KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 観光客
  • 令和
  • ムー
  • みろく
  • グルメ
  • テーマ
  • 余り
  • 拡大
  • 文化

「弥勒市」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
27
( 1 27 件を表示)
  • 1
27
( 1 27 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年04月09日
    山あいの美しい村雲南省弥勒市

    9日、弥勒市西三鎮可邑村で道路の清掃作業を行う人。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒(みろく)市西三鎮の山あいにある可邑(かゆう)村は、村の伝統的な構造をよく残している。同村は2013年、特色ある地域づくりを目指す「十百千万戸」モデルプロジェクトを開始。重点モデル地域「美しい家庭」の建設を手始めに、一部の民家を新築し、歴史ある村全体を整備している。かつて老朽化し、立ち遅れていた山村は現在、美しい環境を楽しむ多くの観光客でにぎわう。(弥勒=新華社記者/楊宗友)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701376

  • 2019年04月09日
    山あいの美しい村雲南省弥勒市

    9日、弥勒市西三鎮可邑村を散策する観光客。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒(みろく)市西三鎮の山あいにある可邑(かゆう)村は、村の伝統的な構造をよく残している。同村は2013年、特色ある地域づくりを目指す「十百千万戸」モデルプロジェクトを開始。重点モデル地域「美しい家庭」の建設を手始めに、一部の民家を新築し、歴史ある村全体を整備している。かつて老朽化し、立ち遅れていた山村は現在、美しい環境を楽しむ多くの観光客でにぎわう。(弥勒=新華社記者/楊宗友)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701390

  • 2019年04月09日
    山あいの美しい村雲南省弥勒市

    9日に撮影した弥勒市西三鎮可邑村。(小型無人機から)中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒(みろく)市西三鎮の山あいにある可邑(かゆう)村は、村の伝統的な構造をよく残している。同村は2013年、特色ある地域づくりを目指す「十百千万戸」モデルプロジェクトを開始。重点モデル地域「美しい家庭」の建設を手始めに、一部の民家を新築し、歴史ある村全体を整備している。かつて老朽化し、立ち遅れていた山村は現在、美しい環境を楽しむ多くの観光客でにぎわう。(弥勒=新華社記者/楊宗友)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701331

  • 2019年04月09日
    山あいの美しい村雲南省弥勒市

    9日、空から見た弥勒市西三鎮可邑村。(小型無人機から)中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒(みろく)市西三鎮の山あいにある可邑(かゆう)村は、村の伝統的な構造をよく残している。同村は2013年、特色ある地域づくりを目指す「十百千万戸」モデルプロジェクトを開始。重点モデル地域「美しい家庭」の建設を手始めに、一部の民家を新築し、歴史ある村全体を整備している。かつて老朽化し、立ち遅れていた山村は現在、美しい環境を楽しむ多くの観光客でにぎわう。(弥勒=新華社記者/楊宗友)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701327

  • 2019年04月09日
    山あいの美しい村雲南省弥勒市

    9日に撮影した弥勒市西三鎮可邑村の一角。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒(みろく)市西三鎮の山あいにある可邑(かゆう)村は、村の伝統的な構造をよく残している。同村は2013年、特色ある地域づくりを目指す「十百千万戸」モデルプロジェクトを開始。重点モデル地域「美しい家庭」の建設を手始めに、一部の民家を新築し、歴史ある村全体を整備している。かつて老朽化し、立ち遅れていた山村は現在、美しい環境を楽しむ多くの観光客でにぎわう。(弥勒=新華社記者/楊宗友)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701401

  • 2019年04月09日
    山あいの美しい村雲南省弥勒市

    9日、弥勒市西三鎮可邑村で民族の特色ある装飾品を買い求める観光客。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒(みろく)市西三鎮の山あいにある可邑(かゆう)村は、村の伝統的な構造をよく残している。同村は2013年、特色ある地域づくりを目指す「十百千万戸」モデルプロジェクトを開始。重点モデル地域「美しい家庭」の建設を手始めに、一部の民家を新築し、歴史ある村全体を整備している。かつて老朽化し、立ち遅れていた山村は現在、美しい環境を楽しむ多くの観光客でにぎわう。(弥勒=新華社記者/楊宗友)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701334

  • 2019年04月09日
    山あいの美しい村雲南省弥勒市

    9日、弥勒市西三鎮の「可邑民族餐庁」で食事をする観光客。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒(みろく)市西三鎮の山あいにある可邑(かゆう)村は、村の伝統的な構造をよく残している。同村は2013年、特色ある地域づくりを目指す「十百千万戸」モデルプロジェクトを開始。重点モデル地域「美しい家庭」の建設を手始めに、一部の民家を新築し、歴史ある村全体を整備している。かつて老朽化し、立ち遅れていた山村は現在、美しい環境を楽しむ多くの観光客でにぎわう。(弥勒=新華社記者/楊宗友)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701362

  • 2019年04月09日
    山あいの美しい村雲南省弥勒市

    9日、自宅を出る弥勒市西三鎮可邑村の住民。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒(みろく)市西三鎮の山あいにある可邑(かゆう)村は、村の伝統的な構造をよく残している。同村は2013年、特色ある地域づくりを目指す「十百千万戸」モデルプロジェクトを開始。重点モデル地域「美しい家庭」の建設を手始めに、一部の民家を新築し、歴史ある村全体を整備している。かつて老朽化し、立ち遅れていた山村は現在、美しい環境を楽しむ多くの観光客でにぎわう。(弥勒=新華社記者/楊宗友)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701354

  • 2019年04月09日
    山あいの美しい村雲南省弥勒市

    9日に撮影した弥勒市西三鎮可邑村の一角。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒(みろく)市西三鎮の山あいにある可邑(かゆう)村は、村の伝統的な構造をよく残している。同村は2013年、特色ある地域づくりを目指す「十百千万戸」モデルプロジェクトを開始。重点モデル地域「美しい家庭」の建設を手始めに、一部の民家を新築し、歴史ある村全体を整備している。かつて老朽化し、立ち遅れていた山村は現在、美しい環境を楽しむ多くの観光客でにぎわう。(弥勒=新華社記者/楊宗友)=2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701378

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月12日
    雲南省各地で干ばつ農作物被害面積が400万ムー以上に

    弥勒(みろく)市西三鎮馬竜社区(コミュニティー)にあるため池の給水作業の様子。(資料写真)中国雲南省の各関係部門によると、気象条件の悪化により、同省各地では例年より少雨の状態が続き、干ばつの事態が深刻化している。同省北西部と中部、南部のほとんどの地域で重度の干ばつレベルに達しており、中でも西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州や普洱(プーアル)市、昆明市、曲靖市などは特に深刻な干ばつに見舞われているという。雲南省農業部門はすでに作業チームを派遣し、各地で干ばつ対策救済活動の指導に当たらせている。(昆明=新華社配信/弥勒市政府提供)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:弥勒市政府/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200272

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月12日
    雲南省各地で干ばつ農作物被害面積が400万ムー以上に

    12日、干上がった貯水池の底にたまった泥を取り除く弥勒(みろく)市弥陽鎮の村民。中国雲南省の各関係部門によると、気象条件の悪化により、同省各地では例年より少雨の状態が続き、干ばつの事態が深刻化している。同省北西部と中部、南部のほとんどの地域で重度の干ばつレベルに達しており、中でも西双版納(シーサンパンナ)タイ族自治州や普洱(プーアル)市、昆明市、曲靖市などは特に深刻な干ばつに見舞われているという。雲南省農業部門はすでに作業チームを派遣し、各地で干ばつ対策救済活動の指導に当たらせている。(昆明=新華社配信/弥勒市政府提供)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:弥勒市政府/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200252

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月12日
    雲南省各地で干ばつ農作物被害面積が400万ムー以上に

    干上がった貯水池の底にたまった泥を取り除く弥勒市西一鎮長冲村の人たち。(資料写真)中国雲南省の各関係部門によると、気象条件の悪化により、同省各地では例年より少雨の状態が続き、干ばつの事態が深刻化している。同省北西部と中部、南部のほとんどの地域で重度の干ばつレベルに達しており、中でも西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州や普洱(プーアル)市、昆明市、曲靖市などは特に深刻な干ばつに見舞われているという。雲南省農業部門はすでに作業チームを派遣し、各地で干ばつ対策救済活動の指導に当たらせている。(昆明=新華社配信/弥勒市政府提供)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:弥勒市政府/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200264

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月12日
    雲南省各地で干ばつ農作物被害面積が400万ムー以上に

    貯水量を確保するため、貯水池の底にたまった泥を取り除く弥勒(みろく)市西三鎮馬竜社区(コミュニティー)の村民たち。(資料写真)中国雲南省の各関係部門によると、気象条件の悪化により、同省各地では例年より少雨の状態が続き、干ばつの事態が深刻化している。同省北西部と中部、南部のほとんどの地域で重度の干ばつレベルに達しており、中でも西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州や普洱(プーアル)市、昆明市、曲靖市などは特に深刻な干ばつに見舞われているという。雲南省農業部門はすでに作業チームを派遣し、各地で干ばつ対策救済活動の指導に当たらせている。(昆明=新華社配信/弥勒市政府提供)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:弥勒市政府/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200259

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月12日
    雲南省各地で干ばつ農作物被害面積が400万ムー以上に

    貯水量を確保するため、貯水池の底にたまった泥を取り除く弥勒(みろく)市西三鎮馬竜社区(コミュニティー)の村民たち。(資料写真)中国雲南省の各関係部門によると、気象条件の悪化により、同省各地では例年より少雨の状態が続き、干ばつの事態が深刻化している。同省北西部と中部、南部のほとんどの地域で重度の干ばつレベルに達しており、中でも西双版納(シーサンパンナ)ダイ族自治州や普洱(プーアル)市、昆明市、曲靖市などは特に深刻な干ばつに見舞われているという。雲南省農業部門はすでに作業チームを派遣し、各地で干ばつ対策救済活動の指導に当たらせている。(昆明=新華社配信/弥勒市政府提供)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:弥勒市政府/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200275

  • 00:21.20
    2020年06月10日
    「新華社」素手でれんがを割る物理教師、ネットで人気に雲南省弥勒市

    素手でれんがを割るにはカンフーマスターでなくてもいい、力積と運動量の定理さえ理解していればいい──中国雲南省弥勒市の高校で物理を教える張輝(ちょう・き)先生はこう語る。張先生が素手でれんがを割る動画はインターネットで人気を集め、中国の短文投稿サイト微博(ウェイボー)では「もし張先生のような教師に出会っていたら、高校で私の物理の成績はもっと良かったはず」というコメントに多数の「いいね」が付いた。インターネットで注目されたことに驚いたという張先生は、「あれは授業の導入部だった。あの後に力積と運動量の定理を教えた」と話した。張先生は、れんがの一方の端をいったん持ち上げてからテーブルにたたきつけながら、右手でれんがを切り裂くようにして割ったのだと説明した。こうするとれんがは手の力ではなくむしろテーブルにぶつかった衝撃で割れるのだという。れんが割りのパフォーマンスは抽象的な物理の定理を教える時に張先生が使う独創的な手法の一つだ。高校で14年間物理を教えてきた張先生は、「高校の物理は難しいので視覚的な手法を使って生徒が関心を持つようにしている」と語った。(記者/岳冉冉、呉寒、劉昕宇)<映像内容>物理教師が素手でレンガを割る様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。※画質が良くありません。

    商品コード: 2020061503807

  • 00:52.75
    2021年11月13日
    「新華社」学校の体育祭で火を噴くパフォーマンス、伝統文化を披露雲南省

    中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州の弥勒市第四中学(日本の高校に相当)でこのほど体育祭が行われ、開幕式で披露されたイ族伝統の「戦いの舞い」が注目を集めた。体育クラスの教師が3年生の生徒を引き連れて現れ、口から火を噴くパフォーマンスを展開すると、インターネット上で話題となった。教師の張輝(ちょう・き)さんによると、生徒らの心身のたくましさを示し、地元の火祭りを表現することで、イ族の伝統文化に関心を持ってもらうのが目的だという。(記者/曽維、周磊) =配信日: 2021(令和3)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111310111

  • 2022年07月21日
    (6)観光客でにぎわうブドウ芸術祭雲南省弥勒市

    18日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮でブドウ産業に関する説明を聞く観光客。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮で18日、「2022弥勒・東風韻ブドウ芸術フェスティバル」が開幕した。飾りちょうちん「花灯」や演劇、音楽、グルメなどをテーマとした一連のイベントが行われる。同市では数十年の発展を経て、ブドウ栽培面積が10万ムー(約6700ヘクタール)余りまで拡大した。ブドウ産業を足掛かりに、農業・文化・観光の融合で農村振興を後押しし、観光回復を加速させている。(弥勒=新華社記者/曹夢瑶)= 配信日: 2022(令和4)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072112631

  • 2022年07月21日
    (10)観光客でにぎわうブドウ芸術祭雲南省弥勒市

    18日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮の市場でワインを試飲する観光客。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮で18日、「2022弥勒・東風韻ブドウ芸術フェスティバル」が開幕した。飾りちょうちん「花灯」や演劇、音楽、グルメなどをテーマとした一連のイベントが行われる。同市では数十年の発展を経て、ブドウ栽培面積が10万ムー(約6700ヘクタール)余りまで拡大した。ブドウ産業を足掛かりに、農業・文化・観光の融合で農村振興を後押しし、観光回復を加速させている。(弥勒=新華社記者/曹夢瑶)= 配信日: 2022(令和4)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072112635

  • 2022年07月21日
    (2)観光客でにぎわうブドウ芸術祭雲南省弥勒市

    18日、空から見た雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮。(小型無人機から)中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮で18日、「2022弥勒・東風韻ブドウ芸術フェスティバル」が開幕した。飾りちょうちん「花灯」や演劇、音楽、グルメなどをテーマとした一連のイベントが行われる。同市では数十年の発展を経て、ブドウ栽培面積が10万ムー(約6700ヘクタール)余りまで拡大した。ブドウ産業を足掛かりに、農業・文化・観光の融合で農村振興を後押しし、観光回復を加速させている。(弥勒=新華社記者/曹夢瑶)= 配信日: 2022(令和4)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072112638

  • 00:44.82
    2022年07月21日
    「新華社」観光客でにぎわうブドウ芸術祭雲南省弥勒市

    中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮で18日、「2022弥勒・東風韻ブドウ芸術フェスティバル」が開幕した。飾りちょうちん「花灯」や演劇、音楽、グルメなどをテーマとした一連のイベントが行われる。同市では数十年の発展を経て、ブドウ栽培面積が10万ムー(約6700ヘクタール)余りまで拡大した。ブドウ産業を足掛かりに、農業・文化・観光の融合で農村振興を後押しし、観光回復を加速させている。(記者/馬淮釗、曹夢瑶) =配信日: 2022(令和4)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072112636

  • 2022年07月21日
    (5)観光客でにぎわうブドウ芸術祭雲南省弥勒市

    18日、たわわに実ったブドウを収穫する弥勒市の生産者。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮で18日、「2022弥勒・東風韻ブドウ芸術フェスティバル」が開幕した。飾りちょうちん「花灯」や演劇、音楽、グルメなどをテーマとした一連のイベントが行われる。同市では数十年の発展を経て、ブドウ栽培面積が10万ムー(約6700ヘクタール)余りまで拡大した。ブドウ産業を足掛かりに、農業・文化・観光の融合で農村振興を後押しし、観光回復を加速させている。(弥勒=新華社記者/曹夢瑶)= 配信日: 2022(令和4)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072112625

  • 2022年07月21日
    (3)観光客でにぎわうブドウ芸術祭雲南省弥勒市

    18日、ブドウ芸術フェスティバルの開幕式で展示された地元産のブドウ。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮で18日、「2022弥勒・東風韻ブドウ芸術フェスティバル」が開幕した。飾りちょうちん「花灯」や演劇、音楽、グルメなどをテーマとした一連のイベントが行われる。同市では数十年の発展を経て、ブドウ栽培面積が10万ムー(約6700ヘクタール)余りまで拡大した。ブドウ産業を足掛かりに、農業・文化・観光の融合で農村振興を後押しし、観光回復を加速させている。(弥勒=新華社記者/曹夢瑶)= 配信日: 2022(令和4)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072112621

  • 2022年07月21日
    (7)観光客でにぎわうブドウ芸術祭雲南省弥勒市

    18日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮でライブ配信を通してブドウを販売する生産者。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮で18日、「2022弥勒・東風韻ブドウ芸術フェスティバル」が開幕した。飾りちょうちん「花灯」や演劇、音楽、グルメなどをテーマとした一連のイベントが行われる。同市では数十年の発展を経て、ブドウ栽培面積が10万ムー(約6700ヘクタール)余りまで拡大した。ブドウ産業を足掛かりに、農業・文化・観光の融合で農村振興を後押しし、観光回復を加速させている。(弥勒=新華社記者/曹夢瑶)= 配信日: 2022(令和4)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072112629

  • 2022年07月21日
    (9)観光客でにぎわうブドウ芸術祭雲南省弥勒市

    18日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮でブドウジュースを味わう観光客。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮で18日、「2022弥勒・東風韻ブドウ芸術フェスティバル」が開幕した。飾りちょうちん「花灯」や演劇、音楽、グルメなどをテーマとした一連のイベントが行われる。同市では数十年の発展を経て、ブドウ栽培面積が10万ムー(約6700ヘクタール)余りまで拡大した。ブドウ産業を足掛かりに、農業・文化・観光の融合で農村振興を後押しし、観光回復を加速させている。(弥勒=新華社記者/曹夢瑶)= 配信日: 2022(令和4)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072112634

  • 2022年07月21日
    (4)観光客でにぎわうブドウ芸術祭雲南省弥勒市

    18日、弥勒市東風農場社区で収穫したブドウを見せる生産者。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮で18日、「2022弥勒・東風韻ブドウ芸術フェスティバル」が開幕した。飾りちょうちん「花灯」や演劇、音楽、グルメなどをテーマとした一連のイベントが行われる。同市では数十年の発展を経て、ブドウ栽培面積が10万ムー(約6700ヘクタール)余りまで拡大した。ブドウ産業を足掛かりに、農業・文化・観光の融合で農村振興を後押しし、観光回復を加速させている。(弥勒=新華社記者/曹夢瑶)= 配信日: 2022(令和4)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072112627

  • 2022年07月21日
    (1)観光客でにぎわうブドウ芸術祭雲南省弥勒市

    18日、空から見た雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮。(小型無人機から)中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮で18日、「2022弥勒・東風韻ブドウ芸術フェスティバル」が開幕した。飾りちょうちん「花灯」や演劇、音楽、グルメなどをテーマとした一連のイベントが行われる。同市では数十年の発展を経て、ブドウ栽培面積が10万ムー(約6700ヘクタール)余りまで拡大した。ブドウ産業を足掛かりに、農業・文化・観光の融合で農村振興を後押しし、観光回復を加速させている。(弥勒=新華社記者/曹夢瑶)= 配信日: 2022(令和4)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072112624

  • 2022年07月21日
    (8)観光客でにぎわうブドウ芸術祭雲南省弥勒市

    18日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮で地元産のブドウを選ぶ観光客。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州弥勒市の東風韻小鎮で18日、「2022弥勒・東風韻ブドウ芸術フェスティバル」が開幕した。飾りちょうちん「花灯」や演劇、音楽、グルメなどをテーマとした一連のイベントが行われる。同市では数十年の発展を経て、ブドウ栽培面積が10万ムー(約6700ヘクタール)余りまで拡大した。ブドウ産業を足掛かりに、農業・文化・観光の融合で農村振興を後押しし、観光回復を加速させている。(弥勒=新華社記者/曹夢瑶)= 配信日: 2022(令和4)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072112633

  • 1