KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 風景
  • 太原
  • 歴史
  • 登録
  • 街並み
  • 観光客
  • 雰囲気
  • 保存状態

「平遥」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
225
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
225
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2005年09月28日
    五輪の輪掲げる参加者 中国の世界遺産で交流祭

    28日、世界遺産の中国山西省晋中市の平遥古城の中で、「国際旅行文化交流祭」が開催された。地元中国の京劇や米国など4カ国の団体が歌や踊りを披露した。平遙古城は紀元前に建設され、現存しているのは14世紀、明時代のもの。四方を城壁で囲まれた2・25平方キロメートルの城内には約4万人が生活している。舞台では五輪を掲げるなど2008年の北京五輪をアピールしていた(共同)

    商品コード: 2005092800570

  • 2018年07月20日
    第1回平遥国際彫刻祭が開幕山西省平遥県

    20日、山西省平遥古城のディーゼルエンジン工場の跡地に設けられた展示エリアを見学する観光客。第1回平遥国際彫刻節(祭)が20日、世界遺産にも登録されている中国山西省平遥県の平遥古城(へいよう・こじょう)で開幕し、中国および米国、ドイツなど10カ国以上から集まった芸術家やキュレーター(展覧会の企画者)80人余りが一堂に会した。イベントに訪れた観光客は100点以上の彫刻作品の前で、足を止めて見入っていた。(平遥=新華社記者/詹彦)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072300757

  • 2018年07月20日
    第1回平遥国際彫刻節が開幕山西省平遥県

    20日、山西省平遥古城のディーゼルエンジン工場の跡地に設けられた展示エリアを見学する観光客。第1回平遥国際彫刻節(祭)が20日、世界遺産にも登録されている中国山西省平遥県の平遥古城(へいよう・こじょう)で開幕し、中国および米国、ドイツなど10カ国以上から集まった芸術家やキュレーター(展覧会の企画者)80人余りが一堂に会した。イベントに訪れた観光客は100点以上の彫刻作品の前で、足を止めて見入っていた。(平遥=新華社記者/詹彦)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072300779

  • 2018年07月20日
    第1回平遥国際彫刻節が開幕山西省平遥県

    20日、山西省平遥古城のディーゼルエンジン工場の跡地に設けられた展示エリアを見学する観光客。第1回平遥国際彫刻節(祭)が20日、世界遺産にも登録されている中国山西省平遥県の平遥古城(へいよう・こじょう)で開幕し、中国および米国、ドイツなど10カ国以上から集まった芸術家やキュレーター(展覧会の企画者)80人余りが一堂に会した。イベントに訪れた観光客は100点以上の彫刻作品の前で、足を止めて見入っていた。(平遥=新華社記者/詹彦)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072300870

  • 2018年07月20日
    第1回平遥国際彫刻節が開幕山西省平遥県

    20日、山西省平遥古城のディーゼルエンジン工場の跡地に設けられた展示エリアに出展された作品「可抵達的彼岸(到達可能なあこがれの地)」。第1回平遥国際彫刻節(祭)が20日、世界遺産にも登録されている中国山西省平遥県の平遥古城(へいよう・こじょう)で開幕し、中国および米国、ドイツなど10カ国以上から集まった芸術家やキュレーター(展覧会の企画者)80人余りが一堂に会した。イベントに訪れた観光客は100点以上の彫刻作品の前で、足を止めて見入っていた。(平遥=新華社記者/詹彦)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072300755

  • 2018年10月11日
    平遥古城の銀細工師

    11日、山西省晋中市平遥古城内の工房で、金器を制作する銀細工師の劉興東さん。中国山西省晋中(しんちゅう)市平遥(へいよう)古城内の銀細工師、劉興東(りゅう・こうとう)さんは17歳から父親について金器・銀器作りを学び、今では晋中市伝統金銀器制作技術の無形文化遺産伝承者である。同技術は彫金を主な特色とし、作品の大きさに関わらず、花や鳥、人物などの図案を彫り込む。また、その制作技法も複雑で、材料の投入、溶解、鍛造、起型、ヤニ付け、彫金、溶接、研磨、仕上げなど多くの工程がある。劉さんは「金器・銀器の制作を通じて、より多くの山西の記憶を残していきたい」と話した。(平遥=新華社記者/楊晨光)=2018(平成30)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607004

  • 2018年10月11日
    平遥古城の銀細工師

    11日、平遥古城内の工房に自ら制作した「宮鎖」を陳列する劉興東さん。中国山西省晋中(しんちゅう)市平遥(へいよう)古城内の銀細工師、劉興東(りゅう・こうとう)さんは17歳から父親について金器・銀器作りを学び、今では晋中市伝統金銀器制作技術の無形文化遺産伝承者である。同技術は彫金を主な特色とし、作品の大きさに関わらず、花や鳥、人物などの図案を彫り込む。また、その制作技法も複雑で、材料の投入、溶解、鍛造、起型、ヤニ付け、彫金、溶接、研磨、仕上げなど多くの工程がある。劉さんは「金器・銀器の制作を通じて、より多くの山西の記憶を残していきたい」と話した。(平遥=新華社記者/楊晨光)=2018(平成30)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607143

  • 2018年10月11日
    平遥古城の銀細工師

    11日、山西省晋中市平遥古城内の工房で弟子の喬安君(きょう・あんくん)さんを指導する銀細工師の劉興東さん(右)。中国山西省晋中(しんちゅう)市平遥(へいよう)古城内の銀細工師、劉興東(りゅう・こうとう)さんは17歳から父親について金器・銀器作りを学び、今では晋中市伝統金銀器制作技術の無形文化遺産伝承者である。同技術は彫金を主な特色とし、作品の大きさに関わらず、花や鳥、人物などの図案を彫り込む。また、その制作技法も複雑で、材料の投入、溶解、鍛造、起型、ヤニ付け、彫金、溶接、研磨、仕上げなど多くの工程がある。劉さんは「金器・銀器の制作を通じて、より多くの山西の記憶を残していきたい」と話した。(平遥=新華社記者/楊晨光)=2018(平成30)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607045

  • 2018年10月11日
    平遥古城の銀細工師

    11日、平遥古城内の工房で、制作した「同心鎖」(愛の誓いの錠)を見せる劉興東さん。中国山西省晋中(しんちゅう)市平遥(へいよう)古城内の銀細工師、劉興東(りゅう・こうとう)さんは17歳から父親について金器・銀器作りを学び、今では晋中市伝統金銀器制作技術の無形文化遺産伝承者である。同技術は彫金を主な特色とし、作品の大きさに関わらず、花や鳥、人物などの図案を彫り込む。また、その制作技法も複雑で、材料の投入、溶解、鍛造、起型、ヤニ付け、彫金、溶接、研磨、仕上げなど多くの工程がある。劉さんは「金器・銀器の制作を通じて、より多くの山西の記憶を残していきたい」と話した。(平遥=新華社記者/楊晨光)=2018(平成30)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607100

  • 2018年10月11日
    平遥古城の銀細工師

    11日、金銀細工師の劉興東さんが山西省晋中市平遥古城内の工房で制作中の金器。中国山西省晋中(しんちゅう)市平遥(へいよう)古城内の銀細工師、劉興東(りゅう・こうとう)さんは17歳から父親について金器・銀器作りを学び、今では晋中市伝統金銀器制作技術の無形文化遺産伝承者である。同技術は彫金を主な特色とし、作品の大きさに関わらず、花や鳥、人物などの図案を彫り込む。また、その制作技法も複雑で、材料の投入、溶解、鍛造、起型、ヤニ付け、彫金、溶接、研磨、仕上げなど多くの工程がある。劉さんは「金器・銀器の制作を通じて、より多くの山西の記憶を残していきたい」と話した。(平遥=新華社記者/楊晨光)=2018(平成30)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607058

  • 2018年10月16日
    平遥古城の伝統漆器

    16日、平遥県渾漆齋大院の販売店で買い物をする観光客。中国山西省晋中(しんちゅう)市平遥(へいよう)県の推光漆器は長い歴史を持ち、国家級無形文化遺産に登録されている。同漆器は手のひらを使って艶を出し、金泥で絵付けする技で知られ、鑑賞性やコレクション性が高く、観光客にも好評だ。(平遥=新華社記者/曹陽)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818713

  • 2018年10月16日
    平遥古城の伝統漆器

    16日、漆器の素材を磨き上げる平遥県渾漆齋大院の漆器職人、耿保国(こう・ほこく)さん。中国山西省晋中(しんちゅう)市平遥(へいよう)県の推光漆器は長い歴史を持ち、国家級無形文化遺産に登録されている。同漆器は手のひらを使って艶を出し、金泥で絵付けする技で知られ、鑑賞性やコレクション性が高く、観光客にも好評だ。(平遥=新華社記者/曹陽)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818531

  • 2018年10月16日
    平遥古城の伝統漆器

    16日、平遥県渾漆齋大院で行われた顔料調合作業。中国山西省晋中(しんちゅう)市平遥(へいよう)県の推光漆器は長い歴史を持ち、国家級無形文化遺産に登録されている。同漆器は手のひらを使って艶を出し、金泥で絵付けする技で知られ、鑑賞性やコレクション性が高く、観光客にも好評だ。(平遥=新華社記者/曹陽)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818527

  • 2018年10月16日
    平遥古城の伝統漆器

    16日、漆器の色付けをする平遥県渾漆齋大院の漆器職人、耿保国(こう・ほこく)さん。中国山西省晋中(しんちゅう)市平遥(へいよう)県の推光漆器は長い歴史を持ち、国家級無形文化遺産に登録されている。同漆器は手のひらを使って艶を出し、金泥で絵付けする技で知られ、鑑賞性やコレクション性が高く、観光客にも好評だ。(平遥=新華社記者/曹陽)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818663

  • 2018年10月16日
    平遥古城の伝統漆器

    16日、漆器の素材を研磨する平遥県渾漆齋大院の漆器職人、耿保国(こう・ほこく)さん。中国山西省晋中(しんちゅう)市平遥(へいよう)県の推光漆器は長い歴史を持ち、国家級無形文化遺産に登録されている。同漆器は手のひらを使って艶を出し、金泥で絵付けする技で知られ、鑑賞性やコレクション性が高く、観光客にも好評だ。(平遥=新華社記者/曹陽)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818697

  • 2018年10月16日
    平遥古城の伝統漆器

    16日、漆器を制作する平遥県渾漆齋大院の漆器職人。中国山西省晋中(しんちゅう)市平遥(へいよう)県の推光漆器は長い歴史を持ち、国家級無形文化遺産に登録されている。同漆器は手のひらを使って艶を出し、金泥で絵付けする技で知られ、鑑賞性やコレクション性が高く、観光客にも好評だ。(平遥=新華社記者/曹陽)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101930150

  • 2018年10月16日
    平遥古城の伝統漆器

    16日、漆器の素材を吟味する平遥県渾漆齋大院の漆器職人、耿保国(こう・ほこく)さん。中国山西省晋中(しんちゅう)市平遥(へいよう)県の推光漆器は長い歴史を持ち、国家級無形文化遺産に登録されている。同漆器は手のひらを使って艶を出し、金泥で絵付けする技で知られ、鑑賞性やコレクション性が高く、観光客にも好評だ。(平遥=新華社記者/曹陽)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818709

  • 2019年02月10日
    2019年春節期間中の国内観光客、延べ4億1500万人

    10日、山西省平遥市にある平遥古城の町並みを楽しむ観光客。10日、中国文化・観光部によると、各地の観光部門や通信事業者、オンライン旅行サービス業者が報告・提供したデータをまとめ、中国観光研究院(文化・観光部データセンター)が試算した結果、2019年の春節(旧正月)期間中に全国を訪れた国内観光客数は前年比7・6%増の延べ4億1500万人で、国内観光収入は8・2%増の5139億元(1元=約16円)だった。(晋中=新華社配信/梁生仁)=2019(平成31)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217463

  • 2019年02月13日
    春節ムードの平遥古城観光客を魅了

    13日、平遥古城を散策する観光客。中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は春節(旧正月)期間中、2019「私たちの祝日・春節平遥中国年」と題したイベントを開催し、各地から訪れる多くの観光客を魅了している。(平遥=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501749

  • 2019年02月13日
    春節ムードの平遥古城観光客を魅了

    13日、平遥古城を散策する観光客。中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は春節(旧正月)期間中、2019「私たちの祝日・春節平遥中国年」と題したイベントを開催し、各地から訪れる多くの観光客を魅了している。(平遥=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501719

  • 2019年02月13日
    春節ムードの平遥古城観光客を魅了

    13日、平遥古城を散策する観光客。中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は春節(旧正月)期間中、2019「私たちの祝日・春節平遥中国年」と題したイベントを開催し、各地から訪れる多くの観光客を魅了している。(平遥=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501720

  • 2019年02月13日
    春節ムードの平遥古城観光客を魅了

    13日、平遥古城を散策する観光客。中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は春節(旧正月)期間中、2019「私たちの祝日・春節平遥中国年」と題したイベントを開催し、各地から訪れる多くの観光客を魅了している。(平遥=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501729

  • 2019年02月13日
    春節ムードの平遥古城観光客を魅了

    13日、平遥古城を散策する観光客。中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は春節(旧正月)期間中、2019「私たちの祝日・春節平遥中国年」と題したイベントを開催し、各地から訪れる多くの観光客を魅了している。(平遥=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501733

  • 2019年05月01日
    郷土の風情でおもてなしメーデー連休、各地にぎわう

    1日、山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城衙門街を散策する観光客。労働節(メーデー)の連休期間中、中国各地では民族情緒や美しい自然の魅力にあふれた古鎮(古い街並み)および農村が、観光客に人気のスポットになっている。(晋中=新華社配信/梁生仁)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051702453

  • 2019年05月06日
    空から見た平遥古城山西省

    6日、平遥古城の一角。(小型無人機から)中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は1997年、国内で最も保存状態の良い古代県級城郭都市の一つとして世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2019(令和元)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903747

  • 2019年05月06日
    空から見た平遥古城山西省

    6日、平遥古城の城壁と堀。(小型無人機から)中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は1997年、国内で最も保存状態の良い古代県級城郭都市の一つとして世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2019(令和元)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903748

  • 2019年05月06日
    空から見た平遥古城山西省

    6日、平遥古城の一角。(小型無人機から)中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は1997年、国内で最も保存状態の良い古代県級城郭都市の一つとして世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2019(令和元)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903700

  • 2019年05月06日
    空から見た平遥古城山西省

    6日、平遥古城の迎薫門の城楼。(小型無人機から)中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は1997年、国内で最も保存状態の良い古代県級城郭都市の一つとして世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2019(令和元)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903650

  • 2019年05月07日
    空から見た平遥古城山西省

    7日、平遥古城を散策する観光客。(小型無人機から)中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は1997年、国内で最も保存状態の良い古代県級城郭都市の一つとして世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903706

  • 2019年05月07日
    空から見た平遥古城山西省

    7日、平遥古城の城楼を見学する観光客。(小型無人機から)中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は1997年、国内で最も保存状態の良い古代県級城郭都市の一つとして世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903725

  • 2019年05月07日
    空から見た平遥古城山西省

    7日、平遥古城の鳳儀門の城楼。(小型無人機から)中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は1997年、国内で最も保存状態の良い古代県級城郭都市の一つとして世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903652

  • 2019年10月14日
    オダギリジョー氏と清水崇監督、平遥国際映画祭で映画文化を語る

    14日、平遥国際映画祭で記念撮影に応じる清水崇監督(右)。中国山西省晋中(しんちゅう)市で10〜19日の日程で、第3回平遥国際映画祭が開催されている。日本の映画監督であり俳優のオダギリジョー氏と清水崇監督が、それぞれ「ある船頭の話」と「犬鳴村」を携えて会場の平遥電影宮を訪れ、映画文化や映画製作についてファンたちと語り合った。(平遥=新華社配信)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104118

  • 2019年10月14日
    オダギリジョー氏と清水崇監督、平遥国際映画祭で映画文化を語る

    14日、平遥国際映画祭で、同映画祭創始者の賈樟柯(ジャ・ジャンクー、右)氏、ディレクターを務めるマルコ・ミュラー(左)と共に記念撮影に応じるオダギリジョー氏。中国山西省晋中(しんちゅう)市で10〜19日の日程で、第3回平遥国際映画祭が開催されている。日本の映画監督であり俳優のオダギリジョー氏と清水崇監督が、それぞれ「ある船頭の話」と「犬鳴村」を携えて会場の平遥電影宮を訪れ、映画文化や映画製作についてファンたちと語り合った。(平遥=新華社配信)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104013

  • 2019年10月14日
    オダギリジョー氏と清水崇監督、平遥国際映画祭で映画文化を語る

    14日、平遥電影宮で来場者の質問に答えるオダギリジョー氏。中国山西省晋中(しんちゅう)市で10〜19日の日程で、第3回平遥国際映画祭が開催されている。日本の映画監督であり俳優のオダギリジョー氏と清水崇監督が、それぞれ「ある船頭の話」と「犬鳴村」を携えて会場の平遥電影宮を訪れ、映画文化や映画製作についてファンたちと語り合った。(平遥=新華社配信)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102103932

  • 2019年10月14日
    オダギリジョー氏と清水崇監督、平遥国際映画祭で映画文化を語る

    14日、平遥電影宮で映画製作の経験を語る清水崇監督。中国山西省晋中(しんちゅう)市で10〜19日の日程で、第3回平遥国際映画祭が開催されている。日本の映画監督であり俳優のオダギリジョー氏と清水崇監督が、それぞれ「ある船頭の話」と「犬鳴村」を携えて会場の平遥電影宮を訪れ、映画文化や映画製作についてファンたちと語り合った。(平遥=新華社配信)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104191

  • 2019年11月03日
    スマホで農作業委託、生産専門化で増収促進山西省

    山西省晋中(しんちゅう)市平遥県で、トウモロコシ脱穀後の茎の梱包作業を行う、和之瑞農業専業合作社(協同組合)の農業機械。(2019年11月3日撮影)ここ3年来、農業生産委託は急速に全国各地に広がっている。農民は以前のように農地に張り付いている必要がなく、スマートフォンの画面を指でタッチするだけで専業合作社が耕作から収穫まで行ってくれる。(太原=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003852

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.48
    2019年11月18日
    「新華社」炭鉱でガス爆発15人死亡、9人負傷山西省平遥県

    中国山西省晋中市平遥県にある峰岩煤焦集団二畝溝煤業有限公司の炭鉱坑内の作業場で18日午後1時50分、ガス爆発があった。事故救援指揮部によると、救助活動は19日午前2時までに終了し、15人の死亡と9人の負傷が確認された。現在、負傷者の容体は安定しているという。同県政府は事故調査グループの設置に着手しており、事故原因について調査が進められている。事故当時、坑内には35人の作業員がおり、うち11人がすでに救助された。同公司は昨年12月10日に安全生産許可証を取得しており、設計生産能力は年間120万トン。(記者/徐偉)<映像内容>中国山西省平遥県の炭鉱でガス爆発、撮影日:2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120201019

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月18日
    炭鉱でガス爆発15人死亡、9人負傷山西省平遥県

    18日、救助作業にあたる救助隊員。中国山西省晋中市平遥県にある峰岩煤焦集団二畝溝煤業有限公司の炭鉱坑内の作業場で18日午後1時50分、ガス爆発があった。事故救援指揮部によると、救助活動は19日午前2時までに終了し、15人の死亡と9人の負傷が確認された。現在、負傷者の容体は安定しているという。同県政府は事故調査グループの設置に着手しており、事故原因について調査が進められている。(平遥=新華社記者/楊晨光)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102146

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月18日
    炭鉱でガス爆発15人死亡、9人負傷山西省平遥県

    18日、救助作業にあたる救助隊員。中国山西省晋中市平遥県にある峰岩煤焦集団二畝溝煤業有限公司の炭鉱坑内の作業場で18日午後1時50分、ガス爆発があった。事故救援指揮部によると、救助活動は19日午前2時までに終了し、15人の死亡と9人の負傷が確認された。現在、負傷者の容体は安定しているという。同県政府は事故調査グループの設置に着手しており、事故原因について調査が進められている。(平遥=新華社記者/楊晨光)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102121

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月19日
    炭鉱でガス爆発15人死亡、9人負傷山西省平遥県

    19日、救助作業にあたる救助隊員。中国山西省晋中市平遥県にある峰岩煤焦集団二畝溝煤業有限公司の炭鉱坑内の作業場で18日午後1時50分、ガス爆発があった。事故救援指揮部によると、救助活動は19日午前2時までに終了し、15人の死亡と9人の負傷が確認された。現在、負傷者の容体は安定しているという。同県政府は事故調査グループの設置に着手しており、事故原因について調査が進められている。(平遥=新華社記者/楊晨光)=2019(令和元)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102144

  • 2020年01月05日
    平遥古城が雪化粧山西省

    5日、平遥古城の迎薫門城楼(奥)と城壁。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700287

  • 2020年01月05日
    平遥古城が雪化粧山西省

    5日、平遥古城の通りを散策する観光客。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700379

  • 2020年01月05日
    平遥古城が雪化粧山西省

    5日、平遥古城の通りを散策する観光客。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700309

  • 2020年01月05日
    平遥古城が雪化粧山西省

    5日、平遥古城の一角。(小型無人機から)中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700408

  • 2020年01月05日
    平遥古城が雪化粧山西省

    5日、平遥古城の一角。(小型無人機から)中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700409

  • 2020年01月05日
    平遥古城が雪化粧山西省

    5日、平遥古城の一角。(小型無人機から)中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700341

  • 2020年01月05日
    平遥古城が雪化粧山西省

    5日、平遥古城の迎薫門城楼の屋根。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700416

  • 2020年01月05日
    平遥古城が雪化粧山西省

    5日、平遥古城の建物に飾られた灯籠。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700338

  • 2020年01月05日
    平遥古城が雪化粧山西省

    5日、平遥古城の建物。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700419

  • 2020年01月05日
    平遥古城が雪化粧山西省

    5日、平遥古城の通りを散策する観光客。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700381

  • 2020年01月05日
    平遥古城が雪化粧山西省

    5日、傘をさして平遥古城の通りを散策する観光客。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700420

  • 2020年01月05日
    平遥古城が雪化粧山西省

    5日、平遥古城の一角。(小型無人機から)中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700261

  • 2020年01月05日
    平遥古城が雪化粧山西省

    5日、平遥古城の迎薫門城楼。(小型無人機から)中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700413

  • 2020年01月05日
    平遥古城が雪化粧山西省

    5日、平遥古城の迎薫門城楼。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010700418

  • 2020年01月17日
    中国各地で春節イベント

    17日、山西省晋中市の平遥古城で披露された竜舞。春節(旧正月)を控え、中国ではさまざまな民俗イベントが各地で開催され、迎春ムードを盛り上げている。(晋中=新華社配信/梁生仁)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100572

  • 2020年01月17日
    中国各地で春節イベント

    17日、山西省晋中市の平遥古城で「福を送る財神」に扮した演者。春節(旧正月)を控え、中国ではさまざまな民俗イベントが各地で開催され、迎春ムードを盛り上げている。(晋中=新華社配信/梁生仁)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100573

  • 2020年01月21日
    輝くランタンに春節ムード満点山西省平遥古城

    21日、ライトアップされた平遥古城を散策する観光客。春節(旧正月、今年は1月25日)が目前に迫り、中国山西省晋中市の平遥古城では飾られたランタンなどがライトアップされ、訪れた観光客は新春の雰囲気を楽しんでいた。(晋中=新華社記者/柴婷)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012702973

  • 2020年01月21日
    輝くランタンに春節ムード満点山西省平遥古城

    21日、ライトアップされた平遥古城を散策する観光客。春節(旧正月、今年は1月25日)が目前に迫り、中国山西省晋中市の平遥古城では飾られたランタンなどがライトアップされ、訪れた観光客は新春の雰囲気を楽しんでいた。(晋中=新華社記者/柴婷)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012702989

  • 2020年01月21日
    輝くランタンに春節ムード満点山西省平遥古城

    21日、平遥古城で行われたイルミネーションショー。春節(旧正月、今年は1月25日)が目前に迫り、中国山西省晋中市の平遥古城では飾られたランタンなどがライトアップされ、訪れた観光客は新春の雰囲気を楽しんでいた。(晋中=新華社記者/柴婷)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012703148

  • 2020年01月21日
    輝くランタンに春節ムード満点山西省平遥古城

    21日、平遥古城で獅子舞の頭の部分を見学する子ども。春節(旧正月、今年は1月25日)が目前に迫り、中国山西省晋中市の平遥古城では飾られたランタンなどがライトアップされ、訪れた観光客は新春の雰囲気を楽しんでいた。(晋中=新華社記者/柴婷)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012703159

  • 2020年01月21日
    輝くランタンに春節ムード満点山西省平遥古城

    21日、平遥古城に飾られたランタン。春節(旧正月、今年は1月25日)が目前に迫り、中国山西省晋中市の平遥古城では飾られたランタンなどがライトアップされ、訪れた観光客は新春の雰囲気を楽しんでいた。(晋中=新華社記者/柴婷)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012703210

  • 2020年01月21日
    輝くランタンに春節ムード満点山西省平遥古城

    21日、平遥古城で行われたイルミネーションショー。春節(旧正月、今年は1月25日)が目前に迫り、中国山西省晋中市の平遥古城では飾られたランタンなどがライトアップされ、訪れた観光客は新春の雰囲気を楽しんでいた。(晋中=新華社記者/柴婷)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012702957

  • 2020年01月21日
    輝くランタンに春節ムード満点山西省平遥古城

    21日、平遥古城でランタンを撮影する観光客。春節(旧正月、今年は1月25日)が目前に迫り、中国山西省晋中市の平遥古城では飾られたランタンなどがライトアップされ、訪れた観光客は新春の雰囲気を楽しんでいた。(晋中=新華社記者/柴婷)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012702992

  • 2020年01月21日
    輝くランタンに春節ムード満点山西省平遥古城

    21日、ライトアップされた平遥古城を散策する観光客。春節(旧正月、今年は1月25日)が目前に迫り、中国山西省晋中市の平遥古城では飾られたランタンなどがライトアップされ、訪れた観光客は新春の雰囲気を楽しんでいた。(晋中=新華社記者/柴婷)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012702934

  • 2020年01月21日
    輝くランタンに春節ムード満点山西省平遥古城

    21日、平遥古城でランタンを背景に自撮りをする観光客。春節(旧正月、今年は1月25日)が目前に迫り、中国山西省晋中市の平遥古城では飾られたランタンなどがライトアップされ、訪れた観光客は新春の雰囲気を楽しんでいた。(晋中=新華社記者/柴婷)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012702965

  • 2020年01月21日
    輝くランタンに春節ムード満点山西省平遥古城

    21日、ライトアップされた平遥古城で自撮りをする観光客。春節(旧正月、今年は1月25日)が目前に迫り、中国山西省晋中市の平遥古城では飾られたランタンなどがライトアップされ、訪れた観光客は新春の雰囲気を楽しんでいた。(晋中=新華社記者/柴婷)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012703110

  • 2020年02月08日
    五台山、平遥古城などの風景区が一般開放を再開山西省

    映画をテーマとした文化施設「平遥映画宮」の正門前を通る西大街。(2月8日撮影)中国山西省の観光地やイベントが相次いで営業を再開している。五台山や平遥古城などの風景区が25日、一般開放を再開、ランタン祭りの「2020中国大同古都灯会」は27日から4月19日にかけて改めて催される。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、五台山風景区は1月24日(旧暦の大晦日)から、平遥古城風景区は1月25日(旧暦の元旦)から一般開放を中止、3年連続開催の大同古都灯会は1月24日から休止していた。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033003633

  • 2020年02月08日
    五台山、平遥古城などの風景区が一般開放を再開山西省

    元宵節(旧暦1月15日)の平遥古城の一角。(2月8日撮影)中国山西省の観光地やイベントが相次いで営業を再開している。五台山や平遥古城などの風景区が25日、一般開放を再開、ランタン祭りの「2020中国大同古都灯会」は27日から4月19日にかけて改めて催される。新型コロナウイルス感染の影響を受け、五台山風景区は1月24日(旧暦の大晦日)から、平遥古城風景区は1月25日(旧暦の元旦)から一般開放を中止、3年連続開催の大同古都灯会は1月24日から休止していた。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033003719

  • 2020年02月08日
    平遥古城、観光客の賑わい一転ウイルス対策に全力

    8日、平遥古城内で健康相談窓口を開く職員。中国山西省晋中市の平遥古城は2800年余りの長い歴史を持つ。2006年からは春節(旧正月)の時期に「平遥中国年」と呼ばれる年越しイベントが開かれ、毎年多くの観光客を集めていたが、今年は平年の賑わいから一転して平静を保ち、城内に住む人々の新型コロナウイルスに対する闘いを見守っている。古城は現在、重点地域での予防・抑制管理を強化しており、死角のない清掃や消毒、往来者に対する厳格な検査、健康相談窓口の設置、自動体温測定システムの導入などの各種措置を実施。感染患者の早期発見、早期診断、早期隔離、早期治療に努めている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302809

  • 2020年02月08日
    平遥古城、観光客の賑わい一転ウイルス対策に全力

    8日、平遥古城内の公衆トイレで消毒作業をする職員。中国山西省晋中市の平遥古城は2800年余りの長い歴史を持つ。2006年からは春節(旧正月)の時期に「平遥中国年」と呼ばれる年越しイベントが開かれ、毎年多くの観光客を集めていたが、今年は平年の賑わいから一転して平静を保ち、城内に住む人々の新型コロナウイルスに対する闘いを見守っている。古城は現在、重点地域での予防・抑制管理を強化しており、死角のない清掃や消毒、往来者に対する厳格な検査、健康相談窓口の設置、自動体温測定システムの導入などの各種措置を実施。感染患者の早期発見、早期診断、早期隔離、早期治療に努めている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302827

  • 2020年02月08日
    平遥古城、観光客の賑わい一転ウイルス対策に全力

    8日、平遥古城の観光名所「日昇昌票号」。中国山西省晋中市の平遥古城は2800年余りの長い歴史を持つ。2006年からは春節(旧正月)の時期に「平遥中国年」と呼ばれる年越しイベントが開かれ、毎年多くの観光客を集めていたが、今年は平年の賑わいから一転して平静を保ち、城内に住む人々の新型コロナウイルスに対する闘いを見守っている。古城は現在、重点地域での予防・抑制管理を強化しており、死角のない清掃や消毒、往来者に対する厳格な検査、健康相談窓口の設置、自動体温測定システムの導入などの各種措置を実施。感染患者の早期発見、早期診断、早期隔離、早期治療に努めている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302844

  • 2020年02月08日
    五台山、平遥古城などの風景区が一般開放を再開山西省

    元宵節(旧暦1月15日)を迎えた平遥古城。(2月8日撮影)中国山西省の観光地やイベントが相次いで営業を再開している。五台山や平遥古城などの風景区が25日、一般開放を再開、ランタン祭りの「2020中国大同古都灯会」は27日から4月19日にかけて改めて催される。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、五台山風景区は1月24日(旧暦の大晦日)から、平遥古城風景区は1月25日(旧暦の元旦)から一般開放を中止、3年連続開催の大同古都灯会は1月24日から休止していた。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033003629

  • 2020年02月08日
    平遥古城、観光客の賑わい一転ウイルス対策に全力

    8日、平遥古城の城門前に張り出された横断幕。「早期発見、早期診断、早期隔離、早期治療」と書かれている。中国山西省晋中市の平遥古城は2800年余りの長い歴史を持つ。2006年からは春節(旧正月)の時期に「平遥中国年」と呼ばれる年越しイベントが開かれ、毎年多くの観光客を集めていたが、今年は平年の賑わいから一転して平静を保ち、城内に住む人々の新型コロナウイルスに対する闘いを見守っている。古城は現在、重点地域での予防・抑制管理を強化しており、死角のない清掃や消毒、往来者に対する厳格な検査、健康相談窓口の設置、自動体温測定システムの導入などの各種措置を実施。感染患者の早期発見、早期診断、早期隔離、早期治療に努めている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302841

  • 2020年02月08日
    平遥古城、観光客の賑わい一転ウイルス対策に全力

    8日、人影まばらな平遥古城。(小型無人機から)中国山西省晋中市の平遥古城は2800年余りの長い歴史を持つ。2006年からは春節(旧正月)の時期に「平遥中国年」と呼ばれる年越しイベントが開かれ、毎年多くの観光客を集めていたが、今年は平年の賑わいから一転して平静を保ち、城内に住む人々の新型コロナウイルスに対する闘いを見守っている。古城は現在、重点地域での予防・抑制管理を強化しており、死角のない清掃や消毒、往来者に対する厳格な検査、健康相談窓口の設置、自動体温測定システムの導入などの各種措置を実施。感染患者の早期発見、早期診断、早期隔離、早期治療に努めている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302822

  • 2020年02月08日
    平遥古城、観光客の賑わい一転ウイルス対策に全力

    8日、人影まばらな平遥古城。(小型無人機から)中国山西省晋中市の平遥古城は2800年余りの長い歴史を持つ。2006年からは春節(旧正月)の時期に「平遥中国年」と呼ばれる年越しイベントが開かれ、毎年多くの観光客を集めていたが、今年は平年の賑わいから一転して平静を保ち、城内に住む人々の新型コロナウイルスに対する闘いを見守っている。古城は現在、重点地域での予防・抑制管理を強化しており、死角のない清掃や消毒、往来者に対する厳格な検査、健康相談窓口の設置、自動体温測定システムの導入などの各種措置を実施。感染患者の早期発見、早期診断、早期隔離、早期治療に努めている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302829

  • 2020年02月08日
    平遥古城、観光客の賑わい一転ウイルス対策に全力

    8日、平遥古城の城門で外部との往来を申告する住民。中国山西省晋中市の平遥古城は2800年余りの長い歴史を持つ。2006年からは春節(旧正月)の時期に「平遥中国年」と呼ばれる年越しイベントが開かれ、毎年多くの観光客を集めていたが、今年は平年の賑わいから一転して平静を保ち、城内に住む人々の新型コロナウイルスに対する闘いを見守っている。古城は現在、重点地域での予防・抑制管理を強化しており、死角のない清掃や消毒、往来者に対する厳格な検査、健康相談窓口の設置、自動体温測定システムの導入などの各種措置を実施。感染患者の早期発見、早期診断、早期隔離、早期治療に努めている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302846

  • 2020年02月08日
    平遥古城、観光客の賑わい一転ウイルス対策に全力

    8日、平遥古城内の公衆トイレで消毒作業をする職員。中国山西省晋中市の平遥古城は2800年余りの長い歴史を持つ。2006年からは春節(旧正月)の時期に「平遥中国年」と呼ばれる年越しイベントが開かれ、毎年多くの観光客を集めていたが、今年は平年の賑わいから一転して平静を保ち、城内に住む人々の新型コロナウイルスに対する闘いを見守っている。古城は現在、重点地域での予防・抑制管理を強化しており、死角のない清掃や消毒、往来者に対する厳格な検査、健康相談窓口の設置、自動体温測定システムの導入などの各種措置を実施。感染患者の早期発見、早期診断、早期隔離、早期治療に努めている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302848

  • 2020年02月08日
    平遥古城、観光客の賑わい一転ウイルス対策に全力

    8日、平遥古城内の店舗に張り出された掲示。「市民が力を合わせ肺炎と闘い、共に難局を乗り越えるため、暫く休業する」と書いてある。中国山西省晋中市の平遥古城は2800年余りの長い歴史を持つ。2006年からは春節(旧正月)の時期に「平遥中国年」と呼ばれる年越しイベントが開かれ、毎年多くの観光客を集めていたが、今年は平年の賑わいから一転して平静を保ち、城内に住む人々の新型コロナウイルスに対する闘いを見守っている。古城は現在、重点地域での予防・抑制管理を強化しており、死角のない清掃や消毒、往来者に対する厳格な検査、健康相談窓口の設置、自動体温測定システムの導入などの各種措置を実施。感染患者の早期発見、早期診断、早期隔離、早期治療に努めている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021302875

  • 2020年03月17日
    五台山、平遥古城などの風景区が一般開放を再開山西省

    17日、閉鎖された五台山菩薩頂の門。中国山西省の観光地やイベントが相次いで営業を再開している。五台山や平遥古城などの風景区が25日、一般開放を再開、ランタン祭りの「2020中国大同古都灯会」は27日から4月19日にかけて改めて催される。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、五台山風景区は1月24日(旧暦の大晦日)から、平遥古城風景区は1月25日(旧暦の元旦)から一般開放を中止、3年連続開催の大同古都灯会は1月24日から休止していた。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033003637

  • 2020年03月17日
    五台山、平遥古城などの風景区が一般開放を再開山西省

    17日、五台山菩薩頂の客間。中国山西省の観光地やイベントが相次いで営業を再開している。五台山や平遥古城などの風景区が25日、一般開放を再開、ランタン祭りの「2020中国大同古都灯会」は27日から4月19日にかけて改めて催される。新型コロナウイルス感染の影響を受け、五台山風景区は1月24日(旧暦の大晦日)から、平遥古城風景区は1月25日(旧暦の元旦)から一般開放を中止、3年連続開催の大同古都灯会は1月24日から休止していた。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033003720

  • 2020年03月17日
    五台山、平遥古城などの風景区が一般開放を再開山西省

    17日、閉鎖された五台山菩薩頂の大雄宝殿。中国山西省の観光地やイベントが相次いで営業を再開している。五台山や平遥古城などの風景区が25日、一般開放を再開、ランタン祭りの「2020中国大同古都灯会」は27日から4月19日にかけて改めて催される。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、五台山風景区は1月24日(旧暦の大晦日)から、平遥古城風景区は1月25日(旧暦の元旦)から一般開放を中止、3年連続開催の大同古都灯会は1月24日から休止していた。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033003631

  • 2020年03月17日
    五台山、平遥古城などの風景区が一般開放を再開山西省

    17日、五台山菩薩頂の大文殊殿。中国山西省の観光地やイベントが相次いで営業を再開している。五台山や平遥古城などの風景区が25日、一般開放を再開、ランタン祭りの「2020中国大同古都灯会」は27日から4月19日にかけて改めて催される。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、五台山風景区は1月24日(旧暦の大晦日)から、平遥古城風景区は1月25日(旧暦の元旦)から一般開放を中止、3年連続開催の大同古都灯会は1月24日から休止していた。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033003674

  • 2020年03月21日
    新型肺炎によって加速、中国の「非接触型経済」

    21日、操業を再開した山西省平遥牛肉集団。新型コロナウイルス感染症の発生以来、中国では数千万人が隔離状態に置かれ、多くの経済分野が停滞している。しかし、生活は続けなければならないし、公共の秩序も維持しなければならない。そのために現代ネットワーク技術に基づいた「非接触型経済」が大きな役割を果たしている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032603896

  • 02:05.95
    2020年03月25日
    「新華社」平遥古城、観光客の受け入れを再開山西省

    中国山西省の平遥古城風景区が25日、改めて城門を開き、世界各地からの観光客を出迎えた。同風景区は新型コロナウイルスの感染予防・抑制のため、1月25日から観光客の受け入れを中止していた。再開に先立ち、消毒や消防設備の点検、観光関連のスタッフ研修など、事前の準備作業を行った。再開後は、入場券の購入方法は実名制によるオンライン販売となり、観光客は検温や消毒、登録を済ませてからの入場が求められ、観光中は全行程でマスクの着用が必須となる。感染予防・抑制の要請に基づき、1日当たりの受け入れ人数は、従来の最大受け入れ人数の50%までとしている。平遥古城は現在のところ、中国で最も完全に保存された県城(県政府所在地)と呼ばれる清代以前の城郭都市の一つで、1997年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。(記者/徐偉)<映像内容>平遥古城風景区が観光再開、消毒の様子、観光の様子、撮影日:2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033004203

  • 2020年04月09日
    スマホで農作業委託、生産専門化で増収促進山西省

    スマートフォンのアプリを使い方を実演する、山西省晋中(しんちゅう)市平遥県和之瑞農業専門合作社(協同組合)の担当者。(4月9日撮影)ここ3年来、農業生産委託は急速に全国各地に広がっている。農民は以前のように農地に張り付いている必要がなく、スマートフォンの画面を指でタッチするだけで専業合作社が耕作から収穫まで行ってくれる。(太原=新華社記者/解園)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003859

  • 2020年05月05日
    メーデー連休、5日間で中国国内観光客延べ1億1500万人

    5日、山西省晋中市の平遥古城を散策する観光客。(小型無人機から)中国文化・観光部が発表したデータによると、メーデー連休の5月1日~5日の5日間に、全国の国内観光客の数は延べ1億1500万人、国内観光収入は475億6千万元(1元=約15円)に上った。(晋中=新華社配信/梁生仁)=2020(令和2)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804486

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服ショーに出演したモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807013

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、平遥古城で漢服を披露するモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807015

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服を披露するモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806914

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服を披露するモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806917

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服ショーに出演したモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806927

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服ショーに出演したモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807021

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城の通りを練り歩く漢服姿のモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807027

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城の通りを練り歩く漢服姿のモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807032

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服ショーに出演したモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807057

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服を披露するモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807074

  • 2020年09月21日
    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む

    21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服ショーに出演したモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806829

  • 2020年09月23日
    民間職人、数千年の歴史持つ漆芸の技を披露山西省平遥県

    9月23日、中国推光漆器博物館で作品作りに励む民間職人。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県の伝統工芸品、平遥推光(すいこう)漆器は中国四大漆器の一つで、数千年の歴史を持つ。同県の平遥古城にある中国推光漆器博物館でこのほど、民間職人10人余りが創作活動を行い、伝統の技を披露した。(晋中=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500716

  • 2020年09月23日
    民間職人、数千年の歴史持つ漆芸の技を披露山西省平遥県

    9月23日、中国推光漆器博物館で作品作りに励む民間職人。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県の伝統工芸品、平遥推光(すいこう)漆器は中国四大漆器の一つで、数千年の歴史を持つ。同県の平遥古城にある中国推光漆器博物館でこのほど、民間職人10人余りが創作活動を行い、伝統の技を披露した。(晋中=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500790

  • 2020年09月23日
    民間職人、数千年の歴史持つ漆芸の技を披露山西省平遥県

    9月23日、中国推光漆器博物館で作品作りに励む民間職人。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県の伝統工芸品、平遥推光(すいこう)漆器は中国四大漆器の一つで、数千年の歴史を持つ。同県の平遥古城にある中国推光漆器博物館でこのほど、民間職人10人余りが創作活動を行い、伝統の技を披露した。(晋中=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500823

  • 1
  • 2
  • 3