撮影した「ブルーの涙」。中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701293

  • 2019年04月07日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    7日、平潭県沿岸で撮影した「ブルーの涙」。中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701169

  • 2019年04月07日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    7日、平潭県沿岸で撮影した「ブルーの涙」。中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701258

  • 2019年04月07日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    7日、平潭県沿岸で撮影した「ブルーの涙」。中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701203

  • 2019年04月07日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    7日、平潭県沿岸で撮影した「ブルーの涙」。中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701213

  • 2019年04月07日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    7日、平潭県沿岸で撮影した「ブルーの涙」。中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701172

  • 2019年04月07日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    7日、平潭県の海辺で「ブルーの涙」を見る人々。中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701200

  • 2019年04月07日
    夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    7日、平潭県沿岸で撮影した「ブルーの涙」。中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沿岸の海域にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(福州=新華社配信/林映樹)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701181

  • 00:45.38
    2019年04月18日
    「新華社」夜の海で出合う「ブルーの涙」福建省平潭県

    中国福建省平潭(へいたん)県の澳前(おうぜん)鎮、流水鎮、竜王頭沖にここ数日、「ブルーの涙」が姿を現している。青い光がまるで夜の海にはめ込まれたサファイアのネックレスのように浮かび上がり、ホタルの光のように瞬き、息をのむ絶景を生み出す。「ブルーの涙」の正体は介形虫の一種、ウミホタルの群れだ。入り江に生息する発光性の浮遊生物で、体内に発光腺の構造を持ち、波の刺激を受けると青白色の光を発する。砂浜に帯状に分布し、青い銀河のように見える。(記者/宓盈婷、郭圻)<映像内容>夜の海のウミホタルの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809497

  • 01:41.00
    2019年04月19日
    2020年の開通目指し、進む平潭海峡公鉄大橋建設 福建省

    中国福建省福州市に建設中の中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」の施工現場では、連日熱気あふれる情景が広がっている。平潭海峡はバミューダ、喜望峰と並ぶ世界三大「強風海域」とされ、「橋脚建設禁止エリア」と呼ばれる。この海域では6級(風速10・8~13・8メートル)以上の強風が吹く日が年平均300日を超えるため、毎年施工が可能な時間はごくわずかだ。現在、大橋の大練島側の下部杭基礎、道路部分の橋脚、鉄道部分の梁部分を含む全主体工事がすでに完成し、今後は防護柵などの付属工事を実施するという。平潭海峡道路・鉄道両用大橋の全長は16・34キロメートルで、元洪航路、鼓嶼門水路、大小練島水路を跨ぐ主塔2本を持つ斜張橋3基からなる。同大橋は新たに建設される福州市~平潭鉄道、張橋3基からなる。同大橋は新たに建設される福州市~平潭鉄道、福州市長楽(区)~平潭高速道路の重要な工事の一環で、2020年に全面開通する予定だ。(記者/林凱)<映像内容>中国初の道路・鉄道併用海峡大橋「平潭海峡公鉄大橋」の施工現場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041904863

  • 2019年04月30日
    福州平潭港の金井港区が正式オープン台湾への窓口に

    4月30日、平潭港口岸金井港区に停泊中の1万トン級高速RORO船への積載を待つコンテナトラック。中国福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区は4月30日、平潭港口岸(通関地)の金井港区が正式に国の検収に合格したことを発表した。同港区は操業開始後、台湾地区との貿易の主要窓口となり、台北や台中、基隆、高雄、安平などの主要港湾と接続し、平潭の産業の発展と対外開放の重要な担い手となることを目指す。同港区は現在すでに平潭と高雄や台中、台北、香港、金門などを結ぶ多くの航路を就航させており、毎週火曜と木曜に台北に向け、2週間ごとに高雄に向けて出港している。操業開始後はさらなる航路開拓を進め、台湾の各主要港湾を網羅していく。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703154

  • 2019年04月30日
    福州平潭港の金井港区が正式オープン台湾への窓口に

    4月30日、平潭港口岸金井港区の一角。(小型無人機から)中国福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区は4月30日、平潭港口岸(通関地)の金井港区が正式に国の検収に合格したことを発表した。同港区は操業開始後、台湾地区との貿易の主要窓口となり、台北や台中、基隆、高雄、安平などの主要港湾と接続し、平潭の産業の発展と対外開放の重要な担い手となることを目指す。同港区は現在すでに平潭と高雄や台中、台北、香港、金門などを結ぶ多くの航路を就航させており、毎週火曜と木曜に台北に向け、2週間ごとに高雄に向けて出港している。操業開始後はさらなる航路開拓を進め、台湾の各主要港湾を網羅していく。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703196

  • 2019年04月30日
    福州平潭港の金井港区が正式オープン台湾への窓口に

    4月30日、平潭港口岸金井港区の埠頭(ふとう)。中国福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区は4月30日、平潭港口岸(通関地)の金井港区が正式に国の検収に合格したことを発表した。同港区は操業開始後、台湾地区との貿易の主要窓口となり、台北や台中、基隆、高雄、安平などの主要港湾と接続し、平潭の産業の発展と対外開放の重要な担い手となることを目指す。同港区は現在すでに平潭と高雄や台中、台北、香港、金門などを結ぶ多くの航路を就航させており、毎週火曜と木曜に台北に向け、2週間ごとに高雄に向けて出港している。操業開始後はさらなる航路開拓を進め、台湾の各主要港湾を網羅していく。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703197

  • 2019年04月30日
    福州平潭港の金井港区が正式オープン台湾への窓口に

    4月30日、平潭港口岸金井港区の埠頭(ふとう)の様子。中国福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区は4月30日、平潭港口岸(通関地)の金井港区が正式に国の検収に合格したことを発表した。同港区は操業開始後、台湾地区との貿易の主要窓口となり、台北や台中、基隆、高雄、安平などの主要港湾と接続し、平潭の産業の発展と対外開放の重要な担い手となることを目指す。同港区は現在すでに平潭と高雄や台中、台北、香港、金門などを結ぶ多くの航路を就航させており、毎週火曜と木曜に台北に向け、2週間ごとに高雄に向けて出港している。操業開始後はさらなる航路開拓を進め、台湾の各主要港湾を網羅していく。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703231

  • 2019年04月30日
    福州平潭港の金井港区が正式オープン台湾への窓口に

    4月30日、平潭港口岸金井港区の海域を航行するコンテナ船。中国福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区は4月30日、平潭港口岸(通関地)の金井港区が正式に国の検収に合格したことを発表した。同港区は操業開始後、台湾地区との貿易の主要窓口となり、台北や台中、基隆、高雄、安平などの主要港湾と接続し、平潭の産業の発展と対外開放の重要な担い手となることを目指す。同港区は現在すでに平潭と高雄や台中、台北、香港、金門などを結ぶ多くの航路を就航させており、毎週火曜と木曜に台北に向け、2週間ごとに高雄に向けて出港している。操業開始後はさらなる航路開拓を進め、台湾の各主要港湾を網羅していく。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703236

  • 2019年04月30日
    福州平潭港の金井港区が正式オープン台湾への窓口に

    4月30日、平潭港口岸金井港区に停泊中の1万トン級高速RORO船「台北快輪(TaipeiExpress)」。シャーシ(荷台)輸送システムを採用することで、コンテナの迅速な積み下ろしを実現した。中国福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区は4月30日、平潭港口岸(通関地)の金井港区が正式に国の検収に合格したことを発表した。同港区は操業開始後、台湾地区との貿易の主要窓口となり、台北や台中、基隆、高雄、安平などの主要港湾と接続し、平潭の産業の発展と対外開放の重要な担い手となることを目指す。同港区は現在すでに平潭と高雄や台中、台北、香港、金門などを結ぶ多くの航路を就航させており、毎週火曜と木曜に台北に向け、2週間ごとに高雄に向けて出港している。操業開始後はさらなる航路開拓を進め、台湾の各主要港湾を網羅していく。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703235

  • 2019年04月30日
    福州平潭港の金井港区が正式オープン台湾への窓口に

    4月30日、平潭港口岸金井港区の様子。(小型無人機から)中国福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区は4月30日、平潭港口岸(通関地)の金井港区が正式に国の検収に合格したことを発表した。同港区は操業開始後、台湾地区との貿易の主要窓口となり、台北や台中、基隆、高雄、安平などの主要港湾と接続し、平潭の産業の発展と対外開放の重要な担い手となることを目指す。同港区は現在すでに平潭と高雄や台中、台北、香港、金門などを結ぶ多くの航路を就航させており、毎週火曜と木曜に台北に向け、2週間ごとに高雄に向けて出港している。操業開始後はさらなる航路開拓を進め、台湾の各主要港湾を網羅していく。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703163

  • 2019年04月30日
    福州平潭港の金井港区が正式オープン台湾への窓口に

    4月30日、平潭港口岸金井港区でコンテナ積み下ろし中の1万トン級高速RORO船「台北快輪(TaipeiExpress)」。中国福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区は4月30日、平潭港口岸(通関地)の金井港区が正式に国の検収に合格したことを発表した。同港区は操業開始後、台湾地区との貿易の主要窓口となり、台北や台中、基隆、高雄、安平などの主要港湾と接続し、平潭の産業の発展と対外開放の重要な担い手となることを目指す。同港区は現在すでに平潭と高雄や台中、台北、香港、金門などを結ぶ多くの航路を就航させており、毎週火曜と木曜に台北に向け、2週間ごとに高雄に向けて出港している。操業開始後はさらなる航路開拓を進め、台湾の各主要港湾を網羅していく。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703259

  • 2019年04月30日
    福州平潭港の金井港区が正式オープン台湾への窓口に

    4月30日、平潭港口岸金井港区で、船積みする標準コンテナの数量を登録する港務グループのスタッフ。中国福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区は4月30日、平潭港口岸(通関地)の金井港区が正式に国の検収に合格したことを発表した。同港区は操業開始後、台湾地区との貿易の主要窓口となり、台北や台中、基隆、高雄、安平などの主要港湾と接続し、平潭の産業の発展と対外開放の重要な担い手となることを目指す。同港区は現在すでに平潭と高雄や台中、台北、香港、金門などを結ぶ多くの航路を就航させており、毎週火曜と木曜に台北に向け、2週間ごとに高雄に向けて出港している。操業開始後はさらなる航路開拓を進め、台湾の各主要港湾を網羅していく。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703254

  • 2019年04月30日
    福州平潭港の金井港区が正式オープン台湾への窓口に

    4月30日、平潭港口岸金井港区のコンテナヤードを走るコンテナトラック。中国福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区は4月30日、平潭港口岸(通関地)の金井港区が正式に国の検収に合格したことを発表した。同港区は操業開始後、台湾地区との貿易の主要窓口となり、台北や台中、基隆、高雄、安平などの主要港湾と接続し、平潭の産業の発展と対外開放の重要な担い手となることを目指す。同港区は現在すでに平潭と高雄や台中、台北、香港、金門などを結ぶ多くの航路を就航させており、毎週火曜と木曜に台北に向け、2週間ごとに高雄に向けて出港している。操業開始後はさらなる航路開拓を進め、台湾の各主要港湾を網羅していく。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703223

  • 2019年04月30日
    福州平潭港の金井港区が正式オープン台湾への窓口に

    4月30日、平潭港口岸金井港区で、船積みする標準コンテナの数量を登録する港務グループのスタッフ。中国福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区は4月30日、平潭港口岸(通関地)の金井港区が正式に国の検収に合格したことを発表した。同港区は操業開始後、台湾地区との貿易の主要窓口となり、台北や台中、基隆、高雄、安平などの主要港湾と接続し、平潭の産業の発展と対外開放の重要な担い手となることを目指す。同港区は現在すでに平潭と高雄や台中、台北、香港、金門などを結ぶ多くの航路を就航させており、毎週火曜と木曜に台北に向け、2週間ごとに高雄に向けて出港している。操業開始後はさらなる航路開拓を進め、台湾の各主要港湾を網羅していく。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703234

  • 2019年04月30日
    福州平潭港の金井港区が正式オープン台湾への窓口に

    4月30日、平潭港口岸金井港区の埠頭(ふとう)で、標準コンテナの積み下ろしを行う港湾荷役作業員。中国福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区は4月30日、平潭港口岸(通関地)の金井港区が正式に国の検収に合格したことを発表した。同港区は操業開始後、台湾地区との貿易の主要窓口となり、台北や台中、基隆、高雄、安平などの主要港湾と接続し、平潭の産業の発展と対外開放の重要な担い手となることを目指す。同港区は現在すでに平潭と高雄や台中、台北、香港、金門などを結ぶ多くの航路を就航させており、毎週火曜と木曜に台北に向け、2週間ごとに高雄に向けて出港している。操業開始後はさらなる航路開拓を進め、台湾の各主要港湾を網羅していく。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703256

  • 2019年05月12日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋、一部で鋼桁架設完了福建省福州

    12日、単純鋼桁をつり上げるクレーン船「大橋海鴎号」。(小型無人機から)中国福建省福州市に建設中の平潭(へいたん)海峡道路・鉄道併用大橋で12日、クレーン船「大橋海鴎号」が長さ80メートル、幅35・5メートルの単純鋼桁を橋脚の上に設置し、航道部分以外の鋼桁架設が完了した。今年10月に始まるレール敷設の強固な基礎ができたことになる。同大橋は、全長16・34キロの2層式道路・鉄道併用橋で、航道のある斜張橋3基を含んでいる。新たに建設される福州・平潭間の鉄道路線および同市長楽区と平潭県を結ぶ高速道路の要となる。(平潭=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600136

  • 2019年05月12日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋、一部で鋼桁架設完了福建省福州

    12日、単純鋼桁の架設を行うクレーン船「大橋海鴎号」。(小型無人機から)中国福建省福州市に建設中の平潭(へいたん)海峡道路・鉄道併用大橋で12日、クレーン船「大橋海鴎号」が長さ80メートル、幅35・5メートルの単純鋼桁を橋脚の上に設置し、航道部分以外の鋼桁架設が完了した。今年10月に始まるレール敷設の強固な基礎ができたことになる。同大橋は、全長16・34キロの2層式道路・鉄道併用橋で、航道のある斜張橋3基を含んでいる。新たに建設される福州・平潭間の鉄道路線および同市長楽区と平潭県を結ぶ高速道路の要となる。(平潭=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600129

  • 2019年05月12日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋、一部で鋼桁架設完了福建省福州

    12日、単純鋼桁の架設を行うクレーン船「大橋海鴎号」。(小型無人機から)中国福建省福州市に建設中の平潭(へいたん)海峡道路・鉄道併用大橋で12日、クレーン船「大橋海鴎号」が長さ80メートル、幅35・5メートルの単純鋼桁を橋脚の上に設置し、航道部分以外の鋼桁架設が完了した。今年10月に始まるレール敷設の強固な基礎ができたことになる。同大橋は、全長16・34キロの2層式道路・鉄道併用橋で、航道のある斜張橋3基を含んでいる。新たに建設される福州・平潭間の鉄道路線および同市長楽区と平潭県を結ぶ高速道路の要となる。(平潭=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600172

  • 02:58.37
    2019年05月12日
    「新華社」平潭海峡道路鉄道併用大橋、一部で鋼桁架設完了福建省

    中国福建省に建設中の中国初の道路鉄道併用海峡大橋「平潭(へいたん)海峡公鉄両用大橋」で12日、クレーン船「大橋海鴎号」が長さ80メートル、幅35・5メートルの単純鋼桁を橋脚の上に設置し、航道部分以外の鋼桁架設が完了した。今年10月に始まるレール敷設の強固な基礎ができたことになる。同大橋は、全長16・34キロの2層式道路鉄道併用橋で、航道のある斜張橋3基を含んでいる。新たに建設される福州・平潭間の鉄道路線および福州市長楽区と平潭総合実験区を結ぶ高速道路の要となる。(記者/林善伝)<映像内容>中国初の道路鉄道併用海峡大橋「平潭海峡公鉄両用大橋」建設の様子、撮影日:2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

    商品コード: 2019051603795

  • 2019年05月12日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋、一部で鋼桁架設完了福建省福州

    12日、単純鋼桁にロープを取り付ける作業員。中国福建省福州市に建設中の平潭(へいたん)海峡道路・鉄道併用大橋で12日、クレーン船「大橋海鴎号」が長さ80メートル、幅35・5メートルの単純鋼桁を橋脚の上に設置し、航道部分以外の鋼桁架設が完了した。今年10月に始まるレール敷設の強固な基礎ができたことになる。同大橋は、全長16・34キロの2層式道路・鉄道併用橋で、航道のある斜張橋3基を含んでいる。新たに建設される福州・平潭間の鉄道路線および同市長楽区と平潭県を結ぶ高速道路の要となる。(平潭=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600173

  • 2019年05月12日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋、一部で鋼桁架設完了福建省福州

    12日、単純鋼桁の架設を行うクレーン船「大橋海鴎号」。(小型無人機から)中国福建省福州市に建設中の平潭(へいたん)海峡道路・鉄道併用大橋で12日、クレーン船「大橋海鴎号」が長さ80メートル、幅35・5メートルの単純鋼桁を橋脚の上に設置し、航道部分以外の鋼桁架設が完了した。今年10月に始まるレール敷設の強固な基礎ができたことになる。同大橋は、全長16・34キロの2層式道路・鉄道併用橋で、航道のある斜張橋3基を含んでいる。新たに建設される福州・平潭間の鉄道路線および同市長楽区と平潭県を結ぶ高速道路の要となる。(平潭=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600160

  • 2019年05月12日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋、一部で鋼桁架設完了福建省福州

    12日、単純鋼桁をつり上げるクレーン船「大橋海鴎号」。中国福建省福州市に建設中の平潭(へいたん)海峡道路・鉄道併用大橋で12日、クレーン船「大橋海鴎号」が長さ80メートル、幅35・5メートルの単純鋼桁を橋脚の上に設置し、航道部分以外の鋼桁架設が完了した。今年10月に始まるレール敷設の強固な基礎ができたことになる。同大橋は、全長16・34キロの2層式道路・鉄道併用橋で、航道のある斜張橋3基を含んでいる。新たに建設される福州・平潭間の鉄道路線および同市長楽区と平潭県を結ぶ高速道路の要となる。(平潭=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600170

  • 2019年05月12日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋、一部で鋼桁架設完了福建省福州

    12日、単純鋼桁をつり上げるクレーン船「大橋海鴎号」。中国福建省福州市に建設中の平潭(へいたん)海峡道路・鉄道併用大橋で12日、クレーン船「大橋海鴎号」が長さ80メートル、幅35・5メートルの単純鋼桁を橋脚の上に設置し、航道部分以外の鋼桁架設が完了した。今年10月に始まるレール敷設の強固な基礎ができたことになる。同大橋は、全長16・34キロの2層式道路・鉄道併用橋で、航道のある斜張橋3基を含んでいる。新たに建設される福州・平潭間の鉄道路線および同市長楽区と平潭県を結ぶ高速道路の要となる。(平潭=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600150

  • 2019年05月12日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋、一部で鋼桁架設完了福建省福州

    12日、単純鋼桁をつり上げるクレーン船「大橋海鴎号」。(小型無人機から)中国福建省福州市に建設中の平潭(へいたん)海峡道路・鉄道併用大橋で12日、クレーン船「大橋海鴎号」が長さ80メートル、幅35・5メートルの単純鋼桁を橋脚の上に設置し、航道部分以外の鋼桁架設が完了した。今年10月に始まるレール敷設の強固な基礎ができたことになる。同大橋は、全長16・34キロの2層式道路・鉄道併用橋で、航道のある斜張橋3基を含んでいる。新たに建設される福州・平潭間の鉄道路線および同市長楽区と平潭県を結ぶ高速道路の要となる。(平潭=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600133

  • 2019年05月12日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋、一部で鋼桁架設完了福建省福州

    12日、単純鋼桁のつり上げ後、ロープを外す作業員。中国福建省福州市に建設中の平潭(へいたん)海峡道路・鉄道併用大橋で12日、クレーン船「大橋海鴎号」が長さ80メートル、幅35・5メートルの単純鋼桁を橋脚の上に設置し、航道部分以外の鋼桁架設が完了した。今年10月に始まるレール敷設の強固な基礎ができたことになる。同大橋は、全長16・34キロの2層式道路・鉄道併用橋で、航道のある斜張橋3基を含んでいる。新たに建設される福州・平潭間の鉄道路線および同市長楽区と平潭県を結ぶ高速道路の要となる。(平潭=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600143

  • 2019年05月12日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋、一部で鋼桁架設完了福建省福州

    12日、単純鋼桁をつり上げるクレーン船「大橋海鴎号」。(小型無人機から)中国福建省福州市に建設中の平潭(へいたん)海峡道路・鉄道併用大橋で12日、クレーン船「大橋海鴎号」が長さ80メートル、幅35・5メートルの単純鋼桁を橋脚の上に設置し、航道部分以外の鋼桁架設が完了した。今年10月に始まるレール敷設の強固な基礎ができたことになる。同大橋は、全長16・34キロの2層式道路・鉄道併用橋で、航道のある斜張橋3基を含んでいる。新たに建設される福州・平潭間の鉄道路線および同市長楽区と平潭県を結ぶ高速道路の要となる。(平潭=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600182

  • 2019年05月12日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋、一部で鋼桁架設完了福建省福州

    12日、単純鋼桁の架設を行うクレーン船「大橋海鴎号」。(小型無人機から)中国福建省福州市に建設中の平潭(へいたん)海峡道路・鉄道併用大橋で12日、クレーン船「大橋海鴎号」が長さ80メートル、幅35・5メートルの単純鋼桁を橋脚の上に設置し、航道部分以外の鋼桁架設が完了した。今年10月に始まるレール敷設の強固な基礎ができたことになる。同大橋は、全長16・34キロの2層式道路・鉄道併用橋で、航道のある斜張橋3基を含んでいる。新たに建設される福州・平潭間の鉄道路線および同市長楽区と平潭県を結ぶ高速道路の要となる。(平潭=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600131

  • 2019年05月12日
    平潭海峡道路·鉄道併用大橋、一部で鋼桁架設完了福建省福州

    12日、単純鋼桁をつり上げるクレーン船「大橋海鴎号」。中国福建省福州市に建設中の平潭(へいたん)海峡道路・鉄道併用大橋で12日、クレーン船「大橋海鴎号」が長さ80メートル、幅35・5メートルの単純鋼桁を橋脚の上に設置し、航道部分以外の鋼桁架設が完了した。今年10月に始まるレール敷設の強固な基礎ができたことになる。同大橋は、全長16・34キロの2層式道路・鉄道併用橋で、航道のある斜張橋3基を含んでいる。新たに建設される福州・平潭間の鉄道路線および同市長楽区と平潭県を結ぶ高速道路の要となる。(平潭=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600158

  • 01:23.56
    2019年05月23日
    「新華社」空から見た平潭港金井港区福建省福州市

    中国福建省福州市の平潭(へいたん)総合実験区は4月30日の記者会見で、平潭港口岸(通関地)の金井港区がこのほど行われた国の検収に合格したと発表した。同港区は運用開始後、対台湾貿易の窓口を積極的に担うことになる。台北や台中、基隆、高雄、安平などの台湾側主要港湾と接続し、平潭の産業発展と対外開放における重要な担い手を目指す。港区は既に平潭から高雄や台中、台北、香港、金門に向かう多くの航路を開設しており、台北とは毎週火・木曜、高雄とは隔週で結ばれている。操業開始後はさらに航路を開拓し、台湾の各主要港湾を全面的にカバーしていく。(記者/魏培全)<映像内容>平潭港金井港区の空撮映像、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052402599

  • 2019年05月28日
    国際南島語族考古研究基地を訪ねて福建省平潭

    5月28日、福建省平潭総合実験区の生楼山遺址から出土した青銅器時代の土器。中国社会科学院考古研究所と福建博物院および平潭(へいたん)総合実験区が共同設立した「国際南島語族考古研究基地」は、中国大陸で最初の南島語族(オーストロネシア語族)に関する国際的な考古学研究所にあたる。南島語族は世界で唯一、主に島々に分布する語族で、その人口は約2億7千万人に上る。記者は5月28日、中国福建省平潭総合実験区にある亀山遺跡や国際南島語族考古研究基地などを訪ねた。同基地は、南島語族の発祥地に関する研究を行うことを目的としている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301647

  • 2019年05月28日
    国際南島語族考古研究基地を訪ねて福建省平潭

    5月28日、福建省平潭総合実験区の上攀(じょうはん)村にある亀山遺跡から出土した鉢形土器。中国社会科学院考古研究所と福建博物院および平潭(へいたん)総合実験区が共同設立した「国際南島語族考古研究基地」は、中国大陸で最初の南島語族(オーストロネシア語族)に関する国際的な考古学研究所にあたる。南島語族は世界で唯一、主に島々に分布する語族で、その人口は約2億7千万人に上る。記者は5月28日、中国福建省平潭総合実験区にある亀山遺跡や国際南島語族考古研究基地などを訪ねた。同基地は、南島語族の発祥地に関する研究を行うことを目的としている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301429

  • 2019年05月28日
    国際南島語族考古研究基地を訪ねて福建省平潭

    5月28日に撮影した福建省平潭総合実験区にある国際南島語族考古研究基地。中国社会科学院考古研究所と福建博物院および平潭(へいたん)総合実験区が共同設立した「国際南島語族考古研究基地」は、中国大陸で最初の南島語族(オーストロネシア語族)に関する国際的な考古学研究所にあたる。南島語族は世界で唯一、主に島々に分布する語族で、その人口は約2億7千万人に上る。記者は5月28日、中国福建省平潭総合実験区にある亀山遺跡や国際南島語族考古研究基地などを訪ねた。同基地は、南島語族の発祥地に関する研究を行うことを目的としている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301649

  • 2019年05月28日
    国際南島語族考古研究基地を訪ねて福建省平潭

    5月28日、南島語族の民族移動過程について説明する福建博物院の元研究員、范雪春(はん・せつしゅん)さん。中国社会科学院考古研究所と福建博物院および平潭(へいたん)総合実験区が共同設立した「国際南島語族考古研究基地」は、中国大陸で最初の南島語族(オーストロネシア語族)に関する国際的な考古学研究所にあたる。南島語族は世界で唯一、主に島々に分布する語族で、その人口は約2億7千万人に上る。記者は5月28日、中国福建省平潭総合実験区にある亀山遺跡や国際南島語族考古研究基地などを訪ねた。同基地は、南島語族の発祥地に関する研究を行うことを目的としている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301696

  • 2019年05月28日
    国際南島語族考古研究基地を訪ねて福建省平潭

    5月28日に撮影した福建省平潭総合実験区の国際南島語族考古研究基地の陳列室。中国社会科学院考古研究所と福建博物院および平潭(へいたん)総合実験区が共同設立した「国際南島語族考古研究基地」は、中国大陸で最初の南島語族(オーストロネシア語族)に関する国際的な考古学研究所にあたる。南島語族は世界で唯一、主に島々に分布する語族で、その人口は約2億7千万人に上る。記者は5月28日、中国福建省平潭総合実験区にある亀山遺跡や国際南島語族考古研究基地などを訪ねた。同基地は、南島語族の発祥地に関する研究を行うことを目的としている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301648

  • 2019年05月28日
    国際南島語族考古研究基地を訪ねて福建省平潭

    5月28日に撮影した福建省平潭総合実験区の国際南島語族考古研究基地。中国社会科学院考古研究所と福建博物院および平潭(へいたん)総合実験区が共同設立した「国際南島語族考古研究基地」は、中国大陸で最初の南島語族(オーストロネシア語族)に関する国際的な考古学研究所にあたる。南島語族は世界で唯一、主に島々に分布する語族で、その人口は約2億7千万人に上る。記者は5月28日、中国福建省平潭総合実験区にある亀山遺跡や国際南島語族考古研究基地などを訪ねた。同基地は、南島語族の発祥地に関する研究を行うことを目的としている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301651

  • 2019年05月28日
    国際南島語族考古研究基地を訪ねて福建省平潭

    5月28日、福建省平潭総合実験区の上攀(じょうはん)村にある亀山遺跡で見つかった青銅器時代の井戸。中国社会科学院考古研究所と福建博物院および平潭(へいたん)総合実験区が共同設立した「国際南島語族考古研究基地」は、中国大陸で最初の南島語族(オーストロネシア語族)に関する国際的な考古学研究所にあたる。南島語族は世界で唯一、主に島々に分布する語族で、その人口は約2億7千万人に上る。記者は5月28日、中国福建省平潭総合実験区にある亀山遺跡や国際南島語族考古研究基地などを訪ねた。同基地は、南島語族の発祥地に関する研究を行うことを目的としている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301660

  • 2019年05月28日
    国際南島語族考古研究基地を訪ねて福建省平潭

    5月28日、福建省平潭総合実験区の上攀(じょうはん)村にある亀山遺跡で見つかった青銅器時代の井戸。中国社会科学院考古研究所と福建博物院および平潭(へいたん)総合実験区が共同設立した「国際南島語族考古研究基地」は、中国大陸で最初の南島語族(オーストロネシア語族)に関する国際的な考古学研究所にあたる。南島語族は世界で唯一、主に島々に分布する語族で、その人口は約2億7千万人に上る。記者は5月28日、中国福建省平潭総合実験区にある亀山遺跡や国際南島語族考古研究基地などを訪ねた。同基地は、南島語族の発祥地に関する研究を行うことを目的としている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301661

  • 2019年05月28日
    国際南島語族考古研究基地を訪ねて福建省平潭

    5月28日、福建省平潭総合実験区の上攀(じょうはん)村にある亀山遺跡で見つかった陶片が含まれていた青銅器時代の地層。中国社会科学院考古研究所と福建博物院および平潭(へいたん)総合実験区が共同設立した「国際南島語族考古研究基地」は、中国大陸で最初の南島語族(オーストロネシア語族)に関する国際的な考古学研究所にあたる。南島語族は世界で唯一、主に島々に分布する語族で、その人口は約2億7千万人に上る。記者は5月28日、中国福建省平潭総合実験区にある亀山遺跡や国際南島語族考古研究基地などを訪ねた。同基地は、南島語族の発祥地に関する研究を行うことを目的としている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301680

  • 2019年05月28日
    国際南島語族考古研究基地を訪ねて福建省平潭

    5月28日、福建省平潭総合実験区の上攀(じょうはん)村にある亀山遺跡の発掘現場。中国社会科学院考古研究所と福建博物院および平潭(へいたん)総合実験区が共同設立した「国際南島語族考古研究基地」は、中国大陸で最初の南島語族(オーストロネシア語族)に関する国際的な考古学研究所にあたる。南島語族は世界で唯一、主に島々に分布する語族で、その人口は約2億7千万人に上る。記者は5月28日、中国福建省平潭総合実験区にある亀山遺跡や国際南島語族考古研究基地などを訪ねた。同基地は、南島語族の発祥地に関する研究を行うことを目的としている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301496

  • 2019年05月28日
    国際南島語族考古研究基地を訪ねて福建省平潭

    5月28日、福建省平潭総合実験区の殻丘頭(かくきゅうとう)遺跡から出土した石器や陶片などの遺物。中国社会科学院考古研究所と福建博物院および平潭(へいたん)総合実験区が共同設立した「国際南島語族考古研究基地」は、中国大陸で最初の南島語族(オーストロネシア語族)に関する国際的な考古学研究所にあたる。南島語族は世界で唯一、主に島々に分布する語族で、その人口は約2億7千万人に上る。記者は5月28日、中国福建省平潭総合実験区にある亀山遺跡や国際南島語族考古研究基地などを訪ねた。同基地は、南島語族の発祥地に関する研究を行うことを目的としている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301672

  • 2019年05月28日
    国際南島語族考古研究基地を訪ねて福建省平潭

    5月28日、平潭総合実験区北厝(ほくせき)村の祠堂後山遺跡から出土した文物について説明する福建博物院の元研究員、范雪春(はん・せつしゅん)さん。中国社会科学院考古研究所と福建博物院および平潭(へいたん)総合実験区が共同設立した「国際南島語族考古研究基地」は、中国大陸で最初の南島語族(オーストロネシア語族)に関する国際的な考古学研究所にあたる。南島語族は世界で唯一、主に島々に分布する語族で、その人口は約2億7千万人に上る。記者は5月28日、中国福建省平潭総合実験区にある亀山遺跡や国際南島語族考古研究基地などを訪ねた。同基地は、南島語族の発祥地に関する研究を行うことを目的としている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301685

  • 2019年06月05日
    元洪航道橋が架設完了海峡に架かる道路鉄道併用斜張橋で径間世界最長

    5日、平潭海峡道路・鉄道併用大橋「平潭海峡公鉄大橋」の元洪航道橋で主橋の架設完了を祝う作業員。中国福建省に建設中の平潭(へいたん)海峡道路・鉄道併用大橋「平潭海峡公鉄大橋」の一部、元洪航道橋で5日午前、吊り上げ能力1100トンのクレーンが452・1トンの鋼桁を所定の位置に設置し、主橋の鋼桁架設が完了した。同橋は海峡に架かる道路・鉄道併用斜張橋で径間が世界最長となっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001301

  • 01:43.91
    2019年06月05日
    「新華社」元洪航道橋が架設完了海峡に架かる道路鉄道併用斜張橋で径間世界最長

    中国福建省に建設中の平潭(へいたん)海峡道路・鉄道併用大橋「平潭海峡公鉄大橋」の一部、元洪航道橋で5日午前、吊り上げ能力1100トンのクレーンが452・1トンの鋼桁を所定の位置に設置し、主橋の鋼桁架設が完了した。元洪航道橋は鋼・コンクリート混合斜張橋で、主径間長は532メートル。海峡に架かる道路・鉄道併用斜張橋で径間が世界最長となっており、橋の下の航道では5万トン級の船舶が同時に双方向航行できる。今回の架設成功は、大橋の開通がまた一歩近づいたことを示す。(記者/林善伝)<映像内容>建設中の元洪航道橋の様子、撮影日:2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061000902

  • 2019年06月05日
    元洪航道橋が架設完了海峡に架かる道路鉄道併用斜張橋で径間世界最長

    5日、主橋の接合が行われた平潭海峡道路・鉄道併用大橋「平潭海峡公鉄大橋」の元洪航道橋。中国福建省に建設中の平潭(へいたん)海峡道路・鉄道併用大橋「平潭海峡公鉄大橋」の一部、元洪航道橋で5日午前、吊り上げ能力1100トンのクレーンが452・1トンの鋼桁を所定の位置に設置し、主橋の鋼桁架設が完了した。同橋は海峡に架かる道路・鉄道併用斜張橋で径間が世界最長となっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001219

  • 2019年06月05日
    元洪航道橋が架設完了海峡に架かる道路鉄道併用斜張橋で径間世界最長

    5日、主橋の接合が行われた平潭海峡道路・鉄道併用大橋「平潭海峡公鉄大橋」の元洪航道橋。中国福建省に建設中の平潭(へいたん)海峡道路・鉄道併用大橋「平潭海峡公鉄大橋」の一部、元洪航道橋で5日午前、吊り上げ能力1100トンのクレーンが452・1トンの鋼桁を所定の位置に設置し、主橋の鋼桁架設が完了した。同橋は海峡に架かる道路・鉄道併用斜張橋で径間が世界最長となっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061000990

  • 1
  • 2
  • 3