KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 広州大学城体育中心
  • 令和
  • しょう
  • カナダ
  • ショーン
  • スポーツクライミング
  • ニコライ
  • マッコール
  • ロシア
  • 乗り換え

「広州大学城」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年11月02日
    スポーツクライミング・チャイナオープン複合で日本人選手がアベック優勝

    2日、試合中の土肥圭太。中国広東省広州市の広州大学城スポーツセンターで開催されていたスポーツクライミングのチャイナオープン2019が3日、閉幕した。日本人選手が男女でコンバインド(複合)の優勝を独占し総合的な実力を発揮した。中国登山協会が明らかにした。4日間の競技の結果、男子は日本の「2000年代生まれ」土肥圭太が優勝した。準優勝はロシアのニコライ・イアリロヴィッツ、3位はカナダのショーン・マッコールだった。女子は日本の野中生萌、伊藤ふたばがワンツーフィニッシュを飾り、韓国のソ・チェヒョンが3位となった。中国の鍾斉鑫(しょう・せいきん)は男子で5位だった。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:広州大学城体育中心/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120201125

  • 2019年11月02日
    スポーツクライミング・チャイナオープン複合で日本人選手がアベック優勝

    2日、試合中の土肥圭太。中国広東省広州市の広州大学城スポーツセンターで開催されていたスポーツクライミングのチャイナオープン2019が3日、閉幕した。日本人選手が男女でコンバインド(複合)の優勝を独占し総合的な実力を発揮した。中国登山協会が明らかにした。4日間の競技の結果、男子は日本の「2000年代生まれ」土肥圭太が優勝した。準優勝はロシアのニコライ・イアリロヴィッツ、3位はカナダのショーン・マッコールだった。女子は日本の野中生萌、伊藤ふたばがワンツーフィニッシュを飾り、韓国のソ・チェヒョンが3位となった。中国の鍾斉鑫(しょう・せいきん)は男子で5位だった。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:広州大学城体育中心/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120201131

  • 2019年11月03日
    スポーツクライミング・チャイナオープン複合で日本人選手がアベック優勝

    3日、試合中の野中生萌。中国広東省広州市の広州大学城スポーツセンターで開催されていたスポーツクライミングのチャイナオープン2019が3日、閉幕した。日本人選手が男女でコンバインド(複合)の優勝を独占し総合的な実力を発揮した。中国登山協会が明らかにした。4日間の競技の結果、男子は日本の「2000年代生まれ」土肥圭太が優勝した。準優勝はロシアのニコライ・イアリロヴィッツ、3位はカナダのショーン・マッコールだった。女子は日本の野中生萌、伊藤ふたばがワンツーフィニッシュを飾り、韓国のソ・チェヒョンが3位となった。中国の鍾斉鑫(しょう・せいきん)は男子で5位だった。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:広州大学城体育中心/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120201122

  • 2019年11月03日
    スポーツクライミング・チャイナオープン複合で日本人選手がアベック優勝

    3日、表彰台で記念撮影するコンバインド女子で上位3位に入賞した選手と関係者。中国広東省広州市の広州大学城スポーツセンターで開催されていたスポーツクライミングのチャイナオープン2019が3日、閉幕した。日本人選手が男女でコンバインド(複合)の優勝を独占し総合的な実力を発揮した。中国登山協会が明らかにした。4日間の競技の結果、男子は日本の「2000年代生まれ」土肥圭太が優勝した。準優勝はロシアのニコライ・イアリロヴィッツ、3位はカナダのショーン・マッコールだった。女子は日本の野中生萌、伊藤ふたばがワンツーフィニッシュを飾り、韓国のソ・チェヒョンが3位となった。中国の鍾斉鑫(しょう・せいきん)は男子で5位だった。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:広州大学城体育中心/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019120201119

  • 2021年04月27日
    (1)広州地下鉄7号線二期路線の工事進む広東省

    23日、広州地下鉄7号線二期路線の水西北駅の工事現場で、鉄筋を縛り付ける作業員。中国広東省広州市黄埔(こうほ)区科学城で、中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄八局都市軌道交通分公司が建設を請け負った、広州地下鉄7号線二期路線の水西北駅建設工事が着々と進んでいる。同路線は「広州大学城」と「広州科学城」を結び、7号線の全線完成後は、広州から乗り換えなしで仏山市順徳区に繋がる初の軌道交通路線として、順徳北部片区、広州南駅、広州大学城、広州科学城をつなぎ、広州と仏山両市を一体化する交通の大動脈となる。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042707701

  • 2021年04月27日
    (3)広州地下鉄7号線二期路線の工事進む広東省

    23日、広州地下鉄7号線二期路線の水西北駅の工事現場で、鉄筋を縛り付ける作業員。中国広東省広州市黄埔(こうほ)区科学城で、中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄八局都市軌道交通分公司が建設を請け負った、広州地下鉄7号線二期路線の水西北駅建設工事が着々と進んでいる。同路線は「広州大学城」と「広州科学城」を結び、7号線の全線完成後は、広州から乗り換えなしで仏山市順徳区に繋がる初の軌道交通路線として、順徳北部片区、広州南駅、広州大学城、広州科学城をつなぎ、広州と仏山両市を一体化する交通の大動脈となる。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042704956

  • 2021年04月27日
    (4)広州地下鉄7号線二期路線の工事進む広東省

    23日、広州地下鉄7号線二期路線の水西北駅で工事をする作業員。中国広東省広州市黄埔(こうほ)区科学城で、中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄八局都市軌道交通分公司が建設を請け負った、広州地下鉄7号線二期路線の水西北駅建設工事が着々と進んでいる。同路線は「広州大学城」と「広州科学城」を結び、7号線の全線完成後は、広州から乗り換えなしで仏山市順徳区に繋がる初の軌道交通路線として、順徳北部片区、広州南駅、広州大学城、広州科学城をつなぎ、広州と仏山両市を一体化する交通の大動脈となる。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042704957

  • 2021年04月27日
    (2)広州地下鉄7号線二期路線の工事進む広東省

    23日、広州地下鉄7号線二期路線の水西北駅の工事現場で、クレーン車に資材の積み降ろしを指示する作業員。中国広東省広州市黄埔(こうほ)区科学城で、中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄八局都市軌道交通分公司が建設を請け負った、広州地下鉄7号線二期路線の水西北駅建設工事が着々と進んでいる。同路線は「広州大学城」と「広州科学城」を結び、7号線の全線完成後は、広州から乗り換えなしで仏山市順徳区に繋がる初の軌道交通路線として、順徳北部片区、広州南駅、広州大学城、広州科学城をつなぎ、広州と仏山両市を一体化する交通の大動脈となる。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042704954

  • 1