KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 技術
  • 人気
  • 発展
  • ちょう
  • らい
  • インスピレーション
  • ポーチ
  • 事業

「張磊」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
32
( 1 32 件を表示)
  • 1
32
( 1 32 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2010年11月17日
    張磊と握手する北津留翼 自転車男子スプリント

    男子スプリント決勝のレース後、優勝した中国の張磊(左)と握手する2位の北津留翼=広州自転車競技場(共同)

    商品コード: 2010111700388

  • 2019年01月01日
    2019年、新たな年を迎えて

    1日、中国山東省日照市の万平口風景区にあるビーチで、新年を迎える寒中水泳の愛好者。新年初日にあたる1日、人々は思い思いの方法で新年の訪れを祝っていた。(日照=新華社配信/張磊)=2019(平成31)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624038

  • 2019年09月06日
    つづれ織りの技法を伝える「80後」の伝承者江蘇省南京市

    6日、張磊さんが手作りしたうちわの数々。今年35歳になる張磊(ちょう・らい)さんは、中国江蘇省南京市生まれ。19歳で同省蘇州市に住む先生に弟子入りしてから、「緙絲(こくし)」と呼ばれるつづれ織り(絵織り)と「縁を結んだ」。つづれ織りを知り、強く惹かれるようになってから技術を身につけるまでに、5年かかった。2012年に自身の工房を設立、つづれ織りを自分の事業として発展させようという志を立てた。日ごろから技法を研究し、古いものを集め、昔の人と「対話」するところからインスピレーションを得て、技を磨き続けたいと思っている。現在、張さんが昔ながらの技法と現代人の美的センスを結びつけて作ったつづれ織りのうちわや額絵、ポーチなどの手工芸品が人気を集めているという。このほど、弟子を迎えた張さんは、「これからもつづれ織りに励んでいく」と意気込みを見せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091003243

  • 2019年09月06日
    つづれ織りの技法を伝える「80後」の伝承者江蘇省南京市

    6日、工房で自身が手作りしたうちわをチェックする張磊さん。今年35歳になる張磊(ちょう・らい)さんは、中国江蘇省南京市生まれ。19歳で同省蘇州市に住む先生に弟子入りしてから、「緙絲(こくし)」と呼ばれるつづれ織り(絵織り)と「縁を結んだ」。つづれ織りを知り、強く惹かれるようになってから技術を身につけるまでに、5年かかった。2012年に自身の工房を設立、つづれ織りを自分の事業として発展させようという志を立てた。日ごろから技法を研究し、古いものを集め、昔の人と「対話」するところからインスピレーションを得て、技を磨き続けたいと思っている。現在、張さんが昔ながらの技法と現代人の美的センスを結びつけて作ったつづれ織りのうちわや額絵、ポーチなどの手工芸品が人気を集めているという。このほど、弟子を迎えた張さんは、「これからもつづれ織りに励んでいく」と意気込みを見せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091003307

  • 2019年09月06日
    つづれ織りの技法を伝える「80後」の伝承者江蘇省南京市

    6日、工房でつづれ織りを織る張磊さん。今年35歳になる張磊(ちょう・らい)さんは、中国江蘇省南京市生まれ。19歳で同省蘇州市に住む先生に弟子入りしてから、「緙絲(こくし)」と呼ばれるつづれ織り(絵織り)と「縁を結んだ」。つづれ織りを知り、強く惹かれるようになってから技術を身につけるまでに、5年かかった。2012年に自身の工房を設立、つづれ織りを自分の事業として発展させようという志を立てた。日ごろから技法を研究し、古いものを集め、昔の人と「対話」するところからインスピレーションを得て、技を磨き続けたいと思っている。現在、張さんが昔ながらの技法と現代人の美的センスを結びつけて作ったつづれ織りのうちわや額絵、ポーチなどの手工芸品が人気を集めているという。このほど、弟子を迎えた張さんは、「これからもつづれ織りに励んでいく」と意気込みを見せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091003255

  • 2019年09月06日
    つづれ織りの技法を伝える「80後」の伝承者江蘇省南京市

    6日、張磊さんが使うつづれ織りの道具。今年35歳になる張磊(ちょう・らい)さんは、中国江蘇省南京市生まれ。19歳で同省蘇州市に住む先生に弟子入りしてから、「緙絲(こくし)」と呼ばれるつづれ織り(絵織り)と「縁を結んだ」。つづれ織りを知り、強く惹かれるようになってから技術を身につけるまでに、5年かかった。2012年に自身の工房を設立、つづれ織りを自分の事業として発展させようという志を立てた。日ごろから技法を研究し、古いものを集め、昔の人と「対話」するところからインスピレーションを得て、技を磨き続けたいと思っている。現在、張さんが昔ながらの技法と現代人の美的センスを結びつけて作ったつづれ織りのうちわや額絵、ポーチなどの手工芸品が人気を集めているという。このほど、弟子を迎えた張さんは、「これからもつづれ織りに励んでいく」と意気込みを見せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091003259

  • 2019年09月06日
    つづれ織りの技法を伝える「80後」の伝承者江蘇省南京市

    6日、工房でつづれ織りを織る張磊さん。今年35歳になる張磊(ちょう・らい)さんは、中国江蘇省南京市生まれ。19歳で同省蘇州市に住む先生に弟子入りしてから、「緙絲(こくし)」と呼ばれるつづれ織り(絵織り)と「縁を結んだ」。つづれ織りを知り、強く惹かれるようになってから技術を身につけるまでに、5年かかった。2012年に自身の工房を設立、つづれ織りを自分の事業として発展させようという志を立てた。日ごろから技法を研究し、古いものを集め、昔の人と「対話」するところからインスピレーションを得て、技を磨き続けたいと思っている。現在、張さんが昔ながらの技法と現代人の美的センスを結びつけて作ったつづれ織りのうちわや額絵、ポーチなどの手工芸品が人気を集めているという。このほど、弟子を迎えた張さんは、「これからもつづれ織りに励んでいく」と意気込みを見せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091003227

  • 2019年09月06日
    つづれ織りの技法を伝える「80後」の伝承者江蘇省南京市

    6日、工房でつづれ織りの下絵を描く張磊さん。今年35歳になる張磊(ちょう・らい)さんは、中国江蘇省南京市生まれ。19歳で同省蘇州市に住む先生に弟子入りしてから、「緙絲(こくし)」と呼ばれるつづれ織り(絵織り)と「縁を結んだ」。つづれ織りを知り、強く惹かれるようになってから技術を身につけるまでに、5年かかった。2012年に自身の工房を設立、つづれ織りを自分の事業として発展させようという志を立てた。日ごろから技法を研究し、古いものを集め、昔の人と「対話」するところからインスピレーションを得て、技を磨き続けたいと思っている。現在、張さんが昔ながらの技法と現代人の美的センスを結びつけて作ったつづれ織りのうちわや額絵、ポーチなどの手工芸品が人気を集めているという。このほど、弟子を迎えた張さんは、「これからもつづれ織りに励んでいく」と意気込みを見せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091003267

  • 2019年09月06日
    つづれ織りの技法を伝える「80後」の伝承者江蘇省南京市

    6日、工房で張磊さんがつづれ織りを織っている。今年35歳になる張磊(ちょう・らい)さんは、中国江蘇省南京市生まれ。19歳で同省蘇州市に住む先生に弟子入りしてから、「緙絲(こくし)」と呼ばれるつづれ織り(絵織り)と「縁を結んだ」。つづれ織りを知り、強く惹かれるようになってから技術を身につけるまでに、5年かかった。2012年に自身の工房を設立、つづれ織りを自分の事業として発展させようという志を立てた。日ごろから技法を研究し、古いものを集め、昔の人と「対話」するところからインスピレーションを得て、技を磨き続けたいと思っている。現在、張さんが昔ながらの技法と現代人の美的センスを結びつけて作ったつづれ織りのうちわや額絵、ポーチなどの手工芸品が人気を集めているという。このほど、弟子を迎えた張さんは、「これからもつづれ織りに励んでいく」と意気込みを見せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091003314

  • 2019年09月06日
    つづれ織りの技法を伝える「80後」の伝承者江蘇省南京市

    6日、工房でうちわの空枠を作る張磊さん。今年35歳になる張磊(ちょう・らい)さんは、中国江蘇省南京市生まれ。19歳で同省蘇州市に住む先生に弟子入りしてから、「緙絲(こくし)」と呼ばれるつづれ織り(絵織り)と「縁を結んだ」。つづれ織りを知り、強く惹かれるようになってから技術を身につけるまでに、5年かかった。2012年に自身の工房を設立、つづれ織りを自分の事業として発展させようという志を立てた。日ごろから技法を研究し、古いものを集め、昔の人と「対話」するところからインスピレーションを得て、技を磨き続けたいと思っている。現在、張さんが昔ながらの技法と現代人の美的センスを結びつけて作ったつづれ織りのうちわや額絵、ポーチなどの手工芸品が人気を集めているという。このほど、弟子を迎えた張さんは、「これからもつづれ織りに励んでいく」と意気込みを見せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091003288

  • 2019年09月06日
    つづれ織りの技法を伝える「80後」の伝承者江蘇省南京市

    6日、張磊さんが手作りしたうちわ。今年35歳になる張磊(ちょう・らい)さんは、中国江蘇省南京市生まれ。19歳で同省蘇州市に住む先生に弟子入りしてから、「緙絲(こくし)」と呼ばれるつづれ織り(絵織り)と「縁を結んだ」。つづれ織りを知り、強く惹かれるようになってから技術を身につけるまでに、5年かかった。2012年に自身の工房を設立、つづれ織りを自分の事業として発展させようという志を立てた。日ごろから技法を研究し、古いものを集め、昔の人と「対話」するところからインスピレーションを得て、技を磨き続けたいと思っている。現在、張さんが昔ながらの技法と現代人の美的センスを結びつけて作ったつづれ織りのうちわや額絵、ポーチなどの手工芸品が人気を集めているという。このほど、弟子を迎えた張さんは、「これからもつづれ織りに励んでいく」と意気込みを見せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091003203

  • 2019年09月06日
    つづれ織りの技法を伝える「80後」の伝承者江蘇省南京市

    6日、工房でつづれ織りを織る張磊さん。今年35歳になる張磊(ちょう・らい)さんは、中国江蘇省南京市生まれ。19歳で同省蘇州市に住む先生に弟子入りしてから、「緙絲(こくし)」と呼ばれるつづれ織り(絵織り)と「縁を結んだ」。つづれ織りを知り、強く惹かれるようになってから技術を身につけるまでに、5年かかった。2012年に自身の工房を設立、つづれ織りを自分の事業として発展させようという志を立てた。日ごろから技法を研究し、古いものを集め、昔の人と「対話」するところからインスピレーションを得て、技を磨き続けたいと思っている。現在、張さんが昔ながらの技法と現代人の美的センスを結びつけて作ったつづれ織りのうちわや額絵、ポーチなどの手工芸品が人気を集めているという。このほど、弟子を迎えた張さんは、「これからもつづれ織りに励んでいく」と意気込みを見せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091003224

  • 2019年09月06日
    つづれ織りの技法を伝える「80後」の伝承者江蘇省南京市

    6日、工房でつづれ織りの下絵を描く張磊さん。今年35歳になる張磊(ちょう・らい)さんは、中国江蘇省南京市生まれ。19歳で同省蘇州市に住む先生に弟子入りしてから、「緙絲(こくし)」と呼ばれるつづれ織り(絵織り)と「縁を結んだ」。つづれ織りを知り、強く惹かれるようになってから技術を身につけるまでに、5年かかった。2012年に自身の工房を設立、つづれ織りを自分の事業として発展させようという志を立てた。日ごろから技法を研究し、古いものを集め、昔の人と「対話」するところからインスピレーションを得て、技を磨き続けたいと思っている。現在、張さんが昔ながらの技法と現代人の美的センスを結びつけて作ったつづれ織りのうちわや額絵、ポーチなどの手工芸品が人気を集めているという。このほど、弟子を迎えた張さんは、「これからもつづれ織りに励んでいく」と意気込みを見せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091003262

  • 2019年09月06日
    つづれ織りの技法を伝える「80後」の伝承者江蘇省南京市

    6日、工房で本をめくり、そこからインスピレーションを得る張磊さん。今年35歳になる張磊(ちょう・らい)さんは、中国江蘇省南京市生まれ。19歳で同省蘇州市に住む先生に弟子入りしてから、「緙絲(こくし)」と呼ばれるつづれ織り(絵織り)と「縁を結んだ」。つづれ織りを知り、強く惹かれるようになってから技術を身につけるまでに、5年かかった。2012年に自身の工房を設立、つづれ織りを自分の事業として発展させようという志を立てた。日ごろから技法を研究し、古いものを集め、昔の人と「対話」するところからインスピレーションを得て、技を磨き続けたいと思っている。現在、張さんが昔ながらの技法と現代人の美的センスを結びつけて作ったつづれ織りのうちわや額絵、ポーチなどの手工芸品が人気を集めているという。このほど、弟子を迎えた張さんは、「これからもつづれ織りに励んでいく」と意気込みを見せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091003192

  • 2019年09月06日
    つづれ織りの技法を伝える「80後」の伝承者江蘇省南京市

    6日、工房でつづれ織りの作品にアイロンをかける張磊さん。今年35歳になる張磊(ちょう・らい)さんは、中国江蘇省南京市生まれ。19歳で同省蘇州市に住む先生に弟子入りしてから、「緙絲(こくし)」と呼ばれるつづれ織り(絵織り)と「縁を結んだ」。つづれ織りを知り、強く惹かれるようになってから技術を身につけるまでに、5年かかった。2012年に自身の工房を設立、つづれ織りを自分の事業として発展させようという志を立てた。日ごろから技法を研究し、古いものを集め、昔の人と「対話」するところからインスピレーションを得て、技を磨き続けたいと思っている。現在、張さんが昔ながらの技法と現代人の美的センスを結びつけて作ったつづれ織りのうちわや額絵、ポーチなどの手工芸品が人気を集めているという。このほど、弟子を迎えた張さんは、「これからもつづれ織りに励んでいく」と意気込みを見せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091003301

  • 2019年09月06日
    つづれ織りの技法を伝える「80後」の伝承者江蘇省南京市

    6日、工房でうちわの空枠を作る張磊さん。今年35歳になる張磊(ちょう・らい)さんは、中国江蘇省南京市生まれ。19歳で同省蘇州市に住む先生に弟子入りしてから、「緙絲(こくし)」と呼ばれるつづれ織り(絵織り)と「縁を結んだ」。つづれ織りを知り、強く惹かれるようになってから技術を身につけるまでに、5年かかった。2012年に自身の工房を設立、つづれ織りを自分の事業として発展させようという志を立てた。日ごろから技法を研究し、古いものを集め、昔の人と「対話」するところからインスピレーションを得て、技を磨き続けたいと思っている。現在、張さんが昔ながらの技法と現代人の美的センスを結びつけて作ったつづれ織りのうちわや額絵、ポーチなどの手工芸品が人気を集めているという。このほど、弟子を迎えた張さんは、「これからもつづれ織りに励んでいく」と意気込みを見せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091003238

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月16日
    在宅で参加可能なオンライン就職説明会開催山西省太原市

    16日、オンライン就職説明会で、電気工事企業の責任者とビデオ通話する太原理工大学現代科技学院の袁群芳(えん・ぐんほう)院長。中国山西省の太原理工大学現代科技学院が17日、一風変わった就職説明会を開催した。これまでの現場で実際に対面する説明会と異なり、企業がネット上に求人情報を出し、卒業生がオンラインで履歴書を提出、両者が音声通話やビデオ通話で面接を行う「オンライン就職説明会」となっている。(太原=新華社記者/張磊)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031923914

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月16日
    在宅で参加可能なオンライン就職説明会開催山西省太原市

    16日、オンライン就職説明会で、卒業生の劉天武(りゅう・てんぶ)さんとビデオ通話する太原理工大学現代科技学院の田忠剛(でん・ちゅうごう)党委員会書記。中国山西省の太原理工大学現代科技学院が17日、一風変わった就職説明会を開催した。これまでの現場で実際に対面する説明会と異なり、企業がネット上に求人情報を出し、卒業生がオンラインで履歴書を提出、両者が音声通話やビデオ通話で面接を行う「オンライン就職説明会」となっている。(太原=新華社記者/張磊)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031923920

  • 2020年04月25日
    明代のボタン、双塔寺で満開に山西省太原市

    25日、山西省太原市の双塔寺で満開となった明代のボタン「紫霞仙」。中国山西省太原市の双塔寺では6千株以上のボタンを栽培している。中でも最も目を引くのは、明代から伝わる品種「紫霞仙」。紫霞仙は明代万暦年間に植えられ、400年以上の歴史を持つ。(太原=新華社記者/張磊)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709509

  • 2020年04月25日
    明代のボタン、双塔寺で満開に山西省太原市

    25日、山西省太原市の双塔寺で満開となったボタン。中国山西省太原市の双塔寺では6千株以上のボタンを栽培している。中でも最も目を引くのは、明代から伝わる品種「紫霞仙」。紫霞仙は明代万暦年間に植えられ、400年以上の歴史を持つ。(太原=新華社記者/張磊)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709513

  • 2020年04月25日
    明代のボタン、双塔寺で満開に山西省太原市

    25日、山西省太原市の双塔寺でボタンを鑑賞する市民。中国山西省太原市の双塔寺では6千株以上のボタンを栽培している。中でも最も目を引くのは、明代から伝わる品種「紫霞仙」。紫霞仙は明代万暦年間に植えられ、400年以上の歴史を持つ。(太原=新華社記者/張磊)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709508

  • 2020年06月03日
    伝統の石炭産業に、5Gがスマートな頭脳を提供山西省

    3日、山西煤鉱機械製造の生産現場で、あらかじめ設定されたプログラムに従って作業する溶接ロボット。中国山西省陽泉市にある山西陽煤集団はこのほど、新元炭鉱の地下534メートルに中国初の地下坑内第5世代移動通信システム(5G)ネットワークを構築、中国の石炭産業は5G時代に突入した。現在、5G技術は地下採掘だけでなく、石炭機械の製造など産業のインターネット分野にも応用されている。(太原=新華社記者/張磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061604556

  • 2020年06月03日
    伝統の石炭産業に、5Gがスマートな頭脳を提供山西省

    3日、山西煤鉱機械製造の生産現場で、無線ネットワーク経由でデータを送信する稼働中のNC工作機械。中国山西省陽泉市にある山西陽煤集団はこのほど、新元炭鉱の地下534メートルに中国初の地下坑内第5世代移動通信システム(5G)ネットワークを構築、中国の石炭産業は5G時代に突入した。現在、5G技術は地下採掘だけでなく、石炭機械の製造など産業のインターネット分野にも応用されている。(太原=新華社記者/張磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061604415

  • 2020年06月16日
    ナツメ芽茶を試験生産、廃棄していたナツメの芽が宝物に山西省柳林県

    16日、柳林県のナツメ芽摘採拠点の一面に広がるナツメの木。。中国山西省呂梁(りょりょう)市柳林県では年間約3万トンの干しナツメが生産されており、干しナツメ産業が地元農民の増収を支える重要な手段になっている。ナツメ農家は以前、ナツメの木の養分の消耗を減らすため、不要な芽を摘み余計な枝を剪定してきたが、今ではこれまで捨てられてきたナツメの芽を使ったナツメ芽茶が、農民の増収を後押しする新たな特産品になると期待を集めている。(呂梁=新華社配信/張磊)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070111086

  • 2020年06月16日
    ナツメ芽茶を試験生産、廃棄していたナツメの芽が宝物に山西省柳林県

    16日、すがすがしく芳醇な香りのナツメ芽茶。中国山西省呂梁(りょりょう)市柳林県では年間約3万トンの干しナツメが生産されており、干しナツメ産業が地元農民の増収を支える重要な手段になっている。ナツメ農家は以前、ナツメの木の養分の消耗を減らすため、不要な芽を摘み余計な枝を剪定してきたが、今ではこれまで捨てられてきたナツメの芽を使ったナツメ芽茶が、農民の増収を後押しする新たな特産品になると期待を集めている。(呂梁=新華社配信/張磊)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070111179

  • 2020年06月16日
    ナツメ芽茶を試験生産、廃棄していたナツメの芽が宝物に山西省柳林県

    16日、製茶する山西華茗堂薬茶科技の製茶師、高耀峰(こう・ようほう)さん。中国山西省呂梁(りょりょう)市柳林県では年間約3万トンの干しナツメが生産されており、干しナツメ産業が地元農民の増収を支える重要な手段になっている。ナツメ農家は以前、ナツメの木の養分の消耗を減らすため、不要な芽を摘み余計な枝を剪定してきたが、今ではこれまで捨てられてきたナツメの芽を使ったナツメ芽茶が、農民の増収を後押しする新たな特産品になると期待を集めている。(呂梁=新華社配信/張磊)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070111052

  • 2020年06月16日
    ナツメ芽茶を試験生産、廃棄していたナツメの芽が宝物に山西省柳林県

    16日、山西華茗堂薬茶科技で日干しされるナツメ芽茶。中国山西省呂梁(りょりょう)市柳林県では年間約3万トンの干しナツメが生産されており、干しナツメ産業が地元農民の増収を支える重要な手段になっている。ナツメ農家は以前、ナツメの木の養分の消耗を減らすため、不要な芽を摘み余計な枝を剪定してきたが、今ではこれまで捨てられてきたナツメの芽を使ったナツメ芽茶が、農民の増収を後押しする新たな特産品になると期待を集めている。(呂梁=新華社配信/張磊)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070111054

  • 2020年06月16日
    ナツメ芽茶を試験生産、廃棄していたナツメの芽が宝物に山西省柳林県

    16日、柳林県のナツメ芽摘採拠点で青々と茂るナツメの木。中国山西省呂梁(りょりょう)市柳林県では年間約3万トンの干しナツメが生産されており、干しナツメ産業が地元農民の増収を支える重要な手段になっている。ナツメ農家は以前、ナツメの木の養分の消耗を減らすため、不要な芽を摘み余計な枝を剪定してきたが、今ではこれまで捨てられてきたナツメの芽を使ったナツメ芽茶が、農民の増収を後押しする新たな特産品になると期待を集めている。(呂梁=新華社配信/張磊)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070111088

  • 2021年05月02日
    (8)中国の一部海域が夏季休漁入り

    4月30日、浙江省舟山市の中国舟山国際水産城で、今季最後の水揚げをする漁業関係者。中国の渤海、黄海、東中国海、北緯12度以北の南中国海海域は1日、夏季の休漁期に入った。夏季休漁制度は、中国で最も重要かつ影響力を持つ漁業資源の保護管理制度で、漁業の質の高い発展を保障し、海洋生態文明建設を後押しする効果的な措置となっている。(舟山=新華社配信/張磊)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050300138

  • 00:39.61
    2021年06月16日
    「新華社」坑内の有毒ガスをロボットが検知、山西省の炭鉱が導入

    中国山西省の石炭大手、晋能控股集団はこのほど、炭鉱の坑内をガス検査員に代わって巡回し、有毒ガスを検知するロボット「瓦力(ウォーリー)」を導入した。ロボットは複雑に入り組んだ坑道を最高秒速1・5メートルで走行。リモート操作により2時間以上連続で稼働し、坑内環境の探査や音声・映像の収集を行う。鉱業用製品の安全基準に適合していることを示す安全マークも取得している。「瓦力」の活躍により、炭鉱の安全性と高い生産効率が一段と保障されるようになった。(記者/宋育沢、張磊) =配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061601745

  • 2021年07月01日
    エンビジョン・グループ創業者兼CEOの張磊氏

    キーワード:日産自動車、サンダーランド工場、記者会見、エンビジョン・グループ、創業者兼CEO、張磊氏=2021(令和3)年7月1日、英サンダーランド(ロイター=共同)

    商品コード: 2021070210113

  • 01:14.12
    2022年05月10日
    「新華社」ナシの花が満開河北省秦皇島市

    中国河北省秦皇島市青竜満族自治県官場郷でこのほど、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)のナシの花が満開となった。地元政府は長年にわたり、特色ある地域観光のブランド構築に努め、14年連続で「官場梨花節(祭り)」を開催してきた。梨花節は今では、観光客や市民に人気の花見スポットとなっている。新型コロナウイルス感染症拡大の影響から、今年の梨花節はオンラインで開催されることなった。公式サイトでのライブ配信だけでなく、地元住民がそれぞれ配信者となってふるさとの美しい風景を広く紹介した。同郷は、市中心部から60キロ離れた燕山山脈の東麓に位置する。ナシ栽培は300年の歴史があり、「梨の里」と呼ばれている。郷全体の年間生産量は3千トンで、経済発展を促す重要な果樹産業の一つとなっている。(張磊) =配信日: 2022(令和4)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051100553

  • 1