KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 平成
  • 位置
  • 国務院
  • そうこう
  • 三国時代
  • 剣山
  • 剣閣
  • 場所
  • 天下第一

「広元市」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
32
( 1 32 件を表示)
  • 1
32
( 1 32 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月24日
    「821工場」へ通じる道路 核施設にコンクリート搬入

    核関連施設「821工場」に通じる道路の入り口=23日、四川省広元市三堆(共同)

    商品コード: 2008052400315

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月24日
    居住地区のゲート 核施設にコンクリート搬入

    核関連施設の作業員らが生活する地区の入り口に設置されたゲート。記者の立ち入りは禁止された=23日、四川省広元市三堆(共同)

    商品コード: 2008052400319

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月24日
    警備する公安関係者 核施設にコンクリート搬入

    核関連施設の作業員らが生活する四川省広元市三堆で、市街地の入り口を警備する公安関係者=23日(共同)

    商品コード: 2008052400320

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月24日
    821工場の入り口付近 核施設にコンクリート搬入

    核関連施設「821工場」の入り口付近=23日、四川省広元市三堆(共同)

    商品コード: 2008052400321

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月24日
    核施設にコンクリート搬入

    四川省・広元市三堆

    商品コード: 2008052400394

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月24日
    核施設にコンクリート搬入

    四川省・広元市三堆

    商品コード: 2008052400395

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月24日
    核施設にコンクリート搬入

    四川省・広元市三堆

    商品コード: 2008052400397

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月24日
    核施設にコンクリート搬入

    四川省・広元市三堆

    商品コード: 2008052400398

  • 2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関風景区内に展示されている「諸葛連弩」(諸葛孔明が発明したとされる同時に複数の矢が放てる弩)のレプリカ。(2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601493

  • 2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関風景区内に展示されている「諸葛連弩」(諸葛孔明が発明したとされる同時に複数の矢が放てる弩)のレプリカ。(2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601505

  • 2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関と古蜀道。(小型無人機から、2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601545

  • 2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関。(2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601557

  • 2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関と古蜀道。(小型無人機から、2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601542

  • 2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関。(2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601566

  • 2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関。(小型無人機から、2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601510

  • 2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関と古蜀道。(小型無人機から、2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601553

  • 2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関。(2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601552

  • 2017年09月17日
    三国志屈指の難攻不落の砦「剣門関」四川省広元市

    四川省広元市の剣門関。(2017年9月17日撮影)中国の三国時代、蜀征伐の軍を起こした魏軍と蜀軍との間で攻防戦が繰り広げられた「剣門関」は、四川省広元市から南へ15キロの場所にある。四川盆地北端の断層帯、大剣山と小剣山の狭間に位置し、道の両側は断崖絶壁がそびえる。連なる峰が剣のように切り立ち、向き合う絶壁が門のようであることから「剣門」と名付けられた。中国で最も有名な天然の要害の一つで「剣門天下の険」「天下第一関」「蜀の門戸」とも呼ばれる。蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)はこの地に30里の桟道を敷設し、要塞を築いて守りを固め「剣閣」と称した。唐代の詩人李白がその詩「蜀道難」で「剣閣は崢嶸(そうこう)として崔嵬(さいかい)たり、一夫関に当たれば万夫も開く莫(な)し(剣閣の山は高く険しい、1人が関所を守れば1万人でも落とすことはできない)」と称えたことでその名は国内外でさらに高まることとなった。剣門関は1982年、国務院によって第1期の国家重点風景名勝区に指定され、2010年9月には国家4A級(上から2番目)風景区に指定された。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601520

  • 2018年03月15日
    全人代代表貧困脱却堅塁攻略の経験と実践を語る

    15日、記者と交流する全人代代表、四川省広元市蒼渓県白駅鎮岫雲村党支部書記の李君氏。国務院新聞弁公室は15日、北京で国内外のメディアに向け記者会見を開催し、4人の末端からの全国人民代表大会(全人代)代表が「貧困脱却堅塁攻略」をめぐり、貧困脱却扶助の経験と実践について語った。(北京=新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018031900835

  • 2018年04月17日
    四川省長江上流の生態障壁の構築を加速

    四川省広元市の青川県内上高地に広がる樹木。(4月17日ドローン撮影)長江上流の重要な水源涵養区にあたる四川省は近年、重点プロジェクトの造林、「長江回廊」の造林、草原の生態修復といった一連の生態プロジェクト建設を推進することで、長江上流の生態障壁の構築を加速し、2020年までに年間平均の造林面積を3千万ムー(約200万ヘクタール)に、森林カバー率を40%にするよう努めていくという。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2018(平成30)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051100659

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月11日
    空から見た汶川地震の被災地10年で大きく変貌

    上:2009年2月11日、四川省広元市青川県の東河口地震遺址公園。(新華社記者/江宏景)下:2018年5月11日、東河口地震遺址公園。(新華社記者/才揚)汶川地震(四川大地震)は12日に発生から10年を迎えた。10年前のあの大地震は、被災地に深刻な被害を与えた。10年後の今、震災地は復興と開発を経て大きく変貌した。(成都=新華社配信)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400625

  • 2018年05月22日
    地元の農畜産物のオンライン販売が好調四川省広元市

    飼育している「年華猪」を抱く岫雲村の住民。(2018年5月22日撮影)中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地の奥深くに位置する四川省広元市蒼渓(そうけい)県には、「岫雲(しゅううん)村」という名の村がある。近年、この村で飼育されている「時光鶏(ニワトリ)」「歳月鴨(アヒル)」「年華猪(ブタ)」などの農畜産物のオンライン販売が好調で、売り上げを伸ばしており、村の人たちを喜ばせている。(成都=新華社配信/李春元)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802179

  • 2018年06月21日
    地元の農畜産物のオンライン販売が好調四川省広元市

    飼育している「歳月鴨」を抱く岫雲村の住民。(2018年6月21日撮影)中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地の奥深くに位置する四川省広元市蒼渓(そうけい)県には、「岫雲(しゅううん)村」という名の村がある。近年、この村で飼育されている「時光鶏(ニワトリ)」「歳月鴨(アヒル)」「年華猪(ブタ)」などの農畜産物のオンライン販売が好調で、売り上げを伸ばしており、村の人たちを喜ばせている。(成都=新華社配信/李春元)=2018(平成30)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802146

  • 03:15.94
    2018年09月01日
    「新華社」【字幕あり】「女児節」でフェニックスボートレース四川省広元市

    則天武后の生誕地とされる中国四川省広元市で1日、年に一度の「女児節」(旧暦の七夕)が開幕し、地元の12チームが独特の「フェニックスボートレース」(鳳舟賽)を繰り広げた。フェニックスボートレースは、毎年の「女児節」で最も盛り上がるイベントとされる。ドラゴンボートレース(龍舟賽)と異なり、レースに使われるのは鳳凰の形をした船で、チームはかじ取り1人を除き全員女性。広元のフェニックスボートレースは2013年、中国体育無形文化遺産で初の保護・振興プロジェクトに選ばれた。【解説】レースが終わると、きらびやかに飾り付けた10艇余りのボートが南河を巡る。船上では、川劇(せんげき、四川省の伝統芸能)の変臉(へんれん、瞬時に隈取を変える技巧)や山歌対唱(掛け合い形式の民謡)などの出し物も行われる。市内では祭りの期間中、「万人山歌対唱」(山歌を大勢の掛け合いで歌う)や「川北嗩呐」(四川伝統のチャルメラ演奏)などの民俗パフォーマンス、集団お見合い、健康バドミントンなど、市民に人気の文化・体育活動も行われる。(記者/劉海、蕭永航)<映像内容>フェニックスボートレースの様子、広元市人民政府呉桂華副市長のコメント、民俗パフォーマンス、撮影日:2018(平成30)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018090502890

  • 2019年12月27日
    地元の農畜産物のオンライン販売が好調四川省広元市

    飼育している「時光鶏」を抱く岫雲村の住民。(2019年12月27日撮影)中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地の奥深くに位置する四川省広元市蒼渓(そうけい)県には、「岫雲(しゅううん)村」という名の村がある。近年、この村で飼育されている「時光鶏(ニワトリ)」「歳月鴨(アヒル)」「年華猪(ブタ)」などの農畜産物のオンライン販売が好調で、売り上げを伸ばしており、村の人たちを喜ばせている。(成都=新華社配信/李春元)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802169

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月18日
    四川大地震の被災地域、12年間で送電線1万7千キロを建設

    220キロボルト新型変電所で備品の取り付けを行う国家電網の作業員。(3月18日撮影)中国送電大手国家電網傘下の四川省電力はこのほど、同省アバ・チベット族チャン族自治州汶川県を震源として2008年に発生した汶川大地震(四川大地震)からの12年間に、国家電網は638億元(1元=約15円)を投じて省内の地震被害地域で送電網整備を進め、送電線が新たに1万7千キロ延びたことを明らかにした。被害地域の変電所は385カ所から617カ所に、変電容量は2507万キロボルトアンペアから6172万キロボルトアンペアに、送電線の全長は2万1千キロから3万8千キロにそれぞれ増加した。2008年5月12日に発生したマグニチュード8・0の汶川大地震により、四川省の送電網は深刻な被害を受けた。変電所171カ所、送電線2751本が運用停止となり、阿壩県、徳陽市、綿陽市、広元市など被災が極めて深刻な地域では送電網のほとんどが破損し、405万世帯が停電し、直接的な経済損失は106億元に達した。(成都=新華社配信/傅朋偉)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800684

  • 2020年05月07日
    地元の農畜産物のオンライン販売が好調四川省広元市

    四川省広元市蒼渓県岫雲村の麦畑で豊作を喜ぶ村の人たち。(5月7日撮影)中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地の奥深くに位置する四川省広元市蒼渓(そうけい)県には、「岫雲(しゅううん)村」という名の村がある。近年、この村で飼育されている「時光鶏(ニワトリ)」「歳月鴨(アヒル)」「年華猪(ブタ)」などの農畜産物のオンライン販売が好調で、売り上げを伸ばしており、村の人たちを喜ばせている。(成都=新華社配信/李春元)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802174

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月09日
    四川大地震の被災地域、12年間で送電線1万7千キロを建設

    9日、汶川県にある220キロボルト二台山変電所内をパトロールするスマート巡回ロボット「萌牛1号」。中国送電大手国家電網傘下の四川省電力はこのほど、同省アバ・チベット族チャン族自治州汶川県を震源として2008年に発生した汶川大地震(四川大地震)からの12年間に、国家電網は638億元(1元=約15円)を投じて省内の地震被害地域で送電網整備を進め、送電線が新たに1万7千キロ延びたことを明らかにした。被害地域の変電所は385カ所から617カ所に、変電容量は2507万キロボルトアンペアから6172万キロボルトアンペアに、送電線の全長は2万1千キロから3万8千キロにそれぞれ増加した。2008年5月12日に発生したマグニチュード8・0の汶川大地震により、四川省の送電網は深刻な被害を受けた。変電所171カ所、送電線2751本が運用停止となり、阿壩県、徳陽市、綿陽市、広元市など被災が極めて深刻な地域では送電網のほとんどが破損し、405万世帯が停電し、直接的な経済損失は106億元に達した。(成都=新華社配信/芶智東)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800695

  • 2020年05月23日
    楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省

    四川省広元市皇沢寺の「西方三聖(阿弥陀三尊)」。(資料写真)中国の四川省文物局と重慶市文物局、四川省楽山市人民政府が共催する「雕飾山河‐巴蜀地区の石窟・摩崖(まがい)造像芸術展」が13日、楽山市で開幕した。石窟と摩崖造像(岩壁に掘られた仏像などの彫刻)は中国の重要な文化遺産の一つとされる。中でもかつて「巴蜀」と呼ばれた四川省と重慶市の石窟と摩崖造像を代表とする中国南方地域の石窟と造像は、中国の芸術史で非常に重要な地位を占める。(広元=新華社配信)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706183

  • 2020年06月16日
    楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省

    四川省広元市の「千仏崖造像」。(資料写真)中国の四川省文物局と重慶市文物局、四川省楽山市人民政府が共催する「雕飾山河‐巴蜀地区の石窟・摩崖(まがい)造像芸術展」が13日、楽山市で開幕した。石窟と摩崖造像(岩壁に掘られた仏像などの彫刻)は中国の重要な文化遺産の一つとされる。中でもかつて「巴蜀」と呼ばれた四川省と重慶市の石窟と摩崖造像を代表とする中国南方地域の石窟と造像は、中国の芸術史で非常に重要な地位を占める。(広元=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706159

  • 2021年04月19日
    李克強氏、四川省を視察

    19日、広元市青嶺村を視察する李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理は19、20両日、四川省の広元、徳陽、成都各市を視察した。(成都=新華社記者/丁海濤)=配信日:2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042208177

  • 01:21.70
    2021年10月15日
    「新華社」ジャイアントパンダ国家公園に生息する野生動物四川省

    中国四川省広元市にあるジャイアントパンダ国家公園唐家河エリアは、世界の生物多様性保全に最も力を入れている地区の一つで、「天然のジーンバンク」や「岷山(みんざん)山系の緑の真珠」と呼ばれており、中国の低標高地域に生息する希少な野生動物に出会う確率が最も高い地区の一つとされている。同エリアの摩天嶺四角湾区域に設置された赤外線カメラが3月29日~9月1日に撮影したデータ1286件からは、野生動物17種類の姿が見られた。ジャイアントパンダやターキン、キンシコウ、ゴーラル、チベットマカクなど哺乳類14種類と、ベニジュケイ、ノドジロガビチョウ、カキハガビチョウの鳥類3種類が含まれている。(記者/張超群) =配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101510689

  • 1