KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 延べ床面積
  • 延床面積
  • 令和
  • 記者
  • 建設
  • 開始
  • 文化財
  • 施設
  • 完成
  • エリア

「床面積」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
666
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
666
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Lemon yellow gown rips silk embroidered with silk vines and purple flowers

    lemon yellow gown rips silk embroidered with silk vines and purple flowers, consisting of a gown on (a) a stomacher (b), a devant-de-gorge (c) and a loose floor area side (d ).、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019122603028

  • 1968年07月03日
    新市庁舎へ引っ越し開始

    岡山市の新庁舎への引っ越し作業が始まった。市内3カ所に分散していた仮庁舎からの移転終了後、13日に落成式を行い、15日から業務開始する予定。新庁舎は地上9階、地下2階、高さ34メートル(塔屋含むと44メートル)の本館と、東に地上3階、地下1階の分館が〝T字形〞に接した構造。延べ床面積2万7100平方メートルで中四国の市庁舎では最大規模。66年7月に木造の旧庁舎を取り壊し、その跡地に総工費13億6千万円をかけ、2年がかりで建設した。=1968(昭和43)年7月3日、岡山市 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120622375

  • 1975年11月11日
    棟方志功記念館が完成

    完成した棟方志功記念館。この記念館は、数年前から地元の人たちが版画家棟方さんの功績をたたえようと郷里青森市に建設を計画、実現にこぎつけた。総工費2億2千万円、鉄筋コンクリート2階建て、床面積870平方メートルの高床式校倉造り。17日に開館式が行われる=1975(昭和50)年11月11日、青森市松原

    商品コード: 2013041500184

  • 1976年04月27日
    太陽熱利用実験住宅が完成

    完成した太陽熱利用の給湯・暖房・除湿システムを備えた一般家庭向け実験住宅。シャープと永大産業が共同開発した実験住宅の試算価格は、2階建て床面積119平方メートルでシステム込み約1200万円

    商品コード: 2013091800146

  • 1976年09月01日
    日本プレスセンタービル プレスセンタービル完工式

    完成した日本プレスセンタービル。日本新聞協会加盟の64社が共同出資し、地上11階、地下3階で屋上の屋根はドーム型。総工費76億円、延べ床面積は約2万5千平方メートル。海外から来日する賓客らの公式記者会見もここで行われる=1976(昭和51)年9月1日、東京・内幸町

    商品コード: 2014021700212

  • 1977年05月25日
    新築個人住宅用 太陽冷暖房給湯方式を開発

    通産省工業技術院が「サンシャイン計画」の一環として大阪府枚方市岡南に完成した新築個人住宅用「ソーラーハウス」の実験住宅。総額4400万円(うち太陽熱関係施設2200万円)で、鉄筋コンクリート造り2階建て床面積119平方メートル。2〜3年後にモデル住宅を造りたいとしている

    商品コード: 2014090100396

  • 1977年05月25日
    既存個人住宅用 太陽冷暖房給湯方式を開発

    通産省工業技術院が「サンシャイン計画」の一環として神奈川県高座郡綾瀬町に完成した既存個人住宅用「ソーラーハウス」の実験住宅。総額2500万円(うち太陽熱関係施設1千万円)で、木造2階建て床面積98平方メートル。2〜3年後にモデル住宅を造りたいとしている

    商品コード: 2014090100397

  • 1998年01月19日
    聖イグナチオ教会 大聖堂を一般公開

    東京・麹町の聖イグナチオ教会の新聖堂が完成し、19日一般に公開された。完成した主聖堂は高さ18・5メートル、床面積1450平方メートルの卵型ドームが特徴。収容人員は約1200人と日本の教会堂としてはけた外れの大きさ。この日は2組の結婚式も行われ、新郎の一人は「普通の教会と違い、広々として明るい雰囲気が良かった。一生の思い出になります」とうれしそうだった

    商品コード: 1998011900118

  • 2000年02月18日
    超小型タービンに注目

    米国製のマイクロガスタービン。28キロワットの発電能力があり、延べ床面積4000平方メートルのビルの電源を賄える

    商品コード: 2000021800123

  • 2014年02月11日
    校舎の寿命70年に

    公立小中学校の建築時期別床面積

    商品コード: 2014021100300

  • 2014年02月11日
    校舎の寿命70年に

    公立小中学校の建築時期別床面積

    商品コード: 2014021100301

  • 09:56.99
    2016年04月29日
    京都鉄道博物館がオープン 国内最大級53両を展示

    京都鉄道博物館が29日、京都市下京区にオープンした。蒸気機関車(SL)から新幹線まで53両を展示し、延べ床面積は約3万平方メートルで国内最大級の鉄道博物館となる。運営主体のJR西日本は初年度に120万から130万人の来場者を目指す。初日とあって館外に約2千人の行列ができたため、当初予定を10分早め、午前8時50分に開館。本館のドアが開くと、展示車両に来館者が詰め掛け、写真撮影や細部を観察するなどしていた。〈映像内容〉オープン前に博物館前に並ぶ人々、開館前に報道陣に抱負を話す三浦英之館長、博物館本館の自動ドアが午前9時に開くと同時にどっと入場する来館者ら、多くの車両が展示されている本館の雑観、運転シミュレータで遊ぶ子どもたちらなど。

    商品コード: 2017090201408

  • 2016年08月11日
    The blue buck is torn

    11 August 2016, Saxony-Anhalt, Magdeburg: The remains of the “Blauer Bock“ in Magdeburg. The striking building is to be demolished and replaced by a new office building with 20,000 square meters of floor space and a 13-story tower. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011000657

  • 07:07.22
    2016年09月20日
    キトラ古墳壁画の新展示施設報道内覧会

    文化庁と国土交通省は20日、奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末~8世紀初め)の極彩色壁画の保存・展示施設「キトラ古墳壁画体験館 四神(しじん)の館」の内部を報道陣に公開した。24日に開館する。 古墳に隣接する「四神の館」は平屋・地下1階建てで、延べ床面積は約2500平方メートル。地上部分の壁画展示室では、修復を終えた南壁の「朱雀(すざく)」と西壁の「白虎」、天井に描かれた「天文図」が、事前申込制で10月23日まで一般公開される。 天文図は本格的な星図としては世界最古とされ、一般公開は初めてとなる。 地下部分は、壁画の迫力を体感しながら知識を深められるスペースとなっており、来館者が入れる原寸大の石室模型や、壁画の細部を拡大して映す巨大スクリーンを設置。古代飛鳥の建築技術や修復過程を紹介するパネルなども展示されている。<映像内容>「四神の館」の外観(小雨が降っています)、壁画「朱雀」「白虎」「天文図」の物撮りを含む壁画展示室の様子。原寸大の石室模型や巨大スクリーンなど展示の様子。文化庁古墳壁画室の建石徹・古墳壁画対策調査官のインタビュー、撮影日:2016(平成28)年9月20日、撮影場所:奈良県明日香村

    商品コード: 2020062408584

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:39.68
    2017年02月22日
    ドローン空撮 アスクル倉庫火災ほぼ消火 発生から6日

    埼玉県三芳町の事務用品通販アスクルの物流倉庫火災は22日、発生から丸6日が経過した。県と入間東部地区消防によると、消火作業が難航していた倉庫の中央部分に消防隊員が近づけるようになり、火をほぼ消し止めて鎮圧状態となった。これまでに延べ床面積約7万2千平方メートルのうち約4万5千平方メートルが焼けた。<映像内容>鎮圧状態になった埼玉県三芳町のアスクル物流倉庫を小型無人機ドローンで撮影した映像、倉庫全景、倉庫の屋根に空いた穴、屋根の太陽発電パネル、火災跡を見る関係者ら、火災跡を調べる消防隊員らなど。

    商品コード: 2017090201159

  • 02:33.22
    2017年09月14日
    空撮 インテックス大阪、将来像検討 国際競争力強化

    大阪市住之江区の咲洲にある西日本最大級の国際展示場「インテックス大阪」について、老朽化や国際競争力強化に対応するため、大阪市が具体的な将来像の検討に入ることが大阪市などへの取材で分かった。外部の専門家などを交えた検討会を今月22日に開き、方向性を協議する。インテックス大阪は1985年に開業し、国内3番目となる約7万平方メートルの延べ床面積がある。アジア各国には10万平方メートル以上の施設が多数あり、今後の在り方の検討が迫られている上、大阪での2025年国際博覧会(万博)実現や、カジノを含む総合型リゾート施設(IR)の誘致を見据えて「将来的にどういう施設が必要かの意見収集を始めた」(市担当課)という。<映像内容>大阪市住之江区の咲洲にある国際展示場「インテックス大阪」の全景など。撮影は14日午前11時20分ごろ。

    商品コード: 2017091400680

  • 03:18.96
    2018年01月30日
    「ミッドタウン日比谷」開業へ 一部を報道公開

    三井不動産は30日、東京都千代田区で3月下旬に全面開業する大型複合施設「東京ミッドタウン日比谷」の一部を報道陣に公開した。商業フロアには飲食店や映画館のほか、ビジネス交流の拠点を設けたのが特徴。ベンチャーと大手企業の連携を促し、新事業の創出を支援する。 「東京ミッドタウン」ブランドの施設は港区に続いて二つ目となる。建物は地下4階、地上35階建てで、延べ床面積は約18万9千平方メートル。 6階のビジネス拠点「BASE Q」には最大450人収容の大型ホールのほか、会員制の交流スペースを導入。 施設の外観は明治時代に建てられた「鹿鳴館」で踊るカップルの姿をモチーフにし、柔らかな曲線を取り入れたデザインにした。 <映像内容>「東京ミッドタウン日比谷」建物外観、6階のパークビューガーデン(庭)と展望、6階の「BASE Q」のキッチンやラウンジ、31階のオフィススペース、1階アトリウム、地下のアーケード街など。撮影日:2018(平成30)年1月30日、撮影場所:東京都千代田区

    商品コード: 2018013100171

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示スペース。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918710

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館内の岩茶製造展示室に置かれた、乾燥工程の茶葉。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918748

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の岩茶の製造展示室に置かれた、乾燥中の茶葉。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918685

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の10年、20年、30年前のさまざまな岩茶が収められたれた茶葉貯蔵庫。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918731

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の正面玄関。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918745

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の茶葉貯蔵庫に保存されている古い岩茶のサンプル。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918544

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器の展示。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919187

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館に展示された岩茶づくりの道具。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919155

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示エリア。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918749

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示スペース。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918881

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の茶葉貯蔵庫に保存されている古い岩茶のサンプル。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918734

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶室の外観。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918927

  • 2018年03月31日
    (21)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の茶葉貯蔵庫に保存されている古い岩茶のサンプル。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919176

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示エリア。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919191

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館内の岩茶製造展示室。乾燥工程に使う設備が展示されている。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918533

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示スペース。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918640

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の10年、20年、30年前のさまざまな古い岩茶が展示されている茶葉貯蔵庫。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919112

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示エリア。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918750

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の10年、20年、30年前のさまざまな岩茶が収められたれた茶葉貯蔵庫。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918751

  • 2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の10年、20年、30年前のさまざまな岩茶が収められたれた茶葉貯蔵庫。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918752

  • 2018年08月09日
    豊洲市場青果棟の外観

    東京都中央卸売市場豊洲市場の青果棟の外観。3階建てで延べ床面積は約9万7000平方メートルある=2018(平成30)年8月9日、東京都江東区、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100808965

  • 2018年10月09日
    ユニクロ、東南アジア最大の旗艦店を開業

    ファーストリテイリングがフィリピンのマニラ首都圏マカティ市で開業したカジュアル衣料販売店「ユニクロ」のグローバル旗艦店。店舗の延べ床面積は東南アジアで最大=2018(平成30)年10月9日、フィリピン・マニラ首都圏マカティ市、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101932285

  • 2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、空から見た福建省福州市の海峡文化芸術センター。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517758

  • 2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、こけら落とし公演が行われた海峡文化芸術センター内の1千人を収容できる音楽ホール。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517379

  • 2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、海峡文化芸術センターのこけら落とし公演を行った中国フィルハーモニー管弦楽団(中国愛楽楽団)。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517626

  • 2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、海峡文化芸術センターホールで福州の子どもたちとフラッシュモブを行う、バイオリニストの呂思清(ろ・しせい)氏。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517731

  • 2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日に撮影した海峡文化芸術センターの外観。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517745

  • 2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、海峡文化芸術センター内のサービスセンターを訪れた市民。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517450

  • 2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、こけら落とし公演が行われた海峡文化芸術センター内の1千人を収容できる音楽ホール。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517465

  • 2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、中国フィルハーモニー管弦楽団(中国愛楽楽団)による海峡文化芸術センターのこけら落とし公演に訪れた市民。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517777

  • 2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、ライトアップされた海峡文化芸術センター。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517601

  • 2018年10月10日
    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン

    10日、ライトアップされた海峡文化芸術センター。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517470

  • 01:47.71
    2018年11月10日
    「新華社」海南島に初のパンダ市民は歓迎ムード

    今年5歳になるジャイアントパンダの兄弟「貢貢(ゴンゴン)」と「舜舜(シュンシュン)」が10日、故郷の中国四貢貢川省から飛行機で海南島にやって来た。「国宝」のジャイアントパンダが海南島で暮らすことになるのは今回が初めて。ジャイアントパンダの兄弟は同日正午ごろに海南熱帯野生動植物園が心をこめて建設した「パンダワールド」に無事到着した。「パンダワールド」は屋外の運動場と室内展示エリア、科学教育エリア、後方支援エリアの4エリアに分かれており、延べ床面積は1千平方メートル余り。中国ジャイアントパンダ保護研究センターの専門家の指導の下、専門の設計チームが海口の気候と観光地の実況に応じて特別に設計した。「貢貢」と「舜舜」は1~2週間の適応期間を経た後、正式に一般公開される。海南熱帯野生動植物園のパンダワールドも正式に開館する。パンダを迎える子どもたちパンダさん、わが家へようこそ。(記者/周旋、郭良川、朱雨博)<映像内容>ジャイアントパンダ兄弟が海南島へやってきた様子、撮影日:2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111314024

  • 05:41.14
    2018年11月26日
    「新華社」孔子博物館が試験開館第1期2千点余りの孔府文化財を搬入

    孔子の故郷、中国山東省曲阜(きょくふ)市で26日午前、5年をかけて建設された孔子博物館の試験開館が始まった。第1期として2千点余りの文化財が孔府文化財档案館(保存施設)から同博物館に移され、今後、孔府にある文化財69万点以上が続々と同博物館に移される予定。展示条件が整っておらず、孔府内の文化財は長い間ほとんど人目にさらされてこなかった。だが孔府の文化財は驚くほど多く、収蔵文化財は約34万組、計69万点余りに及ぶ。持ち運びできる可動文化財の数では全国10位、省内1位となっている。孔子博物館の延べ床面積は5万5千平方メートル、高さ32メートル、現代的でハイテクな造りとなっている。2千点余りの文化財の移動に伴い、孔子博物館では段階的な保護計画を制定した上で、より多くの文化財展示を計画し、長い間眠っていた文化財を人々に鑑賞させるようになる機会を作っていくという。(記者/王歓)<映像内容>孔子博物館の試験開館の様子、撮影日:2018(平成30)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112928616

  • 2019年01月17日
    重慶一の高さとなる超高層ビル工事が急ピッチで進行中

    17日、中国の不動産開発大手「万科集団」の重慶万科超高層ビル第2期工事の施工現場。(小型無人機から)中建三局第三建設工程有限責任公司が建設を請け負う重慶万科超高層ビルの工事が、年末年始にかけて急ピッチで行われている。この超高層ビルは重慶市渝中(ゆちゅう)区化竜橋(かりゅうきょう)エリアにあり、高層ビル2棟と商業ビルからなる商業・オフィス一体型の巨大複合施設群だ。延べ床面積は約50万平方メートルで、2期工事が行われているビルの高さは458メートル。完成すれば重慶で最も高いビルになる。現計画では主要構造部の屋根が2022年6月に完成し、2023年から入居が始まることになっている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820953

  • 2019年01月17日
    重慶一の高さとなる超高層ビル工事が急ピッチで進行中

    17日、中国の不動産開発大手「万科集団」の重慶万科超高層ビル第2期工事の施工現場で働く作業員。中建三局第三建設工程有限責任公司が建設を請け負う重慶万科超高層ビルの工事が、年末年始にかけて急ピッチで行われている。この超高層ビルは重慶市渝中(ゆちゅう)区化竜橋(かりゅうきょう)エリアにあり、高層ビル2棟と商業ビルからなる商業・オフィス一体型の巨大複合施設群だ。延べ床面積は約50万平方メートルで、2期工事が行われているビルの高さは458メートル。完成すれば重慶で最も高いビルになる。現計画では主要構造部の屋根が2022年6月に完成し、2023年から入居が始まることになっている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820961

  • 2019年01月17日
    重慶一の高さとなる超高層ビル工事が急ピッチで進行中

    17日、中国の不動産開発大手「万科集団」の重慶万科超高層ビル第2期工事の施工現場。(小型無人機から)中建三局第三建設工程有限責任公司が建設を請け負う重慶万科超高層ビルの工事が、年末年始にかけて急ピッチで行われている。この超高層ビルは重慶市渝中(ゆちゅう)区化竜橋(かりゅうきょう)エリアにあり、高層ビル2棟と商業ビルからなる商業・オフィス一体型の巨大複合施設群だ。延べ床面積は約50万平方メートルで、2期工事が行われているビルの高さは458メートル。完成すれば重慶で最も高いビルになる。現計画では主要構造部の屋根が2022年6月に完成し、2023年から入居が始まることになっている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821404

  • 2019年01月17日
    重慶一の高さとなる超高層ビル工事が急ピッチで進行中

    17日、中国の不動産開発大手「万科集団」の重慶万科超高層ビル第2期プロジェクトの工事現場で働く作業員。中建三局第三建設工程有限責任公司が建設を請け負う重慶万科超高層ビルの工事が、年末年始にかけて急ピッチで行われている。この超高層ビルは重慶市渝中(ゆちゅう)区化竜橋(かりゅうきょう)エリアにあり、高層ビル2棟と商業ビルからなる商業・オフィス一体型の巨大複合施設群だ。延べ床面積は約50万平方メートルで、2期工事が行われているビルの高さは458メートル。完成すれば重慶で最も高いビルになる。現計画では主要構造部の屋根が2022年6月に完成し、2023年から入居が始まることになっている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821580

  • 2019年01月17日
    重慶一の高さとなる超高層ビル工事が急ピッチで進行中

    17日、中国の不動産開発大手「万科集団」の重慶万科超高層ビル第2期工事の施工現場で働く作業員。中建三局第三建設工程有限責任公司が建設を請け負う重慶万科超高層ビルの工事が、年末年始にかけて急ピッチで行われている。この超高層ビルは重慶市渝中(ゆちゅう)区化竜橋(かりゅうきょう)エリアにあり、高層ビル2棟と商業ビルからなる商業・オフィス一体型の巨大複合施設群だ。延べ床面積は約50万平方メートルで、2期工事が行われているビルの高さは458メートル、完成すれば重慶で最も高いビルになる。現計画では主要構造部の屋根が2022年6月に完成し、2023年から入居が始まることになっている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821415

  • 2019年01月17日
    重慶一の高さとなる超高層ビル工事が急ピッチで進行中

    17日、中国の不動産開発大手「万科集団」の重慶万科超高層ビル第2期プロジェクトの工事現場で働く作業員。中建三局第三建設工程有限責任公司が建設を請け負う重慶万科超高層ビルの工事が、年末年始にかけて急ピッチで行われている。この超高層ビルは重慶市渝中(ゆちゅう)区化竜橋(かりゅうきょう)エリアにあり、高層ビル2棟と商業ビルからなる商業・オフィス一体型の巨大複合施設群だ。延べ床面積は約50万平方メートルで、2期工事が行われているビルの高さは458メートル。完成すれば重慶で最も高いビルになる。現計画では主要構造部の屋根が2022年6月に完成し、2023年から入居が始まることになっている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820965

  • 2019年01月17日
    重慶一の高さとなる超高層ビル工事が急ピッチで進行中

    17日、中国の不動産開発大手「万科集団」の重慶万科超高層ビル第2期工事の施工現場で働く作業員。中建三局第三建設工程有限責任公司が建設を請け負う重慶万科超高層ビルの工事が、年末年始にかけて急ピッチで行われている。この超高層ビルは重慶市渝中(ゆちゅう)区化竜橋(かりゅうきょう)エリアにあり、高層ビル2棟と商業ビルからなる商業・オフィス一体型の巨大複合施設群だ。延べ床面積は約50万平方メートルで、2期工事が行われているビルの高さは458メートル。完成すれば重慶で最も高いビルになる。現計画では主要構造部の屋根が2022年6月に完成し、2023年から入居が始まることになっている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820480

  • 2019年01月17日
    重慶一の高さとなる超高層ビル工事が急ピッチで進行中

    17日、中国の不動産開発大手「万科集団」の重慶万科超高層ビル第2期工事の施工現場。(小型無人機から)中建三局第三建設工程有限責任公司が建設を請け負う重慶万科超高層ビルの工事が、年末年始にかけて急ピッチで行われている。この超高層ビルは重慶市渝中(ゆちゅう)区化竜橋(かりゅうきょう)エリアにあり、高層ビル2棟と商業ビルからなる商業・オフィス一体型の巨大複合施設群だ。延べ床面積は約50万平方メートルで、2期工事が行われているビルの高さは458メートル。完成すれば重慶で最も高いビルになる。現計画では主要構造部の屋根が2022年6月に完成し、2023年から入居が始まることになっている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821420

  • 2019年01月17日
    重慶一の高さとなる超高層ビル工事が急ピッチで進行中

    17日、中国の不動産開発大手「万科集団」の重慶万科超高層ビル第2期プロジェクトの工事現場で働く作業員。中建三局第三建設工程有限責任公司が建設を請け負う重慶万科超高層ビルの工事が、年末年始にかけて急ピッチで行われている。この超高層ビルは重慶市渝中(ゆちゅう)区化竜橋(かりゅうきょう)エリアにあり、高層ビル2棟と商業ビルからなる商業・オフィス一体型の巨大複合施設群だ。延べ床面積は約50万平方メートルで、2期工事が行われているビルの高さは458メートル。完成すれば重慶で最も高いビルになる。現計画では主要構造部の屋根が2022年6月に完成し、2023年から入居が始まることになっている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821581

  • 2019年01月18日
    (22)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館に展示された宋代の茶道具。(1月18日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918744

  • 2019年01月18日
    (24)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山の瑞泉岩茶博物館が所蔵する茶文化に関する書籍。(1月18日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918755

  • 2019年01月18日
    (23)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館に展示された宋代の茶道具。(1月18日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918740

  • 2019年01月18日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室。(1月18日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918747

  • 2019年03月06日
    New Bauhaus Museum about to open

    06 March 2019, Thuringia, Weimar: The outdoor facilities at the new Bauhaus Museum are designed. Construction began in November 2015. The Bauhaus Museum is planned as a minimalist cube with five levels and 2,250 square metres of floor space. It is scheduled to open on April 5, 2019, 100 years after the founding of the Bauhaus in Weimar. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030803947

  • 2019年03月06日
    New Bauhaus Museum about to open

    06 March 2019, Thuringia, Weimar: The new Bauhaus Museum stands next to the former Gauforum. Construction began in November 2015. The Bauhaus Museum is planned as a minimalist cube with five levels and 2,250 square metres of floor space. It is scheduled to open on April 5, 2019, 100 years after the founding of the Bauhaus in Weimar. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030803737

  • 2019年03月06日
    New Bauhaus Museum about to open

    06 March 2019, Thuringia, Weimar: The outdoor facilities at the new Bauhaus Museum are designed. Construction began in November 2015. The Bauhaus Museum is planned as a minimalist cube with five levels and 2,250 square metres of floor space. It is scheduled to open on April 5, 2019, 100 years after the founding of the Bauhaus in Weimar. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030804065

  • 2019年03月06日
    New Bauhaus Museum about to open

    06 March 2019, Thuringia, Weimar: The new Bauhaus Museum (M) stands next to the former Gauforum. Construction began in November 2015. The Bauhaus Museum is planned as a minimalist cube with five levels and 2,250 square metres of floor space. It is scheduled to open on April 5, 2019, 100 years after the founding of the Bauhaus in Weimar. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030804126

  • 2019年03月06日
    New Bauhaus Museum about to open

    06 March 2019, Thuringia, Weimar: The outdoor facilities at the new Bauhaus Museum are designed. Construction began in November 2015. The Bauhaus Museum is planned as a minimalist cube with five levels and 2,250 square metres of floor space. It is scheduled to open on April 5, 2019, 100 years after the founding of the Bauhaus in Weimar. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030803779

  • 2019年03月06日
    New Bauhaus Museum about to open

    06 March 2019, Thuringia, Weimar: The new Bauhaus Museum stands next to the former Gauforum. Construction began in November 2015. The Bauhaus Museum is planned as a minimalist cube with five levels and 2,250 square metres of floor space. It is scheduled to open on April 5, 2019, 100 years after the founding of the Bauhaus in Weimar. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030804119

  • 2019年03月06日
    New Bauhaus Museum about to open

    06 March 2019, Thuringia, Weimar: The new Bauhaus Museum (l) stands next to the Neue Weimarhalle. Construction began in November 2015. The Bauhaus Museum is planned as a minimalist cube with five levels and 2,250 square metres of floor space. It is scheduled to open on April 5, 2019, 100 years after the founding of the Bauhaus in Weimar. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030804077

  • 2019年03月06日
    New Bauhaus Museum about to open

    06 March 2019, Thuringia, Weimar: At the new Bauhaus Museum a volume of writing “bauhaus museum“ has been incorporated. Construction began in November 2015. The Bauhaus Museum is planned as a minimalist cube with five levels and 2,250 square metres of floor space. It is scheduled to open on April 5, 2019, 100 years after the founding of the Bauhaus in Weimar. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030804106

  • 02:39.70
    2019年04月02日
    「新華社」珠海長隆海洋科学館、年内完成予定広東省珠海市

    中国広東省珠海市横琴(おうきん)新区では現在、珠海長隆海洋科学館の建設が進んでいる。同館は動物のショーや生活環境に関する展示、科学普及教育、希少動物の繁殖などの機能を兼ね備えた延べ床面積約40万平方メートルの施設で、上から見ると宇宙船のように見える。観覧席には最大5千人の観客を収容できる。館内に設置されたさまざまな機能を持つ大小66個の水槽は、貴重な海洋生物の飼育に使われる。最大の水槽はバスケットコート6面分以上の大きさがあり、「海の王者」シャチのすみかとなる。建設を請け負う中建三局第一建設工程有限責任公司によると、工事はすでに内装施工の段階に入っており、年内に完成する見込みだという。(記者/梁旭、霍思穎)<映像内容>建設中の珠海長隆海洋科学館の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040402053

  • 2019年05月25日
    福州初の介護施設プロジェクト「智匯坊」を訪ねて

    25日、「万頤-智匯坊」の高齢者用トイレ。中国福建省福州市台江(たいこう)区にある「万頤-智匯坊(ばんい-ちかいぼう)」は、中国不動産大手の万科集団が同市で試験的に行う最初の介護施設プロジェクト。延床面積約3千平方メートルで、ベッド数は90床。2人部屋が中心で、月額費用はベッド代が2600元(1元=約16円)、食費が1200元。このほか入居者の健康状況に合わせ介護費が月額800~5千必要になる。中国の介護産業はここ数年、巨大な潜在力を持つ成長産業として国内外から巨額の資本を集めている。おおまかな統計によると、全国で介護施設分野に進出する不動産企業は80社以上あり、情報が公開されている事業だけでも100プロジェクトを超える。全国老齢工作委員会弁公室は、中国の60歳以上人口が2025年に3億人を超え、全人口の5分の1を占めるとの見通しを示しており、介護産業の市場規模は2023年に13兆元に達するといわれている。(福建=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903058

  • 2019年05月25日
    福州初の介護施設プロジェクト「智匯坊」を訪ねて

    25日、心温まる絵と標語が描かれた「万頤-智匯坊」のエレベーター。中国福建省福州市台江(たいこう)区にある「万頤-智匯坊(ばんい-ちかいぼう)」は、中国不動産大手の万科集団が同市で試験的に行う最初の介護施設プロジェクト。延床面積約3千平方メートルで、ベッド数は90床。2人部屋が中心で、月額費用はベッド代が2600元(1元=約16円)、食費が1200元。このほか入居者の健康状況に合わせ介護費が月額800~5千必要になる。中国の介護産業はここ数年、巨大な潜在力を持つ成長産業として国内外から巨額の資本を集めている。おおまかな統計によると、全国で介護施設分野に進出する不動産企業は80社以上あり、情報が公開されている事業だけでも100プロジェクトを超える。全国老齢工作委員会弁公室は、中国の60歳以上人口が2025年に3億人を超え、全人口の5分の1を占めるとの見通しを示しており、介護産業の市場規模は2023年に13兆元に達するといわれている。(福建=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903098

  • 2019年05月25日
    福州初の介護施設プロジェクト「智匯坊」を訪ねて

    25日、「万頤-智匯坊」で入居者の日常生活をケアする専門スタッフ(右から3人目)。中国福建省福州市台江(たいこう)区にある「万頤-智匯坊(ばんい-ちかいぼう)」は、中国不動産大手の万科集団が同市で試験的に行う最初の介護施設プロジェクト。延床面積約3千平方メートルで、ベッド数は90床。2人部屋が中心で、月額費用はベッド代が2600元(1元=約16円)、食費が1200元。このほか入居者の健康状況に合わせ介護費が月額800~5千必要になる。中国の介護産業はここ数年、巨大な潜在力を持つ成長産業として国内外から巨額の資本を集めている。おおまかな統計によると、全国で介護施設分野に進出する不動産企業は80社以上あり、情報が公開されている事業だけでも100プロジェクトを超える。全国老齢工作委員会弁公室は、中国の60歳以上人口が2025年に3億人を超え、全人口の5分の1を占めるとの見通しを示しており、介護産業の市場規模は2023年に13兆元に達するといわれている。(福建=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903102

  • 2019年05月25日
    福州初の介護施設プロジェクト「智匯坊」を訪ねて

    25日、午後のフルーツ食を楽しむ「万頤-智匯坊」の入居者。中国福建省福州市台江(たいこう)区にある「万頤-智匯坊(ばんい-ちかいぼう)」は、中国不動産大手の万科集団が同市で試験的に行う最初の介護施設プロジェクト。延床面積約3千平方メートルで、ベッド数は90床。2人部屋が中心で、月額費用はベッド代が2600元(1元=約16円)、食費が1200元。このほか入居者の健康状況に合わせ介護費が月額800~5千必要になる。中国の介護産業はここ数年、巨大な潜在力を持つ成長産業として国内外から巨額の資本を集めている。おおまかな統計によると、全国で介護施設分野に進出する不動産企業は80社以上あり、情報が公開されている事業だけでも100プロジェクトを超える。全国老齢工作委員会弁公室は、中国の60歳以上人口が2025年に3億人を超え、全人口の5分の1を占めるとの見通しを示しており、介護産業の市場規模は2023年に13兆元に達するといわれている。(福建=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903137

  • 2019年05月25日
    福州初の介護施設プロジェクト「智匯坊」を訪ねて

    25日、「万頤-智匯坊」の医務室にある理学療法設備。中国福建省福州市台江(たいこう)区にある「万頤-智匯坊(ばんい-ちかいぼう)」は、中国不動産大手の万科集団が同市で試験的に行う最初の介護施設プロジェクト。延床面積約3千平方メートルで、ベッド数は90床。2人部屋が中心で、月額費用はベッド代が2600元(1元=約16円)、食費が1200元。このほか入居者の健康状況に合わせ介護費が月額800~5千必要になる。中国の介護産業はここ数年、巨大な潜在力を持つ成長産業として国内外から巨額の資本を集めている。おおまかな統計によると、全国で介護施設分野に進出する不動産企業は80社以上あり、情報が公開されている事業だけでも100プロジェクトを超える。全国老齢工作委員会弁公室は、中国の60歳以上人口が2025年に3億人を超え、全人口の5分の1を占めるとの見通しを示しており、介護産業の市場規模は2023年に13兆元に達するといわれている。(福建=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903143

  • 2019年05月25日
    福州初の介護施設プロジェクト「智匯坊」を訪ねて

    25日、「万頤-智匯坊」の2階にあるレストラン。中国福建省福州市台江(たいこう)区にある「万頤-智匯坊(ばんい-ちかいぼう)」は、中国不動産大手の万科集団が同市で試験的に行う最初の介護施設プロジェクト。延床面積約3千平方メートルで、ベッド数は90床。2人部屋が中心で、月額費用はベッド代が2600元(1元=約16円)、食費が1200元。このほか入居者の健康状況に合わせ介護費が月額800~5千必要になる。中国の介護産業はここ数年、巨大な潜在力を持つ成長産業として国内外から巨額の資本を集めている。おおまかな統計によると、全国で介護施設分野に進出する不動産企業は80社以上あり、情報が公開されている事業だけでも100プロジェクトを超える。全国老齢工作委員会弁公室は、中国の60歳以上人口が2025年に3億人を超え、全人口の5分の1を占めるとの見通しを示しており、介護産業の市場規模は2023年に13兆元に達するといわれている。(福建=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903162

  • 2019年05月25日
    福州初の介護施設プロジェクト「智匯坊」を訪ねて

    25日、「万頤-智匯坊」の愛の壁に貼られた入居者によるグループ活動の写真。中国福建省福州市台江(たいこう)区にある「万頤-智匯坊(ばんい-ちかいぼう)」は、中国不動産大手の万科集団が同市で試験的に行う最初の介護施設プロジェクト。延床面積約3千平方メートルで、ベッド数は90床。2人部屋が中心で、月額費用はベッド代が2600元(1元=約16円)、食費が1200元。このほか入居者の健康状況に合わせ介護費が月額800~5千必要になる。中国の介護産業はここ数年、巨大な潜在力を持つ成長産業として国内外から巨額の資本を集めている。おおまかな統計によると、全国で介護施設分野に進出する不動産企業は80社以上あり、情報が公開されている事業だけでも100プロジェクトを超える。全国老齢工作委員会弁公室は、中国の60歳以上人口が2025年に3億人を超え、全人口の5分の1を占めるとの見通しを示しており、介護産業の市場規模は2023年に13兆元に達するといわれている。(福建=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903163

  • 2019年05月25日
    福州初の介護施設プロジェクト「智匯坊」を訪ねて

    25日、「万頤-智匯坊」の映写室。中国福建省福州市台江(たいこう)区にある「万頤-智匯坊(ばんい-ちかいぼう)」は、中国不動産大手の万科集団が同市で試験的に行う最初の介護施設プロジェクト。延床面積約3千平方メートルで、ベッド数は90床。2人部屋が中心で、月額費用はベッド代が2600元(1元=約16円)、食費が1200元。このほか入居者の健康状況に合わせ介護費が月額800~5千必要になる。 中国の介護産業はここ数年、巨大な潜在力を持つ成長産業として国内外から巨額の資本を集めている。おおまかな統計によると、全国で介護施設分野に進出する不動産企業は80社以上あり、情報が公開されている事業だけでも100プロジェクトを超える。全国老齢工作委員会弁公室は、中国の60歳以上人口が2025年に3億人を超え、全人口の5分の1を占めるとの見通しを示しており、介護産業の市場規模は2023年に13兆元に達するといわれている。(福建=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903099

  • 2019年05月25日
    福州初の介護施設プロジェクト「智匯坊」を訪ねて

    25日、「万頤-智匯坊」の標準的なツインベッドルーム。中国福建省福州市台江(たいこう)区にある「万頤-智匯坊(ばんい-ちかいぼう)」は、中国不動産大手の万科集団が同市で試験的に行う最初の介護施設プロジェクト。延床面積約3千平方メートルで、ベッド数は90床。2人部屋が中心で、月額費用はベッド代が2600元(1元=約16円)、食費が1200元。このほか入居者の健康状況に合わせ介護費が月額800~5千必要になる。中国の介護産業はここ数年、巨大な潜在力を持つ成長産業として国内外から巨額の資本を集めている。おおまかな統計によると、全国で介護施設分野に進出する不動産企業は80社以上あり、情報が公開されている事業だけでも100プロジェクトを超える。全国老齢工作委員会弁公室は、中国の60歳以上人口が2025年に3億人を超え、全人口の5分の1を占めるとの見通しを示しており、介護産業の市場規模は2023年に13兆元に達するといわれている。(福建=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903151

  • 2019年05月25日
    福州初の介護施設プロジェクト「智匯坊」を訪ねて

    25日、「万頤-智匯坊」の高齢者用トイレ。中国福建省福州市台江(たいこう)区にある「万頤-智匯坊(ばんい-ちかいぼう)」は、中国不動産大手の万科集団が同市で試験的に行う最初の介護施設プロジェクト。延床面積約3千平方メートルで、ベッド数は90床。2人部屋が中心で、月額費用はベッド代が2600元(1元=約16円)、食費が1200元。このほか入居者の健康状況に合わせ介護費が月額800~5千必要になる。中国の介護産業はここ数年、巨大な潜在力を持つ成長産業として国内外から巨額の資本を集めている。おおまかな統計によると、全国で介護施設分野に進出する不動産企業は80社以上あり、情報が公開されている事業だけでも100プロジェクトを超える。全国老齢工作委員会弁公室は、中国の60歳以上人口が2025年に3億人を超え、全人口の5分の1を占めるとの見通しを示しており、介護産業の市場規模は2023年に13兆元に達するといわれている。(福建=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903094

  • 2019年05月25日
    福州初の介護施設プロジェクト「智匯坊」を訪ねて

    25日、「万頤-智匯坊」2階の多目的ホールでフルーツを味わう入居者。中国福建省福州市台江(たいこう)区にある「万頤-智匯坊(ばんい-ちかいぼう)」は、中国不動産大手の万科集団が同市で試験的に行う最初の介護施設プロジェクト。延床面積約3千平方メートルで、ベッド数は90床。2人部屋が中心で、月額費用はベッド代が2600元(1元=約16円)、食費が1200元。このほか入居者の健康状況に合わせ介護費が月額800~5千必要になる。中国の介護産業はここ数年、巨大な潜在力を持つ成長産業として国内外から巨額の資本を集めている。おおまかな統計によると、全国で介護施設分野に進出する不動産企業は80社以上あり、情報が公開されている事業だけでも100プロジェクトを超える。全国老齢工作委員会弁公室は、中国の60歳以上人口が2025年に3億人を超え、全人口の5分の1を占めるとの見通しを示しており、介護産業の市場規模は2023年に13兆元に達するといわれている。(福建=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903101

  • 2019年05月25日
    福州初の介護施設プロジェクト「智匯坊」を訪ねて

    25日、午後のフルーツ食を楽しむ「万頤-智匯坊」の入居者。中国福建省福州市台江(たいこう)区にある「万頤-智匯坊(ばんい-ちかいぼう)」は、中国不動産大手の万科集団が同市で試験的に行う最初の介護施設プロジェクト。延床面積約3千平方メートルで、ベッド数は90床。2人部屋が中心で、月額費用はベッド代が2600元(1元=約16円)、食費が1200元。このほか入居者の健康状況に合わせ介護費が月額800~5千必要になる。中国の介護産業はここ数年、巨大な潜在力を持つ成長産業として国内外から巨額の資本を集めている。おおまかな統計によると、全国で介護施設分野に進出する不動産企業は80社以上あり、情報が公開されている事業だけでも100プロジェクトを超える。全国老齢工作委員会弁公室は、中国の60歳以上人口が2025年に3億人を超え、全人口の5分の1を占めるとの見通しを示しており、介護産業の市場規模は2023年に13兆元に達するといわれている。(福建=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903092

  • 2019年05月25日
    福州初の介護施設プロジェクト「智匯坊」を訪ねて

    25日、福州市台江区上海街道にある「万頤-智匯坊」。中国福建省福州市台江(たいこう)区にある「万頤-智匯坊(ばんい-ちかいぼう)」は、中国不動産大手の万科集団が同市で試験的に行う最初の介護施設プロジェクト。延床面積約3千平方メートルで、ベッド数は90床。2人部屋が中心で、月額費用はベッド代が2600元(1元=約16円)、食費が1200元。このほか入居者の健康状況に合わせ介護費が月額800~5千必要になる。中国の介護産業はここ数年、巨大な潜在力を持つ成長産業として国内外から巨額の資本を集めている。おおまかな統計によると、全国で介護施設分野に進出する不動産企業は80社以上あり、情報が公開されている事業だけでも100プロジェクトを超える。全国老齢工作委員会弁公室は、中国の60歳以上人口が2025年に3億人を超え、全人口の5分の1を占めるとの見通しを示しており、介護産業の市場規模は2023年に13兆元に達するといわれている。(福建=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903141

  • 2019年05月25日
    福州初の介護施設プロジェクト「智匯坊」を訪ねて

    25日、「万頤-智匯坊」の多目的活動ホール。中国福建省福州市台江(たいこう)区にある「万頤-智匯坊(ばんい-ちかいぼう)」は、中国不動産大手の万科集団が同市で試験的に行う最初の介護施設プロジェクト。延床面積約3千平方メートルで、ベッド数は90床。2人部屋が中心で、月額費用はベッド代が2600元(1元=約16円)、食費が1200元。このほか入居者の健康状況に合わせ介護費が月額800~5千必要になる。中国の介護産業はここ数年、巨大な潜在力を持つ成長産業として国内外から巨額の資本を集めている。おおまかな統計によると、全国で介護施設分野に進出する不動産企業は80社以上あり、情報が公開されている事業だけでも100プロジェクトを超える。全国老齢工作委員会弁公室は、中国の60歳以上人口が2025年に3億人を超え、全人口の5分の1を占めるとの見通しを示しており、介護産業の市場規模は2023年に13兆元に達するといわれている。(福建=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903142

  • 02:04.68
    2019年05月28日
    「新華社」福州初の介護施設プロジェクト「智匯坊」を訪ねて

    中国福建省福州市台江(たいこう)区にある「万頤-智匯坊(ばんい-ちかいぼう)」は、中国不動産大手の万科集団が同市で試験的に行う最初の介護施設プロジェクト。延床面積約3千平方メートルで、ベッド数は90床。2人部屋が中心で、月額費用はベッド代が2600元(1元=約16円)、食費が1200元。このほか入居者の健康状況に合わせ介護費が月額800~5千必要になる。中国の介護産業はここ数年、巨大な潜在力を持つ成長産業として国内外から巨額の資本を集めている。おおまかな統計によると、全国で介護施設分野に進出する不動産企業は80社以上あり、情報が公開されている事業だけでも100プロジェクトを超える。全国老齢工作委員会弁公室は、中国の60歳以上人口が2025年に3億人を超え、全人口の5分の1を占めるとの見通しを示しており、介護産業の市場規模は2023年に13兆元に達するといわれている。(記者/魏培全)<映像内容>中国不動産大手の万科集団の介護施設プロジェクトの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052902987

  • 2019年06月04日
    Greifswald builds Pomeranian archive centre

    04 June 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Greifswald: Guests watch Greifswald celebrate the topping-out ceremony of the new building of the city archive. Eleven months after the laying of the foundation stone, the topping-out ceremony was celebrated on the same day. The four-storey building therefore has a floor area of around 400 square metres. A large reading room is to be built on the ground floor, which will also allow a larger event area via movable walls. Total costs rose to around 8 million euros. The state is contributing 3.67 million euros from urban development funds. The Pomeranian Archive Centre will also be located here, with the Pomeranian State Archive and possibly the Regional Church Archive. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060605018

  • 2019年06月04日
    Greifswald builds Pomeranian archive centre

    04 June 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Greifswald: A building sign shows the new building of the city archive. Eleven months after the laying of the foundation stone, the topping-out ceremony was celebrated on the same day. The four-storey building therefore has a floor area of around 400 square metres. A large reading room is to be built on the ground floor, which will also allow a larger event area via movable walls. Total costs rose to around 8 million euros. The state is contributing 3.67 million euros from urban development funds. The Pomeranian Archive Centre will also be located here, with the Pomeranian State Archive and possibly the Regional Church Archive. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060605116

  • 2019年06月04日
    Greifswald builds Pomeranian archive centre

    04 June 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Greifswald: A topping-out crown floats on a crane above the new building in Greifswald. Eleven months after the laying of the foundation stone, the topping-out ceremony for the city archive was celebrated on the same day. The four-storey building therefore has a floor area of around 400 square metres. A large reading room is to be built on the ground floor, which will also allow a larger event area via movable walls. Total costs rose to around 8 million euros. The state is contributing 3.67 million euros from urban development funds. The Pomeranian Archive Centre will also be located here, with the Pomeranian State Archive and possibly the Regional Church Archive. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060605277

  • 2019年06月04日
    Greifswald builds Pomeranian archive centre

    04 June 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Greifswald: A topping-out crown floats on a crane above the new building in Greifswald. Eleven months after the laying of the foundation stone, the topping-out ceremony for the city archive was celebrated on the same day. The four-storey building therefore has a floor area of around 400 square metres. A large reading room is to be built on the ground floor, which will also allow a larger event area via movable walls. Total costs rose to around 8 million euros. The state is contributing 3.67 million euros from urban development funds. The Pomeranian Archive Centre will also be located here, with the Pomeranian State Archive and possibly the Regional Church Archive. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060605122

  • 2019年06月04日
    Greifswald builds Pomeranian archive centre

    04 June 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Greifswald: After the symbolic hammering of the last nail at the topping-out ceremony for the Greifswald City Archive, a carpenter‘s hammer lies on the construction site. Eleven months after the laying of the foundation stone, the topping-out ceremony was celebrated on the same day. The four-storey building therefore has a floor area of around 400 square metres. A large reading room is to be built on the ground floor, which will also allow a larger event area via movable walls. Total costs rose to around 8 million euros. The state is contributing 3.67 million euros from urban development funds. The Pomeranian Archive Centre will also be located here, with the Pomeranian State Archive and possibly the Regional Church Archive. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060605118

  • 2019年06月04日
    Greifswald builds Pomeranian archive centre

    04 June 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Greifswald: During the construction of the city archive in Greifswald, the topping-out ceremony is celebrated with a topping-out crown. Eleven months after the laying of the foundation stone, the topping-out ceremony was celebrated on the same day. The four-storey building therefore has a floor area of around 400 square metres. A large reading room is to be built on the ground floor, which will also allow a larger event area via movable walls. Total costs rose to around 8 million euros. The state is contributing 3.67 million euros from urban development funds. The Pomeranian Archive Centre will also be located here, with the Pomeranian State Archive and possibly the Regional Church Archive. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060605280

  • 2019年06月04日
    Greifswald builds Pomeranian archive centre

    04 June 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Greifswald: Air conditioning technology is on the roof of the new building. Eleven months after the laying of the foundation stone, the topping-out ceremony for the city archive was celebrated on the same day. The four-storey building therefore has a floor area of around 400 square metres. A large reading room is to be built on the ground floor, which will also allow a larger event area via movable walls. Total costs rose to around 8 million euros. The state is contributing 3.67 million euros from urban development funds. The Pomeranian Archive Centre will also be located here, with the Pomeranian State Archive and possibly the Regional Church Archive. Photo: Stefan Sauer/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060605124

  • 2019年06月07日
    NTTコムウェアのアジャイル開発新拠点

    NTTコムウェアは7日、部分的な試行を幾度も繰り返しながらITシステムを生む「アジャイル(俊敏)開発」を円滑に実施できる新拠点を東京都品川区に開設した。10月からアジャイル開発人材の認定制度「コムウェア・トゥー・アジャイル」を始め、2021年にアジャイル人材を現状比5倍の1500人に増やす。新拠点「コムウェア・トゥー・スペース」は延べ床面積約300平方メートル。チームとしての仕事の進め方を重視するアジャイル開発手法「スクラム」を用いたシステム開発を円滑に行えるよう、6―8人で構成する開発チームがプロジェクト完了まで一つの机で仕事ができるスペースを7カ所設けた。=2019(令和元)年6月7日、東京都品川区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103460

  • 2019年06月15日
    中国華南地区最大のスキー場がオープン広東省広州市

    15日に撮影したスキー場の様子。中国広東省広州市で15日、中国華南地区最大のスキー場がオープンした。同スキー場は総合アミューズメント施設、広州融創文旅城のプロジェクトの一つ、融創雪世界で、延床面積はドバイにある屋内スキー場の3倍に当たる7万5千平方メートル、1日当たりの最大収容人数は3千人以上となっている。(広州=新華社配信/広州融創文旅城提供)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:広州融創文旅城/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625701

  • 2019年06月15日
    中国華南地区最大のスキー場がオープン広東省広州市

    15日に撮影したスキー場の様子。中国広東省広州市で15日、中国華南地区最大のスキー場がオープンした。同スキー場は総合アミューズメント施設、広州融創文旅城のプロジェクトの一つ、融創雪世界で、延床面積はドバイにある屋内スキー場の3倍に当たる7万5千平方メートル、1日当たりの最大収容人数は3千人以上となっている。(広州=新華社配信/広州融創文旅城提供)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:広州融創文旅城/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019062625530

  • 2019年06月17日
    上海浦東美術館、英テート・ギャラリーと提携

    上海浦東美術館の建設現場。(資料写真)中国の上海陸家嘴(集団)有限公司はこのほど、上海市の浦東美術館の運営コンサルティングと開幕展について、世界的に有名な英テート・ギャラリーと提携に関する了解覚書に調印したと発表した。覚書によると、テート・ギャラリーは国際的な美術館の運営という観点から、上海浦東美術館に3年間の研修とコンサルティングサービスを提供し、美術館分野の専門知識を共有した上で、テート・ギャラリーのコレクションを利用した開幕展を開催する。上海・陸家嘴の中央ビジネス地区に位置する浦東美術館は地下2階、地上4階建てで、延床面積は4万平方メートル超。工事は2017年9月に始まり、2021年初めの完成と2021年中ごろの開館を予定している。(上海=新華社配信/上海陸家嘴集団提供)=撮影日不明、クレジット:上海陸家嘴集団/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625629

  • 2019年06月17日
    上海浦東美術館、英テート・ギャラリーと提携

    上海浦東美術館(写真の白い部分)の完成予想図。(資料写真)中国の上海陸家嘴(集団)有限公司はこのほど、上海市の浦東美術館の運営コンサルティングと開幕展について、世界的に有名な英テート・ギャラリーと提携に関する了解覚書に調印したと発表した。覚書によると、テート・ギャラリーは国際的な美術館の運営という観点から、上海浦東美術館に3年間の研修とコンサルティングサービスを提供し、美術館分野の専門知識を共有した上で、テート・ギャラリーのコレクションを利用した開幕展を開催する。上海・陸家嘴の中央ビジネス地区に位置する浦東美術館は地下2階、地上4階建てで、延床面積は4万平方メートル超。工事は2017年9月に始まり、2021年初めの完成と2021年中ごろの開館を予定している。(上海=新華社配信/上海陸家嘴集団提供)=撮影日不明、クレジット:上海陸家嘴集団/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625775

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6