KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • しせい
  • りょう
  • 令和
  • 梁思成
  • 記者
  • 全国重点文物保護単位
  • 国宝
  • 重要文化財
  • 長さ
  • 創建

「建築史家」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
45
( 1 45 件を表示)
  • 1
45
( 1 45 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1997年01月23日

    人物通信 32486 ◎藤森照信(ふじもり・てるのぶ)、建築史家、半・正・撮(1996.10.29)(カラーネガ)、顔

    商品コード: 1998042800084

  • 1998年11月17日
    宮上茂隆氏死去

    死去した宮上茂隆氏(建築史家、竹林舎建築研究所代表)(人物22434)

    商品コード: 1998111700162

  • 2001年01月25日
    関野克氏死去

    死去した関野克氏(建築史家)

    商品コード: 2001012500139

  • 2002年07月31日
    藤島亥治郎氏死去

    死去した藤島亥治郎氏(建築史家、東大名誉教授)

    商品コード: 2002073100075

  • 2004年07月14日
    (ふじもり・てるのぶ) 藤森照信

    建築史家、東大教授、2004年7月14日撮影

    商品コード: 2009030700308

  • 2009年11月21日
    (たなか・あつこ) 田中厚子

    建築史家、2009年11月16日撮影

    商品コード: 2009112100256

  • 2010年05月24日
    (たなか・あつこ) 田中厚子

    建築史家、撮影日 2009.11.16、出稿日 2010.05.28(カラー通信28800)

    商品コード: 2010052400180

  • 2017年05月12日
    (ふじもり・てるのぶ) 藤森照信

    建築史家、2017年4月9日撮影、水戸市の水戸芸術館

    商品コード: 2017042701156

  • 2018年09月25日
    元奈文研所長の鈴木嘉吉氏 高精度の復元、その先に

    興福寺・中金堂の復元を統括した建築史家で元奈良文化財研究所所長の鈴木嘉吉さん=奈良市

    商品コード: 2018092521139

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090305998

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306051

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣で、壁画修復の事前調査を行う陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306062

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306097

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣で、壁画の顔料成分を検査する陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306057

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺で壁画を調査する天津市の文化財保護専門家・蔡習軍(さい・しゅうぐん)氏。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306139

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣で、壁画の含水率を測定する陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306069

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣で、壁画修復の事前調査について説明する天津市の文化財保護専門家・蔡習軍(さい・しゅうぐん)氏(右)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306107

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090305967

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣で、壁画を顕微鏡で観察する陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090305980

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、天津市薊州区の独楽寺観音閣。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306035

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306068

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306112

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306123

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306148

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣で、壁画修復の事前調査を行う陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090408661

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、天津市薊州区の独楽寺観音閣。(小型無人機から)中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090305959

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090305964

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090305979

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306011

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306128

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、天津市薊州区の独楽寺観音閣。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306019

  • 2020年08月31日
    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術

    8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090306040

  • 2020年09月11日
    (はせがわ・かおり) 長谷川香

    建築史家、東京理科大助教、2020年8月24日撮影、東京・汐留の共同通信社

    商品コード: 2020083100131

  • 2021年03月10日
    歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    10日、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される元代の磚塔(せんとう)、阿育王塔。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)=配信日:2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201380

  • 2021年03月10日
    歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    10日、代県古城の伝統的な民家。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)=配信日:2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201365

  • 2021年03月19日
    (9)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される代州文廟主殿「大成殿」の藻井(そうせい、天井装飾の一種)。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031908214

  • 2021年03月19日
    (8)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、武廟の大殿。寄棟造の木造建築で、金・元代の典型な北方建築様式。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031908217

  • 2021年03月19日
    (4)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、代県古城に残る版築工法の城壁。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031908206

  • 2021年03月19日
    (10)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    10日、代県古城に残る歴史的建築物。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031908215

  • 2021年03月19日
    (5)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、辺靖楼に掛かる「威鎮三関」扁額。長さ10メートル、幅3メートルで、清の雍正11(1733)年に設置された。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031908205

  • 2021年03月19日
    (3)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、辺靖楼に残る「官」の字が刻まれたれんが。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031908186

  • 2021年03月19日
    (6)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、辺靖楼に掛かる「聲聞四達」扁額。長さ10メートル、幅3メートルで、清の雍正11(1733)年に楼を補修した際に設置された。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031908207

  • 2021年03月19日
    (1)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される明代創建の辺靖楼。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031907524

  • 2021年03月19日
    (7)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される代州文廟(孔子廟)の主殿「大成殿」。明の成化年間(1465~87年)に改築・拡張された。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031908213

  • 2021年09月24日
    倉庫と駒木定正さん 小樽の象徴、存続か解体か

    北海製缶「小樽工場第3倉庫」の前に立つ建築史家の駒木定正さん=北海道小樽市

    商品コード: 2021092409122

  • 1