KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 風景
  • 民族文化
  • 民族衣装
  • 歴史
  • 農業
  • 観光客
  • ヘクター
  • ムー

「広南県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
82
( 1 82 件を表示)
  • 1
82
( 1 82 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  観光フェスティバルで出合う雲南の味
    2018年09月19日
    観光フェスティバルで出合う雲南の味

    19日、世界稲作文化観光フェスティバルで広南県のさまざまな料理を見たり、撮影したりして楽しむ国内外からの来場者。中国・広南2018世界稲作文化観光フェスティバルが19日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の蓮城(れんじょう)鎮で開幕した。特色ある料理が100種類以上用意され、各地から訪れた人々は地元料理を楽しんだ。(広南=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516889

  •  観光フェスティバルで出合う雲南の味
    2018年09月19日
    観光フェスティバルで出合う雲南の味

    19日、世界稲作文化観光フェスティバルで提供された広南県の「五彩貢米飯」(五色ご飯)。中国・広南2018世界稲作文化観光フェスティバルが19日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の蓮城(れんじょう)鎮で開幕した。特色ある料理が100種類以上用意され、各地から訪れた人々は地元料理を楽しんだ。(広南=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516487

  •  観光フェスティバルで出合う雲南の味
    2018年09月19日
    観光フェスティバルで出合う雲南の味

    19日、世界稲作文化観光フェスティバルで地元広南県の料理を準備するスタッフ。中国・広南2018世界稲作文化観光フェスティバルが19日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の蓮城(れんじょう)鎮で開幕した。特色ある料理が100種類以上用意され、各地から訪れた人々は地元料理を楽しんだ。(広南=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092516795

  •  田園風景を舞台とした「秋收礼祭」雲南省広南県
    2018年09月21日
    田園風景を舞台とした「秋收礼祭」雲南省広南県

    21日、八宝鎮の水田で「豊作」を祝うシーンを演じる広南県の役者と地元住民。(小型無人機から)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県八宝鎮で21日、田園風景を舞台とした屋外ショー「秋收礼祭(収穫祭)」が上演された。水田を舞台に祭礼や収穫、品評などのシーンが取り入れられ、古代から続く広南の稲作文化、人民の勤労精神ともてなしの心を表現した。(広南=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620786

  •  田園風景を舞台とした「秋收礼祭」雲南省広南県
    2018年09月21日
    田園風景を舞台とした「秋收礼祭」雲南省広南県

    21日、八宝鎮の水田で「豊作」を祝うシーンを演じる広南県の役者と地元住民。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県八宝鎮で21日、田園風景を舞台とした屋外ショー「秋收礼祭(収穫祭)」が上演された。水田を舞台に祭礼や収穫、品評などのシーンが取り入れられ、古代から続く広南の稲作文化、人民の勤労精神ともてなしの心を表現した。(広南=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620848

  •  田園風景を舞台とした「秋收礼祭」雲南省広南県
    2018年09月21日
    田園風景を舞台とした「秋收礼祭」雲南省広南県

    21日、八宝鎮の水田で「豊作」を祝うシーンを演じる広南県の役者と地元住民。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県八宝鎮で21日、田園風景を舞台とした屋外ショー「秋收礼祭(収穫祭)」が上演された。水田を舞台に祭礼や収穫、品評などのシーンが取り入れられ、古代から続く広南の稲作文化、人民の勤労精神ともてなしの心を表現した。(広南=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620774

  •  田園風景を舞台とした「秋收礼祭」雲南省広南県
    2018年09月21日
    田園風景を舞台とした「秋收礼祭」雲南省広南県

    21日、八宝鎮の水田で「豊作」を祝うシーンを演じる広南県の役者と地元住民。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県八宝鎮で21日、田園風景を舞台とした屋外ショー「秋收礼祭(収穫祭)」が上演された。水田を舞台に祭礼や収穫、品評などのシーンが取り入れられ、古代から続く広南の稲作文化、人民の勤労精神ともてなしの心を表現した。(広南=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620802

  •  田園風景を舞台とした「秋收礼祭」雲南省広南県
    2018年09月21日
    田園風景を舞台とした「秋收礼祭」雲南省広南県

    21日、八宝鎮の水田で「労働」を表すシーンを演じる広南県の役者と地元住民。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県八宝鎮で21日、田園風景を舞台とした屋外ショー「秋收礼祭(収穫祭)」が上演された。水田を舞台に祭礼や収穫、品評などのシーンが取り入れられ、古代から続く広南の稲作文化、人民の勤労精神ともてなしの心を表現した。(広南=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092620860

  •  文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村
    2019年04月06日
    文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村

    6日、板江村の村民、王文蓮(おう・ぶんれん)さん(左から2人目)からチワン族の伝統的な刺繍についての説明を受ける成都市から来たカメラマン、金平(きん・へい)さん。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701340

  •  文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村
    2019年04月06日
    文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村

    6日、チワン族女性の伝統衣装を披露する板江村の村民、李広利(り・こうり)さん。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701325

  •  文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村
    2019年04月06日
    文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村

    6日、自宅の前に立つ板江村の村民、陸光明(りく・こうめい)さん(中央)とその妻、娘。地元住民の多くがこのような家に住んでいる。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701365

  •  文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村
    2019年04月06日
    文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村

    6日、伝統的な技法で民族衣装の縁部分の模様を編む糸を作る板江村の村民、李中(り・ちゅう)さん。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701371

  •  文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村
    2019年04月07日
    文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村

    7日、針仕事に精を出す板江村の女性たち。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701364

  •  文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村
    2019年04月07日
    文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村

    7日、織り機で麻布を織る板江村の村民、陸乜茹(りく・ばじょ)さん。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701346

  •  文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村
    2019年04月07日
    文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村

    7日、草木染の麻布を干す板江村の村民、李乜修(り・ばしゅう)さん。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701388

  •  文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村
    2019年04月07日
    文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村

    7日、炊きあがった色鮮やかなご飯を子どもに手渡す板江村の村民、陸的刀(りく・てきとう)さん(中央)。このご飯は地元で採れたもち米を使い、薬草で色付けしてから蒸したもの。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701403

  •  文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村
    2019年04月07日
    文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村

    7日、板江村で、村民の李乜修(り・ばしゅう)さんによる伝統的な草木染の作業の様子を撮影する成都から来たカメラマンたち。彼らは「民芸遊学計画」のメンバーでもある。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701391

  •  文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村
    2019年04月07日
    文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村

    7日、チワン族の特色ある高床式住居を建てる板江村の村民、李天安(り・てんあん)さん。地元住民の多くがこのような家に住んでいる。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701318

  •  文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村
    2019年04月07日
    文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村

    7日、空から見た板江村。(小型無人機から)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701387

  •  文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村
    2019年04月07日
    文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村

    7日、民宿の寝室でベッドメイキングをする板江村の人。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701370

  •  「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県
    2019年05月04日
    「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県

    4日、雲南省広南県で、民族衣装に身を包み、町を練り歩く地元の人々。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南(こうなん)県で4、5両日、盛装したチワン族の人々が、銅鑼や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。皇姑は、明朝滅亡後に南方に逃れた皇族により建てられた南明政権の永暦帝・朱由榔の妹、安化郡主を指す。「皇姑節」は同県蓮城(れんじょう)鎮で367年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭で、毎年旧暦4月に行われる。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(こうこびょう)に集まり、チワン族特有のお酒や花糯米飯(植物でもち米を様々な色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香を焚いて「皇姑」が富や幸福、平安をもたらし、この一年が平和な年になるようお祈りする。「皇姑節」は、今では地元の重要な民族的・文化的なイベントになっている。(広南=新華社配信/李建楠)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903678

  •  「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県
    2019年05月04日
    「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県

    4日、雲南省広南県で、民族衣装に身を包み、町を練り歩く地元の人々。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南(こうなん)県で4、5両日、盛装したチワン族の人々が、銅鑼や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。皇姑は、明朝滅亡後に南方に逃れた皇族により建てられた南明政権の永暦帝・朱由榔の妹、安化郡主を指す。「皇姑節」は同県蓮城(れんじょう)鎮で367年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭で、毎年旧暦4月に行われる。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(こうこびょう)に集まり、チワン族特有のお酒や花糯米飯(植物でもち米を様々な色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香を焚いて「皇姑」が富や幸福、平安をもたらし、この一年が平和な年になるようお祈りする。「皇姑節」は、今では地元の重要な民族的・文化的なイベントになっている。(広南=新華社配信/李建楠)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903735

  •  「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県
    2019年05月04日
    「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県

    4日、雲南省広南県で行われた民族情緒あふれる公演の様子。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南(こうなん)県で4、5両日、盛装したチワン族の人々が、銅鑼や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。皇姑は、明朝滅亡後に南方に逃れた皇族により建てられた南明政権の永暦帝・朱由榔の妹、安化郡主を指す。「皇姑節」は同県蓮城(れんじょう)鎮で367年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭で、毎年旧暦4月に行われる。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(こうこびょう)に集まり、チワン族特有のお酒や花糯米飯(植物でもち米を様々な色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香を焚いて「皇姑」が富や幸福、平安をもたらし、この一年が平和な年になるようお祈りする。「皇姑節」は、今では地元の重要な民族的・文化的なイベントになっている。(広南=新華社配信/李建楠)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903739

  •  「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県
    2019年05月04日
    「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県

    4日、雲南省広南県で、大勢の人出でにぎわう「皇姑節」の様子。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南(こうなん)県で4、5両日、盛装したチワン族の人々が、銅鑼や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。皇姑は、明朝滅亡後に南方に逃れた皇族により建てられた南明政権の永暦帝・朱由榔の妹、安化郡主を指す。「皇姑節」は同県蓮城(れんじょう)鎮で367年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭で、毎年旧暦4月に行われる。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(こうこびょう)に集まり、チワン族特有のお酒や花糯米飯(植物でもち米を様々な色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香を焚いて「皇姑」が富や幸福、平安をもたらし、この一年が平和な年になるようお祈りする。「皇姑節」は、今では地元の重要な民族的・文化的なイベントになっている。(広南=新華社配信/李建楠)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903687

  •  「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県
    2019年05月04日
    「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県

    4日、雲南省広南県で、民族衣装に身を包み、町を練り歩く地元の人々。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南(こうなん)県で4、5両日、盛装したチワン族の人々が、銅鑼や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。皇姑は、明朝滅亡後に南方に逃れた皇族により建てられた南明政権の永暦帝・朱由榔の妹、安化郡主を指す。「皇姑節」は同県蓮城(れんじょう)鎮で367年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭で、毎年旧暦4月に行われる。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(こうこびょう)に集まり、チワン族特有のお酒や花糯米飯(植物でもち米を様々な色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香を焚いて「皇姑」が富や幸福、平安をもたらし、この一年が平和な年になるようお祈りする。「皇姑節」は、今では地元の重要な民族的・文化的なイベントになっている。(広南=新華社配信/李建楠)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903689

  •  「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県
    2019年05月04日
    「皇姑節」を祝うチワン族の人々雲南省広南県

    4日、雲南省広南県で行われた盛大な「迎賓火塘会(キャンプファイヤー)」。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南(こうなん)県で4、5両日、盛装したチワン族の人々が、銅鑼や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。皇姑は、明朝滅亡後に南方に逃れた皇族により建てられた南明政権の永暦帝・朱由榔の妹、安化郡主を指す。「皇姑節」は同県蓮城(れんじょう)鎮で367年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭で、毎年旧暦4月に行われる。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(こうこびょう)に集まり、チワン族特有のお酒や花糯米飯(植物でもち米を様々な色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香を焚いて「皇姑」が富や幸福、平安をもたらし、この一年が平和な年になるようお祈りする。「皇姑節」は、今では地元の重要な民族的・文化的なイベントになっている。(広南=新華社配信/李建楠)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050903743

  •  長さ368メートルのカラフルなガラス桟道、雲南省の峡谷に登場
    2020年01月18日
    長さ368メートルのカラフルなガラス桟道、雲南省の峡谷に登場

    18日、雲南省広南県のカラフルなガラス桟道を歩く観光客。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の西洋江大峡谷に建設された長さ368メートルのガラス桟道が18日、正式に一般開放された。桟道全体の長さは1600メートルで、うちガラス製部分は長さ368メートル、幅1・5メートル、谷底からの高さが280メートル以上。カラフルなガラス板がはめ込まれた桟道の上では、空中を歩いているかのような感覚を味わいながら、足元に広がる峡谷の風景を楽しむことができる。(文山=新華社配信)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012703305

  •  長さ368メートルのカラフルなガラス桟道、雲南省の峡谷に登場
    2020年01月18日
    長さ368メートルのカラフルなガラス桟道、雲南省の峡谷に登場

    18日、遠くから見た雲南省広南県のカラフルなガラス桟道。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の西洋江大峡谷に建設された長さ368メートルのガラス桟道が18日、正式に一般開放された。桟道全体の長さは1600メートルで、うちガラス製部分は長さ368メートル、幅1・5メートル、谷底からの高さが280メートル以上。カラフルなガラス板がはめ込まれた桟道の上では、空中を歩いているかのような感覚を味わいながら、足元に広がる峡谷の風景を楽しむことができる。(文山=新華社配信)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012703034

  •  長さ368メートルのカラフルなガラス桟道、雲南省の峡谷に登場
    2020年01月18日
    長さ368メートルのカラフルなガラス桟道、雲南省の峡谷に登場

    18日、雲南省広南県のカラフルなガラス桟道を歩く観光客。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の西洋江大峡谷に建設された長さ368メートルのガラス桟道が18日、正式に一般開放された。桟道全体の長さは1600メートルで、うちガラス製部分は長さ368メートル、幅1・5メートル、谷底からの高さが280メートル以上。カラフルなガラス板がはめ込まれた桟道の上では、空中を歩いているかのような感覚を味わいながら、足元に広がる峡谷の風景を楽しむことができる。(文山=新華社配信)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012703004

  •  長さ368メートルのカラフルなガラス桟道、雲南省の峡谷に登場
    2020年01月18日
    長さ368メートルのカラフルなガラス桟道、雲南省の峡谷に登場

    18日、雲南省広南県のカラフルなガラス桟道。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の西洋江大峡谷に建設された長さ368メートルのガラス桟道が18日、正式に一般開放された。桟道全体の長さは1600メートルで、うちガラス製部分は長さ368メートル、幅1・5メートル、谷底からの高さが280メートル以上。カラフルなガラス板がはめ込まれた桟道の上では、空中を歩いているかのような感覚を味わいながら、足元に広がる峡谷の風景を楽しむことができる。(文山=新華社配信)=2020(令和2)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012703029

  •  セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県
    2020年04月25日
    セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県

    25日、雲南省広南県のセッコク栽培拠点で、少数民族の衣装をまとい、木の幹に着生したセッコクの生育状況を確認する女性。「テッピセッコク(鉄皮石斛)の里」と呼ばれる中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県はここ数年、豊富な林業資源と温暖湿潤な気候を生かし、森林区域内でのテッピセッコク栽培やセッコクを使った料理など、一連の特色ある産業の構築を進めてきた。同県では現在、森林の天然テッピセッコク育成栽培拠点が千ムー(約67ヘクタール)以上、ハウス栽培拠点が400ムー(約27ヘクタール)以上に達している。テッピセッコクは同地の貧困地区である山間部の住民の収入増と貧困脱却を実現し、農村振興を後押しする産業となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104496

  •  セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県
    2020年04月25日
    セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県

    25日、木の幹に着生したセッコク。「テッピセッコク(鉄皮石斛)の里」と呼ばれる中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県はここ数年、豊富な林業資源と温暖湿潤な気候を生かし、森林区域内でのテッピセッコク栽培やセッコクを使った料理など、一連の特色ある産業の構築を進めてきた。同県では現在、森林の天然テッピセッコク育成栽培拠点が千ムー(約67ヘクタール)以上、ハウス栽培拠点が400ムー(約27ヘクタール)以上に達している。テッピセッコクは同地の貧困地区である山間部の住民の収入増と貧困脱却を実現し、農村振興を後押しする産業となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104504

  •  セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県
    2020年04月25日
    セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県

    25日、セッコクを撮影する観光客。「テッピセッコク(鉄皮石斛)の里」と呼ばれる中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県はここ数年、豊富な林業資源と温暖湿潤な気候を生かし、森林区域内でのテッピセッコク栽培やセッコクを使った料理など、一連の特色ある産業の構築を進めてきた。同県では現在、森林の天然テッピセッコク育成栽培拠点が千ムー(約67ヘクタール)以上、ハウス栽培拠点が400ムー(約27ヘクタール)以上に達している。テッピセッコクは同地の貧困地区である山間部の住民の収入増と貧困脱却を実現し、農村振興を後押しする産業となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104569

  •  セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県
    2020年04月25日
    セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県

    25日、セッコクを選別する地元住民ら。「テッピセッコク(鉄皮石斛)の里」と呼ばれる中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県はここ数年、豊富な林業資源と温暖湿潤な気候を生かし、森林区域内でのテッピセッコク栽培やセッコクを使った料理など、一連の特色ある産業の構築を進めてきた。同県では現在、森林の天然テッピセッコク育成栽培拠点が千ムー(約67ヘクタール)以上、ハウス栽培拠点が400ムー(約27ヘクタール)以上に達している。テッピセッコクは同地の貧困地区である山間部の住民の収入増と貧困脱却を実現し、農村振興を後押しする産業となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104591

  •  セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県
    2020年04月25日
    セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県

    25日、石の隙間でたくましく成長するセッコク。「テッピセッコク(鉄皮石斛)の里」と呼ばれる中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県はここ数年、豊富な林業資源と温暖湿潤な気候を生かし、森林区域内でのテッピセッコク栽培やセッコクを使った料理など、一連の特色ある産業の構築を進めてきた。同県では現在、森林の天然テッピセッコク育成栽培拠点が千ムー(約67ヘクタール)以上、ハウス栽培拠点が400ムー(約27ヘクタール)以上に達している。テッピセッコクは同地の貧困地区である山間部の住民の収入増と貧困脱却を実現し、農村振興を後押しする産業となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104517

  •  セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県
    2020年04月25日
    セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県

    25日、セッコクを撮影する少数民族の衣装をまとった女性。「テッピセッコク(鉄皮石斛)の里」と呼ばれる中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県はここ数年、豊富な林業資源と温暖湿潤な気候を生かし、森林区域内でのテッピセッコク栽培やセッコクを使った料理など、一連の特色ある産業の構築を進めてきた。同県では現在、森林の天然テッピセッコク育成栽培拠点が千ムー(約67ヘクタール)以上、ハウス栽培拠点が400ムー(約27ヘクタール)以上に達している。テッピセッコクは同地の貧困地区である山間部の住民の収入増と貧困脱却を実現し、農村振興を後押しする産業となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104502

  •  セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県
    2020年04月25日
    セッコク栽培で住民の収入増を後押し雲南省広南県

    25日、石の隙間でたくましく成長するセッコク。「テッピセッコク(鉄皮石斛)の里」と呼ばれる中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県はここ数年、豊富な林業資源と温暖湿潤な気候を生かし、森林区域内でのテッピセッコク栽培やセッコクを使った料理など、一連の特色ある産業の構築を進めてきた。同県では現在、森林の天然テッピセッコク育成栽培拠点が千ムー(約67ヘクタール)以上、ハウス栽培拠点が400ムー(約27ヘクタール)以上に達している。テッピセッコクは同地の貧困地区である山間部の住民の収入増と貧困脱却を実現し、農村振興を後押しする産業となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104587

  •  「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県
    2020年04月26日
    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県

    4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102921

  •  代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県
    2020年04月26日
    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県

    雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て茶摘みをする女性。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800717

  •  代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県
    2020年04月26日
    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県

    雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て「姑娘茶」を入れる子ども。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800738

  •  「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県
    2020年04月26日
    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県

    4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102840

  •  代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県
    2020年04月26日
    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県

    雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て「姑娘茶」を作る女性。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800678

  •  「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県
    2020年04月26日
    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県

    4月26日、雲南省広南県底圩郷に広がる茶畑。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102928

  •  「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県
    2020年04月26日
    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県

    4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102852

  •  「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県
    2020年04月26日
    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県

    4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102868

  •  「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県
    2020年04月26日
    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県

    4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102929

  •  「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県
    2020年04月26日
    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県

    4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102968

  •  代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県
    2020年04月26日
    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県

    雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て「姑娘茶」を作る女性。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800666

  •  代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県
    2020年04月26日
    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県

    雲南省広南県底圩郷で「姑娘茶」を見せる少数民族の衣装を着た子ども。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800721

  •  代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県
    2020年04月26日
    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県

    雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て「姑娘茶」を作る女性。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800676

  •  代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県
    2020年04月26日
    代々受け継がれるチワン族の里の「姑娘茶」雲南省広南県

    雲南省広南県底圩郷で少数民族の衣装を着て「姑娘茶」を作る女性。(4月26日撮影)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の底圩(ていう)郷は茶葉栽培の歴史が長く、樹齢100年の茶の木と野生の茶の木が、それぞれ約千ムー(約67ヘクタール)にわたり保存されている。同郷特産の竹筒茶(ちくとうちゃ、竹筒の中に茶葉やもち米を入れ、とろ火であぶって熟成した緊圧茶)はかつて、チワン族の娘たちが恋人に贈る愛情の証とされたため、若い未婚の女性を意味する「姑娘」から「姑娘茶」とも呼ばれている。加工技術は今でも、地元女性の間で代々受け継がれている。(広南=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800706

  •  巨大鍋を使った牛肉の煮込みイベント開催雲南省広南県
    2020年05月01日
    巨大鍋を使った牛肉の煮込みイベント開催雲南省広南県

    1日、広南県の儂人谷風景区で巨大なスープ鍋から牛肉を取り出すスタッフ。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の儂人谷風景区で、メーデー連休(今年は5月1~5日)期間中、巨大な鍋を使った牛肉の煮込みイベントが開催された。鍋は直径11メートル、深さ1・2メートル、重さは3・6トン。メイン食材となる地元特産の「高峰牛」を、地元でとれた茶油(茶の実から抽出した油)と泉の水で、まきを使って8時間じっくりと煮込む。イベント期間中、観光客は巨大な鍋にまきを足す体験を楽しみ、鍋で煮込まれた素材本来の味が際立つ牛肉や各種の地元グルメに舌鼓を打った。(広南=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804409

  •  巨大鍋を使った牛肉の煮込みイベント開催雲南省広南県
    2020年05月01日
    巨大鍋を使った牛肉の煮込みイベント開催雲南省広南県

    1日、広南県の儂人谷風景区で開催された巨大鍋で作る牛肉の煮込みイベント。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の儂人谷風景区で、メーデー連休(今年は5月1~5日)期間中、巨大な鍋を使った牛肉の煮込みイベントが開催された。鍋は直径11メートル、深さ1・2メートル、重さは3・6トン。メイン食材となる地元特産の「高峰牛」を、地元でとれた茶油(茶の実から抽出した油)と泉の水で、まきを使って8時間じっくりと煮込む。イベント期間中、観光客は巨大な鍋にまきを足す体験を楽しみ、鍋で煮込まれた素材本来の味が際立つ牛肉や各種の地元グルメに舌鼓を打った。(広南=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804458

  •  巨大鍋を使った牛肉の煮込みイベント開催雲南省広南県
    2020年05月01日
    巨大鍋を使った牛肉の煮込みイベント開催雲南省広南県

    1日、広南県の儂人谷風景区で巨大なスープ鍋から牛肉を取り出すスタッフ。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の儂人谷風景区で、メーデー連休(今年は5月1~5日)期間中、巨大な鍋を使った牛肉の煮込みイベントが開催された。鍋は直径11メートル、深さ1・2メートル、重さは3・6トン。メイン食材となる地元特産の「高峰牛」を、地元でとれた茶油(茶の実から抽出した油)と泉の水で、まきを使って8時間じっくりと煮込む。イベント期間中、観光客は巨大な鍋にまきを足す体験を楽しみ、鍋で煮込まれた素材本来の味が際立つ牛肉や各種の地元グルメに舌鼓を打った。(広南=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804469

  •  巨大鍋を使った牛肉の煮込みイベント開催雲南省広南県
    2020年05月01日
    巨大鍋を使った牛肉の煮込みイベント開催雲南省広南県

    1日、広南県の儂人谷風景区で、巨大なスープ鍋で煮込んだ牛肉を味わう観光客。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の儂人谷風景区で、メーデー連休(今年は5月1~5日)期間中、巨大な鍋を使った牛肉の煮込みイベントが開催された。鍋は直径11メートル、深さ1・2メートル、重さは3・6トン。メイン食材となる地元特産の「高峰牛」を、地元でとれた茶油(茶の実から抽出した油)と泉の水で、まきを使って8時間じっくりと煮込む。イベント期間中、観光客は巨大な鍋にまきを足す体験を楽しみ、鍋で煮込まれた素材本来の味が際立つ牛肉や各種の地元グルメに舌鼓を打った。(広南=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804407

  •  巨大鍋を使った牛肉の煮込みイベント開催雲南省広南県
    2020年05月01日
    巨大鍋を使った牛肉の煮込みイベント開催雲南省広南県

    1日、広南県の儂人谷風景区で、巨大なスープ鍋で煮込んだ牛肉を味わう観光客。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の儂人谷風景区で、メーデー連休(今年は5月1~5日)期間中、巨大な鍋を使った牛肉の煮込みイベントが開催された。鍋は直径11メートル、深さ1・2メートル、重さは3・6トン。メイン食材となる地元特産の「高峰牛」を、地元でとれた茶油(茶の実から抽出した油)と泉の水で、まきを使って8時間じっくりと煮込む。イベント期間中、観光客は巨大な鍋にまきを足す体験を楽しみ、鍋で煮込まれた素材本来の味が際立つ牛肉や各種の地元グルメに舌鼓を打った。(広南=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804460

  •  巨大鍋を使った牛肉の煮込みイベント開催雲南省広南県
    2020年05月01日
    巨大鍋を使った牛肉の煮込みイベント開催雲南省広南県

    1日、広南県の儂人谷風景区で巨大なスープ鍋を搬入するスタッフ。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の儂人谷風景区で、メーデー連休(今年は5月1~5日)期間中、巨大な鍋を使った牛肉の煮込みイベントが開催された。鍋は直径11メートル、深さ1・2メートル、重さは3・6トン。メイン食材となる地元特産の「高峰牛」を、地元でとれた茶油(茶の実から抽出した油)と泉の水で、まきを使って8時間じっくりと煮込む。イベント期間中、観光客は巨大な鍋にまきを足す体験を楽しみ、鍋で煮込まれた素材本来の味が際立つ牛肉や各種の地元グルメに舌鼓を打った。(広南=新華社配信)=2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804423

  •  満開の菜の花畑を駆け抜ける高速鉄道雲南省広南県
    2021年02月22日
    満開の菜の花畑を駆け抜ける高速鉄道雲南省広南県

    2月22日、菜の花畑を駆け抜ける高速鉄道の列車。春を迎えた中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県では、見頃となった菜の花の間を高速鉄道が駆け抜ける美しい風景が広がっている。(昆明=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030807636

  •  満開の菜の花畑を駆け抜ける高速鉄道雲南省広南県
    2021年02月23日
    満開の菜の花畑を駆け抜ける高速鉄道雲南省広南県

    2月23日、菜の花畑を背景に自撮りする観光客。春を迎えた中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県では、見頃となった菜の花の間を高速鉄道が駆け抜ける美しい風景が広がっている。(昆明=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030807617

  •  (4)満開の菜の花畑を駆け抜ける高速鉄道雲南省広南県
    2021年03月05日
    (4)満開の菜の花畑を駆け抜ける高速鉄道雲南省広南県

    2月22日、菜の花畑を駆け抜ける高速鉄道の列車。春を迎えた中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県では、見頃となった菜の花の間を高速鉄道が駆け抜ける美しい風景が広がっている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030512483

  •  (1)満開の菜の花畑を駆け抜ける高速鉄道雲南省広南県
    2021年03月05日
    (1)満開の菜の花畑を駆け抜ける高速鉄道雲南省広南県

    2月22日、菜の花畑を駆け抜ける高速鉄道の列車。春を迎えた中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県では、見頃となった菜の花の間を高速鉄道が駆け抜ける美しい風景が広がっている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030512482

  •  (5)満開の菜の花畑を駆け抜ける高速鉄道雲南省広南県
    2021年03月05日
    (5)満開の菜の花畑を駆け抜ける高速鉄道雲南省広南県

    2月23日、菜の花畑で高速鉄道の列車に手を振る観光客。春を迎えた中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県では、見頃となった菜の花の間を高速鉄道が駆け抜ける美しい風景が広がっている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030512484

  •  (6)古代人の洞窟住居を観光地化、ネットで有名に雲南省広南県
    2021年03月10日
    (6)古代人の洞窟住居を観光地化、ネットで有名に雲南省広南県

    古代人の洞窟住居がある滴水村の一角。(資料写真)中国雲南省広南県壩美(はび)鎮滴水村には、長さ約500メートル、高さ約50メートル、幅約20メートルの天然の地下洞窟がある。地下には長さ約3500メートルの川が流れ、別の村まで続いている。洞窟内にはさまざまな形をした鍾乳石がたくさんある。数年前に中国の考古学者がこの洞窟を発掘したところ、古代人が使用した陶器や石器、骨角器、炭化したイネなどが出土したしたほか、古代の墓17基も見つかった。この場所は、新石器時代後期から青銅器時代にかけての古代人の穴居(洞窟住居)だった可能性がある。同県では洞窟を開発して観光地にし、先月の春節(旧正月)に営業を開始した。これまでに1日当たり数千人の観光客が訪れている。(広南=新華社配信/朱栄)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031004312

  •  (5)古代人の洞窟住居を観光地化、ネットで有名に雲南省広南県
    2021年03月10日
    (5)古代人の洞窟住居を観光地化、ネットで有名に雲南省広南県

    洞窟内に形成された、さまざまな形をした鐘乳石。(資料写真)中国雲南省広南県壩美(はび)鎮滴水村には、長さ約500メートル、高さ約50メートル、幅約20メートルの天然の地下洞窟がある。地下には長さ約3500メートルの川が流れ、別の村まで続いている。洞窟内にはさまざまな形をした鍾乳石がたくさんある。数年前に中国の考古学者がこの洞窟を発掘したところ、古代人が使用した陶器や石器、骨角器、炭化したイネなどが出土したしたほか、古代の墓17基も見つかった。この場所は、新石器時代後期から青銅器時代にかけての古代人の穴居(洞窟住居)だった可能性がある。同県では洞窟を開発して観光地にし、先月の春節(旧正月)に営業を開始した。これまでに1日当たり数千人の観光客が訪れている。(広南=新華社配信/朱栄)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031004308

  •  (4)古代人の洞窟住居を観光地化、ネットで有名に雲南省広南県
    2021年03月10日
    (4)古代人の洞窟住居を観光地化、ネットで有名に雲南省広南県

    洞窟内に形成された、さまざまな形をした鐘乳石。(資料写真)中国雲南省広南県壩美(はび)鎮滴水村には、長さ約500メートル、高さ約50メートル、幅約20メートルの天然の地下洞窟がある。地下には長さ約3500メートルの川が流れ、別の村まで続いている。洞窟内にはさまざまな形をした鍾乳石がたくさんある。数年前に中国の考古学者がこの洞窟を発掘したところ、古代人が使用した陶器や石器、骨角器、炭化したイネなどが出土したしたほか、古代の墓17基も見つかった。この場所は、新石器時代後期から青銅器時代にかけての古代人の穴居(洞窟住居)だった可能性がある。同県では洞窟を開発して観光地にし、先月の春節(旧正月)に営業を開始した。これまでに1日当たり数千人の観光客が訪れている。(広南=新華社配信/呂興仁)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031004313

  •  (3)古代人の洞窟住居を観光地化、ネットで有名に雲南省広南県
    2021年03月10日
    (3)古代人の洞窟住居を観光地化、ネットで有名に雲南省広南県

    洞窟内に形成された、さまざまな形をした鐘乳石。(資料写真)中国雲南省広南県壩美(はび)鎮滴水村には、長さ約500メートル、高さ約50メートル、幅約20メートルの天然の地下洞窟がある。地下には長さ約3500メートルの川が流れ、別の村まで続いている。洞窟内にはさまざまな形をした鍾乳石がたくさんある。数年前に中国の考古学者がこの洞窟を発掘したところ、古代人が使用した陶器や石器、骨角器、炭化したイネなどが出土したしたほか、古代の墓17基も見つかった。この場所は、新石器時代後期から青銅器時代にかけての古代人の穴居(洞窟住居)だった可能性がある。同県では洞窟を開発して観光地にし、先月の春節(旧正月)に営業を開始した。これまでに1日当たり数千人の観光客が訪れている。(広南=新華社配信/呂興仁)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031004314

  •  (1)古代人の洞窟住居を観光地化、ネットで有名に雲南省広南県
    2021年03月10日
    (1)古代人の洞窟住居を観光地化、ネットで有名に雲南省広南県

    洞窟内に形成された、さまざまな形をした鐘乳石。(資料写真)中国雲南省広南県壩美(はび)鎮滴水村には、長さ約500メートル、高さ約50メートル、幅約20メートルの天然の地下洞窟がある。地下には長さ約3500メートルの川が流れ、別の村まで続いている。洞窟内にはさまざまな形をした鍾乳石がたくさんある。数年前に中国の考古学者がこの洞窟を発掘したところ、古代人が使用した陶器や石器、骨角器、炭化したイネなどが出土したしたほか、古代の墓17基も見つかった。この場所は、新石器時代後期から青銅器時代にかけての古代人の穴居(洞窟住居)だった可能性がある。同県では洞窟を開発して観光地にし、先月の春節(旧正月)に営業を開始した。これまでに1日当たり数千人の観光客が訪れている。(広南=新華社配信/呂興仁)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031004310

  •  (2)古代人の洞窟住居を観光地化、ネットで有名に雲南省広南県
    2021年03月10日
    (2)古代人の洞窟住居を観光地化、ネットで有名に雲南省広南県

    洞窟内に形成された、さまざまな形をした鐘乳石。(資料写真)中国雲南省広南県壩美(はび)鎮滴水村には、長さ約500メートル、高さ約50メートル、幅約20メートルの天然の地下洞窟がある。地下には長さ約3500メートルの川が流れ、別の村まで続いている。洞窟内にはさまざまな形をした鍾乳石がたくさんある。数年前に中国の考古学者がこの洞窟を発掘したところ、古代人が使用した陶器や石器、骨角器、炭化したイネなどが出土したしたほか、古代の墓17基も見つかった。この場所は、新石器時代後期から青銅器時代にかけての古代人の穴居(洞窟住居)だった可能性がある。同県では洞窟を開発して観光地にし、先月の春節(旧正月)に営業を開始した。これまでに1日当たり数千人の観光客が訪れている。(広南=新華社配信/呂興仁)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031004311

  •  (7)古代人の洞窟住居を観光地化、ネットで有名に雲南省広南県
    2021年03月10日
    (7)古代人の洞窟住居を観光地化、ネットで有名に雲南省広南県

    洞窟内に形成された、さまざまな形をした鐘乳石。(資料写真)中国雲南省広南県壩美(はび)鎮滴水村には、長さ約500メートル、高さ約50メートル、幅約20メートルの天然の地下洞窟がある。地下には長さ約3500メートルの川が流れ、別の村まで続いている。洞窟内にはさまざまな形をした鍾乳石がたくさんある。数年前に中国の考古学者がこの洞窟を発掘したところ、古代人が使用した陶器や石器、骨角器、炭化したイネなどが出土したしたほか、古代の墓17基も見つかった。この場所は、新石器時代後期から青銅器時代にかけての古代人の穴居(洞窟住居)だった可能性がある。同県では洞窟を開発して観光地にし、先月の春節(旧正月)に営業を開始した。これまでに1日当たり数千人の観光客が訪れている。(広南=新華社配信/朱栄)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031004309

  •  「新華社」田園に実りの秋、漂う稲穂の香り雲南省
    00:57.72
    2021年09月20日
    「新華社」田園に実りの秋、漂う稲穂の香り雲南省

    中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県八宝鎮は9月に入り、実りの秋を迎えた。3万ムー(2千ヘクタール)を超える田んぼでは風が吹くと、特産のコメ「八宝米」の稲穂の香りが漂う。同鎮はここ数年、八宝米を中心とした産業の発展に力を入れ、食糧生産と環境整備、レジャーや観光ツアーを効果的に結び付けることで、農村振興を後押ししている。(記者/陳欣波) =配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007174

  •  (2)雲南省広南県のチワン族の人々、民俗行事「皇姑節」を祝う
    2023年05月31日
    (2)雲南省広南県のチワン族の人々、民俗行事「皇姑節」を祝う

    20日、民俗行事「皇姑節」を祝う広南県のチワン族の人々。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県でこのほど、盛装したチワン族の人々が銅鑼(どら)や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。同県に371年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭りで、毎年旧暦の4月に行われる。2017年には第4次雲南省省級無形文化遺産保護リストに登録された。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(びょう)に赴き、チワン族特有の美酒や花糯米飯(植物でもち米をさまざまな色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香をたき、「皇姑」が富や福、平安をもたらし、1年中天候に恵まれ無事に過ごせるよう祈る。祭りは地元の重要な民族文化活動となっている。(広南=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023053109706

  •  (3)雲南省広南県のチワン族の人々、民俗行事「皇姑節」を祝う
    2023年05月31日
    (3)雲南省広南県のチワン族の人々、民俗行事「皇姑節」を祝う

    20日、民俗行事「皇姑節」を祝う広南県のチワン族の人々。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県でこのほど、盛装したチワン族の人々が銅鑼(どら)や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。同県に371年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭りで、毎年旧暦の4月に行われる。2017年には第4次雲南省省級無形文化遺産保護リストに登録された。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(びょう)に赴き、チワン族特有の美酒や花糯米飯(植物でもち米をさまざまな色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香をたき、「皇姑」が富や福、平安をもたらし、1年中天候に恵まれ無事に過ごせるよう祈る。祭りは地元の重要な民族文化活動となっている。(広南=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023053109702

  •  (4)雲南省広南県のチワン族の人々、民俗行事「皇姑節」を祝う
    2023年05月31日
    (4)雲南省広南県のチワン族の人々、民俗行事「皇姑節」を祝う

    20日、民俗行事「皇姑節」を祝う広南県のチワン族の人々。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県でこのほど、盛装したチワン族の人々が銅鑼(どら)や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。同県に371年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭りで、毎年旧暦の4月に行われる。2017年には第4次雲南省省級無形文化遺産保護リストに登録された。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(びょう)に赴き、チワン族特有の美酒や花糯米飯(植物でもち米をさまざまな色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香をたき、「皇姑」が富や福、平安をもたらし、1年中天候に恵まれ無事に過ごせるよう祈る。祭りは地元の重要な民族文化活動となっている。(広南=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023053109708

  •  (7)雲南省広南県のチワン族の人々、民俗行事「皇姑節」を祝う
    2023年05月31日
    (7)雲南省広南県のチワン族の人々、民俗行事「皇姑節」を祝う

    20日、民俗行事「皇姑節」を祝う広南県のチワン族の人々。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県でこのほど、盛装したチワン族の人々が銅鑼(どら)や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。同県に371年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭りで、毎年旧暦の4月に行われる。2017年には第4次雲南省省級無形文化遺産保護リストに登録された。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(びょう)に赴き、チワン族特有の美酒や花糯米飯(植物でもち米をさまざまな色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香をたき、「皇姑」が富や福、平安をもたらし、1年中天候に恵まれ無事に過ごせるよう祈る。祭りは地元の重要な民族文化活動となっている。(広南=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023053109721

  •  (5)雲南省広南県のチワン族の人々、民俗行事「皇姑節」を祝う
    2023年05月31日
    (5)雲南省広南県のチワン族の人々、民俗行事「皇姑節」を祝う

    20日、民俗行事「皇姑節」を祝う広南県のチワン族の人々。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県でこのほど、盛装したチワン族の人々が銅鑼(どら)や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。同県に371年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭りで、毎年旧暦の4月に行われる。2017年には第4次雲南省省級無形文化遺産保護リストに登録された。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(びょう)に赴き、チワン族特有の美酒や花糯米飯(植物でもち米をさまざまな色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香をたき、「皇姑」が富や福、平安をもたらし、1年中天候に恵まれ無事に過ごせるよう祈る。祭りは地元の重要な民族文化活動となっている。(広南=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023053109707

  •  (1)雲南省広南県のチワン族の人々、民俗行事「皇姑節」を祝う
    2023年05月31日
    (1)雲南省広南県のチワン族の人々、民俗行事「皇姑節」を祝う

    20日、民俗行事「皇姑節」を祝う広南県のチワン族の人々。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県でこのほど、盛装したチワン族の人々が銅鑼(どら)や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。同県に371年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭りで、毎年旧暦の4月に行われる。2017年には第4次雲南省省級無形文化遺産保護リストに登録された。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(びょう)に赴き、チワン族特有の美酒や花糯米飯(植物でもち米をさまざまな色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香をたき、「皇姑」が富や福、平安をもたらし、1年中天候に恵まれ無事に過ごせるよう祈る。祭りは地元の重要な民族文化活動となっている。(広南=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023053109704

  •  (6)雲南省広南県のチワン族の人々、民俗行事「皇姑節」を祝う
    2023年05月31日
    (6)雲南省広南県のチワン族の人々、民俗行事「皇姑節」を祝う

    20日、民俗行事「皇姑節」を祝う広南県のチワン族の人々。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県でこのほど、盛装したチワン族の人々が銅鑼(どら)や太鼓を打ち鳴らして「皇姑節(こうこせつ)」を祝った。同県に371年にわたって受け継がれてきた民間の伝統的な祭りで、毎年旧暦の4月に行われる。2017年には第4次雲南省省級無形文化遺産保護リストに登録された。地元のチワン族の人々は祭りの期間中、皇姑廟(びょう)に赴き、チワン族特有の美酒や花糯米飯(植物でもち米をさまざまな色に染めたもの)、茶菓子などを供え、香をたき、「皇姑」が富や福、平安をもたらし、1年中天候に恵まれ無事に過ごせるよう祈る。祭りは地元の重要な民族文化活動となっている。(広南=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023053109719

  •  (4)「セッコク観光」が夏の旅行の新たな目玉に雲南省広南県
    2023年07月17日
    (4)「セッコク観光」が夏の旅行の新たな目玉に雲南省広南県

    9日、六郎城村を観光する少数民族衣装姿の観光客。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県ではここ数年、ラン科のセッコク(石斛)をテーマとした生態観光を打ち出し、貢斛苑やセッコク観光長廊など農村観光コースを開発してきた。同県楊柳井郷の六郎城村を訪れると、野山にセッコクのすがすがしい香りが広がり、野生に近い環境で栽培されたセッコクの群生に多くの観光客が足を止めて見入っていた。村では40種類余りが栽培されており、観光客は多種多様なセッコクを鑑賞できるほか、セッコク料理も楽しめる。地元では夏休みシーズンに入って以降、1日数千人の観光客を受け入れている。今年の観光客数は13日時点で55万人超、観光総合収入は1500万元(1元=約19元)超となった。(文山=新華社記者/浦超)= 配信日: 2023(令和5)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023071706645

  •  (2)「セッコク観光」が夏の旅行の新たな目玉に雲南省広南県
    2023年07月17日
    (2)「セッコク観光」が夏の旅行の新たな目玉に雲南省広南県

    9日、六郎城村のセッコク。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県ではここ数年、ラン科のセッコク(石斛)をテーマとした生態観光を打ち出し、貢斛苑やセッコク観光長廊など農村観光コースを開発してきた。同県楊柳井郷の六郎城村を訪れると、野山にセッコクのすがすがしい香りが広がり、野生に近い環境で栽培されたセッコクの群生に多くの観光客が足を止めて見入っていた。村では40種類余りが栽培されており、観光客は多種多様なセッコクを鑑賞できるほか、セッコク料理も楽しめる。地元では夏休みシーズンに入って以降、1日数千人の観光客を受け入れている。今年の観光客数は13日時点で55万人超、観光総合収入は1500万元(1元=約19元)超となった。(文山=新華社記者/浦超)= 配信日: 2023(令和5)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023071706647

  •  (1)「セッコク観光」が夏の旅行の新たな目玉に雲南省広南県
    2023年07月17日
    (1)「セッコク観光」が夏の旅行の新たな目玉に雲南省広南県

    9日、六郎城村のセッコク。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県ではここ数年、ラン科のセッコク(石斛)をテーマとした生態観光を打ち出し、貢斛苑やセッコク観光長廊など農村観光コースを開発してきた。同県楊柳井郷の六郎城村を訪れると、野山にセッコクのすがすがしい香りが広がり、野生に近い環境で栽培されたセッコクの群生に多くの観光客が足を止めて見入っていた。村では40種類余りが栽培されており、観光客は多種多様なセッコクを鑑賞できるほか、セッコク料理も楽しめる。地元では夏休みシーズンに入って以降、1日数千人の観光客を受け入れている。今年の観光客数は13日時点で55万人超、観光総合収入は1500万元(1元=約19元)超となった。(文山=新華社記者/浦超)= 配信日: 2023(令和5)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023071706578

  •  (5)「セッコク観光」が夏の旅行の新たな目玉に雲南省広南県
    2023年07月17日
    (5)「セッコク観光」が夏の旅行の新たな目玉に雲南省広南県

    9日、六郎城村の民家の庭で栽培されているセッコク。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県ではここ数年、ラン科のセッコク(石斛)をテーマとした生態観光を打ち出し、貢斛苑やセッコク観光長廊など農村観光コースを開発してきた。同県楊柳井郷の六郎城村を訪れると、野山にセッコクのすがすがしい香りが広がり、野生に近い環境で栽培されたセッコクの群生に多くの観光客が足を止めて見入っていた。村では40種類余りが栽培されており、観光客は多種多様なセッコクを鑑賞できるほか、セッコク料理も楽しめる。地元では夏休みシーズンに入って以降、1日数千人の観光客を受け入れている。今年の観光客数は13日時点で55万人超、観光総合収入は1500万元(1元=約19元)超となった。(文山=新華社記者/浦超)= 配信日: 2023(令和5)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023071706648

  •  (3)「セッコク観光」が夏の旅行の新たな目玉に雲南省広南県
    2023年07月17日
    (3)「セッコク観光」が夏の旅行の新たな目玉に雲南省広南県

    9日、六郎城村の民家の庭で栽培されているセッコク。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県ではここ数年、ラン科のセッコク(石斛)をテーマとした生態観光を打ち出し、貢斛苑やセッコク観光長廊など農村観光コースを開発してきた。同県楊柳井郷の六郎城村を訪れると、野山にセッコクのすがすがしい香りが広がり、野生に近い環境で栽培されたセッコクの群生に多くの観光客が足を止めて見入っていた。村では40種類余りが栽培されており、観光客は多種多様なセッコクを鑑賞できるほか、セッコク料理も楽しめる。地元では夏休みシーズンに入って以降、1日数千人の観光客を受け入れている。今年の観光客数は13日時点で55万人超、観光総合収入は1500万元(1元=約19元)超となった。(文山=新華社記者/浦超)= 配信日: 2023(令和5)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023071706579

  • 1