KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • ちょう
  • 中国武術
  • 修得
  • 努力
  • 参加
  • 夫妻
  • 宗家
  • 専門家
  • 指導

「張煒」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:12.83
    2018年08月27日
    「新華社」【字幕あり】崆峒山麓の「高齢武侠夫婦」

    朝霧が立ち込める中、中国甘粛省平涼(へいりょう)市の崆峒(こうどう)山で二人の白髪の老人が剣舞を始めた。その機敏な動作は、二人が80歳だということを全く感じさせない。【解説】岳起中さんは甘粛省平涼市に住む、ごく普通の定年退職したサラリーマン。崆峒武術は22歳から続けている。すでに80歳を過ぎた高齢にもかかわらず、長年にわたり武術を学んできた彼は、手足の動作も機敏で、耳も目もはっきりしており、剣舞を舞う時に手に持った約1メートルの長さの銅製の煙草袋が非常に力強い。そして彼の連れ合いの張煒英さんも全く遜色なく、二人は時々腕比べをすることもある。崆峒山は甘粛省平涼市にあり、古代シルクロードの関中の西に位置する要塞だった。この地に生まれた崆峒武術の歴史は古く、「庄子」「爾雅」などの古書に「空同の人と武」の記載がある。今では武侠小説の中の武術の達人に出会うことは難しいが、崆峒武術は体を鍛え健康を維持する運動として、民間の生活に今も人気がある。(記者/多蕾)<映像内容>武術を披露する高齢夫婦のインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018082822912

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、自宅で武術の稽古時の注意点について説明する岳起中さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704853

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、平涼市文化館で、生徒と崆峒派武術の稽古に励む張煒英さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704849

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、平涼市崆峒区の柳湖公園で、崆峒派武術の棍(こん)術の稽古に励む岳起中さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704782

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、平涼市崆峒区の柳湖公園で、崆峒派武術の稽古に励む岳起中さんと張煒英さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704831

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、平涼市崆峒区の柳湖公園で、崆峒派武術の稽古に励む岳起中さんと張煒英さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704847

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、平涼市崆峒区の柳湖公園で、崆峒派武術の稽古に励む岳起中さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704856

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、夫妻が武術大会で獲得したメダル。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704739

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、平涼市崆峒区の柳湖公園で、崆峒派武術の稽古に励む張煒英さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704753

  • 2020年10月12日
    崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    12日、平涼市崆峒区の柳湖公園で、崆峒派武術の稽古に励む張煒英さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704838

  • 00:49.34
    2020年10月23日
    「新華社」崆峒派武術の稽古に励む80代夫婦甘粛省平涼市

    中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区に暮らす80代の岳起中(がく・きちゅう)さんと張煒英(ちょう・いえい)さん夫妻は、若い頃から60年以上にわたって崆峒派武術の稽古を続けている。2人は日々の稽古に励みながら、自身が修得した武術の「極意」を武術愛好家に教えている。また、この武術をより多くの人に知ってもらうため、各地で行われる大会にも参加している。崆峒派は、同市の崆峒山を本山とする中国伝統武術の主要流派の一つ。ここ数年、専門家や国内外の武術愛好家の努力により、中国西北地区の武術が国外でも注目を集めている。崆峒派の第10代掌派人(宗家)、燕飛霞(えん・ひか)氏は長年日本に滞在し、東京などで崆峒派武術の指導を行っていた。(記者/多蕾)<映像内容>崆峒派武術の稽古の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102703370

  • 1