KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 日本
  • 芸術
  • 令和
  • 平成
  • 陶芸家
  • 再現
  • 焼成
  • 千年
  • 曜変天目茶碗

「建陽区」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
174
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
174
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年01月24日
    普通の天目茶碗 がなぜ「国宝級」のお宝に?ー日本で4点目の「曜変天目茶碗」発見事件を調査

    日本で「曜変天目茶碗」と呼ばれる陶磁器を、釉薬の二重掛けで再現する手法を説明する李細妹氏。 2016年12月、東京テレビの番組「開運!なんでも鑑定団」で、専門家が世界で4点目の「曜変天目茶碗」が見つかったとする鑑定結果を発表し、天目茶碗(建盞)を珍重する日本で論争が巻き起こった。先ごろ、天目茶碗発祥の地である福建省南平市建陽区に住む陶芸家である李細妹氏(61歳、ペンネーム李欣紅)が2500万円(約150万元相当)の鑑定額がつけられたこの天目茶碗について、自身が数年前に作った普通の品に過ぎず、断じて「曜変」ではないと公言したことで、1年以上続くこの論争に再び火が付いた。  李氏の話は本当だろうか、証拠はあるのか。天目茶碗における「曜変」の価値はどれほどなのか、どのように判定するのか。天目茶碗の業界ではこの件をどのようにみているのか、どう評価しているのか。新華社記者は先日、建陽区を訪れて調査を行った。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600888

  • 2018年01月24日
    普通の天目茶碗 がなぜ「国宝級」のお宝に?ー日本で4点目の「曜変天目茶碗」発見事件を調査

    日本で「曜変天目茶碗」と呼ばれる陶磁器を、釉薬の二重掛けで再現する手法を説明する李細妹氏。 2016年12月、東京テレビの番組「開運!なんでも鑑定団」で、専門家が世界で4点目の「曜変天目茶碗」が見つかったとする鑑定結果を発表し、天目茶碗(建盞)を珍重する日本で論争が巻き起こった。先ごろ、天目茶碗発祥の地である福建省南平市建陽区に住む陶芸家である李細妹氏(61歳、ペンネーム李欣紅)が2500万円(約150万元相当)の鑑定額がつけられたこの天目茶碗について、自身が数年前に作った普通の品に過ぎず、断じて「曜変」ではないと公言したことで、1年以上続くこの論争に再び火が付いた。李氏の話は本当だろうか、証拠はあるのか。天目茶碗における「曜変」の価値はどれほどなのか、どのように判定するのか。天目茶碗の業界ではこの件をどのようにみているのか、どう評価しているのか。新華社記者は先日、建陽区を訪れて調査を行った。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600863

  • 2018年01月24日
    普通の天目茶碗 がなぜ「国宝級」のお宝に?ー日本で4点目の「曜変天目茶碗」発見事件を調査

    日本で「曜変天目茶碗」と呼ばれる陶磁器を、釉薬の二重掛けで再現する手法を説明する李細妹氏。2016年12月、東京テレビの番組「開運!なんでも鑑定団」で、専門家が世界で4点目の「曜変天目茶碗」が見つかったとする鑑定結果を発表し、天目茶碗(建盞)を珍重する日本で論争が巻き起こった。先ごろ、天目茶碗発祥の地である福建省南平市建陽区に住む陶芸家である李細妹氏(61歳、ペンネーム李欣紅)が2500万円(約150万元相当)の鑑定額がつけられたこの天目茶碗について、自身が数年前に作った普通の品に過ぎず、断じて「曜変」ではないと公言したことで、1年以上続くこの論争に再び火が付いた。李氏の話は本当だろうか、証拠はあるのか。天目茶碗における「曜変」の価値はどれほどなのか、どのように判定するのか。天目茶碗の業界ではこの件をどのようにみているのか、どう評価しているのか。新華社記者は先日、建陽区を訪れて調査を行った。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600894

  • 2018年01月24日
    普通の天目茶碗 がなぜ「国宝級」のお宝に?ー日本で4点目の「曜変天目茶碗」発見事件を調査

    日本で「曜変天目茶碗」と呼ばれる陶磁器を、釉薬の二重掛けで再現する手法を説明する李細妹氏。2016年12月、東京テレビの番組「開運!なんでも鑑定団」で、専門家が世界で4点目の「曜変天目茶碗」が見つかったとする鑑定結果を発表し、天目茶碗(建盞)を珍重する日本で論争が巻き起こった。先ごろ、天目茶碗発祥の地である福建省南平市建陽区に住む陶芸家である李細妹氏(61歳、ペンネーム李欣紅)が2500万円(約150万元相当)の鑑定額がつけられたこの天目茶碗について、自身が数年前に作った普通の品に過ぎず、断じて「曜変」ではないと公言したことで、1年以上続くこの論争に再び火が付いた。李氏の話は本当だろうか、証拠はあるのか。天目茶碗における「曜変」の価値はどれほどなのか、どのように判定するのか。天目茶碗の業界ではこの件をどのようにみているのか、どう評価しているのか。新華社記者は先日、建陽区を訪れて調査を行った。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600901

  • 2018年02月25日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    長江惣吉さんの作品「七彩盞(しちさいさん)」。(資料写真)日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=2018(平成30)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200341

  • 2018年08月13日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    長江惣吉さんの作品「七彩盞(しちさいさん)」。(資料写真)日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=2018(平成30)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200334

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、建盞愛好家が現代の制作者による鷓鴣斑(しゃこはん)建盞を宋代の鷓鴣斑建盞のかけらと一緒に写真に収めている。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110210118

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、福建省南平市建陽区にある建盞作品が並ぶ通りを見学する観光客。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110210105

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、福建省南平市建陽区の「開河窯」建盞展示ホールで展示されている鉄銹斑(てっしゅうはん)の建盞作品。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110210085

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、自身が制作した彩金曜焔油滴の茶碗を見せる建盞伝統技術職人の王革(おう・かく)さん。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110209954

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、茶碗の底に「供御」と記された宋代の磁器を見せる建盞制作者の周建平(しゅう・けんぺい)さん。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110210121

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、宋代の金兎毫(とごう)建盞(左)と銀兎毫建盞のかけらを見せる建盞制作者の周建平(しゅう・けんぺい)さん。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110209942

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、自身が焼成した鷓鴣斑(しゃこはん)文様の建盞を見せる無形文化遺産伝承者の李細妹(り・さいまい)さん。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110210066

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、福建省南平市建陽区の「開河窯」建盞展示ホールに並ぶ建盞作品。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110209970

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、建盞の素地に釉を掛ける無形文化遺産伝承者の李細妹(り・さいまい)さん。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110210090

  • 2019年01月06日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    長江惣吉さんの作品「銀毫盞(ぎんごうさん)」。(資料写真)日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200337

  • 2019年01月06日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    長江惣吉さんの作品「銀毫盞(ぎんごうさん)」(資料写真)日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200268

  • 2019年01月06日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    長江惣吉さんの作品「銀毫盞(ぎんごうさん)」。(資料写真)日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200327

  • 2019年01月06日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    長江惣吉さんの作品「銀毫盞(ぎんごうさん)」。(資料写真)日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200389

  • 2019年03月25日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    3月25日、福建省南平市建陽区の雲谷山荘工房でろくろを回す長江惣吉さん。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200339

  • 2019年03月26日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    3月26日、福建省南平市建陽区の雲谷山荘工房でろくろを回す長江惣吉さん。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200319

  • 2019年03月26日
    陶芸家·長江惣吉さん、建盞の故郷を訪ね歩く

    3月26日、福建省南平市建陽区の雲谷山荘工房で茶碗の生地を整える長江惣吉さん。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため同省南平市建陽区を訪れ、同地の陶芸家たちと交流した。長江さんは江戸時代から陶芸を営む家に生まれた。歴代当主は代々「惣吉」の名を受け継ぎ、長江さんで9代目となる。8代目の父が「曜変天目」に再現に取り組み始め、父なき後は長江さんが引き継いだ。親子2代で既に72年になる。長江さんはこれまで30回以上建陽を訪れている。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100530

  • 2019年03月27日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    3月27日、福建省南平市建陽区水吉鎮後井村の竜窯「後井第一窯」で、ろくろを回す長江惣吉さん(左)と作業を見つめる窯主の廖成義(りょう・せいぎ)さん。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200386

  • 2019年03月27日
    陶芸家·長江惣吉さん、建盞の故郷を訪ね歩く

    3月27日、福建省南平市建陽区水吉鎮後井村の竜窯「後井第一窯」で、ろくろを回す長江惣吉さん(左)と作業を見つめる窯主の廖成義(りょう・せいぎ)さん。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため同省南平市建陽区を訪れ、同地の陶芸家たちと交流した。長江さんは江戸時代から陶芸を営む家に生まれた。歴代当主は代々「惣吉」の名を受け継ぎ、長江さんで9代目となる。8代目の父が「曜変天目」に再現に取り組み始め、父なき後は長江さんが引き継いだ。親子2代で既に72年になる。長江さんはこれまで30回以上建陽を訪れている。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100547

  • 2019年03月27日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    3月27日、福建省南平市建陽区水吉鎮後井村の竜窯「後井第一窯」。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200384

  • 2019年03月27日
    天目茶碗に魅入られた4人の「曜変之路」

    福建省南平市建陽区後井村の「後井第一窯」でろくろを回す李春和さん。(3月27日撮影)中国で建盞(けんさん)、日本で天目茶碗(てんもくぢゃわん)と呼ばれる茶器の中でも「曜変(ようへん)天目」(曜変建盞)は最上級のものとされる。その曜変天目茶碗の復元に情熱を注ぐ4人の陶芸家がいる。フランスのジャン・ジレルさん、日本の九代目長江惣吉さん、中国福建省建陽の陳旭(ちん・きょく)さんと台湾地区の李春和(り・しゅんか)さんだ。昨年には福建省で共にグループ活動を行い、それぞれの作風で天目茶碗の美を解釈した。(福州=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701277

  • 2019年03月27日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    3月27日、福建省南平市建陽区水吉鎮後井村の竜窯「後井第一窯」で、自らが焼成し庭に積み上げた建盞を眺める窯主の廖成義(りょう・せいぎ)さん。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200385

  • 2019年03月27日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    3月27日、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている福建省南平市建陽区水吉鎮後井村の建窯遺跡。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200312

  • 2019年03月27日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    3月27日、福建省南平市建陽区水吉鎮後井村の竜窯「後井第一窯」でろくろを回す長江惣吉さん。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200388

  • 2019年03月28日
    陶芸家·長江惣吉さん、建盞の故郷を訪ね歩く

    3月28日、福建省南平市建陽区にある建陽建窯建盞協会の李細妹(り・さいまい)副会長と、彼女が描いてから焼き上げた「胡蝶盞(こちょうさん)」。かつて日本のテレビ番組で「史上4点目となる曜変天目」と誤って宣伝されたが、長江惣吉さんに本物ではないと見破られた。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため同省南平市建陽区を訪れ、同地の陶芸家たちと交流した。長江さんは江戸時代から陶芸を営む家に生まれた。歴代当主は代々「惣吉」の名を受け継ぎ、長江さんで9代目となる。8代目の父が「曜変天目」に再現に取り組み始め、父なき後は長江さんが引き継いだ。親子2代で既に72年になる。長江さんはこれまで30回以上建陽を訪れている。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100563

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、電気炉から取り出したばかりの曜変建盞を見せる呉立主さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200391

  • 2019年03月28日
    富をもたらす竹箸産業輸出好調福建省南平市

    28日、福建省南平市建陽区の黄坑鎮三峡(さんきょう)村にある竹箸工場で、モウソウチクを機械で一定の長さに切り、磨く作業をする従業員。中国福建省南平市建陽区の黄坑(こうこう)鎮は近年、当地の山間部に分布し、急速に生長する孟宗竹(モウソウチク)を利用し、設備のアップグレード・改造を通じて、竹箸産業を大いに発展させてきた。竹箸の加工関連の仕事に従事する人の数は鎮全体で約5千人、年間生産額は1億元以上に達し、製品の大部分が日本や韓国などに輸出されている。(南平=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200364

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、「曜変之路」建盞展示館で日本所蔵の建盞を中国語で解説する森氏。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200330

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、ろくろで建盞の生素地を作る呉立主さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200322

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、「曜変之路」建盞展示館で日本の建盞を中国語で解説する森氏。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200282

  • 2019年03月28日
    富をもたらす竹箸産業輸出好調福建省南平市

    28日、福建省南平市建陽区の黄坑鎮三峡(さんきょう)村にある竹箸工場で、機械で作った竹箸の半製品を運ぶ従業員。中国福建省南平市建陽区の黄坑(こうこう)鎮は近年、当地の山間部に分布し、急速に生長する孟宗竹(モウソウチク)を利用し、設備のアップグレード・改造を通じて、竹箸産業を大いに発展させてきた。竹箸の加工関連の仕事に従事する人の数は鎮全体で約5千人、年間生産額は1億元以上に達し、製品の大部分が日本や韓国などに輸出されている。(南平=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200395

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、呉立主さんが再現した曜変建盞。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200374

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、「曜変之路」建盞展示館で中国の曜変天目茶碗がどのように日本へ伝わったかを中国語で解説する森氏。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200272

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、「曜変之路」建盞展示館で中国の曜変天目茶碗がどのように日本へ伝わったかを中国語で解説する森氏。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200283

  • 2019年03月28日
    陶芸家·長江惣吉さん、建盞の故郷を訪ね歩く

    3月28日、福建省南平市建陽区にある建陽建窯建盞協会の李細妹(り・さいまい)副会長が描いてから焼き上げた「胡蝶盞(こちょうさん)」。かつて日本のテレビ番組で「史上4点目となる曜変天目」と誤って宣伝されたが、長江惣吉さんに本物ではないと見破られた。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため同省南平市建陽区を訪れ、同地の陶芸家たちと交流した。長江さんは江戸時代から陶芸を営む家に生まれた。歴代当主は代々「惣吉」の名を受け継ぎ、長江さんで9代目となる。8代目の父が「曜変天目」に再現に取り組み始め、父なき後は長江さんが引き継いだ。親子2代で既に72年になる。長江さんはこれまで30回以上建陽を訪れている。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100408

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、「曜変之路」建盞展示館で中国の曜変天目茶碗がどのように日本へ伝わったかを中国語で解説する森氏。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200273

  • 2019年03月28日
    富をもたらす竹箸産業輸出好調福建省南平市

    28日、福建省南平市建陽区の黄坑鎮三峡(さんきょう)村にある箸工場で、機械で削った竹箸の半製品を整理する従業員。中国福建省南平市建陽区の黄坑(こうこう)鎮は近年、当地の山間部に分布し、急速に生長する孟宗竹(モウソウチク)を利用し、設備のアップグレード・改造を通じて、竹箸産業を大いに発展させてきた。竹箸の加工関連の仕事に従事する人の数は鎮全体で約5千人、年間生産額は1億元以上に達し、製品の大部分が日本や韓国などに輸出されている。(南平=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200393

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、自ら焼き上げた曜変建盞の自信作を見せる呉立主さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200320

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、建盞の生素地に釉薬をかける呉立主さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/安希雅)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200329

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、傷もの作品を廃棄する呉立主さん。少しでも問題があれば市場に出さないと語る。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200380

  • 2019年03月28日
    富をもたらす竹箸産業輸出好調福建省南平市

    28日、福建省南平市建陽区の黄坑鎮三峡(さんきょう)村にある箸工場で、日本向けに輸出される竹箸を包装する従業員。中国福建省南平市建陽区の黄坑(こうこう)鎮は近年、当地の山間部に分布し、急速に生長する孟宗竹(モウソウチク)を利用し、設備のアップグレード・改造を通じて、竹箸産業を大いに発展させてきた。竹箸の加工関連の仕事に従事する人の数は鎮全体で約5千人、年間生産額は1億元以上に達し、製品の大部分が日本や韓国などに輸出されている。(南平=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200349

  • 2019年03月28日
    富をもたらす竹箸産業輸出好調福建省南平市

    28日、福建省南平市建陽区の黄坑鎮三峡(さんきょう)村にある箸工場で、竹箸の上塗り作業をする従業員。中国福建省南平市建陽区の黄坑(こうこう)鎮は近年、当地の山間部に分布し、急速に生長する孟宗竹(モウソウチク)を利用し、設備のアップグレード・改造を通じて、竹箸産業を大いに発展させてきた。竹箸の加工関連の仕事に従事する人の数は鎮全体で約5千人、年間生産額は1億元以上に達し、製品の大部分が日本や韓国などに輸出されている。(南平=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200328

  • 2019年03月28日
    富をもたらす竹箸産業輸出好調福建省南平市

    28日、福建省南平市建陽区の黄坑鎮三峡(さんきょう)村にある箸工場で、原材料を竹箸に加工する作業を行う従業員。中国福建省南平市建陽区の黄坑(こうこう)鎮は近年、当地の山間部に分布し、急速に生長する孟宗竹(モウソウチク)を利用し、設備のアップグレード・改造を通じて、竹箸産業を大いに発展させてきた。竹箸の加工関連の仕事に従事する人の数は鎮全体で約5千人、年間生産額は1億元以上に達し、製品の大部分が日本や韓国などに輸出されている。(南平=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200270

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、呉立主さんの自信作、曜変建盞。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/安希雅)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200392

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、生素地を修復する廖設生さんの甥、陳玉鋒(ちん・ぎょくほう)さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/安希雅)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200360

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、「曜変之路」建盞展示館で中国の曜変天目茶碗がどのように日本へ伝わったかを中国語で解説する森氏。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200333

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、福建省南平市建陽区の「曜変之路」建盞展示館。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200264

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、建盞の生素地を並べる呉立主さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/安希雅)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200323

  • 2019年03月28日
    陶芸家·長江惣吉さん、建盞の故郷を訪ね歩く

    3月28日、福建省南平市建陽区の陶芸家、陸金喜(りく・きんき)さんが制作した大盞を鑑賞する長江惣吉さん(左)と同行する台湾の陶芸家、李春和(り・しゅんわ)さん。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため同省南平市建陽区を訪れ、同地の陶芸家たちと交流した。長江さんは江戸時代から陶芸を営む家に生まれた。歴代当主は代々「惣吉」の名を受け継ぎ、長江さんで9代目となる。8代目の父が「曜変天目」に再現に取り組み始め、父なき後は長江さんが引き継いだ。親子2代で既に72年になる。長江さんはこれまで30回以上建陽を訪れている。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100465

  • 2019年03月28日
    陶芸家·長江惣吉さん、建盞の故郷を訪ね歩く

    3月28日、長江惣吉さんに新たに改良した窯元を紹介する福建省南平市建陽区の陶芸家、陸金喜(りく・きんき)さん。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため同省南平市建陽区を訪れ、同地の陶芸家たちと交流した。長江さんは江戸時代から陶芸を営む家に生まれた。歴代当主は代々「惣吉」の名を受け継ぎ、長江さんで9代目となる。8代目の父が「曜変天目」に再現に取り組み始め、父なき後は長江さんが引き継いだ。親子2代で既に72年になる。長江さんはこれまで30回以上建陽を訪れている。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100505

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、自ら焼き上げた建盞作品「金糸万縷」を見せる呉周福さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200354

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、電気と薪の併用窯する方法で曜変建盞を焼く廖設生さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200335

  • 2019年03月28日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    3月28日、福建省南平市建陽区にある建陽建窯建盞協会の李細妹(中央)副会長の工房で記念撮影する長江惣吉さん(前列右から二人目)と沖縄県立芸術大学の森達也教授(前列左から二人目)。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200347

  • 2019年03月28日
    富をもたらす竹箸産業輸出好調福建省南平市

    28日、福建省南平市建陽区の黄坑鎮三峡(さんきょう)村にある竹箸工場で、機械で一定の長さに切ったモウソウチクを手に取る従業員。中国福建省南平市建陽区の黄坑(こうこう)鎮は近年、当地の山間部に分布し、急速に生長する孟宗竹(モウソウチク)を利用し、設備のアップグレード・改造を通じて、竹箸産業を大いに発展させてきた。竹箸の加工関連の仕事に従事する人の数は鎮全体で約5千人、年間生産額は1億元以上に達し、製品の大部分が日本や韓国などに輸出されている。(南平=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200362

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、ろくろを回す呉立主さん(右)。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社配信/耿馨寧)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200382

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、「曜変之路」建盞展示館で中国の曜変天目茶碗がどのように日本へ伝わったかを中国語で解説する森氏。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200387

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、生素地を修復する廖設生さんの甥、陳玉鋒(ちん・ぎょくほう)さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社配信/耿馨寧)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200344

  • 2019年03月28日
    富をもたらす竹箸産業輸出好調福建省南平市

    28日、福建省南平市建陽区の黄坑鎮三峡(さんきょう)村にある竹箸工場の倉庫で撮影した韓国向けに輸出される竹箸。中国福建省南平市建陽区の黄坑(こうこう)鎮は近年、当地の山間部に分布し、急速に生長する孟宗竹(モウソウチク)を利用し、設備のアップグレード・改造を通じて、竹箸産業を大いに発展させてきた。竹箸の加工関連の仕事に従事する人の数は鎮全体で約5千人、年間生産額は1億元以上に達し、製品の大部分が日本や韓国などに輸出されている。(南平=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200338

  • 2019年03月28日
    富をもたらす竹箸産業輸出好調福建省南平市

    28日、福建省南平市建陽区の黄坑鎮三峡(さんきょう)村にある箸工場内の竹置き場で、竹箸の材料のモウソウチクを運ぶ従業員。中国福建省南平市建陽区の黄坑(こうこう)鎮は近年、当地の山間部に分布し、急速に生長する孟宗竹(モウソウチク)を利用し、設備のアップグレード・改造を通じて、竹箸産業を大いに発展させてきた。竹箸の加工関連の仕事に従事する人の数は鎮全体で約5千人、年間生産額は1億元以上に達し、製品の大部分が日本や韓国などに輸出されている。(南平=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200394

  • 2019年03月28日
    日本の学者、建盞の発祥地で日本の天目茶碗を紹介

    3月28日、満席となった「曜変之路」建盞展示館での森氏の講座。森氏の話は多くの建盞愛好家を引きつけた。日本の沖縄県立芸術大学の森達也教授は3月28日、日本で天目(てんもく)茶碗とも呼ばれる建盞(けんさん、中国の建窯茶碗)の発祥地である福建省南平市建陽区の「曜変(ようへん)之路」建盞展示館を訪れ、日本で所蔵されている建盞や国宝に指定されている天目茶碗が中国から日本にどのように伝来したのかを地元の建盞生産業者や愛好家に中国語で解説した。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200269

  • 2019年03月28日
    富をもたらす竹箸産業輸出好調福建省南平市

    28日、福建省南平市建陽区の黄坑鎮三峡(さんきょう)村にある竹箸工場で、竹箸用にモウソウチクを切る作業をする従業員。中国福建省南平市建陽区の黄坑(こうこう)鎮は近年、当地の山間部に分布し、急速に生長する孟宗竹(モウソウチク)を利用し、設備のアップグレード・改造を通じて、竹箸産業を大いに発展させてきた。竹箸の加工関連の仕事に従事する人の数は鎮全体で約5千人、年間生産額は1億元以上に達し、製品の大部分が日本や韓国などに輸出されている。(南平=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200361

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、焼成中の窯の様子を確認する呉周福さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200324

  • 2019年03月28日
    曜変天目の再現に挑む中国の陶工福建省建陽区

    3月28日、焼き上がった建盞を入念に選ぶ呉周福さん。建盞(けんさん)は中国陶磁器の中でも黒磁を代表する磁器で、福建省建窯(けんよう)で焼かれたものを指す。日本では天目茶碗として知られる。建窯は中国で著名な古窯の一つとされ、遺跡は福建省南平市建陽区水吉(すいきち)鎮の後井(ごい)村と池中村にある。宋代には茶の味の飲み分けを競う「闘茶」の風習があり、建盞は当時、闘茶に最適な茶器とされた。曜変(ようへん)とは建盞の焼成過程で器の表面に非常に薄い鉄の結晶膜が形成される現象を指す。光を当てると黄色や青、緑、紫などの光彩が表れる。曜変建盞(曜変天目)は技法が途絶えて既に700年余りになるが、建陽区の多くの陶芸家は曜変建盞の再現と技法の解明に生涯をかける。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200348

  • 2019年03月28日
    陶芸家·長江惣吉さん、建盞の故郷を訪ね歩く

    3月28日、福建省南平市建陽区にある建陽建窯建盞協会の李細妹(中央)副会長の工房で記念撮影する長江惣吉さん(前列右から二人目)と沖縄県立芸術大学の森達也教授(前列左から二人目)。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため同省南平市建陽区を訪れ、同地の陶芸家たちと交流した。長江さんは江戸時代から陶芸を営む家に生まれた。歴代当主は代々「惣吉」の名を受け継ぎ、長江さんで9代目となる。8代目の父が「曜変天目」に再現に取り組み始め、父なき後は長江さんが引き継いだ。親子2代で既に72年になる。長江さんはこれまで30回以上建陽を訪れている。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100463

  • 2019年03月29日
    陶芸家·長江惣吉さん、建盞の故郷を訪ね歩く

    3月29日、福建省南平市建陽馥峰茶業有限公司の支配人、蘇建軍(そ・けんぐん)さん(右)と共に同社を見学する長江惣吉さん(左)。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため同省南平市建陽区を訪れ、同地の陶芸家たちと交流した。長江さんは江戸時代から陶芸を営む家に生まれた。歴代当主は代々「惣吉」の名を受け継ぎ、長江さんで9代目となる。8代目の父が「曜変天目」に再現に取り組み始め、父なき後は長江さんが引き継いだ。親子2代で既に72年になる。長江さんはこれまで30回以上建陽を訪れている。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100440

  • 2019年03月30日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    方肖鳴さんが所蔵する杭州市の南宋宮廷遺跡付近から出土した天目茶碗の破片。3月30日、杭州古越会館で撮影。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200383

  • 2019年03月30日
    陶芸家·長江惣吉さん、建盞の故郷を訪ね歩く

    3月30日に撮影した黄美金(こう・びきん)さんが制作した「金色の油滴」建盞。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため同省南平市建陽区を訪れ、同地の陶芸家たちと交流した。長江さんは江戸時代から陶芸を営む家に生まれた。歴代当主は代々「惣吉」の名を受け継ぎ、長江さんで9代目となる。8代目の父が「曜変天目」に再現に取り組み始め、父なき後は長江さんが引き継いだ。親子2代で既に72年になる。長江さんはこれまで30回以上建陽を訪れている。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100554

  • 2019年03月30日
    陶芸家·長江惣吉さん、建盞の故郷を訪ね歩く

    3月30日、「金色の油滴」建盞の創始者である黄美金さん、息子の黄文勇さんと記念撮影する長江惣吉さん(中央)。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため同省南平市建陽区を訪れ、同地の陶芸家たちと交流した。長江さんは江戸時代から陶芸を営む家に生まれた。歴代当主は代々「惣吉」の名を受け継ぎ、長江さんで9代目となる。8代目の父が「曜変天目」に再現に取り組み始め、父なき後は長江さんが引き継いだ。親子2代で既に72年になる。長江さんはこれまで30回以上建陽を訪れている。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100545

  • 2019年03月30日
    陶芸家·長江惣吉さん、建盞の故郷を訪ね歩く

    3月30日、福建省南平市建陽区の建盞文化街を見学する長江惣吉さん。日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため同省南平市建陽区を訪れ、同地の陶芸家たちと交流した。長江さんは江戸時代から陶芸を営む家に生まれた。歴代当主は代々「惣吉」の名を受け継ぎ、長江さんで9代目となる。8代目の父が「曜変天目」に再現に取り組み始め、父なき後は長江さんが引き継いだ。親子2代で既に72年になる。長江さんはこれまで30回以上建陽を訪れている。(建陽=新華社記者/李穎)=2019(平成31)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041100516

  • 2019年04月02日
    陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    長江惣吉さんの作品「曜曜斑盞(ようようはんさん)」。(資料写真)日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。(建陽=新華社記者/李穎)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200370

  • 01:03.92
    2019年04月02日
    「新華社」陶芸家·長江惣吉さん「曜変天目は宋代陶工の努力の産物、偶然ではない」

    日本で親子2代にわたり「曜変天目(ようへんてんもく)」茶碗の再現と研究に取り組む陶芸家、9代目長江惣吉さんは、中国で建盞(けんさん)と呼ばれる福建省建窯(けんよう)で焼かれた茶碗の研究のため訪れた同省南平市建陽区で新華社の取材に応じ、これまで一部の人が日本の国宝に指定されている宋代の曜変天目茶碗を偶然の産物とみなし、不吉の前兆として遠ざけるため日本に伝えたと主張してきたことについて、中国の陶工の才能や宋代の文化価値に対する否定だと語った。「天目」は、宋代の黒釉茶盞に対する日本人の呼び名であり「曜変天目」はその中で最も貴重とされる。日本には国宝に指定された陶磁器が14点あるが、うち8点は中国から伝えられたものであり、宋代建盞4点も含まれる。3点は「曜変天目」と呼ばれ、1点は「油滴天目」と呼ばれる。「曜変天目」の特徴とされる焼成時に生じた美しい結晶は、一般的に偶然性が高いと言われているが、長江さんは「単なる偶然ではなく、良いものを作ろうとする努力の中で生み出された偶然だ」と指摘。「陶工たちは現在の科学的方法を知らなかったが、自らの理論と経験を持ち、良いものを作り出すことに一生を捧げた。良いものは偶然出現するものではない」と語る。(記者/李穎)<映像内容>陶芸家のろくろを使った制作風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040402049

  • 2019年04月17日
    天目茶碗に魅入られた4人の「曜変之路」

    福建省南平市建陽区の「曜変之路」建盞展示館で、天目茶碗に対する自らの考えを語るジレルさん。(資料写真)中国で建盞(けんさん)、日本で天目茶碗(てんもくぢゃわん)と呼ばれる茶器の中でも「曜変(ようへん)天目」(曜変建盞)は最上級のものとされる。その曜変天目茶碗の復元に情熱を注ぐ4人の陶芸家がいる。フランスのジャン・ジレルさん、日本の九代目長江惣吉さん、中国福建省建陽の陳旭(ちん・きょく)さんと台湾地区の李春和(り・しゅんか)さんだ。昨年には福建省で共にグループ活動を行い、それぞれの作風で天目茶碗の美を解釈した。(福州=新華社配信/「曜変之路」建盞展示館提供)=撮影日不明、クレジット:「曜変之路」建盞展示館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809493

  • 2019年04月17日
    天目茶碗に魅入られた4人の「曜変之路」

    福建省南平市建陽区の雲谷山荘で太極拳をする李春和さん。(3月26日撮影)中国で建盞(けんさん)、日本で天目茶碗(てんもくぢゃわん)と呼ばれる茶器の中でも「曜変(ようへん)天目」(曜変建盞)は最上級のものとされる。その曜変天目茶碗の復元に情熱を注ぐ4人の陶芸家がいる。フランスのジャン・ジレルさん、日本の九代目長江惣吉さん、中国福建省建陽の陳旭(ちん・きょく)さんと台湾地区の李春和(り・しゅんか)さんだ。昨年には福建省で共にグループ活動を行い、それぞれの作風で天目茶碗の美を解釈した。(福州=新華社記者/李穎)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701270

  • 2019年05月10日
    「曜変天目茶碗」復元を目指す中日欧の陶芸家4人、日本で交流深める

    10日、長江惣吉さんの父、8代目長江惣吉さんが生前に焼いた茶碗。日本の著名陶芸家・長江惣吉さんは10日、フランスの人間国宝ジャン・ジレル氏と中国福建省南平市建陽区の陶芸家・陳旭(ちん・きょく)さん、中国台湾の陶芸家・李春和(り・しゅんわ)さんを愛知県瀬戸市の自宅に招いた。長江さんは自身が焼いた天目茶碗を用い日本の茶道で茶を点て、来訪者をもてなした。長江氏は昨年9月、この日来訪した3人の陶芸家と共に、天目茶碗の原産地の福建省南平市建陽区で「曜変(ようへん)天目茶碗」の復元を目指す人の集まり「曜変之路」を作った。4人は今回、奈良国立博物館と滋賀県のミホ・ミュージアム、東京都の静嘉堂文庫美術館を訪れ、史上初めて同時期に公開された国宝「曜変天目」3茶碗を鑑賞した。(瀬戸=新華社記者/梁賽玉)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051603909

  • 2019年05月10日
    「曜変天目茶碗」復元を目指す中日欧の陶芸家4人、日本で交流深める

    10日、愛知県瀬戸市の自宅で自ら焼いた天目茶碗を用いて茶を点てる長江惣吉さん。日本の著名陶芸家・長江惣吉さんは10日、フランスの人間国宝ジャン・ジレル氏と中国福建省南平市建陽区の陶芸家・陳旭(ちん・きょく)さん、中国台湾の陶芸家・李春和(り・しゅんわ)さんを愛知県瀬戸市の自宅に招いた。長江さんは自身が焼いた天目茶碗を用い日本の茶道で茶を点て、来訪者をもてなした。長江氏は昨年9月、この日来訪した3人の陶芸家と共に、天目茶碗の原産地の福建省南平市建陽区で「曜変(ようへん)天目茶碗」の復元を目指す人の集まり「曜変之路」を作った。4人は今回、奈良国立博物館と滋賀県のミホ・ミュージアム、東京都の静嘉堂文庫美術館を訪れ、史上初めて同時期に公開された国宝「曜変天目」3茶碗を鑑賞した。(瀬戸=新華社記者/梁賽玉)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051603884

  • 2019年05月10日
    「曜変天目茶碗」復元を目指す中日欧の陶芸家4人、日本で交流深める

    10日、愛知県瀬戸市にある長江惣吉さんの自宅の門柱。日本の著名陶芸家・長江惣吉さんは10日、フランスの人間国宝ジャン・ジレル氏と中国福建省南平市建陽区の陶芸家・陳旭(ちん・きょく)さん、中国台湾の陶芸家・李春和(り・しゅんわ)さんを愛知県瀬戸市の自宅に招いた。長江さんは自身が焼いた天目茶碗を用い日本の茶道で茶を点て、来訪者をもてなした。長江氏は昨年9月、この日来訪した3人の陶芸家と共に、天目茶碗の原産地の福建省南平市建陽区で「曜変(ようへん)天目茶碗」の復元を目指す人の集まり「曜変之路」を作った。4人は今回、奈良国立博物館と滋賀県のミホ・ミュージアム、東京都の静嘉堂文庫美術館を訪れ、史上初めて同時期に公開された国宝「曜変天目」3茶碗を鑑賞した。(瀬戸=新華社記者/梁賽玉)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051603881

  • 2019年05月10日
    「曜変天目茶碗」復元を目指す中日欧の陶芸家4人、日本で交流深める

    10日、愛知県瀬戸市の自宅で「曜変之路」のメンバーをもてなす長江惣吉さん(左)。日本の著名陶芸家・長江惣吉さんは10日、フランスの人間国宝ジャン・ジレル氏と中国福建省南平市建陽区の陶芸家・陳旭(ちん・きょく)さん、中国台湾の陶芸家・李春和(り・しゅんわ)さんを愛知県瀬戸市の自宅に招いた。長江さんは自身が焼いた天目茶碗を用い日本の茶道で茶を点て、来訪者をもてなした。長江氏は昨年9月、この日来訪した3人の陶芸家と共に、天目茶碗の原産地の福建省南平市建陽区で「曜変(ようへん)天目茶碗」の復元を目指す人の集まり「曜変之路」を作った。4人は今回、奈良国立博物館と滋賀県のミホ・ミュージアム、東京都の静嘉堂文庫美術館を訪れ、史上初めて同時期に公開された国宝「曜変天目」3茶碗を鑑賞した。(瀬戸=新華社記者/梁賽玉)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051603914

  • 2019年05月10日
    「曜変天目茶碗」復元を目指す中日欧の陶芸家4人、日本で交流深める

    10日、長江惣吉さんが自ら焼いた天目茶碗。日本の著名陶芸家・長江惣吉さんは10日、フランスの人間国宝ジャン・ジレル氏と中国福建省南平市建陽区の陶芸家・陳旭(ちん・きょく)さん、中国台湾の陶芸家・李春和(り・しゅんわ)さんを愛知県瀬戸市の自宅に招いた。長江さんは自身が焼いた天目茶碗を用い日本の茶道で茶を点て、来訪者をもてなした。長江氏は昨年9月、この日来訪した3人の陶芸家と共に、天目茶碗の原産地の福建省南平市建陽区で「曜変(ようへん)天目茶碗」の復元を目指す人の集まり「曜変之路」を作った。4人は今回、奈良国立博物館と滋賀県のミホ・ミュージアム、東京都の静嘉堂文庫美術館を訪れ、史上初めて同時期に公開された国宝「曜変天目」3茶碗を鑑賞した。(瀬戸=新華社記者/梁賽玉)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051603882

  • 2019年05月10日
    「曜変天目茶碗」復元を目指す中日欧の陶芸家4人、日本で交流深める

    10日、愛知県春瀬戸市の自宅で「曜変之路」のメンバーに自らの作品を見せる長江惣吉さん。日本の著名陶芸家・長江惣吉さんは10日、フランスの人間国宝ジャン・ジレル氏と中国福建省南平市建陽区の陶芸家・陳旭(ちん・きょく)さん、中国台湾の陶芸家・李春和(り・しゅんわ)さんを愛知県瀬戸市の自宅に招いた。長江さんは自身が焼いた天目茶碗を用い日本の茶道で茶を点て、来訪者をもてなした。長江氏は昨年9月、この日来訪した3人の陶芸家と共に、天目茶碗の原産地の福建省南平市建陽区で「曜変(ようへん)天目茶碗」の復元を目指す人の集まり「曜変之路」を作った。4人は今回、奈良国立博物館と滋賀県のミホ・ミュージアム、東京都の静嘉堂文庫美術館を訪れ、史上初めて同時期に公開された国宝「曜変天目」3茶碗を鑑賞した。(瀬戸=新華社記者/梁賽玉)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051603876

  • 2019年05月10日
    「曜変天目茶碗」復元を目指す中日欧の陶芸家4人、日本で交流深める

    10日、愛知県瀬戸市の長江惣吉さんの自宅で、長江さんの父の8代目長江惣吉さんが生前に焼いた茶碗を見る「曜変之路」のメンバー、陳旭(ちん・きょく)さん。日本の著名陶芸家・長江惣吉さんは10日、フランスの人間国宝ジャン・ジレル氏と中国福建省南平市建陽区の陶芸家・陳旭(ちん・きょく)さん、中国台湾の陶芸家・李春和(り・しゅんわ)さんを愛知県瀬戸市の自宅に招いた。長江さんは自身が焼いた天目茶碗を用い日本の茶道で茶を点て、来訪者をもてなした。長江氏は昨年9月、この日来訪した3人の陶芸家と共に、天目茶碗の原産地の福建省南平市建陽区で「曜変(ようへん)天目茶碗」の復元を目指す人の集まり「曜変之路」を作った。4人は今回、奈良国立博物館と滋賀県のミホ・ミュージアム、東京都の静嘉堂文庫美術館を訪れ、史上初めて同時期に公開された国宝「曜変天目」3茶碗を鑑賞した。(瀬戸=新華社記者/梁賽玉)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051603814

  • 2019年05月10日
    「曜変天目茶碗」復元を目指す中日欧の陶芸家4人、日本で交流深める

    10日、長江惣吉さんが自宅で収蔵する600年前の瀬戸焼茶碗。日本の著名陶芸家・長江惣吉さんは10日、フランスの人間国宝ジャン・ジレル氏と中国福建省南平市建陽区の陶芸家・陳旭(ちん・きょく)さん、中国台湾の陶芸家・李春和(り・しゅんわ)さんを愛知県瀬戸市の自宅に招いた。長江さんは自身が焼いた天目茶碗を用い日本の茶道で茶を点て、来訪者をもてなした。長江氏は昨年9月、この日来訪した3人の陶芸家と共に、天目茶碗の原産地の福建省南平市建陽区で「曜変(ようへん)天目茶碗」の復元を目指す人の集まり「曜変之路」を作った。4人は今回、奈良国立博物館と滋賀県のミホ・ミュージアム、東京都の静嘉堂文庫美術館を訪れ、史上初めて同時期に公開された国宝「曜変天目」3茶碗を鑑賞した。(瀬戸=新華社記者/梁賽玉)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051603808

  • 2019年05月10日
    「曜変天目茶碗」復元を目指す中日欧の陶芸家4人、日本で交流深める

    10日、愛知県瀬戸市にある長江惣吉さん(左端)の自宅で交流する陶芸家の安洞雅彦さん(左から2人目)と「曜変之路」のメンバー。日本の著名陶芸家・長江惣吉さんは10日、フランスの人間国宝ジャン・ジレル氏と中国福建省南平市建陽区の陶芸家・陳旭(ちん・きょく)さん、中国台湾の陶芸家・李春和(り・しゅんわ)さんを愛知県瀬戸市の自宅に招いた。長江さんは自身が焼いた天目茶碗を用い日本の茶道で茶を点て、来訪者をもてなした。長江氏は昨年9月、この日来訪した3人の陶芸家と共に、天目茶碗の原産地の福建省南平市建陽区で「曜変(ようへん)天目茶碗」の復元を目指す人の集まり「曜変之路」を作った。4人は今回、奈良国立博物館と滋賀県のミホ・ミュージアム、東京都の静嘉堂文庫美術館を訪れ、史上初めて同時期に公開された国宝「曜変天目」3茶碗を鑑賞した。(瀬戸=新華社記者/梁賽玉)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051603873

  • 2019年05月10日
    「曜変天目茶碗」復元を目指す中日欧の陶芸家4人、日本で交流深める

    10日、愛知県瀬戸市の自宅で、「曜変之路」のメンバーに友人の陶芸家、古橋尚さんの作品をみせる長江惣吉さん。日本の著名陶芸家・長江惣吉さんは10日、フランスの人間国宝ジャン・ジレル氏と中国福建省南平市建陽区の陶芸家・陳旭(ちん・きょく)さん、中国台湾の陶芸家・李春和(り・しゅんわ)さんを愛知県瀬戸市の自宅に招いた。長江さんは自身が焼いた天目茶碗を用い日本の茶道で茶を点て、来訪者をもてなした。長江氏は昨年9月、この日来訪した3人の陶芸家と共に、天目茶碗の原産地の福建省南平市建陽区で「曜変(ようへん)天目茶碗」の復元を目指す人の集まり「曜変之路」を作った。4人は今回、奈良国立博物館と滋賀県のミホ・ミュージアム、東京都の静嘉堂文庫美術館を訪れ、史上初めて同時期に公開された国宝「曜変天目」3茶碗を鑑賞した。(瀬戸=新華社記者/梁賽玉)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051603823

  • 02:17.04
    2019年05月10日
    「新華社」「曜変天目茶碗」復元を目指す中日欧の陶芸家4人、日本で交流深める

    日本の著名陶芸家・長江惣吉さんは10日、フランスの人間国宝ジャン・ジレル氏と中国福建省建陽の陶芸家・陳旭(ちん・きょく)さん、中国台湾の陶芸家・李春和(り・しゅんわ)さんを愛知県瀬戸市の自宅に招いた。長江さんは自身が焼いた天目茶碗を用い日本の茶道で茶を点て、来訪者をもてなした。長江氏は昨年9月、この日来訪した3人の陶芸家と共に、天目茶碗の原産地の福建省南平市建陽区で「曜変(ようへん)天目茶碗」の復元を目指す人の集まり「曜変之路」を作った。4人は今回、奈良国立博物館と滋賀県のミホ・ミュージアム、東京都の静嘉堂文庫美術館を訪れ、史上初めて同時期に公開された国宝「曜変天目」3茶碗を鑑賞した。4人の陶芸家は、日本に集まり交流を深めることができたこと、3点の曜変天目茶碗を見学できたことを喜び、今後も研究と焼成に励み、一日も早く国宝レベルの曜変天目茶碗を作り出したいと表明した。(記者/梁賽玉)<映像内容>日本の茶道でお茶を点てる様子、撮影日:2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

    商品コード: 2019051603798

  • 2019年05月10日
    「曜変天目茶碗」復元を目指す中日欧の陶芸家4人、日本で交流深める

    10日、自宅の客間に飾られた「曜変」の掛け軸を眺める長江惣吉さん。日本の著名陶芸家・長江惣吉さんは10日、フランスの人間国宝ジャン・ジレル氏と中国福建省南平市建陽区の陶芸家・陳旭(ちん・きょく)さん、中国台湾の陶芸家・李春和(り・しゅんわ)さんを愛知県瀬戸市の自宅に招いた。長江さんは自身が焼いた天目茶碗を用い日本の茶道で茶を点て、来訪者をもてなした。長江氏は昨年9月、この日来訪した3人の陶芸家と共に、天目茶碗の原産地の福建省南平市建陽区で「曜変(ようへん)天目茶碗」の復元を目指す人の集まり「曜変之路」を作った。4人は今回、奈良国立博物館と滋賀県のミホ・ミュージアム、東京都の静嘉堂文庫美術館を訪れ、史上初めて同時期に公開された国宝「曜変天目」3茶碗を鑑賞した。(瀬戸=新華社記者/梁賽玉)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051603816

  • 2019年05月10日
    「曜変天目茶碗」復元を目指す中日欧の陶芸家4人、日本で交流深める

    10日、長江惣吉さんの父、8代目長江惣吉さんが生前に焼いた直径65センチの大茶碗。日本の著名陶芸家・長江惣吉さんは10日、フランスの人間国宝ジャン・ジレル氏と中国福建省南平市建陽区の陶芸家・陳旭(ちん・きょく)さん、中国台湾の陶芸家・李春和(り・しゅんわ)さんを愛知県瀬戸市の自宅に招いた。長江さんは自身が焼いた天目茶碗を用い日本の茶道で茶を点て、来訪者をもてなした。長江氏は昨年9月、この日来訪した3人の陶芸家と共に、天目茶碗の原産地の福建省南平市建陽区で「曜変(ようへん)天目茶碗」の復元を目指す人の集まり「曜変之路」を作った。4人は今回、奈良国立博物館と滋賀県のミホ・ミュージアム、東京都の静嘉堂文庫美術館を訪れ、史上初めて同時期に公開された国宝「曜変天目」3茶碗を鑑賞した。(瀬戸=新華社記者/梁賽玉)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051603875

  • 2019年05月10日
    「曜変天目茶碗」復元を目指す中日欧の陶芸家4人、日本で交流深める

    10日、長江惣吉さんの父、8代目長江惣吉さんが生前に焼いた茶碗。日本の著名陶芸家・長江惣吉さんは10日、フランスの人間国宝ジャン・ジレル氏と中国福建省南平市建陽区の陶芸家・陳旭(ちん・きょく)さん、中国台湾の陶芸家・李春和(り・しゅんわ)さんを愛知県瀬戸市の自宅に招いた。長江さんは自身が焼いた天目茶碗を用い日本の茶道で茶を点て、来訪者をもてなした。長江氏は昨年9月、この日来訪した3人の陶芸家と共に、天目茶碗の原産地の福建省南平市建陽区で「曜変(ようへん)天目茶碗」の復元を目指す人の集まり「曜変之路」を作った。4人は今回、奈良国立博物館と滋賀県のミホ・ミュージアム、東京都の静嘉堂文庫美術館を訪れ、史上初めて同時期に公開された国宝「曜変天目」3茶碗を鑑賞した。(瀬戸=新華社記者/梁賽玉)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051603866

  • 2019年10月24日
    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市

    24日、博覧会開幕に先立ち公開された建陽区の工芸師、呉継旺(ご・けいおう)氏の作品「描銀盞(びょうぎんさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000210

  • 2019年10月24日
    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市

    24日、博覧会開幕に先立ち公開された宋代建陽水吉窯の「兎毫七彩盞(とごうしちさいさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000275

  • 2019年10月24日
    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市

    24日、博覧会開幕に先立ち公開されたフランス人間国宝、ジャン・ジレル氏の作品「七彩兎毫束口盞(しちさいとごうしょくこうさん)」(左)と「七彩鷓鴣斑束口盞(しちさいしゃこはんしょくこうさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000310

  • 2019年10月24日
    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市

    24日、博覧会開幕に先立ち公開された建陽区の陶芸家、陳旭(ちん・きょく)氏の作品「七彩仏光鉢型盞(しちさいぶっこうはちがたさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000320

  • 2019年10月24日
    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市

    24日、博覧会開幕に先立ち公開された建陽区の工芸師、呉継旺(ご・けいおう)氏の作品「描銀盞(びょうぎんさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000346

  • 2019年10月24日
    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市

    24日、博覧会開幕に先立ち公開された台湾の陶芸家、李春和(り・しゅんわ)氏の作品「双面釉太極盞(そうめんゆうたいきょくさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000250

  • 2019年10月24日
    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市

    24日、博覧会開幕に先立ち公開された建陽区の陶芸家、陳旭(ちん・きょく)氏の作品「霆霓斗笠盞(ていげいとうりゅうさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000259

  • 2019年10月24日
    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市

    24日、博覧会開幕に先立ち公開された日本の陶芸家、長江惣吉氏の作品「曜曜斑盞(ようようはんさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000268

  • 1
  • 2