KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • ちょう
  • 令和
  • 平成
  • 天問
  • 成功
  • 火星探査機
  • 設計
  • 中国国家航天局
  • 技術

「張栄」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
24
( 1 24 件を表示)
  • 1
24
( 1 24 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年03月11日
    第13期全人代第1回会議、第3回全体会議で「代表通路」取材行われる

    11日、「代表通路」で取材を受ける全人代代表の張栄氏。中国第13期全国人民代表大会(全人代)第1回会議は11日、北京の人民大会堂で第3回全体会議を開催した。(北京=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018031301203

  • 2018年03月11日
    第13期全人代第1回会議、第3回全体会議で「代表通路」取材行われる

    11日、「代表通路」で取材を受ける全人代代表の劉慶峰氏(右)、ジャ・ジャンクー(賈樟柯)氏(左)、張栄氏(中)。中国第13期全国人民代表大会(全人代)第1回会議は11日、北京の人民大会堂で第3回全体会議を開催した。(北京=新華社記者/王建華)=2018(平成30)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018031301233

  • 2018年03月11日
    第13期全人代第1回会議、第3回全体会議で「代表通路」取材行われる

    11日、「代表通路」で取材を受ける全人代代表の劉慶峰氏(右)、ジャ・ジャンクー(賈樟柯)氏(左)、張栄氏(中)。中国第13期全国人民代表大会(全人代)第1回会議は11日、北京の人民大会堂で第3回全体会議を開催した。(北京=新華社記者/王建華)=2018(平成30)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018031301198

  • 2018年10月19日
    故郷で起業し、貧困者や障害者を支援江西省奉新県

    19日、竹で作ったギターを調整する張栄相さん。中国江西省奉新(ほうしん)県仰山(ぎょうざん)郷に住む張栄相(ちょう・えいしょう)さんは、「北漂」(地方から北京に出て生活すること)で長年培った技術と蓄えを持って帰郷し、故郷の竹を扱う企業を立ち上げた。地元の山岳地帯に生息するモウソウチクの資源を利用して、快板(打楽器の一種)やドラムスティック、竹笛、竹製ギターなどの楽器や関連製品に加工。インターネットを通して製品を中国各地に販売している。また、地元政府とともに的確な貧困対策に取り組み、50人の障害者や貧困者の雇用を支援。収入の増加による貧困脱却を促進している。(奉新=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102307570

  • 2018年10月19日
    故郷で起業し、貧困者や障害者を支援江西省奉新県

    19日、従業員に竹笛の調整方法について指導する張栄相さん(右)。中国江西省奉新(ほうしん)県仰山(ぎょうざん)郷に住む張栄相(ちょう・えいしょう)さんは、「北漂」(地方から北京に出て生活すること)で長年培った技術と蓄えを持って帰郷し、故郷の竹を扱う企業を立ち上げた。地元の山岳地帯に生息するモウソウチクの資源を利用して、快板(打楽器の一種)やドラムスティック、竹笛、竹製ギターなどの楽器や関連製品に加工。インターネットを通して製品を中国各地に販売している。また、地元政府とともに的確な貧困対策に取り組み、50人の障害者や貧困者の雇用を支援。収入の増加による貧困脱却を促進している。(奉新=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102307412

  • 2018年10月19日
    故郷で起業し、貧困者や障害者を支援江西省奉新県

    19日、インターネットを通して楽器を販売する障害をもつ従業員(手前)。中国江西省奉新(ほうしん)県仰山(ぎょうざん)郷に住む張栄相(ちょう・えいしょう)さんは、「北漂」(地方から北京に出て生活すること)で長年培った技術と蓄えを持って帰郷し、故郷の竹を扱う企業を立ち上げた。地元の山岳地帯に生息するモウソウチクの資源を利用して、快板(打楽器の一種)やドラムスティック、竹笛、竹製ギターなどの楽器や関連製品に加工。インターネットを通して製品を中国各地に販売している。また、地元政府とともに的確な貧困対策に取り組み、50人の障害者や貧困者の雇用を支援。収入の増加による貧困脱却を促進している。(奉新=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102307610

  • 2018年10月19日
    故郷で起業し、貧困者や障害者を支援江西省奉新県

    19日、張栄相さんの企業が製造した竹製楽器を見学する観光客。中国江西省奉新(ほうしん)県仰山(ぎょうざん)郷に住む張栄相(ちょう・えいしょう)さんは、「北漂」(地方から北京に出て生活すること)で長年培った技術と蓄えを持って帰郷し、故郷の竹を扱う企業を立ち上げた。地元の山岳地帯に生息するモウソウチクの資源を利用して、快板(打楽器の一種)やドラムスティック、竹笛、竹製ギターなどの楽器や関連製品に加工。インターネットを通して製品を中国各地に販売している。また、地元政府とともに的確な貧困対策に取り組み、50人の障害者や貧困者の雇用を支援。収入の増加による貧困脱却を促進している。(奉新=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102307536

  • 2019年01月23日
    ボクシング中国代表、東京五輪に向けヒューストンで特訓

    23日、米ヒューストンで地元選手と練習試合を行う70キロ級の張栄(ちょう・えい)。ボクシング中国代表はこのほど、2020年東京五輪に向け、米コロラド州とテキサス州ヒューストンでトレーニングを行った。(ヒューストン=新華社配信/宋穹)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821618

  • 03:15.43
    2019年07月30日
    「新華社」チワン族の里に伝わる「水竹花傘」雲南省

    中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県一帯を中心に伝わるチワン族の「水竹花傘」には400年余りの歴史があるが、現在、制作技術を受け継いでいるのは同県官寨郷向陽村に住む89歳の張栄華(ちょう・えいか)さんと孫の張国慶(ちょう・こくけい)さんの2人だけだ。水竹花傘は地元の良質な水竹を使い、のこぎりで竹を切って短冊状にし、紙を貼って紋様を付けるなど80余りの工程を経て手作業で作り上げられるため、完成に3~5日を要する。かつては雨よけだけでなく、婚礼儀式にも欠かせないものだった。時代の移り変わりとともにステンレス製の折りたたみ傘に徐々に取って代わられているが、張さんらは今も水竹花傘の製作技術を守り続けている。(記者/楊牧源)<映像内容>チワン族の「水竹花傘」製作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073100898

  • 2019年11月14日
    中国の火星探査任務初公開実施は来年

    14日、河北省懐来県で行われた中国の火星探査任務のテスト現場で状況を説明するチーフデザイナーの張栄橋(ちょう・えいきょう)氏。中国初となる火星探査任務の着陸機ホバリング・障害回避テストが14日、河北省懐来県で完了した。今回のテストは中国の火星探査任務として初めて公開されたもので、着陸機が火星でのホバリングや障害物回避、減速降下の過程をシミュレーションし、着陸機の設計の正確性について、総合的な検証を行った。(懐来=新華社記者/金立旺)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501301

  • 2021年02月11日
    (5)中国の探査機「天問1号」、火星の周回軌道入りに成功

    10日、北京航天飛行制御センターで取材に応じる中国火星探査プロジェクトチーフの張栄橋(ちょう・えいきょう)氏(左端)。中国の火星探査機「天問1号」は打ち上げから7カ月近くの飛行を経て10日、火星周回軌道に入ることに成功した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021100613

  • 00:52.28
    2021年02月12日
    「新華社」天竜山石窟の仏頭、約100年ぶりに「帰国」

    中国国家文物局は11日、山西省太原市の天竜山石窟第8窟から100年近く前に盗まれ、日本に持ち込まれていた仏頭が中国に戻ったと明らかにした。中国に昨年「帰国」した100点目の流出文化財で、日本から同石窟の仏像が戻ってきたのはこの100年近くで初めてになるという。仏頭は日本で個人が所有していたが、昨年9月に競売に出品されたことを受け、同局が競売商に競売の中止と中国への引き渡しを求めていた。競売商の在日華僑、張栄(ちょう・えい)董事長が昨年10月に所有者から仏頭を買い取り、中国政府に寄贈することを決定。引き渡し式が行われた後、同12月に北京に到着した。鑑定した専門家によると、仏頭は天竜山石窟第8窟北壁の仏龕(ぶつがん)にある仏像の頭部で、1924年ごろに盗まれたと考えられる。鑑定結果を踏まえ、国家1級文化財に暫定指定された。天竜山石窟は、北朝末期から隋・唐代にかけて開削された。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。同局によると、1920年代の大規模な盗掘で240体以上の彫像が盗まれ、現在も日本、欧米の博物館や個人が所蔵する。中国の石窟寺院の中で破壊の程度が最も痛ましいとされる。仏頭は12日から3月14日まで、北京魯迅博物館の「咸同斯福-天竜山石窟国宝帰還とデジタル復元特別展」で公開。特別展終了後は天竜山石窟に戻され、太原市天竜山石窟博物館で収蔵、展示される。(記者/馬志異、王学濤、解園) =配信日: 2021(令和3)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500182

  • 2021年04月12日
    撮影制止する当局者 「これが民主」住民誇る

    村民委選の投票日に、張栄さんが外出を妨害される様子の撮影を制止しようとする当局者=1日、中国河北省唐山(共同)

    商品コード: 2021041211484

  • 2021年04月12日
    担ぎ上げられる張栄さん 「これが民主」住民誇る

    村幹部を選ぶ村民委選の投票日に、経営する高齢者ホームの敷地内で当局者(画面中央左)に担ぎ上げられ外出を妨害される張栄さん。施設内に留め置かれ投票はできなかった=1日、中国河北省唐山(共同)

    商品コード: 2021041211491

  • 2021年04月12日
    外出を妨害される張栄さん 「これが民主」住民誇る

    村幹部を選ぶ村民委選の投票日に、経営する高齢者ホームのゲートを当局者に閉められ外出を妨害される張栄さん(右)。施設内に留め置かれ投票はできなかった=1日、中国河北省唐山(共同)

    商品コード: 2021041211479

  • 2021年05月15日
    (10)中国の探査機「天問1号」、火星着陸に成功

    15日、取材に応じる中国初の火星探査ミッションを担当した張栄橋(ちょう・えいきょう)総設計師(チーフデザイナー)。中国の火星探査機「天問1号」が15日午前7時18分(日本時間同8時18分)、火星のユートピア平原への着陸に成功した。中国国家航天局が明らかにした。(北京=新華社記者/饒愛民)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051600363

  • 2021年05月15日
    (12)中国の探査機「天問1号」、火星着陸に成功

    15日、火星探査車について説明する、中国初の火星探査ミッションを担当した張栄橋(ちょう・えいきょう)総設計師(チーフデザイナー)。中国の火星探査機「天問1号」が15日午前7時18分(日本時間同8時18分)、火星のユートピア平原への着陸に成功した。中国国家航天局が明らかにした。(北京=新華社記者/饒愛民)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051600691

  • 2021年05月15日
    中国の探査機「天問1号」、火星着陸に成功

    15日、天問1号の着陸巡視機について説明する、中国初の火星探査ミッションを担当した張栄橋(ちょう・えいきょう)総設計師(チーフデザイナー)。中国の火星探査機「天問1号」が15日午前7時18分(日本時間同8時18分)、火星のユートピア平原への着陸に成功した。中国国家航天局が明らかにした。(北京=新華社記者/饒愛民)=2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051710263

  • 2021年05月22日
    (4)中国の「祝融号」探査車、火星表面に到着

    22日、北京航天飛行制御センターで、探査車が着陸プラットフォームを離れた後に話し合う、火星探査ミッションの張栄橋(ちょう・えいきょう)総設計師(右)と中国月探査プロジェクト総設計師で中国工程院院士(アカデミー会員)の呉偉仁(ご・いじん)氏(左から2人目)。中国国家航天局は22日、テレメトリーデータからの判断に基づき、火星探査機「天問1号」に搭載した「祝融号」探査車が同日午前10時40分、着陸プラットフォームを無事に離れて火星表面に到着し、巡回探査を開始したと発表した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052209755

  • 2021年06月11日
    (7)中国、火星探査機「天問1号」着陸後の画像第1陣を公開

    11日、報道陣に画像について説明する中国初の火星探査ミッションを担当した張栄橋(ちょう・えいきょう)総設計師(チーフデザイナー、写真奥右)。中国国家航天局は11日、火星探査機「天問1号」から火星着陸後に送信された画像の第1陣を北京で公開した。探査車「祝融号」が撮影した着陸エリアの周辺や火星の地表、着陸機、探査車と着陸機が並んで写っている画像などで、これにより中国初の火星探査ミッションが無事成功したことを示した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061105934

  • 2021年06月11日
    (6)中国、火星探査機「天問1号」着陸後の画像第1陣を公開

    11日、報道陣に画像について説明する中国初の火星探査ミッションを担当した張栄橋(ちょう・えいきょう)総設計師(チーフデザイナー、写真奥右)。中国国家航天局は11日、火星探査機「天問1号」から火星着陸後に送信された画像の第1陣を北京で公開した。探査車「祝融号」が撮影した着陸エリアの周辺や火星の地表、着陸機、探査車と着陸機が並んで写っている画像などで、これにより中国初の火星探査ミッションが無事成功したことを示した。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061105972

  • 2021年07月28日
    (3)天竜山石窟の仏頭、海外流失から100年ぶりに帰郷山西省

    24日、天竜山石窟博物館を見学する仏頭寄贈者の張栄(ちょう・えい)氏。中国山西省太原市の天竜山石窟から盗まれ、約100年間海外に流出していた仏頭が故郷に戻った。天竜山石窟博物館が24日、特別展「復興道中国宝帰郷」を開き、この仏頭「天竜山石窟第8窟北壁主尊仏首」を公開した。同石窟から海外へ流出した多くの文化財のうち、「帰郷」を果たしたのは今回が初めて。(太原=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072904444

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.96
    2021年07月28日
    「新華社」天竜山石窟の仏頭、海外流失から100年ぶりに帰郷山西省

    中国山西省太原市の天竜山石窟から盗まれ、約100年間海外に流出していた仏頭が故郷に戻った。天竜山石窟博物館が24日、特別展「復興道中国宝帰郷」を開き、この仏頭「天竜山石窟第8窟北壁主尊仏首」を公開した。同石窟から海外へ流出した多くの文化財のうち、「帰郷」を果たしたのは今回が初めて。天竜山石窟は同市西山にある。北朝東魏時代に開削が始まり、北斉、隋、唐など各時代に造営が進んだ。洞窟25カ所、仏像500余体が現存しており、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。同石窟は1920年代、大規模な盗掘に遭った。仏像240体以上が盗まれ、うち150体余りが海外の博物館や個人のコレクションになるという国内の石窟寺院で最も悲惨な被害を受けた。第8窟は唯一の隋代石窟で、1400年余りの歴史がある。精美な彫刻は、艶めかしく豊満な体つきの唐代スタイルの先駆けとなった。国家文物局は2020年9月14日、同仏頭が日本の東瀛国際オークションに出品されるとの情報をつかみ、直ちに競売会社に連絡し競売を撤回させた。その後、同局の働き掛けにより在日華人で競売商の張栄(ちょう・えい)氏が日本の所有者の人と交渉して買い入れ、中国政府に無償で寄贈した。仏頭は2020年12月12日、北京に到着した。張氏は、仏頭の寄贈が自身の人生で一里塚的意義を持つと強調。今回の寄贈を通じ、多くの人が文化財帰国事業に参加するよう促したいと述べた。国家文物局の李群(り・ぐん)局長は、石窟寺院からの流出物を含め、中国政府が過去に盗難に遭った文化財と不法に輸出された文化財の返還請求権を留保していると説明。第14次5カ年規画(2021~25年)期間に資源調査や法律整備、能力建設などの作業を段階的に進め、可能かつ必要なあらゆるルートを通じ、より多くの文化財の返還請求を促し成功させると語った。(記者/施雨岑、韓依格、王学濤、徐偉) =配信日: 2021(令和3)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072904525

  • 01:47.56
    2021年10月03日
    Mega water diversion project benefits fruit growers in Henan, China

    STORY: Mega water diversion project benefits fruit growers in Henan, ChinaDATELINE: Oct. 3, 2021LENGTH: 00:01:48LOCATION: NANYANG, ChinaCATEGORY: ECONOMYSHOTLIST:1. various of Zouzhuang Village2. SOUNDBITE 1 (Chinese): ZHANG RONGXIA, Fruit grower of Xichuan County3. various of fruit growers working in the demonstration park4. various of Zou Huiyan and his staff working at his restaurant5. SOUNDBITE 2 (Chinese): ZOU HUIYAN, Zhouzhuang villagerSTORYLINE:Residents in Xichuan County, in Henan, China, have benefited from a massive water-diversionIn Zouzhuang Village, at a fruit and vegetable sightseeing demonstration park, fruit grower Zhang Rongxia is busy with harvesting kiwifruits.SOUNDBITE 1 (Chinese): ZHANG RONGXIA, Fruit grower of Xichuan County“There are five people in our family, and each person is allocated 1.4 mu (0.0346 acres) of farmland. Wheat, corn, peanuts an.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100408734

  • 1