KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 八坂庚申堂
  • 庚申塚停留場
  • 庚申山
  • 令和
  • 日本
  • 山頂
  • 江戸時代
  • 仏教
  • 参加
  • 学術

「庚申」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
21
( 1 21 件を表示)
  • 1
21
( 1 21 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2000年10月07日
    草庵「庚申庵」 江戸の風情を21世紀に

    松山市が整備することが決まった草庵「庚申庵」=松山市味酒町

    商品コード: 2000100700004

  • 2006年03月01日
    庚申山の修験道をたどる

    樹林に覆われた皇海山山頂

    商品コード: 2006030100019

  • 2010年11月22日
    羽二重団子 街角の庚申塚に江戸を思う

    明治の文学にもしばしば登場する羽二重団子

    商品コード: 2010112200410

  • 2010年11月22日
    庚申塚 街角の庚申塚に江戸を思う

    生活に溶け込む通学路の庚申塚=東京・根岸

    商品コード: 2010112200432

  • 2010年11月22日
    街角の庚申塚に江戸を思う

    東京・根岸

    商品コード: 2010112200436

  • 2010年11月22日
    街角の庚申塚に江戸を思う

    東京・根岸

    商品コード: 2010112200437

  • 2014年11月06日
    都電荒川線の庚申塚停留場

    都電荒川線の庚申塚停留場に入る車両=2014年10月、東京都豊島区西巣鴨

    商品コード: 2014110600391

  • 2017年06月02日
    着物姿の女性たち ポリ着物人気、苦しむ伝統

    レンタルしたポリエステル製の着物姿で八坂庚申堂を訪れた女性たち

    商品コード: 2017060200060

  • 2018年07月02日
    さわら庚申 住宅街でぜいたくな時間

    江戸時代の民間信仰を伝える「さわら庚申」=東京都目黒区

    商品コード: 2018070200702

  • 2018年11月15日
    那谷寺の庚申さん

    キーワード:屋外、午後、寺、秋、重要文化財、那谷寺、那谷町、日本、風景、無人、国指定名勝、庚申像、風景メイン写真=2018(平成30)年11月15日、石川県小松市、クレジット:KEITA SAWAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051310336

  • 2019年05月18日
    長命寺の如法行堂

    キーワード:屋外、建物、寺、寺院、重要文化財、巡礼、鐘楼、聖観音、聖徳太子、千手観音、長命寺、日本、風景、無人、旅、三仏堂、十一面観音、琵琶湖畔、無病息災、風景メイン写真、西国三十一番札所、三尊一体、勝運将軍地蔵尊、智恵文殊菩薩、福徳庚申安置、如法行堂=2019(令和元)年5月18日、滋賀県近江八幡市、クレジット:SHUKO_YASUMI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ ※

    商品コード: 2021030215874

  • 00:30.03
    2020年01月18日
    災いサルように、猿面求め行列 「西日本新聞」福岡市・猿田彦神社で初庚申大祭

    福岡市早良区藤崎の猿田彦神社で18日、厄よけを祈願する初庚申(はつこうしん)大祭があり、縁起物の猿面を求める参拝者で未明からにぎわった。猿面を玄関に掛けておくと「災難が去る」と言い伝えられている。木から落ちない猿にあやかり、受験合格の願いを込める人も。大祭は毎年、最初の庚申(かのえさる)の日に催される、撮影日:2020(令和2)年1月18日、撮影場所:福岡市早良区、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012425029

  • 2021年03月16日
    黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で報恩塔を発見した調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)=配信日:2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032506913

  • 2021年03月16日
    黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、隠元が建立した報恩塔。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)=配信日:2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032506920

  • 01:08.06
    2021年03月22日
    「新華社」黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一払書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(記者/魏培全、鄭松波)=配信日:2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033007195

  • 2021年03月22日
    (7)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、清・道光年間編纂(へんさん)の「黄檗山寺志」巻5にある報恩塔に関する記載。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032202958

  • 2021年03月22日
    (8)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で発見した報恩塔の前で記念撮影する調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032202959

  • 2021年03月22日
    (3)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で、隠元が建立した報恩塔を発見した調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201659

  • 2021年03月22日
    (2)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で、発見した報恩塔に供物を供える調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201649

  • 2021年03月22日
    (5)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で報恩塔を発見した調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201657

  • 2021年03月22日
    (4)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で、発見した報恩塔を供養する調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201665

  • 1