KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 山陽新聞
  • 平成
  • アサガオ
  • サントリー
  • ホタル
  • 中心
  • 五・一五事件
  • 令和
  • 会見
  • 伝統工芸品

「庭瀬」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2014年12月17日
    記者会見する庭瀬さんら 障害者スポーツ助成先決定

    サントリーの障害者スポーツ基金で支援が決まった庭瀬ひかりさん(前列右)と障害者アスリートら=17日午後、福島市

    商品コード: 2014121700308

  • 2017年06月13日
    岡山市北区東花尻 撫川うちわ

    洗練された美と機能性が凝縮された撫川うちわ。多彩な技法を駆使し、一本一本手作りされる岡山県郷土伝統的工芸品「撫川うちわ」。光にかざすと、アサガオやホタルといった風雅な絵柄とともに、雲の模様のように並んだ俳句が浮かび上がる。あおぐと程よくしなり、優しい風が生まれる。飾って良し、使って良しの逸品だ。 長さ四、五十センチ、直径一、二センチの細い竹を、柄にする部分を残して64本以上に割いて扇状に広げ、骨組みを作る。俳句の内容に沿った切り絵を配置し、和紙を貼り合わせて「透かし」の仕掛けを施すなど幾つもの工程を経て出来上がる。 江戸時代に三河(現在の愛知県)から伝わったとされ、現在の岡山市北区庭瀬・撫川地区で広まった。高度な技術が必要で量産できないことなどから、明治期以降、一時は生産が途絶えたが、戦後、故坂野定香さん(県重要無形文化財保持者)らが中心となって復活させた。 =2017(平成29)年6月13日、岡山市北区東花尻、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061700735

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月15日
    「憲政の神様」 木堂しのび墓前祭

    木堂の墓(右)に手を合わせる吉備小児童ら。五・一五事件で海軍青年将校の凶弾に倒れた岡山市出身の犬養毅元首相(号・木堂、1855~1932年)の命日に当たる15日、同市北区川入の生家近くにある墓地で墓前祭が営まれ、近くの吉備小学校(同庭瀬)の6年生や住民らが「憲政の神様」と称された郷土の偉人をしのんだ。=2018(平成30)年5月15日、岡山市北区川入、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052200680

  • 2022年03月20日
    鴨方往来沿い 住宅街に残る庭瀬港跡

    住宅街に残る庭瀬港跡。復元された常夜灯とともに水郷の繁栄を伝える=3月20日。岡山県の岡山市街と倉敷市街を結び、西へ延びる鴨方往来(庭瀬往来)沿い。庭瀬・撫川地区は水の郷だ。=2022(令和4)年3月20日、庭瀬港跡=岡山県岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042309165

  • 1