KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 平安時代前期
  • 青銅
  • ひも
  • 中央
  • 側面
  • 公表
  • 内容
  • 分家
  • 場所
  • 平成

「庶家」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 出土した青銅製の印鑑 平安時代の銅印出土
    2007年01月15日
    出土した青銅製の印鑑 平安時代の銅印出土

    滋賀県甲賀市の北脇遺跡で出土した「徳西庶家」と刻まれた平安時代前期の青銅製の印鑑

    商品コード: 2007011500157

  •  平安時代の銅印出土 「徳西庶家」と4文字鮮明
    00:51.35
    2007年01月15日
    平安時代の銅印出土 「徳西庶家」と4文字鮮明

    滋賀県甲賀市教育委員会は15日、同市の北脇遺跡で、平安時代前期(9―10世紀ごろ)の青銅製の印鑑が出土したと発表した。「徳西庶家」と刻まれており、市教委は当時の有力氏族の私印とみている。「徳」と「西」は氏名の一部で、「庶家」は分家の意味という。銅印は鋳造品。印面は縦、横とも3.5センチ、高さ3センチで、重さ64グラム。側面にひものような模様や線で描いた装飾があり、扇形の取っ手部分には中央にひもを通す穴が開いていた<映像内容>出土した銅印を公表する担当者、銅印全景、部分ヨリ、印字部分アップ、出土した北脇遺跡の写真資料、撮影日:2007(平成19)年1月15日、撮影場所:滋賀県甲賀市

    商品コード: 2020061706494

  • 1