KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 風景
  • 村岡桃佳
  • 金メダル
  • 平成
  • 大会
  • 滑走
  • 獲得
  • 北京オリンピック

「延慶」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2,452
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
2,452
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1952年01月31日
    騒乱のスエズ地帯航行

    日本郵船延慶丸の福島秀一船長=1952(昭和27)年1月31日(27年内地302)

    商品コード: 2012102400346

  • 2008年11月11日
    楚式漆器など優れた無形文化遺産が注目の的に北京園芸博

    楚式漆器の制作技術を披露する職人。(2008年11月11日撮影)中国の漆器工芸は、2500年前に既に高度な技術を有しており、特に湖北省を中心とした南方の楚国では極めて高いレベルに達していた。ロマン主義の特徴豊かな楚式漆器は、世界で「漆器工芸の最高峰」とみなされており、その技術は湖北省で途切れることなく伝承されてきた。中国北京市延慶区で開かれている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで4~6日、「湖北デー」が開催された。会場には楚式漆器や500年以上の歴史を持つ灸療法、生産と生活を兼ね備えた刺繍(ししゅう)作品などの湖北地域の特色を持つ八つの無形文化遺産が展示され、自然で美しく、ロマンチックな湖北の風情を伝えた。(武漢=新華社配信/湖北省文化・観光庁提供)=2008(平成20)年11月11日、クレジット:湖北省文化・観光庁/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600179

  • 2011年08月30日
    楚式漆器など優れた無形文化遺産が注目の的に北京園芸博

    はさみや彫刻刀で図案を切り抜く昔ながらの民間芸術、切り絵。実用性と美しさ、お祝いなどを兼ね備えている。(2011年8月30日撮影)中国の漆器工芸は、2500年前に既に高度な技術を有しており、特に湖北省を中心とした南方の楚国では極めて高いレベルに達していた。ロマン主義の特徴豊かな楚式漆器は、世界で「漆器工芸の最高峰」とみなされており、その技術は湖北省で途切れることなく伝承されてきた。中国北京市延慶区で開かれている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで4~6日、「湖北デー」が開催された。会場には楚式漆器や500年以上の歴史を持つ灸療法、生産と生活を兼ね備えた刺繍(ししゅう)作品などの湖北地域の特色を持つ八つの無形文化遺産が展示され、自然で美しく、ロマンチックな湖北の風情を伝えた。(武漢=新華社配信/湖北省文化・観光庁提供)=2011(平成23)年8月30日、クレジット:湖北省文化・観光庁/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600181

  • 2013年02月14日
    天草諸島 兜梅が見ごろ

    天草市の延慶寺で見ごろを迎えた推定樹齢500年の兜梅=2013(平成25)年2月14日、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015090300241

  • 2013年05月19日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省にある三清山の景色。(2013年5月19日撮影)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(上饒=新華社記者/周密)=2013(平成25)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003890

  • 2013年07月05日
    楚式漆器など優れた無形文化遺産が注目の的に北京園芸博

    現地特産のマダケ属のタケを編んで作られた湖北省潜江(せんこう)市の伝統的な竹細工。(2013年7月5日撮影)中国の漆器工芸は、2500年前に既に高度な技術を有しており、特に湖北省を中心とした南方の楚国では極めて高いレベルに達していた。ロマン主義の特徴豊かな楚式漆器は、世界で「漆器工芸の最高峰」とみなされており、その技術は湖北省で途切れることなく伝承されてきた。中国北京市延慶区で開かれている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで4~6日、「湖北デー」が開催された。会場には楚式漆器や500年以上の歴史を持つ灸療法、生産と生活を兼ね備えた刺繍(ししゅう)作品などの湖北地域の特色を持つ八つの無形文化遺産が展示され、自然で美しく、ロマンチックな湖北の風情を伝えた。(武漢=新華社配信/湖北省文化・観光庁提供)=2013(平成25)年7月5日、クレジット:湖北省文化・観光庁/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600173

  • 2013年11月15日
    楚式漆器など優れた無形文化遺産が注目の的に北京園芸博

    湖北省通山(つうざん)県に多く残る明・清代の古い建物には、精巧な木彫り作品が数多く保存されている。(2013年11月15日撮影)中国の漆器工芸は、2500年前に既に高度な技術を有しており、特に湖北省を中心とした南方の楚国では極めて高いレベルに達していた。ロマン主義の特徴豊かな楚式漆器は、世界で「漆器工芸の最高峰」とみなされており、その技術は湖北省で途切れることなく伝承されてきた。中国北京市延慶区で開かれている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで4~6日、「湖北デー」が開催された。会場には楚式漆器や500年以上の歴史を持つ灸療法、生産と生活を兼ね備えた刺繍(ししゅう)作品などの湖北地域の特色を持つ八つの無形文化遺産が展示され、自然で美しく、ロマンチックな湖北の風情を伝えた。(武漢=新華社配信/湖北省文化・観光庁提供)=2013(平成25)年11月15日、クレジット:湖北省文化・観光庁/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600177

  • 2014年10月30日
    楚式漆器など優れた無形文化遺産が注目の的に北京園芸博

    現地特産のマダケ属のタケを編んで作られた湖北省潜江(せんこう)市の伝統的な竹細工。(2014年10月30日撮影)中国の漆器工芸は、2500年前に既に高度な技術を有しており、特に湖北省を中心とした南方の楚国では極めて高いレベルに達していた。ロマン主義の特徴豊かな楚式漆器は、世界で「漆器工芸の最高峰」とみなされており、その技術は湖北省で途切れることなく伝承されてきた。中国北京市延慶区で開かれている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで4~6日、「湖北デー」が開催された。会場には楚式漆器や500年以上の歴史を持つ灸療法、生産と生活を兼ね備えた刺繍(ししゅう)作品などの湖北地域の特色を持つ八つの無形文化遺産が展示され、自然で美しく、ロマンチックな湖北の風情を伝えた。(武漢=新華社配信/湖北省文化・観光庁提供)=2014(平成26)年10月30日、クレジット:湖北省文化・観光庁/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600185

  • 2016年05月17日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省九江市の煙水亭。(2016年5月17日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(九江=新華社記者/周密)=2016(平成28)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004046

  • 2016年05月18日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    長江九江区間の沿岸の景色。(2016年5月18日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(南昌=新華社記者/周密)=2016(平成28)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003936

  • 2016年06月30日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    空から見た江西省上饒(じょうじょう)市婺源(ぶげん)県篁岭(こうれい)風景区の菜の花。(2016年3月30日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(上饒=新華社記者/周密)=2016(平成28)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004020

  • 2017年03月21日
    楚式漆器など優れた無形文化遺産が注目の的に北京園芸博

    湖北省大冶市の刺繍(ししゅう)作品。(2017年3月21日撮影)中国の漆器工芸は、2500年前に既に高度な技術を有しており、特に湖北省を中心とした南方の楚国では極めて高いレベルに達していた。ロマン主義の特徴豊かな楚式漆器は、世界で「漆器工芸の最高峰」とみなされており、その技術は湖北省で途切れることなく伝承されてきた。中国北京市延慶区で開かれている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで4~6日、「湖北デー」が開催された。会場には楚式漆器や500年以上の歴史を持つ灸療法、生産と生活を兼ね備えた刺繍(ししゅう)作品などの湖北地域の特色を持つ八つの無形文化遺産が展示され、自然で美しく、ロマンチックな湖北の風情を伝えた。(武漢=新華社配信/湖北省文化・観光庁提供)=2017(平成29)年3月21日、クレジット:湖北省文化・観光庁/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600183

  • 2017年03月26日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省南昌市南昌県にある鳳凰溝風景区の桜に囲まれたハート型のスペースで休憩する観光客。(2017年3月26日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(南昌=新華社記者/万象)=2017(平成29)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003962

  • 2017年07月23日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省贛州(かんしゅう)市石城県で花を観賞する観光客。(2017年7月23日撮影)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(贛州=新華社記者/彭昭之)=2017(平成29)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003935

  • 2017年09月26日
    造林進め「国家森林都市」目指す北京市延慶区

    空から見た延慶区の山々。(2017年9月26日撮影)2019中国北京国際園芸博覧会(園芸博)が開かれている北京市延慶区は、開催地決定を契機にここ数年、植林·緑化への取り組みを強めてきた。国家林業局から「国家森林都市」として承認されることを目指し、新たに16万ムー(約1万700ヘクタール)の造林を行い、園芸博会場周辺や同区全域の生態環境を改善した。「首都圏の夏の避暑地·長城の足元の森林都市」という美しいビジョンが現実のものになりつつある。(北京=新華社配信/延慶区提供)=2017(平成29)年9月26日、クレジット:延慶区/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403741

  • 2017年09月26日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省井岡山(せいこうざん)黄洋界風景区。(2017年9月26日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(井岡山=新華社記者/万象)=2017(平成29)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003897

  • 2017年09月26日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省井岡山(せいこうざん)革命烈士陵園。(2017年9月26日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(井岡山=新華社記者/万象)=2017(平成29)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003914

  • 2018年02月08日
    平昌でインターンとして活躍する北京五輪関係者

    メインプレスセンターのスタジオで作業する郎豊傑さん(左)。北京冬季五輪組織委員会延慶運営センターの郎さんは、同委員会が平昌に派遣した41人のインターンの一人。平昌冬季五輪公式サイトで中国語ページの編集マネージャーを務める。大会の準備や開催に関するニュースや情報を取材、発信している。(平昌=新華社記者/鞠煥宗)=2018(平成30)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022700451

  • 2018年03月15日
    冬季五輪に向け変貌する「氷雪都市」北京市延慶区

    記念撮影をする延慶区の農民スキーチーム。2022年北京冬季五輪・パラリンピックは開幕まであと3年に迫ったが、3大競技エリアの一つ、「冬季五輪の氷雪都市」延慶(えんけい)区では今、冬季五輪が地元にさまざまな変化をもたらしている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411462

  • 2018年03月15日
    冬季五輪に向け変貌する「氷雪都市」北京市延慶区

    記念撮影をする延慶区の農民スキーチーム。2022年北京冬季五輪・パラリンピックは開幕まであと3年に迫ったが、3大競技エリアの一つ、「冬季五輪の氷雪都市」延慶(えんけい)区では今、冬季五輪が地元にさまざまな変化をもたらしている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411536

  • 2018年03月17日
    北京で「春雪」を迎える

    17日、北京市延慶区内の住宅地で除雪作業を行う作業員。同日の午前9時、北京の多くの地域でみぞれや小雪となり、145日間続いた「有効降水量ゼロ」(1日の降水量0・1ミリ以下)の日に終わりを告げた。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018031900933

  • 2018年03月17日
    北京で「春雪」を迎える

    17日、北京市延慶区内の住宅地で、雪遊びに興じる住民たち。同日の午前9時、北京の多くの地域でみぞれや小雪となり、145日間続いた「有効降水量ゼロ」(1日の降水量0・1ミリ以下)の日に終わりを告げた。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018031900980

  • 2018年03月20日
    百万羽余りの渡り鳥が飛来希少鳥類も確認北京市

    北京市延慶区の野鴨湖湿地自然保護区で、湖面を泳ぐハクチョウの群れ。(2018年3月撮影)中国北京市園林緑化局によると、今年同市の鳥類観測ステーション88カ所で観測された希少なコウノトリやアカハジロなどを含む渡り鳥の数は、1日の時点で140万羽余りに達した。亜熱帯から亜寒帯への移行帯に位置する同市は、多くの渡り鳥が春と秋の渡りの時期に必ず通る飛翔ルートにあたり、世界における鳥類の渡りのルート上の重要な中継地となっている。毎年、同市を通過する渡り鳥や旅鳥は300種類以上に上る。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701890

  • 2018年03月20日
    百万羽余りの渡り鳥が飛来希少鳥類も確認北京市

    北京市延慶区の野鴨湖湿地自然保護区を優雅に舞うクロヅル。(2018年3月撮影)中国北京市園林緑化局によると、今年同市の鳥類観測ステーション88カ所で観測された希少なコウノトリやアカハジロなどを含む渡り鳥の数は、1日の時点で140万羽余りに達した。亜熱帯から亜寒帯への移行帯に位置する同市は、多くの渡り鳥が春と秋の渡りの時期に必ず通る飛翔ルートにあたり、世界における鳥類の渡りのルート上の重要な中継地となっている。毎年、同市を通過する渡り鳥や旅鳥は300種類以上に上る。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701920

  • 2018年03月20日
    百万羽余りの渡り鳥が飛来希少鳥類も確認北京市

    北京市延慶区にある野鴨湖湿地自然保護区の大空を舞うハクチョウ。(2018年3月撮影)中国北京市園林緑化局によると、今年同市の鳥類観測ステーション88カ所で観測された希少なコウノトリやアカハジロなどを含む渡り鳥の数は、1日の時点で140万羽余りに達した。亜熱帯から亜寒帯への移行帯に位置する同市は、多くの渡り鳥が春と秋の渡りの時期に必ず通る飛翔ルートにあたり、世界における鳥類の渡りのルート上の重要な中継地となっている。毎年、同市を通過する渡り鳥や旅鳥は300種類以上に上る。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701911

  • 2018年03月20日
    百万羽余りの渡り鳥が飛来希少鳥類も確認北京市

    北京市延慶区の野鴨湖湿地自然保護区で、エサを探す渡り鳥の群れ。(2018年3月撮影)中国北京市園林緑化局によると、今年同市の鳥類観測ステーション88カ所で観測された希少なコウノトリやアカハジロなどを含む渡り鳥の数は、1日の時点で140万羽余りに達した。亜熱帯から亜寒帯への移行帯に位置する同市は、多くの渡り鳥が春と秋の渡りの時期に必ず通る飛翔ルートにあたり、世界における鳥類の渡りのルート上の重要な中継地となっている。毎年、同市を通過する渡り鳥や旅鳥は300種類以上に上る。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701914

  • 2018年04月03日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    鄱陽湖の湿地を走るシフゾウ。(2018年4月3日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(南昌=新華社記者/周密)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003961

  • 2018年09月16日
    北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて

    北京市延慶区の花卉(かき)産業地帯「四季花海」。(2018年9月16日撮影)中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100381

  • 2018年09月19日
    北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて

    北京市延慶区の花卉(かき)産業地帯「四季花海」。(2018年9月19日撮影)中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100452

  • 2018年10月15日
    ギリシャと協力し恐竜の足跡化石を保護北京市延慶

    15日、延慶で発見された恐竜の足跡化石の保護を行うギリシャ・レスボス島ジオパークの専門家、ゲオルギオス・グルイファルコス氏(右)とニコラス・サラパクス氏(左)。ギリシャ・レスボス島ジオパークの専門家チーム、中国地質大学(北京)の専門家チーム、北京市延慶区にある延慶世界地質公園の専門家チームがこのほど、延慶で発見された恐竜の足跡化石について共同で新たな試験的保護作業を行った。今回の協力の目的は、延慶世界地質公園にある恐竜の足跡化石を含む岩層を保護して雨や雪の侵食を受けたり風化したりしないようにし、恐竜の足跡化石の形状や特徴がよりはっきりと見られるようにすること。北京・延慶世界地質公園内の恐竜の足跡化石は約1億5千万年前に形成されたもので、大きな科学的意義と研究価値を有している。(北京=新華社記者/羅暁光)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818594

  • 2018年10月15日
    ギリシャと協力し恐竜の足跡化石を保護北京市延慶

    15日、岩の隙間をクリーニングしてセメントを塗る準備を進めるギリシャ・レスボス島ジオパークの保護の専門家、ニコラス・サラパクス氏。ギリシャ・レスボス島ジオパークの専門家チーム、中国地質大学(北京)の専門家チーム、北京市延慶区にある延慶世界地質公園の専門家チームがこのほど、延慶で発見された恐竜の足跡化石について共同で新たな試験的保護作業を行った。今回の協力の目的は、延慶世界地質公園にある恐竜の足跡化石を含む岩層を保護して雨や雪の侵食を受けたり風化したりしないようにし、恐竜の足跡化石の形状や特徴がよりはっきりと見られるようにすること。北京・延慶世界地質公園内の恐竜の足跡化石は約1億5千万年前に形成されたもので、大きな科学的意義と研究価値を有している。(北京=新華社記者/羅暁光)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818339

  • 2018年10月15日
    ギリシャと協力し恐竜の足跡化石を保護北京市延慶

    15日、延慶世界地質公園で恐竜の足跡化石に対し試験的保護作業を行うスタッフ。(小型無人機から)ギリシャ・レスボス島ジオパークの専門家チーム、中国地質大学(北京)の専門家チーム、北京市延慶区にある延慶世界地質公園の専門家チームがこのほど、延慶で発見された恐竜の足跡化石について共同で新たな試験的保護作業を行った。今回の協力の目的は、延慶世界地質公園にある恐竜の足跡化石を含む岩層を保護して雨や雪の侵食を受けたり風化したりしないようにし、恐竜の足跡化石の形状や特徴がよりはっきりと見られるようにすること。北京・延慶世界地質公園内の恐竜の足跡化石は約1億5千万年前に形成されたもので、大きな科学的意義と研究価値を有している。(北京=新華社記者/羅暁光)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818504

  • 2018年10月15日
    ギリシャと協力し恐竜の足跡化石を保護北京市延慶

    15日、延慶で発見された恐竜の足跡化石に対する保護作業の進展状況を現場で説明するギリシャ・レスボス島ジオパークの保護の専門家、イリアス・バリアコス氏。ギリシャ・レスボス島ジオパークの専門家チーム、中国地質大学(北京)の専門家チーム、北京市延慶区にある延慶世界地質公園の専門家チームがこのほど、延慶で発見された恐竜の足跡化石について共同で新たな試験的保護作業を行った。今回の協力の目的は、延慶世界地質公園にある恐竜の足跡化石を含む岩層を保護して雨や雪の侵食を受けたり風化したりしないようにし、恐竜の足跡化石の形状や特徴がよりはっきりと見られるようにすること。北京・延慶世界地質公園内の恐竜の足跡化石は約1億5千万年前に形成されたもので、大きな科学的意義と研究価値を有している。(北京=新華社記者/羅暁光)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818608

  • 2018年10月15日
    造林進め「国家森林都市」目指す北京市延慶区

    緑広がる延慶区内の農村。(2018年10月15日撮影)2019中国北京国際園芸博覧会(園芸博)が開かれている北京市延慶区は、開催地決定を契機にここ数年、植林·緑化への取り組みを強めてきた。国家林業局から「国家森林都市」として承認されることを目指し、新たに16万ムー(約1万700ヘクタール)の造林を行い、園芸博会場周辺や同区全域の生態環境を改善した。「首都圏の夏の避暑地·長城の足元の森林都市」という美しいビジョンが現実のものになりつつある。(北京=新華社配信/延慶区提供)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:延慶区/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403705

  • 2018年10月15日
    ギリシャと協力し恐竜の足跡化石を保護北京市延慶

    上図:岩の裂け目に注射器で化学試薬を注入して風化耐性や防水力を高める保護チームスタッフ。下図:裂け目の大きな岩層にセメントを塗り、恐竜の足跡化石が存在する岩層の剥離を防ぐ保護チームスタッフ。(組み合わせ写真、15日撮影)ギリシャ・レスボス島ジオパークの専門家チーム、中国地質大学(北京)の専門家チーム、北京市延慶区にある延慶世界地質公園の専門家チームがこのほど、延慶で発見された恐竜の足跡化石について共同で新たな試験的保護作業を行った。今回の協力の目的は、延慶世界地質公園にある恐竜の足跡化石を含む岩層を保護して雨や雪の侵食を受けたり風化したりしないようにし、恐竜の足跡化石の形状や特徴がよりはっきりと見られるようにすること。北京・延慶世界地質公園内の恐竜の足跡化石は約1億5千万年前に形成されたもので、大きな科学的意義と研究価値を有している。(北京=新華社記者/羅暁光)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818749

  • 2018年10月15日
    ギリシャと協力し恐竜の足跡化石を保護北京市延慶

    15日、延慶世界地質公園で恐竜の足跡化石に対し試験的保護作業を行うスタッフ。ギリシャ・レスボス島ジオパークの専門家チーム、中国地質大学(北京)の専門家チーム、北京市延慶区にある延慶世界地質公園の専門家チームがこのほど、延慶で発見された恐竜の足跡化石について共同で新たな試験的保護作業を行った。今回の協力の目的は、延慶世界地質公園にある恐竜の足跡化石を含む岩層を保護して雨や雪の侵食を受けたり風化したりしないようにし、恐竜の足跡化石の形状や特徴がよりはっきりと見られるようにすること。北京・延慶世界地質公園内の恐竜の足跡化石は約1億5千万年前に形成されたもので、大きな科学的意義と研究価値を有している。(北京=新華社記者/羅暁光)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818560

  • 2018年10月15日
    ギリシャと協力し恐竜の足跡化石を保護北京市延慶

    15日、延慶世界地質公園内で発見された恐竜の足跡化石。ギリシャ・レスボス島ジオパークの専門家チーム、中国地質大学(北京)の専門家チーム、北京市延慶区にある延慶世界地質公園の専門家チームがこのほど、延慶で発見された恐竜の足跡化石について共同で新たな試験的保護作業を行った。今回の協力の目的は、延慶世界地質公園にある恐竜の足跡化石を含む岩層を保護して雨や雪の侵食を受けたり風化したりしないようにし、恐竜の足跡化石の形状や特徴がよりはっきりと見られるようにすること。北京・延慶世界地質公園内の恐竜の足跡化石は約1億5千万年前に形成されたもので、大きな科学的意義と研究価値を有している。(北京=新華社記者/羅暁光)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818763

  • 2018年10月20日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省九江市の廬山景勝区にある如琴湖を訪れた観光客。(2018年10月20日撮影)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(九江=新華社記者/胡晨歓)=2018(平成30)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003922

  • 2018年10月28日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    竜虎山で舟に乗り風景を楽しむ観光客。(2018年10月28日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(鷹潭=新華社記者/万象)=2018(平成30)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003862

  • 2018年11月09日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    空から見た江西省上饒(じょうじょう)市婺源(ぶげん)県篁岭(こうれい)村。(2018年11月9日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(上饒=新華社記者/胡晨歓)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003927

  • 2018年11月09日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省上饒(じょうじょう)市婺源(ぶげん)県石城村の景色。(2018年11月9日撮影)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(上饒=新華社記者/胡晨歓)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004024

  • 2018年11月27日
    北京市延慶区で万里の長城の冬季保全活動

    27日、北京市延慶区大荘科郷内の古長城で雑草の除去や雑木の伐採を行う村民。中国北京市延慶区大荘科郷(だいそうかごう)で27日、万里の長城の冬季保全活動が実施された。同郷の各村では村民を組織し古長城を訪れ、雑草の除去や雑木の伐採、レンガ拾いを行い、城壁の保護に努めた。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112923551

  • 2018年11月27日
    北京市延慶区で万里の長城の冬季保全活動

    27日、古長城で雑草の除去や雑木の伐採を行う北京市延慶区大荘科郷香屯(こうとん)村の村民。中国北京市延慶区大荘科郷(だいそうかごう)で27日、万里の長城の冬季保全活動が実施された。同郷の各村では村民を組織し古長城を訪れ、雑草の除去や雑木の伐採、レンガ拾いを行い、城壁の保護に努めた。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112923505

  • 2018年11月27日
    北京市延慶区で万里の長城の冬季保全活動

    27日、古長城で雑草の除去や雑木の伐採を行う北京市延慶区大荘科郷香屯(こうとん)村の村民。中国北京市延慶区大荘科郷(だいそうかごう)で27日、万里の長城の冬季保全活動が実施された。同郷の各村では村民を組織し古長城を訪れ、雑草の除去や雑木の伐採、レンガ拾いを行い、城壁の保護に努めた。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112923547

  • 2018年11月27日
    北京市延慶区で万里の長城の冬季保全活動

    27日、あちこちに散らばった古長城のレンガを集める北京市延慶区大荘科郷香屯(こうとん)村の村民。中国北京市延慶区大荘科郷(だいそうかごう)で27日、万里の長城の冬季保全活動が実施された。同郷の各村では村民を組織し古長城を訪れ、雑草の除去や雑木の伐採、レンガ拾いを行い、城壁の保護に努めた。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112923623

  • 2018年12月22日
    冬季五輪に向け変貌する「氷雪都市」北京市延慶区

    第1回北京市冬季スポーツ大会のスキー競技会場。2022年北京冬季五輪・パラリンピックは開幕まであと3年に迫ったが、3大競技エリアの一つ、「冬季五輪の氷雪都市」延慶(えんけい)区では今、冬季五輪が地元にさまざまな変化をもたらしている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411512

  • 2018年12月22日
    冬季五輪に向け変貌する「氷雪都市」北京市延慶区

    第1回北京市冬季スポーツ大会スキー競技の表彰式。2022年北京冬季五輪・パラリンピックは開幕まであと3年に迫ったが、3大競技エリアの一つ、「冬季五輪の氷雪都市」延慶(えんけい)区では今、冬季五輪が地元にさまざまな変化をもたらしている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411653

  • 2018年12月22日
    冬季五輪に向け変貌する「氷雪都市」北京市延慶区

    第1回北京市冬季スポーツ大会で、スキー競技に参加した選手。2022年北京冬季五輪・パラリンピックは開幕まであと3年に迫ったが、3大競技エリアの一つ、「冬季五輪の氷雪都市」延慶(えんけい)区では今、冬季五輪が地元にさまざまな変化をもたらしている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411809

  • 2019年01月09日
    冬季五輪に向け変貌する「氷雪都市」北京市延慶区

    延慶区の太平荘中心小学校で、スケートの練習の合間に休憩する児童。2022年北京冬季五輪・パラリンピックは開幕まであと3年に迫ったが、3大競技エリアの一つ、「冬季五輪の氷雪都市」延慶(えんけい)区では今、冬季五輪が地元にさまざまな変化をもたらしている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411530

  • 2019年01月09日
    冬季五輪に向け変貌する「氷雪都市」北京市延慶区

    延慶区の太平荘中心小学校でスケートの練習をする児童。2022年北京冬季五輪・パラリンピックは開幕まであと3年に迫ったが、3大競技エリアの一つ、「冬季五輪の氷雪都市」延慶(えんけい)区では今、冬季五輪が地元にさまざまな変化をもたらしている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411912

  • 04:23.04
    2019年01月20日
    「新華社」北京園芸博開幕まで100日切る会場建設が大詰め

    「2019年中国北京世界園芸博覧会」の開幕まで100日を切った20日、北京市は同博覧会の会場建設と関連インフラの整備が最終段階を迎えており、開催準備作業が順調に進んでいることを明らかにした。この日、同博覧会の100日カウントダウン動員大会が行われ、北京市副市長で同博覧会実行委員会副主任兼事務局長を務める王紅(おう・こう)氏が工事の進捗(しんちょく)について説明した。それによると、現在4大メインパビリオンは内装工事の段階に入っており、機械・電力設備や屋外工事は仕上げ段階、設置・運営サポートチームは手配が完了しているという。また、公共緑地部分の主体工事は基本的に完成、熱・電気・消防など市のインフラ建設も全面的に完成。さらに、京礼高速(北京-崇礼高速道路)、百康路など8本の博覧会場アクセス道路も全て完成し、順次開通予定になっている。20日時点ですでに110の国と国際組織の出展が決まっており、A1認定(大規模国際園芸博覧会)園芸博のこれまでの出展者数記録を更新している。国内の31省・自治区・直轄市と香港・マカオ・台湾地区を含む非公式出展者数も120を超えている。北京世界園芸博覧会は4月29日~10月7日まで北京市延慶区で開催される。162日間にわたる会期中には、開会式と閉会式、開園イベントや中国館デーなどの重点イベントほか、各国のナショナルデーやスペシャルデー、省・自治区・直轄市デー、フロートによるパレードといった日常イベント、専門フォーラムや国際コンテスト、世界民族民間文化大集合や科学技術の光イノベーション絵巻など5分野のイベントを含め、2500件余りの各種イベントが開催される。(記者/魏夢佳、夏子麟)<映像内容>北京国際園芸博覧会会場の準備風景、撮影日:2019(平成31)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202076

  • 2019年01月23日
    北京園芸博、「緑の生活」をテーマに4月開幕

    植物館の完成予想図。中国政府が主催し、北京市政府が運営する「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)は4月29日、北京市西北部の延慶区で開幕する。北京園芸博事務局によると、開幕までちょうど100日となった19日までに、110の国や国際機関が書面で参加を表明したほか、国内の31省・自治区・直轄市と香港・マカオ・台湾地区を含む非公式出展者数も120を超えている。参加国・機関の数は過去最高となる。2年余りの建設工事を経て、503ヘクタールに上る展示エリアの「1心(中心景観区)」「2軸(山水苑軸と世界園芸軸)」「3帯(媯河生態レジャー帯、園芸生活体験帯、園芸産業発展帯)」「多片区(マルチエリア)」となる構造が基本的に形作られている。中国館、国際館、生活体験館、植物館の4大パビリオンは完成間近だ。「媯河生態レジャー帯」「園芸生活体験帯」「園芸産業発展帯」「世界園芸展示区」「中華園芸展示区」なども順次完成する予定。(北京=新華社配信/北京国際園芸博覧会事務局提供)=撮影日不明、クレジット:北京国際園芸博覧会事務局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301125

  • 2019年01月23日
    北京園芸博、「緑の生活」をテーマに4月開幕

    生活体験館の完成予想図。中国政府が主催し、北京市政府が運営する「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)は4月29日、北京市西北部の延慶区で開幕する。北京園芸博事務局によると、開幕までちょうど100日となった19日までに、110の国や国際機関が書面で参加を表明したほか、国内の31省・自治区・直轄市と香港・マカオ・台湾地区を含む非公式出展者数も120を超えている。参加国・機関の数は過去最高となる。2年余りの建設工事を経て、503ヘクタールに上る展示エリアの「1心(中心景観区)」「2軸(山水苑軸と世界園芸軸)」「3帯(媯河生態レジャー帯、園芸生活体験帯、園芸産業発展帯)」「多片区(マルチエリア)」となる構造が基本的に形作られている。中国館、国際館、生活体験館、植物館の4大パビリオンは完成間近だ。「媯河生態レジャー帯」「園芸生活体験帯」「園芸産業発展帯」「世界園芸展示区」「中華園芸展示区」なども順次完成する予定。(北京=新華社配信/北京国際園芸博覧会事務局提供)=撮影日不明、クレジット:北京国際園芸博覧会事務局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301158

  • 2019年01月23日
    北京園芸博、「緑の生活」をテーマに4月開幕

    「錦綉・如意」(美しく、意のままに事が運ぶ)と名付けられた中国館の完成予想図。中国政府が主催し、北京市政府が運営する「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)は4月29日、北京市西北部の延慶区で開幕する。北京園芸博事務局によると、開幕までちょうど100日となった19日までに、110の国や国際機関が書面で参加を表明したほか、国内の31省・自治区・直轄市と香港・マカオ・台湾地区を含む非公式出展者数も120を超えている。参加国・機関の数は過去最高となる。2年余りの建設工事を経て、503ヘクタールに上る展示エリアの「1心(中心景観区)」「2軸(山水苑軸と世界園芸軸)」「3帯(媯河生態レジャー帯、園芸生活体験帯、園芸産業発展帯)」「多片区(マルチエリア)」となる構造が基本的に形作られている。中国館、国際館、生活体験館、植物館の4大パビリオンは完成間近だ。「媯河生態レジャー帯」「園芸生活体験帯」「園芸産業発展帯」「世界園芸展示区」「中華園芸展示区」なども順次完成する予定。(北京=新華社配信/北京国際園芸博覧会事務局提供)=撮影日不明、クレジット:北京国際園芸博覧会事務局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301133

  • 2019年01月23日
    北京園芸博、「緑の生活」をテーマに4月開幕

    「花開蝶舞」と名付けられたエンターテイメント・プラザの完成予想図。中国政府が主催し、北京市政府が運営する「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)は4月29日、北京市西北部の延慶区で開幕する。北京園芸博事務局によると、開幕までちょうど100日となった19日までに、110の国や国際機関が書面で参加を表明したほか、国内の31省・自治区・直轄市と香港・マカオ・台湾地区を含む非公式出展者数も120を超えている。参加国・機関の数は過去最高となる。2年余りの建設工事を経て、503ヘクタールに上る展示エリアの「1心(中心景観区)」「2軸(山水苑軸と世界園芸軸)」「3帯(媯河生態レジャー帯、園芸生活体験帯、園芸産業発展帯)」「多片区(マルチエリア)」となる構造が基本的に形作られている。中国館、国際館、生活体験館、植物館の4大パビリオンは完成間近だ。「媯河生態レジャー帯」「園芸生活体験帯」「園芸産業発展帯」「世界園芸展示区」「中華園芸展示区」なども順次完成する予定。(北京=新華社配信/北京国際園芸博覧会事務局提供)=撮影日不明、クレジット:北京国際園芸博覧会事務局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301135

  • 2019年01月23日
    北京園芸博、「緑の生活」をテーマに4月開幕

    国際館の完成予想図。中国政府が主催し、北京市政府が運営する「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)は4月29日、北京市西北部の延慶区で開幕する。北京園芸博事務局によると、開幕までちょうど100日となった19日までに、110の国や国際機関が書面で参加を表明したほか、国内の31省・自治区・直轄市と香港・マカオ・台湾地区を含む非公式出展者数も120を超えている。参加国・機関の数は過去最高となる。2年余りの建設工事を経て、503ヘクタールに上る展示エリアの「1心(中心景観区)」「2軸(山水苑軸と世界園芸軸)」「3帯(媯河生態レジャー帯、園芸生活体験帯、園芸産業発展帯)」「多片区(マルチエリア)」となる構造が基本的に形作られている。中国館、国際館、生活体験館、植物館の4大パビリオンは完成間近だ。「媯河生態レジャー帯」「園芸生活体験帯」「園芸産業発展帯」「世界園芸展示区」「中華園芸展示区」なども順次完成する予定。(北京=新華社配信/北京国際園芸博覧会事務局提供)=撮影日不明、クレジット:北京国際園芸博覧会事務局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301151

  • 2019年01月29日
    IOC会長、2022年北京冬季五輪の準備状況を視察

    29日、延慶競技エリアで環境保全活動を紹介する看板を指さすIOCのバッハ会長(左から2人目)。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は29日、中国河北省張家口市と北京市延慶区を訪れ、2022年北京冬季五輪の準備状況を視察した。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013113113

  • 2019年01月29日
    IOC会長、2022年北京冬季五輪の準備状況を視察

    29日、スキー場に来ていた子供たちと触れ合うIOCのバッハ会長(右)。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は29日、中国河北省張家口市と北京市延慶区を訪れ、2022年北京冬季五輪の準備状況を視察した。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112888

  • 2019年01月29日
    IOC会長、2022年北京冬季五輪の準備状況を視察

    29日、延慶競技エリアの共同溝の模型前で、スタッフから共同溝の建設状況について説明を受けるIOCのバッハ会長(左から4人目)。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は29日、中国河北省張家口市と北京市延慶区を訪れ、2022年北京冬季五輪の準備状況を視察した。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013113238

  • 2019年01月29日
    IOC会長、2022年北京冬季五輪の準備状況を視察

    29日、張家口雲頂スキー公園競技場を視察するIOCのバッハ会長(前列右)。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は29日、中国河北省張家口市と北京市延慶区を訪れ、2022年北京冬季五輪の準備状況を視察した。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013113263

  • 2019年01月29日
    IOC会長、2022年北京冬季五輪の準備状況を視察

    29日、張家口雲頂スキー公園競技場を視察するIOCのバッハ会長(前列左)。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は29日、中国河北省張家口市と北京市延慶区を訪れ、2022年北京冬季五輪の準備状況を視察した。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112961

  • 2019年01月29日
    IOC会長、2022年北京冬季五輪の準備状況を視察

    29日、スキー場に来ていた子供たちと記念撮影をするIOCのバッハ会長(後列右から4人目)。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は29日、中国河北省張家口市と北京市延慶区を訪れ、2022年北京冬季五輪の準備状況を視察した。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013113248

  • 2019年01月29日
    IOC会長、2022年北京冬季五輪の準備状況を視察

    29日、延慶競技エリアで、スタッフから冬季五輪の準備状況について説明を聞くIOCのバッハ会長(前列左)。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は29日、中国河北省張家口市と北京市延慶区を訪れ、2022年北京冬季五輪の準備状況を視察した。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013113266

  • 2019年02月12日
    北京で積雪美しい白銀の世界に変身

    12日、北京市延慶区玉渡山の雪景色。(小型無人機から)中国北京市で12日、降雪があり、市街地や山間部は一面の銀世界に覆われた。(北京=新華社配信/衛莱)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310247

  • 2019年02月12日
    北京で積雪美しい白銀の世界に変身

    12日、北京市延慶区玉渡山の雪景色。(小型無人機から)中国北京市で12日、降雪があり、市街地や山間部は一面の銀世界に覆われた。(北京=新華社配信/衛莱)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310302

  • 2019年02月12日
    北京で積雪美しい白銀の世界に変身

    12日、北京市延慶区玉渡山の雪景色。(小型無人機から)中国北京市で12日、降雪があり、市街地や山間部は一面の銀世界に覆われた。(北京=新華社配信/衛莱)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310271

  • 2019年02月12日
    北京で積雪美しい白銀の世界に変身

    12日、北京市延慶区玉渡山の雪景色。(小型無人機から)中国北京市で12日、降雪があり、市街地や山間部は一面の銀世界に覆われた。(北京=新華社配信/衛莱)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310278

  • 2019年03月17日
    北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて

    3月17日、小型無人機から撮影した北京市延慶区の野鴨湖。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100380

  • 2019年03月17日
    北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて

    3月17日、小型無人機から撮影した太陽に照らされる北京市延慶区の野鴨湖。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100422

  • 2019年03月18日
    空から見た九眼楼長城

    18日に撮影した九眼楼長城。(小型無人機から)中国北京市延慶区四海鎮に位置する九眼楼は、明代に築かれた長城の「敵楼」の中で最も規模が大きいものだ。同楼は正方形の二層構造で、上部に青いれんがが使われている。壁に九つの狭間(さま)が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902112

  • 2019年03月18日
    空から見た九眼楼長城

    18日に撮影した九眼楼長城および周辺の長城。(小型無人機から)中国北京市延慶区四海鎮に位置する九眼楼は、明代に築かれた長城の「敵楼」の中で最も規模が大きいものだ。同楼は正方形の二層構造で、上部に青いれんがが使われている。壁に九つの狭間(さま)が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。(北京=新華社記者/侯東濤)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902116

  • 2019年03月18日
    空から見た九眼楼長城

    18日に撮影した九眼楼長城および周辺の長城。(小型無人機から)中国北京市延慶区四海鎮に位置する九眼楼は、明代に築かれた長城の「敵楼」の中で最も規模が大きいものだ。同楼は正方形の二層構造で、上部に青いれんがが使われている。壁に九つの狭間(さま)が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。(北京=新華社記者/王益亮)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902123

  • 2019年03月18日
    空から見た九眼楼長城

    18日に撮影した九眼楼長城。(小型無人機から)中国北京市延慶区四海鎮に位置する九眼楼は、明代に築かれた長城の「敵楼」の中で最も規模が大きいものだ。同楼は正方形の二層構造で、上部に青いれんがが使われている。壁に九つの狭間(さま)が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902145

  • 2019年03月18日
    北京園芸博の開催地、山紫水明の北京市延慶区を訪ねて

    3月18日、小型無人機から撮影した九眼楼長城。中国北京市延慶区は、同市北西部の重要な生態保全・地域生態管理協力区である他、生態文明モデル区や国際文化スポーツ観光レジャー区でもあり、「北京の夏の都」とも呼ばれている。延慶区には竜慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城、青竜橋駅、媯水河など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡がある。同区は2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開催地であり、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっている。同区は2017年9月、中国生態文明建設のモデル地区に選ばれ、2018年には「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」実践イノベーション拠点リストに登録された。4月28日には北京園芸博が開幕。「緑の生活、より良い生活」がテーマの同博覧会は、延慶区が世界に差し出す新しい「緑の名刺」となっている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051100309

  • 2019年03月18日
    空から見た九眼楼長城

    18日に撮影した九眼楼長城。(小型無人機から)中国北京市延慶区四海鎮に位置する九眼楼は、明代に築かれた長城の「敵楼」の中で最も規模が大きいものだ。同楼は正方形の二層構造で、上部に青いれんがが使われている。壁に九つの狭間(さま)が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902090

  • 2019年03月18日
    空から見た九眼楼長城

    18日に撮影した九眼楼長城および周辺の長城。(小型無人機から)中国北京市延慶区四海鎮に位置する九眼楼は、明代に築かれた長城の「敵楼」の中で最も規模が大きいものだ。同楼は正方形の二層構造で、上部に青いれんがが使われている。壁に九つの狭間(さま)が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。(北京=新華社記者/王建華)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902119

  • 2019年03月18日
    空から見た九眼楼長城

    18日に撮影した九眼楼長城および周辺の長城。(小型無人機から)中国北京市延慶区四海鎮に位置する九眼楼は、明代に築かれた長城の「敵楼」の中で最も規模が大きいものだ。同楼は正方形の二層構造で、上部に青いれんがが使われている。壁に九つの狭間(さま)が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。(北京=新華社記者/王建華)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902086

  • 2019年03月18日
    空から見た九眼楼長城

    18日に撮影した九眼楼長城。(小型無人機から)中国北京市延慶区四海鎮に位置する九眼楼は、明代に築かれた長城の「敵楼」の中で最も規模が大きいものだ。同楼は正方形の二層構造で、上部に青いれんがが使われている。壁に九つの狭間(さま)が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。(北京=新華社記者/王建華)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902125

  • 2019年03月18日
    空から見た九眼楼長城

    18日に撮影した九眼楼長城および周辺の長城。(小型無人機から)中国北京市延慶区四海鎮に位置する九眼楼は、明代に築かれた長城の「敵楼」の中で最も規模が大きいものだ。同楼は正方形の二層構造で、上部に青いれんがが使われている。壁に九つの狭間(さま)が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。(北京=新華社記者/侯東濤)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902127

  • 2019年03月18日
    空から見た九眼楼長城

    18日に撮影した九眼楼長城および周辺の長城。(小型無人機から)中国北京市延慶区四海鎮に位置する九眼楼は、明代に築かれた長城の「敵楼」の中で最も規模が大きいものだ。同楼は正方形の二層構造で、上部に青いれんがが使われている。壁に九つの狭間(さま)が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902110

  • 2019年03月18日
    空から見た九眼楼長城

    18日に撮影した九眼楼長城および周辺の長城。(小型無人機から)中国北京市延慶区四海鎮に位置する九眼楼は、明代に築かれた長城の「敵楼」の中で最も規模が大きいものだ。同楼は正方形の二層構造で、上部に青いれんがが使われている。壁に九つの狭間(さま)が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902093

  • 2019年03月18日
    空から見た九眼楼長城

    18日に撮影した九眼楼長城および周辺の長城。(小型無人機から)中国北京市延慶区四海鎮に位置する九眼楼は、明代に築かれた長城の「敵楼」の中で最も規模が大きいものだ。同楼は正方形の二層構造で、上部に青いれんがが使われている。壁に九つの狭間(さま)が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。(北京=新華社記者/王建華)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902144

  • 2019年03月19日
    中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県

    19日、安仁古鎮にある中華民国時代の軍人、劉文輝(りゅう・ぶんき)の邸宅の敷地内に建つ「延慶園」の様子。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602666

  • 2019年03月19日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省南昌市南昌県にある鳳凰溝景勝区の茶園に咲くハクモクレンと桜。(3月19日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003960

  • 2019年03月26日
    北京国際園芸博会場の夜景

    3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200287

  • 2019年03月26日
    北京国際園芸博、現代中国の「緑の代名詞」に

    26日、チベット園で色を塗る職人。中国北京市延慶区の2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の会場では、作業員による各会場や屋外庭園エリアなどの工事が仕上げ段階に入った。1999年の昆明園芸博に続き、「園芸界の五輪」と呼ばれる世界トップクラスの園芸博が約1カ月後に再び中国で開幕し、世界の注目を集めることになる。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103231

  • 2019年03月26日
    北京国際園芸博、現代中国の「緑の代名詞」に

    26日、浙江園で苗木を運ぶ作業員。中国北京市延慶区の2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の会場では、作業員による各会場や屋外庭園エリアなどの工事が仕上げ段階に入った。1999年の昆明園芸博に続き、「園芸界の五輪」と呼ばれる世界トップクラスの園芸博が約1カ月後に再び中国で開幕し、世界の注目を集めることになる。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103343

  • 2019年03月26日
    北京国際園芸博、現代中国の「緑の代名詞」に

    26日、インタビューに応じるアゼルバイジャン園の責任者。中国北京市延慶区の2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の会場では、作業員による各会場や屋外庭園エリアなどの工事が仕上げ段階に入った。1999年の昆明園芸博に続き、「園芸界の五輪」と呼ばれる世界トップクラスの園芸博が約1カ月後に再び中国で開幕し、世界の注目を集めることになる。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103326

  • 2019年03月26日
    北京国際園芸博、現代中国の「緑の代名詞」に

    26日、完成した甘粛園。中国北京市延慶区の2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の会場では、作業員による各会場や屋外庭園エリアなどの工事が仕上げ段階に入った。1999年の昆明園芸博に続き、「園芸界の五輪」と呼ばれる世界トップクラスの園芸博が約1カ月後に再び中国で開幕し、世界の注目を集めることになる。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103387

  • 2019年03月26日
    北京国際園芸博会場の夜景

    3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200291

  • 2019年03月26日
    北京国際園芸博会場の夜景

    3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/馬暁冬)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200266

  • 2019年03月26日
    北京国際園芸博会場の夜景

    3月26日に撮影した北京国際園芸博会場の夜景。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200295

  • 2019年03月26日
    北京国際園芸博会場の夜景

    3月26日、ライトアップされた国際館の夜景。中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200350

  • 2019年03月26日
    北京国際園芸博会場の夜景

    3月26日に撮影した北京国際園芸博会場の夜景。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200336

  • 2019年03月26日
    北京国際園芸博、現代中国の「緑の代名詞」に

    26日、展示の準備作業が進む国際館の内部。中国北京市延慶区の2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の会場では、作業員による各会場や屋外庭園エリアなどの工事が仕上げ段階に入った。1999年の昆明園芸博に続き、「園芸界の五輪」と呼ばれる世界トップクラスの園芸博が約1カ月後に再び中国で開幕し、世界の注目を集めることになる。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103322

  • 2019年03月26日
    北京国際園芸博、現代中国の「緑の代名詞」に

    26日、完成した浙江園。中国北京市延慶区の2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の会場では、作業員による各会場や屋外庭園エリアなどの工事が仕上げ段階に入った。1999年の昆明園芸博に続き、「園芸界の五輪」と呼ばれる世界トップクラスの園芸博が約1カ月後に再び中国で開幕し、世界の注目を集めることになる。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103342

  • 2019年03月26日
    北京国際園芸博、現代中国の「緑の代名詞」に

    26日、ほぼ工事を終えた雲南園。中国北京市延慶区の2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の会場では、作業員による各会場や屋外庭園エリアなどの工事が仕上げ段階に入った。1999年の昆明園芸博に続き、「園芸界の五輪」と呼ばれる世界トップクラスの園芸博が約1カ月後に再び中国で開幕し、世界の注目を集めることになる。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103347

  • 2019年03月26日
    北京国際園芸博会場の夜景

    3月26日に撮影した北京国際園芸博会場の全天球画像(パソコンによる合成画像)。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/王建華)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200285

  • 2019年03月26日
    北京国際園芸博、現代中国の「緑の代名詞」に

    26日、ライトアップされた中国館。中国北京市延慶区の2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の会場では、作業員による各会場や屋外庭園エリアなどの工事が仕上げ段階に入った。1999年の昆明園芸博に続き、「園芸界の五輪」と呼ばれる世界トップクラスの園芸博が約1カ月後に再び中国で開幕し、世界の注目を集めることになる。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103217

  • 2019年03月26日
    北京国際園芸博会場の夜景

    3月26日、ライトアップされた中国館。(小型無人機から)中国北京市延慶区で建設中の「2019年中国北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)会場の工事は3月28日までに最終段階に入った。会場は既にほぼ完成しており、公共エリアの主要建築物は全て竣工し、屋内展示エリアの工事が続いている。(北京=新華社記者/王建華)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200298

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...