KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 平成
  • 歴史
  • 景観
  • 黄土高原
  • 発展
  • ドローン
  • 空撮
  • 資料

「延安市」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
211
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
211
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1996年02月20日
    在りし日の李鵬同志

    旧暦の元日に棗園村の秧歌(ヤンコ踊り)隊とともに陝西省の「大秧歌」を踊る李鵬同志。1996年2月19、20両日、李鵬(り・ほう)同志は50年ぶりに中国陝西省延安市を訪れ、地元の幹部や民衆と会い、人々とともに新年(春節)を迎えた。(北京=新華社記者/劉建国)=1996(平成8)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073103483

  • 1999年09月20日
    窯洞内で暮らす農民一家 貧困脱却図る革命聖地

    )の(イ)、外信443S、23日朝刊以降使用、解禁厳守、外信部注意  中国陜西省延安市の窯洞(ヤオトン)内で暮らす農民一家(共同)

    商品コード: 1999092000151

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月09日
    習氏のイメージ絵 「大出世」に期待と当惑

    メタンガスをつくる装置の前に掲げられた青年期の習氏をイメージしたとみられる絵=4日、中国陝西省延安市周辺の梁家河村(共同)

    商品コード: 2012110900359

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月09日
    監視する公安関係者ら 「大出世」に期待と当惑

    中国陝西省延安市周辺の梁家河村で記者を監視する地元の公安関係者ら=4日(共同)

    商品コード: 2012110900358

  • 2013年06月05日
    写真を掲載した中国紙 治安要員、市民踏み付け

    中国陝西省延安市で、治安要員が自転車販売店主の男性に暴行する写真を掲載した5日付の中国紙(共同)

    商品コード: 2013060500412

  • 2014年07月21日
    悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市

    陝西省延安市志丹県永寧鎮にある永寧古寨の一部分。(2014年7月21日撮影)中国陝西省延安市志丹県永寧鎮の永寧山にある永寧古寨(要塞)は、宋代(960~1279年)に開削が始まってから今に至るまで、独特な要塞の景観を作り上げてきた。同県の県城(県政府所在地)の南方28キロに位置する永寧山は、東西方向が2・2キロ、南北が1・5キロで、赤色砂岩からなる。高く険しい場所にあるため、北宋には洛河古道を守る重要な要塞としての役割を担った。(西安=新華社配信/郝文虎)=2014(平成26)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800850

  • 2014年07月21日
    悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市

    陝西省延安市志丹県永寧鎮にある永寧古寨の一角。(2014年7月21日撮影)中国陝西省延安市志丹県永寧鎮の永寧山にある永寧古寨(要塞)は、宋代(960~1279年)に開削が始まってから今に至るまで、独特な要塞の景観を作り上げてきた。同県の県城(県政府所在地)の南方28キロに位置する永寧山は、東西方向が2・2キロ、南北が1・5キロで、赤色砂岩からなる。高く険しい場所にあるため、北宋には洛河古道を守る重要な要塞としての役割を担った。(西安=新華社配信/郝文虎)=2014(平成26)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800955

  • 2014年07月21日
    悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市

    陝西省延安市志丹県永寧鎮にある永寧古寨の一部分。(2014年7月21日撮影)中国陝西省延安市志丹県永寧鎮の永寧山にある永寧古寨(要塞)は、宋代(960~1279年)に開削が始まってから今に至るまで、独特な要塞の景観を作り上げてきた。同県の県城(県政府所在地)の南方28キロに位置する永寧山は、東西方向が2・2キロ、南北が1・5キロで、赤色砂岩からなる。高く険しい場所にあるため、北宋には洛河古道を守る重要な要塞としての役割を担った。(西安=新華社配信/郝文虎)=2014(平成26)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051801013

  • 2015年02月13日
    【新中国成立70周年】習近平氏と新時代の中国

    未年の春節(旧正月)を前に、陝西省延安市延川県梁家河村を視察した際、村民と言葉を交わしながら歩く習近平氏。(2015年2月13日撮影)新中国成立後の生まれで初の中国共産党中央委員会総書記、習近平(しゅう・きんぺい)氏は10月1日、天安門の城楼に上り、中華人民共和国成立70周年を祝う式典に出席する。70年前のこの日、毛沢東(もう・たくとう)主席がここで中華人民共和国成立を宣言した。そして今、習近平氏が「中国号」という巨大な船のかじを取って新たな時代へとこぎ出し、波を切って前進し、帆を揚げて遠くへと向かう。(北京=新華社記者/蘭紅光)=2015(平成27)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101957

  • 2015年02月26日
    習主席元住居前の観光客 中国延安に「新たな聖地」

    中国の習近平国家主席が文革期に過ごした横穴式住居の前で記念撮影する観光客ら=25日、中国陝西省延安市郊外の梁家河村(共同)

    商品コード: 2015022600551

  • 2016年12月14日
    中国最大の華北ヒョウ個体群発見陝西省子午嶺林区

    赤外線カメラに写った華北ヒョウ。(資料写真)中国陝西省延安市の子午嶺林区が希少動物の華北ヒョウ(学名Pantherapardusfontanierii)の重要な生息地となっており、生息数は国内最多、分布密度も最も高いことが分かった。同省林業局が11日、北京師範大学トラ・ヒョウ研究チームの長年にわたる追跡と分析の結果として明らかにした。(延安=新華社配信)=撮影日:2016(平成28)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2020111602545

  • 2017年01月31日
    中国最大の華北ヒョウ個体群発見陝西省子午嶺林区

    赤外線カメラに写った華北ヒョウ。(資料写真)中国陝西省延安市の子午嶺林区が希少動物の華北ヒョウ(学名Pantherapardusfontanierii)の重要な生息地となっており、生息数は国内最多、分布密度も最も高いことが分かった。同省林業局が11日、北京師範大学トラ・ヒョウ研究チームの長年にわたる追跡と分析の結果として明らかにした。(延安=新華社配信)=撮影日:2017(平成29)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2020111602675

  • 2017年02月28日
    中国最大の華北ヒョウ個体群発見陝西省子午嶺林区

    赤外線カメラに写った華北ヒョウ。(資料写真)中国陝西省延安市の子午嶺林区が希少動物の華北ヒョウ(学名Pantherapardusfontanierii)の重要な生息地となっており、生息数は国内最多、分布密度も最も高いことが分かった。同省林業局が11日、北京師範大学トラ・ヒョウ研究チームの長年にわたる追跡と分析の結果として明らかにした。(延安=新華社配信)=撮影日:2017(平成29)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2020111602579

  • 2017年03月11日
    中国最大の華北ヒョウ個体群発見陝西省子午嶺林区

    赤外線カメラに写った華北ヒョウ。(資料写真)中国陝西省延安市の子午嶺林区が希少動物の華北ヒョウ(学名Pantherapardusfontanierii)の重要な生息地となっており、生息数は国内最多、分布密度も最も高いことが分かった。同省林業局が11日、北京師範大学トラ・ヒョウ研究チームの長年にわたる追跡と分析の結果として明らかにした。(延安=新華社配信)=撮影日:2017(平成29)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2020111602563

  • 2017年07月14日
    悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市

    陝西省延安市志丹県永寧鎮にある永寧古寨。(2017年7月14日撮影)中国陝西省延安市志丹県永寧鎮の永寧山にある永寧古寨(要塞)は、宋代(960~1279年)に開削が始まってから今に至るまで、独特な要塞の景観を作り上げてきた。同県の県城(県政府所在地)の南方28キロに位置する永寧山は、東西方向が2・2キロ、南北が1・5キロで、赤色砂岩からなる。高く険しい場所にあるため、北宋には洛河古道を守る重要な要塞としての役割を担った。(西安=新華社配信/郝文虎)=2017(平成29)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800992

  • 2017年07月14日
    悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市

    陝西省延安市志丹県永寧鎮にある永寧古寨の上層部。(2017年7月14日撮影)中国陝西省延安市志丹県永寧鎮の永寧山にある永寧古寨(要塞)は、宋代(960~1279年)に開削が始まってから今に至るまで、独特な要塞の景観を作り上げてきた。同県の県城(県政府所在地)の南方28キロに位置する永寧山は、東西方向が2・2キロ、南北が1・5キロで、赤色砂岩からなる。高く険しい場所にあるため、北宋には洛河古道を守る重要な要塞としての役割を担った。(西安=新華社配信/郝文虎)=2017(平成29)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800940

  • 2018年01月23日
    悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市

    陝西省延安市志丹県永寧鎮にある永寧古寨。(2018年1月23日撮影)中国陝西省延安市志丹県永寧鎮の永寧山にある永寧古寨(要塞)は、宋代(960~1279年)に開削が始まってから今に至るまで、独特な要塞の景観を作り上げてきた。同県の県城(県政府所在地)の南方28キロに位置する永寧山は、東西方向の長さが2・2キロ、南北方向の幅が幅1・5キロ。赤色砂岩の山として知られる。高く険しい場所にあるため、北宋には洛河古道を守る重要な要塞としての役割を担った。(西安=新華社配信/郝文虎)=2018(平成30)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800838

  • 2018年02月08日
    貧困脱却の道を着実に歩む黄土高原の村陝西省延安市

    秧歌(ヤンコ踊り)の練習をする梁家河村の村民。(2018年2月8日撮影)黄土高原に位置する中国陝西省延安市延川県文安駅鎮梁家河村はかつて、痩せた土地にある小さな山村だった。同村はここ数年、農村観光や山地でのリンゴ栽培、施設農業の発展を通して貧困脱却を実現。住民1人当たりの平均純収入は2014年の9600元(1元=約15円)から19年には2万1634元に増加し、村の集団経済収入は323万5千元に達した。同村は今年7月、第2次全国農村観光重点村に選ばれた。(延川=新華社記者/張博文)=2018(平成30)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303449

  • 2018年05月30日
    ダイナミックな安塞腰鼓が観光客を魅了陝西省延安]

    ダイナミックな安塞腰鼓が観光客を魅了陝西省延安5月30日、延安市安塞区馮家営村の「文化大舞台」で、観光客に「安塞腰鼓」のパフォーマンスを披露する村民。(ドローンで撮影)中国の陝北地域(陝西省北部)の人々に好まれる「安塞腰鼓」は、非常に独特な民間大型舞踊芸術で、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。土煙が立ち上る中、太鼓をたたきながらダイナミックに踊るパフォーマーの姿は躍動感に溢れ、人々の心を揺さぶるほどである。退耕還林(耕地を森林に戻し、荒れ地を森林に造成する事業)の積極的な推進により、延安市は「黄から緑」への転換を実現させ、市全体の植生被覆率は現在67・7%に達するという。一方、伝統的な「安塞腰鼓」を披露する場の確保が難しいという問題を解決するため、延安市安塞区は同地に近い馮家営村に、黄土地(黄色い大地、黄土高原一帯を指す)を文化の大舞台とする専用の場を設け、腰鼓のパフォーマンスと民俗観光で観光客を魅了している。また、貧困家庭の腰鼓パフォーマーを優先的に受け入れることで、文化の伝承を実現するとともに貧困扶助活動にも力を入れている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101283

  • 2018年05月30日
    ダイナミックな安塞腰鼓が観光客を魅了陝西省延安

    5月30日、延安市安塞区馮家営村の「文化大舞台」で、観光客に「安塞腰鼓」のパフォーマンスを披露する村民。中国の陝北地域(陝西省北部)の人々に好まれる「安塞腰鼓」は、非常に独特な民間大型舞踊芸術で、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。土煙が立ち上る中、太鼓をたたきながらダイナミックに踊るパフォーマーの姿は躍動感に溢れ、人々の心を揺さぶるほどである。退耕還林(耕地を森林に戻し、荒れ地を森林に造成する事業)の積極的な推進により、延安市は「黄から緑」への転換を実現させ、市全体の植生被覆率は現在67・7%に達するという。一方、伝統的な「安塞腰鼓」を披露する場の確保が難しいという問題を解決するため、延安市安塞区は同地に近い馮家営村に、黄土地(黄色い大地、黄土高原一帯を指す)を文化の大舞台とする専用の場を設け、腰鼓のパフォーマンスと民俗観光で観光客を魅了している。また、貧困家庭の腰鼓パフォーマーを優先的に受け入れることで、文化の伝承を実現するとともに貧困扶助活動にも力を入れている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101279

  • 2018年05月30日
    ダイナミックな安塞腰鼓が観光客を魅了陝西省延安

    5月30日、延安市安塞区馮家営村の「文化大舞台」で、観光客に「安塞腰鼓」のパフォーマンスを披露する村民。中国の陝北地域(陝西省北部)の人々に好まれる「安塞腰鼓」は、非常に独特な民間大型舞踊芸術で、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。土煙が立ち上る中、太鼓をたたきながらダイナミックに踊るパフォーマーの姿は躍動感に溢れ、人々の心を揺さぶるほどである。退耕還林(耕地を森林に戻し、荒れ地を森林に造成する事業)の積極的な推進により、延安市は「黄から緑」への転換を実現させ、市全体の植生被覆率は現在67・7%に達するという。一方、伝統的な「安塞腰鼓」を披露する場の確保が難しいという問題を解決するため、延安市安塞区は同地に近い馮家営村に、黄土地(黄色い大地、黄土高原一帯を指す)を文化の大舞台とする専用の場を設け、腰鼓のパフォーマンスと民俗観光で観光客を魅了している。また、貧困家庭の腰鼓パフォーマーを優先的に受け入れることで、文化の伝承を実現するとともに貧困扶助活動にも力を入れている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101269

  • 2018年05月30日
    ダイナミックな安塞腰鼓が観光客を魅了陝西省延安

    5月30日、延安市安塞区馮家営村の「文化大舞台」で、観光客に「安塞腰鼓」のパフォーマンスを披露する村民。中国の陝北地域(陝西省北部)の人々に好まれる「安塞腰鼓」は、非常に独特な民間大型舞踊芸術で、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。土煙が立ち上る中、太鼓をたたきながらダイナミックに踊るパフォーマーの姿は躍動感に溢れ、人々の心を揺さぶるほどである。退耕還林(耕地を森林に戻し、荒れ地を森林に造成する事業)の積極的な推進により、延安市は「黄から緑」への転換を実現させ、市全体の植生被覆率は現在67・7%に達するという。一方、伝統的な「安塞腰鼓」を披露する場の確保が難しいという問題を解決するため、延安市安塞区は同地に近い馮家営村に、黄土地(黄色い大地、黄土高原一帯を指す)を文化の大舞台とする専用の場を設け、腰鼓のパフォーマンスと民俗観光で観光客を魅了している。また、貧困家庭の腰鼓パフォーマーを優先的に受け入れることで、文化の伝承を実現するとともに貧困扶助活動にも力を入れている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101249

  • 2018年05月30日
    ダイナミックな安塞腰鼓が観光客を魅了陝西省延安

    ダイナミックな安塞腰鼓が観光客を魅了陝西省延安5月30日、延安市安塞区馮家営村の「文化大舞台」で、観光客に「安塞腰鼓」のパフォーマンスを披露する村民。中国の陝北地域(陝西省北部)の人々に好まれる「安塞腰鼓」は、非常に独特な民間大型舞踊芸術で、第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。土煙が立ち上る中、太鼓をたたきながらダイナミックに踊るパフォーマーの姿は躍動感に溢れ、人々の心を揺さぶるほどである。退耕還林(耕地を森林に戻し、荒れ地を森林に造成する事業)の積極的な推進により、延安市は「黄から緑」への転換を実現させ、市全体の植生被覆率は現在67・7%に達するという。一方、伝統的な「安塞腰鼓」を披露する場の確保が難しいという問題を解決するため、延安市安塞区は同地に近い馮家営村に、黄土地(黄色い大地、黄土高原一帯を指す)を文化の大舞台とする専用の場を設け、腰鼓のパフォーマンスと民俗観光で観光客を魅了している。また、貧困家庭の腰鼓パフォーマーを優先的に受け入れることで、文化の伝承を実現するとともに貧困扶助活動にも力を入れている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101290

  • 2018年06月26日
    黄土高原に生まれた美しく住みやすい村落

    26日、ごみを分類して捨てる住民。ゴミ回収について「分類は各家庭、収集は村、輸送は鎮」という方法を採用している。「愛心超市」で生活用品などの商品と交換できる特典を付け、住民にリサイクルゴミの回収を促している。黄土高原に位置する中国陝西省延安市宝塔区甘谷驛鎮羅家湾村はかつて、ほこりが舞いあがり、見渡す限り荒涼としていたが、今では緑が茂り、環境は美しく整備され、陝西省北部で有名な住みやすい村落となっている。現地政府は近年、さまざまな民生改善策を実施し、重点業務である農村の居住環境改善をめぐって、古鎮文化・観光プロジェクトに頼り、民家やトイレ、汚水、悪習を改善し、伝統的民家を基礎に現代的な雰囲気を融合させてきた。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900438

  • 2018年06月26日
    黄土高原に生まれた美しく住みやすい村落

    26日、宝塔区甘谷驛鎮羅家湾村。(小型無人機から)黄土高原に位置する中国陝西省延安市宝塔区甘谷驛鎮羅家湾村はかつて、ほこりが舞いあがり、見渡す限り荒涼としていたが、今では緑が茂り、環境は美しく整備され、陝西省北部で有名な住みやすい村落となっている。現地政府は近年、さまざまな民生改善策を実施し、重点業務である農村の居住環境改善をめぐって、古鎮文化・観光プロジェクトに頼り、民家やトイレ、汚水、悪習を改善し、伝統的民家を基礎に現代的な雰囲気を融合させてきた。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900424

  • 2018年06月26日
    黄土高原に生まれた美しく住みやすい村落

    26日、宝塔区甘谷驛鎮羅家湾村。(小型無人機から)黄土高原に位置する中国陝西省延安市宝塔区甘谷驛鎮羅家湾村はかつて、ほこりが舞いあがり、見渡す限り荒涼としていたが、今では緑が茂り、環境は美しく整備され、陝西省北部で有名な住みやすい村落となっている。現地政府は近年、さまざまな民生改善策を実施し、重点業務である農村の居住環境改善をめぐって、古鎮文化・観光プロジェクトに頼り、民家やトイレ、汚水、悪習を改善し、伝統的民家を基礎に現代的な雰囲気を融合させてきた。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900428

  • 2018年06月26日
    黄土高原に生まれた美しく住みやすい村落

    26日、自宅の庭の前でくつろぐ羅家湾村の村民、田小霞さん。黄土高原に位置する中国陝西省延安市宝塔区甘谷驛鎮羅家湾村はかつて、ほこりが舞いあがり、見渡す限り荒涼としていたが、今では緑が茂り、環境は美しく整備され、陝西省北部で有名な住みやすい村落となっている。現地政府は近年、さまざまな民生改善策を実施し、重点業務である農村の居住環境改善をめぐって、古鎮文化・観光プロジェクトに頼り、民家やトイレ、汚水、悪習を改善し、伝統的民家を基礎に現代的な雰囲気を融合させてきた。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900439

  • 2018年06月26日
    黄土高原に生まれた美しく住みやすい村落

    26日、宝塔区甘谷驛鎮羅家湾村。(小型無人機から)黄土高原に位置する中国陝西省延安市宝塔区甘谷驛鎮羅家湾村はかつて、ほこりが舞いあがり、見渡す限り荒涼としていたが、今では緑が茂り、環境は美しく整備され、陝西省北部で有名な住みやすい村落となっている。現地政府は近年、さまざまな民生改善策を実施し、重点業務である農村の居住環境改善をめぐって、古鎮文化・観光プロジェクトに頼り、民家やトイレ、汚水、悪習を改善し、伝統的民家を基礎に現代的な雰囲気を融合させてきた。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900426

  • 2018年08月07日
    陝西省で最大投資額の送変電事業、架線工事始まる

    7日、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの定辺県・靖辺県‐楡林市・横山県区間で、送電線の架線作業をする国家電網陝西省電力公司の作業員。中国陝西省で投資額最大、カバー地域最大の送変電プロジェクト、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの送電線架線作業がこのほど、開始された。同プロジェクトは総投資額が50億3千万元(1元=約16円)で、陝西省の楡林市、延安市、銅川市、咸陽市、渭南市、西安市にある22の県、市、区にまたがる。完成後は、陝西省北部の他地域への送電と新エネルギーの有効利用を促進し、関中地域の電力需要を満たすと同時に、陝西省750キロボルト基幹電力網を増強し、陝西省北部から関中地域までの送電能力を向上させ、陝西省を資源優位から経済優位への転換に導く。(楡林=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000625

  • 2018年08月07日
    陝西省で最大投資額の送変電事業、架線工事始まる

    7日、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの定辺県・靖辺県‐楡林市・横山県区間で、送電線の架線作業をする国家電網陝西省電力公司の作業員。中国陝西省で投資額最大、カバー地域最大の送変電プロジェクト、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの送電線架線作業がこのほど、開始された。同プロジェクトは総投資額が50億3千万元(1元=約16円)で、陝西省の楡林市、延安市、銅川市、咸陽市、渭南市、西安市にある22の県、市、区にまたがる。完成後は、陝西省北部の他地域への送電と新エネルギーの有効利用を促進し、関中地域の電力需要を満たすと同時に、陝西省750キロボルト基幹電力網を増強し、陝西省北部から関中地域までの送電能力を向上させ、陝西省を資源優位から経済優位への転換に導く。(楡林=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000617

  • 2018年08月07日
    陝西省で最大投資額の送変電事業、架線工事始まる

    7日、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの定辺県・靖辺県‐楡林市・横山県区間で、送電線の架線作業をする国家電網陝西省電力公司の作業員。中国陝西省で投資額最大、カバー地域最大の送変電プロジェクト、陝北風力発電基地750キロボルト集中送電プロジェクトの送電線架線作業がこのほど、開始された。同プロジェクトは総投資額が50億3千万元(1元=約16円)で、陝西省の楡林市、延安市、銅川市、咸陽市、渭南市、西安市にある22の県、市、区にまたがる。完成後は、陝西省北部の他地域への送電と新エネルギーの有効利用を促進し、関中地域の電力需要を満たすと同時に、陝西省750キロボルト基幹電力網を増強し、陝西省北部から関中地域までの送電能力を向上させ、陝西省を資源優位から経済優位への転換に導く。(楡林=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081000608

  • 2018年10月19日
    手作りの伝統を守る「腰鼓」の里の太鼓職人陝西延安

    19日、安塞腰鼓の胴打ち(鋲を打つ)をする王永軍さん。中国陝西省延安市安塞(あんさい)区は中国の腰鼓(ようこ、太鼓の一種で、奏者が腰のあたりに下げて打つところから、この名がついたと言われている)の里として知られる。同地の人々は腰鼓をたたくのが好きだが、腰鼓職人の数は極めて少ない。同区の馮家営に住む王永軍(おう・えいぐん)さんは、陝北地域で数少ない安塞腰鼓職人の一人で、30年にわたり最も古い腰鼓工芸の伝統を守り抜いてきた。安塞腰鼓は板10余枚、鋲(びょう)70余個、牛革2枚、太鼓用環(かん)2つを使用し、胴の部分は木材の加工、成形、革張り、固定など13の工程を経て作られる。さらに牛革制作の工程も加わって、音質がよく丈夫な太鼓ができあがる。近年、安塞腰鼓の知名度が上がり、王永軍さんが作る腰鼓の売上も増えてきた。彼は年間2千個以上の腰鼓を販売している。売上は伸びたものの、王永軍さんは手作りの伝統を守り、最高の腰鼓を作ることに専念し、息子さんにも作り方を教え、伝統文化を代々伝えていきたいと考えている。(延安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511138

  • 2018年10月19日
    手作りの伝統を守る「腰鼓」の里の太鼓職人陝西延安

    19日、腰鼓作りの合間にチャルメラを吹く王永軍さん。安塞腰鼓の職人である彼は、地元でも有名な陝北チャルメラの奏者でもある。中国陝西省延安市安塞(あんさい)区は中国の腰鼓(ようこ、太鼓の一種で、奏者が腰のあたりに下げて打つところから、この名がついたと言われている)の里として知られる。同地の人々は腰鼓をたたくのが好きだが、腰鼓職人の数は極めて少ない。同区の馮家営に住む王永軍(おう・えいぐん)さんは、陝北地域で数少ない安塞腰鼓職人の一人で、30年にわたり最も古い腰鼓工芸の伝統を守り抜いてきた。安塞腰鼓は板10余枚、鋲(びょう)70余個、牛革2枚、太鼓用環(かん)2つを使用し、胴の部分は木材の加工、成形、革張り、固定など13の工程を経て作られる。さらに牛革制作の工程も加わって、音質がよく丈夫な太鼓ができあがる。近年、安塞腰鼓の知名度が上がり、王永軍さんが作る腰鼓の売上も増えてきた。彼は年間2千個以上の腰鼓を販売している。売上は伸びたものの、王永軍さんは手作りの伝統を守り、最高の腰鼓を作ることに専念し、息子さんにも作り方を教え、伝統文化を代々伝えていきたいと考えている。(延安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511142

  • 2018年10月19日
    手作りの伝統を守る「腰鼓」の里の太鼓職人陝西延安

    19日、胴部分に使う板の仕上げ作業をする王永軍さん。中国陝西省延安市安塞(あんさい)区は中国の腰鼓(ようこ、太鼓の一種で、奏者が腰のあたりに下げて打つところから、この名がついたと言われている)の里として知られる。同地の人々は腰鼓をたたくのが好きだが、腰鼓職人の数は極めて少ない。同区の馮家営に住む王永軍(おう・えいぐん)さんは、陝北地域で数少ない安塞腰鼓職人の一人で、30年にわたり最も古い腰鼓工芸の伝統を守り抜いてきた。安塞腰鼓は板10余枚、鋲(びょう)70余個、牛革2枚、太鼓用環(かん)2つを使用し、胴の部分は木材の加工、成形、革張り、固定など13の工程を経て作られる。さらに牛革制作の工程も加わって、音質がよく丈夫な太鼓ができあがる。近年、安塞腰鼓の知名度が上がり、王永軍さんが作る腰鼓の売上も増えてきた。彼は年間2千個以上の腰鼓を販売している。売上は伸びたものの、王永軍さんは手作りの伝統を守り、最高の腰鼓を作ることに専念し、息子さんにも作り方を教え、伝統文化を代々伝えていきたいと考えている。(延安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511104

  • 2018年10月19日
    手作りの伝統を守る「腰鼓」の里の太鼓職人陝西延安

    19日、安塞腰鼓の半製品をチェックする王永軍さん。中国陝西省延安市安塞(あんさい)区は中国の腰鼓(ようこ、太鼓の一種で、奏者が腰のあたりに下げて打つところから、この名がついたと言われている)の里として知られる。同地の人々は腰鼓をたたくのが好きだが、腰鼓職人の数は極めて少ない。同区の馮家営に住む王永軍(おう・えいぐん)さんは、陝北地域で数少ない安塞腰鼓職人の一人で、30年にわたり最も古い腰鼓工芸の伝統を守り抜いてきた。安塞腰鼓は板10余枚、鋲(びょう)70余個、牛革2枚、太鼓用環(かん)2つを使用し、胴の部分は木材の加工、成形、革張り、固定など13の工程を経て作られる。さらに牛革制作の工程も加わって、音質がよく丈夫な太鼓ができあがる。近年、安塞腰鼓の知名度が上がり、王永軍さんが作る腰鼓の売上も増えてきた。彼は年間2千個以上の腰鼓を販売している。売上は伸びたものの、王永軍さんは手作りの伝統を守り、最高の腰鼓を作ることに専念し、息子さんにも作り方を教え、伝統文化を代々伝えていきたいと考えている。(延安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511199

  • 2018年10月19日
    手作りの伝統を守る「腰鼓」の里の太鼓職人陝西延安

    19日、腰鼓の胴を作る王永軍さん。中国陝西省延安市安塞(あんさい)区は中国の腰鼓(ようこ、太鼓の一種で、奏者が腰のあたりに下げて打つところから、この名がついたと言われている)の里として知られる。同地の人々は腰鼓をたたくのが好きだが、腰鼓職人の数は極めて少ない。同区の馮家営に住む王永軍(おう・えいぐん)さんは、陝北地域で数少ない安塞腰鼓職人の一人で、30年にわたり最も古い腰鼓工芸の伝統を守り抜いてきた。安塞腰鼓は板10余枚、鋲(びょう)70余個、牛革2枚、太鼓用環(かん)2つを使用し、胴の部分は木材の加工、成形、革張り、固定など13の工程を経て作られる。さらに牛革制作の工程も加わって、音質がよく丈夫な太鼓ができあがる。近年、安塞腰鼓の知名度が上がり、王永軍さんが作る腰鼓の売上も増えてきた。彼は年間2千個以上の腰鼓を販売している。売上は伸びたものの、王永軍さんは手作りの伝統を守り、最高の腰鼓を作ることに専念し、息子さんにも作り方を教え、伝統文化を代々伝えていきたいと考えている。(延安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511122

  • 2018年10月19日
    手作りの伝統を守る「腰鼓」の里の太鼓職人陝西延安

    19日、自作の安塞腰鼓をたたく王永軍さん。中国陝西省延安市安塞(あんさい)区は中国の腰鼓(ようこ、太鼓の一種で、奏者が腰のあたりに下げて打つところから、この名がついたと言われている)の里として知られる。同地の人々は腰鼓をたたくのが好きだが、腰鼓職人の数は極めて少ない。同区の馮家営に住む王永軍(おう・えいぐん)さんは、陝北地域で数少ない安塞腰鼓職人の一人で、30年にわたり最も古い腰鼓工芸の伝統を守り抜いてきた。安塞腰鼓は板10余枚、鋲(びょう)70余個、牛革2枚、太鼓用環(かん)2つを使用し、胴の部分は木材の加工、成形、革張り、固定など13の工程を経て作られる。さらに牛革制作の工程も加わって、音質がよく丈夫な太鼓ができあがる。近年、安塞腰鼓の知名度が上がり、王永軍さんが作る腰鼓の売上も増えてきた。彼は年間2千個以上の腰鼓を販売している。売上は伸びたものの、王永軍さんは手作りの伝統を守り、最高の腰鼓を作ることに専念し、息子さんにも作り方を教え、伝統文化を代々伝えていきたいと考えている。(延安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511119

  • 2018年10月19日
    手作りの伝統を守る「腰鼓」の里の太鼓職人陝西延安

    19日、安塞腰鼓の胴の形を整える王永軍さん。中国陝西省延安市安塞(あんさい)区は中国の腰鼓(ようこ、太鼓の一種で、奏者が腰のあたりに下げて打つところから、この名がついたと言われている)の里として知られる。同地の人々は腰鼓をたたくのが好きだが、腰鼓職人の数は極めて少ない。同区の馮家営に住む王永軍(おう・えいぐん)さんは、陝北地域で数少ない安塞腰鼓職人の一人で、30年にわたり最も古い腰鼓工芸の伝統を守り抜いてきた。安塞腰鼓は板10余枚、鋲(びょう)70余個、牛革2枚、太鼓用環(かん)2つを使用し、胴の部分は木材の加工、成形、革張り、固定など13の工程を経て作られる。さらに牛革制作の工程も加わって、音質がよく丈夫な太鼓ができあがる。近年、安塞腰鼓の知名度が上がり、王永軍さんが作る腰鼓の売上も増えてきた。彼は年間2千個以上の腰鼓を販売している。売上は伸びたものの、王永軍さんは手作りの伝統を守り、最高の腰鼓を作ることに専念し、息子さんにも作り方を教え、伝統文化を代々伝えていきたいと考えている。(延安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511353

  • 2018年10月19日
    手作りの伝統を守る「腰鼓」の里の太鼓職人陝西延安

    19日、息子の王涛(おう・とう)さんに安塞腰鼓の革張りの仕方を教える王永軍さん(右)。中国陝西省延安市安塞(あんさい)区は中国の腰鼓(ようこ、太鼓の一種で、奏者が腰のあたりに下げて打つところから、この名がついたと言われている)の里として知られる。同地の人々は腰鼓をたたくのが好きだが、腰鼓職人の数は極めて少ない。同区の馮家営に住む王永軍(おう・えいぐん)さんは、陝北地域で数少ない安塞腰鼓職人の一人で、30年にわたり最も古い腰鼓工芸の伝統を守り抜いてきた。安塞腰鼓は板10余枚、鋲(びょう)70余個、牛革2枚、太鼓用環(かん)2つを使用し、胴の部分は木材の加工、成形、革張り、固定など13の工程を経て作られる。さらに牛革制作の工程も加わって、音質がよく丈夫な太鼓ができあがる。近年、安塞腰鼓の知名度が上がり、王永軍さんが作る腰鼓の売上も増えてきた。彼は年間2千個以上の腰鼓を販売している。売上は伸びたものの、王永軍さんは手作りの伝統を守り、最高の腰鼓を作ることに専念し、息子さんにも作り方を教え、伝統文化を代々伝えていきたいと考えている。(延安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511362

  • 2018年10月21日
    秋深まる王家湾丹霞地形陝西省延安市

    21日、空から見た王家湾丹霞地形。(小型無人機から)中国西北黄土高原にある陝西省延安市安塞区坪橋(へいきょう)鎮王家湾の丹霞峡谷は、知る人ぞ知る絶景ポイントだ。秋が深まる中、渓谷はさまざまな表情を見せている。同渓谷は陝西省地質調査院が2017年に陝北(陝西省北部)と渭北(渭河の北)地区で発見した大規模な丹霞地形遺跡の一部で、山頂部が黄土に覆われ、谷底には流水による浸食が進んで赤みがかった砂岩が露出している。全体的な形状は主に地割れ型、坑道型、幅の広い谷型となっている。露出している岩石は筋目が波型で、色が赤茶色、形がそれぞれ異なり、晩秋の風景の中で起伏するそのラインは、流れる絵巻のようだ。陝西省国土資源庁丹霞地形段階的成果技術審査評議会の専門家チームの鑑定により、陝北と渭北地区の大規模な丹霞地形遺跡は、中国国内で発見された最大規模の丹霞地質遺跡景観エリアとされている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511344

  • 2018年10月21日
    秋深まる王家湾丹霞地形陝西省延安市

    21日、空から見た王家湾丹霞地形。(小型無人機から)中国西北黄土高原にある陝西省延安市安塞区坪橋(へいきょう)鎮王家湾の丹霞峡谷は、知る人ぞ知る絶景ポイントだ。秋が深まる中、渓谷はさまざまな表情を見せている。同渓谷は陝西省地質調査院が2017年に陝北(陝西省北部)と渭北(渭河の北)地区で発見した大規模な丹霞地形遺跡の一部で、山頂部が黄土に覆われ、谷底には流水による浸食が進んで赤みがかった砂岩が露出している。全体的な形状は主に地割れ型、坑道型、幅の広い谷型となっている。露出している岩石は筋目が波型で、色が赤茶色、形がそれぞれ異なり、晩秋の風景の中で起伏するそのラインは、流れる絵巻のようだ。陝西省国土資源庁丹霞地形段階的成果技術審査評議会の専門家チームの鑑定により、陝北と渭北地区の大規模な丹霞地形遺跡は、中国国内で発見された最大規模の丹霞地質遺跡景観エリアとされている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511222

  • 2018年10月21日
    秋深まる王家湾丹霞地形陝西省延安市

    21日、夕日に照らされる王家湾丹霞地形。(小型無人機から)中国西北黄土高原にある陝西省延安市安塞区坪橋(へいきょう)鎮王家湾の丹霞峡谷は、知る人ぞ知る絶景ポイントだ。秋が深まる中、渓谷はさまざまな表情を見せている。同渓谷は陝西省地質調査院が2017年に陝北(陝西省北部)と渭北(渭河の北)地区で発見した大規模な丹霞地形遺跡の一部で、山頂部が黄土に覆われ、谷底には流水による浸食が進んで赤みがかった砂岩が露出している。全体的な形状は主に地割れ型、坑道型、幅の広い谷型となっている。露出している岩石は筋目が波型で、色が赤茶色、形がそれぞれ異なり、晩秋の風景の中で起伏するそのラインは、流れる絵巻のようだ。陝西省国土資源庁丹霞地形段階的成果技術審査評議会の専門家チームの鑑定により、陝北と渭北地区の大規模な丹霞地形遺跡は、中国国内で発見された最大規模の丹霞地質遺跡景観エリアとされている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511159

  • 2018年10月21日
    秋深まる王家湾丹霞地形陝西省延安市

    21日、王家湾丹霞地形を訪れた観光客。(小型無人機から)中国西北黄土高原にある陝西省延安市安塞区坪橋(へいきょう)鎮王家湾の丹霞峡谷は、知る人ぞ知る絶景ポイントだ。秋が深まる中、渓谷はさまざまな表情を見せている。同渓谷は陝西省地質調査院が2017年に陝北(陝西省北部)と渭北(渭河の北)地区で発見した大規模な丹霞地形遺跡の一部で、山頂部が黄土に覆われ、谷底には流水による浸食が進んで赤みがかった砂岩が露出している。全体的な形状は主に地割れ型、坑道型、幅の広い谷型となっている。露出している岩石は筋目が波型で、色が赤茶色、形がそれぞれ異なり、晩秋の風景の中で起伏するそのラインは、流れる絵巻のようだ。陝西省国土資源庁丹霞地形段階的成果技術審査評議会の専門家チームの鑑定により、陝北と渭北地区の大規模な丹霞地形遺跡は、中国国内で発見された最大規模の丹霞地質遺跡景観エリアとされている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511348

  • 2018年10月21日
    秋深まる王家湾丹霞地形陝西省延安市

    21日、空から見た王家湾丹霞地形。(小型無人機から)中国西北黄土高原にある陝西省延安市安塞区坪橋(へいきょう)鎮王家湾の丹霞峡谷は、知る人ぞ知る絶景ポイントだ。秋が深まる中、渓谷はさまざまな表情を見せている。同渓谷は陝西省地質調査院が2017年に陝北(陝西省北部)と渭北(渭河の北)地区で発見した大規模な丹霞地形遺跡の一部で、山頂部が黄土に覆われ、谷底には流水による浸食が進んで赤みがかった砂岩が露出している。全体的な形状は主に地割れ型、坑道型、幅の広い谷型となっている。露出している岩石は筋目が波型で、色が赤茶色、形がそれぞれ異なり、晩秋の風景の中で起伏するそのラインは、流れる絵巻のようだ。陝西省国土資源庁丹霞地形段階的成果技術審査評議会の専門家チームの鑑定により、陝北と渭北地区の大規模な丹霞地形遺跡は、中国国内で発見された最大規模の丹霞地質遺跡景観エリアとされている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511225

  • 2018年10月21日
    秋深まる王家湾丹霞地形陝西省延安市

    21日、空から見た王家湾丹霞地形。黄土に覆われ、眼下の石油採掘施設も加え絵巻物のような風景となっている。(小型無人機から)中国西北黄土高原にある陝西省延安市安塞区坪橋(へいきょう)鎮王家湾の丹霞峡谷は、知る人ぞ知る絶景ポイントだ。秋が深まる中、渓谷はさまざまな表情を見せている。同渓谷は陝西省地質調査院が2017年に陝北(陝西省北部)と渭北(渭河の北)地区で発見した大規模な丹霞地形遺跡の一部で、山頂部が黄土に覆われ、谷底には流水による浸食が進んで赤みがかった砂岩が露出している。全体的な形状は主に地割れ型、坑道型、幅の広い谷型となっている。露出している岩石は筋目が波型で、色が赤茶色、形がそれぞれ異なり、晩秋の風景の中で起伏するそのラインは、流れる絵巻のようだ。陝西省国土資源庁丹霞地形段階的成果技術審査評議会の専門家チームの鑑定により、陝北と渭北地区の大規模な丹霞地形遺跡は、中国国内で発見された最大規模の丹霞地質遺跡景観エリアとされている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511125

  • 2018年10月21日
    秋深まる王家湾丹霞地形陝西省延安市

    21日、空から見た王家湾丹霞地形。(小型無人機から)中国西北黄土高原にある陝西省延安市安塞区坪橋(へいきょう)鎮王家湾の丹霞峡谷は、知る人ぞ知る絶景ポイントだ。秋が深まる中、渓谷はさまざまな表情を見せている。同渓谷は陝西省地質調査院が2017年に陝北(陝西省北部)と渭北(渭河の北)地区で発見した大規模な丹霞地形遺跡の一部で、山頂部が黄土に覆われ、谷底には流水による浸食が進んで赤みがかった砂岩が露出している。全体的な形状は主に地割れ型、坑道型、幅の広い谷型となっている。露出している岩石は筋目が波型で、色が赤茶色、形がそれぞれ異なり、晩秋の風景の中で起伏するそのラインは、流れる絵巻のようだ。陝西省国土資源庁丹霞地形段階的成果技術審査評議会の専門家チームの鑑定により、陝北と渭北地区の大規模な丹霞地形遺跡は、中国国内で発見された最大規模の丹霞地質遺跡景観エリアとされている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511171

  • 01:36.83
    2018年10月24日
    「新華社」美しい秋のルビーリンゴの収穫が本格化陝西省延安市

    秋深まる10月、中国陝北地域(陝西省北部)のリンゴが熟し収穫の時期を迎えた。陝西省延安市宜川(ぎせん)県のリンゴの木々は、実の重みで枝が垂れ下がり、一面に広がる赤いリンゴはまるで深まる秋に酔っているかのよう。丹精込めてリンゴを育ててきた果樹農家らは、今年もまた1年で最も忙しく一番喜ばしい季節を迎えた。同県太泉村の畑に真っ赤な果実が枝もたわわに実る様子は、さながら無数の「ルビー」のよう。現在、リンゴ栽培は現地の果樹農家が貧困を脱却し富を得るための支柱産業となっている。(記者/孫正好、李華)<映像内容>リンゴの収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511379

  • 2018年11月05日
    陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて

    陝西省延安市延川県の甄家湾村。(2018年11月5日撮影、小型無人機から)中国陝西省延安市延川県関荘鎮の甄家湾(けんかわん)村は、元の至元2(1265)年に建設された古い村で、755年の歴史を持つ。同村には、陝西省北部に現存する最も規模が大きく、保存状態の良い洞穴式住居「窰洞(ヤオドン)」の古建築群がある。今でも97世帯の住宅に258の洞穴が残る。(西安=新華社配信)=2018(平成30)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100307

  • 2018年11月05日
    陝西省北部で最大の洞穴式住居群を訪ねて

    陝西省延安市延川県の甄家湾村。(2018年11月5日撮影、小型無人機から)中国陝西省延安市延川県関荘鎮の甄家湾(けんかわん)村は、元の至元2(1265)年に建設された古い村で、755年の歴史を持つ。同村には、陝西省北部に現存する最も規模が大きく、保存状態の良い洞穴式住居「窰洞(ヤオドン)」の古建築群がある。今でも97世帯の住宅に258の洞穴が残る。(西安=新華社配信)=2018(平成30)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100358

  • 2018年12月14日
    悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市

    陝西省延安市志丹県永寧鎮にある永寧古寨の一角。(2018年12月14日撮影)中国陝西省延安市志丹県永寧鎮の永寧山にある永寧古寨(要塞)は、宋代(960~1279年)に開削が始まってから今に至るまで、独特な要塞の景観を作り上げてきた。同県の県城(県政府所在地)の南方28キロに位置する永寧山は、東西方向が2・2キロ、南北が1・5キロで、赤色砂岩からなる。高く険しい場所にあるため、北宋には洛河古道を守る重要な要塞としての役割を担った。(西安=新華社配信/郝文虎)=2018(平成30)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800949

  • 2018年12月14日
    悠久の歴史誇る天空の要塞・永寧古寨を訪ねて陝西省延安市

    陝西省延安市志丹県永寧鎮にある永寧古寨の石段。(2018年12月14日撮影)中国陝西省延安市志丹県永寧鎮の永寧山にある永寧古寨(要塞)は、宋代(960~1279年)に開削が始まってから今に至るまで、独特な要塞の景観を作り上げてきた。同県の県城(県政府所在地)の南方28キロに位置する永寧山は、東西方向が2・2キロ、南北が1・5キロで、赤色砂岩からなる。高く険しい場所にあるため、北宋には洛河古道を守る重要な要塞としての役割を担った。(西安=新華社配信/郝文虎)=2018(平成30)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051801072

  • 2019年01月10日
    中国社会科学院、「2018年中国考古学新発見」を発表

    陝西省澄城県の劉家窪遺跡の墓地から出土した金製品。(組み合わせ資料写真)北京で開催された中国社会科学院考古学フォーラムで10日、「2018年中国考古学新発見」に選ばれた6カ所の遺跡が発表された。考古学新発見には、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省荊門市沙洋県後港鎮双村の城河遺跡(新石器時代の遺跡)、陝西省延安市宝塔区の芦山峁遺跡、陝西省澄城県の劉家窪(りゅうかわ)遺跡、四川省渠県の城壩(じょうば)遺跡、河北省張家口市の太子城金朝城址が選ばれた。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516463

  • 2019年01月10日
    中国社会科学院、「2018年中国考古学新発見」を発表

    四川省渠県の城壩(じょうば)遺跡の全景。(資料写真)北京で開催された中国社会科学院考古学フォーラムで10日、「2018年中国考古学新発見」に選ばれた6カ所の遺跡が発表された。考古学新発見には、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省荊門市沙洋県後港鎮双村の城河遺跡(新石器時代の遺跡)、陝西省延安市宝塔区の芦山峁遺跡、陝西省澄城県の劉家窪(りゅうかわ)遺跡、四川省渠県の城壩(じょうば)遺跡、河北省張家口市の太子城金朝城址が選ばれた。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516955

  • 2019年01月10日
    中国社会科学院、「2018年中国考古学新発見」を発表

    空から陝西省延安市芦山峁新石器時代遺跡と発掘エリアを臨む。(資料写真)北京で開催された中国社会科学院考古学フォーラムで10日、「2018年中国考古学新発見」に選ばれた6カ所の遺跡が発表された。考古学新発見には、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省荊門市沙洋県後港鎮双村の城河遺跡(新石器時代の遺跡)、陝西省延安市宝塔区の芦山峁遺跡、陝西省澄城県の劉家窪(りゅうかわ)遺跡、四川省渠県の城壩(じょうば)遺跡、河北省張家口市の太子城金朝城址が選ばれた。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516443

  • 2019年01月10日
    中国社会科学院、「2018年中国考古学新発見」を発表

    湖北省荊門市沙洋県後港鎮双村の城河遺跡(新石器時代の遺跡)の墓「M225」と副葬品。(資料写真)北京で開催された中国社会科学院考古学フォーラムで10日、「2018年中国考古学新発見」に選ばれた6カ所の遺跡が発表された。考古学新発見には、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省荊門市沙洋県後港鎮双村の城河遺跡(新石器時代の遺跡)、陝西省延安市宝塔区の芦山峁遺跡、陝西省澄城県の劉家窪(りゅうかわ)遺跡、四川省渠県の城壩(じょうば)遺跡、河北省張家口市の太子城金朝城址が選ばれた。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517196

  • 2019年01月10日
    中国社会科学院、「2018年中国考古学新発見」を発表

    河北省張家口市の太子城金朝城址から出土した建物部材。(組み合わせ資料写真)北京で開催された中国社会科学院考古学フォーラムで10日、「2018年中国考古学新発見」に選ばれた6カ所の遺跡が発表された。考古学新発見には、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省荊門市沙洋県後港鎮双村の城河遺跡(新石器時代の遺跡)、陝西省延安市宝塔区の芦山峁遺跡、陝西省澄城県の劉家窪(りゅうかわ)遺跡、四川省渠県の城壩(じょうば)遺跡、河北省張家口市の太子城金朝城址が選ばれた。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516992

  • 2019年01月10日
    中国社会科学院、「2018年中国考古学新発見」を発表

    広東省英徳市の青塘(せいとう)遺跡。(資料写真)北京で開催された中国社会科学院考古学フォーラムで10日、「2018年中国考古学新発見」に選ばれた6カ所の遺跡が発表された。考古学新発見には、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省荊門市沙洋県後港鎮双村の城河遺跡(新石器時代の遺跡)、陝西省延安市宝塔区の芦山峁遺跡、陝西省澄城県の劉家窪(りゅうかわ)遺跡、四川省渠県の城壩(じょうば)遺跡、河北省張家口市の太子城金朝城址が選ばれた。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011516963

  • 2019年01月29日
    赤いちょうちんで春節を迎える

    1月29日、陝西省延安市宝塔山の麓に飾られた赤いちょうちん。春節(旧正月)を目前に、中国各地でちょうちんが飾られ、新年を迎えるおめでたい雰囲気が広がった。(延安=新華社配信/王福建)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412511

  • 01:40.31
    2019年02月04日
    「新華社」切り絵の正月飾りで新年を祝う

    中国陝西省延安市の切り絵職人、張艶(ちょう・えん)さんは毎年春節(旧正月)の前に春聯(しゅんれん、春節に門に張る縁起の良い対句)を作って友人らに贈り、新年を祝っている。(記者/梁愛平、李亜楠)<映像内容>切り絵職人の作業風景、作品など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412913

  • 2019年02月15日
    元宵節を迎える新春灯会河北省唐山市

    15日、唐山市南湖公園で披露された陝西省延安市安塞区の民間舞踏「安塞腰鼓」。元宵節(旧暦1月15日)を前に、中国河北省唐山市の南湖公園では新春灯会が開催されている。地方の特色が色濃く反映された民間行事「社火」(旧正月期間、特に元宵節前後に行われる娯楽活動)、戯曲や無形文化遺産の公演など、伝統文化に関するさまざまなイベントは多くの市民や観光客でにぎわう。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800566

  • 02:14.31
    2019年02月16日
    「新華社」陝西省の安塞腰鼓が台湾南投の灯会を盛り上げる

    中国台湾中部の南投(なんとう)県で2日から24日まで開催されているランタンフェスティバル「2019南投灯会」のイベント広場で16日夜、中国の古楽器「嗩吶」(チャルメラ)を吹き鳴らし、腰に付けた鼓を打ち鳴らしながら舞う「腰鼓」(ようこ)が演じられた。陝西民謡の歌声が高らかに響き渡り、雄大な黄土高原の息吹が台湾の山水と呼応した。この夜の陝西省の芸術団の公演は、陝西省北部の民間舞踊「大秧歌」(だいおうか)でにぎやかに幕を開けた。勇壮に踊る姿、多様な振り付け、さっぱりとあか抜けた風格は、陝西省の人々の素朴で実直、おおらかで楽天的な性質をよく表している。トリとして演じられた「安塞(あんさい)腰鼓」では、百人以上が一斉に踊りながら全力で腰鼓を打ち、その整然とまとまった動きやみなぎる気迫に、観客からは大きな歓声と拍手が送られた。「安塞腰鼓」は陝西省北部の延安市安塞区に伝わる民間の集団芸術。中国最古の詩集「詩経」に「鼓を撃つこと其(そ)れ鏜(どう)たり、踊躍して兵を用う」(合図の太鼓がドンと鳴ると、おどり上がって武器を取る)とある。安塞腰鼓はまさに古代の戦争に由来し2千年以上の歴史を持つ。2006年6月には、第1陣で国の無形文化遺産に指定された。「安塞腰鼓」が南投県で上演されるのは昨年に続いて2度目。腰鼓の出演者は昨年の114名から今年は138名に増え、さらに壮観になった。このほか、中国西北部の地方劇「秦腔」(しんこう)や陝西省北部に伝わる民間の語り物「陝北説書」(せんほくせっしょ)などの上演も新たに加わった。(記者/林凱)<映像内容>台湾のランタンフェスティバル「2019南投灯会」の様子、撮影日:2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021901133

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    山西省聞喜県の酒務頭商代墓地で出土した青銅器。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403121

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡で出土した金の虎。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403090

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡で出土した唐代の大型庭園遺跡。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403091

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡営盤梁の中庭北門外にある祭祀坑で出土した大玉刀。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403167

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡で、宋代に川底だった場所の石材を調査する考古学者。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403168

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403156

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    新疆ウイグル自治区尼勒克県の吉仁台溝口遺跡で出土した石炭。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403087

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡で出土した素焼きのこて。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403100

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    小型無人機で撮影した陝西省澄城県にある劉家窪東周遺跡の発掘現場。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403155

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)の水中調査で撮影した、経遠艦の側面に位置する「経」「遠」の2文字。(組み合わせ資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403157

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    山西省聞喜県の酒務頭商代墓地の青銅器出土現場。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403119

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    河北省張家口市の太子城金代遺跡で出土した、泥質灰陶の竜形屋根飾り。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403123

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    広東省英徳市の青塘遺跡。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403137

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    新疆ウイグル自治区尼勒克県の吉仁台溝口遺跡内の大型住居跡。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403142

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡にある執務区域の囲い壁、中軸線上の建築群および付属建築遺跡。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403093

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)の水中調査で発見された銃弾や砲弾など。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403094

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡で出土した葬具と副葬品。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403104

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    広東省英徳市の青塘遺跡で出土した土器の破片(左)と石器。(組み合わせ資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403169

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡の発掘現場。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403133

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月29日
    2018年中国考古学十大発見を発表

    河北省張家口市の太子城金代遺跡南区9号建築基礎遺跡発掘区。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040403108

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月30日
    黄河壺口瀑布が増水期を迎える

    3月30日、山西省吉県で黄河壺口瀑布を見物する観光客。中国の山西省臨汾(りんふん)市吉県と陝西省延安市宜川県にまたがる黄河壺口瀑布はここ数日、気温が上がって上流の氷が溶けたことなどにより、増水期に入った。流れ落ちる大量の水が迫力ある風景を生み出している。(臨汾=新華社配信/呂桂明)=2019(平成31)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200325

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月30日
    黄河壺口瀑布が増水期を迎える

    3月30日、山西省吉県で黄河壺口瀑布を見物する観光客。中国の山西省臨汾(りんふん)市吉県と陝西省延安市宜川県にまたがる黄河壺口瀑布はここ数日、気温が上がって上流の氷が溶けたことなどにより、増水期に入った。流れ落ちる大量の水が迫力ある風景を生み出している。(臨汾=新華社配信/王輝耀)=2019(平成31)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200381

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月30日
    黄河壺口瀑布が増水期を迎える

    3月30日、山西省吉県で黄河壺口瀑布を見物する観光客。中国の山西省臨汾(りんふん)市吉県と陝西省延安市宜川県にまたがる黄河壺口瀑布はここ数日、気温が上がって上流の氷が溶けたことなどにより、増水期に入った。流れ落ちる大量の水が迫力ある風景を生み出している。(臨汾=新華社配信/呂桂明)=2019(平成31)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200369

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月30日
    黄河壺口瀑布が増水期を迎える

    3月30日、山西省吉県で撮影した黄河壺口瀑布の水しぶき。中国の山西省臨汾(りんふん)市吉県と陝西省延安市宜川県にまたがる黄河壺口瀑布はここ数日、気温が上がって上流の氷が溶けたことなどにより、増水期に入った。流れ落ちる大量の水が迫力ある風景を生み出している。(臨汾=新華社配信/蘇強)=2019(平成31)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200368

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月30日
    黄河壺口瀑布が増水期を迎える

    3月30日、山西省吉県の黄河壺口瀑布風景区で記念撮影する子ども。中国の山西省臨汾(りんふん)市吉県と陝西省延安市宜川県にまたがる黄河壺口瀑布はここ数日、気温が上がって上流の氷が溶けたことなどにより、増水期に入った。流れ落ちる大量の水が迫力ある風景を生み出している。(臨汾=新華社配信/蘇強)=2019(平成31)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200307

  • 2019年05月24日
    中国最古の宮殿跡、4500年前の芦山峁遺跡を訪ねて陝西省延安市

    芦山峁遺跡から出土した石刀や石斧および石紡輪などの文化財。(5月24日撮影)中国陝西省延安市の宝塔区芦山峁村にある芦山峁遺跡には、「大営盤梁」と呼ばれる大型版築基壇がある。約4500年前の新石器時代後期、竜山文化の超大型集落の宮殿跡だとされる。2年間にわたる発掘の結果、遺跡からは住居跡12カ所軒とかまど跡2カ所、土をつき固めて作った「版築」の城壁2層分、甕(かめ)棺墓1基、廃棄物を埋める「灰坑」23カ所と「灰溝」3カ所が見つかり、土器や石器、骨器、玉器などが大量に出土した。(延安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004130

  • 2019年05月24日
    中国最古の宮殿跡、4500年前の芦山峁遺跡を訪ねて陝西省延安市

    芦山峁遺跡の建築群にある主要住居遺跡。(5月24日撮影)中国陝西省延安市の宝塔区芦山峁村にある芦山峁遺跡には、「大営盤梁」と呼ばれる大型版築基壇がある。約4500年前の新石器時代後期、竜山文化の超大型集落の宮殿跡だとされる。2年間にわたる発掘の結果、遺跡からは住居跡12カ所軒とかまど跡2カ所、土をつき固めて作った「版築」の城壁2層分、甕(かめ)棺墓1基、廃棄物を埋める「灰坑」23カ所と「灰溝」3カ所が見つかり、土器や石器、骨器、玉器などが大量に出土した。(延安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004071

  • 2019年05月24日
    中国最古の宮殿跡、4500年前の芦山峁遺跡を訪ねて陝西省延安市

    芦山峁遺跡から出土した瓦。(5月24日撮影)中国陝西省延安市の宝塔区芦山峁村にある芦山峁遺跡には、「大営盤梁」と呼ばれる大型版築基壇がある。約4500年前の新石器時代後期、竜山文化の超大型集落の宮殿跡だとされる。2年間にわたる発掘の結果、遺跡からは住居跡12カ所軒とかまど跡2カ所、土をつき固めて作った「版築」の城壁2層分、甕(かめ)棺墓1基、廃棄物を埋める「灰坑」23カ所と「灰溝」3カ所が見つかり、土器や石器、骨器、玉器などが大量に出土した。(延安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004039

  • 2019年05月24日
    中国最古の宮殿跡、4500年前の芦山峁遺跡を訪ねて陝西省延安市

    芦山峁遺跡から出土した玉刀の発掘過程を紹介する考古スタッフ。(5月24日撮影)中国陝西省延安市の宝塔区芦山峁村にある芦山峁遺跡には、「大営盤梁」と呼ばれる大型版築基壇がある。約4500年前の新石器時代後期、竜山文化の超大型集落の宮殿跡だとされる。2年間にわたる発掘の結果、遺跡からは住居跡12カ所軒とかまど跡2カ所、土をつき固めて作った「版築」の城壁2層分、甕(かめ)棺墓1基、廃棄物を埋める「灰坑」23カ所と「灰溝」3カ所が見つかり、土器や石器、骨器、玉器などが大量に出土した。(延安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004121

  • 2019年05月24日
    中国最古の宮殿跡、4500年前の芦山峁遺跡を訪ねて陝西省延安市

    芦山峁遺跡の集落跡から出土した排水溝の遺構。(5月24日撮影)中国陝西省延安市の宝塔区芦山峁村にある芦山峁遺跡には、「大営盤梁」と呼ばれる大型版築基壇がある。約4500年前の新石器時代後期、竜山文化の超大型集落の宮殿跡だとされる。2年間にわたる発掘の結果、遺跡からは住居跡12カ所軒とかまど跡2カ所、土をつき固めて作った「版築」の城壁2層分、甕(かめ)棺墓1基、廃棄物を埋める「灰坑」23カ所と「灰溝」3カ所が見つかり、土器や石器、骨器、玉器などが大量に出土した。(延安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004112

  • 2019年05月24日
    中国最古の宮殿跡、4500年前の芦山峁遺跡を訪ねて陝西省延安市

    芦山峁遺跡の住居遺跡の土壁に残るしっくいの跡。(5月24日撮影)中国陝西省延安市の宝塔区芦山峁村にある芦山峁遺跡には、「大営盤梁」と呼ばれる大型版築基壇がある。約4500年前の新石器時代後期、竜山文化の超大型集落の宮殿跡だとされる。2年間にわたる発掘の結果、遺跡からは住居跡12カ所軒とかまど跡2カ所、土をつき固めて作った「版築」の城壁2層分、甕(かめ)棺墓1基、廃棄物を埋める「灰坑」23カ所と「灰溝」3カ所が見つかり、土器や石器、骨器、玉器などが大量に出土した。(延安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004045

  • 2019年05月24日
    中国最古の宮殿跡、4500年前の芦山峁遺跡を訪ねて陝西省延安市

    芦山峁遺跡で発掘された西側の脇屋(西厢房)跡。(5月24日撮影)中国陝西省延安市の宝塔区芦山峁村にある芦山峁遺跡には、「大営盤梁」と呼ばれる大型版築基壇がある。約4500年前の新石器時代後期、竜山文化の超大型集落の宮殿跡だとされる。2年間にわたる発掘の結果、遺跡からは住居跡12カ所軒とかまど跡2カ所、土をつき固めて作った「版築」の城壁2層分、甕(かめ)棺墓1基、廃棄物を埋める「灰坑」23カ所と「灰溝」3カ所が見つかり、土器や石器、骨器、玉器などが大量に出土した。(延安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004001

  • 2019年06月05日
    緑に覆われた黄土高原陝西省呉起県

    5日、緑に覆われた呉起県の山の丘陵を通り抜ける延安市と呉起県を結ぶ高速道路。(小型無人機から)中国の黄土高原に位置する陝西省延安(えんあん)市呉起(ごき)県は、中国で初めて耕地を森林に戻した県である。同県は1998年から「樹木の伐採や耕作の禁止、植林・植草の推進、放牧禁止」の取り組みを実施した。ここ20年で、呉起県は合計245万ムー(約1633平方キロ)の耕地や荒れ山を森林に戻し、痩せ果てて荒涼としていた黄土高原に緑を蘇らせた。全県の森林カバー率はすでに1997年の19・2%から現在の72・9%にまで上昇し、年間降水量は1997年の478・3ミリから2017年の587・5ミリに増加した。耕地を森林に戻すことで、現地の人々は従来の土地活用モデルに別れを告げ、住まいと生態環境を改善した。徐々に発展を遂げてきた林業家庭経営と林業経済は、庶民が貧困を脱却し豊かになるための新たな手段となった。2018年、呉起県の農民1人当たりの可処分所得は、1997年の12倍に当たる1万956元(1元=約16円)に達した。(延安=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205536

  • 01:27.72
    2019年06月12日
    「新華社」長さ3メートルの彩色切り絵陝西省延安市

    中国陝西省延安市の農民芸術家、余沢玲(よ・たくれい)さんが、自身のアトリエで「百鳥朝鳳」(百の鳥が鳳に向かう)、「鳳戯牡丹」(牡丹の花の中で一対の鳳凰が戯れる図案)などの作品を披露した。陝北農民画「百鳥朝鳳」は長さ2・6メートル、幅1・1メートル。制作には2か月を要した。下色は鮮やかなローズレッドで「人々の注目を集め、安楽と平和をもたらす」の意味が込められている。陝北地方の切り絵「鳳戯牡丹」はモノクロ版とカラー版があり、共に長さは3メートルで幅は0・85メートル。モノクロ版に比べ、カラー版はより革新性を意識しており、5色の紙を用いて制作されている。完成までに1カ月余りを費やし、「富貴の訪れ、永遠に続く栄華」という意味が込められている。(記者/孫正好、陳昌奇)<映像内容>農民芸術家の彩色切り絵作品、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061205657

  • 2019年08月10日
    緑に包まれた安塞の山々陝西省延安市

    10日、雲霧に包まれた延安市安塞区の山々。(小型無人機から)中国陝西省延安市安塞(あんさい)区は、1999年から耕地を森林に戻す「退耕還林」プロジェクトを実施しており、特色ある林業の発展と結び付けることで、これまでに142万3800ムー(約9万4920ヘクタール)の耕地の森林化を実現した。同区の森林率は1998年の18%から34・68%へ上昇した。区内では40数万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)でリンゴが栽培されており、「還林」による環境効果だけでなく、地元住民に長期的で安定した産業をもたらした。(延安=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407028

  • 2019年08月10日
    緑に包まれた安塞の山々陝西省延安市

    10日、緑に包まれた延安市安塞区の山々。(小型無人機から)中国陝西省延安市安塞(あんさい)区は、1999年から耕地を森林に戻す「退耕還林」プロジェクトを実施しており、特色ある林業の発展と結び付けることで、これまでに142万3800ムー(約9万4920ヘクタール)の耕地の森林化を実現した。同区の森林率は1998年の18%から34・68%へ上昇した。区内では40数万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)でリンゴが栽培されており、「還林」による環境効果だけでなく、地元住民に長期的で安定した産業をもたらした。(延安=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407238

  • 2019年08月10日
    緑に包まれた安塞の山々陝西省延安市

    10日、雲霧に包まれた延安市安塞区の山々。(小型無人機から)中国陝西省延安市安塞(あんさい)区は、1999年から耕地を森林に戻す「退耕還林」プロジェクトを実施しており、特色ある林業の発展と結び付けることで、これまでに142万3800ムー(約9万4920ヘクタール)の耕地の森林化を実現した。同区の森林率は1998年の18%から34・68%へ上昇した。区内では40数万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)でリンゴが栽培されており、「還林」による環境効果だけでなく、地元住民に長期的で安定した産業をもたらした。(延安=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407117

  • 2019年08月10日
    緑に包まれた安塞の山々陝西省延安市

    10日、緑の山々に囲まれる延安市安塞区の市街地。(小型無人機から)中国陝西省延安市安塞(あんさい)区は、1999年から耕地を森林に戻す「退耕還林」プロジェクトを実施しており、特色ある林業の発展と結び付けることで、これまでに142万3800ムー(約9万4920ヘクタール)の耕地の森林化を実現した。同区の森林率は1998年の18%から34・68%へ上昇した。区内では40数万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)でリンゴが栽培されており、「還林」による環境効果だけでなく、地元住民に長期的で安定した産業をもたらした。(延安=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081406978

  • 2019年08月10日
    緑に包まれた安塞の山々陝西省延安市

    10日、雲霧に包まれた延安市安塞区の山々。(小型無人機から)中国陝西省延安市安塞(あんさい)区は、1999年から耕地を森林に戻す「退耕還林」プロジェクトを実施しており、特色ある林業の発展と結び付けることで、これまでに142万3800ムー(約9万4920ヘクタール)の耕地の森林化を実現した。同区の森林率は1998年の18%から34・68%へ上昇した。区内では40数万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)でリンゴが栽培されており、「還林」による環境効果だけでなく、地元住民に長期的で安定した産業をもたらした。(延安=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407030

  • 1
  • 2
  • 3