KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 平成
  • 風景
  • 農業
  • 融合
  • ムー
  • 歴史
  • 産地
  • 観光客

「庄園」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
235
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
235
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1971年10月08日
    大分県 九大温研

    九州大学温泉治療学研究所(通称・九大温研)=別府市荘園町、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015102200709

  • 1974年04月03日
    小野田さんやっと我が家へ

    満開の桜の下で忠魂碑に献花をすませた小野田寛郎さん。3日朝、小野田さんは初めて新幹線に乗って、30年ぶりに帰郷した=1974(昭和49)年4月3日、和歌山県海南市温山荘園

    商品コード: 2011110100440

  • 1993年09月30日
    大分県 別府・六角温泉

    別府六角温泉=1993(平成5)年9月、別府市南荘園町、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015102200665

  • 1997年03月13日
    奈良時代の建物跡 2棟の掘立柱建物跡が出土

    猪名庄遺跡で見つかった奈良時代後半の荘園施設とみられる掘立柱建物跡=13日、兵庫県尼崎市潮江

    商品コード: 1997031300070

  • 2000年07月26日
    老朽化した養護児童施設 マラソンで児童施設を改築

    老朽化が目立つ児童養護施設「光の園白菊寮」=大分県別府市荘園町

    商品コード: 2000072600075

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年03月16日
    母子が死亡した住宅 兵庫県宝塚市で民家火災

    火災で母子が死亡した集合住宅=16日午前2時9分、兵庫県宝塚市花屋敷荘園

    商品コード: 2002031600010

  • 2002年12月05日
    椋橋庄の遺構 承久の乱発端の椋橋庄

    見つかった荘園「椋橋(くらはし)庄」の一部とみられる遺構=5日、大阪府豊中市

    商品コード: 2002120500145

  • 2002年12月05日
    出土した陶磁器片 承久の乱発端の椋橋庄

    荘園「椋橋(くらはし)庄」の一部とみられる遺構で出土した陶磁器片=5日、大阪府豊中市

    商品コード: 2002120500146

  • 2007年10月16日
    骨寺村荘園遺跡の空撮 黄金に輝く平泉の中世遺跡

    中世の荘園景観を今に伝える「骨寺村荘園遺跡」。栗駒山(左上)からは磐井川が流れ、収穫期を迎えた水田が連なる=6日、岩手県一関市で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2007101600005

  • 2009年02月16日
    骨寺村荘園遺跡 構成見直しに動揺する地元

    「平泉の文化遺産」の構成資産で、資産削減対象となる懸念が出ている骨寺村荘園遺跡=07年10月、岩手県一関市

    商品コード: 2009021600257

  • 2011年06月15日
    骨寺村荘園遺跡 農村景観

    骨寺村荘園遺跡=2011(平成23)年6月15日、岩手県一関市、クレジット:岩手日報/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010804596

  • 2012年07月28日
    辺境地域に輝く「緑の真珠」吉林省集安市

    康美新開河(吉林)薬業有限公司の高麗人参栽培基地で実をつけた人参。(2012年7月28日撮影)中国吉林省南部を流れる鴨緑江沿岸部にある集安市は、「八山一水半分田、半分道路和荘園」(山が80%、川が10%、畑が5%、道路と農園が5%)という恵まれた自然条件を持ち「東北の小江南」と呼ばれている。以前は環境に配慮した生態資源の活用方法が分からなかったが、現在では美しい山河から「富」を得て経済発展を遂げている。集安が歩んだグリーン(環境配慮型)発展の道は、辺境地域の「緑の真珠」にさらなる輝きを与えた。(長春=新華社配信)=2012(平成24)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111430409

  • 2015年06月24日
    中国の若者がペンで描く中国の美山西省

    常家荘園(山西省晋中市楡次区)を描いた諸葛清嘉さんのペン画作品「遺直」。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市浮山県の画家、諸葛清嘉(しょかつ・せいか、本名劉凱=りゅう・がい)さん(28)は、高校を卒業し2年間働いた後、制作活動に専念した。諸葛さんはペンを使い中国の古建築を写真と見間違うほどの精巧さで描く。将来については、全国各地の古建築を描き、中国の美を多くの人に知ってもらいたいと語る。(臨汾=新華社配信)=2015(平成27)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041001953

  • 2015年08月20日
    辺境地域に輝く「緑の真珠」吉林省集安市

    集安市の鴨江谷醸造場ブドウ栽培基地。(2015年8月20日撮影)中国吉林省南部を流れる鴨緑江沿岸部にある集安市は、「八山一水半分田、半分道路和荘園」(山が80%、川が10%、畑が5%、道路と農園が5%)という恵まれた自然条件を持ち「東北の小江南」と呼ばれている。以前は環境に配慮した生態資源の活用方法が分からなかったが、現在では美しい山河から「富」を得て経済発展を遂げている。集安が歩んだグリーン(環境配慮型)発展の道は、辺境地域の「緑の真珠」にさらなる輝きを与えた。(長春=新華社配信)=2015(平成27)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429875

  • 2016年07月16日
    中原地方の魅力的な古鎮河南省

    空から見た康店鎮の康百万荘園。(小型無人機から、2016年7月16日撮影)康店鎮は河南省鞏義(きょうぎ)市にあり、同省の「歴史文化名鎮」に指定されている。豊かな観光資源を持つ、中原地域の重要な観光地の一つであり、特に明・清代の古い邸宅、康百万荘園は中原民家を代表する古建築群となっている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407063

  • 2016年07月16日
    中原地方の魅力的な古鎮河南省

    康店鎮の康百万荘園を見学する観光客。(2016年7月16日撮影)康店鎮は河南省鞏義(きょうぎ)市にあり、同省の「歴史文化名鎮」に指定されている。豊かな観光資源を持つ、中原地域の重要な観光地の一つであり、特に明・清代の古い邸宅、康百万荘園は中原民家を代表する古建築群となっている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407085

  • 2016年07月16日
    中原地方の魅力的な古鎮河南省

    康店鎮の明・清代の建築の一部。(2016年7月16日撮影)康店鎮は河南省鞏義(きょうぎ)市にあり、同省の「歴史文化名鎮」に指定されている。豊かな観光資源を持つ、中原地域の重要な観光地の一つであり、特に明・清代の古い邸宅、康百万荘園は中原民家を代表する古建築群となっている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407070

  • 2016年08月11日
    辺境地域に輝く「緑の真珠」吉林省集安市

    集安市の全景。(組み合わせ写真、2016年8月11日撮影)中国吉林省南部を流れる鴨緑江沿岸部にある集安市は、「八山一水半分田、半分道路和荘園」(山が80%、川が10%、畑が5%、道路と農園が5%)という恵まれた自然条件を持ち「東北の小江南」と呼ばれている。以前は環境に配慮した生態資源の活用方法が分からなかったが、現在では美しい山河から「富」を得て経済発展を遂げている。集安が歩んだグリーン(環境配慮型)発展の道は、辺境地域の「緑の真珠」にさらなる輝きを与えた。(長春=新華社配信)=2016(平成28)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111430386

  • 2016年08月27日
    辺境地域に輝く「緑の真珠」吉林省集安市

    吉林省百済堂参業有限公司の集安工場で高麗人参の箱詰め作業をする従業員。(2016年8月27日撮影)中国吉林省南部を流れる鴨緑江沿岸部にある集安市は、「八山一水半分田、半分道路和荘園」(山が80%、川が10%、畑が5%、道路と農園が5%)という恵まれた自然条件を持ち「東北の小江南」と呼ばれている。以前は環境に配慮した生態資源の活用方法が分からなかったが、現在では美しい山河から「富」を得て経済発展を遂げている。集安が歩んだグリーン(環境配慮型)発展の道は、辺境地域の「緑の真珠」にさらなる輝きを与えた。(長春=新華社配信)=2016(平成28)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111430450

  • 2016年10月01日
    国内最大荘園の経営拠点か

    宮崎県都城市・郡元西原遺跡

    商品コード: 2016100100198

  • 2016年10月01日
    国内最大荘園の経営拠点か

    宮崎県都城市・郡元西原遺跡

    商品コード: 2016100100199

  • 2016年10月01日
    国内最大荘園の経営拠点か

    宮崎県都城市・郡元西原遺跡

    商品コード: 2016100100201

  • 2016年10月01日
    国内最大荘園の経営拠点か

    宮崎県都城市・郡元西原遺跡

    商品コード: 2016100100200

  • 2016年10月01日
    見つかった大規模な溝跡 国内最大荘園の経営拠点か

    宮崎県都城市の郡元西原遺跡で見つかった平安時代末の大規模な溝跡=9月14日

    商品コード: 2016100100266

  • 2016年10月01日
    見つかった溝跡 国内最大荘園の経営拠点か

    宮崎県都城市の郡元西原遺跡で見つかった平安時代末の大規模な溝跡=9月14日

    商品コード: 2016100100271

  • 2018年05月15日
    コーヒー産業が経済発展を後押し海南省万寧市

    15日、有機コーヒー農園で作業する万寧隆苑コーヒー荘園の従業員。中国海南省万寧市は興隆華僑農場をよりどころに、万寧市興隆鎮のコーヒー産業を大いに発展させている。ここ数年、同市は栽培様式の標準化の推進、「企業+農家」の注文式農業の開発、コーヒー荘園のレジャー・観光の模索などの方式で、「万寧興隆コーヒー」のブランドとしての知名度を高め、地方経済の発展を後押ししてきた。現在、同市全体のコーヒー栽培面積は1万ムー(約670ヘクタール)に達し、2017年の生産額は8千万元(1元=約17円)を超えたという。(万寧=新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800628

  • 2018年05月15日
    コーヒー産業が経済発展を後押し海南省万寧

    15日、万寧隆苑コーヒー荘園で、コーヒーを試飲する観光客。中国海南省万寧市は興隆華僑農場をよりどころに、万寧市興隆鎮のコーヒー産業を大いに発展させている。ここ数年、同市は栽培様式の標準化の推進、「企業+農家」の注文式農業の開発、コーヒー荘園のレジャー・観光の模索などの方式で、「万寧興隆コーヒー」のブランドとしての知名度を高め、地方経済の発展を後押ししてきた。現在、同市全体のコーヒー栽培面積は1万ムー(約670ヘクタール)に達し、2017年の生産額は8千万元(1元=約17円)を超えたという。(万寧=新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800630

  • 2018年05月15日
    コーヒー産業が経済発展を後押し海南省万寧市

    15日、万寧隆苑コーヒー荘園で、ハンドドリップコーヒーを体験する観光客。中国海南省万寧市は興隆華僑農場をよりどころに、万寧市興隆鎮のコーヒー産業を大いに発展させている。ここ数年、同市は栽培様式の標準化の推進、「企業+農家」の注文式農業の開発、コーヒー荘園のレジャー・観光の模索などの方式で、「万寧興隆コーヒー」のブランドとしての知名度を高め、地方経済の発展を後押ししてきた。現在、同市全体のコーヒー栽培面積は1万ムー(約670ヘクタール)に達し、2017年の生産額は8千万元(1元=約17円)を超えたという。(万寧=新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800719

  • 2018年05月15日
    コーヒー産業が経済発展を後押し海南省万寧

    15日、屋上でコーヒー豆を天日干しにする万寧隆苑コーヒー荘園の従業員。中国海南省万寧市は興隆華僑農場をよりどころに、万寧市興隆鎮のコーヒー産業を大いに発展させている。ここ数年、同市は栽培様式の標準化の推進、「企業+農家」の注文式農業の開発、コーヒー荘園のレジャー・観光の模索などの方式で、「万寧興隆コーヒー」のブランドとしての知名度を高め、地方経済の発展を後押ししてきた。現在、同市全体のコーヒー栽培面積は1万ムー(約670ヘクタール)に達し、2017年の生産額は8千万元(1元=約17円)を超えたという。(万寧=新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800629

  • 2018年08月23日
    シフゾウ、20頭の「帰郷」から33年で1800頭に

    23日、北京市大興区南海子のシフゾウ生態実験センターで暮らしているシフゾウ。最初の20頭のシフゾウは1985年8月24日、英国のベッドフォード公爵のウォバーン・アビー荘園から北京市南海子の麋鹿苑に到着した。シフゾウの「帰郷」の物語はこの時始まった。北京シフゾウ生態実験センターは33年後の2018年8月24日、シフゾウのかつての分布地、山東省濰坊市青州市にある弥河国家湿地公園に15頭のシフゾウを寄贈した。中国で生息域外保全が実施されているシフゾウの群れは38、個体数は1800頭に達した。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715243

  • 2018年08月23日
    シフゾウ、20頭の「帰郷」から33年で1800頭に

    23日、北京市大興区南海子のシフゾウ生態実験センターで暮らしているシフゾウ。最初の20頭のシフゾウは1985年8月24日、英国のベッドフォード公爵のウォバーン・アビー荘園から北京市南海子の麋鹿苑に到着した。シフゾウの「帰郷」の物語はこの時始まった。北京シフゾウ生態実験センターは33年後の2018年8月24日、シフゾウのかつての分布地、山東省濰坊市青州市にある弥河国家湿地公園に15頭のシフゾウを寄贈した。中国で生息域外保全が実施されているシフゾウの群れは38、個体数は1800頭に達した。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715248

  • 2018年08月23日
    シフゾウ、20頭の「帰郷」から33年で1800頭に

    23日、北京市大興区南海子のシフゾウ生態実験センターで暮らしているシフゾウ。最初の20頭のシフゾウは1985年8月24日、英国のベッドフォード公爵のウォバーン・アビー荘園から北京市南海子の麋鹿苑に到着した。シフゾウの「帰郷」の物語はこの時始まった。北京シフゾウ生態実験センターは33年後の2018年8月24日、シフゾウのかつての分布地、山東省濰坊市青州市にある弥河国家湿地公園に15頭のシフゾウを寄贈した。中国で生息域外保全が実施されているシフゾウの群れは38、個体数は1800頭に達した。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715452

  • 2018年08月23日
    シフゾウ、20頭の「帰郷」から33年で1800頭に

    23日、北京市大興区の南海子湿地で暮らしているシフゾウ。最初の20頭のシフゾウは1985年8月24日、英国のベッドフォード公爵のウォバーン・アビー荘園から北京市南海子の麋鹿苑に到着した。シフゾウの「帰郷」の物語はこの時始まった。北京シフゾウ生態実験センターは33年後の2018年8月24日、シフゾウのかつての分布地、山東省濰坊市青州市にある弥河国家湿地公園に15頭のシフゾウを寄贈した。中国で生息域外保全が実施されているシフゾウの群れは38、個体数は1800頭に達した。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715456

  • 2018年08月23日
    シフゾウ、20頭の「帰郷」から33年で1800頭に

    23日、北京市大興区の南海子湿地で暮らしているシフゾウ。最初の20頭のシフゾウは1985年8月24日、英国のベッドフォード公爵のウォバーン・アビー荘園から北京市南海子の麋鹿苑に到着した。シフゾウの「帰郷」の物語はこの時始まった。北京シフゾウ生態実験センターは33年後の2018年8月24日、シフゾウのかつての分布地、山東省濰坊市青州市にある弥河国家湿地公園に15頭のシフゾウを寄贈した。中国で生息域外保全が実施されているシフゾウの群れは38、個体数は1800頭に達した。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082714977

  • 2018年08月23日
    シフゾウ、20頭の「帰郷」から33年で1800頭に

    23日、北京市大興区南海子のシフゾウ生態実験センターで暮らしているシフゾウ。最初の20頭のシフゾウは1985年8月24日、英国のベッドフォード公爵のウォバーン・アビー荘園から北京市南海子の麋鹿苑に到着した。シフゾウの「帰郷」の物語はこの時始まった。北京シフゾウ生態実験センターは33年後の2018年8月24日、シフゾウのかつての分布地、山東省濰坊市青州市にある弥河国家湿地公園に15頭のシフゾウを寄贈した。中国で生息域外保全が実施されているシフゾウの群れは38、個体数は1800頭に達した。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715471

  • 2018年09月12日
    Life as a castle owner

    12 September 2018, Brandenburg, Neuenhagen: Christina Bohin and her husband Andreas Unterberger stand in front of their castle in Neuenhagen near Bad Freienwalde. For several years, the two have been renovating the medieval Renaissance building, which has survived for more than 440 years and is one of the oldest manorial buildings in Brandenburg. (about dpa-KORR “I buy a castle“ from 25.09.2018) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092819793

  • 2018年09月12日
    Life as a castle owner

    12 September 2018, Brandenburg, Neuenhagen: A bathroom of a guest room in the castle in Neuenhagen near Bad Freienwalde by Christina Bohin and Andreas Unterberger. For several years, the two have been renovating the medieval Renaissance building, which has survived for more than 440 years and is one of the oldest manorial buildings in Brandenburg. (about dpa-KORR “I buy a castle“ from 25.09.2018) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092820159

  • 2018年09月12日
    Life as a castle owner

    12 September 2018, Brandenburg, Neuenhagen: Christina Bohin and her husband Andreas Unterberger sit at the entrance to their castle in Neuenhagen near Bad Freienwalde. For several years, the two have been renovating the medieval Renaissance building, which has survived for more than 440 years and is one of the oldest manorial buildings in Brandenburg. (about dpa-KORR “I buy a castle“ from 25.09.2018) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092820786

  • 2018年09月12日
    Life as a castle owner

    12 September 2018, Brandenburg, Neuenhagen: Christina Bohin and her husband Andreas Unterberger stand in front of their castle in Neuenhagen near Bad Freienwalde. For several years, the two have been renovating the medieval Renaissance building, which has survived for more than 440 years and is one of the oldest manorial buildings in Brandenburg. (about dpa-KORR “I buy a castle“ from 25.09.2018) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092820402

  • 2018年09月12日
    Life as a castle owner

    12 September 2018, Brandenburg, Neuenhagen: The castle in Neuenhagen near Bad Freienwalde by Christina Bohin and Andreas Unterberger. For several years, the two have been renovating the medieval Renaissance building, which has survived for more than 440 years and is one of the oldest manorial buildings in Brandenburg. (about dpa-KORR “I buy a castle“ from 25.09.2018) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092820840

  • 2018年09月12日
    Life as a castle owner

    FILED - 12 September 2018, Brandenburg, Neuenhagen: Christina Bohin and her husband Andreas Unterberger stand in their castle in Neuenhagen near Bad Freienwalde. For several years, the two have been renovating the medieval Renaissance building, which has survived for more than 440 years and is one of the oldest manorial buildings in Brandenburg. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092819352

  • 2018年09月12日
    Life as a castle owner

    12 September 2018, Brandenburg, Neuenhagen: A round lead glass window in the castle in Neuenhagen near Bad Freienwalde by Christina Bohin and Andreas Unterberger. For several years, the two have been renovating the medieval Renaissance building, which has survived for more than 440 years and is one of the oldest manorial buildings in Brandenburg. (about dpa-KORR “I buy a castle“ from 25.09.2018) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092820074

  • 2018年09月12日
    Life as a castle owner

    12 September 2018, Brandenburg, Neuenhagen: The wedding room in the castle in Neuenhagen near Bad Freienwalde by Christina Bohin and Andreas Unterberger. For several years, the two have been renovating the medieval Renaissance building, which has survived for more than 440 years and is one of the oldest manorial buildings in Brandenburg. (about dpa-KORR “I buy a castle“ from 25.09.2018) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092820468

  • 2018年09月12日
    Life as a castle owner

    12 September 2018, Brandenburg, Neuenhagen: Christina Bohin and her husband Andreas Unterberger sit at the entrance to their castle in Neuenhagen near Bad Freienwalde. For several years, the two have been renovating the medieval Renaissance building, which has survived for more than 440 years and is one of the oldest manorial buildings in Brandenburg. (about dpa-KORR “I buy a castle“ from 25.09.2018) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092820038

  • 2018年09月12日
    Life as a castle owner

    12 September 2018, Brandenburg, Neuenhagen: A guest room in the castle in Neuenhagen near Bad Freienwalde by Christina Bohin and Andreas Unterberger. For several years, the two have been renovating the medieval Renaissance building, which has survived for more than 440 years and is one of the oldest manorial buildings in Brandenburg. (about dpa-KORR “I buy a castle“ from 25.09.2018) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092820062

  • 2018年09月12日
    Life as a castle owner

    12 September 2018, Brandenburg, Neuenhagen: Christina Bohin and her husband Andreas Unterberger stand in their castle in Neuenhagen near Bad Freienwalde. For several years, the two have been renovating the medieval Renaissance building, which has survived for more than 440 years and is one of the oldest manorial buildings in Brandenburg. (about dpa-KORR “I buy a castle“ from 25.09.2018) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092819760

  • 2018年09月12日
    Life as a castle owner

    12 September 2018, Brandenburg, Neuenhagen: Christina Bohin and her husband Andreas Unterberger stand in their castle in Neuenhagen near Bad Freienwalde. For several years, the two have been renovating the medieval Renaissance building, which has survived for more than 440 years and is one of the oldest manorial buildings in Brandenburg. (about dpa-KORR “I buy a castle“ from 25.09.2018) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092819359

  • 2018年10月03日
    ロマンチックな「ピンクの畑」が観光客を魅了江蘇省南京

    3日、ロマンチックな雰囲気が漂う「ピンクの畑」を散策する観光客。(小型無人機から)国慶節(建国記念日、10月1日)の連休中、中国江蘇省南京市溧水(りつすい)区にある郭興荘園の観賞用植物、ムーレンベルギア・カピラリスが見頃を迎え、辺り一面に広がるロマンチックな「ピンクの畑」には大勢の観光客が訪れていた。(南京=新華社配信/蘇陽)=2018(平成30)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100600361

  • 2018年10月03日
    ロマンチックな「ピンクの畑」が観光客を魅了江蘇省南京

    3日、「ピンクの畑」を散策する観光客。国慶節(建国記念日、10月1日)の連休中、中国江蘇省南京市溧水(りつすい)区にある郭興荘園の観賞用植物、ムーレンベルギア・カピラリスが見頃を迎え、辺り一面に広がるロマンチックな「ピンクの畑」には大勢の観光客が訪れていた。(南京=新華社配信/蘇陽)=2018(平成30)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100600330

  • 2018年10月03日
    ロマンチックな「ピンクの畑」が観光客を魅了江蘇省南京

    3日、「ピンクの畑」を背景に、自撮り棒で撮影する観光客。国慶節(建国記念日、10月1日)の連休中、中国江蘇省南京市溧水(りつすい)区にある郭興荘園の観賞用植物、ムーレンベルギア・カピラリスが見頃を迎え、辺り一面に広がるロマンチックな「ピンクの畑」には大勢の観光客が訪れていた。(南京=新華社配信/蘇陽)=2018(平成30)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100600322

  • 2018年10月26日
    辺境地域に輝く「緑の真珠」吉林省集安市

    10月26日、集安市太王鎮銭湾(せんわん)村で自宅を見せてくれた民宿経営者の馬貴生(ば・きせい)さん。中国吉林省南部を流れる鴨緑江沿岸部にある集安市は、「八山一水半分田、半分道路和荘園」(山が80%、川が10%、畑が5%、道路と農園が5%)という恵まれた自然条件を持ち「東北の小江南」と呼ばれている。以前は環境に配慮した生態資源の活用方法が分からなかったが、現在では美しい山河から「富」を得て経済発展を遂げている。集安が歩んだグリーン(環境配慮型)発展の道は、辺境地域の「緑の真珠」にさらなる輝きを与えた。(長春=新華社記者/胥舒驁)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111430359

  • 2018年10月26日
    辺境地域に輝く「緑の真珠」吉林省集安市

    10月26日、康美新開河(吉林)薬業有限公司の工場で収穫した高麗人参を洗う従業員。中国吉林省南部を流れる鴨緑江沿岸部にある集安市は、「八山一水半分田、半分道路和荘園」(山が80%、川が10%、畑が5%、道路と農園が5%)という恵まれた自然条件を持ち「東北の小江南」と呼ばれている。以前は環境に配慮した生態資源の活用方法が分からなかったが、現在では美しい山河から「富」を得て経済発展を遂げている。集安が歩んだグリーン(環境配慮型)発展の道は、辺境地域の「緑の真珠」にさらなる輝きを与えた。(長春=新華社記者/胥舒驁)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111430379

  • 2018年10月26日
    辺境地域に輝く「緑の真珠」吉林省集安市

    10月26日、集安市太王鎮銭湾(せんわん)村で部屋の片付けをする民宿経営者の孫継春(そん・けいしゅん)さん。中国吉林省南部を流れる鴨緑江沿岸部にある集安市は、「八山一水半分田、半分道路和荘園」(山が80%、川が10%、畑が5%、道路と農園が5%)という恵まれた自然条件を持ち「東北の小江南」と呼ばれている。以前は環境に配慮した生態資源の活用方法が分からなかったが、現在では美しい山河から「富」を得て経済発展を遂げている。集安が歩んだグリーン(環境配慮型)発展の道は、辺境地域の「緑の真珠」にさらなる輝きを与えた。(長春=新華社記者/胥舒驁)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429760

  • 2018年10月26日
    辺境地域に輝く「緑の真珠」吉林省集安市

    10月26日、集安市太王鎮銭湾(せんわん)村の景色。中国吉林省南部を流れる鴨緑江沿岸部にある集安市は、「八山一水半分田、半分道路和荘園」(山が80%、川が10%、畑が5%、道路と農園が5%)という恵まれた自然条件を持ち「東北の小江南」と呼ばれている。以前は環境に配慮した生態資源の活用方法が分からなかったが、現在では美しい山河から「富」を得て経済発展を遂げている。集安が歩んだグリーン(環境配慮型)発展の道は、辺境地域の「緑の真珠」にさらなる輝きを与えた。(長春=新華社記者/胥舒驁)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111529211

  • 01:57.46
    2018年12月04日
    「新華社」中国のランタン、リトアニアの夜を彩る

    リトアニアの首都ビリニュスから200キロ近くの距離にあるパクルオジス荘園で現地時間2日夜、壮麗な中国ランタンフェスティバルが始まり、ランタンが掲げられ、にぎやかなデコレーションがほどこされた。中国のランタン発祥の地とも言われる四川省自貢(じこう)市から運ばれた23組の大型ランタンが、バルト海沿岸国家の長い冬の夜を暖かな色彩で染めている。中国の伝統的なもの、子どもたちに人気の童話をテーマとしたもの、クリスマス気分を盛り上げるものなどさまざまなランタンが展示されている。自貢海天文化股份有限公司と500年近い歴史のあるパクルオジス荘園が共催する同イベントは、2019年1月6日まで開かれている。(記者/郭明芳)<映像内容>リトアニアの中国ランタンフェスティバルの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120506192

  • 2019年03月18日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    18日、安仁古鎮にある当時の軍人、陳月生(ちん・げっしょう)の邸宅の庭。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602611

  • 2019年03月18日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    18日に撮影したレトロな建物が並ぶ安仁古鎮の古い街並み。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602673

  • 2019年03月18日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    18日、安仁古鎮にたたずむ当時の面影を残した宿泊施設。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602703

  • 2019年03月18日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    18日、当時の軍人、陳月生(ちん・げっしょう)の邸宅内に新築されたウイスキー博物館。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602610

  • 2019年03月18日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    18日に撮影したレトロな雰囲気が漂う安仁古鎮の古い街並み。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602607

  • 2019年03月18日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    18日に撮影した安仁古鎮にある劇場、安仁劇院。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602671

  • 2019年03月18日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    18日に撮影した劉氏荘園博物館の正門。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602652

  • 2019年03月18日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園成都市

    レトロな雰囲気が漂う安仁古鎮の古い街並み。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国一の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602606

  • 2019年03月18日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    18日に撮影した劉氏荘園博物館の中庭。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602621

  • 2019年03月18日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    18日、安仁古鎮にある当時の軍人、陳月生(ちん・げっしょう)の邸宅の入り口。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602674

  • 2019年03月18日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園成都市

    安仁古鎮にある劇場、安仁劇院。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国一の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602646

  • 2019年03月19日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    19日、劉氏荘園の敷地内にある部屋の外壁に設けられた通気孔。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602546

  • 2019年03月19日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    19日に撮影した劉氏荘園にたたずむ「小姐楼(シャオジエろう)」。当時、劉氏一族の若い娘たちはこの建物で暮らしていたという。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602623

  • 2019年03月19日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    19日、安仁古鎮にある中華民国時代の軍人、劉文輝(りゅう・ぶんき)の邸宅の敷地内に建つ「延慶園」の様子。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602666

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月19日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    19日に撮影した劉氏荘園のアヘン倉庫。劉氏一族は当時、アヘン売買で財を成したという。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602629

  • 2019年03月19日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    19日、当時劉氏荘園で働く使用人が住んでいた住居。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602575

  • 2019年03月19日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    19日、安仁古鎮にある中華民国時代の軍人、劉文輝(りゅう・ぶんき)の邸宅の入り口。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602733

  • 2019年03月19日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    19日、劉氏荘園にたたずむ「小姐楼(シャオジエろう)」の入り口。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602654

  • 2019年03月24日
    福鼎市の白茶、茶摘みシーズン迎える福建省

    24日、福鼎市点頭鎮大坪村の六妙荘園にある「中国白茶品種園」で茶葉を摘む女性たち。新緑が芽吹き、春の訪れを感じるこの時期、「中国白茶の故郷」と呼ばれる中国福建省福鼎(ふくてい)市はこのほど、白茶の茶摘みシーズンを迎えた。同市は近年、特色のある茶産業を農村振興と地元住民の増収を後押しするグリーン産業および基幹産業として、大いに発展させてきた。同市の2018年の茶園面積は20万3千ムー(約1万3533ヘクタール)、茶葉生産量は2万7千トン、茶関連製品の総生産額は56億8800万元(1元=約16円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200462

  • 2019年05月03日
    Queen Letizia of Spain at Princesa de Girona 2022 - Spain

    Queen Letizia of Spain attends the Social Winner announcement on ‘Princesa de Girona 2022‘ Foundation Awards at the Riojaforum auditorium on April 07, 2022 in Logrono, Spain.Photo by Yurena Paniagua/ALTERPHOTOS/ABACAPRESS.COM=2019(令和元)年5月3日、クレジット:Paniagua Yurena/AlterPhotos/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041110316

  • 2019年05月03日
    Queen Letizia of Spain at Princesa de Girona 2022 - Spain

    Queen Letizia of Spain attends the Social Winner announcement on ‘Princesa de Girona 2022‘ Foundation Awards at the Riojaforum auditorium on April 07, 2022 in Logrono, Spain.Photo by Yurena Paniagua/ALTERPHOTOS/ABACAPRESS.COM=2019(令和元)年5月3日、クレジット:Paniagua Yurena/AlterPhotos/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041110757

  • 2019年05月03日
    Queen Letizia of Spain at Princesa de Girona 2022 - Spain

    Queen Letizia of Spain attends the Social Winner announcement on ‘Princesa de Girona 2022‘ Foundation Awards at the Riojaforum auditorium on April 07, 2022 in Logrono, Spain.Photo by Yurena Paniagua/ALTERPHOTOS/ABACAPRESS.COM=2019(令和元)年5月3日、クレジット:Paniagua Yurena/AlterPhotos/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041110984

  • 2019年05月03日
    Queen Letizia of Spain at Princesa de Girona 2022 - Spain

    Queen Letizia of Spain attends the Social Winner announcement on ‘Princesa de Girona 2022‘ Foundation Awards at the Riojaforum auditorium on April 07, 2022 in Logrono, Spain.Photo by Yurena Paniagua/ALTERPHOTOS/ABACAPRESS.COM=2019(令和元)年5月3日、クレジット:Paniagua Yurena/AlterPhotos/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041111907

  • 2019年05月03日
    Queen Letizia of Spain at Princesa de Girona 2022 - Spain

    Queen Letizia of Spain attends the Social Winner announcement on ‘Princesa de Girona 2022‘ Foundation Awards at the Riojaforum auditorium on April 07, 2022 in Logrono, Spain.Photo by Yurena Paniagua/ALTERPHOTOS/ABACAPRESS.COM=2019(令和元)年5月3日、クレジット:Paniagua Yurena/AlterPhotos/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041110414

  • 2019年05月03日
    Queen Letizia of Spain at Princesa de Girona 2022 - Spain

    Queen Letizia of Spain attends the Social Winner announcement on ‘Princesa de Girona 2022‘ Foundation Awards at the Riojaforum auditorium on April 07, 2022 in Logrono, Spain.Photo by Yurena Paniagua/ALTERPHOTOS/ABACAPRESS.COM=2019(令和元)年5月3日、クレジット:Paniagua Yurena/AlterPhotos/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041112017

  • 2019年05月03日
    Queen Letizia of Spain at Princesa de Girona 2022 - Spain

    Queen Letizia of Spain attends the Social Winner announcement on ‘Princesa de Girona 2022‘ Foundation Awards at the Riojaforum auditorium on April 07, 2022 in Logrono, Spain.Photo by Yurena Paniagua/ALTERPHOTOS/ABACAPRESS.COM=2019(令和元)年5月3日、クレジット:Paniagua Yurena/AlterPhotos/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041111894

  • 2019年05月03日
    Queen Letizia of Spain at Princesa de Girona 2022 - Spain

    Queen Letizia of Spain attends the Social Winner announcement on ‘Princesa de Girona 2022‘ Foundation Awards at the Riojaforum auditorium on April 07, 2022 in Logrono, Spain.Photo by Yurena Paniagua/ALTERPHOTOS/ABACAPRESS.COM=2019(令和元)年5月3日、クレジット:Paniagua Yurena/AlterPhotos/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041110328

  • 2019年05月03日
    Queen Letizia of Spain at Princesa de Girona 2022 - Spain

    Queen Letizia of Spain attends the Social Winner announcement on ‘Princesa de Girona 2022‘ Foundation Awards at the Riojaforum auditorium on April 07, 2022 in Logrono, Spain.Photo by Yurena Paniagua/ALTERPHOTOS/ABACAPRESS.COM=2019(令和元)年5月3日、クレジット:Paniagua Yurena/AlterPhotos/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041112030

  • 2019年05月03日
    Queen Letizia of Spain at Princesa de Girona 2022 - Spain

    Queen Letizia of Spain attends the Social Winner announcement on ‘Princesa de Girona 2022‘ Foundation Awards at the Riojaforum auditorium on April 07, 2022 in Logrono, Spain.Photo by Yurena Paniagua/ALTERPHOTOS/ABACAPRESS.COM=2019(令和元)年5月3日、クレジット:Paniagua Yurena/AlterPhotos/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041110828

  • 2019年05月03日
    Queen Letizia of Spain at Princesa de Girona 2022 - Spain

    Queen Letizia of Spain attends the Social Winner announcement on ‘Princesa de Girona 2022‘ Foundation Awards at the Riojaforum auditorium on April 07, 2022 in Logrono, Spain.Photo by Yurena Paniagua/ALTERPHOTOS/ABACAPRESS.COM=2019(令和元)年5月3日、クレジット:Paniagua Yurena/AlterPhotos/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041110319

  • 2019年05月03日
    Queen Letizia of Spain at Princesa de Girona 2022 - Spain

    Queen Letizia of Spain attends the Social Winner announcement on ‘Princesa de Girona 2022‘ Foundation Awards at the Riojaforum auditorium on April 07, 2022 in Logrono, Spain.Photo by Yurena Paniagua/ALTERPHOTOS/ABACAPRESS.COM=2019(令和元)年5月3日、クレジット:Paniagua Yurena/AlterPhotos/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041110118

  • 2019年05月03日
    Queen Letizia of Spain at Princesa de Girona 2022 - Spain

    Queen Letizia of Spain attends the Social Winner announcement on ‘Princesa de Girona 2022‘ Foundation Awards at the Riojaforum auditorium on April 07, 2022 in Logrono, Spain.Photo by Yurena Paniagua/ALTERPHOTOS/ABACAPRESS.COM=2019(令和元)年5月3日、クレジット:Paniagua Yurena/AlterPhotos/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041110898

  • 01:44.23
    2020年01月09日
    「新華社」2020中国ハルビン・フィンランディア・スキーマラソン開催

    中国黒竜江省ハルビン市のリゾート施設「伏爾加荘園(ボルガ・マナー)」で7~9日、クロスカントリーの国際大会、2020中国ハルビン・フィンランディア・スキーマラソン競技が開催された。同競技がハルビンで開催されるのは初めて。中国やロシア、フィンランド、ノルウェー、デンマークなど30カ国・地域のスキー選手と愛好家が「氷城」と呼ばれる同市に一堂に会した。競技は、プロを対象とする男女50キロ、大学生対象の男女2・5キロ、小中高の児童・生徒対象レース、260メートル・150メートルリレーなどの種目に分かれ行われた。ボルガ・マナーは、国家4A級(上から2番目のランク)の文化観光地に指定されており、優れた景観のスキー場を持つ。今回の競技は「中国・フィンランド・ウィンタースポーツイヤー」の一環として、プロと一般が共に参加できる総合的な国際クロスカントリースキー競技として開かれた。(記者/馬知遥)<映像内容>2020中国ハルビン・フィンランディア・スキーマラソン競技開催の様子、撮影日:2020(令和2)年1月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322906

  • 2020年03月03日
    観光名所が続々と営業再開山西省

    3日、晋祠の中にある「難老泉亭」を見学する観光客。「晋陽第一泉」と称される難老泉は、「晋祠三絶」の一つ。新型コロナウイルスによる肺炎の影響で閉鎖されていた中国山西省太原市晋源区にある晋国の始祖を祭る「晋祠」(しんし)が1日、一般公開を再開した。再開してからこれまでに受け入れた観光客は200人を超える。現在、晋祠のほか、同省晋中市祁県の「喬家大院」や同市楡次区の「常家荘園」など多くの観光スポットが続々と営業を再開し、観光客を受け入れている。(太原=新華社記者/魏飈)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900991

  • 2020年03月03日
    観光名所が続々と営業再開山西省

    3日、山西省晋中市祁県喬家堡村にある喬家大院の入り口。喬家大院は1756年に建造された有名な晋商(山西商人)喬致庸(きょう・ちよう)の大邸宅。新型コロナウイルスによる肺炎の影響で閉鎖されていた中国山西省太原市晋源区にある晋国の始祖を祭る「晋祠」(しんし)が1日、一般公開を再開した。再開してからこれまでに受け入れた観光客は200人を超える。現在、晋祠のほか、同省晋中市祁県の「喬家大院」や同市楡次区の「常家荘園」など多くの観光スポットが続々と営業を再開し、観光客を受け入れている。(太原=新華社記者/王学涛)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901034

  • 2020年03月03日
    観光名所が続々と営業再開山西省

    3日、喬家大院の建物の屋根の上にある一風変わったデザインの煙突。新型コロナウイルスによる肺炎の影響で閉鎖されていた中国山西省太原市晋源区にある晋国の始祖を祭る「晋祠」(しんし)が1日、一般公開を再開した。再開してからこれまでに受け入れた観光客は200人を超える。現在、晋祠のほか、同省晋中市祁県の「喬家大院」や同市楡次区の「常家荘園」など多くの観光スポットが続々と営業を再開し、観光客を受け入れている。(太原=新華社記者/王学涛)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900989

  • 2020年03月03日
    観光名所が続々と営業再開山西省

    3日、喬家大院の建物の一部に施されたブドウをかたどったレンガ彫刻。「多子多福」(子どもが多ければ多いほど福が多い)という中国の伝統思想が反映されている。新型コロナウイルスによる肺炎の影響で閉鎖されていた中国山西省太原市晋源区にある晋国の始祖を祭る「晋祠」(しんし)が1日、一般公開を再開した。再開してからこれまでに受け入れた観光客は200人を超える。現在、晋祠のほか、同省晋中市祁県の「喬家大院」や同市楡次区の「常家荘園」など多くの観光スポットが続々と営業を再開し、観光客を受け入れている。(太原=新華社記者/魏飈)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900988

  • 2020年03月03日
    観光名所が続々と営業再開山西省

    3日、常家荘園の敷地内を散策する観光客。常家荘園は「儒商世家(儒教の教育を受けた商人の名家)」と称される常家の邸宅建築群。清の乾隆~嘉慶年間に建造され、その後、何度も修理が行われた。新型コロナウイルスによる肺炎の影響で閉鎖されていた中国山西省太原市晋源区にある晋国の始祖を祭る「晋祠」(しんし)が1日、一般公開を再開した。再開してからこれまでに受け入れた観光客は200人を超える。現在、晋祠のほか、同省晋中市祁県の「喬家大院」や同市楡次区の「常家荘園」など多くの観光スポットが続々と営業を再開し、観光客を受け入れている。(太原=新華社記者/魏飈)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901033

  • 2020年03月28日
    「中国白茶の里」で第9回白茶開茶節開催福建省福鼎市

    28日、福鼎市貫嶺鎮西山村の東南白茶有機茶基地で、その年の一番摘みの茶「頭春茶」を摘み取る「福建福鼎東南白茶進出口(輸出入)」の張鄭庫(ちょう・ていこ)さん(右端)。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省福鼎(ふくてい)市の点頭鎮大坪村にある六妙白茶荘園広場で29日、「第9回福鼎白茶開茶節(祭)」の開幕式が開かれた。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占める。また、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104193

  • 2020年03月29日
    「中国白茶の里」で第9回白茶開茶節開催福建省福鼎市

    29日、「第9回福鼎白茶開茶節」の開幕式で行われた「中国白茶博物館」のプレート除幕式。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省福鼎(ふくてい)市の点頭鎮大坪村にある六妙白茶荘園広場で29日、「第9回福鼎白茶開茶節(祭)」の開幕式が開かれた。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占める。また、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104183

  • 2020年03月29日
    「中国白茶の里」で第9回白茶開茶節開催福建省福鼎市

    29日、「第9回福鼎白茶開茶節」の開幕式の様子。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省福鼎(ふくてい)市の点頭鎮大坪村にある六妙白茶荘園広場で29日、「第9回福鼎白茶開茶節(祭)」の開幕式が開かれた。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占める。また、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104201

  • 2020年03月29日
    「中国白茶の里」で第9回白茶開茶節開催福建省福鼎市

    29日、福鼎市点頭鎮大坪村の六妙白茶生態茶園で、清明節(4月4日)の前に摘まれる「明前茶」を摘む呉晶晶(ご・しょうしょう)さん。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省福鼎(ふくてい)市の点頭鎮大坪村にある六妙白茶荘園広場で29日、「第9回福鼎白茶開茶節(祭)」の開幕式が開かれた。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占める。また、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104202

  • 2020年03月29日
    「中国白茶の里」で第9回白茶開茶節開催福建省福鼎市

    29日、六妙白茶の製造工場で、茶葉の選別作業をする従業員。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省福鼎(ふくてい)市の点頭鎮大坪村にある六妙白茶荘園広場で29日、「第9回福鼎白茶開茶節(祭)」の開幕式が開かれた。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占める。また、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104225

  • 2020年03月29日
    「中国白茶の里」で第9回白茶開茶節開催福建省福鼎市

    29日、銅鑼の音とともに開かれた「第9回福鼎白茶開茶節」の開幕式の様子。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省福鼎(ふくてい)市の点頭鎮大坪村にある六妙白茶荘園広場で29日、「第9回福鼎白茶開茶節(祭)」の開幕式が開かれた。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占める。また、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104196

  • 2020年03月29日
    「中国白茶の里」で第9回白茶開茶節開催福建省福鼎市

    29日、「第9回福鼎白茶開茶節」の開幕式で茶芸を披露する女性。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省福鼎(ふくてい)市の点頭鎮大坪村にある六妙白茶荘園広場で29日、「第9回福鼎白茶開茶節(祭)」の開幕式が開かれた。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占める。また、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104281

  • 1
  • 2
  • 3