KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • カタツムリ
  • 運命
  • ケヤキ
  • 名作
  • 幸田文
  • 文学
  • 画像
  • 空襲
  • 関東大震災

「幸田露伴」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
19
( 1 19 件を表示)
  • 1
19
( 1 19 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 1947年08月02日
    幸田露伴翁葬儀

    幸田露伴翁の葬儀で焼香する喪主の幸田文さん=昭和22年8月2日

    商品コード: 2003122000444

  • 2014年09月24日
    焼香する幸田文さん 幸田露伴葬儀

    幸田露伴の葬儀で焼香する娘で喪主の幸田文さん=1947(昭和22)年8月2日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第1巻使用画像(P191)

    商品コード: 2014092400478

  • 2020年11月17日
    幸田露伴 カタツムリと「運命」

    幸田露伴

    商品コード: 2020111705638

  • 2020年11月17日
    カタツムリと「運命」

    東京都墨田区・幸田露伴の文学碑

    商品コード: 2020111705891

  • 2020年11月17日
    カタツムリと「運命」

    東京都墨田区・幸田露伴の文学碑

    商品コード: 2020111705889

  • 2020年11月17日
    カタツムリと「運命」

    東京都墨田区・幸田露伴の文学碑

    商品コード: 2020111705895

  • 2020年11月17日
    カタツムリと「運命」

    東京都墨田区・幸田露伴の文学碑

    商品コード: 2020111705887

  • 2017年12月02日
    幸田露伴の著作 100年後の君にこの本を

    100年前に寄贈された幸田露伴の著作=徳島市

    商品コード: 2017120200080

  • 1997年09月12日
    幸田露伴と安藤広重 平成9年文化人切手を発行

    発売される「平成9年文化人切手」の「幸田露伴」(左)と「安藤広重」

    商品コード: 1997091200073

  • 1937年05月10日

    別人K 86563 ◎幸田露伴(こうだ・ろはん)、本名・幸田成行、小説家、1937(昭和12)年5月10日撮影、顔

    商品コード: 2005060800331

  • 1965年12月23日
    (こうだ・あや) 幸田文

    作家、随筆家、幸田露伴の二女、作品に小説「おとうと」「闘」「きもの」、随筆「崩れ」「木」など=1965(昭和40)年10月7日撮影

    商品コード: 2006100500134

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1957年07月06日
    炎に包まれた五重塔 谷中の五重塔が焼失

    1957年7月6日未明、東京・谷中の天王寺五重塔が放火心中によって焼失した。総ケヤキ造りで、高さ約34メートル。関東大震災や空襲でも難を免れたこの塔は、幸田露伴の名作「五重塔」のモデルとしても知られた=1957(昭和32)年7月6日、東京都台東区谷中

    商品コード: 2016021200349

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1957年07月06日
    谷中五重塔で心中放火

    1791年(寛政3年)に建立され幸田露伴の「五重塔」のモデルといわれる東京・谷中の天王寺五重塔が7月6日未明に出火、全焼した。焼け跡から男女2人の焼死体が発見され心中放火したものと判明した=1957(昭和32)年7月6日

    商品コード: 2003010600146

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年06月26日
    露伴の小説モデル 五重塔、放火心中で焼失

    1957(昭和32)年7月6日未明、東京・谷中の五重塔が放火心中によって焼失した。江戸時代初期に感応寺(後の天王寺)境内に建てられた初代の塔は焼失し、1791年に再建された。総ケヤキ造りで、高さ約34メートル。関東大震災や空襲でも難を免れ、幸田露伴の名作「五重塔」のモデルで知られた。

    商品コード: 2014062600598

  • 1975年11月04日
    法輪寺三重塔が落慶法要

    落慶法要が営まれた法輪寺三重塔。1944(昭和19)年、落雷のため焼失した三重塔は、住職らの再建行脚募金に、小説「五重塔」の幸田露伴の娘で作家の幸田文さんが「塔を愛した父の心を生かしたい」と同小説の著作権料を寄付するなど協力、今春完成した=1975(昭和50)年11月4日、奈良県・斑鳩

    商品コード: 2013041500153

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年07月01日
    露伴の小説モデル 五重塔、放火心中で焼失

    1957(昭和32)年7月6日未明、東京・谷中の五重塔が放火心中によって焼失した。江戸時代初期に感応寺(後の天王寺)境内に建てられた初代の塔は焼失し、1791年に再建された。総ケヤキ造りで、高さ約34メートル。関東大震災や空襲でも難を免れ、幸田露伴の名作「五重塔」のモデルで知られた。

    商品コード: 2010070100180

  • 2014年12月05日
    燃える五重塔 谷中の五重塔が焼失

    1957年7月6日未明、東京・谷中の天王寺五重塔が放火心中によって焼失した。総ケヤキ造りで、高さ約34メートル。関東大震災や空襲でも難を免れたこの塔は、幸田露伴の名作「五重塔」のモデルとしても知られた=1957(昭和32)年7月6日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第3巻使用画像(P113)

    商品コード: 2014120500307

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    谷中天王寺五重塔

    幸田露伴『五重塔』にも描かれた天台宗天王寺の墓地。手前に人力車、その向こうにあるのは荷車か。道沿いに松や桜が並んでいる。五重塔は昭和32年心中放火事件のため消失。現在は礎石のみが残る。徳川慶喜の墓がある。=撮影年月日不明、東京、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号20‐20‐0]

    商品コード: 2017080201881

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    谷中天王寺五重塔

    幸田露伴の『五重塔』のモデル。谷中の共同墓地のある所だが、往時は天王寺の伽藍だった。五重塔は感応寺と言っていた正保元年(1644)に創建。しかし安永元年(1772)焼失。それで寛政元年(1791)に再建されたのがこの写真の五重の塔である。上野戦争では焼失を免れたが、昭和32年の放火で焼失。現在は土台の礎石しかない。明治中期。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号64‐26‐0]

    商品コード: 2017082300948

  • 1