KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 旧正月
  • 記者
  • 三星
  • 資料
  • 国民
  • 世界
  • 中国中央テレビ
  • 保存状態
  • 古蜀

「年越し番組」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
50
( 1 50 件を表示)
  • 1
50
( 1 50 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年01月28日
    「福」の字と共に心温まる旅に出る

    1月28日、乗客に「春晩」(春節を祝う中国の国民的年越し番組)を模したパフォーマンスを披露する高速列車G1226号の乗務員ら。中国特有の現象で、人類史上最大規模の周期的な大移動とも言われる「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)。2019年の春運期間の乗客数は延べ29億9千万人と予測されている。乗客の移動の需要を満たすため、中国の各運輸部門は繁忙期にも人情味あるサービスを提供し、乗客の心を温めている。(瀋陽=新華社記者/丁非白)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412269

  • 01:07.30
    2019年02月13日
    「新華社」「私たちのルーツは中国」豪州華人団体、キャンベラで公演リハーサル

    オーストラリアの首都キャンベラの華人団体はここ数日、15日から17日にかけて行われるナショナル・マルチカルチュラル・フェスティバルの公演に向けリハーサルに励んでいる。オーストラリアの人びとに盛りだくさんの中国的要素と伝統文化を紹介するとともに、春節(旧正月)を祝うのが目的。ナショナル・マルチカルチュラル・フェスティバルは毎年2月に開催されるキャンベラ最大の多文化イベント。春節と時期が近いことから、地元の華人はフェスティバルでの公演と春節の祝賀イベントを一つにし、それを自分たちの「春節聯歓晩会」(中国中央テレビの国民的年越し番組)と見なすのが慣習となっている。地元の華人は、公演を通じて中国的要素と文化を広めるとともに、自分たちのやり方で春節を祝ってきた。(記者/白旭)<映像内容>オーストラリアの華人団体が多文化イベントのため公演リハーサルしている様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310230

  • 2021年02月13日
    (8)成都市の観光名所、寛窄巷子で過ごす特別な大みそか

    11日、成都市の旧市街、寛窄巷子にある壹丁24時間ブックカフェのテラス席で、年越し番組「春晩」を観ながら旧暦大みそかの夜を過ごす市民や観光客。中国四川省成都市の観光名所、寛窄巷子景区にある壹丁24時間ブックカフェは農暦(旧暦)大みそかの11日夜、「寛窄に来て年越し料理を食べ『春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)』を見よう」と題したイベントを開催した。市民や観光客100人以上がテラス席に集い、夜空の下で年越し番組を見る楽しさを味わった。このカフェの創業者は餃子や「湯円(もち米などで作った団子)」も用意し、観光客らに無料で振る舞った。(成都=新華社記者/張超群)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021501054

  • 2021年02月13日
    (1)成都市の観光名所、寛窄巷子で過ごす特別な大みそか

    11日、熱々の「湯円」をゆでて、市民や観光客に無料で振る舞うカフェ創業者の丁志(てい・し)さん(右端)。中国四川省成都市の観光名所、寛窄巷子景区にある壹丁24時間ブックカフェは農暦(旧暦)大みそかの11日夜、「寛窄に来て年越し料理を食べ『春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)』を見よう」と題したイベントを開催した。市民や観光客100人以上がテラス席に集い、夜空の下で年越し番組を見る楽しさを味わった。このカフェの創業者は餃子や「湯円(もち米などで作った団子)」も用意し、観光客らに無料で振る舞った。(成都=新華社記者/張超群)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021501205

  • 2021年02月13日
    (3)成都市の観光名所、寛窄巷子で過ごす特別な大みそか

    11日、成都市の旧市街、寛窄巷子にある壹丁24時間ブックカフェのテラス席で、年越し番組「春晩」を観ながら旧暦大みそかの夜を過ごす市民や観光客。中国四川省成都市の観光名所、寛窄巷子景区にある壹丁24時間ブックカフェは農暦(旧暦)大みそかの11日夜、「寛窄に来て年越し料理を食べ『春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)』を見よう」と題したイベントを開催した。市民や観光客100人以上がテラス席に集い、夜空の下で年越し番組を見る楽しさを味わった。このカフェの創業者は餃子や「湯円(もち米などで作った団子)」も用意し、観光客らに無料で振る舞った。(成都=新華社記者/張超群)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500869

  • 2021年02月13日
    (2)成都市の観光名所、寛窄巷子で過ごす特別な大みそか

    11日、熱々の「湯円」をゆでて、市民や観光客に無料で振る舞うカフェ創業者の丁志(てい・し)さん(右端)。中国四川省成都市の観光名所、寛窄巷子景区にある壹丁24時間ブックカフェは農暦(旧暦)大みそかの11日夜、「寛窄に来て年越し料理を食べ『春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)』を見よう」と題したイベントを開催した。市民や観光客100人以上がテラス席に集い、夜空の下で年越し番組を見る楽しさを味わった。このカフェの創業者は餃子や「湯円(もち米などで作った団子)」も用意し、観光客らに無料で振る舞った。(成都=新華社記者/張超群)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500887

  • 2021年02月13日
    (4)成都市の観光名所、寛窄巷子で過ごす特別な大みそか

    11日、成都市の旧市街、寛窄巷子にある壹丁24時間ブックカフェのテラス席で、年越し番組「春晩」を観ながら旧暦大みそかの夜を過ごす市民や観光客。中国四川省成都市の観光名所、寛窄巷子景区にある壹丁24時間ブックカフェは農暦(旧暦)大みそかの11日夜、「寛窄に来て年越し料理を食べ『春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)』を見よう」と題したイベントを開催した。市民や観光客100人以上がテラス席に集い、夜空の下で年越し番組を見る楽しさを味わった。このカフェの創業者は餃子や「湯円(もち米などで作った団子)」も用意し、観光客らに無料で振る舞った。(成都=新華社記者/張超群)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500919

  • 2021年02月13日
    (5)成都市の観光名所、寛窄巷子で過ごす特別な大みそか

    11日、成都市の旧市街、寛窄巷子にある壹丁24時間ブックカフェのテラス席で、年越し番組「春晩」を観ながら旧暦大みそかの夜を過ごす市民や観光客。中国四川省成都市の観光名所、寛窄巷子景区にある壹丁24時間ブックカフェは農暦(旧暦)大みそかの11日夜、「寛窄に来て年越し料理を食べ『春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)』を見よう」と題したイベントを開催した。市民や観光客100人以上がテラス席に集い、夜空の下で年越し番組を見る楽しさを味わった。このカフェの創業者は餃子や「湯円(もち米などで作った団子)」も用意し、観光客らに無料で振る舞った。(成都=新華社記者/張超群)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500934

  • 2021年02月13日
    (6)成都市の観光名所、寛窄巷子で過ごす特別な大みそか

    11日、熱々の「湯円」をゆでて、市民や観光客に無料で振る舞うカフェ創業者の丁志(てい・し)さん(中央上)。中国四川省成都市の観光名所、寛窄巷子景区にある壹丁24時間ブックカフェは農暦(旧暦)大みそかの11日夜、「寛窄に来て年越し料理を食べ『春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)』を見よう」と題したイベントを開催した。市民や観光客100人以上がテラス席に集い、夜空の下で年越し番組を見る楽しさを味わった。このカフェの創業者は餃子や「湯円(もち米などで作った団子)」も用意し、観光客らに無料で振る舞った。(成都=新華社記者/張超群)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021501214

  • 2021年02月13日
    (7)成都市の観光名所、寛窄巷子で過ごす特別な大みそか

    11日、熱々の「湯円」をゆでて、市民や観光客に無料で振る舞うカフェ創業者の丁志(てい・し)さん。中国四川省成都市の観光名所、寛窄巷子景区にある壹丁24時間ブックカフェは農暦(旧暦)大みそかの11日夜、「寛窄に来て年越し料理を食べ『春節聯歓晩会(春節の夕べ、年越し特別番組)』を見よう」と題したイベントを開催した。市民や観光客100人以上がテラス席に集い、夜空の下で年越し番組を見る楽しさを味わった。このカフェの創業者は餃子や「湯円(もち米などで作った団子)」も用意し、観光客らに無料で振る舞った。(成都=新華社記者/張超群)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021501035

  • 2021年03月01日
    (7)「唐の宮女たち」が人気者に、若者引き付ける伝統文化

    河南博物院本館で展示された青銅器「蓮鶴方壺(れんかくほうこ)」。(2020年9月24日撮影)今年の春節(旧正月)、中国河南衛星テレビの年越し番組で舞踊演目「唐宮夜宴」が放送され、唐代の宮女に扮した出演者たちが大いに話題を呼んだ。この人気を受けて、宮女たちが元宵節(旧暦1月15日)の番組に再び登場した。番組では、宮女たちが河南省の名所を訪れる様子が映し出され、多くの視聴者から「もっと見たかった」などの声が相次いだ。古き河南省が、豊かな文化クリエーティブのアイデアを生み、1990年代半ば~2000年代初めに生まれた「Z世代」の間で伝統文化がトレンドとなっている。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041600374

  • 2021年03月01日
    (2)「唐の宮女たち」が人気者に、若者引き付ける伝統文化

    上:2月20日、河南博物院で元宵節の番組撮影を行う鄭州歌舞劇院の役者。下:河南博物院本館の展示品。(2020年9月24日撮影)今年の春節(旧正月)、中国河南衛星テレビの年越し番組で舞踊演目「唐宮夜宴」が放送され、唐代の宮女に扮した出演者たちが大いに話題を呼んだ。この人気を受けて、宮女たちが元宵節(旧暦1月15日)の番組に再び登場した。番組では、宮女たちが河南省の名所を訪れる様子が映し出され、多くの視聴者から「もっと見たかった」などの声が相次いだ。古き河南省が、豊かな文化クリエーティブのアイデアを生み、1990年代半ば~2000年代初めに生まれた「Z世代」の間で伝統文化がトレンドとなっている。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041600416

  • 2021年03月01日
    (1)「唐の宮女たち」が人気者に、若者引き付ける伝統文化

    2月20日、河南博物院で元宵節の番組撮影を行う鄭州歌舞劇院の役者。今年の春節(旧正月)、中国河南衛星テレビの年越し番組で舞踊演目「唐宮夜宴」が放送され、唐代の宮女に扮した出演者たちが大いに話題を呼んだ。この人気を受けて、宮女たちが元宵節(旧暦1月15日)の番組に再び登場した。番組では、宮女たちが河南省の名所を訪れる様子が映し出され、多くの視聴者から「もっと見たかった」などの声が相次いだ。古き河南省が、豊かな文化クリエーティブのアイデアを生み、1990年代半ば~2000年代初めに生まれた「Z世代」の間で伝統文化がトレンドとなっている。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041600434

  • 2021年03月01日
    (9)「唐の宮女たち」が人気者に、若者引き付ける伝統文化

    伝統楽器を演奏する河南博物院華夏古楽団の団員。(2020年1月1日撮影)今年の春節(旧正月)、中国河南衛星テレビの年越し番組で舞踊演目「唐宮夜宴」が放送され、唐代の宮女に扮した出演者たちが大いに話題を呼んだ。この人気を受けて、宮女たちが元宵節(旧暦1月15日)の番組に再び登場した。番組では、宮女たちが河南省の名所を訪れる様子が映し出され、多くの視聴者から「もっと見たかった」などの声が相次いだ。古き河南省が、豊かな文化クリエーティブのアイデアを生み、1990年代半ば~2000年代初めに生まれた「Z世代」の間で伝統文化がトレンドとなっている。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041600377

  • 2021年03月01日
    (10)「唐の宮女たち」が人気者に、若者引き付ける伝統文化

    伝統楽器を演奏する河南博物院華夏古楽団の団員。(2020年1月1日撮影)今年の春節(旧正月)、中国河南衛星テレビの年越し番組で舞踊演目「唐宮夜宴」が放送され、唐代の宮女に扮した出演者たちが大いに話題を呼んだ。この人気を受けて、宮女たちが元宵節(旧暦1月15日)の番組に再び登場した。番組では、宮女たちが河南省の名所を訪れる様子が映し出され、多くの視聴者から「もっと見たかった」などの声が相次いだ。古き河南省が、豊かな文化クリエーティブのアイデアを生み、1990年代半ば~2000年代初めに生まれた「Z世代」の間で伝統文化がトレンドとなっている。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041600379

  • 00:34.15
    2021年03月01日
    「新華社」「唐の宮女たち」が人気者に、若者引き付ける伝統文化

    今年の春節(旧正月)、中国河南衛星テレビの年越し番組で舞踊演目「唐宮夜宴」が放送され、唐代の宮女に扮した出演者たちが大いに話題を呼んだ。この人気を受けて、宮女たちが元宵節(旧暦1月15日)の番組に再び登場した。番組では、宮女たちが河南省の名所を訪れる様子が映し出され、多くの視聴者から「もっと見たかった」などの声が相次いだ。古き河南省が、豊かな文化クリエーティブのアイデアを生み、1990年代半ば~2000年代初めに生まれた「Z世代」の間で伝統文化がトレンドとなっている。(記者/袁月明) =配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030200811

  • 2021年03月01日
    (6)「唐の宮女たち」が人気者に、若者引き付ける伝統文化

    2月20日、河南博物院で元宵節の番組撮影を行う鄭州歌舞劇院の役者。(組み合わせ写真)今年の春節(旧正月)、中国河南衛星テレビの年越し番組で舞踊演目「唐宮夜宴」が放送され、唐代の宮女に扮した出演者たちが大いに話題を呼んだ。この人気を受けて、宮女たちが元宵節(旧暦1月15日)の番組に再び登場した。番組では、宮女たちが河南省の名所を訪れる様子が映し出され、多くの視聴者から「もっと見たかった」などの声が相次いだ。古き河南省が、豊かな文化クリエーティブのアイデアを生み、1990年代半ば~2000年代初めに生まれた「Z世代」の間で伝統文化がトレンドとなっている。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041600371

  • 2021年09月16日
    (2)中国のZ世代に「漢服」ブーム、伝統文化の継承にも一役

    河南衛星テレビの今年の年越し番組で話題を呼んだ舞踏演目「唐宮夜宴」をイメージした漢服。(資料写真)中国で「Z世代」と呼ばれる1990年代後半から2000年代前半生まれの若者がここ数年、中国的な要素を盛り込んだ「国潮」ブームを背景に漢民族の伝統衣装「漢服」をファッションの一部として楽しむようになった。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091606606

  • 2022年02月01日
    (4)三星堆遺跡の大型青銅仮面、年越し番組「春晩」に登場

    三星堆遺跡から出土した大型青銅仮面(側面)。(資料写真)中国の中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)が旧暦大みそかの31日夜に放映した年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに、四川省の三星堆(さんせいたい)遺跡から出土した大型青銅仮面が登場し、春節(旧正月)の到来を祝った。同省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、青銅仮面は三星堆文化で最も特色的な器物で約3千年の歴史を持つ。人々が崇拝するために神廟に置かれた神器と考えられている。「春晩」に登場した仮面は幅131センチ、高さ71センチ、奥行き66センチで、重さは65・5キロ。同遺跡でこれまで出土した中で最も形状が整い、大きさも最大で保存状態も良い大型青銅仮面であり、四川省一帯で生活していた古蜀の先人の自然万物、人と神の世界に対する理解と思考を体現しているという。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020108638

  • 2022年02月01日
    (9)三星堆遺跡の大型青銅仮面、年越し番組「春晩」に登場

    大型青銅仮面を調査する文化財保護スタッフ。(資料写真)中国の中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)が旧暦大みそかの31日夜に放映した年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに、四川省の三星堆(さんせいたい)遺跡から出土した大型青銅仮面が登場し、春節(旧正月)の到来を祝った。同省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、青銅仮面は三星堆文化で最も特色的な器物で約3千年の歴史を持つ。人々が崇拝するために神廟に置かれた神器と考えられている。「春晩」に登場した仮面は幅131センチ、高さ71センチ、奥行き66センチで、重さは65・5キロ。同遺跡でこれまで出土した中で最も形状が整い、大きさも最大で保存状態も良い大型青銅仮面であり、四川省一帯で生活していた古蜀の先人の自然万物、人と神の世界に対する理解と思考を体現しているという。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020108671

  • 2022年02月01日
    (11)三星堆遺跡の大型青銅仮面、年越し番組「春晩」に登場

    三星堆遺跡3号祭祀坑で出土した大型青銅仮面の鼻腔に詰まった貝殻を収集する文化財保護スタッフ。(資料写真)中国の中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)が旧暦大みそかの31日夜に放映した年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに、四川省の三星堆(さんせいたい)遺跡から出土した大型青銅仮面が登場し、春節(旧正月)の到来を祝った。同省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、青銅仮面は三星堆文化で最も特色的な器物で約3千年の歴史を持つ。人々が崇拝するために神廟に置かれた神器と考えられている。「春晩」に登場した仮面は幅131センチ、高さ71センチ、奥行き66センチで、重さは65・5キロ。同遺跡でこれまで出土した中で最も形状が整い、大きさも最大で保存状態も良い大型青銅仮面であり、四川省一帯で生活していた古蜀の先人の自然万物、人と神の世界に対する理解と思考を体現しているという。(成都=新華社配信/余嘉)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020109416

  • 2022年02月01日
    (2)37回目の「郷村春晩」、春節に彩り添える海南省

    1月21日、六羅村第37回郷村春晩の開催前日、リハーサルを見学する村民ら。中国海南省儋州(だんしゅう)市和慶鎮六羅村でこのほど、旧正月を祝う農村芸能イベント「第37回郷村春晩」が開かれ、多くの観客でにぎわった。同イベントは中国中央テレビ(CCTV)の国民的年越し番組「春晩」に影響を受けた地元の若者たちが資金を集め、1986年に第1回目を開催したのが始まり。以降、毎年同時期に村民自ら歌や踊り、出し物などを準備し、郷土の風情あふれるステージを披露している。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020115257

  • 2022年02月01日
    (5)37回目の「郷村春晩」、春節に彩り添える海南省

    1月22日、六羅村第37回郷村春晩を見物する村民ら。中国海南省儋州(だんしゅう)市和慶鎮六羅村でこのほど、旧正月を祝う農村芸能イベント「第37回郷村春晩」が開かれ、多くの観客でにぎわった。同イベントは中国中央テレビ(CCTV)の国民的年越し番組「春晩」に影響を受けた地元の若者たちが資金を集め、1986年に第1回目を開催したのが始まり。以降、毎年同時期に村民自ら歌や踊り、出し物などを準備し、郷土の風情あふれるステージを披露している。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020115276

  • 2022年02月01日
    (12)三星堆遺跡の大型青銅仮面、年越し番組「春晩」に登場

    大型青銅仮面を顕微鏡で調べる文化財保護スタッフ。(資料写真)中国の中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)が旧暦大みそかの31日夜に放映した年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに、四川省の三星堆(さんせいたい)遺跡から出土した大型青銅仮面が登場し、春節(旧正月)の到来を祝った。同省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、青銅仮面は三星堆文化で最も特色的な器物で約3千年の歴史を持つ。人々が崇拝するために神廟に置かれた神器と考えられている。「春晩」に登場した仮面は幅131センチ、高さ71センチ、奥行き66センチで、重さは65・5キロ。同遺跡でこれまで出土した中で最も形状が整い、大きさも最大で保存状態も良い大型青銅仮面であり、四川省一帯で生活していた古蜀の先人の自然万物、人と神の世界に対する理解と思考を体現しているという。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020109418

  • 2022年02月01日
    (8)三星堆遺跡の大型青銅仮面、年越し番組「春晩」に登場

    三星堆遺跡3号祭祀坑から引き上げられる大型青銅仮面。(資料写真)中国の中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)が旧暦大みそかの31日夜に放映した年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに、四川省の三星堆(さんせいたい)遺跡から出土した大型青銅仮面が登場し、春節(旧正月)の到来を祝った。同省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、青銅仮面は三星堆文化で最も特色的な器物で約3千年の歴史を持つ。人々が崇拝するために神廟に置かれた神器と考えられている。「春晩」に登場した仮面は幅131センチ、高さ71センチ、奥行き66センチで、重さは65・5キロ。同遺跡でこれまで出土した中で最も形状が整い、大きさも最大で保存状態も良い大型青銅仮面であり、四川省一帯で生活していた古蜀の先人の自然万物、人と神の世界に対する理解と思考を体現しているという。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020108663

  • 2022年02月01日
    (1)三星堆遺跡の大型青銅仮面、年越し番組「春晩」に登場

    三星堆遺跡から出土した大型青銅仮面。(資料写真)中国の中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)が旧暦大みそかの31日夜に放映した年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに、四川省の三星堆(さんせいたい)遺跡から出土した大型青銅仮面が登場し、春節(旧正月)の到来を祝った。同省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、青銅仮面は三星堆文化で最も特色的な器物で約3千年の歴史を持つ。人々が崇拝するために神廟に置かれた神器と考えられている。「春晩」に登場した仮面は幅131センチ、高さ71センチ、奥行き66センチで、重さは65・5キロ。同遺跡でこれまで出土した中で最も形状が整い、大きさも最大で保存状態も良い大型青銅仮面であり、四川省一帯で生活していた古蜀の先人の自然万物、人と神の世界に対する理解と思考を体現しているという。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020108618

  • 2022年02月01日
    (2)三星堆遺跡の大型青銅仮面、年越し番組「春晩」に登場

    三星堆遺跡から出土した大型青銅仮面(正面)。(資料写真)中国の中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)が旧暦大みそかの31日夜に放映した年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに、四川省の三星堆(さんせいたい)遺跡から出土した大型青銅仮面が登場し、春節(旧正月)の到来を祝った。同省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、青銅仮面は三星堆文化で最も特色的な器物で約3千年の歴史を持つ。人々が崇拝するために神廟に置かれた神器と考えられている。「春晩」に登場した仮面は幅131センチ、高さ71センチ、奥行き66センチで、重さは65・5キロ。同遺跡でこれまで出土した中で最も形状が整い、大きさも最大で保存状態も良い大型青銅仮面であり、四川省一帯で生活していた古蜀の先人の自然万物、人と神の世界に対する理解と思考を体現しているという。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020108619

  • 2022年02月01日
    (7)37回目の「郷村春晩」、春節に彩り添える海南省

    1月22日、第37回郷村春晩が開かれた会場。(小型無人機から)中国海南省儋州(だんしゅう)市和慶鎮六羅村でこのほど、旧正月を祝う農村芸能イベント「第37回郷村春晩」が開かれ、多くの観客でにぎわった。同イベントは中国中央テレビ(CCTV)の国民的年越し番組「春晩」に影響を受けた地元の若者たちが資金を集め、1986年に第1回目を開催したのが始まり。以降、毎年同時期に村民自ら歌や踊り、出し物などを準備し、郷土の風情あふれるステージを披露している。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020115278

  • 2022年02月01日
    (6)37回目の「郷村春晩」、春節に彩り添える海南省

    1月19日、六羅村の大舞台でダンスの稽古をする村民。中国海南省儋州(だんしゅう)市和慶鎮六羅村でこのほど、旧正月を祝う農村芸能イベント「第37回郷村春晩」が開かれ、多くの観客でにぎわった。同イベントは中国中央テレビ(CCTV)の国民的年越し番組「春晩」に影響を受けた地元の若者たちが資金を集め、1986年に第1回目を開催したのが始まり。以降、毎年同時期に村民自ら歌や踊り、出し物などを準備し、郷土の風情あふれるステージを披露している。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020115281

  • 2022年02月01日
    (4)37回目の「郷村春晩」、春節に彩り添える海南省

    1月22日、六羅村第37回郷村春晩を見物する村民ら。中国海南省儋州(だんしゅう)市和慶鎮六羅村でこのほど、旧正月を祝う農村芸能イベント「第37回郷村春晩」が開かれ、多くの観客でにぎわった。同イベントは中国中央テレビ(CCTV)の国民的年越し番組「春晩」に影響を受けた地元の若者たちが資金を集め、1986年に第1回目を開催したのが始まり。以降、毎年同時期に村民自ら歌や踊り、出し物などを準備し、郷土の風情あふれるステージを披露している。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020115279

  • 2022年02月01日
    (12)37回目の「郷村春晩」、春節に彩り添える海南省

    1月19日、六羅村内に掲示された過去の郷村春晩の写真。中国海南省儋州(だんしゅう)市和慶鎮六羅村でこのほど、旧正月を祝う農村芸能イベント「第37回郷村春晩」が開かれ、多くの観客でにぎわった。同イベントは中国中央テレビ(CCTV)の国民的年越し番組「春晩」に影響を受けた地元の若者たちが資金を集め、1986年に第1回目を開催したのが始まり。以降、毎年同時期に村民自ら歌や踊り、出し物などを準備し、郷土の風情あふれるステージを披露している。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020115298

  • 2022年02月01日
    (6)三星堆遺跡の大型青銅仮面、年越し番組「春晩」に登場

    北京に輸送する大型青銅仮面をトラックに積み込むスタッフ。(資料写真)中国の中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)が旧暦大みそかの31日夜に放映した年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに、四川省の三星堆(さんせいたい)遺跡から出土した大型青銅仮面が登場し、春節(旧正月)の到来を祝った。同省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、青銅仮面は三星堆文化で最も特色的な器物で約3千年の歴史を持つ。人々が崇拝するために神廟に置かれた神器と考えられている。「春晩」に登場した仮面は幅131センチ、高さ71センチ、奥行き66センチで、重さは65・5キロ。同遺跡でこれまで出土した中で最も形状が整い、大きさも最大で保存状態も良い大型青銅仮面であり、四川省一帯で生活していた古蜀の先人の自然万物、人と神の世界に対する理解と思考を体現しているという。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020108641

  • 2022年02月01日
    (3)三星堆遺跡の大型青銅仮面、年越し番組「春晩」に登場

    三星堆遺跡から出土した大型青銅仮面(裏面)。(資料写真)中国の中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)が旧暦大みそかの31日夜に放映した年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに、四川省の三星堆(さんせいたい)遺跡から出土した大型青銅仮面が登場し、春節(旧正月)の到来を祝った。同省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、青銅仮面は三星堆文化で最も特色的な器物で約3千年の歴史を持つ。人々が崇拝するために神廟に置かれた神器と考えられている。「春晩」に登場した仮面は幅131センチ、高さ71センチ、奥行き66センチで、重さは65・5キロ。同遺跡でこれまで出土した中で最も形状が整い、大きさも最大で保存状態も良い大型青銅仮面であり、四川省一帯で生活していた古蜀の先人の自然万物、人と神の世界に対する理解と思考を体現しているという。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020108640

  • 2022年02月01日
    (7)三星堆遺跡の大型青銅仮面、年越し番組「春晩」に登場

    大型青銅仮面を梱包するスタッフ。(資料写真)中国の中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)が旧暦大みそかの31日夜に放映した年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに、四川省の三星堆(さんせいたい)遺跡から出土した大型青銅仮面が登場し、春節(旧正月)の到来を祝った。同省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、青銅仮面は三星堆文化で最も特色的な器物で約3千年の歴史を持つ。人々が崇拝するために神廟に置かれた神器と考えられている。「春晩」に登場した仮面は幅131センチ、高さ71センチ、奥行き66センチで、重さは65・5キロ。同遺跡でこれまで出土した中で最も形状が整い、大きさも最大で保存状態も良い大型青銅仮面であり、四川省一帯で生活していた古蜀の先人の自然万物、人と神の世界に対する理解と思考を体現しているという。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020108644

  • 2022年02月01日
    (5)三星堆遺跡の大型青銅仮面、年越し番組「春晩」に登場

    三星堆遺跡から出土した大型青銅仮面(側面)。(資料写真)中国の中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)が旧暦大みそかの31日夜に放映した年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに、四川省の三星堆(さんせいたい)遺跡から出土した大型青銅仮面が登場し、春節(旧正月)の到来を祝った。同省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、青銅仮面は三星堆文化で最も特色的な器物で約3千年の歴史を持つ。人々が崇拝するために神廟に置かれた神器と考えられている。「春晩」に登場した仮面は幅131センチ、高さ71センチ、奥行き66センチで、重さは65・5キロ。同遺跡でこれまで出土した中で最も形状が整い、大きさも最大で保存状態も良い大型青銅仮面であり、四川省一帯で生活していた古蜀の先人の自然万物、人と神の世界に対する理解と思考を体現しているという。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020108643

  • 2022年02月01日
    (3)37回目の「郷村春晩」、春節に彩り添える海南省

    1月21日、六羅村第37回郷村春晩のリハーサルの様子。中国海南省儋州(だんしゅう)市和慶鎮六羅村でこのほど、旧正月を祝う農村芸能イベント「第37回郷村春晩」が開かれ、多くの観客でにぎわった。同イベントは中国中央テレビ(CCTV)の国民的年越し番組「春晩」に影響を受けた地元の若者たちが資金を集め、1986年に第1回目を開催したのが始まり。以降、毎年同時期に村民自ら歌や踊り、出し物などを準備し、郷土の風情あふれるステージを披露している。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020115254

  • 2022年02月01日
    (1)37回目の「郷村春晩」、春節に彩り添える海南省

    1月22日、六羅村第37回郷村春晩でダンスを披露する村民。中国海南省儋州(だんしゅう)市和慶鎮六羅村でこのほど、旧正月を祝う農村芸能イベント「第37回郷村春晩」が開かれ、多くの観客でにぎわった。同イベントは中国中央テレビ(CCTV)の国民的年越し番組「春晩」に影響を受けた地元の若者たちが資金を集め、1986年に第1回目を開催したのが始まり。以降、毎年同時期に村民自ら歌や踊り、出し物などを準備し、郷土の風情あふれるステージを披露している。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020115256

  • 2022年02月01日
    (10)三星堆遺跡の大型青銅仮面、年越し番組「春晩」に登場

    大型青銅仮面を修復する文化財保護スタッフ。(資料写真)中国の中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)が旧暦大みそかの31日夜に放映した年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに、四川省の三星堆(さんせいたい)遺跡から出土した大型青銅仮面が登場し、春節(旧正月)の到来を祝った。同省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、青銅仮面は三星堆文化で最も特色的な器物で約3千年の歴史を持つ。人々が崇拝するために神廟に置かれた神器と考えられている。「春晩」に登場した仮面は幅131センチ、高さ71センチ、奥行き66センチで、重さは65・5キロ。同遺跡でこれまで出土した中で最も形状が整い、大きさも最大で保存状態も良い大型青銅仮面であり、四川省一帯で生活していた古蜀の先人の自然万物、人と神の世界に対する理解と思考を体現しているという。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020108687

  • 2022年02月01日
    (10)37回目の「郷村春晩」、春節に彩り添える海南省

    1月22日、六羅村第37回郷村春晩でファッションショーに出演した村民。中国海南省儋州(だんしゅう)市和慶鎮六羅村でこのほど、旧正月を祝う農村芸能イベント「第37回郷村春晩」が開かれ、多くの観客でにぎわった。同イベントは中国中央テレビ(CCTV)の国民的年越し番組「春晩」に影響を受けた地元の若者たちが資金を集め、1986年に第1回目を開催したのが始まり。以降、毎年同時期に村民自ら歌や踊り、出し物などを準備し、郷土の風情あふれるステージを披露している。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020115292

  • 2022年02月01日
    (9)37回目の「郷村春晩」、春節に彩り添える海南省

    1月22日、第37回郷村春晩が開かれた会場。中国海南省儋州(だんしゅう)市和慶鎮六羅村でこのほど、旧正月を祝う農村芸能イベント「第37回郷村春晩」が開かれ、多くの観客でにぎわった。同イベントは中国中央テレビ(CCTV)の国民的年越し番組「春晩」に影響を受けた地元の若者たちが資金を集め、1986年に第1回目を開催したのが始まり。以降、毎年同時期に村民自ら歌や踊り、出し物などを準備し、郷土の風情あふれるステージを披露している。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020115295

  • 2022年02月01日
    (8)37回目の「郷村春晩」、春節に彩り添える海南省

    1月19日、海南省儋州市和慶鎮の六羅村。(小型無人機から)中国海南省儋州(だんしゅう)市和慶鎮六羅村でこのほど、旧正月を祝う農村芸能イベント「第37回郷村春晩」が開かれ、多くの観客でにぎわった。同イベントは中国中央テレビ(CCTV)の国民的年越し番組「春晩」に影響を受けた地元の若者たちが資金を集め、1986年に第1回目を開催したのが始まり。以降、毎年同時期に村民自ら歌や踊り、出し物などを準備し、郷土の風情あふれるステージを披露している。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020115296

  • 2022年02月01日
    (11)37回目の「郷村春晩」、春節に彩り添える海南省

    1月22日、六羅村第37回郷村春晩で客家(北方から南方に移住した漢民族の末裔)の歌を披露する村民。中国海南省儋州(だんしゅう)市和慶鎮六羅村でこのほど、旧正月を祝う農村芸能イベント「第37回郷村春晩」が開かれ、多くの観客でにぎわった。同イベントは中国中央テレビ(CCTV)の国民的年越し番組「春晩」に影響を受けた地元の若者たちが資金を集め、1986年に第1回目を開催したのが始まり。以降、毎年同時期に村民自ら歌や踊り、出し物などを準備し、郷土の風情あふれるステージを披露している。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2022(令和4)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020115297

  • 2022年02月16日
    (7)三星堆出土の大型青銅仮面、博物館で臨時公開

    仮面が入った箱の開封作業を行うスタッフ。(資料写真)中国で旧暦大みそかの31日夜に放映された年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに登場した「三星堆(さんせいたい)の大型青銅仮面」が15日、出土地の四川省広漢市にある三星堆博物館で臨時公開された。(広漢=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021706394

  • 2022年02月16日
    (6)三星堆出土の大型青銅仮面、博物館で臨時公開

    三星堆大型青銅仮面の補強作業をするスタッフ。(資料写真)中国で旧暦大みそかの31日夜に放映された年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに登場した「三星堆(さんせいたい)の大型青銅仮面」が15日、出土地の四川省広漢市にある三星堆博物館で臨時公開された。(広漢=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021706399

  • 2022年02月16日
    (5)三星堆出土の大型青銅仮面、博物館で臨時公開

    15日、三星堆博物館で公開された「三星堆大型青銅仮面」。中国で旧暦大みそかの31日夜に放映された年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに登場した「三星堆(さんせいたい)の大型青銅仮面」が15日、出土地の四川省広漢市にある三星堆博物館で臨時公開された。(広漢=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021706401

  • 2022年02月16日
    (1)三星堆出土の大型青銅仮面、博物館で臨時公開

    正面から見た三星堆大型青銅仮面。(資料写真)中国で旧暦大みそかの31日夜に放映された年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに登場した「三星堆(さんせいたい)の大型青銅仮面」が15日、出土地の四川省広漢市にある三星堆博物館で臨時公開された。(広漢=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021706377

  • 2022年02月16日
    (3)三星堆出土の大型青銅仮面、博物館で臨時公開

    三星堆大型青銅仮面の眼球部分。(資料写真)中国で旧暦大みそかの31日夜に放映された年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに登場した「三星堆(さんせいたい)の大型青銅仮面」が15日、出土地の四川省広漢市にある三星堆博物館で臨時公開された。(広漢=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021706379

  • 2022年02月16日
    (2)三星堆出土の大型青銅仮面、博物館で臨時公開

    横から見た三星堆大型青銅仮面。(資料写真)中国で旧暦大みそかの31日夜に放映された年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに登場した「三星堆(さんせいたい)の大型青銅仮面」が15日、出土地の四川省広漢市にある三星堆博物館で臨時公開された。(広漢=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021706375

  • 00:52.58
    2022年02月16日
    「新華社」三星堆出土の大型青銅仮面、博物館で臨時公開

    中国で旧暦大みそかの31日夜に放映された年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに登場した「三星堆(さんせいたい)の大型青銅仮面」が15日、出土地の四川省広漢市にある三星堆博物館で臨時公開された。青銅仮面は、2021年6月に同市の三星堆遺跡の3号「祭祀坑」から出土した。幅131センチ、高さ71センチ、奥行き66センチ、重さ65・5キロ。三星堆遺跡から出土した大型青銅仮面の中で最も大きく、保存状態も良い。三星堆文化の典型的な器物で、3千年以上の歴史を持つ。古蜀の先人の自然万物や人と神の世界に対する理解と思考を体現しているとされる。三星堆博物館の朱亜蓉(しゅ・あよう)副館長は、青銅仮面を臨時公開することについて、最新出土品に対する多くの観衆の期待に応えるためだと説明。ただ、仮面のさらなる修復と検査が必要なため、正式な公開は修復作業の完了後になるとしている。(記者/楊華、童芳) =配信日: 2022(令和4)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021706373

  • 2022年02月16日
    (4)三星堆出土の大型青銅仮面、博物館で臨時公開

    三星堆大型青銅仮面の眼球部分。(資料写真)中国で旧暦大みそかの31日夜に放映された年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」のステージに登場した「三星堆(さんせいたい)の大型青銅仮面」が15日、出土地の四川省広漢市にある三星堆博物館で臨時公開された。(広漢=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021706400

  • 1