KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 設備容量
  • 開始
  • 着工
  • 二酸化炭素
  • 削減
  • 排出
  • メガワット
  • 完成

「年間発電量」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
176
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
176
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  空撮 国内最大出力の風力発電所 福島の会津布引高原に完成
    02:51.97
    2007年02月05日
    空撮 国内最大出力の風力発電所 福島の会津布引高原に完成

    福島県郡山市の会津布引高原に国内最大の出力(65980キロワット)を持つ「郡山布引高原風力発電所」が完成し、竣工式が5日、同市内のホテルで開かれた。電源開発(東京)が100%出資のグリーンパワー郡山布引が総事業費約120億円で建設した。ドイツ製の風車33基で構成し、年間発電量は約1億2500万キロワット時を見込んでおり、約3万5000世帯分の年間消費電力量に相当する。電力は東京電力に販売する<映像内容>尾根に立ち並ぶ風車、回転するブレード、ハブの後方で屋外に出ている関係者、風車GSヒキ、撮影日:2007(平成19)年2月5日、撮影場所:福島県郡山市・会津布引高原

    商品コード: 2019121003116

  •  世界最大の水上型メガソーラーが稼働
    08:02.98
    2015年06月11日
    世界最大の水上型メガソーラーが稼働

    水上設置型としては世界最大出力のメガソーラー(大規模太陽光発電所)が11日、兵庫県加西市の池で稼働を始める。京セラなどが出資する合同会社が建設した。防水加工を施した9000枚あまりのソーラーパネルを、高密度ポリエチレン製のフロートの上に載せた。縦300メートル以上、横77メートルほどの広さで、池の中央部に浮かんでいる。年間発電量は一般家庭の約800世帯分で、売電先の関西電力から年間約96 00万円の収入を見込んでいる。〈映像内容〉メガソーラーが設置された兵庫県加西市の逆池(さかさまいけ)周辺の様子、撮影日:2015(平成27)年6月11日、撮影場所:兵庫県加西市

    商品コード: 2019022002855

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年03月04日
    相馬のメガソーラー 明かりともる新たな町

    福島県相馬市磯部に広がる大規模太陽光発電所(メガソーラー)。津波で浸水した70㌶の土地に約20万枚のパネルが並ぶ。今年6月から稼働予定。年間発電量は5万2千㌗と一般家庭1万6600世帯分に相当する=2月27日(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2017030400228

  •  太陽光発電で貧しい牧畜民の暮らしに光中国青海省
    2018年10月12日
    太陽光発電で貧しい牧畜民の暮らしに光中国青海省

    12日、自宅でテレビを見る青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多県瑪査理村の住民。中国国家電網有限公司が建設を援助した瑪多(ばた)4・4メガワット貧困支援村落連結太陽光発電所が正式に発電を開始した。同発電所の予想年間発電量は680万キロワット時で、収益は村全体と貧困世帯の収入増のために使われる。(ゴロク=新華社配信/張竜)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101930171

  •  太陽光発電で貧しい牧畜民の暮らしに光中国青海省
    2018年10月12日
    太陽光発電で貧しい牧畜民の暮らしに光中国青海省

    12日、空から見た青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多県。(小型無人機から)中国国家電網有限公司が建設を援助した瑪多(ばた)4・4メガワット貧困支援村落連結太陽光発電所が正式に発電を開始した。同発電所の予想年間発電量は680万キロワット時で、収益は村全体と貧困世帯の収入増のために使われる。(ゴロク=新華社配信)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101930156

  •  中国企業が投資するクロアチアの風力発電プロジェクトが始動
    2018年11月20日
    中国企業が投資するクロアチアの風力発電プロジェクトが始動

    20日、クロアチアのセニ風力発電所。クロアチア沿海部の都市セニで20日、中国企業が投資する風力発電プロジェクトが起工した。プロジェクトの総出力容量は156メガワットで、完成後には年間平均3400時間の発電を行い、5億3千万キロワット時の年間発電量を見込む。総投資額は1億7900万ユーロ(1ユーロ=約129円)で、2年後の設置完了を目指す。中国の国有中央企業、中国北方工業傘下の中国北方国際合作股份有限公司は2017年11月、同国のEnergijaProjektd.d.と協定を結び、同社の株式76%を取得。同時にセニ風力発電プロジェクトの建設権と25年間の経営権も取得した。(セニ=新華社記者/高磊)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615299

  •  中国企業が投資するクロアチアの風力発電プロジェクトが始動
    2018年11月20日
    中国企業が投資するクロアチアの風力発電プロジェクトが始動

    20日、クロアチア・セニで行われた起工式であいさつするクロアチアのプレンコビッチ首相。クロアチア沿海部の都市セニで20日、中国企業が投資する風力発電プロジェクトが起工した。プロジェクトの総出力容量は156メガワットで、完成後には年間平均3400時間の発電を行い、5億3千万キロワット時の年間発電量を見込む。総投資額は1億7900万ユーロ(1ユーロ=約128円)で、2年後の設置完了を目指す。中国の国有中央企業、中国北方工業傘下の中国北方国際合作股份有限公司は2017年11月、同国のEnergijaProjektd.d.と協定を結び、同社の株式76%を取得。同時にセニ風力発電プロジェクトの建設権と25年間の経営権も取得した。(セニ=新華社記者/高磊)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615774

  •  中国企業が投資するクロアチアの風力発電プロジェクトが始動
    2018年11月20日
    中国企業が投資するクロアチアの風力発電プロジェクトが始動

    20日、クロアチアのセニ風力発電所。クロアチア沿海部の都市セニで20日、中国企業が投資する風力発電プロジェクトが起工した。プロジェクトの総出力容量は156メガワットで、完成後には年間平均3400時間の発電を行い、5億3千万キロワット時の年間発電量を見込む。総投資額は1億7900万ユーロ(1ユーロ=約128円)で、2年後の設置完了を目指す。中国の国有中央企業、中国北方工業傘下の中国北方国際合作股份有限公司は2017年11月、同国のEnergijaProjektd.d.と協定を結び、同社の株式76%を取得。同時にセニ風力発電プロジェクトの建設権と25年間の経営権も取得した。(セニ=新華社記者/高磊)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615927

  •  中国企業が投資するクロアチアの風力発電プロジェクトが始動
    2018年11月20日
    中国企業が投資するクロアチアの風力発電プロジェクトが始動

    20日、クロアチアのセニ風力発電所。クロアチア沿海部の都市セニで20日、中国企業が投資する風力発電プロジェクトが起工した。プロジェクトの総出力容量は156メガワットで、完成後には年間平均3400時間の発電を行い、5億3千万キロワット時の年間発電量を見込む。総投資額は1億7900万ユーロ(1ユーロ=約128円)で、2年後の設置完了を目指す。中国の国有中央企業、中国北方工業傘下の中国北方国際合作股份有限公司は2017年11月、同国のEnergijaProjektd.d.と協定を結び、同社の株式76%を取得。同時にセニ風力発電プロジェクトの建設権と25年間の経営権も取得した。(セニ=新華社記者/高磊)=2018(平成30)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615342

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月13日
    風力発電所で環境保護を学ぶ浙江省慈渓市

    13日、慈渓風力発電所で、自分で作った風車を掲げる小学生。中国浙江省慈渓(じけい)市の銭海軍ボランティアサービスセンターのボランティアが13日、小学生を連れて慈渓風力発電所を訪れ、グリーン科学の課外授業「星星点灯」を行った。実地見学やグリーンエネルギー科学普及授業、手作り風車体験などを通して、子どもたちの風力発電に関する知識が深まり、環境保護意識が向上することを目指している。同発電所には33基の単体容量1500キロワットの風力発電機が設置され、年間発電量は1億キロワット時を超え、浙江省の風力発電のモデル事業となっている。(慈渓=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701253

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月13日
    風力発電所で環境保護を学ぶ浙江省慈渓市

    13日、風車が風力で回転しエネルギーを生み出すことを感じる小学生。中国浙江省慈渓(じけい)市の銭海軍ボランティアサービスセンターのボランティアが13日、小学生を連れて慈渓風力発電所を訪れ、グリーン科学の課外授業「星星点灯」を行った。実地見学やグリーンエネルギー科学普及授業、手作り風車体験などを通して、子どもたちの風力発電に関する知識が深まり、環境保護意識が向上することを目指している。同発電所には33基の単体容量1500キロワットの風力発電機が設置され、年間発電量は1億キロワット時を超え、浙江省の風力発電のモデル事業となっている。(慈渓=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701122

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月13日
    風力発電所で環境保護を学ぶ浙江省慈渓市

    13日、慈渓風力発電所で、ボランティアからグリーンエネルギーに関する知識を学び、風車を作る小学生。中国浙江省慈渓(じけい)市の銭海軍ボランティアサービスセンターのボランティアが13日、小学生を連れて慈渓風力発電所を訪れ、グリーン科学の課外授業「星星点灯」を行った。実地見学やグリーンエネルギー科学普及授業、手作り風車体験などを通して、子どもたちの風力発電に関する知識が深まり、環境保護意識が向上することを目指している。同発電所には33基の単体容量1500キロワットの風力発電機が設置され、年間発電量は1億キロワット時を超え、浙江省の風力発電のモデル事業となっている。(慈渓=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701159

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月13日
    風力発電所で環境保護を学ぶ浙江省慈渓市

    13日、ボランティアの指導で、風車が風力で回転しエネルギーを生み出すことを感じる小学生。中国浙江省慈渓(じけい)市の銭海軍ボランティアサービスセンターのボランティアが13日、小学生を連れて慈渓風力発電所を訪れ、グリーン科学の課外授業「星星点灯」を行った。実地見学やグリーンエネルギー科学普及授業、手作り風車体験などを通して、子どもたちの風力発電に関する知識が深まり、環境保護意識が向上することを目指している。同発電所には33基の単体容量1500キロワットの風力発電機が設置され、年間発電量は1億キロワット時を超え、浙江省の風力発電のモデル事業となっている。(慈渓=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701204

  •  「新華社」「石炭の都」の変化を実感させる「パンダ発電所」山西省大同市
    01:16.99
    2019年07月02日
    「新華社」「石炭の都」の変化を実感させる「パンダ発電所」山西省大同市

    中国山西省大同市郊外にある「パンダ太陽光発電所」は、上空から見るとソーラーパネルの並び方がパンダの形に見える世界初のパンダ型太陽光発電所として知られる。稼働開始から約2年、同発電所は省エネや排出削減の面でデモンストレーション効果を発揮しており、大同が「石炭の都」から「新エネルギーの都」に転換するのを後押ししている。同発電所のエンジニアである馮志輝(ふう・しき)氏によると、発電所は2017年6月29日に発電を開始。翌年6月29日までの1年間の発電量は8163万キロワット時だった。過去2年の年間発電量は8千万キロワット時程度で、これは3万4千世帯の年間電力消費量に相当するという。馮氏は、パンダ発電所がクリーンエネルギーを利用しており、排ガスによる大気汚染や廃水・廃棄物の問題がないため、環境保護理念を持つエネルギーを体現していると説明。パンダ発電所は面積が1851ムー(約123ヘクタール)で、当初ここは広大なアルカリ性土壌で草1本生えていなかったが、発電所が完成してからは日陰を好む植物が生えるようになり、土壌の改善にも一定の役割を果たしたと述べた。大同市は多くの人から「石炭の都」と呼ばれてきたが、長期にわたる石炭の採掘や配慮に欠けた輸送、非合理的な使用などが原因で、中国で最も環境汚染が深刻な都市の一つとなっていた。ここ数年、地元ではさまざまな措置を講じて環境を管理し、特に太陽光発電を代表とする新エネルギー産業を大きく発展させたことで、環境の質が大いに改善し、大気の質は複数年連続で山西省のトップとなっている。パンダ発電所はその独特の外観で外部からの注目を集め、同市の新エネルギー発展を後押ししている。(記者/徐偉)<映像内容>パンダの形に並べられたソーラーパネル、山西省大同市の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070205203

  •  「新華社」クブチ砂漠、太陽光エネルギーの集積地に
    03:57.32
    2019年09月12日
    「新華社」クブチ砂漠、太陽光エネルギーの集積地に

    中国で7番目に大きい砂漠である内モンゴル自治区のクブチ砂漠では、太陽光発電による砂漠化対策技術の普及と運用に伴い、10万ムー(約6700ヘクタール)の生態太陽光発電基地の建設が進んでいる。一面の「砂の海」は徐々にソーラーパネルの「青い海」に変わり、太陽光エネルギーの集積地として台頭しつつある。クブチ砂漠は総面積1万8600平方キロ、北京市に最も近い砂漠で、かつては「死の海」と呼ばれていた。同砂漠は太陽エネルギー資源が豊富で、年間平均有効日照時間は3180時間以上になる。ここ数年、造林による砂漠化対策とともに砂漠の豊富な太陽エネルギー資源を利用する、100万キロワットの太陽光発電砂漠化対策モデル事業の建設計画が進んでおり、総投資額は110億元(1元=約15円)に上る。クブチ砂漠生態太陽光発電基地では、見渡す限りの起伏が続く砂の海にソーラーパネルの列が幾重にも並び、どのパネルの下にも放牧に適した草が植えられている。太陽光発電による砂漠化対策がこれまでに5万ムー(約3300ヘクタール)完了しており、太陽光発電の建設規模は51万キロワットに達し、投資額は40億元、年間発電量は約9億キロワット時となっている。同砂漠では今年、さらに24億元を投資し、40万キロワットの太陽光発電砂漠化対策事業の建設を進めている。これにより発電量を7億キロワット時増加させ、年末までに発電と電力網への接続を行う計画だ。内モンゴル自治区は現在、クブチ砂漠で生態ガバナンスと太陽光発電を融合した新たな発展モデルを模索している。これまで使われなかった砂漠資源を利用して太陽光発電産業を発展させるとともに、ソーラーパネルの遮光効果を利用した砂漠植物栽培で牧草産業を発展させるもので、発電と同時に生態環境を改善して経済を発展させ、砂漠緑化や企業の増収、資源の高付加価値化という目標を一歩ずつ実現していく。(記者/李雲平)<映像内容>クブチ砂漠のソーラーパネルの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091203300

  •  トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大
    2019年09月22日
    トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大

    22日、プロジェクトのコンクリート打設現場。中国の上海電力股份有限公司(上海電力)が投資・建設するHunutlu発電所の工事が22日、トルコ南部アダナ県で正式に始まった。Hunutlu発電プロジェクトは、中国「一帯一路」構想とトルコ「中間回廊」計画とを結び付ける重点プロジェクトであり、投資額は約17億ドル(1ドル=約108円)、トルコにおける中国企業最大の直接投資プロジェクトとなる。同プロジェクトは火力発電所と専用石炭埠頭の建設を中核にしており、発電所の設備容量は1320メガワット、排煙脱硫・脱硝装置を設置し、稼働後の年間送電量は90億キロワット時、トルコ年間発電量の約3%を占めることになる。(アダナ=新華社記者/鄭思遠)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504677

  •  トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大
    2019年09月22日
    トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大

    22日、Hunutlu発電所プロジェクトの起工式。中国の上海電力股份有限公司(上海電力)が投資・建設するHunutlu発電所の工事が22日、トルコ南部アダナ県で正式に始まった。Hunutlu発電プロジェクトは、中国「一帯一路」構想とトルコ「中間回廊」計画とを結び付ける重点プロジェクトであり、投資額は約17億ドル(1ドル=約108円)、トルコにおける中国企業最大の直接投資プロジェクトとなる。同プロジェクトは火力発電所と専用石炭埠頭の建設を中核にしており、発電所の設備容量は1320メガワット、排煙脱硫・脱硝装置を設置し、稼働後の年間送電量は90億キロワット時、トルコ年間発電量の約3%を占めることになる。(アダナ=新華社記者/鄭思遠)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504623

  •  トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大
    2019年09月22日
    トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大

    22日、地中海に面したプロジェクトの建設現場。中国の上海電力股份有限公司(上海電力)が投資・建設するHunutlu発電所の工事が22日、トルコ南部アダナ県で正式に始まった。Hunutlu発電プロジェクトは、中国「一帯一路」構想とトルコ「中間回廊」計画とを結び付ける重点プロジェクトであり、投資額は約17億ドル(1ドル=約108円)、トルコにおける中国企業最大の直接投資プロジェクトとなる。同プロジェクトは火力発電所と専用石炭埠頭の建設を中核にしており、発電所の設備容量は1320メガワット、排煙脱硫・脱硝装置を設置し、稼働後の年間送電量は90億キロワット時、トルコ年間発電量の約3%を占めることになる。(アダナ=新華社記者/鄭思遠)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504629

  •  トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大
    2019年09月22日
    トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大

    22日、地中海上にあるプロジェクトの建設現場。中国の上海電力股份有限公司(上海電力)が投資・建設するHunutlu発電所の工事が22日、トルコ南部アダナ県で正式に始まった。Hunutlu発電プロジェクトは、中国「一帯一路」構想とトルコ「中間回廊」計画とを結び付ける重点プロジェクトであり、投資額は約17億ドル(1ドル=約108円)、トルコにおける中国企業最大の直接投資プロジェクトとなる。同プロジェクトは火力発電所と専用石炭埠頭の建設を中核にしており、発電所の設備容量は1320メガワット、排煙脱硫・脱硝装置を設置し、稼働後の年間送電量は90億キロワット時、トルコ年間発電量の約3%を占めることになる。(アダナ=新華社記者/鄭思遠)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504662

  •  トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大
    2019年09月22日
    トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大

    22日、Hunutlu発電所プロジェクトで建設が始まった発電所の建物に打設された最初のコンクリート。中国の上海電力股份有限公司(上海電力)が投資・建設するHunutlu発電所の工事が22日、トルコ南部アダナ県で正式に始まった。Hunutlu発電プロジェクトは、中国「一帯一路」構想とトルコ「中間回廊」計画とを結び付ける重点プロジェクトであり、投資額は約17億ドル(1ドル=約108円)、トルコにおける中国企業最大の直接投資プロジェクトとなる。同プロジェクトは火力発電所と専用石炭埠頭の建設を中核にしており、発電所の設備容量は1320メガワット、排煙脱硫・脱硝装置を設置し、稼働後の年間送電量は90億キロワット時、トルコ年間発電量の約3%を占めることになる。(アダナ=新華社記者/鄭思遠)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504670

  •  トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大
    2019年09月22日
    トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大

    22日、プロジェクトのコンクリート打設現場。中国の上海電力股份有限公司(上海電力)が投資・建設するHunutlu発電所の工事が22日、トルコ南部アダナ県で正式に始まった。Hunutlu発電プロジェクトは、中国「一帯一路」構想とトルコ「中間回廊」計画とを結び付ける重点プロジェクトであり、投資額は約17億ドル(1ドル=約108円)、トルコにおける中国企業最大の直接投資プロジェクトとなる。同プロジェクトは火力発電所と専用石炭埠頭の建設を中核にしており、発電所の設備容量は1320メガワット、排煙脱硫・脱硝装置を設置し、稼働後の年間送電量は90億キロワット時、トルコ年間発電量の約3%を占めることになる。(アダナ=新華社記者/鄭思遠)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504678

  •  トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大
    2019年09月22日
    トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大

    22日、地中海に面したプロジェクトの建設現場。中国の上海電力股份有限公司(上海電力)が投資・建設するHunutlu発電所の工事が22日、トルコ南部アダナ県で正式に始まった。Hunutlu発電プロジェクトは、中国「一帯一路」構想とトルコ「中間回廊」計画とを結び付ける重点プロジェクトであり、投資額は約17億ドル(1ドル=約108円)、トルコにおける中国企業最大の直接投資プロジェクトとなる。同プロジェクトは火力発電所と専用石炭埠頭の建設を中核にしており、発電所の設備容量は1320メガワット、排煙脱硫・脱硝装置を設置し、稼働後の年間送電量は90億キロワット時、トルコ年間発電量の約3%を占めることになる。(アダナ=新華社記者/鄭思遠)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504679

  •  トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大
    2019年09月22日
    トルコ、Hunutlu発電所が正式着工中国直接投資事業で最大

    22日、Hunutlu発電所プロジェクトで建設が始まった発電所の建物に打設された最初のコンクリート。中国の上海電力股份有限公司(上海電力)が投資・建設するHunutlu発電所の工事が22日、トルコ南部アダナ県で正式に始まった。Hunutlu発電プロジェクトは、中国「一帯一路」構想とトルコ「中間回廊」計画とを結び付ける重点プロジェクトであり、投資額は約17億ドル(1ドル=約108円)、トルコにおける中国企業最大の直接投資プロジェクトとなる。同プロジェクトは火力発電所と専用石炭埠頭の建設を中核にしており、発電所の設備容量は1320メガワット、排煙脱硫・脱硝装置を設置し、稼働後の年間送電量は90億キロワット時、トルコ年間発電量の約3%を占めることになる。(アダナ=新華社記者/鄭思遠)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504676

  •  「新華社」インドネシア・ブンクル州初の火力発電所1号機、発電開始
    01:44.15
    2019年11月18日
    「新華社」インドネシア・ブンクル州初の火力発電所1号機、発電開始

    中国電力建設集団が投資と建設に参加したインドネシアのブンクル石炭火力発電所の第1ユニットがこのほど、グリッド接続と発電を正式に開始した。これにより、ブンクル州やスマトラ島の長期的な電力不足は改善されるという。発電所は、同島西海岸の同州ブンクル市に位置し、中国電力建設集団と同国の重機大手のイントラコ・ペンタ(INTA)の共同開発プロジェクトとして、2016年10月25日に着工した。年間発電量は、約14億キロワット時を見込んでおり、近く将来には商業運転を計画している。同州初の火力発電プロジェクトで、現在のところ同州で建設中の外資プロジェクトとしては最大。着工から既に地元に2千以上の雇用を提供している。操業後は、100以上のミドル、ハイエンドの雇用を提供する見込み。(記者/宗萍萍、梁輝)<映像内容>インドネシアのブンクル石炭火力発電所1号機が発電開始、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112003858

  •  「新華社」中国の海外投資建設で単機容量最大の火力発電ユニット稼働インドネシア
    01:16.29
    2019年12月13日
    「新華社」中国の海外投資建設で単機容量最大の火力発電ユニット稼働インドネシア

    中国国家能源投資集団は13日、国華インドネシア・ジャワ7号石炭火力発電プロジェクトの1号ユニットが正式に稼動したと発表した。同火力発電ユニットは中国企業が海外で投資建設した最大な単機容量と独自の知的財産権を有する発電ユニットだ。国家能源集団の張玉新(ちょう・ぎょくしん)報道官は、同プロジェクトはインドネシア・ジャワ島のバンテン州に位置し、投資総額は120億元(1元=約16円)、1050MWの発電ユニットを2基建設すると述べ、完成後はインドネシアで最大規模の設備容量、最先端の技術を備えた高効率で環境に配慮した発電所となるとし、インドネシアの電力産業で年間利用時間数が最長に設計された石炭火力発電ユニットでもあると紹介した。張報道官は、プロジェクト全体の稼働後の年間発電量は約150億キロワット時で、インドネシアの電力供給状況を効果的に改善し、ジャワ地域の電力不足を大幅に解消できると説明した。プロジェクト工期の累計納税額は約1億1千万ドル(1ドル=約110円)で、現地では3千超の雇用をもたらした。運営中1年間の納税額は約4千万ドルが見込まれている。(記者/宗萍萍)<映像内容>中国企業が投資建設したインドネシアの火力発電ユニット稼働の様子、撮影日:2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121702466

  •  中国初の7メガワット洋上風力発電機、湖南省でラインオフ
    2020年04月15日
    中国初の7メガワット洋上風力発電機、湖南省でラインオフ

    中国初となる7メガワットの半直接駆動式洋上風力発電機を組み立てる作業員。(4月15日撮影)中国初となる7メガワットの半直接駆動式洋上風力発電機がこのほど、湖南省の駆動モーター開発会社、中車株洲電機でラインオフした。搭載後の年間発電量は3千万キロワット時に達し、一般家庭1万世帯の1年分の需要を満たすことができるという。(長沙=新華社配信/夏偉雄)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020070600281

  •  「新華社」クブチ砂漠で建設進む太陽光発電基地内モンゴル自治区
    01:16.00
    2020年05月10日
    「新華社」クブチ砂漠で建設進む太陽光発電基地内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区のクブチ砂漠の奥地にある国家電力投資集団ダラト太陽光発電先行プロジェクトの建設現場では、作業員400人と機械30台余りが、太陽光発電パネルの架台と変電設備の設置を急ピッチで進めている。同プロジェクトは6月末に全容量の送電開始を見込んでおり、同社のクブチ砂漠におけるクリーンエネルギーの発電容量は40万キロワットに達する。ダラト太陽光発電応用先行基地の総発電規模は200万キロワット。建設完了後の年間発電量は40億キロワット時に達し、年間320万トンの二酸化炭素の排出を削減できる。同基地は中国の砂漠化防止の試験場でもあり「太陽光発電による砂漠化防止」という新たなモデルを模索することで、20万ムー(約1万3300ヘクタール)の土地の砂漠化を効果的に防いでいる。(記者/李雲平)<映像内容>クブチ砂漠で太陽光発電の設備の建設、ソーラーパネルが並ぶ様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051302728

  •  中国初の7メガワット洋上風力発電機、湖南省でラインオフ
    2020年05月18日
    中国初の7メガワット洋上風力発電機、湖南省でラインオフ

    中国初となる7メガワットの半直接駆動式洋上風力発電機。(5月18日撮影)中国初となる7メガワットの半直接駆動式洋上風力発電機がこのほど、湖南省の駆動モーター開発会社、中車株洲電機でラインオフした。搭載後の年間発電量は3千万キロワット時に達し、一般家庭1万世帯の1年分の需要を満たすことができるという。(長沙=新華社配信/夏偉雄)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020070600342

  •  中国初の7メガワット洋上風力発電機、湖南省でラインオフ
    2020年05月20日
    中国初の7メガワット洋上風力発電機、湖南省でラインオフ

    中国初となる7メガワットの半直接駆動式洋上風力発電機。(5月20日撮影)中国初となる7メガワットの半直接駆動式洋上風力発電機がこのほど、湖南省の駆動モーター開発会社、中車株洲電機でラインオフした。搭載後の年間発電量は3千万キロワット時に達し、一般家庭1万世帯の1年分の需要を満たすことができるという。(長沙=新華社配信/夏偉雄)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020070600332

  •  長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働
    2020年06月29日
    長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働

    29日、烏東徳水力発電所の左岸建屋で、最初に稼働した7号発電ユニットを背景に記念撮影する建設作業員。中国の長江上流部、金沙江に建設された烏東徳(うとうとく)水力発電所で29日、最初の発電ユニットの稼働式がビデオ方式で行われた。同発電所は雲南省昆明市禄勧県と四川省涼山イ族自治州会東県の県境にある。西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトを実施するための国の重要建設事業として、三峡ダム(湖北省)などを運営する中国長江三峡集団が2015年12月に着工した。設備容量は1020万キロワットで、年間発電量が389億1千万キロワット時。計画では来年7月までに全ての発電ユニットが完成する。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200490

  •  長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働
    2020年06月29日
    長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働

    29日、烏東徳水力発電所のダム。(小型無人機から)中国の長江上流部、金沙江に建設された烏東徳(うとうとく)水力発電所で29日、最初の発電ユニットの稼働式がビデオ方式で行われた。同発電所は雲南省昆明市禄勧県と四川省涼山イ族自治州会東県の県境にある。西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトを実施するための国の重要建設事業として、三峡ダム(湖北省)などを運営する中国長江三峡集団が2015年12月に着工した。設備容量は1020万キロワットで、年間発電量が389億1千万キロワット時。計画では来年7月までに全ての発電ユニットが完成する。(成都=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200491

  •  長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働
    2020年06月29日
    長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働

    29日、烏東徳水力発電所のダム。(小型無人機から)中国の長江上流部、金沙江に建設された烏東徳(うとうとく)水力発電所で29日、最初の発電ユニットの稼働式がビデオ方式で行われた。同発電所は雲南省昆明市禄勧県と四川省涼山イ族自治州会東県の県境にある。西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトを実施するための国の重要建設事業として、三峡ダム(湖北省)などを運営する中国長江三峡集団が2015年12月に着工した。設備容量は1020万キロワットで、年間発電量が389億1千万キロワット時。計画では来年7月までに全ての発電ユニットが完成する。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200493

  •  長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働
    2020年06月29日
    長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働

    29日、烏東徳水力発電所のダム。(小型無人機から)中国の長江上流部、金沙江に建設された烏東徳(うとうとく)水力発電所で29日、最初の発電ユニットの稼働式がビデオ方式で行われた。同発電所は雲南省昆明市禄勧県と四川省涼山イ族自治州会東県の県境にある。西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトを実施するための国の重要建設事業として、三峡ダム(湖北省)などを運営する中国長江三峡集団が2015年12月に着工した。設備容量は1020万キロワットで、年間発電量が389億1千万キロワット時。計画では来年7月までに全ての発電ユニットが完成する。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200495

  •  長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働
    2020年06月29日
    長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働

    29日、烏東徳水力発電所で発電ユニットの稼働状況を監視する職員。中国の長江上流部、金沙江に建設された烏東徳(うとうとく)水力発電所で29日、最初の発電ユニットの稼働式がビデオ方式で行われた。同発電所は雲南省昆明市禄勧県と四川省涼山イ族自治州会東県の県境にある。西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトを実施するための国の重要建設事業として、三峡ダム(湖北省)などを運営する中国長江三峡集団が2015年12月に着工した。設備容量は1020万キロワットで、年間発電量が389億1千万キロワット時。計画では来年7月までに全ての発電ユニットが完成する。(成都=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200558

  •  長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働
    2020年06月29日
    長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働

    29日、烏東徳水力発電所の左岸建屋で最初の発電ユニットの稼働式に出席した建設作業員。中国の長江上流部、金沙江に建設された烏東徳(うとうとく)水力発電所で29日、最初の発電ユニットの稼働式がビデオ方式で行われた。同発電所は雲南省昆明市禄勧県と四川省涼山イ族自治州会東県の県境にある。西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトを実施するための国の重要建設事業として、三峡ダム(湖北省)などを運営する中国長江三峡集団が2015年12月に着工した。設備容量は1020万キロワットで、年間発電量が389億1千万キロワット時。計画では来年7月までに全ての発電ユニットが完成する。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200553

  •  長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働
    2020年06月29日
    長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働

    29日、烏東徳水力発電所の左岸建屋で、最初の発電ユニットの稼働式に出席した建設作業員。中国の長江上流部、金沙江に建設された烏東徳(うとうとく)水力発電所で29日、最初の発電ユニットの稼働式がビデオ方式で行われた。同発電所は雲南省昆明市禄勧県と四川省涼山イ族自治州会東県の県境にある。西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトを実施するための国の重要建設事業として、三峡ダム(湖北省)などを運営する中国長江三峡集団が2015年12月に着工した。設備容量は1020万キロワットで、年間発電量が389億1千万キロワット時。計画では来年7月までに全ての発電ユニットが完成する。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200561

  •  長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働
    2020年06月29日
    長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働

    29日、烏東徳水力発電所で発電ユニットの稼働状況を監視する職員。中国の長江上流部、金沙江に建設された烏東徳(うとうとく)水力発電所で29日、最初の発電ユニットの稼働式がビデオ方式で行われた。同発電所は雲南省昆明市禄勧県と四川省涼山イ族自治州会東県の県境にある。西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトを実施するための国の重要建設事業として、三峡ダム(湖北省)などを運営する中国長江三峡集団が2015年12月に着工した。設備容量は1020万キロワットで、年間発電量が389億1千万キロワット時。計画では来年7月までに全ての発電ユニットが完成する。(成都=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200538

  •  長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働
    2020年06月29日
    長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働

    29日、烏東徳水力発電所のダム。中国の長江上流部、金沙江に建設された烏東徳(うとうとく)水力発電所で29日、最初の発電ユニットの稼働式がビデオ方式で行われた。同発電所は雲南省昆明市禄勧県と四川省涼山イ族自治州会東県の県境にある。西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトを実施するための国の重要建設事業として、三峡ダム(湖北省)などを運営する中国長江三峡集団が2015年12月に着工した。設備容量は1020万キロワットで、年間発電量が389億1千万キロワット時。計画では来年7月までに全ての発電ユニットが完成する。(成都=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200556

  •  長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働
    2020年06月29日
    長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働

    29日、烏東徳水力発電所のダム。(小型無人機から)中国の長江上流部、金沙江に建設された烏東徳(うとうとく)水力発電所で29日、最初の発電ユニットの稼働式がビデオ方式で行われた。同発電所は雲南省昆明市禄勧県と四川省涼山イ族自治州会東県の県境にある。西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトを実施するための国の重要建設事業として、三峡ダム(湖北省)などを運営する中国長江三峡集団が2015年12月に着工した。設備容量は1020万キロワットで、年間発電量が389億1千万キロワット時。計画では来年7月までに全ての発電ユニットが完成する。(成都=新華社記者/李梦馨)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200532

  •  「新華社」長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働
    01:05.03
    2020年06月29日
    「新華社」長江上流の烏東徳水力発電所、最初の発電ユニットが稼働

    中国の長江上流部、金沙江に建設された烏東徳(うとうとく)水力発電所で29日、最初の発電ユニットの稼働式がビデオ方式で行われた。同発電所は雲南省昆明市禄勧県と四川省涼山イ族自治州会東県の県境にある。西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトを実施するための国の重要建設事業として、三峡ダム(湖北省)などを運営する中国長江三峡集団が2015年12月に着工した。設備容量は1020万キロワットで、年間発電量が389億1千万キロワット時。計画では来年7月までに全ての発電ユニットが完成する。(記者/何春好、胥冰潔)<映像内容>烏東徳水力発電所で最初の発電ユニットが稼働、撮影日:2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200697

  •  中国初の7メガワット洋上風力発電機、湖南省でラインオフ
    2020年06月30日
    中国初の7メガワット洋上風力発電機、湖南省でラインオフ

    6月30日、中国初となる7メガワットの半直接駆動式洋上風力発電機。中国初となる7メガワットの半直接駆動式洋上風力発電機がこのほど、湖南省の駆動モーター開発会社、中車株洲電機でラインオフした。搭載後の年間発電量は3千万キロワット時に達し、一般家庭1万世帯の1年分の需要を満たすことができるという。(長沙=新華社配信/夏偉雄)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020070600361

  •  中国初の7メガワット洋上風力発電機、湖南省でラインオフ
    2020年06月30日
    中国初の7メガワット洋上風力発電機、湖南省でラインオフ

    6月30日、中国初となる7メガワット半直接駆動式洋上風力発電機のラインオフ式。中国初となる7メガワットの半直接駆動式洋上風力発電機がこのほど、湖南省の駆動モーター開発会社、中車株洲電機でラインオフした。搭載後の年間発電量は3千万キロワット時に達し、一般家庭1万世帯の1年分の需要を満たすことができるという。(長沙=新華社配信/夏偉雄)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020070600317

  •  「新華社」黄河上流の李家峡ダムで放流始まる青海省
    01:01.52
    2020年07月15日
    「新華社」黄河上流の李家峡ダムで放流始まる青海省

    中国電力大手の国家電力投資集団の子会社、黄河上遊水電開発李家峡発電分公司は、黄河上流の増水を受け、流域の治水部門との連携を強化している。李家峡ダム(青海省)は連日放流を実施し、流入量のピークに向けた準備を進めている。李家峡水力発電所は、黄河上流の竜羊峡‐青銅峡区間計画で3番目に完成した大型カスケード式水力発電所で、発電機1機分の出力は40万キロワット、総設備容量は200万キロワット。平均年間発電量は59億キロワット時で、ダム湖の貯水容量は16億5千万立方メートルとなる。(記者/王艶、呉剛)<映像内容>李家峡ダムの放流の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703944

  •  太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県
    2020年08月19日
    太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    19日、黒竜江省樺川県集賢村にある太陽光発電所。(小型無人機から)中国黒竜江省佳木斯(ジャムス)市樺川(かせん)県は近年、太陽光発電産業の発展を力強く推進。県全体で高圧連系による発電所103カ所、低圧連系による屋根型の発電所15カ所の建設事業を行ってきた。年間発電量は4千万キロワット、年間の売電収入は3100万元(1元=約15円)で、同事業により「農家の富裕化と村の増収」を実現させている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082401078

  •  太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県
    2020年08月19日
    太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    19日、黒竜江省樺川県集賢村の太陽光発電所に設置されたソーラーパネル。中国黒竜江省佳木斯(ジャムス)市樺川(かせん)県は近年、太陽光発電産業の発展を力強く推進。県全体で高圧連系による発電所103カ所、低圧連系による屋根型の発電所15カ所の建設事業を行ってきた。年間発電量は4千万キロワット、年間の売電収入は3100万元(1元=約15円)で、同事業により「農家の富裕化と村の増収」を実現させている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400872

  •  太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県
    2020年08月19日
    太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    19日、黒竜江省樺川県集賢村にある太陽光発電所。(小型無人機から)中国黒竜江省佳木斯(ジャムス)市樺川(かせん)県は近年、太陽光発電産業の発展を力強く推進。県全体で高圧連系による発電所103カ所、低圧連系による屋根型の発電所15カ所の建設事業を行ってきた。年間発電量は4千万キロワット、年間の売電収入は3100万元(1元=約15円)で、同事業により「農家の富裕化と村の増収」を実現させている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400954

  •  太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県
    2020年08月19日
    太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    19日、黒竜江省樺川県集賢村にある太陽光発電所。(小型無人機から)中国黒竜江省佳木斯(ジャムス)市樺川(かせん)県は近年、太陽光発電産業の発展を力強く推進。県全体で高圧連系による発電所103カ所、低圧連系による屋根型の発電所15カ所の建設事業を行ってきた。年間発電量は4千万キロワット、年間の売電収入は3100万元(1元=約15円)で、同事業により「農家の富裕化と村の増収」を実現させている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400887

  •  太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県
    2020年08月19日
    太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    19日、黒竜江省樺川県集賢村にある太陽光発電所。(小型無人機から)中国黒竜江省佳木斯(ジャムス)市樺川(かせん)県は近年、太陽光発電産業の発展を力強く推進。県全体で高圧連系による発電所103カ所、低圧連系による屋根型の発電所15カ所の建設事業を行ってきた。年間発電量は4千万キロワット、年間の売電収入は3100万元(1元=約15円)で、同事業により「農家の富裕化と村の増収」を実現させている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082400997

  •  太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県
    2020年08月19日
    太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    19日、黒竜江省樺川県集賢村の太陽光発電所に設置されたソーラーパネル。中国黒竜江省佳木斯(ジャムス)市樺川(かせん)県は近年、太陽光発電産業の発展を力強く推進。県全体で高圧連系による発電所103カ所、低圧連系による屋根型の発電所15カ所の建設事業を行ってきた。年間発電量は4千万キロワット、年間の売電収入は3100万元(1元=約15円)で、同事業により「農家の富裕化と村の増収」を実現させている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082401003

  •  太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県
    2020年08月19日
    太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    19日、黒竜江省樺川県集賢村にある太陽光発電所。(小型無人機から)中国黒竜江省佳木斯(ジャムス)市樺川(かせん)県は近年、太陽光発電産業の発展を力強く推進。県全体で高圧連系による発電所103カ所、低圧連系による屋根型の発電所15カ所の建設事業を行ってきた。年間発電量は4千万キロワット、年間の売電収入は3100万元(1元=約15円)で、同事業により「農家の富裕化と村の増収」を実現させている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082401067

  •  太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県
    2020年08月19日
    太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    19日、黒竜江省樺川県集賢村にある太陽光発電所。(小型無人機から)中国黒竜江省佳木斯(ジャムス)市樺川(かせん)県は近年、太陽光発電産業の発展を力強く推進。県全体で高圧連系による発電所103カ所、低圧連系による屋根型の発電所15カ所の建設事業を行ってきた。年間発電量は4千万キロワット、年間の売電収入は3100万元(1元=約15円)で、同事業により「農家の富裕化と村の増収」を実現させている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082401124

  •  「新華社」ウラド中旗太陽光発電プロジェクトがフル稼働内モンゴル自治区
    00:55.96
    2020年12月29日
    「新華社」ウラド中旗太陽光発電プロジェクトがフル稼働内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗発展改革委員会はこのほど、中国第1陣の太陽光発電モデルプロジェクトの一つ「ウラド中旗10万キロワット・パラボラトラフ型10時間蓄熱太陽光発電プロジェクト」がフル稼働を実現したと明らかにした。国内同緯度地域の太陽光発電プロジェクトとして初めてのフル稼働となる。同委員会の責任者によると、このプロジェクトは中国船舶重工集団(現・中国船舶集団)傘下の新エネルギー企業、中国船舶重工集団新能源が設計・建設・調整・保守業務を担当し、2018年6月に着工、20年に1月8日にグリッド接続発電を開始した。全面稼働後の年間発電量は約3億9200万キロワット時に上り、年間で石炭消費(標準炭換算)を12万トン、二酸化炭素排出量を30万トン、硫黄酸化物排出量を9千トン、窒素酸化物排出量を4500トンそれぞれ削減できる。同プロジェクトの生産額は年間4億元(1元=約16円)に上る見込みで、地元に百人以上の雇用を創出、経済的・社会的利益をもたらすと期待される。(記者/李雲平) =配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122905716

  •  「新華社」巨大工場建屋の外壁と屋根ガラスで発電安徽省蚌埠市
    00:40.78
    2021年03月27日
    「新華社」巨大工場建屋の外壁と屋根ガラスで発電安徽省蚌埠市

    中国安徽省蚌埠(ほうふ)市内にある工場では現在、太陽光発電と建物の一体化応用モデルプロジェクトが実施されている。この工場建屋の壁は太陽エネルギーを電気に変換することができる。建物の建築面積は12万平方メートルで、サッカー場約17面分に相当する。エネルギーを生み出す建物として、この建屋は壁材や物理的な素材を薄膜太陽電池に置き換えており、昨年の年間発電量は1100万キロワット時だった。運転期間を25年と想定して計算すると、標準炭換算で11万7千トンの石炭を節約することになり、これは二酸化炭素排出量26万5千トン分の削減に相当する。(記者/劉菁、汪奥娜、陳尚営、胡鋭、林翔、戴威) =配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032703338

  •  「新華社」楊房溝水力発電所、最初のユニットを送電網に接続
    01:07.41
    2021年07月01日
    「新華社」楊房溝水力発電所、最初のユニットを送電網に接続

    中国四川省の楊房溝水力発電所で6月30日午前、単機容量37万5千キロワットの最初の発電ユニットが送電網に接続され、雅礱江(がろうこう)中流の発電所操業の幕が開かれた。同発電所は、中国で初めてEPC(設計・調達・建設)形式を採用して建設された100万キロワット級の大型水力発電所で、国と同省のクリーンエネルギー事業としても高い重要性を持つ。楊房溝水力発電所ダムは堤高155メートル、設備容量150万キロワット。完成後の平均年間発電量は68億5600万キロワット時となる。(記者/蕭永航、楊迪) =配信日: 2021(令和3)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070106005

  •  「新華社」中国企業建設の水力発電所、全ユニットが稼働カザフスタン
    01:09.40
    2021年08月13日
    「新華社」中国企業建設の水力発電所、全ユニットが稼働カザフスタン

    中国長江三峡集団の子会社、中国水利電力対外(CWE)が建設を請け負ったカザフスタンのTurgusong水力発電所でこのほど、すべての発電ユニットが稼働を開始した。現在、プロジェクトに含まれる付帯補助設備と送変電線の建設がすべて完了し、発電所はすでにフル稼働している。設備容量は24・9メガワット(MW)、平均年間発電量は7980万キロワット時で、毎年約7万2千トンの二酸化炭素排出量を削減できる。同発電所は「一帯一路」構想の下で中国とカザフスタンが共同建設した、水力発電分野で初の重点プロジェクトであり、CWEが2014年11月に事業者とEPC(設計・調達・建設)契約を結び、17年に着工した。(記者/張継業) =配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304739

  •  シノペック、上海初の太陽光発電所がグリッド接続発電に成功
    2021年09月16日
    シノペック、上海初の太陽光発電所がグリッド接続発電に成功

    シノペックが上海に初めて建設した太陽光発電所。(6月23日撮影)中国国有石油大手の中国石油化工集団(シノペック・グループ)が上海市に初めて建設した太陽光発電所がこのほど完成し、グリッド接続発電に成功した。年間発電量は40万キロワット時になる見通しで、年間341トンの二酸化炭素(CO2)排出量削減が可能で、植樹約1万9千本分に相当する。シノペック傘下の上海石化が建設した同発電所は、敷地面積約1800平方メートル、発電容量400キロワットで、クリーンや安全、低コスト、高効率などの特徴を持つ。上海石化では5年以内に50メガワット以上の太陽光発電設備の設置を計画している。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091603614

  •  (4)雅礱江両河口水力発電所で最初の発電ユニットが稼働四川省
    2021年10月03日
    (4)雅礱江両河口水力発電所で最初の発電ユニットが稼働四川省

    9月29日、両河口水力発電所で行われた稼働式典の様子。(小型無人機から)中国で最も標高の高い場所に建設された100万キロワット級水力発電所、雅礱江(がろうこう)両河口水力発電所で9月29日、最初の50万キロワット発電ユニット2基が稼働を開始した。四川省カンゼ・チベット族自治州雅江県に位置する同発電所は、総投資額が664億5700万元(1元=約17円)、2014年10月に着工、23年に竣工する予定。完成後は総設備容量が300万キロワット、ダムの貯水容量が108億立方メートルに達し、年間発電量は110億キロワット時を超える見通し。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100307115

  •  (1)雅礱江両河口水力発電所で最初の発電ユニットが稼働四川省
    2021年10月03日
    (1)雅礱江両河口水力発電所で最初の発電ユニットが稼働四川省

    空から見た両河口水力発電所のダム。(資料写真)中国で最も標高の高い場所に建設された100万キロワット級水力発電所、雅礱江(がろうこう)両河口水力発電所で9月29日、最初の50万キロワット発電ユニット2基が稼働を開始した。四川省カンゼ・チベット族自治州雅江県に位置する同発電所は、総投資額が664億5700万元(1元=約17円)、2014年10月に着工、23年に竣工する予定。完成後は総設備容量が300万キロワット、ダムの貯水容量が108億立方メートルに達し、年間発電量は110億キロワット時を超える見通し。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100307054

  •  (6)雅礱江両河口水力発電所で最初の発電ユニットが稼働四川省
    2021年10月03日
    (6)雅礱江両河口水力発電所で最初の発電ユニットが稼働四川省

    両河口水力発電所の一部。(7月15日撮影、小型無人機から)中国で最も標高の高い場所に建設された100万キロワット級水力発電所、雅礱江(がろうこう)両河口水力発電所で9月29日、最初の50万キロワット発電ユニット2基が稼働を開始した。四川省カンゼ・チベット族自治州雅江県に位置する同発電所は、総投資額が664億5700万元(1元=約17円)、2014年10月に着工、23年に竣工する予定。完成後は総設備容量が300万キロワット、ダムの貯水容量が108億立方メートルに達し、年間発電量は110億キロワット時を超える見通し。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100307119

  •  「新華社」雅礱江両河口水力発電所で最初の発電ユニットが稼働四川省
    01:03.76
    2021年10月03日
    「新華社」雅礱江両河口水力発電所で最初の発電ユニットが稼働四川省

    中国で最も標高の高い水力発電所、雅礱江(がろうこう)両河口水力発電所で9月29日、最初の50万キロワット発電ユニット2基が稼働を開始した。四川省カンゼ・チベット族自治州雅江県に位置する同発電所は、総投資額が664億5700万元(1元=約17円)、2014年10月に着工、23年に竣工する予定。完成後は総設備容量が300万キロワット、ダムの貯水容量が108億立方メートルに達し、年間発電量は110億キロワット時を超える見通し。同発電所の建設を手掛ける雅礱江流域水電開発は、既存の3千万キロワットの水力発電計画に、4千万キロワット以上の風力・太陽光発電と1千万キロワット以上の揚水発電の開発を加え、雅礱江流域で設備容量8千万キロワットを超える「クリーンエネルギー回廊」を建設する方針を打ち出している。(記者/蕭永航、楊迪) =配信日: 2021(令和3)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100401442

  •  (5)雅礱江両河口水力発電所で最初の発電ユニットが稼働四川省
    2021年10月03日
    (5)雅礱江両河口水力発電所で最初の発電ユニットが稼働四川省

    両河口水力発電所の一部。(7月15日撮影、小型無人機から)中国で最も標高の高い場所に建設された100万キロワット級水力発電所、雅礱江(がろうこう)両河口水力発電所で9月29日、最初の50万キロワット発電ユニット2基が稼働を開始した。四川省カンゼ・チベット族自治州雅江県に位置する同発電所は、総投資額が664億5700万元(1元=約17円)、2014年10月に着工、23年に竣工する予定。完成後は総設備容量が300万キロワット、ダムの貯水容量が108億立方メートルに達し、年間発電量は110億キロワット時を超える見通し。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100307116

  •  (3)雅礱江両河口水力発電所で最初の発電ユニットが稼働四川省
    2021年10月03日
    (3)雅礱江両河口水力発電所で最初の発電ユニットが稼働四川省

    両河口水力発電所の送電線。(8月17日撮影、小型無人機から)中国で最も標高の高い場所に建設された100万キロワット級水力発電所、雅礱江(がろうこう)両河口水力発電所で9月29日、最初の50万キロワット発電ユニット2基が稼働を開始した。四川省カンゼ・チベット族自治州雅江県に位置する同発電所は、総投資額が664億5700万元(1元=約17円)、2014年10月に着工、23年に竣工する予定。完成後は総設備容量が300万キロワット、ダムの貯水容量が108億立方メートルに達し、年間発電量は110億キロワット時を超える見通し。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100307100

  •  (2)雅礱江両河口水力発電所で最初の発電ユニットが稼働四川省
    2021年10月03日
    (2)雅礱江両河口水力発電所で最初の発電ユニットが稼働四川省

    貯水後の両河口水力発電所のダム。(資料写真)中国で最も標高の高い場所に建設された100万キロワット級水力発電所、雅礱江(がろうこう)両河口水力発電所で9月29日、最初の50万キロワット発電ユニット2基が稼働を開始した。四川省カンゼ・チベット族自治州雅江県に位置する同発電所は、総投資額が664億5700万元(1元=約17円)、2014年10月に着工、23年に竣工する予定。完成後は総設備容量が300万キロワット、ダムの貯水容量が108億立方メートルに達し、年間発電量は110億キロワット時を超える見通し。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100307117

  •  (1)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県
    2021年11月05日
    (1)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県

    3日、江蘇省揚州市宝応県にある5万2800キロボルトアンペアの風力発電プロジェクト。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、地域の強みを生かして風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」相互補完産業に力を入れ、グリーン(環境配慮型)で低炭素な発展を推進し続けている。現在、同県の風力発電や太陽光発電など新エネルギープロジェクトによる総設備容量は143万8500キロボルトアンペア、年間発電量は約21億キロワット時に達しており、県内の年間電力消費量の約84%を占めている。これは石炭消費量84万トン分、二酸化炭素(CO2)排出量211万トン分の削減に相当する。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110511201

  •  (2)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県
    2021年11月05日
    (2)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県

    3日、江蘇省揚州市宝応県射陽湖鎮にある15万キロボルトアンペアの「風・光・漁」相互補完産業プロジェクト。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、地域の強みを生かして風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」相互補完産業に力を入れ、グリーン(環境配慮型)で低炭素な発展を推進し続けている。現在、同県の風力発電や太陽光発電など新エネルギープロジェクトによる総設備容量は143万8500キロボルトアンペア、年間発電量は約21億キロワット時に達しており、県内の年間電力消費量の約84%を占めている。これは石炭消費量84万トン分、二酸化炭素(CO2)排出量211万トン分の削減に相当する。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110511202

  •  (12)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県
    2021年11月05日
    (12)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県

    3日、江蘇省揚州市宝応県にある5万2800キロボルトアンペアの風力発電プロジェクトで使われる風力発電タワーのそばで稲を収穫する農家のひと。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、地域の強みを生かして風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」相互補完産業に力を入れ、グリーン(環境配慮型)で低炭素な発展を推進し続けている。現在、同県の風力発電や太陽光発電など新エネルギープロジェクトによる総設備容量は143万8500キロボルトアンペア、年間発電量は約21億キロワット時に達しており、県内の年間電力消費量の約84%を占めている。これは石炭消費量84万トン分、二酸化炭素(CO2)排出量211万トン分の削減に相当する。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110511276

  •  (3)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県
    2021年11月05日
    (3)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県

    3日、江蘇省揚州市宝応県射陽湖鎮にある15万キロボルトアンペアの「風・光・漁」相互補完産業プロジェクトで巡回点検を行う電力スタッフ。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、地域の強みを生かして風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」相互補完産業に力を入れ、グリーン(環境配慮型)で低炭素な発展を推進し続けている。現在、同県の風力発電や太陽光発電など新エネルギープロジェクトによる総設備容量は143万8500キロボルトアンペア、年間発電量は約21億キロワット時に達しており、県内の年間電力消費量の約84%を占めている。これは石炭消費量84万トン分、二酸化炭素(CO2)排出量211万トン分の削減に相当する。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110511235

  •  (11)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県
    2021年11月05日
    (11)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県

    3日、江蘇省揚州市宝応県射陽湖鎮にある15万キロボルトアンペアの「風・光・漁」相互補完産業プロジェクト。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、地域の強みを生かして風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」相互補完産業に力を入れ、グリーン(環境配慮型)で低炭素な発展を推進し続けている。現在、同県の風力発電や太陽光発電など新エネルギープロジェクトによる総設備容量は143万8500キロボルトアンペア、年間発電量は約21億キロワット時に達しており、県内の年間電力消費量の約84%を占めている。これは石炭消費量84万トン分、二酸化炭素(CO2)排出量211万トン分の削減に相当する。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110511277

  •  (4)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県
    2021年11月05日
    (4)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県

    3日、江蘇省揚州市宝応県射陽湖鎮にある15万キロボルトアンペアの「風・光・漁」相互補完産業プロジェクト。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、地域の強みを生かして風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」相互補完産業に力を入れ、グリーン(環境配慮型)で低炭素な発展を推進し続けている。現在、同県の風力発電や太陽光発電など新エネルギープロジェクトによる総設備容量は143万8500キロボルトアンペア、年間発電量は約21億キロワット時に達しており、県内の年間電力消費量の約84%を占めている。これは石炭消費量84万トン分、二酸化炭素(CO2)排出量211万トン分の削減に相当する。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110511227

  •  (5)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県
    2021年11月05日
    (5)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県

    3日、江蘇省揚州市宝応県射陽湖鎮にある15万キロボルトアンペアの「風・光・漁」相互補完産業プロジェクトで巡回点検を行う電力スタッフ。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、地域の強みを生かして風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」相互補完産業に力を入れ、グリーン(環境配慮型)で低炭素な発展を推進し続けている。現在、同県の風力発電や太陽光発電など新エネルギープロジェクトによる総設備容量は143万8500キロボルトアンペア、年間発電量は約21億キロワット時に達しており、県内の年間電力消費量の約84%を占めている。これは石炭消費量84万トン分、二酸化炭素(CO2)排出量211万トン分の削減に相当する。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110511231

  •  (7)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県
    2021年11月05日
    (7)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県

    3日、江蘇省揚州市宝応県にある5万2800キロボルトアンペアの風力発電プロジェクトで使われる風力発電タワーのそばで稲を収穫する農家。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、地域の強みを生かして風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」相互補完産業に力を入れ、グリーン(環境配慮型)で低炭素な発展を推進し続けている。現在、同県の風力発電や太陽光発電など新エネルギープロジェクトによる総設備容量は143万8500キロボルトアンペア、年間発電量は約21億キロワット時に達しており、県内の年間電力消費量の約84%を占めている。これは石炭消費量84万トン分、二酸化炭素(CO2)排出量211万トン分の削減に相当する。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110511229

  •  (8)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県
    2021年11月05日
    (8)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県

    3日、江蘇省揚州市宝応県にある5万2800キロボルトアンペアの風力発電プロジェクト。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、地域の強みを生かして風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」相互補完産業に力を入れ、グリーン(環境配慮型)で低炭素な発展を推進し続けている。現在、同県の風力発電や太陽光発電など新エネルギープロジェクトによる総設備容量は143万8500キロボルトアンペア、年間発電量は約21億キロワット時に達しており、県内の年間電力消費量の約84%を占めている。これは石炭消費量84万トン分、二酸化炭素(CO2)排出量211万トン分の削減に相当する。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110511233

  •  (6)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県
    2021年11月05日
    (6)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県

    3日、江蘇省揚州市宝応県射陽湖鎮にある15万キロボルトアンペアの「風・光・漁」相互補完産業プロジェクト。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、地域の強みを生かして風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」相互補完産業に力を入れ、グリーン(環境配慮型)で低炭素な発展を推進し続けている。現在、同県の風力発電や太陽光発電など新エネルギープロジェクトによる総設備容量は143万8500キロボルトアンペア、年間発電量は約21億キロワット時に達しており、県内の年間電力消費量の約84%を占めている。これは石炭消費量84万トン分、二酸化炭素(CO2)排出量211万トン分の削減に相当する。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110511232

  •  (10)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県
    2021年11月05日
    (10)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県

    3日、江蘇省揚州市宝応県射陽湖鎮にある15万キロボルトアンペアの「風・光・漁」相互補完産業プロジェクト。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、地域の強みを生かして風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」相互補完産業に力を入れ、グリーン(環境配慮型)で低炭素な発展を推進し続けている。現在、同県の風力発電や太陽光発電など新エネルギープロジェクトによる総設備容量は143万8500キロボルトアンペア、年間発電量は約21億キロワット時に達しており、県内の年間電力消費量の約84%を占めている。これは石炭消費量84万トン分、二酸化炭素(CO2)排出量211万トン分の削減に相当する。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110511265

  •  (9)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県
    2021年11月05日
    (9)クリーンエネルギーでグリーン発展を後押し江蘇省宝応県

    3日、江蘇省揚州市宝応県射陽湖鎮にある15万キロボルトアンペアの「「風・光・漁」相互補完産業プロジェクトで巡回点検を行う電力スタッフ。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、地域の強みを生かして風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」相互補完産業に力を入れ、グリーン(環境配慮型)で低炭素な発展を推進し続けている。現在、同県の風力発電や太陽光発電など新エネルギープロジェクトによる総設備容量は143万8500キロボルトアンペア、年間発電量は約21億キロワット時に達しており、県内の年間電力消費量の約84%を占めている。これは石炭消費量84万トン分、二酸化炭素(CO2)排出量211万トン分の削減に相当する。(揚州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110511264

  •  Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年11月28日
    Photovoltaic Landscape Corridor

    A photovoltaic landscape corridor is seen in Taizhou, Jiangsu Province, China, On November 28, 2021. The total length of the corridor is more than 300 meters. Combined with photovoltaic power generation, the annual power generation can reach about 170,000 KWH, saving 7.2 tons of standard coal per year.=2021(令和3)年11月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021113015101

  •  Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年11月28日
    Photovoltaic Landscape Corridor

    A photovoltaic landscape corridor is seen in Taizhou, Jiangsu Province, China, On November 28, 2021. The total length of the corridor is more than 300 meters. Combined with photovoltaic power generation, the annual power generation can reach about 170,000 KWH, saving 7.2 tons of standard coal per year.=2021(令和3)年11月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021113015536

  •  Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年11月28日
    Photovoltaic Landscape Corridor

    A photovoltaic landscape corridor is seen in Taizhou, Jiangsu Province, China, On November 28, 2021. The total length of the corridor is more than 300 meters. Combined with photovoltaic power generation, the annual power generation can reach about 170,000 KWH, saving 7.2 tons of standard coal per year.=2021(令和3)年11月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021113015434

  •  Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年11月28日
    Photovoltaic Landscape Corridor

    A photovoltaic landscape corridor is seen in Taizhou, Jiangsu Province, China, On November 28, 2021. The total length of the corridor is more than 300 meters. Combined with photovoltaic power generation, the annual power generation can reach about 170,000 KWH, saving 7.2 tons of standard coal per year.=2021(令和3)年11月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021113015115

  •  Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年11月28日
    Photovoltaic Landscape Corridor

    A photovoltaic landscape corridor is seen in Taizhou, Jiangsu Province, China, On November 28, 2021. The total length of the corridor is more than 300 meters. Combined with photovoltaic power generation, the annual power generation can reach about 170,000 KWH, saving 7.2 tons of standard coal per year.=2021(令和3)年11月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021113015341

  •  Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年11月28日
    Photovoltaic Landscape Corridor

    A photovoltaic landscape corridor is seen in Taizhou, Jiangsu Province, China, On November 28, 2021. The total length of the corridor is more than 300 meters. Combined with photovoltaic power generation, the annual power generation can reach about 170,000 KWH, saving 7.2 tons of standard coal per year.=2021(令和3)年11月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021113015501

  •  Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年11月28日
    Photovoltaic Landscape Corridor

    A photovoltaic landscape corridor is seen in Taizhou, Jiangsu Province, China, On November 28, 2021. The total length of the corridor is more than 300 meters. Combined with photovoltaic power generation, the annual power generation can reach about 170,000 KWH, saving 7.2 tons of standard coal per year.=2021(令和3)年11月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021113015362

  •  Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年11月28日
    Photovoltaic Landscape Corridor

    A photovoltaic landscape corridor is seen in Taizhou, Jiangsu Province, China, On November 28, 2021. The total length of the corridor is more than 300 meters. Combined with photovoltaic power generation, the annual power generation can reach about 170,000 KWH, saving 7.2 tons of standard coal per year.=2021(令和3)年11月28日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021113015433

  •  China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年12月10日
    China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor

    Aerial photo show a photovoltaic landscape corridor in Taizhou, East China‘s Jiangsu Province, Dec. 10, 2021. With a total length of more than 300 meters, the photovoltaic corridor adopts BIPV technology, integrating sunshade, lighting and landscape functions. The designed power generation capacity of the 453 solar photovoltaic panels in the ceiling of the corridor reaches 167.61 kW, and the annual power generation can reach about 180,000 KWH, which can meet its own power consumption and be integrated into the local power grid at the same time.=2021(令和3)年12月10日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121309583

  •  China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年12月10日
    China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor

    Aerial photo show a photovoltaic landscape corridor in Taizhou, East China‘s Jiangsu Province, Dec. 10, 2021. With a total length of more than 300 meters, the photovoltaic corridor adopts BIPV technology, integrating sunshade, lighting and landscape functions. The designed power generation capacity of the 453 solar photovoltaic panels in the ceiling of the corridor reaches 167.61 kW, and the annual power generation can reach about 180,000 KWH, which can meet its own power consumption and be integrated into the local power grid at the same time.=2021(令和3)年12月10日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121309514

  •  China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年12月10日
    China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor

    Aerial photo show a photovoltaic landscape corridor in Taizhou, East China‘s Jiangsu Province, Dec. 10, 2021. With a total length of more than 300 meters, the photovoltaic corridor adopts BIPV technology, integrating sunshade, lighting and landscape functions. The designed power generation capacity of the 453 solar photovoltaic panels in the ceiling of the corridor reaches 167.61 kW, and the annual power generation can reach about 180,000 KWH, which can meet its own power consumption and be integrated into the local power grid at the same time.=2021(令和3)年12月10日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121309698

  •  China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年12月10日
    China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor

    Aerial photo show a photovoltaic landscape corridor in Taizhou, East China‘s Jiangsu Province, Dec. 10, 2021. With a total length of more than 300 meters, the photovoltaic corridor adopts BIPV technology, integrating sunshade, lighting and landscape functions. The designed power generation capacity of the 453 solar photovoltaic panels in the ceiling of the corridor reaches 167.61 kW, and the annual power generation can reach about 180,000 KWH, which can meet its own power consumption and be integrated into the local power grid at the same time.=2021(令和3)年12月10日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121309639

  •  China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年12月10日
    China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor

    Aerial photo show a photovoltaic landscape corridor in Taizhou, East China‘s Jiangsu Province, Dec. 10, 2021. With a total length of more than 300 meters, the photovoltaic corridor adopts BIPV technology, integrating sunshade, lighting and landscape functions. The designed power generation capacity of the 453 solar photovoltaic panels in the ceiling of the corridor reaches 167.61 kW, and the annual power generation can reach about 180,000 KWH, which can meet its own power consumption and be integrated into the local power grid at the same time.=2021(令和3)年12月10日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121309354

  •  China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年12月10日
    China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor

    Aerial photo show a photovoltaic landscape corridor in Taizhou, East China‘s Jiangsu Province, Dec. 10, 2021. With a total length of more than 300 meters, the photovoltaic corridor adopts BIPV technology, integrating sunshade, lighting and landscape functions. The designed power generation capacity of the 453 solar photovoltaic panels in the ceiling of the corridor reaches 167.61 kW, and the annual power generation can reach about 180,000 KWH, which can meet its own power consumption and be integrated into the local power grid at the same time.=2021(令和3)年12月10日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121309836

  •  China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年12月10日
    China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor

    Aerial photo show a photovoltaic landscape corridor in Taizhou, East China‘s Jiangsu Province, Dec. 10, 2021. With a total length of more than 300 meters, the photovoltaic corridor adopts BIPV technology, integrating sunshade, lighting and landscape functions. The designed power generation capacity of the 453 solar photovoltaic panels in the ceiling of the corridor reaches 167.61 kW, and the annual power generation can reach about 180,000 KWH, which can meet its own power consumption and be integrated into the local power grid at the same time.=2021(令和3)年12月10日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121309612

  •  China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年12月10日
    China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor

    Aerial photo show a photovoltaic landscape corridor in Taizhou, East China‘s Jiangsu Province, Dec. 10, 2021. With a total length of more than 300 meters, the photovoltaic corridor adopts BIPV technology, integrating sunshade, lighting and landscape functions. The designed power generation capacity of the 453 solar photovoltaic panels in the ceiling of the corridor reaches 167.61 kW, and the annual power generation can reach about 180,000 KWH, which can meet its own power consumption and be integrated into the local power grid at the same time.=2021(令和3)年12月10日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121309689

  •  China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年12月10日
    China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor

    Aerial photo show a photovoltaic landscape corridor in Taizhou, East China‘s Jiangsu Province, Dec. 10, 2021. With a total length of more than 300 meters, the photovoltaic corridor adopts BIPV technology, integrating sunshade, lighting and landscape functions. The designed power generation capacity of the 453 solar photovoltaic panels in the ceiling of the corridor reaches 167.61 kW, and the annual power generation can reach about 180,000 KWH, which can meet its own power consumption and be integrated into the local power grid at the same time.=2021(令和3)年12月10日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121309790

  •  China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年12月10日
    China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor

    Aerial photo show a photovoltaic landscape corridor in Taizhou, East China‘s Jiangsu Province, Dec. 10, 2021. With a total length of more than 300 meters, the photovoltaic corridor adopts BIPV technology, integrating sunshade, lighting and landscape functions. The designed power generation capacity of the 453 solar photovoltaic panels in the ceiling of the corridor reaches 167.61 kW, and the annual power generation can reach about 180,000 KWH, which can meet its own power consumption and be integrated into the local power grid at the same time.=2021(令和3)年12月10日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121309712

  •  China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年12月10日
    China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor

    Aerial photo show a photovoltaic landscape corridor in Taizhou, East China‘s Jiangsu Province, Dec. 10, 2021. With a total length of more than 300 meters, the photovoltaic corridor adopts BIPV technology, integrating sunshade, lighting and landscape functions. The designed power generation capacity of the 453 solar photovoltaic panels in the ceiling of the corridor reaches 167.61 kW, and the annual power generation can reach about 180,000 KWH, which can meet its own power consumption and be integrated into the local power grid at the same time.=2021(令和3)年12月10日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121309507

  •  China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor
    2021年12月10日
    China Taizhou Photovoltaic Landscape Corridor

    Aerial photo show a photovoltaic landscape corridor in Taizhou, East China‘s Jiangsu Province, Dec. 10, 2021. With a total length of more than 300 meters, the photovoltaic corridor adopts BIPV technology, integrating sunshade, lighting and landscape functions. The designed power generation capacity of the 453 solar photovoltaic panels in the ceiling of the corridor reaches 167.61 kW, and the annual power generation can reach about 180,000 KWH, which can meet its own power consumption and be integrated into the local power grid at the same time.=2021(令和3)年12月10日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121309805

  •  「新華社」中国企業が建設を請け負ったクロアチア風力発電所、正式に稼働
    00:34.45
    2021年12月16日
    「新華社」中国企業が建設を請け負ったクロアチア風力発電所、正式に稼働

    中国の国有企業、中国北方工業傘下の中国北方国際合作が投資して建設を請け負った、クロアチア・セニ郡の風力発電プロジェクト稼働式がこのほど、同国の首都ザグレブで行われた。同国のプレンコビッチ首相は式典でのあいさつで、このプロジェクトはセニ郡だけでなくクロアチア全国のクリーン・再生可能エネルギーの生産促進に大きな意義を持つと述べた。同国は再生可能エネルギー発電量の増加を重要な目標の一つとしており、北方国際合作は同国のグリーン(環境配慮型)経済分野で最大の投資者の一つになっている。プレンコビッチ氏はまた、中国とクロアチアは過去5年間に「一帯一路」共同建設を通じて関係発展のために土台を築いたと指摘。両国関係の発展は潜在力が大きく、見通しが明るく、より多くの中国企業が投資し、事業を立ち上げることを期待すると述べた。斉前進(せい・ぜんしん)駐クロアチア中国大使はあいさつで、セニ風力発電プロジェクトは中国が積極的に提唱するグリーン・低炭素発展協力の手本で、現地企業の発展促進、雇用と税収の拡大、現地の経済・社会の発展促進などの面で積極的な役割を果たすと指摘。中国の対外経済貿易協力と「一帯一路」構想が堅持する互恵・ウィンウィン、共同発展理念を十分に体現していると強調した。中国北方工業の張冠傑(ちょう・かんけつ)総裁は新華社の書面取材に答え、北方国際合作は欧州市場に進出して新エネルギープロジェクトを手掛け、中国の風力発電設備を欧州市場に大規模に導入、中国製造(メード・イン・チャイナ)、中国設備、中国ソリューションの先進的な実力を十分に示したと述べた。同プロジェクトはクロアチア中部の沿海都市セニに位置し、2018年11月に着工、総投資額は1億7900万ユーロ(1ユーロ=約128円)。総出力容量は156メガワットで、単機容量4メガワットの風力発電機39基が設置され、面積は42・8平方キロメートルに及ぶ。稼働後の年間発電量は5億3千万キロワット時で、二酸化炭素(CO2)排出量を約46万トン削減できる見込みで、クロアチアのエネルギー構造転換とグリーン経済発展を促進する力強い原動力になると期待されている。(記者/李学軍) =配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121606541

  •  China New Energy Electricity Generation Exceeded 1 Trillion KWH
    2021年12月25日
    China New Energy Electricity Generation Exceeded 1 Trillion KWH

    Electric power workers check the operation of photovoltaic equipment at fishing light Complementary Photovoltaic Power Generation Base in Taizhou, East China‘s Jiangsu Province, On December 25, 2021. China‘s annual electricity generation from new energy exceeded 1 trillion kilowatt-hours for the first time.=2021(令和3)年12月25日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122908879

  •  China New Energy Electricity Generation Exceeded 1 Trillion KWH
    2021年12月25日
    China New Energy Electricity Generation Exceeded 1 Trillion KWH

    Electric power workers check the operation of photovoltaic equipment at fishing light Complementary Photovoltaic Power Generation Base in Taizhou, East China‘s Jiangsu Province, On December 25, 2021. China‘s annual electricity generation from new energy exceeded 1 trillion kilowatt-hours for the first time.=2021(令和3)年12月25日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122908429

  •  China New Energy Electricity Generation Exceeded 1 Trillion KWH
    2021年12月25日
    China New Energy Electricity Generation Exceeded 1 Trillion KWH

    Electric power workers check the operation of photovoltaic equipment at fishing light Complementary Photovoltaic Power Generation Base in Taizhou, East China‘s Jiangsu Province, On December 25, 2021. China‘s annual electricity generation from new energy exceeded 1 trillion kilowatt-hours for the first time.=2021(令和3)年12月25日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122908432

  •  China New Energy Electricity Generation Exceeded 1 Trillion KWH
    2021年12月25日
    China New Energy Electricity Generation Exceeded 1 Trillion KWH

    Electric power workers check the operation of photovoltaic equipment at fishing light Complementary Photovoltaic Power Generation Base in Taizhou, East China‘s Jiangsu Province, On December 25, 2021. China‘s annual electricity generation from new energy exceeded 1 trillion kilowatt-hours for the first time.=2021(令和3)年12月25日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122908602

  • 1
  • 2