KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 建設現場
  • 小型無人機
  • 高速道路
  • ドローン
  • 急ピッチ
  • 工事現場
  • 建設大手
  • 高速鉄道

「建設工事」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
3,168
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
3,168
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:47.48
    2021年01月20日
    「新華社」都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(記者/楊文斌) =配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (13)都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、接合を終えた雲霧大橋から遠くを眺める作業員。中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (9)都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路の雲霧大橋で、接合部にコンクリートを打設する作業員。(小型無人機から)中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路で雲霧大橋で、接合部にコンクリートを打設する作業員。(小型無人機から)中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路で建設中の雲霧大橋。(小型無人機から)中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路で建設中の雲霧大橋。(小型無人機から)中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路で建設中の雲霧大橋。(小型無人機から)中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (11)都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路の雲霧大橋で、接合部にコンクリートを打設する作業員。中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (12)都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路の雲霧大橋で、接合部にコンクリートを打設する作業員。中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路で建設中の雲霧大橋。(小型無人機から)中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=配信日:2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路の雲霧大橋で、接合部にコンクリートを打設する作業員。中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=配信日:2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路で建設中の雲霧大橋。(小型無人機から)中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=配信日:2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路で建設中の雲霧大橋。(小型無人機から)中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=配信日:2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路の雲霧大橋で工事を行う作業員。中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=配信日:2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    都安高速道路の雲霧大橋、接合工事が完了貴州省

    18日、都安高速道路で建設中の雲霧大橋。(小型無人機から)中国貴州省で建設中の都安高速道路(都匀市-安順市)で18日、雲霧大橋の接合工事が完了した。同大橋は黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州貴定県雲霧鎮にあり、同省建設大手の貴州橋梁建設集団が建設を請け負う。全長1720メートルで、二つの主塔の高さはそれぞれ273メートルと300メートル。都安高速道路の建設工事の要となる。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=配信日:2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)長江に架かる新たな鉄道道路併用大橋、主橋脚建設始まる安徽省

    馬鞍山長江公鉄大橋の完成予想図。(資料写真)中国安徽省の巣湖(そうこ)と馬鞍山を結ぶ巣馬都市間鉄道建設の全体を左右する重要プロジェクト、馬鞍山長江公鉄大橋の主橋脚の建設工事が13日に始まり、長江に架かる新鉄道道路併用大橋が本格的な建設段階に入った。(馬鞍山=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)長江に架かる新たな鉄道道路併用大橋、主橋脚建設始まる安徽省

    13日、安徽省馬鞍山市を流れる長江上の建設現場で行われている杭打ち機による作業。中国安徽省の巣湖(そうこ)と馬鞍山を結ぶ巣馬都市間鉄道建設の全体を左右する重要プロジェクト、馬鞍山長江公鉄大橋の主橋脚の建設工事が13日に始まり、長江に架かる新鉄道道路併用大橋が本格的な建設段階に入った。(馬鞍山=新華社記者/劉方強)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (2)湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で、「昆侖号」の箱桁架設作業をサポートする中鉄十一局集団の作業員。中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (6)湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で、「昆侖号」の箱桁架設作業をサポートする中鉄十一局集団の作業員。中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (1)中国最大の天然ガス生産拠点、増産を加速四川省

    重慶市にある相国寺ガス貯蔵施設で、湯をかけて凍った設備を解凍する作業員。(2020年12月31日撮影)中国四川省の内江市と自貢市にまたがる中国石油化工(シノペック)威栄シェールガス田でこのほど、第1期建設工事が完了し、年間10億立方メートルの生産が可能になった。現在の日産量は350万立方メートルで、約700万世帯の1日のガス需要を満たすことができる。中国ではこのところ、寒波の影響により大部分の地域でガスの需要が新たなピークを迎えている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    中国最大の天然ガス生産拠点、増産を加速四川省

    威栄シェールガス田第1期プロジェクト。(資料写真)中国四川省の内江市と自貢市にまたがる中国石油化工(シノペック)威栄シェールガス田でこのほど、第1期建設工事が完了し、年間10億立方メートルの生産が可能になった。現在の日産量は350万立方メートルで、約700万世帯の1日のガス需要を満たすことができる。中国ではこのところ、寒波の影響により大部分の地域でガスの需要が新たなピークを迎えている。(成都=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (8)湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で、「昆侖号」の箱桁架設作業をサポートする中鉄十一局集団の作業員。中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (7)湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で、「昆侖号」の箱桁架設作業をサポートする中鉄十一局集団の作業員。中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (1)湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で、箱桁架設作業を行う中鉄十一局集団の作業員と千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」。(小型無人機から)中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (4)湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で箱桁架設作業を行う千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」。中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (5)湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で、「昆侖号」の箱桁架設作業をサポートする中鉄十一局集団の作業員。中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (3)中国企業、ガーナのLNG輸入ターミナル建設を支援

    5日、ガーナ・テマで建設が進むLNG輸入ターミナル。アフリカ・ガーナの港町テマでは、中国港湾工程(CHEC)による液化天然ガス(LNG)輸入ターミナルの建設工事が進められている。同社はこのほど、輸入ターミナルによってガーナの天然ガス供給量が大幅に増加するとの見通しを示した。プロジェクトは来年完工予定で、ガーナの天然ガス供給量は年間200万トンになると見込まれている。(テマ=新華社記者/許正)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:41.44
    2021年01月10日
    「新華社」中国企業、ガーナのLNG輸入ターミナル建設を支援

    アフリカ・ガーナの港町テマでは、中国港湾工程(CHEC)による液化天然ガス(LNG)輸入ターミナルの建設工事が進められている。同社はこのほど、輸入ターミナルによってガーナの天然ガス供給量が大幅に増加するとの見通しを示した。プロジェクトは来年完工予定で、ガーナの天然ガス供給量は年間200万トンになると見込まれている。(記者/許正) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (2)中国企業、ガーナのLNG輸入ターミナル建設を支援

    5日、ガーナ・テマのLNG輸入ターミナル建設現場を歩くガーナ人作業員。アフリカ・ガーナの港町テマでは、中国港湾工程(CHEC)による液化天然ガス(LNG)輸入ターミナルの建設工事が進められている。同社はこのほど、輸入ターミナルによってガーナの天然ガス供給量が大幅に増加するとの見通しを示した。プロジェクトは来年完工予定で、ガーナの天然ガス供給量は年間200万トンになると見込まれている。(テマ=新華社記者/許正)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (3)ケニアのトワケダム、放流設備が貫通中国企業が建設

    トワケダムの建設現場で実施された感染防止対策訓練。(2020年12月25日撮影)単体インフラとしてはケニア最大となるトワケ(Thwake)ダムの建設工事で12月25日、トンネル式放流設備が貫通し、2021年内に水をせき止めるための基礎が整った。同ダムは中国の発電所建設大手、中国能源建設集団傘下の中国能建葛洲壩(かつしゅうは)集団が建設を請け負う。(ナイロビ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (1)中国企業、ガーナのLNG輸入ターミナル建設を支援

    5日、ガーナ・テマで建設が進むLNG輸入ターミナル。アフリカ・ガーナの港町テマでは、中国港湾工程(CHEC)による液化天然ガス(LNG)輸入ターミナルの建設工事が進められている。同社はこのほど、輸入ターミナルによってガーナの天然ガス供給量が大幅に増加するとの見通しを示した。プロジェクトは来年完工予定で、ガーナの天然ガス供給量は年間200万トンになると見込まれている。(テマ=新華社記者/許正)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (4)中国企業、ガーナのLNG輸入ターミナル建設を支援

    5日、ガーナ・テマで建設が進むLNG輸入ターミナル。アフリカ・ガーナの港町テマでは、中国港湾工程(CHEC)による液化天然ガス(LNG)輸入ターミナルの建設工事が進められている。同社はこのほど、輸入ターミナルによってガーナの天然ガス供給量が大幅に増加するとの見通しを示した。プロジェクトは来年完工予定で、ガーナの天然ガス供給量は年間200万トンになると見込まれている。(テマ=新華社記者/許正)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (2)ケニアのトワケダム、放流設備が貫通中国企業が建設

    トワケダムの建設現場。(2020年12月25日撮影)単体インフラとしてはケニア最大となるトワケ(Thwake)ダムの建設工事で12月25日、トンネル式放流設備が貫通し、2021年内に水をせき止めるための基礎が整った。同ダムは中国の発電所建設大手、中国能源建設集団傘下の中国能建葛洲壩(かつしゅうは)集団が建設を請け負う。(ナイロビ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (1)ケニアのトワケダム、放流設備が貫通中国企業が建設

    貫通したトンネル式放流設備。(2020年12月25日撮影)単体インフラとしてはケニア最大となるトワケ(Thwake)ダムの建設工事で12月25日、トンネル式放流設備が貫通し、2021年内に水をせき止めるための基礎が整った。同ダムは中国の発電所建設大手、中国能源建設集団傘下の中国能建葛洲壩(かつしゅうは)集団が建設を請け負う。(ナイロビ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    湄洲湾跨海大橋建設工事、寒波に負けず順調福建省

    8日、湄洲湾跨海大橋の建設現場で、「昆侖号」の箱桁架設作業をサポートする中鉄十一局集団の作業員。中国福建省各地ではこのところ、寒波の影響で気温が急激に低下し、海上の風も強まっている。同省福州市とアモイ市を結ぶ福廈高速鉄道の湄洲湾跨海大橋の建設現場では、寒風吹きすさぶ海上の高所で、中鉄十一局集団の作業員が千トン級運搬・架設一体機「昆侖号」を操作し、橋梁の箱桁架設作業を毎日1ブロックずつ順調に進めている。(莆田=新華社記者/宋為偉)=配信日:2021(令和3)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (2)6千人収容のeスポーツ専用競技場、上海市で着工

    上海国際新文創eスポーツセンターの完成予想図。(資料写真)中国上海市で4日、6千人を収容できる世界トップクラスのeスポーツ専用競技場「上海国際新文創eスポーツセンター」の建設工事が始まった。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (1)6千人収容のeスポーツ専用競技場、上海市で着工

    4日、上海国際新文創eスポーツセンターの着工式。中国上海市で4日、6千人を収容できる世界トップクラスのeスポーツ専用競技場「上海国際新文創eスポーツセンター」の建設工事が始まった。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (4)6千人収容のeスポーツ専用競技場、上海市で着工

    上海国際新文創eスポーツセンター内部の完成予想図。(資料写真)中国上海市で4日、6千人を収容できる世界トップクラスのeスポーツ専用競技場「上海国際新文創eスポーツセンター」の建設工事が始まった。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (3)6千人収容のeスポーツ専用競技場、上海市で着工

    上海国際新文創eスポーツセンターの完成予想図。(資料写真)中国上海市で4日、6千人を収容できる世界トップクラスのeスポーツ専用競技場「上海国際新文創eスポーツセンター」の建設工事が始まった。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:02.84
    2020年12月31日
    「新華社」中国最長の鋼構造高架橋持つ、路沢太高架高速道路が開通浙江省

    中国浙江省台州市で28日、中国最長の鋼構造高架橋を持つ路沢太高架高速道路が開通した。同高速道路は全長21キロ、うち17・5キロが高架橋で、高速道路の鋼構造高架橋としては中国最長となる。高架橋全体に用いられた鋼材の量は13万トンに上り、北京市の国家体育場で五輪メインスタジアムとなった「鳥の巣」3個分、フランス・パリのエッフェル塔19個分に相当する。従来の鋼箱桁(はこげた)高架橋に比べ、革新性の高い小スパンの箱桁を採用している。同事業は、国家交通運輸部が第1陣で指定した鋼構造高架橋道路モデルプロジェクトの一つで、総投資額は65億3500万元(1元=約16円)、建設工事に関わった作業員は1万人余り、工期は36カ月に及んだ。高速道路の設計速度は100キロで、全線高架化され、信号機の設置はない。開通後、同市から温嶺市までの所要時間は従来の1時間から15分に短縮される。(記者/王俊禄) =配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (4)京雄都市間鉄道の雄安駅、建設が最終段階に

    23日、京雄都市間鉄道の雄安駅の周辺風景。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団によると、北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅の建設工事は全て最終段階に入っており、年末の開業を予定している。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (1)京雄都市間鉄道の雄安駅、建設が最終段階に

    23日、京雄都市間鉄道の雄安駅。(小型無人機から)中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団によると、北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅の建設工事は全て最終段階に入っており、年末の開業を予定している。(雄安=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (8)京雄都市間鉄道の雄安駅、建設が最終段階に

    23日、京雄都市間鉄道の雄安駅の待合ロビーで座席を清掃する作業員。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団によると、北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅の建設工事は全て最終段階に入っており、年末の開業を予定している。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (3)京雄都市間鉄道の雄安駅、建設が最終段階に

    23日、京雄都市間鉄道の雄安駅の入り口。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団によると、北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅の建設工事は全て最終段階に入っており、年末の開業を予定している。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (6)京雄都市間鉄道の雄安駅、建設が最終段階に

    23日、京雄都市間鉄道の雄安駅。(小型無人機から)中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団によると、北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅の建設工事は全て最終段階に入っており、年末の開業を予定している。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (2)京雄都市間鉄道の雄安駅、建設が最終段階に

    23日、京雄都市間鉄道の雄安駅で工事をする作業員。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団によると、北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅の建設工事は全て最終段階に入っており、年末の開業を予定している。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (5)京雄都市間鉄道の雄安駅、建設が最終段階に

    23日、京雄都市間鉄道の雄安駅の入り口。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団によると、北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅の建設工事は全て最終段階に入っており、年末の開業を予定している。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (7)京雄都市間鉄道の雄安駅、建設が最終段階に

    23日、京雄都市間鉄道の雄安駅の待合ロビー。中国の鉄道建設大手、中鉄建工集団によると、北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅の建設工事は全て最終段階に入っており、年末の開業を予定している。(雄安=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.12
    2020年12月24日
    「新華社」2022年杭州アジア大会選手村の建物の最上部が完成

    中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会の選手村で24日、建物の最上部の完成を祝う式典が開かれた。これにより、同選手村の建設工事が重要な節目を迎えたことになる。今後は景観やカーテンウォール、内装の工事段階に入り、2021年末までに完全な竣工を迎え、2022年3月に試験運用が始まる見通し。同大会の中核プロジェクトの一つである選手村は、選手村、役員の宿泊施設、メディア村、国際エリア、公共エリアからなり、総敷地面積は113ヘクタール。大会の開催期間中、選手村は1万人以上の選手やチーム関係者、4千人近くの関係役員、約5千人のメディア関係者に宿泊、飲食、医療などのサービスを提供する。(記者/夏亮、李濤)=配信日:2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    意見交換の会合 大井川環境保全、国に要望

    リニア中央新幹線建設工事を巡る意見交換のため、静岡県島田市で開かれた会合。中央はあいさつする国交省の上原淳鉄道局長=20日午後

    撮影: 20日午後

  • 2020年12月17日
    (5)広州地下鉄18号線、建設工事進む広東省

    16日、広州地下鉄18号線の建設現場で働く作業員。中国広東省で建設中の広州地下鉄18号線は、全長122・6キロ、設計速度は時速160キロとなっている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (1)広州地下鉄18号線、建設工事進む広東省

    16日、広州地下鉄18号線の建設現場で、可動型フラッシュバット溶接機を使った線路工事で飛び散る火花。中国広東省で建設中の広州地下鉄18号線は、全長122・6キロ、設計速度は時速160キロとなっている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (4)広州地下鉄18号線、建設工事進む広東省

    16日、広州地下鉄18号線の建設現場で、線路の溶接部分を確認する作業員。中国広東省で建設中の広州地下鉄18号線は、全長122・6キロ、設計速度は時速160キロとなっている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (2)広州地下鉄18号線、建設工事進む広東省

    16日、広州地下鉄18号線の建設現場で働く作業員。中国広東省で建設中の広州地下鉄18号線は、全長122・6キロ、設計速度は時速160キロとなっている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (3)広州地下鉄18号線、建設工事進む広東省

    16日、広州地下鉄18号線の建設現場で、可動型フラッシュバット溶接機を使った線路工事で飛び散る火花。中国広東省で建設中の広州地下鉄18号線は、全長122・6キロ、設計速度は時速160キロとなっている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (2)ジャカルタ‐バンドン高速鉄道1号トンネルが無事貫通

    15日、貫通したジャカルタ‐バンドン高速鉄道の1号トンネルとシールドマシン。インドネシアの首都ジャカルタとバンドンを結ぶ高速鉄道建設プロジェクトの1号トンネルが15日、無事に貫通し、プロジェクトは大きく進展した。プロジェクト全体の成功を左右する重要な建設工事である1号トンネルは、全長1885メートルの複線トンネルで、ジャカルタ市内に位置する。2018年6月に着工し、中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路国際が主導する中国コンソーシアムが工事を担当している。(ジャカルター=新華社記者/杜宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (1)ジャカルタ‐バンドン高速鉄道1号トンネルが無事貫通

    15日、貫通したジャカルタ‐バンドン高速鉄道の1号トンネルとシールドマシン。インドネシアの首都ジャカルタとバンドンを結ぶ高速鉄道建設プロジェクトの1号トンネルが15日、無事に貫通し、プロジェクトは大きく進展した。プロジェクト全体の成功を左右する重要な建設工事である1号トンネルは、全長1885メートルの複線トンネルで、ジャカルタ市内に位置する。2018年6月に着工し、中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路国際が主導する中国コンソーシアムが工事を担当している。(ジャカルター=新華社記者/杜宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.48
    2020年12月16日
    「新華社」中国支援のアフリカCDC本部エチオピアで着工

    エチオピアの首都アディスアベバで14日、中国が支援するアフリカ疾病予防管理センター(CDC)本部の建設工事が始まった。起工式には両国の関係者が出席した。センターの敷地面積は9万平方メートルで、近代的なオフィスビルや最先端の研究施設も設置される。本部はアフリカ諸国の公衆衛生分野における同センターの調整、招集、緊急管理の機能を強化する役割を持つ。建設事業は25カ月以内の完了を予定している。 =配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    ジャカルタ‐バンドン高速鉄道1号トンネルが無事貫通

    15日、貫通したジャカルタ‐バンドン高速鉄道の1号トンネルとシールドマシン。インドネシアの首都ジャカルタとバンドンを結ぶ高速鉄道建設プロジェクトの1号トンネルが15日、無事に貫通し、プロジェクトは大きく進展した。プロジェクト全体の成功を左右する重要な建設工事である1号トンネルは、全長1885メートルの複線トンネルで、ジャカルタ市内に位置する。2018年6月に着工し、中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路国際が主導する中国コンソーシアムが工事を担当している。(ジャカルター=新華社記者/杜宇)=2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月09日
    在来線と新幹線の工事現場 沿線、追加負担ゼロ求める

    JR敦賀駅の在来線ホーム(手前)と工期が遅れている北陸新幹線の建設工事現場=11月、福井県敦賀市

  • 2020年12月09日
    敦賀駅と建設工事現場 沿線、追加負担ゼロ求める

    JR敦賀駅(手前)と工期が遅れている北陸新幹線の建設工事現場=11月、福井県敦賀市

  • 2020年12月07日
    蘇州軌道交通S1号線の建設工事、急ピッチで進む江蘇省

    7日、蘇州市軌道交通S1号線の展覧センター駅から陸家駅までのシールド区間内でセグメントのつり上げ作業を行う中鉄十局集団城市軌道交通工程の技術者。中国の鉄道建設大手、中国鉄路工程集団(中国中鉄)傘下の中鉄十局集団城市軌道交通工程が建設を請け負う、江蘇省蘇州市地下鉄S1号線の展覧センター駅から陸家駅までのシールド区間では現在、工事が急ピッチで進んでいる。同線は蘇州工業園区内にある唯亭駅から昆山市花橋駅まで、延長41・25キロ。2023年12月の開通・試験営業を目指す。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    蘇州軌道交通S1号線の建設工事、急ピッチで進む江蘇省

    7日、シールド機の操作室で作業する中鉄十局集団城市軌道交通工程の技術者。中国の鉄道建設大手、中国鉄路工程集団(中国中鉄)傘下の中鉄十局集団城市軌道交通工程が建設を請け負う、江蘇省蘇州市地下鉄S1号線の展覧センター駅から陸家駅までのシールド区間では現在、工事が急ピッチで進んでいる。同線は蘇州工業園区内にある唯亭駅から昆山市花橋駅まで、延長41・25キロ。2023年12月の開通・試験営業を目指す。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    蘇州軌道交通S1号線の建設工事、急ピッチで進む江蘇省

    7日、蘇州市軌道交通S1号線の展覧センター駅から陸家駅までのシールド区間内でセグメントのつり上げ作業を行う中鉄十局集団城市軌道交通工程の技術者。中国の鉄道建設大手、中国鉄路工程集団(中国中鉄)傘下の中鉄十局集団城市軌道交通工程が建設を請け負う、江蘇省蘇州市地下鉄S1号線の展覧センター駅から陸家駅までのシールド区間では現在、工事が急ピッチで進んでいる。同線は蘇州工業園区内にある唯亭駅から昆山市花橋駅まで、延長41・25キロ。2023年12月の開通・試験営業を目指す。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    蘇州軌道交通S1号線の建設工事、急ピッチで進む江蘇省

    7日、蘇州市軌道交通S1号線の展覧センター駅から陸家駅までのシールド区間内でセグメントの運搬作業を行う中鉄十局集団城市軌道交通工程の運搬車。中国の鉄道建設大手、中国鉄路工程集団(中国中鉄)傘下の中鉄十局集団城市軌道交通工程が建設を請け負う、江蘇省蘇州市地下鉄S1号線の展覧センター駅から陸家駅までのシールド区間では現在、工事が急ピッチで進んでいる。同線は蘇州工業園区内にある唯亭駅から昆山市花橋駅まで、延長41・25キロ。2023年12月の開通・試験営業を目指す。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Daily Life in Nepal

    December 1, 2020, Kathmandu, NE, Nepal: Full moon rises seen as the construction building workers doing their work in Kathmandu, Nepal, December 1, 2020. (Credit Image: © Aryan Dhimal/ZUMA Wire)、クレジット:©Aryan Dhimal/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Daily Life in Nepal

    December 1, 2020, Kathmandu, NE, Nepal: Full moon rises seen as the construction building workers doing their work in Kathmandu, Nepal, December 1, 2020. (Credit Image: © Aryan Dhimal/ZUMA Wire)、クレジット:©Aryan Dhimal/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Full Beaver Moon of 2020

    December 1, 2020, Kathmandu, Nepal: Full moon rises seen as the construction building workers doing their work in Kathmandu, Nepal, December 1, 2020. (Credit Image: © Aryan Dhimal/ZUMA Wire)、クレジット:©Aryan Dhimal/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Daily Life in Nepal

    December 1, 2020, Kathmandu, NE, Nepal: Full moon rises seen as the construction building workers doing their work in Kathmandu, Nepal, December 1, 2020. (Credit Image: © Aryan Dhimal/ZUMA Wire)、クレジット:©Aryan Dhimal/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Daily Life in Nepal

    December 1, 2020, Kathmandu, NE, Nepal: Full moon rises seen as the construction building workers doing their work in Kathmandu, Nepal, December 1, 2020. (Credit Image: © Aryan Dhimal/ZUMA Wire)、クレジット:©Aryan Dhimal/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Construction work on the Spandau Citadel

    01 December 2020, Berlin: The citadel moat at the Spandau Citadel with the church St. Nikolai in the background. Around the building the surrounding area around the Zitadellengraben with its trees and bushes will be redesigned in the coming months in winter. There are also plans to redesign the open-air stage at the Zitadelle. It is one of the best preserved fortresses of the High Renaissance in Europe. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Construction work on the Spandau Citadel

    01 December 2020, Berlin: The entrance gate of the Spandau Citadel is framed. The surrounding area around the building will be redesigned over the next few months in winter along the Zitadellengraben with its trees and shrubs. There are also plans to redesign the open-air stage at the Zitadelle. It is one of the best preserved fortresses of the High Renaissance in Europe. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Dull weather in Leipzig

    01 December 2020, Saxony, Leipzig: A historic, steel, half-timbered road bridge leads across the Elster-Saale-Canal (aerial view with a drone). Construction work on the canal began in 1933 and was stopped in 1943. Of the planned 19, only 11 kilometres were completed. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Construction work on the Spandau Citadel

    01 December 2020, Berlin: The entrance gate of the Spandau Citadel is framed. The surrounding area around the building will be redesigned over the next few months in winter along the Zitadellengraben with its trees and shrubs. There are also plans to redesign the open-air stage at the Zitadelle. It is one of the best preserved fortresses of the High Renaissance in Europe. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Construction work on the Spandau Citadel

    01 December 2020, Berlin: The entrance gate of the Spandau Citadel is framed. The surrounding area around the building will be redesigned over the next few months in winter along the Zitadellengraben with its trees and shrubs. There are also plans to redesign the open-air stage at the Zitadelle. It is one of the best preserved fortresses of the High Renaissance in Europe. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Construction work on the Spandau Citadel

    01 December 2020, Berlin: The entrance gate of the Spandau Citadel is framed. The surrounding area around the building will be redesigned over the next few months in winter along the Zitadellengraben with its trees and shrubs. There are also plans to redesign the open-air stage at the Zitadelle. It is one of the best preserved fortresses of the High Renaissance in Europe. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Construction work on the Spandau Citadel

    01 December 2020, Berlin: The entrance gate of the Spandau Citadel is framed. The surrounding area around the building will be redesigned over the next few months in winter along the Zitadellengraben with its trees and shrubs. There are also plans to redesign the open-air stage at the Zitadelle. It is one of the best preserved fortresses of the High Renaissance in Europe. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月30日
    在来線と新幹線の工事現場 難工事や亀裂、遠のく開業

    JR敦賀駅の在来線ホーム(手前)と工期が遅れている北陸新幹線の建設工事現場=11月27日、福井県敦賀市

  • 2020年11月30日
    新幹線の工事現場と在来線 難工事や亀裂、遠のく開業

    JR敦賀駅の在来線ホーム(手前)と工期が遅れている北陸新幹線の建設工事現場=11月27日、福井県敦賀市

  • 2020年11月30日
    JR敦賀駅前の通り 難工事や亀裂、遠のく開業

    JR敦賀駅前の通り。駅舎の奥は工期が遅れている北陸新幹線の建設工事現場=30日、福井県敦賀市

    撮影: 30日、福井県敦賀市

  • 2020年11月30日
    敦賀駅と建設工事現場 難工事や亀裂、遠のく開業

    JR敦賀駅。奥は工期が遅れている北陸新幹線の建設工事現場=30日、福井県敦賀市

    撮影: 30日、福井県敦賀市

  • 2020年11月30日
    京唐都市間鉄道、工事が順調に進む

    11月30日、建設が進む京唐都市間鉄道の河北省廊坊市三河区間。(小型無人機から)中国北京市と河北省唐山市を結ぶ京唐都市間鉄道の建設工事が順調に進んでいる。同鉄道は全長148・74キロ、最大設計速度が時速350キロとなっている。(廊坊=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月30日
    京唐都市間鉄道、工事が順調に進む

    11月30日、建設が進む京唐都市間鉄道の河北省廊坊市三河区間。(小型無人機から)中国北京市と河北省唐山市を結ぶ京唐都市間鉄道の建設工事が順調に進んでいる。同鉄道は全長148・74キロ、最大設計速度が時速350キロとなっている。(廊坊=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月30日
    京唐都市間鉄道、工事が順調に進む

    11月30日、京唐都市間鉄道の河北省廊坊市三河区間で建設工事を行う作業員。中国北京市と河北省唐山市を結ぶ京唐都市間鉄道の建設工事が順調に進んでいる。同鉄道は全長148・74キロ、最大設計速度が時速350キロとなっている。(廊坊=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月30日
    京唐都市間鉄道、工事が順調に進む

    11月30日、建設が進む京唐都市間鉄道の河北省廊坊市三河区間。(小型無人機から)中国北京市と河北省唐山市を結ぶ京唐都市間鉄道の建設工事が順調に進んでいる。同鉄道は全長148・74キロ、最大設計速度が時速350キロとなっている。(廊坊=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月30日
    京唐都市間鉄道、工事が順調に進む

    11月30日、京唐都市間鉄道の河北省廊坊市三河区間で建設工事を行う作業員。中国北京市と河北省唐山市を結ぶ京唐都市間鉄道の建設工事が順調に進んでいる。同鉄道は全長148・74キロ、最大設計速度が時速350キロとなっている。(廊坊=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月30日
    京唐都市間鉄道、工事が順調に進む

    11月30日、京唐都市間鉄道の河北省廊坊市三河区間で建設工事を行う作業員。中国北京市と河北省唐山市を結ぶ京唐都市間鉄道の建設工事が順調に進んでいる。同鉄道は全長148・74キロ、最大設計速度が時速350キロとなっている。(廊坊=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月30日
    京唐都市間鉄道、工事が順調に進む

    11月30日、京唐都市間鉄道の河北省廊坊市三河区間で建設工事を行う作業員。中国北京市と河北省唐山市を結ぶ京唐都市間鉄道の建設工事が順調に進んでいる。同鉄道は全長148・74キロ、最大設計速度が時速350キロとなっている。(廊坊=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月30日
    京唐都市間鉄道、工事が順調に進む

    11月30日、京唐都市間鉄道の河北省廊坊市三河区間で建設工事を行う作業員。中国北京市と河北省唐山市を結ぶ京唐都市間鉄道の建設工事が順調に進んでいる。同鉄道は全長148・74キロ、最大設計速度が時速350キロとなっている。(廊坊=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    Start of construction work to extend the A7 motorway

    27 November 2020, Hamburg: An excavator is working on the A7 motorway near Waltershof. With a symbolic ground-breaking ceremony on Friday, the extension of the A7 motorway south of the Hamburg Elbe tunnel entered an important phase. Photo: Daniel Bockwoldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    Start of construction work to extend the A7 motorway

    27 November 2020, Hamburg: View on the motorway A7 near Waltershof on a construction site and a temporary high dam with two lanes. In the background the Köhlbrandbrücke is visible. With a symbolic ground-breaking ceremony on Friday, the extension of the A7 motorway south of the Hamburg Elbe tunnel entered an important phase. (to dpa “Symbolic ground-breaking ceremony - expansion of A7 enters important phase“) Photo: Daniel Bockwoldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    Start of construction work to extend the A7 motorway

    27 November 2020, Hamburg: An excavator is working on the A7 motorway near Waltershof. On the right you can see a new temporary high dam with two lanes. With a symbolic ground-breaking ceremony on Friday, the extension of the A7 motorway south of the Hamburg Elbe tunnel entered an important phase. Photo: Daniel Bockwoldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    Start of construction work to extend the A7 motorway

    27 November 2020, Hamburg: Dirk Brandenburger (l-r), Technical Director of DEGES, Enak Ferlemann (CDU), State Secretary in the Federal Ministry of Transport and Martin Bill (Bündnis 90/Die Grünen), State Councillor of the Department for Transport and Mobility Turnaround, symbolically give the starting signal for the widening of motorway 7 south of the Elbe tunnel in Hamburg. With the start of the work, the further expansion and construction of the motorway in the port area near Waltershof enters an important phase. Photo: Daniel Bockwoldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    Start of construction work to extend the A7 motorway

    27 November 2020, Hamburg: View on the motorway A7 near Waltershof on a temporary high dam with two lanes. In the background the Köhlbrandbrücke is visible. With a symbolic ground-breaking ceremony on Friday, the extension of the A7 motorway south of the Hamburg Elbe tunnel entered an important phase. Photo: Daniel Bockwoldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月23日
    Working on the data cable duct

    23 November 2020, Bavaria, Munich: Workers are laying yellow protective tape in a construction pit in the city centre with the inscription “Achtung - Kabelkanal - Deutsche Telekom“. The tapes serve to indicate that data cables have been laid here during subsequent construction work. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月23日
    Working on the data cable duct

    23 November 2020, Bavaria, Munich: Workers are laying yellow protective tape in a construction pit in the city centre with the inscription “Achtung - Kabelkanal - Deutsche Telekom“. The tapes serve to indicate that data cables have been laid here during subsequent construction work. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月23日
    Working on the data cable duct

    23 November 2020, Bavaria, Munich: Workers are laying yellow protective tape in a construction pit in the city centre with the inscription “Achtung - Kabelkanal - Deutsche Telekom“. The tapes serve to indicate that data cables have been laid here during subsequent construction work. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月23日
    Working on the data cable duct

    23 November 2020, Bavaria, Munich: Workers are laying yellow protective tape in a construction pit in the city centre with the inscription “Achtung - Kabelkanal - Deutsche Telekom“. The tapes serve to indicate that data cables have been laid here during subsequent construction work. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月23日
    Working on the data cable duct

    23 November 2020, Bavaria, Munich: Workers are laying yellow protective tape in a construction pit in the city centre with the inscription “Achtung - Kabelkanal - Deutsche Telekom“. The tapes serve to indicate that data cables have been laid here during subsequent construction work. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月23日
    Working on the data cable duct

    23 November 2020, Bavaria, Munich: Workers are laying yellow protective tape in a construction pit in the city centre with the inscription “Achtung - Kabelkanal - Deutsche Telekom“. The tapes serve to indicate that data cables have been laid here during subsequent construction work. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...