KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 構築
  • 風景
  • 修復
  • 再利用
  • 発展
  • エリア
  • テーマパーク
  • 再生

「廃坑」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
63
( 1 63 件を表示)
  • 1
63
( 1 63 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    小滝坑廃坑入口

    キーワード:屋外、夏、橋、渓谷、建物、初夏、森林、炭坑、日光、日本、入り口、廃坑、風景、無人、小滝坑、テーマメイン写真=撮影日不明、栃木県日光市、クレジット:JIRO DAN/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122301323

  • -
    廃坑入口(小滝坑)

    キーワード:屋外、橋、工業、錆、産業、鉄橋、日本、入り口、廃坑、風景、無人、ご当地セレクト、足尾、足尾銅山、小滝坑、風景メイン写真=撮影日不明、栃木県、クレジット:JIRO DAN/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300952

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1944年08月22日
    独軍去って日常戻る 欧州戦線

    フランス北西部ノルマンディー地方のエクシェで避難先から帰還し、営業を再開した肉屋を訪ねた住民。住民たちは米軍がドイツ軍掃討のため町を砲撃した際、廃坑となった白亜採掘工坑に避難していた=1944年8月、米陸軍通信隊提供

    商品コード: 2019112701822

  • 1989年03月06日
    地上の家をのみ込んだ大谷石廃坑 住宅や倉庫のみ込む

    不気味に口を開けた大穴が、地上の家をのみ込んだ大谷石廃坑=1989(平成元)年3月6日午前8時40分、宇都宮市大谷町(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2019100102475

  • 1989年03月06日
    陥没現場 大谷石の廃坑陥没

    栃木県宇都宮市大谷町の大谷石廃坑付近で地面が陥没。不気味に口を開けた大穴が地上の家々をのみ込んだ陥没現場=1989(平成元)年3月6日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第9巻使用画像(P174)

    商品コード: 2015052900597

  • 1989年09月21日
    廃坑使ってマンガン記念館

    当時の鉱石採掘作業を再現した「丹波マンガン記念館」=京都府北桑田郡京北町

    商品コード: 2009012900450

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年08月19日
    大谷町の陥没現場 陥没防止兼ね大谷石商品化

    不気味に口を開けた大穴が、地上の家々をのみ込んだ大谷石廃坑=89(平成元)年3月、宇都宮市大谷町

    商品コード: 1999081900093

  • 2000年10月20日
    怒れるヘラジカ像

    オタワの国会議事堂を背に、自然豊かなカナダを象徴するかのように立つヘラジカ像。しかし、ご機嫌は斜めのようだ。それもそのはず、体の中は全部ごみ。トロント市が毎年百万トンのごみをオンタリオ州北部の廃坑に二十年間も投棄する計画を公表したことへの抗議行動の一こまだ。(ロイター=共同)

    商品コード: 2000102000055

  • 2001年07月24日
    相良油田の機械掘り井戸 石油作ったのは細菌?

    国内の油田としては太平洋側唯一の「相良油田」。1950年代に廃坑になったが、今も残る機械掘り井戸から高品質の石油が採れる=静岡県相良町

    商品コード: 2001072400012

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年08月03日
    壊れた物置 大谷石の採石廃坑で爆発

    爆発現場から吹き飛んだ鉄製のやぐらに直撃された物置=3日午後0時10分、宇都宮市駒生町

    商品コード: 2001080300053

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年08月03日
    現場付近の航空写真 大谷石の採石廃坑で爆発

    爆発事故が発生した採石場廃坑(上方クレーン車の間)と吹き飛び物置を直撃した鉄骨組みのやぐら(左下)=3日午前11時55分、宇都宮市駒生町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2001080300057

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年10月24日
    陥没した御嵩町の現場 崩れる亜炭鉱の町

    亜炭の廃坑が崩れ、地面が陥没した現場=21日、岐阜県御嵩町

    商品コード: 2010102400203

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月06日
    亜炭鉱の廃坑 廃坑埋め戻し12月に実験

    大規模地震による陥没を防ぐため、建設現場の残土などを流し込む実験が行われる亜炭鉱の廃坑=6日午後、岐阜県御嵩町

    商品コード: 2012110600665

  • 2013年11月09日
    志賀徹名誉教授 大谷石の廃坑を再利用

    廃坑採掘場の冷熱を利用して栽培したイチゴと宇都宮大の志賀徹名誉教授=7日、宇都宮市大谷町

    商品コード: 2013110900023

  • 2016年12月26日
    岐阜県御嵩町の陥没現場 亜炭の廃坑陥没を防げ

    大規模な陥没が発生し、付近の住宅が傾いた現場=2010年10月、岐阜県御嵩町

    商品コード: 2016122600469

  • 2016年12月26日
    亜炭の廃坑陥没を防げ

    岐阜県の基金のイメージ

    商品コード: 2016122600541

  • 2016年12月26日
    亜炭の廃坑陥没を防げ

    岐阜県の基金のイメージ

    商品コード: 2016122600542

  • 2016年12月26日
    亜炭の廃坑陥没を防げ

    岐阜県の基金のイメージ

    商品コード: 2016122600543

  • 2016年12月26日
    亜炭の廃坑陥没を防げ

    岐阜県の基金のイメージ

    商品コード: 2016122600544

  • 2019年06月15日
    オフロード選手権大会閉幕遼寧省阜新市

    15日、遼寧省阜新市新邱区の廃坑を改築したレース場で競技を行うオフロード車。中国遼寧省阜新市新邱(しんきゅう)区で17日、2019遼寧・阜新中国オフロード選手権大会が3日間の日程を終え閉幕した。(阜新=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003941

  • 2019年06月15日
    オフロード選手権大会閉幕遼寧省阜新市

    15日、上空から見た遼寧省阜新市新邱区の廃坑を改築したレース場。中国遼寧省阜新市新邱(しんきゅう)区で17日、2019遼寧・阜新中国オフロード選手権大会が3日間の日程を終え閉幕した。(阜新=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003899

  • 2019年06月15日
    オフロード選手権大会閉幕遼寧省阜新市

    15日、遼寧省阜新市新邱区の廃坑を改築したレース場で競技を行うオフロード車。中国遼寧省阜新市新邱(しんきゅう)区で17日、2019遼寧・阜新中国オフロード選手権大会が3日間の日程を終え閉幕した。(阜新=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003981

  • 2019年06月15日
    オフロード選手権大会閉幕遼寧省阜新市

    15日、遼寧省阜新市新邱区の廃坑を改築したレース場で競技を行うオフロード車。中国遼寧省阜新市新邱(しんきゅう)区で17日、2019遼寧・阜新中国オフロード選手権大会が3日間の日程を終え閉幕した。(阜新=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003964

  • 2019年06月17日
    オフロード選手権大会閉幕遼寧省阜新市

    17日、遼寧省阜新市新邱区の廃坑を改築したレース場で競技を行うオフロード車。中国遼寧省阜新市新邱(しんきゅう)区で17日、2019遼寧・阜新中国オフロード選手権大会が3日間の日程を終え閉幕した。(阜新=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003867

  • 2019年06月17日
    オフロード選手権大会閉幕遼寧省阜新市

    17日、遼寧省阜新市新邱区の廃坑を改築したレース場で競技を行うオフロード車。中国遼寧省阜新市新邱(しんきゅう)区で17日、2019遼寧・阜新中国オフロード選手権大会が3日間の日程を終え閉幕した。(阜新=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003886

  • 2019年06月17日
    オフロード選手権大会閉幕遼寧省阜新市

    17日、遼寧省阜新市新邱区の廃坑を改築したレース場で競技を行うオフロード車。中国遼寧省阜新市新邱(しんきゅう)区で17日、2019遼寧・阜新中国オフロード選手権大会が3日間の日程を終え閉幕した。(阜新=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003876

  • 2019年06月17日
    オフロード選手権大会閉幕遼寧省阜新市

    17日、遼寧省阜新市新邱区の廃坑を改築したレース場で競技を行うオフロード車。中国遼寧省阜新市新邱(しんきゅう)区で17日、2019遼寧・阜新中国オフロード選手権大会が3日間の日程を終え閉幕した。(阜新=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003925

  • 2019年06月17日
    オフロード選手権大会閉幕遼寧省阜新市

    17日、遼寧省阜新市新邱区の廃坑を改築したレース場で競技を行うオフロード車。中国遼寧省阜新市新邱(しんきゅう)区で17日、2019遼寧・阜新中国オフロード選手権大会が3日間の日程を終え閉幕した。(阜新=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003880

  • 2019年06月17日
    オフロード選手権大会閉幕遼寧省阜新市

    17日、遼寧省阜新市新邱区の廃坑を改築したレース場で競技を行うオフロード車。中国遼寧省阜新市新邱(しんきゅう)区で17日、2019遼寧・阜新中国オフロード選手権大会が3日間の日程を終え閉幕した。(阜新=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003975

  • 2019年10月13日
    廃坑がテーマパークに、賀蘭山ふもとの新しい風景

    寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山スポーツ・レジャーパークで2019年開催のハーフマラソン大会。(2019年10月13日撮影)中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山のふもとにある賀蘭山スポーツ・レジャーパークはかつて、砂利採取により地盤が沈下したエリアだった。現地ではここ数年、緑化による景観の再生、水系の構築、現代的な配管網の整備などが進み、廃石や廃坑、各種廃棄建材を再利用して、この場所をテーマパークに生まれ変わらせ無料開放している。(銀川=新華社配信)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060704803

  • 2020年05月28日
    農村の居住環境が向上天津市

    5月28日、空から見た天津市宝坻区趙家湾村。(小型無人機から)中国天津市宝坻区牛家牌鎮趙家湾村ではここ数年、農村の居住環境の整備を進めており、村の環境は向上を続けている。以前の4メートル幅の土の道は6メートル幅のアスファルト道路に、廃坑は湖面へと変わり、環境美化の役割を果たしている。壁には絵画が描かれ、地面のアスファルト化やごみの分別収集が進み、村は大きく姿を変えている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401983

  • 2020年05月28日
    農村の居住環境が向上天津市

    5月28日、天津市宝坻区趙家湾村で自宅に帰る村民。中国天津市宝坻区牛家牌鎮趙家湾村ではここ数年、農村の居住環境の整備を進めており、村の環境は向上を続けている。以前の4メートル幅の土の道は6メートル幅のアスファルト道路に、廃坑は湖面へと変わり、環境美化の役割を果たしている。壁には絵画が描かれ、地面のアスファルト化やごみの分別収集が進み、村は大きく姿を変えている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401986

  • 2020年05月28日
    農村の居住環境が向上天津市

    5月28日、天津市宝坻区趙家湾村で住宅を囲む塀に描かれた絵。中国天津市宝坻区牛家牌鎮趙家湾村ではここ数年、農村の居住環境の整備を進めており、村の環境は向上を続けている。以前の4メートル幅の土の道は6メートル幅のアスファルト道路に、廃坑は湖面へと変わり、環境美化の役割を果たしている。壁には絵画が描かれ、地面のアスファルト化やごみの分別収集が進み、村は大きく姿を変えている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402030

  • 2020年05月28日
    農村の居住環境が向上天津市

    5月28日、天津市宝坻区趙家湾村の自宅前で涼む村民。中国天津市宝坻区牛家牌鎮趙家湾村ではここ数年、農村の居住環境の整備を進めており、村の環境は向上を続けている。以前の4メートル幅の土の道は6メートル幅のアスファルト道路に、廃坑は湖面へと変わり、環境美化の役割を果たしている。壁には絵画が描かれ、地面のアスファルト化やごみの分別収集が進み、村は大きく姿を変えている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402004

  • 2020年05月28日
    農村の居住環境が向上天津市

    5月28日、天津市宝坻区趙家湾村でバイクに乗る村民。中国天津市宝坻区牛家牌鎮趙家湾村ではここ数年、農村の居住環境の整備を進めており、村の環境は向上を続けている。以前の4メートル幅の土の道は6メートル幅のアスファルト道路に、廃坑は湖面へと変わり、環境美化の役割を果たしている。壁には絵画が描かれ、地面のアスファルト化やごみの分別収集が進み、村は大きく姿を変えている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401994

  • 2020年05月28日
    農村の居住環境が向上天津市

    5月28日、家から出かける天津市宝坻区趙家湾村の村民。中国天津市宝坻区牛家牌鎮趙家湾村ではここ数年、農村の居住環境の整備を進めており、村の環境は向上を続けている。以前の4メートル幅の土の道は6メートル幅のアスファルト道路に、廃坑は湖面へと変わり、環境美化の役割を果たしている。壁には絵画が描かれ、地面のアスファルト化やごみの分別収集が進み、村は大きく姿を変えている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402031

  • 2020年05月28日
    農村の居住環境が向上天津市

    5月28日、天津市宝坻区趙家湾村で仕事をする村の幹部。中国天津市宝坻区牛家牌鎮趙家湾村ではここ数年、農村の居住環境の整備を進めており、村の環境は向上を続けている。以前の4メートル幅の土の道は6メートル幅のアスファルト道路に、廃坑は湖面へと変わり、環境美化の役割を果たしている。壁には絵画が描かれ、地面のアスファルト化やごみの分別収集が進み、村は大きく姿を変えている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401998

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センターで、植物と昆虫の標本を見学する観光客。中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408792

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センターで、プロジェクトの建設模型を見つめる観光客。中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408799

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センターを訪れた観光客。中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408751

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮の敷地内で働く作業員。中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408763

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮の「見晴らし台」。中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408710

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州区にある天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センター。中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408719

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州区にある天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センター。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408747

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮の自然教育キャンプ場。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408757

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州区にある天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センター。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408790

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮にある「光の殿堂」の内部。中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408842

  • 2021年05月20日
    (3)環境改善で地域を活性化江蘇省溧陽市

    17日、江蘇省溧陽市戴埠鎮にある廃坑をリノベーションした民宿。(小型無人機から)中国江蘇省溧陽(りつよう)市は、累計40億元(1元=約17円)を投じ、市内にある天目湖の水源地保護を進めてきた。20年にわたる整備事業を経て、一帯の水や大気の質は大幅に改善し、良好な生態環境が地元の文化・観光産業の発展や農村振興を支える重要な要素となっている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052008456

  • 2021年05月20日
    (2)環境改善で地域を活性化江蘇省溧陽市

    17日、江蘇省溧陽市戴埠鎮にある廃坑をリノベーションした民宿。(小型無人機から)中国江蘇省溧陽(りつよう)市は、累計40億元(1元=約17円)を投じ、市内にある天目湖の水源地保護を進めてきた。20年にわたる整備事業を経て、一帯の水や大気の質は大幅に改善し、良好な生態環境が地元の文化・観光産業の発展や農村振興を支える重要な要素となっている。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052008457

  • 2021年05月29日
    廃坑がテーマパークに、賀蘭山ふもとの新しい風景

    5月29日、寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山スポーツ・レジャーパーク内で進行中の坑道修復工事の現場。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山のふもとにある賀蘭山スポーツ・レジャーパークはかつて、砂利採取により地盤が沈下したエリアだった。現地ではここ数年、緑化による景観の再生、水系の構築、現代的な配管網の整備などが進み、廃石や廃坑、各種廃棄建材を再利用して、この場所をテーマパークに生まれ変わらせ無料開放している。(銀川=新華社記者/馮開華)=2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060704802

  • 2021年06月02日
    (3)廃坑がテーマパークに、賀蘭山ふもとの新しい風景

    5月29日、寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山スポーツ・レジャーパークで写真撮影する市民。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山のふもとにある賀蘭山スポーツ・レジャーパークはかつて、砂利採取により地盤が沈下したエリアだった。現地ではここ数年、緑化による景観の再生、水系の構築、現代的な配管網の整備などが進み、廃石や廃坑、各種廃棄建材を再利用して、この場所をテーマパークに生まれ変わらせ無料開放している。(銀川=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060300125

  • 2021年06月02日
    (5)廃坑がテーマパークに、賀蘭山ふもとの新しい風景

    5月29日、寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山スポーツ・レジャーパーク。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山のふもとにある賀蘭山スポーツ・レジャーパークはかつて、砂利採取により地盤が沈下したエリアだった。現地ではここ数年、緑化による景観の再生、水系の構築、現代的な配管網の整備などが進み、廃石や廃坑、各種廃棄建材を再利用して、この場所をテーマパークに生まれ変わらせ無料開放している。(銀川=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060300129

  • 2021年06月02日
    (8)廃坑がテーマパークに、賀蘭山ふもとの新しい風景

    5月24日、寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山スポーツ・レジャーパークを散策する市民。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山のふもとにある賀蘭山スポーツ・レジャーパークはかつて、砂利採取により地盤が沈下したエリアだった。現地ではここ数年、緑化による景観の再生、水系の構築、現代的な配管網の整備などが進み、廃石や廃坑、各種廃棄建材を再利用して、この場所をテーマパークに生まれ変わらせ無料開放している。(銀川=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060300136

  • 2021年06月02日
    (6)廃坑がテーマパークに、賀蘭山ふもとの新しい風景

    5月29日、寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山スポーツ・レジャーパーク。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山のふもとにある賀蘭山スポーツ・レジャーパークはかつて、砂利採取により地盤が沈下したエリアだった。現地ではここ数年、緑化による景観の再生、水系の構築、現代的な配管網の整備などが進み、廃石や廃坑、各種廃棄建材を再利用して、この場所をテーマパークに生まれ変わらせ無料開放している。(銀川=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060300131

  • 2021年06月02日
    (7)廃坑がテーマパークに、賀蘭山ふもとの新しい風景

    5月24日、寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山スポーツ・レジャーパークと隣接する志輝源石ワイナリー。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山のふもとにある賀蘭山スポーツ・レジャーパークはかつて、砂利採取により地盤が沈下したエリアだった。現地ではここ数年、緑化による景観の再生、水系の構築、現代的な配管網の整備などが進み、廃石や廃坑、各種廃棄建材を再利用して、この場所をテーマパークに生まれ変わらせ無料開放している。(銀川=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060300134

  • 2021年06月02日
    (9)廃坑がテーマパークに、賀蘭山ふもとの新しい風景

    5月29日、寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山スポーツ・レジャーパークを散策する市民。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山のふもとにある賀蘭山スポーツ・レジャーパークはかつて、砂利採取により地盤が沈下したエリアだった。現地ではここ数年、緑化による景観の再生、水系の構築、現代的な配管網の整備などが進み、廃石や廃坑、各種廃棄建材を再利用して、この場所をテーマパークに生まれ変わらせ無料開放している。(銀川=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060300142

  • 2021年06月02日
    (10)廃坑がテーマパークに、賀蘭山ふもとの新しい風景

    5月29日、寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山スポーツ・レジャーパークを散策する市民。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山のふもとにある賀蘭山スポーツ・レジャーパークはかつて、砂利採取により地盤が沈下したエリアだった。現地ではここ数年、緑化による景観の再生、水系の構築、現代的な配管網の整備などが進み、廃石や廃坑、各種廃棄建材を再利用して、この場所をテーマパークに生まれ変わらせ無料開放している。(銀川=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060300138

  • 2021年06月02日
    (4)廃坑がテーマパークに、賀蘭山ふもとの新しい風景

    5月29日、寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山スポーツ・レジャーパークを散策する市民。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山のふもとにある賀蘭山スポーツ・レジャーパークはかつて、砂利採取により地盤が沈下したエリアだった。現地ではここ数年、緑化による景観の再生、水系の構築、現代的な配管網の整備などが進み、廃石や廃坑、各種廃棄建材を再利用して、この場所をテーマパークに生まれ変わらせ無料開放している。(銀川=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060300128

  • 2021年06月02日
    (2)廃坑がテーマパークに、賀蘭山ふもとの新しい風景

    5月29日、寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山スポーツ・レジャーパーク内で進行中の坑道修復工事の現場。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山のふもとにある賀蘭山スポーツ・レジャーパークはかつて、砂利採取により地盤が沈下したエリアだった。現地ではここ数年、緑化による景観の再生、水系の構築、現代的な配管網の整備などが進み、廃石や廃坑、各種廃棄建材を再利用して、この場所をテーマパークに生まれ変わらせ無料開放している。(銀川=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060300130

  • 2022年04月25日
    (3)大学教授が廃坑利用のレタス栽培、生育順調湖北省

    地下鉱坑試験農場で、レタスの生育状況を調べるスタッフ。(資料写真)中国湖北省大冶(だいや)市の地下245メートルにある廃坑では4月上旬、青々としたレタスが並んでいた。試験農場は大冶有色金属集団の銅緑山鉱に立地。すぐそばに3千年前から採掘されていた銅緑山古銅鉱跡がある。プロジェクトの研究開発責任者を務める湖北工業大学低炭素経済・技術研究センターの曽煒(そう・い)教授は「地下数百メートルの鉱坑は通常、気温25~30度前後、湿度70~80%に保たれ、気体肥料である二酸化炭素の濃度が780~800ppm(ppmは100万分の1)と高く、植物の生育に適している」と話した。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042507399

  • 2022年04月25日
    (2)大学教授が廃坑利用のレタス栽培、生育順調湖北省

    地下鉱坑試験農場で、レタスの生育状況を調べるスタッフ。(資料写真)中国湖北省大冶(だいや)市の地下245メートルにある廃坑では4月上旬、青々としたレタスが並んでいた。試験農場は大冶有色金属集団の銅緑山鉱に立地。すぐそばに3千年前から採掘されていた銅緑山古銅鉱跡がある。プロジェクトの研究開発責任者を務める湖北工業大学低炭素経済・技術研究センターの曽煒(そう・い)教授は「地下数百メートルの鉱坑は通常、気温25~30度前後、湿度70~80%に保たれ、気体肥料である二酸化炭素の濃度が780~800ppm(ppmは100万分の1)と高く、植物の生育に適している」と話した。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042507386

  • 2022年04月25日
    (1)大学教授が廃坑利用のレタス栽培、生育順調湖北省

    地下鉱坑試験農場で栽培されているレタス。(資料写真)中国湖北省大冶(だいや)市の地下245メートルにある廃坑では4月上旬、青々としたレタスが並んでいた。試験農場は大冶有色金属集団の銅緑山鉱に立地。すぐそばに3千年前から採掘されていた銅緑山古銅鉱跡がある。プロジェクトの研究開発責任者を務める湖北工業大学低炭素経済・技術研究センターの曽煒(そう・い)教授は「地下数百メートルの鉱坑は通常、気温25~30度前後、湿度70~80%に保たれ、気体肥料である二酸化炭素の濃度が780~800ppm(ppmは100万分の1)と高く、植物の生育に適している」と話した。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042507379

  • 00:34.17
    2022年04月25日
    「新華社」大学教授が廃坑利用のレタス栽培、生育順調湖北省

    中国湖北省大冶(だいや)市の地下245メートルにある廃坑では4月上旬、青々としたレタスが並んでいた。試験農場は大冶有色金属集団の銅緑山鉱に立地。すぐそばに3千年前から採掘されていた銅緑山古銅鉱跡がある。プロジェクトの研究開発責任者を務める湖北工業大学低炭素経済・技術研究センターの曽煒(そう・い)教授は「地下数百メートルの鉱坑は通常、気温25~30度前後、湿度70~80%に保たれ、気体肥料である二酸化炭素の濃度が780~800ppm(ppmは100万分の1)と高く、植物の生育に適している」と話す。曽氏によると、レタスの生育は非常に順調で、生育サイクルも大規模栽培に比べ20~40%短くなった。「地下レタス」は水・肥料一体機を使って水耕栽培されており、地下植物工場の水耕栽培養液は処理、交換が可能なため、無農薬栽培が可能だという。また、温度管理が不要なことからエネルギー使用量を削減でき、大まかな試算では、生産コストを地上の植物工場に比べ6割削減できる。曽氏は「レタスは手始めに栽培した品種で、今後は高級野菜や薬材、花卉(かき)の試験栽培を手掛けていく。また、低照度下で育ち、呼吸の速い食用キノコと、高照度を要し光合成の速い植物を組み合わせ、相互補完させるマルチスペクトル統合、立体栽培などの廃坑栽培モデルを実施する」と語った。(記者/李偉) =配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042507385

  • 1