KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ちょう
  • ブドウ栽培
  • 三重県農業研究所
  • 令和
  • 国際交流
  • 巨峰
  • 平成
  • 指導
  • 生産
  • 県級市

「張紹」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2016年08月02日
    取材に応じる遼寧省当局者 中国遼寧省がマイナス成長

    取材に応じる中国遼寧省新聞弁公室の張紹瑞副主任=2日、中国・瀋陽(共同)

    商品コード: 2016080200570

  • 2019年02月16日
    日本人専門家、福建省でブドウ栽培を指導

    16日、寧徳市農業科学研究所ブドウ品種試験場と苗木育成場で、果物農家に日本の高品質な巨峰の栽培管理と花房の整形技術について説明する日本人専門家。三重県農業研究所の果物専門家の輪田健二氏と田中一久氏は中国南京農業大学教授、国家梨産業技術システム・チーフサイエンティストの張紹鈴(ちょう・しょうれい)氏の紹介で、16、17日の2日間、招きに応じ、福建省寧徳市管轄下の県級市である福安(ふくあん)市を訪れ、同市が生産する巨峰が国際基準となるよう日本の高級ブドウの栽培技術についての交流・指導を行った。(福安=新華社配信)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500670

  • 2019年02月16日
    日本人専門家、福建省でブドウ栽培を指導

    16日、福安市ブドウ協会理事会に参加し、協会の理事と交流する日本人専門家の輪田健二氏(左端)、田中一久氏(中央)、南京農業大学の張紹鈴教授。三重県農業研究所の果物専門家の輪田健二氏と田中一久氏は中国南京農業大学教授、国家梨産業技術システム・チーフサイエンティストの張紹鈴(ちょう・しょうれい)氏の紹介で、16、17日の2日間、招きに応じ、福建省寧徳市管轄下の県級市である福安(ふくあん)市を訪れ、同市が生産する巨峰が国際基準となるよう日本の高級ブドウの栽培技術についての交流・指導を行った。(福安=新華社配信)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500669

  • 2019年02月16日
    日本人専門家、福建省でブドウ栽培を指導

    16日、賽岐(さいぎ)鎮万ムー(1ム=15分の1ヘクタール)ブドウ産業パークにおいて、ブドウ農家や郷鎮農業技術センターの責任者と記念撮影をする日本人専門家(前列右から6人目と7人目)。三重県農業研究所の果物専門家の輪田健二氏と田中一久氏は中国南京農業大学教授、国家梨産業技術システム・チーフサイエンティストの張紹鈴(ちょう・しょうれい)氏の紹介で、16、17日の2日間、招きに応じ、福建省寧徳市管轄下の県級市である福安(ふくあん)市を訪れ、同市が生産する巨峰が国際基準となるよう日本の高級ブドウの栽培技術についての交流・指導を行った。(福安=新華社配信)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500681

  • 2019年02月16日
    日本人専門家、福建省でブドウ栽培を指導

    16日、福安市曉陽(ぎょうよう)鎮南渓(なんけい)村高山ブドウ生産基地で、農家に栽培管理と花房の整形技術について説明する日本人専門家の輪田健二氏(前列左端)と南京農業大学の張紹鈴教授(前列中央の帽子をかぶった人)。三重県農業研究所の果物専門家の輪田健二氏と田中一久氏は中国南京農業大学教授、国家梨産業技術システム・チーフサイエンティストの張紹鈴(ちょう・しょうれい)氏の紹介で、16、17日の2日間、招きに応じ、福建省寧徳市管轄下の県級市である福安(ふくあん)市を訪れ、同市が生産する巨峰が国際基準となるよう日本の高級ブドウの栽培技術についての交流・指導を行った。(福安=新華社配信)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500575

  • 2019年02月17日
    日本人専門家、福建省でブドウ栽培を指導

    17日、福安市曉陽(ぎょうよう)鎮でブドウ農家や郷鎮農業技術センターの責任者らと記念撮影する日本人専門家(右から6人目と7人目)。三重県農業研究所の果物専門家の輪田健二氏と田中一久氏は中国南京農業大学教授、国家梨産業技術システム・チーフサイエンティストの張紹鈴(ちょう・しょうれい)氏の紹介で、16、17日の2日間、招きに応じ、福建省寧徳市管轄下の県級市である福安(ふくあん)市を訪れ、同市が生産する巨峰が国際基準となるよう日本の高級ブドウの栽培技術についての交流・指導を行った。(福安=新華社配信)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500660

  • 2019年02月17日
    日本人専門家、福建省でブドウ栽培を指導

    17日、福安市農業局が主催する新型の専業農家を対象としたブドウ栽培の高品質・高効率モデル地域に関する研修会に出席する日本人専門家(前列左の二人)。三重県農業研究所の果物専門家の輪田健二氏と田中一久氏は中国南京農業大学教授、国家梨産業技術システム・チーフサイエンティストの張紹鈴(ちょう・しょうれい)氏の紹介で、16、17日の2日間、招きに応じ、福建省寧徳市管轄下の県級市である福安(ふくあん)市を訪れ、同市が生産する巨峰が国際基準となるよう日本の高級ブドウの栽培技術についての交流・指導を行った。(福安=新華社配信)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022500683

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した張紹曽(ちょう・しょうそ)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050104657

  • 2021年04月28日
    (4)伝統的なシルク生地「香雲紗」の製造工程に迫る広東省

    23日、広東省仏山市西樵鎮にある香雲紗絲綢博物館で、伝統的な織機を使って織物技法を実演する「香雲紗製織技法」の仏山市級代表的継承者、張紹景(ちょう・しょうけい)さん。中国広東省仏山市特産の「香雲紗」は、伝統的な染色技法で作られたシルク生地で、「莨紗綢」とも呼ばれている。染色工程では天然のソメモノイモ(薯莨)の汁と地元の川の泥が使われており、滑らかな肌触りを持ち、洗いやすく乾きやすいなどの特徴がある。「香雲紗染色技法」は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(仏山=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042900074

  • 2021年04月28日
    (11)伝統的なシルク生地「香雲紗」の製造工程に迫る広東省

    23日、広東省仏山市西樵鎮にある香雲紗絲綢博物館で、伝統的な織機を使って織物技法を実演する「香雲紗製織技法」の仏山市級代表的継承者、張紹景(ちょう・しょうけい)さん。中国広東省仏山市特産の「香雲紗」は、伝統的な染色技法で作られたシルク生地で、「莨紗綢」とも呼ばれている。染色工程では天然のソメモノイモ(薯莨)の汁と地元の川の泥が使われており、滑らかな肌触りを持ち、洗いやすく乾きやすいなどの特徴がある。「香雲紗染色技法」は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(仏山=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042900071

  • 2021年04月28日
    (12)伝統的なシルク生地「香雲紗」の製造工程に迫る広東省

    23日、広東省仏山市西樵鎮にある香雲紗シルク博物館で、香雲紗で作った工芸品を見せる「香雲紗製織技法」の仏山市級代表的継承者、張紹景(ちょう・しょうけい)さん。中国広東省仏山市特産の「香雲紗」は、伝統的な染色技法で作られたシルク生地で、「莨紗綢」とも呼ばれている。染色工程では天然のソメモノイモ(薯莨)の汁と地元の川の泥が使われており、滑らかな肌触りを持ち、洗いやすく乾きやすいなどの特徴がある。「香雲紗染色技法」は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(仏山=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042900070

  • 2021年04月28日
    (5)伝統的なシルク生地「香雲紗」の製造工程に迫る広東省

    23日、広東省仏山市西樵鎮にある香雲紗絲綢博物館で、伝統工芸品の制作技法を実演する「香雲紗製織技法」の仏山市級代表的継承者、張紹景(ちょう・しょうけい)さん。中国広東省仏山市特産の「香雲紗」は、伝統的な染色技法で作られたシルク生地で、「莨紗綢」とも呼ばれている。染色工程では天然のソメモノイモ(薯莨)の汁と地元の川の泥が使われており、滑らかな肌触りを持ち、洗いやすく乾きやすいなどの特徴がある。「香雲紗染色技法」は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(仏山=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042900056

  • 2021年04月28日
    (6)伝統的なシルク生地「香雲紗」の製造工程に迫る広東省

    23日、広東省仏山市西樵鎮にある香雲紗シルク博物館で、伝統工芸品の制作技法を実演する「香雲紗製織技法」の仏山市級代表的継承者、張紹景(ちょう・しょうけい)さん。中国広東省仏山市特産の「香雲紗」は、伝統的な染色技法で作られたシルク生地で、「莨紗綢」とも呼ばれている。染色工程では天然のソメモノイモ(薯莨)の汁と地元の川の泥が使われており、滑らかな肌触りを持ち、洗いやすく乾きやすいなどの特徴がある。「香雲紗染色技法」は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。(仏山=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042900080

  • 1