KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • インド
  • 三蔵法師
  • 中宗
  • 令和
  • 入滅
  • 六祖壇経
  • 再興
  • 史書
  • 境内
  • 弟子

「弘忍」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年06月07日
    (3)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺の山門殿。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705974

  • 2021年06月07日
    (11)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    境内に植えられた古い菩提樹の葉。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705976

  • 2021年06月07日
    (4)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    「大鑑禅寺」と書かれた扁額。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705947

  • 2021年06月07日
    (9)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    六祖・慧能大師が説法を行ったとされる場所に植えられている2本の古い菩提樹。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705948

  • 2021年06月07日
    (5)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺付近の様子。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705961

  • 2021年06月07日
    (12)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    陽の光に照らされて輝く古い菩提樹。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705963

  • 2021年06月07日
    (7)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大雄宝殿の後ろにある拝庭と古い菩提樹。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705808

  • 2021年06月07日
    (6)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺の大雄宝殿。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705984

  • 2021年06月07日
    (1)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    「菜根香」と書かれた扁額。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705987

  • 2021年06月07日
    (10)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    古い菩提樹と大雄宝殿。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060706023

  • 2021年06月07日
    (8)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大雄宝殿の内部に置かれている香案(こうあん、香炉をのせる机)。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705962

  • 2021年06月07日
    (2)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺付近を流れる湞江(ていこう)。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705970

  • 2021年06月07日
    (13)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺天王殿の内部の様子。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705986

  • 1