KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ウルムチ
  • 令和
  • 生き物
  • ムー
  • 国連
  • 国際生物多様性の日
  • 放牧
  • ちょう
  • 位置
  • 分類

「張赫」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    広大な放牧地で元気に育つモウコノウマ新疆ウイグル自治区

    14日、野生馬繁殖研究センターの敷地内にたたずむモウコノウマ。国連は毎年5月22日を「国際生物多様性の日」と定めている。現存する世界唯一の野生馬、モウコノウマが最も多く生息する中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、飼育環境下にある25頭のモウコノウマが3千ムー(約200ヘクタール)の放牧地を駆け回る姿がみられる。(ウルムチ=新華社配信/張赫凡)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602086

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月20日
    広大な放牧地で元気に育つモウコノウマ新疆ウイグル自治区

    20日、野生馬繁殖研究センターの敷地内にたたずむモウコノウマ。国連は毎年5月22日を「国際生物多様性の日」と定めている。現存する世界唯一の野生馬、モウコノウマが最も多く生息する中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、飼育環境下にある25頭のモウコノウマが3千ムー(約200ヘクタール)の放牧地を駆け回る姿がみられる。(ウルムチ=新華社配信/張赫凡)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602113

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月20日
    広大な放牧地で元気に育つモウコノウマ新疆ウイグル自治区

    20日、野生馬繁殖研究センターの敷地内を駆けるモウコノウマ。国連は毎年5月22日を「国際生物多様性の日」と定めている。現存する世界唯一の野生馬、モウコノウマが最も多く生息する中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、飼育環境下にある25頭のモウコノウマが3千ムー(約200ヘクタール)の放牧地を駆け回る姿がみられる。(ウルムチ=新華社配信/張赫凡)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602145

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月20日
    広大な放牧地で元気に育つモウコノウマ新疆ウイグル自治区

    20日、野生馬繁殖研究センターの敷地内で草をはむモウコノウマ。国連は毎年5月22日を「国際生物多様性の日」と定めている。現存する世界唯一の野生馬、モウコノウマが最も多く生息する中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地では、飼育環境下にある25頭のモウコノウマが3千ムー(約200ヘクタール)の放牧地を駆け回る姿がみられる。(ウルムチ=新華社配信/張赫凡)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602084

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月27日
    モウコノウマ、特別食で元気に越冬新疆ウイグル自治区

    11月27日、新疆ウイグル自治区モウコノウマ繁殖研究センターで冬季栄養食を食べるモウコノウマ。大雪が降り、気温が氷点下12度ほどまで下がった中国新疆ウイグル自治区北部のジュンガル盆地でこのほど、同地区に生息する世界唯一の野生馬モウコノウマ97頭に冬の特別な栄養食が与えられた。(ウルムチ=新華社配信/張赫凡)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704874

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月27日
    モウコノウマ、特別食で元気に越冬新疆ウイグル自治区

    11月27日、新疆ウイグル自治区モウコノウマ繁殖研究センターで冬の栄養食を食べるモウコノウマ。大雪が降り、気温が氷点下12度ほどまで下がった中国新疆ウイグル自治区北部のジュンガル盆地でこのほど、同地区に生息する世界唯一の野生馬モウコノウマ97頭に冬の特別な栄養食が与えられた。(ウルムチ=新華社配信/張赫凡)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704737

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (7)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、モウコノウマの写真を撮影する技術者の張赫凡(ちょう・かくはん)さん。(8月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909152

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (8)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターの事務室で、撮影したモウコノウマの写真を整理する技術者の張赫凡(ちょう・かくはん)さん。(8月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909153

  • 1