KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 広田弘毅内閣
  • 昭和
  • 資料
  • 大命
  • 永田町
  • 岡田啓介
  • 平沼騏一郎
  • 林銑十郎
  • 永野修身
  • 閣僚

「広田弘毅」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
50
( 1 50 件を表示)
  • 1
50
( 1 50 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 1903年12月31日
    朝鮮・満州を旅行 広田弘毅

    東大の学生時代、コウモリガサとカバン1個をぶらさげ朝鮮・満州をスパイ旅行したころの広田弘毅=明治36年、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030300297

  • 1947年08月25日
    (ひろた・こうき) 広田弘毅

    首相、外務相、外交官、極東戦犯=1947(昭和22)年8月25日

    商品コード: 2001112800026

  • 1937年12月31日
    林銑十郎と 広田弘毅

    広田弘毅氏と話し合う林銑十郎氏=1937(昭和12)年頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030300599

  • 1930年10月01日
    外交官時代 広田弘毅

    外交官として活躍していた頃の広田弘毅と家族=1930(昭和5)年10月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030400232

  • 1948年12月23日
    中学修猷館生徒時代 広田弘毅

    中学修猷館生徒時代の広田弘毅元首相=撮影月日不明、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030400234

  • 1948年12月23日
    東京大学時代 広田弘毅

    東大時代の広田弘毅=撮影月日不明、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030400235

  • -
    (ひろた・こうき) 広田弘毅

    政治家、外務大臣、貴族院議員、首相=撮影年月日不明、場所不明、クレジット:国立国会図書館所蔵画像/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017080202350

  • 1937年06月01日
    近衛内閣に入閣 広田弘毅

    近衛内閣に入閣を受諾した広田弘毅氏=1937(昭和12)年6月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030300298

  • 1948年12月23日
    母校・修猷館を訪問 広田弘毅

    母校の修猷館を訪れ、明治20年頃の同校の制帽を見る広田弘毅元首相=撮影月日不明、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030400233

  • 1947年09月01日
    絞首刑を宣告された元首相 広田弘毅

    1937年の南京大虐殺事件の外交責任を問われ文官としてはただ一人絞首刑を宣告され刑死した広田弘毅元首相=1947(昭和22)年9月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030400236

  • 1936年04月22日
    官邸に枢密顧問官を招く 広田弘毅首相

    広田弘毅首相は首相官邸に枢密顧問官を招き、昼食を共にし、組閣のあいさつと今後の支援を要請した=1936(昭和11)年4月22日、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030300327

  • 2018年01月13日
    記念撮影 広田弘毅内閣が発足

    二・二六事件で総辞職した岡田啓介内閣の後継として発足した広田弘毅内閣。前列左から広田首相兼外相、川崎卓吉商工相、(2列目左から)寺内寿一陸相、永野修身海相、馬場鍈一蔵相、林頼三郎法相、(3列目左から、永野の右後ろ)頼母木桂吉逓相、島田俊雄農相、潮恵之輔内相、(4列目左から)永田秀次郎拓相、前田米蔵鉄相、藤沼庄平内閣書記官長、次田大三郎法制局長官、吉田茂内閣調査局長官。外相には4月に入って有田八郎が就任した=1936(昭和11)年、3月9日、首相官邸※注:吉田茂は内務官僚で、戦後首相となった吉田とは同姓同名の別人

    商品コード: 2018011300195

  • 2006年07月27日
    広田弘毅元首相 靖国合祀聞かれたら断った

    広田弘毅元首相

    商品コード: 2006072700210

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年08月11日
    東条英機元首相ら2人 A級戦犯の処刑報告書発見

    東条英機元首相、広田弘毅元首相

    商品コード: 2021081108546

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月06日
    広田元首相の孫の弘太郎氏 遺族ら、冷静に受け止め

    広田弘毅元首相の孫の広田弘太郎さん=4月、東京都内

    商品コード: 2021060606313

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年08月13日
    広田弘毅元首相ら3人 A級戦犯の寄せ書き発見

    広田弘毅元首相、東条英機元首相、白鳥敏夫元駐イタリア大使

    商品コード: 2013081300065

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年08月11日
    広田元首相の孫弘太郎さん 「記録残され、良かった」

    広田弘毅元首相の孫、弘太郎さん=4月、東京都渋谷区

    商品コード: 2021081108534

  • 1998年12月21日
    菅野静枝さん 平和の「重さ」それぞれに

    広田弘毅元首相の「縁者」として、平和への思いを語る菅野静枝さん

    商品コード: 1998122100099

  • 1936年03月05日
    後継首相に広田弘毅氏 二・二六事件(2・26事件)

    岡田啓介首相の後継として大命を受けた広田弘毅元外相=1936(昭和11)年3月5日か9日

    商品コード: 2013030200186

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1930年10月15日
    日本電報通信社資料

    親任式のため参内する広田弘毅駐露大使=1930(昭和5)年10月15日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930101500001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1930年10月15日
    日本電報通信社資料

    夫人の静子さん、子どもたちと写真に納まる広田弘毅駐露大使=1930(昭和5)年10月15日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930101500004

  • 1946年08月01日
    広田弘毅元首相の弁護人 花井忠

    東京裁判で広田弘毅元首相の弁護人を務める花井忠氏=1946(昭和21)年8月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030300476

  • 1933年09月15日
    日本電報通信社資料

    広田弘毅新外相(左)と内田康哉前外相(右)は、15日午前9時30分より省内大臣室に於て事務の引継ぎを終えた=1933(昭和8)年9月15日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015122800158

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1942年07月30日
    広田弘毅元首相が参拝 筥崎宮

    筥崎宮を参拝する福岡出身の元首相・広田弘毅=1942(昭和17)年7月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015081100559

  • 1934年06月06日
    広田弘毅と会見 宇垣一成

    広田弘毅外相(左)と会見する宇垣一成朝鮮総督=1934(昭和9)年6月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030300598

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年10月14日
    日本電報通信社資料

    帰京し、トロヤノフスキ駐日ソ連大使の出迎えを受ける広田弘毅駐ソ連大使(左)=1932(昭和7)年10月14日、東京駅(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932101400003

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月01日
    歴代首相4 最高権力者、戦前は同輩

    斎藤実(第30代)、岡田啓介(第31代)、広田弘毅(第32代)、林銑十郎(第33代)、近衛文麿(第34、38、39代)、平沼騏一郎(第35代)

    商品コード: 2021100107070

  • 1936年03月09日
    広田内閣組閣 二・二六事件(2・26事件)

    広田弘毅外相に大命が降下し、組閣本部となった外相公邸前で警備に当たる憲兵と警察官。外相候補の吉田茂など人選に軍部の反対があり難航し、大命が下ってから5日目にようやく組閣完了した。=1936(昭和11)年3月5日から9日のいずれか、東京・永田町

    商品コード: 2013071900161

  • 1933年11月07日
    日本電報通信社資料

    ソヴィエト革命16周年に当る今日、在京露国大使館では、正午より2時迄在京外交団を招いてレセプションを催した。広田弘毅外相(左)と見送るロシア大使=1933(昭和8)年11月7日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2016012900333

  • 1933年10月12日
    日本電報通信社資料

    半年振りで帰任せる駐日支那公使蒋作賓氏(右)、12日午前10時半外務省に広田弘毅外相を訪問し、約30分間に亘り、広田外相就任の祝を述べると共に帰任挨拶=1933(昭和8)年10月12日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2016011100091

  • 1933年12月05日
    日本電報通信社資料

    駐日ドイツ大使エルンスト・フォレッチ氏は、5日午後9時45分東京駅発帰国の途についた。右よりフォレッチ大使、見送りの広田弘毅外相、小山松吉法相=1933(昭和8)年12月5日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2016020500380

  • 1933年10月06日
    日本電報通信社資料

    世界経済会議に列席した石井菊次郎(中)、深井英五(右)両全権は、5日夕神戸入港の郵船箱根丸で帰朝。6日午前9時東京駅着、広田弘毅外相(左)以下多数に出迎えられ入京した=1933(昭和8)年10月6日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2016011100062

  • 1933年11月29日
    日本電報通信社資料

    広田弘毅外相の司会に係る対支文化事業第11回年次例会をかねる対支合同官民合同協議会は、29日午後0時半より外相官邸に於て開会された。中央、広田外相以下出席の人々=1933(昭和8)年11月29日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2016012900495

  • 1937年06月04日
    近衛内閣各大臣勢ぞろい 第1次近衛内閣発足

    第73通帝議会開院式を終え、院内大臣室ベランダに並んだ近衛内閣閣僚。前列中央が近衛文麿首相、その左後ろが米内光政海相、右2人目が杉山元陸相。前列左から2人目が広田弘毅外相=1937(昭和和12)年6月4日

    商品コード: 2008102800270

  • 1936年03月09日
    広田内閣組閣 二・二六事件(2・26事件)

    広田弘毅外相に大命が下り、組閣本部となった外相公邸(右)。左後方は完成間近い新国会議事堂=1936(昭和11)年3月5日から9日までの間のいずれか、東京・三年町(現永田町1丁目)

    商品コード: 2013071900173

  • 1936年03月09日
    門閉ざす首相官邸 二・二六事件(2・26事件)

    二・二六事件は平定されたが、門を閉ざしたままの首相官邸。道路挟んで手前の外相公邸では、大命が下った広田弘毅内閣の組閣の真っ最中で、報道陣の車が門前に並んだ=1936(昭和11)年3月5日から9日までの間のいずれか、東京・三年町(現永田町1丁目目)

    商品コード: 2013071900177

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年11月18日
    東条英機首相と重臣たち 首相経験者から反対相次ぐ

    開戦後の1942年1月19日、東条英機首相(前列左から2人目)が官邸に招いた重臣たち。左列手前から平沼騏一郎、広田弘毅、首相の後ろ手前から阿部信行と林銑十郎、中央和服姿の後ろは米内光政、前列右から岡田啓介、若槻礼次郎、若槻の後ろは近衛文麿

    商品コード: 2016111800703

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1930年11月16日
    日本電報通信社資料

    モスクワへの赴任の途中、在阪筑前人会が主催の送別会に出席した広田弘毅駐ソ連大使(左から2人目)=1930(昭和5)年11月16日、大阪市北区鳴尾町の相生樓(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930111600007

  • 1936年03月09日
    広田内閣組閣 二・二六事件(2・26事件)

    広田弘毅外相に大命が下り、組閣本部となった外相公邸のにぎわいぶり。玄関前には報道各社のテントが並び、車の出入りが激しい。組閣は一部閣僚の人選に軍部の反対があり難航し、5日目にようやく完了した=1936(昭和11)年3月5日から9日のいずれか、東京・永田町

    商品コード: 2013071900165

  • 1936年03月09日
    門閉ざす首相官邸 二・二六事件(2・26事件)

    二・二六事件は平定されたが、門を閉ざしたままの首相官邸。道路挟んで手前の外相公邸では、大命の下った広田弘毅外相が組閣の真っ最中=1936(昭和11)年3月5日から9日までの間のいずれか=東京・永田町

    商品コード: 2013071900181

  • 1933年10月14日
    日本電報通信社資料

    帝国の商圏確立を期して、去る7月12日の閣議で決定した通商審議委員は、いよいよ第1回会議を14日午前10時より外務省第1会議室に於て開会された。会長広田弘毅外相の挨拶=1933(昭和8)年10月14日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2016011100102

  • 1946年07月01日
    広田弘毅、橋本欣五郎ら 極東国際軍事裁判法廷の被告

    極東国際軍事裁判法廷の被告の横顔、前列から土肥原賢二、畑俊六、広田弘毅、南次郎、後列左から橋本欣五郎、小磯国昭、永野修身、大島浩、松井石根=1946(昭和21)年7月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030400223

  • 1933年12月18日
    日本電報通信社資料

    天皇陛下には歳末御恒例により重臣慰労の有難き思召しにより、18日正午宮中豊明殿に斉藤首相以下を召され、午餐会を催され御陪食仰付かった。右から広田弘毅外相、永井柳太郎拓相、大角岑夫海相=1933(昭和8)年12月18日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2016020500417

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1936年03月07日
    寺内大将が広田外相と会談 二・二六事件(2・26事件)

    首相となる広田弘毅外相との会談を終え組閣本部を出る寺内寿一陸軍大将(中央)。寺内は陸相として入閣するが、閣僚の人選では露骨に介入した=1936(昭和11)年3月7日、東京・麹町区の外相官邸

    商品コード: 2011031100324

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1936年03月09日
    広田内閣組閣 二・二六事件(2・26事件)

    広田弘毅外相に大命が下り、組閣本部となった外相公邸前の通りに並んだ報道各社の車。左後方は完成間近い新国会議事堂=19368昭和11)年3月5日から9日までの間のいずれか、東京・三年町(現永田町1丁目)

    商品コード: 2013071900172

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1934年07月08日
    記念撮影 岡田内閣成立

    親任式後、記念撮影する、前列向かって左より、外相・広田弘毅、文相・松田源治、内相・後藤文夫、総理・岡田啓介、逓相・床次竹二郎、商相・町田忠治。海相・大角岑生、後列、司相・小原直。蔵相・藤井真信、鉄道相・内田信也、農相・山崎達之輔、陸相・林銑十郎=1934(昭和9)年7月8日

    商品コード: 2019082600269

  • 1933年10月10日
    日本電報通信社資料

    6日帰朝した経済会議全権石井菊次郎子爵、深井英五両氏は、10日午前11時宮中に参内、天皇陛下に拝謁仰付かり御慰労の御言葉を拝した後、豊明殿に於て御陪食の光栄に浴した。宮中を退出する右より深井、石井全権。共に御陪食を賜わった広田弘毅外相、斉藤実首相(東車寄にて)=1933(昭和8)年10月10日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2016011100077

  • 1937年01月21日

    ◎資料28566 寺内陸相が答弁 立憲政友会の浜田国松議員の粛軍演説に対し答弁する寺内寿一陸相。寺内陸相は浜田議員の演説は軍を侮辱するものとしたことから、浜田議員との間で「割腹問答」となり、激怒した陸相は後で広田弘毅首相(後方閣僚席右手前)に解散を迫ったが、首相は応じなかった。結局、内閣不一致として広田内閣は2月2日に総辞職した=1937(昭和12)年1月21日、国会

    商品コード: 2013071800234

  • 2014年09月11日
    東京裁判始まる A級戦犯を裁いた軍事裁判

    東京裁判開廷の日、入廷する裁判長らを迎え起立する28名の被告たち。最後列右から板垣征四郎、鈴木貞一、白鳥敏夫、嶋田繁太郎、佐藤賢了、重光葵、松岡洋右、東郷茂徳、平沼騏一郎、大川周明、松井石根、大島浩、永野修身、小磯国昭、橋本欣五郎、その前列右から木村兵太郎、木戸幸一、賀屋興宣、星野直樹、武藤章、荒木貞夫、梅津美治郎、岡敬純、東条英機、南次郎、広田弘毅、畑俊六、土肥原賢二の各被告=1946(昭和21)年5月3日、東京・市ヶ谷の旧陸軍士官学校講堂(現防衛省市ヶ谷記念館)(極東国際軍事裁判)「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第1巻使用画像(P69)

    商品コード: 2014091100374

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1946年05月03日
    法廷内の被告たち 東京裁判始まる

    裁判初日、入廷する裁判長らを迎え起立する法廷内の被告たち。最後列右から板垣征四郎、鈴木貞一、白鳥敏夫、嶋田繁太郎、佐藤賢了、重光葵、松岡洋右、東郷茂徳、平沼騏一郎、大川周明、松井石根、大島浩、永野修身、小磯国昭、橋本欣五郎、その前列右から木村兵太郎、木戸幸一、賀屋興宣、星野直樹、武藤章、荒木貞夫、梅津美治郎、岡敬純、東条英機、南次郎、広田弘毅、畑俊六、土肥原賢二の各被告=1946(昭和21)年5月3日、東京・市ヶ谷の旧陸軍士官学校講堂(現防衛省市ヶ谷記念館)(極東国際軍事裁判)(戦犯21)

    商品コード: 1946050350002

  • 1